この曲を聴け!
独り言…(HR/HM関連)
MyPage

独り言…(HR/HM関連)
モバイル向きページ 
解説 - 独り言…(HR/HM関連)
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



176. アゴ勇 (2017-09-10 16:02:58)

クリス・コーネルの死は本当に残念な報せだった。

今年3月にSOUNDGARDENの3枚組のコンピレーションCDを海外から取り寄せ、良いバンドだなぁと聴いていた矢先のクリスの自殺だった。

ライヴ終了後に自殺、燃え尽き症候群だったのだろうか?

その後、SOUNDGARDENだけでなく、AUDIOSLAVE、TEMPLE OF THE DOGを聴いて、改めて達者な歌い手だったなぁと。



178. めたる慶昭 (2017-11-22 22:28:53)

76~79年辺りはパンク&ニューウェイブ流行りでハードロック(その頃へヴィメタルという言葉はサバス&ブルーオイスターカルトくらいに限定的に使われているだけで、その他ヒープ、UFO、プリースト、リジィ等は皆オールドウェイブハードロックと呼ばれていました)
その頃発表されたアルバム(ヒープならロートン時代3部作、サバスならオジー時代の評価低い2作、プリーストなら「Staind class 」等々地味目な評価のアルバムが多いですが、逆にハードロック冬の時代に「どっこいハードロックは死んじゃいないぜ‼」とばかりにベテラン(当時既にそういう呼ばれ方だった)の意地を見せた作品&楽曲が多かったと思います。
ヒープの「罪なきいけにえ」アルバムなんぞ、当時はかなりアメリカナイズされた売れ線狙いの作品と批判を浴びていましたが、中に強烈にハードロッカーの意地を見せつけた曲が有るんですね‼(「Choices」「Free'n eazy」等)
あの頃の時代背景を思い出しながら聴くと、当時をリアルタイムで知っているものにとっては涙腺崩壊必至です‼




179. アゴ勇 (2018-01-21 15:21:48)

ファスト・エディ・クラーク、亡くなったんですね。

レミー、フィルシー、エディ、黄金期MOTORHEADの3人がみんな鬼籍に入った。

あの世で再結成して汚ねー爆音かましてくれ。



180. ANBICION 11 (2018-06-20 19:06:39)

CORONERの名盤GRINが再発されますね。既に持っているけど念のためにもう一枚買っておこうかな。



181. めたる慶昭 (2018-06-23 22:52:17)

Burrn から出ているクラシックハードロックディスクガイド?をやっと立ち読みしました。(笑)
私も知らない60~70年代のバンドが沢山載っていて、ああ購入したいなあと思いつつ、高いからパスという結論が覆るわけもなく、ヒープのアルバムコメントを拾っていたら、「魔の饗宴」アルバムで、表題曲の4分も続くギターソロが退屈でしかもバックはドラムだけなんて書いてあって、思わず本を破きそうになりました。(爆)




182. めたる慶昭 (2018-06-24 07:33:01)

連投です。
今、Burrn ! 7月号のRSOのインタビュー記事を読んだのですが、インタビュアーがリッチーにパパラッチみたいな質問ばかりしていてむかつきました。
でも、おかげでBon Joviとの今の距離感やジョンに対する思いをリッチーが答えてくれたので、ああ、そうだったのかとスッキリもしました。(別にファンじゃありませんがね)
伊藤政則がジョンを批判しない理由は、何となくリッチーが言ったジョンとリッチーの空気感を察知していたからなのかなと勝手に納得しましたよ。
さすが、政則大先生、御見逸れしました。




183. アゴ勇 (2018-06-24 21:23:09)

ANBICION 11さん、「GRIN」再発ですか!!

自分も既に持ってますが、リマスター&ボートラ入りだったら買おうかなぁ。



184. ANBICION 11 (2018-06-24 21:28:18)

アゴ勇さん

こんにちは。ボートラはないですが、リマスターでしかも今のところ安いので買う予定です。でもオリジナル盤も元々音は悪くないですけどね。




185. 1573 (2018-09-08 12:59:33)

アニソン~の項目で発言した「DROPOUT!? ~Saint Snow」の様なメタルが凄く気になってる。
パク…元であろうBABYMETALはちょっと歌詞とかが余りにもアイドル寄りだったりするので、洋楽でも邦楽でも良いのでどなたか上記の曲の様な疾走かつヘヴィーでメロがクサめなメタルをご存知の方いらっしゃいませんかね?(ヘドバンしたくなるような)
ちなみに、初期のメタリカも聴いてみたけどちょっと感じが違う…やはり音作りが古臭さを感じてしまう。(当たり前だけど)

追記
自分の数少ないメタルアルバムの中ではラプソディー(今はファイアーが付くのか)が一番近いけど、ちょっとシンフォニックメタルだけあって、若干大げさすぎる…
もっとベビメタのメギツネやギミチョコみたいのが聴きたい!




186. アゴ勇 (2020-02-27 00:42:47)

SACRED REICHとVIO-LENCE、やはり来日中止ですか。

原因はコロナウイルスでしょうね。

VIO-LENCEなんて、ギターにあの初期OVERKILLに在籍していた、ボビー・ガスタフソンが加入しての来日予定だっただけに、残念ではあるけれども、まぁ、仕方ないですよね。

このカップリングは生でいつの日か観たいね。



187. めたる慶昭 (2020-02-29 00:00:06)

明後日のコルピのライブ、今のところ中止になってない。
行けるかなあ?
行きたいよお!




