この曲を聴け!
最近の発言
Take Me Back / HEAVEN (失恋船長)
Squeeze / FIONA (失恋船長)
Free to Love You / Girls With Guns / TOMMY SHAW (MK-OVERDRIVE)
天界への切符 / 聖魔剣ヴァルキュリアス / DRAGON GUARDIAN (RLS)
Dangerous Curves / LITA FORD (火薬バカ一代)
悪魔 Nativity "Songs of the Sword" / 聖飢魔II (失恋船長)
風人を憐れむ歌 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
愛する者よ、死に候え / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
絡新婦 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
素戔嗚 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
人魚の檻 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
氷牙忍法帖 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
Outside in the Rain / Girls With Guns / TOMMY SHAW (MK-OVERDRIVE)
Into the Void / Psycho Circus / KISS (名無し)
さらば桃子 / レティクル座妄想 / 筋肉少女帯 (名無し)
轆轤首 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
御前の瞳に羞いの砂 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
廿弐匹目は毒蝮 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
/ 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
熾天の隻翼 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
/ 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
迦陵頻伽 / 迦陵頻伽 / 陰陽座 (失恋船長)
鉄鼠の黶 / 覇道明王 / 陰陽座 (失恋船長)
飯綱落とし / 覇道明王 / 陰陽座 (失恋船長)
一本蹈鞴 / 覇道明王 / 陰陽座 (失恋船長)
腐蝕の王 / 覇道明王 / 陰陽座 (失恋船長)
桜花忍法帖 / 覇道明王 / 陰陽座 (失恋船長)
覇邪の封印 / 覇道明王 / 陰陽座 (失恋船長)
覇王 / 覇道明王 / 陰陽座 (失恋船長)
Little Girl World / Girls With Guns / TOMMY SHAW (MK-OVERDRIVE)
Uncommon Man / Now What?! / DEEP PURPLE (ぬい様)
I Can't Sleep / Under Suspicion / DANTE FOX (火薬バカ一代)
Above and Beyond / Now What?! / DEEP PURPLE (ぬい様)
All I Got Is You / inFinite / DEEP PURPLE (ぬい様)
inFinite / DEEP PURPLE (ぬい様)
LOUDNESS (名無し)
Ecstasy / Matters of Survival / AXXIS (cri0841)
Angel / Eyes of Darkness / AXXIS (cri0841)
無礼講 / 覇道明王 / 陰陽座 (1573)


MyPage

ヘヴィメタル/ハードロック - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Take Me Back / HEAVEN

北欧はノルウェー産のメロディアスHM/HRバンドの1st。リリースは1989年と言う事で北欧マニアなら期待通りの甘美でスウィートな叙情派サウンドに涙を誘われるでしょう。
Tomato Recordsというマイナーレーベルによる脆弱な流通の為、誰も知らないのが残念だがクオリティは一級品。
キャッチーで煌びやかなハードポップサウンドはDA VINCHI辺りを想起させるが、このバンドはよりハードでギターも前に出ている、それでありながらも爽やかで透明感溢れるサウンドは、まさに北欧ブランドならではの魅力を発揮しており、素朴な歌声が甘酸っぱいメロディを歌い上げるタイトルトラックの『TAKE ME BACK 』など顕著に表れているでしょう。

今現在のオフィシャルな形での再発がない為に知られていないが、北欧マニアは勿論、哀メロ派なら押さえて欲しい一品ですね。

失恋船長 ★★★ (2018-08-19 13:08:17)


Squeeze / FIONA

今の若い人は信じられないでしょうが80年代は、HM/HR系に女性がいるバンドは色もの扱いされることが多かった。とくにシンガーの場合は、そのルックスばかりがもてはやされ実力はあるのに話題は違うモノがあがり、正統な評価を受けているとは思えないものが多く、メディアが好意的でなかったのもあり、文句たれている奴が多かった。

そんな偏見の象徴のような女性シンガーがフィオナ・フラナガン。なまじヴィジュアルが整っていた為に、そのバッシングの矛先はルックスを生かし売れようとしている音楽性に目をつけられ、今でいうところの何をやっても炎上だろう。

そんな色もの感は最後の最後まで拭えなかったが、ハードポップ系のサウンドが大好物の方には安心して聴いてもらえる良質盤がコチラになります。
レコード会社も変わり心機一転。今までのソロシンガー的なイメージからバンド体制への移行もはかり再始動の体制は整った。その後押しは音楽性へも注がれ、今まで以上に練り込まれたアメリカンロックサウンドは、彼女の力強い歌声ともマッチしており、剛柔兼ね備えた楽曲を見事に歌いこなしております。

