この曲を聴け!
再発について
MyPage

再発について
モバイル向きページ 
解説 - 再発について
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



1. キムチなべ (2002-11-25 00:30:00)

最近、私が改めて思った事があります。
ここ近年(2~3年ぐらい)、以前2500円~3000円ぐらいで発売されていたCDがリマスターや来日記念特別価格といった理由で廉価で再発されるという場合が多々あります。それが自分の好きなバンドの作品であったり、「名盤」として名高い作品であったりすると「お得感」を感じると思います。今まで手に入れる事が出来なかったり「最近になってあるバンドのファンになったので過去の作品を聴きたいけど時既に遅し…」といった方々にとっては「こんなにお得な価格でこのCDを手に入れられるなんて!」と狂喜乱舞するかもしれませんが、既に「定価」で手に入れている方々にとってはどんな気分なのでしょうか?
①「やっぱり再発されて然るべきでしょ!(オリジナルと同じ曲目曲順でも)買います!」
②「再発なんてしやがって…(もう持っているので)買わない!」
③「定価で購入した際には入っていなかったボーナストラックが入っているので買う!」
④「惰性で買ってしまう」
皆さんはどうお考えでしょうか?私の場合は(モノによっては)②か③なのですが…
色んなご意見をお聞かせ頂ければ幸いです…



2. ギターの国から2002.遺言 (2002-11-25 03:13:00)

僕はMAIDENの再発の時には全部買いなおしましたね~。
すべて\2500だったので金額的には痛かったけどやっぱりいいアルバムばかりだし、音もジャケットも良くなっていて、さらにはボーナストラックまで付いていたので心の値段は安い買い物でした。
でも中には「ほんとにリマスターされてんのかよ」というものもありますね。全然音が変わっていなかったり、ブックレットも昔のままだし、というのが。リマスターされていたら大体ブックレットのどこかに「Re-mastered by 誰々」というのが書いてありますからね。
でもなんだかんだ言って音が良くなっていてしかも安くなるってことはいい事だと思いますね。中には本当にびっくりするほど素晴らしい音になっているものもありますし。好きなアルバムのなら買っても損はないでしょう。
だから僕はリマスターに関して悪い印象は持っていませんね。
良いものと悪いものを見極めて買えば「お得感」は得られるでしょう。




3. YOSI (2002-11-25 13:17:00)

僕も同じく、買いなおすかどうかは「音質の向上」と「追加曲の有無」で決めます。他にも再発には別にリマスターとかなしで、ジャケットやアートワークの変更のみとか、内容同じで端に廉価版だとかもありますが、これらは殆ど無視。特に紙ジャケはパス。
ただ、「再発されるたびに買いなおす」という行為はすなわち、そのバンドに対する思い入れでもあります。悩む必要もなく買おう!と思うバンドこそが自分が本当に愛すバンドなんだなと再確認できます。その観点からいくと、「前の持ってるから今回の再発どうしようかな」と迷うバンドは、結局自分の中の優先順位がわりと低いのかな。



4. まゆきん (2002-11-25 14:01:00)

ちょっと話がずれるかもしれませんが、
同じ曲の別テイクや、コレクター魂をくすぐるものを発売するといった点では
KISSやDEEP PURPLEなんかの戦略は商業的に上手いですよね。
音をリマスターしたものを廉価版で安く再発…といった
ユーザーの立場に立っている物ならば、買う買わないは別にして、
非常に良い姿勢だとは思いますね。



5. ひょうすべ (2002-11-25 16:41:00)

再発の場合はYOSIさんと同じ意見です。
YOSIさんと唯一の違いは紙ジャケ・箱物が大好きだということです。
例えますと私の好きなQUEENの場合
(オリジナル購入)
リアルタイムで揃えた「QUEEN」~「MIRACLE」+「GREATIST HITS」各1枚レコード。
(理由:CDの寿命が30年という噂を聞いて急遽購入。)
レンタルレコード屋の特売で買った「QUEEN」~「INNUENDO」各1枚。
(理由①)
CD化した際に揃えた「QUEEN」~「MADE IN HEAVEN」
(理由③)
ボーナストラックにてアルバム未収録曲が入ったハリウッドレコード制作
「QUEEN」~「MIRACLE」※ライヴ盤除く
→後にニセトラックあることがが判明し愕然
(理由:オリジナルより音質が良いと噂のモービル・フィデリティ盤が中古屋にあったので購入)
「A NIGHT AT THE OPERA」「NEWS OF THE WORLD」「JAZZ」
→後に「モービルだったらこんな風に作る」という主旨のDCC盤であると判明し愕然。
(理由①)
リマスター盤(紙ジャケ)
「QUEEN」~「JAZZ」、「GREATIST HITS 1・2」
(理由:箱モノだから)
「QUEEN JEWEL25」
(理由④)
え?!またリマスター盤!!(ARTリマスター)
「QUEEN」~「MADE IN HEAVEN」
→上記リマスター盤との音質の違いが判らなくて愕然。
ここまで書いて我ながらあきれてます。レコード会社の思惑通りですね自分。



6. YOSI (2002-11-25 18:19:00)

ところで・・・。リマスターでなんでもかんでも良くなるってわけではなく、音質の改善はリマスタリングするサウンドエンジニアの技術とセンス。そしてアーティストの意向を反映しているかによるものだと思います。つまり名エンジニアが手掛けていれば「エンジニア買い」が出来ると思います。誰かそんな名エンジニア及び手掛けた作品をご存知ないですか。
ちなみに僕は1人知ってます。JUDAS PRIESTの旧作の一連のリマスターを手掛けた「ジョン・アストレイ」っていう人です。同バンドの最新作にもエンジニアとして参加して、他にはZEPやTHE WHOの作品のリマスターもしてるとの事。いい仕事してます。誰か他にもご存知ないですか。



7. N (2002-11-25 20:15:00)

1人知ってます。
「デイヴィッド・シングルトン」といってKING CRIMSONのCDのリマスターや
過去のライヴ音源の修復作業に携わっている人です。
CRIMSONのライヴ盤の多くは彼が関わっています。



8. めたる慶昭 (2021-02-27 08:15:46)

私は再発盤でボートラが増えようが、既に持ってりゃ買いません。
それよりまだ聴いてない新譜、旧譜でしょう。



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示