188. めたる慶昭 (2020-02-29 00:03:35)

↑日付が変わっていたから明日だわ。



189. めたる慶昭 (2020-03-06 17:50:40)

コルピの前に出てきたバンド、スカイクラッドだっけ?
聴いた感じ、個人的にフロッギング モリーを思い出しました。
トラッド パンク?
ただ、人脈的に元ファストウェイの人が居たりしてメタルとも関連は有るからなあ。
微妙。




190. めたる慶昭 (2020-03-20 21:32:40)

Burrn!4月号のデスメタル最前線の Blood Incantation へのインタビューで、父親のアルバムコレクションを小さい頃から聴いていたという発言の中で、Jethro Tullにも触れていました。



191. アゴ勇 (2020-04-10 23:49:02)

アヴァンギャルドスラッシュというと、真っ先にBLIND ILLUSIONやVOIVOD、WATCHTOWER、ANACRUSISといったバンドを思い出すでしょうが、オランダのDECISION Dというバンドも相当風変りなスラッシュだよ。

「THE LAST PROSTITUTE」「MORATORIA」「RAZON DE LA MUERTE」の3枚がリリースされてますが、このバンドに惚れ込み、海外のサイトから3枚ともオーダーしちゃったよ。

テクニカル要素より、アヴァンギャルドな要素の方が強くて、IDIOT FLESHやNUCLEAR RABBITのような聴き手を小馬鹿にするような展開も用意されていて、もう最高ですわ。



192. kamiko! (2020-04-15 02:43:25)

昨日買った激アツなスウェーデン産ペイガンヴァイキングメタルを紹介。

Brothers of Metal / EMBLAS SAGA

日本盤も出てるようなので知名度高いのかな?とも思ったが
ココのサイトにはこのバンドのレビューは無かった。

アツいバンド名、トリプルギター、アクの強すぎるトリプルヴォーカル(うち一人は女性)が特徴の
ファイティングなパワーメタルだ。
この人たちは絶対Manowarの大ファンだろう。
PV見るとManowarが好きすぎてバンドやってますオーラが凄い。
本格的なヴァイキングなコスプレとメイクがかなりウケる。
剣をギターに見立てて弾いてみたりもう好き放題、ホント楽しそう。
というワケでManowar路線の世界観がツボな人はマストです。
音楽性はManowarとはちょっと異なるので、ゲットするなら動画をチェックしよう。

ヴァイキングの世界観に浸りきってて
ユーモア溢れる個性的ヴォーカルが掛け合うバカバンドなんですが
女性ヴォーカルの存在が際立っているうえ
確かな演奏、美しいコーラス、うまいシンセの使い方、印象に残りやすい旋律
ペイガンメタルによくある異国情緒、凄まじいグルーヴ感などなど
随所にアレンジが光る素晴らしい作品。
Orphaned Landがツボな人はかなりハマるんじゃないかな。

もうね、この大蛇ジャケがいいんですよ。
この作品を通して聴くと、冒険譚ハリウッド映画1本観た気分になるよ。
HR・HMファンには全員、超オススメです!コレを聴くととても楽しくて元気になるよ。



193. アゴ勇 (2020-04-17 22:39:33)

CDを買えにも書き込みましたが、「IN A FLESH AQUARIUM」 UNEXPECT

これはスゴイよ。

兎に角、破綻している。

不協和音の連続。

聴いていると頻脈性不整脈を起こしそうなサウンドだ。



194. アゴ 勇 (2020-06-19 17:55:16)

どうも、生存しております。

最近はWindowsで音楽制作、iMacで画像編集して、自己満足してます。

ああ、kamiko氏、KYUSSの「SONS OF KYUSS」のCDを遂に見つけて、海外からオーダーしたよ。

到着までに、1か月、いや2か月以上かかると思うけども、まあ気長に待ちますよ。

俺も、国内にはもう欲しいCDなどなくて、ひたすらに海外からCDを取り寄せてますよ。

1か月で送料込みで、7万円以上入金してます。

俺も気持ち判るよ。4月下旬にオーダーしたCDが未だに届かず、本当に届くのか疑心暗鬼になってるからね。

LUGUBRUMも「HERVAL」が届けば、アヴァン期のLUGUBRUMは全部揃うよ。

その時は、またレビューするよ。




195. kamiko! (2020-06-19 18:46:53)

アゴ氏

CD盤のSons of kyussよく発見できたね。うちのはLPなんよ。
Lugubrumコンプリート間近ということは、今年リリースのPlage Chômageもゲットしたのかな?
デジロック的な感じの曲があったり、前衛色が強すぎて購入を躊躇しているんだけどね。
ちなみにAl GhemistはどうしてもLPしか見つからない。もうLPでゲットするしかないかね。
LPだとマイカーで聴けないんだよなぁ。

今年はMaudlin of the wellのメンバーがやってるKayo Dotの新譜が出てるよ。
ボク的にはPart the Second以来音沙汰のない、Maudlin of the wellの新譜の方を心待ちにしてるんだけどなぁ。

空輸便の激減はまあ仕方ないにしても、ホント届くのかどうか不安になる。
真面目なショップはメールで遅くなるっていう連絡がくるけど、それを逐一翻訳するのは一苦労だよ。
7万円分ということは安いショップならCD約40枚分くらいかな。早く届けばいいね。


発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示