彼女のアルバムは個性が薄い、皆が集まりヒットを狙い過ぎたのもある。またアメリカのスタンダードなスタイルな為。日本人にとっては情緒のないものが多く、イケそうでイケないとなるのが国内でウケなかった要因なんだろう。
本人の意図しないところで期待は空回り、最後の最後までマネージメントの餌食になった印象を受ける悲劇のヒロインフィオナ嬢。
結局、セールスも惨敗。このラインナップも長続きすることなく彼女は第一線から退く事となった。

相変わらず火薬先輩のコメントが完璧なので付け加える要素なし、回顧録でいきました。

失恋船長 ★★★ (2018-08-19 12:49:02)


Free to Love You / Girls With Guns / TOMMY SHAW
再びこれぞTOMMYという哀愁キャッチーなメロハーはE.WOHLFORDとの共作で、歌メロと延々続くKey.リフが琴線に触れる3rdシングルだ。ヒットはせずとも隠れ名曲!

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-19 08:49:48)


天界への切符 / 聖魔剣ヴァルキュリアス / DRAGON GUARDIAN
もっと評価されるべき。

RLS ★★★ (2018-08-19 06:18:40)


Dangerous Curves / LITA FORD

勝負作『LITA』(’88年)をヒットさせ、「元RUNAWAYS」の肩書から解放されたリタ・フォードが、シャロン・オズボーンのマネージメントを離れ、旦那クリス・ホルムズ(元W.A.S.P.)とも別れて心機一転、’91年に発表した5枚目のソロ・アルバム。ちなみにタイトルの『デンジャラス・カーブス』とは、ジャケットを飾るリタ姐さんの悩ましい腰つきの曲線美のことを示している…のではなく。スリルと興奮が連続するアルバムをF1レース場の華であるヘアピン・コーナーに例えているのだとか。
大物ミュージシャンや売れっ子ソングライターを結集し、80年代ポップ・メタル・アルバム勝利の方程式に則って制作されていた前2作に対し、今作は90年代らしくバンド感を強調。収録曲の殆どがリタとバック・メンバーによって書き上げられています。それでも尚、ギターがハードにドライヴする疾走ナンバー①、甘くロマンティックなパワー・バラード⑤、ミステリアスな空気を纏った⑦等、バラエティ豊かに取り揃えられた収録楽曲の数々は依然として高いクオリティを維持しているのですから、リタ姐さん達の実力の高さが分かろうというもの。中でもキャッチーなポップ・チューン⑤⑧はアルバムのハイライトで、後者にはリッチー・ブラックモアとジョー・リン・ターナーの名前がクレジットされている点でも興味をそそられます。果たしてRAINBOWやDEEP PURPLEの未発表曲だったりするのか否か。そういえばリッチーもジョーもリタと付き合っていた時期があったんでしたっけね、確か。(ちなみにジョーはジェフ・スコット・ソートら共にバックVoとしても本作に参加)
『LITA』と併せて、リタ・フォード入門盤にお薦めできる1枚ですよ。

火薬バカ一代 ★★ (2018-08-19 01:14:45)


悪魔 Nativity "Songs of the Sword" / 聖飢魔II

我が家にあるのと、このサイトの自動登録では収録曲順が違うので下記に記入します。

1.EL DORADO

2.THE AKUMA SYMPHONY SUITE Number 666 in C# minor (悪魔組曲 作品666番 変ニ短調)
Overture (序曲 心の叫び)
The First Movement: STORMY NIGHT
The Second Movement: AKUMA NO ANA (悪魔の穴)
The Third Movement: KILL THE KING GHIDORAH
The Fourth Movement: DEAD SYMPHONY

3.THE HOUSE OF WAX (蝋人形の館 Expo. Ver.)

4.FIRE AFTER FIRE

5.A DEMON'S NIGHT (Expo. Ver.)

6.ADAM'S APPLE (アダムの林檎)

7.ONI (鬼 Expo. Ver.)

8.BIG TIME CHANGES

9.MASQUERADE

10.CREATE THE NEXT CENTURY (創世紀)

11.THE PRINCE OF JIGOKU (地獄の皇太子)

12.HUMANE SOCIETY (害獣達の墓場 Expo. Ver.)

