この曲を聴け!
コンセプト・アルバム
MyPage

コンセプト・アルバム
モバイル向きページ 
解説 - コンセプト・アルバム
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



14. かづき (2005-07-29 20:27:00)

ROYAL HUNTの「Paradox」
テーマはそれなりに重いですが、音はプログレではなく上質のメロディクメタル
なので聞きやすく、完成度も高いと思います。
でもまあ、至高のコンセプトアルバムはDREAM THEATERの5thだと思いますが…




15. k.s.m.2 (2005-10-08 04:26:00)

CAMELとPOSはやはり挙がるんですね。わーい。
ストーリー・アルバムの最高峰はQR『~Mindcrime』だと思ってしまいますが。
LANA LANE『Lady Macbeth』、NEVERMORE『Dreaming Neon Black』、BLIND GUARDIAN『Nightfall in the Middle-Earth』も入れて良いのではないでしょうか。
それから、『Still Life』を始めとしたOPETHの諸作。それ以降はコンセプト作から離れているようですが。
音が好みでないのでお薦めではないですが、ROYAL HUNT『Mission』、SHADOW GALLERY『Tyranny』も。
RAGE『Soundchaser』『Ghosts』、SYMPHONY X『V』はここに入るのでしょうか?通したストーリーはちゃんと有り、そこから外れた曲は無いようですが。




16. k.s.m.2 (2005-10-08 04:31:00)

重複書き込みですが……。
MESHUGGAH『Catch 33』、X『Art of Life』、FATES WARNING『Pleasant Shade of Gray』。名義上は一枚一曲なので、当然と言えば当然?




17. 豚猫 (2006-01-10 14:25:00)

そりゃなんといってもW.A.S.P.の「The Crimson Idol」。
感涙モノです。なのにカキコが少ない(ToT)
このアルバムを聴くまではQueensrycheの「Operation:Mindcrime」が一番だと思っていましたが、W.A.S.P.を聴いてからQRは2番になりました。



18. のぶお (2006-01-24 23:01:00)

ROYAL HUNT「PARADOX」
バンドの最高傑作として賞賛されながらも、素晴らしすぎる作品を作ってしまったがために、以後このアルバム以上のものを生み出すことが出来ず、バンドの地位が危うくなってしまった。劇的な曲展開、美しい旋律にのるDCの歌唱・・・何度聴いても最高です。



19. NIKO ROCKO (2007-06-08 21:04:00)

DIMMU BORGIR「IN SORTE DIABOLI」
時間があれば、ブックレット全部自分で訳すのに・・・・・・



20. ICECLAD RAGE (2007-06-09 16:16:00)

MANOWAR「GODS OF WAR」
賛否両論は逃れられない作品ですが、あまり話題になってない気がする・・・。




21. 暗黒騎士MARS (2007-06-09 23:40:00)

CAPTAIN BEYONDの1stは短くて一気に聴くのにいい。



22. desuka (2007-06-10 01:30:00)

Savatage「Streets A Rock Opera」
クリス・オリヴァ・・・大好きなギターリストでした。。。



23. ドンタコス (2007-06-30 22:24:00)

そもそもコンセプト・アルバムとはどういうアルバムのことを言うんでしょう?
私は最近これですごく悩んでいます。
Wikipediaには『ある一定のテーマまたは物語に沿った楽曲によって構成されたアルバム。』と説明されています。
しかし、そもそもアルバム自体が何かしら共通したテーマを持つ楽曲の集合ですよね・・・。
みなさんはどうお考えなんでしょう??
ちなみに私のお気に入りは・・・
Operation:Mindcrime Ⅰ&Ⅱ / Queensryche
Scenes from a Memory -Metropolis Part2- / Dream Theater
A Night At The Opera / Queen
QueenⅡ / Queen
Temple Of Shadows / Angra
・・・です。ありきたりですね(笑)



24. k.s.m.2 (2007-08-06 03:24:00)

>一つ上
シングルズの様相を呈した時代(もしくはジャンル)でない状況な今のメタルだと、
コンセプト・アルバムとしてのアイデンティティは「時系列通りになっていない、
もしくは明確な主人公のいないストーリー・アルバム」でいいのではないかと。
で、IRON SAVIOR『Unification』、IRON MAIDEN『Seventh Son of a Seventh Son』、
SINERGY『Suiside by My Side』(「Shadow Island」除く)、MESHIGGAH『Destroy Erase Improve』、LABYRINTH『Return to Hraven Denied』(曲順を変えれば一応ストーリー・アルバムかと)、DISSECTION『Reinkaos』
を挙げてみたり。




25. k.s.m.2 (2007-08-06 03:29:00)