13.BRAND NEW SONG

このセルフリメイクアルバムを引っ提げ復活を果たした聖飢魔II 。世界配信のオファーもあり英詩になったとの触れ込みでしたが、結構日本語で歌っていたので驚いた。
海外のメディアにとって悪魔とかコンセプトとして捉えている非難的なコメントは少ないだろうが、わが国日本にとっては権威ある雑誌&ラジオのDJも長きに渡り行う酒井康氏から0点を献上されたバンドだけに、へヴィメタルファンからの評価は絶望的に低い。
もともと洋楽至上主義なところに、0点だから真面目に音楽活動しても生きてけいない烙印をおされた不遇のバンドだった。
今の若い人は知らないだろうが、権威ある雑誌の影響は凄かったと今でも記憶している。
確かに蝋人形の館はオジーのクレイジートレインだ。キーとテンポを変えれば同じ曲にあるのは、ある程度音楽的な知識があれば分かるが、それだけで0点になることは考えられない。
よほど、このバンドのメディアの出方が気に喰わなかったのだろう、10万何歳だとかね。コンセプトを楽しめない頭でっかちな人によって潰されそうになったが、逆にメタルの足かせが取れ求心力が増したと言うのだから皮肉なものだ。排他的な慣習が生み出した悲劇。それを糧に活動したのは素晴らしいと思います。
個人的には0点騒動よりも、閣下の隠し子騒動の方が生々しくて引いた記憶しかない。

そんな逆風の中で多様な音楽性を試行錯誤してきなバンド。解散前にはメタルフィールドにも戻り良作を連発してきた。惜しまれつつの解散だったが、こうして初期のナンバーを今のテクノロジーで蘇らしたのは素晴らしい試みである。
今まで以上にソリッドに生まれ変わったへヴィサウンド、その威力を際立たせるタイトなグルーブを生み出す演奏力の高さ。お馴染みの曲なのに、妙な安定感ではないギラギラとした野心が燃え盛り、新たなる魅力を散見出来るのが最大のポイント。
それにヴィジュアル系じゃない日本のバンドが久しぶりに大きなマーケットで世界に出たと言うのも喜ばしい事だった。

このバンドどこか色もので見られる面がある。岩盤層とも言える強烈なファンに支えられているが故の、敷居の高さもどこかあるのだが、メロディアスでアグレッシブ、普通にへヴィメタルが好きな人なら楽しめる要素も大。またメタルに嫌悪するような人でも楽しめる親しみやすさがあるのも魅力だ。所謂、日本的な仕上がりになっているのが強みなんだと思う。

この初期のリメイクアルバムが気に入ったかはメロディックな悪魔メタルの『メフィストフェレスの肖像』や渾身の集大成的アルバム『LIVING LEGEND』を聴くと、このバンドの本気のメタル度を知る事が出来るでしょう。

失恋船長 ★★★ (2018-08-18 14:54:35)


風人を憐れむ歌 / 迦陵頻伽 / 陰陽座

爽やか一曲
この手の曲でも自分たちのカラーを投影出来するのが上手い
へヴィメタルを可能性を広げたバンドだが
限界を感じる今回のアルバムの中で
一番無理なく聴けた印象に残る曲だった

失恋船長 ★★★ (2018-08-18 13:58:36)


愛する者よ、死に候え / 迦陵頻伽 / 陰陽座
シンフォニックな味付けだが
陰陽座ファンの多くが待ち望む飛翔感のある一曲

失恋船長 ★★ (2018-08-18 13:55:43)


絡新婦 / 迦陵頻伽 / 陰陽座

綺麗なピアノだね
切々と歌い上げます
この手の曲は初めてじゃないだけに新鮮味が薄いだけに
イマイチ印象残らないのが残念

失恋船長 (2018-08-18 13:52:33)


素戔嗚 / 迦陵頻伽 / 陰陽座

今回のアルバムはこのシンフォニックなキーボードがポイントになっている
和風には合わないが新機軸を打ち出そうともがいた苦心の跡も伺えますね
この曲に限らずへヴィメタルなんだが
その根幹たるピントをずらし聴きやすくしているのが最も評価を分ける要因だとい言う事を
この曲を聴いて腑に落ちた

失恋船長 ★★ (2018-08-18 13:50:20)


人魚の檻 / 迦陵頻伽 / 陰陽座

お得意の演歌へヴィロック
テクニックで勝負じゃないソロも悪くない

失恋船長 ★★ (2018-08-18 13:46:09)


氷牙忍法帖 / 迦陵頻伽 / 陰陽座
お約束のスピードナンバー
狙い過ぎのto much感がハンパない
でもそのお子様色が狙いなら大正解
ファンにとっては人気の曲となるのだろう

失恋船長 (2018-08-18 13:43:35)


Outside in the Rain / Girls With Guns / TOMMY SHAW
TOMMY版ブルーアイドソウル? 途中から絡んでくるのはCAROL KENYONというR&Bシンガー。デュエットと言うよりエンディングは完全に彼女の1人舞台だ。

MK-OVERDRIVE ★★ (2018-08-18 08:26:10)


Into the Void / Psycho Circus / KISS
KISS時代のエース・フレーリーらしい楽曲です。
ボーカルもエース。

実はサイコ・サーカスのアルバムで唯一、メンバー全員が楽器演奏している曲です。
ピーター・クリスはこの曲のみドラム参加でした。

名無し ★★★ (2018-08-17 19:44:42)


さらば桃子 / レティクル座妄想 / 筋肉少女帯
この桃子って実在の人物です。

名無し ★★★ (2018-08-17 16:57:05)


轆轤首 / 迦陵頻伽 / 陰陽座
軽やかなポップロック
ここまでやるならEDMにしたらと思いますよ
ファンにとってはお待ちかねの一曲
楽しげですがチョイ切ないのが
これまたらしい
黒猫ちゃんの歌い方もステキ

失恋船長 ★★ (2018-08-17 16:31:58)


御前の瞳に羞いの砂 / 迦陵頻伽 / 陰陽座
ようやくロックを感じさせる曲ですね
速い遅いじゃないロックなヴァイブが息づいています
それは和風に仕立てるのが陰陽座でしょうよ

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 16:28:16)


廿弐匹目は毒蝮 / 迦陵頻伽 / 陰陽座
軽めのミックスが魅力を殺いでいる
本当はもっと邪気を孕んだ曲になるんだろう
爽快感が勝るんだよね
それも計算済みなのかなぁを思わせるのが魅力なのかな

失恋船長 ★★ (2018-08-17 16:25:48)


/ 迦陵頻伽 / 陰陽座
軽やかな疾走感が魅力
メジャーデビュー後の彼らには必要な要素
上手く作ってあるなぁ
和楽器バンドと同系統にある曲
ややこしいわぁと言われそうですね
でもメタル発のポップロックなんで全然違うんだけどね
甘いトーンを唄っても力強い黒猫ちゃんあっての一曲
演歌チックに歌わないのも良かった

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 16:23:12)


熾天の隻翼 / 迦陵頻伽 / 陰陽座

シンフォニックなアレンジに驚きました
軽めの曲が続いたので
へヴィなパートが際立つ
サビの持って生き方など王道パターンだろう
理解してるがメタルバンドとしてはミックスが軽すぎる
それが最大の欠点
ただ一般的なファンにとっては煩いと思われたらアウトだからなぁ
難しい問題だよ

失恋船長 ★★ (2018-08-17 16:19:16)


/ 迦陵頻伽 / 陰陽座

個人的にはマンネリを感じる一曲
メタルサイドとしては小奇麗すぎるのでね
ファンにとってはありがたいでしょう
そこが評価を分ける最大のポイント

失恋船長 (2018-08-17 16:16:15)


迦陵頻伽 / 迦陵頻伽 / 陰陽座

エスニックなメロディが飛び出した時は驚きました
こういう動きの少ない展開も好きです
声優が歌うロックぽい奴や
ヴィジュアル系バンドではやれないからね
何を聴かせたいか明確なヴィジョンを持つバンドは強い

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 16:13:24)


鉄鼠の黶 / 覇道明王 / 陰陽座
重厚な雰囲気を味わえる一曲
変化自在の黒猫ヴォイス
瞬火の力まない歌い方も良かった
ツインボーカルが効いているね
ギターも無理をしないので好感が持てる
起承転結のあるドラマ性もらしい展開もファンにとってはありがたいでしょう
軽めのミックスでは情念が薄まるのが残念
陰陽座のようなバンドの立ち位置の難しさを感じる

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 16:05:43)


飯綱落とし / 覇道明王 / 陰陽座
陰陽座らしいメロディックでストレートなメタルソング
この高揚感が魅力なんでしょうね
ツインボーカルもキマッてます
個人的には余りにもベタなんでチョイとハズい
陰陽座ファンなら待ってましたと歓喜でしょうね

失恋船長 ★★ (2018-08-17 16:00:22)


一本蹈鞴 / 覇道明王 / 陰陽座
うねりを上げるグルーブが面白い
お祭り系のノリも陰陽座ならでは
この粘り腰のリズミカルなプレイがそう感じさせるんだろう
メチャクチャ洋風なのに和風に感じさせるのが魅力
黒猫ちゃんは何を唄っても上手い
瞬火さんももっと唄って欲しいなぁ

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 15:57:06)