ANGRAなら『Holy Land』が来ないと(笑)さてはかなりお若い方?
あとはGALNERYUSのアルバム三枚。
BLACKMORE'S NIGHT『Under the Violet Moon』は販促パンフでコンセプト扱いされていましたね。
そういえば、STRATOVARIUS『Destiny』がコンセプト・アルバムか、というのは昔友人と意見が分かれた記憶が。『Elements』二枚は違うよなぁ……。




26. cygnusx1 (2007-08-23 16:12:00)

サイケプログレ?のKigston Wall / III Tri-logy
いつも1枚まるまる聴いてしまいます
最後から二曲目に哀愁漂う名曲バラード「Time」
ラストの大曲The Real ThingではQueensrycheのEyes Of A Strangerに負けずとも劣らない大盛り上がりを見せてくれます



27. だるまや (2007-09-09 21:08:00)

ROYAL HUNT / 「PARADOX」
聴けばわかりますとも。




28. うにぶ (2008-07-11 20:40:00)

JUDAS PRIESTの『NOSTRADAMUS』が話題を呼んでますが、やはりコンセプト・アルバムは美味しいなぁと、しみじみ聴いてます。
まあここ数年はコンセプト・アルバムが大量にリリースされていて、猫も杓子もコンセプトって状況で、カヴァー曲ブームと一緒で食傷気味という方も多いかもしれません。あんまり皆が作るから、俺たちは作るの止めたなんて発言してるバンドもいるくらい。
でもまあ、上でドンタコスさんもおっしゃってますが、、普通、アルバムは多かれ少なかれテーマやコンセプトがまとまったものが多いので、あんまり特別なものというわけでもないですよね。
最近のコンセプト・ブームって、やっぱり曲単位ダウンロード対策で、アルバムを丸々パッケージの商品として買ってもらうための工夫だったりもするんでしょうか。
あとレコーディングもハイテク化が進んで、少ない費用で凝った音楽が作れるようになったとかも一因かな。アートワークもCGで作れる分、昔より手軽に出来るのかも。
本題。↑で挙がってないもののお勧めです。とっつきやすそうなの中心で。
HELLOWEENの『KEEPER OF THE SEVEN KEYS』のシリーズ。(タイトル違うけど確か『MASTER OF THE RINGS』も、七つの鍵の守護神に関連したコンセプトだったはず)
考えてみるとジャーマン/メロスピ/メロパワ系のバンドって、下手すりゃプログレ系以上にコンセプトものが多いんじゃないでしょうか。ファンタジーと相性が良いせい?
ファンタジーと言えば、忘れてはいけないのがRHAPSODY (OF FIRE)の諸作。5枚1セットとかの無駄な壮大さが素敵です。
ICED EARTHの諸作。あまり触れられないけど、このバンドも半分以上のアルバムがコンセプトもの。
BRUCE DICKINSONの『THE CHEMICAL WEDDING』も、荘厳でかっこいーコンセプト・アルバムでした。




29. Hellchild復活キボンヌ (2009-04-16 22:01:00)

マニュエル・ゲッチングのE2-E4(可能ならばE2-E4のリミックス盤)を聴いて欲しい。
そしてゲッチングが率いたアシュラのSunrainという曲を。
Youtubeで多分視聴できる。P.K.ディックの世界だよ。
ヴァンゲリスよりもずっとずっと。お薦めです。



30. Spleen (2009-04-17 23:48:00)

Marilyn Manson
『Antichrist Superstar』
『Mechanical Animals』
『Holy Wood』
またMansonかと言われそうです(笑)。以上の3枚は3枚トータルで1つのストーリーという壮大さです。しかも、ストーリーの流れは『Holy…』から始まって逆行するのだからややこしい。一応1枚1枚にコンセプトはあるんですけどね。
Cradle Of Filth
『Cruelty And The Beast』
『Midian』
『Damnation And A Day』
『Godspeed On The Devil's Thunder』
同じくまたCradleかと言われそうです(笑)。個人的にコンセプト・アルバムといえば彼らだったもので。




31. 中曽根栄作 (2009-04-17 23:58:00)

Hellchild復活キボンヌ殿は出来ておられる喃…



32. めたる慶昭 (2020-10-18 22:35:26)

昨日、ヒープの「魔の饗宴」を聴いて、別にコンセプトアルバムとして作った訳じゃないと確かケンが言っていたと思いますが、「Sunrise」に始まり、「魔の饗宴」で終わる迄完璧な流れで意図してなくても立派なコンセプトアルバムと言えますよ。



33. めたる慶昭 (2021-01-03 19:00:23)

「ロックンロールにゃ老だけど死ぬにはチョイと若すぎる」ジェスロ タル
このアルバム非常に地味ですが、しみじみと良い曲だなあと思うチューンがてんこ盛りで、特に終盤3曲は涙腺崩壊しっ放しですぞ!



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示