腐蝕の王 / 覇道明王 / 陰陽座
甘酸っぱく弾ける王道メタルソング
ここ最近のアルバムにはない硬派なリズムプレイが効いている
軽やかな装飾には騙されませんよ
メタルバンドとしての矜持を感じますね
コンパクトだけどギターソロの入り方もメタルだなぁ
歌のお姉さん風に歌なわかったのも良かった
入口と出口が違うなんて水曜日のダウンタウンみたいだったなぁ

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 15:51:50)


桜花忍法帖 / 覇道明王 / 陰陽座
お約束の和風メタル
ポップでキャッチーなのだが哀愁がある
ベタでお約束でも良いものは良い
最近の忍法帖シリーズの中では久しぶりのクリティカルヒットでしょう
流れ的にも絶妙でしたね
今アルバムに相応しい忍法帖でした
メタルファンが聴いても恥ずかい思いをさせないのがよい

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 15:46:53)


覇邪の封印 / 覇道明王 / 陰陽座
ノリのよいキャッチーな一曲
歌メロも耳馴染みがよく親しみやすい
メタルファンじゃなくとも十分楽しめる絶妙な曲を用意していますね
オープニングに対しての次の曲と言うのもナイスなアイデアだ
タイトルもそうなのだがデジャブ感が拭えないのは残念だけどね

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 15:42:08)


覇王 / 覇道明王 / 陰陽座
不穏な空気を生み出すキーボードの使い方が上手い
瞬火が吼え
黒猫ちゃんがサビでファルセット
陰陽座流の王道的展開
それを覇王と言わせたいのだろう
ミックスの仕方は最大公約数のファンを考えると仕方ないが
へヴィなバックの演奏も歯ごたえがある

失恋船長 ★★★ (2018-08-17 15:39:21)


Little Girl World / Girls With Guns / TOMMY SHAW
流れるようなボレロ調のアコースティクナンバーでKey.やホーンが不思議感を演出する"少女の世界"。こういうのもまたTOMMYの才能が垣間見られる名曲かと。

MK-OVERDRIVE ★★★ (2018-08-17 08:09:27)


Uncommon Man / Now What?! / DEEP PURPLE
ため息がでるほど素晴らしい曲。イントロのわくわく感からメインリフ、ドラムの16ビートが重なりイアンギランが歌い始めると、あのディープパープルが帰ってきた感覚におそわれます。

ぬい様 ★★★ (2018-08-17 00:44:29)


I Can't Sleep / Under Suspicion / DANTE FOX
スー・ウィレッツの伸びやかなハイトーンVoと、
ティム・マンフォードの涼し気なGプレイが
得も言われぬ清涼感を運んでくるハードポップ・チューン。
世が世なら大ヒットしていたっておかしくない
サビメロのフックの効き具合もお見事です。

火薬バカ一代 ★★★ (2018-08-17 00:08:14)


Above and Beyond / Now What?! / DEEP PURPLE
ジョンロードに捧げる名曲。近年のディープパープルの良さを堪能できます。

ぬい様 ★★★ (2018-08-16 23:51:56)


All I Got Is You / inFinite / DEEP PURPLE
これぞディープパープルのロックですね。

ぬい様 ★★★ (2018-08-16 23:39:53)


inFinite / DEEP PURPLE

現時点でのディープパープルの最新アルバム。モーズ加入後だろうがなんだろうが、最近も結構良いアルバム出していると思う。

ぬい様 ★★ (2018-08-16 23:36:56)


LOUDNESS


私は完全に後追いなんですけど、各所で評判の悪いインド三部作とHeavy metal hippiesをおっかなびっくりで聴いてみたら滅茶苦茶良くてびっくりしました
こんなこと言うとあれですけど、そこにたどり着くまで聴いてきた作品も世代も全然違う場合は、問題作扱いされてるアルバムの、リアルタイム世代の人のレビューは話半分じゃないと駄目ですね

名無し (2018-08-16 22:07:19)


Ecstasy / Matters of Survival / AXXIS
シンプルだが、哀愁漂うリフ。なかなか味わい深い。

cri0841 ★★★ (2018-08-16 21:01:29)


Angel / Eyes of Darkness / AXXIS
郷愁を誘う、素晴らしいバラード。メロディセンスが凄い。

cri0841 ★★★ (2018-08-16 20:54:25)


無礼講 / 覇道明王 / 陰陽座
これは掛け合いが楽しいでしょうね!
今までにあまりなかったラストに純粋なHRをぶち込んでくる陰陽座にまだまだ未来を感じた!
歌詞もストレートで面白い!

1573 ★★★ (2018-08-16 17:27:17)