この曲を聴け!
MASA ITO あれこれ
MyPage

MASA ITO あれこれ
モバイル向きページ 
解説 - MASA ITO あれこれ
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



16. ヴィレ (2003-08-23 21:10:00)

かわちさん「ヘヴィ・メタルの逆襲」持ってますよ。
写真を今観ると皆、暑苦しいですねー(←冬に観たって暑苦しいと思うよ)(^_^;
ランディ・ローズとEUROPEのメンバー全員はさすがに暑苦しくない。
ランディ・ローズの項で
82年3月19日ひとりの男が死んだ。
彼は天使だった。今、彼は本物の天使になった。。。と記述されてます。




17. かわち (2003-08-25 21:33:00)

「ヘヴィ・メタルの逆襲」をリアルタイムで知ってる人って、今じゃそれなりの“おっさん"になってるかも?(笑)
買った当時は内容が小難しく思えて、写真やレコードレビューを中心に見ていたと記憶しています。何度か読み返すにつれ、著者(政則氏)の意図することが段々わかってきたんじゃないかな?
それとHM/HR系書物で「文庫本サイズ」っていうのが、なかなか斬新だと思いましたね。




18. アゴ 勇 (2003-08-26 02:02:00)

個人的に伊藤政則も和田 誠も有島博志も好きじゃないです。



19. アゴ 勇 (2003-08-26 02:33:00)

政則は故ランディ・ローズ在籍時のOZZY OSBOURNEのライヴを観た数少ない1人ですよね。羨ましい限りです。
「夕やけニャンニャン」出てましたよね~政則。
おニャン子達やとんねるずにメタルを布教させてたけど、あれは無意味だったなぁ。
政則がおニャン子で一番のお気に入りは、会員番号18番の永田ルリ子だったそうな。




20. てらぴん (2003-08-26 11:38:00)

↑政則氏の好み、そうでしたか・・・貴重な情報ですね(笑)。
いまはどうか知りませんが、つい十数年前は、ヘヴィメタル=騒々しい、暑苦しい、
かっこ悪い、というイメージでした。政則氏やB!誌(酒井康氏)のおかげで
「メタルファンです」と広言できるようになりました(そんなことはないって?)。
個人的には政則氏のメタルに関する熱弁ぶり(力みすぎ)はけっこう好きです。




21. ponpoko540s (2003-08-26 12:36:00)

>アゴ 勇さん
有島博志、、、、、、、忘れてました。流石アゴさん。笑いの権化。



22. 5150 (2003-08-26 13:25:00)

有島博志のライナーはまるで信用できません。ときどきタメ口だし。
絶賛しまくり。嫌いです。
伊藤政則氏は大物リリースだと、とりあえず絶賛するような気がしますね。絶賛しといて2年後、同じ大物の新作が出たら「前作は~~なアルバムであった。しかし新作は本当に素晴らしい」みたいに言いますね。
それと彼のレヴューは時々意味がわからないことがあります。
彼の言葉は抽象的?すぎるんですかね?
よくみかける言い方
「屈強の精神」「イデオロギー」「伴走して~」「強靭な」「逆説の」「遺伝子を継承」
「金槌でおもいっきり延髄を殴られたような感覚」←DOKKENのBack For The Atack
「痺れて痙攣しそうな」「衝撃」・・・・・・などなど




23. HAL9000改 (2003-08-27 16:45:00)

彼の最大の謎。HMシンジケートに出てこえへんの、なんでだろー♪。



24. 5150 (2003-08-27 17:15:00)

彼は年齢はいくつなんでしょう?
日本のMETAL GODとか言われてますよね!




25. 空飛ぶ鍛冶屋 (2003-08-27 20:46:00)

MASAさん程の知識とお笑いのセンスを持った人もなかなかいないですよね。ボン・ジョヴィの3RDを買ったときに名前があったので昔の人なんだろうな、と思ってましたがPOWER ROCK TODAYを聞いてその若々しさにびっくりしました。ビリー・シーンと同世代っていっていたから50歳ぐらいじゃないでしょうか?
ボン・ジョヴィの1STのライナーノーツで「スターになるべきバンド」と予言していたのは見事あたりましたね。
もっとアメリカで流行っているバンドを紹介して欲しいなあ。



26. YOSI (2003-09-02 01:02:00)

伊藤さんか・・・。最近あの人の文章ずいぶん普通になりました。70年代のあの人の文章は無茶苦茶で支離滅裂でそこがカッコ良いというかなんというか。C3さんの仰るようにあの人のトンデモ解説が読めるのは間違い無くJUDAS PRIESTの諸作品、特に70年代かr80年代初期の作品ですよ。なにしろ彼は伊藤“JUDAS"政則と名乗ってたんですよ。PRIESTの3rdの解説では。彼らのために音楽評論家生命を賭けた男ですよ。「PRIESTのために一兵士として闘って死んでもいい。僕の屍を乗り越えて勝利をつかめ!」とかバカ発言の全てが僕らPRIESTファンの鑑でした。かつては・・・ですが。
まあ他にもSCOPIONSとかRUSHとかのライナーもかなり笑えるはずです。RUSHの「2112」とか何言いたいのか全く不明、音楽について語ってる文章とは思えません。そこが凄い。政則さんおトンデモ解説が読みたいなら、70年代からNWOBHM期あたりが壮絶ですよ。



27. さらばコージー! (2003-09-03 12:59:00)

セーソクさんの記事やライナーノート、コメントは、僕を含めた30代メタルオヤジにとっては、朝日新聞のような存在なのではないでしょうか。最初は鵜呑みにしたのですが、知識量が増えて自分の趣味がはっきりしてくると、多少距離を置いて捉えるようになりました。セーソクさんに対しては、いろいろな声があるようですが、田舎で電波の悪い中、チューニングを合わせて「ROCK TODAY」を聞いていた自分にとっては、セーソクさんや酒井康さんは大好きですよ。



28. だるまや (2009-11-28 19:36:00)

大好きです。
なんつっても、いい人そうだから!




30. N.A.ROCKS (2011-11-17 21:09:44)

NHK-FM恒例の番組『今日は一日“ハードロック・ヘビーメタル”三昧IV』
が12月25日(日)後0:15~11:00(中断あり)に決まったそうです。
以下広告
日本全国のハードロック・ヘビーメタル・ファンの皆様お待たせしました!
『ハードロック・ヘビーメタル三昧』が一年ぶりに帰ってきました。今回も放送時間いっぱい、
多くのハードロック・ヘビーメタルの名曲・レア曲・ヒット曲・最新曲を紹介します!
司会は“日本のメタル・ゴッド”伊藤政則さん。HR・HMの最新情報はもちろんのこと、
なかなか聞けないレア情報、さらには2011年のメタルシーンを振り返って解説してもらいます。
 番組では現在、下記の番組ホームページからリクエストを募集中!
今回は、「元気付けられた&元気になるHR・HM楽曲」というテーマについても
リクエストを募集します。こんなアーティスト、あのバンドのあんな曲が聴きたい!
この名曲を聴いてもらいたい!等々、熱いリクエスト大募集中です。



31. sixxrated (2013-08-10 01:40:40)

メガネがダサい



32. sixxrated (2014-10-29 11:48:05)

うん、やっぱりメガネがダサい



33. sixxrated (2016-01-18 11:24:34)

メガネ変えた?



34. めたる慶昭 (2021-01-03 18:40:03)

先程、次に聴く予定のアルバムを取り出して解説を読むというルーティンをやりました。
「Ram it down」by Judas Priestがそうだったのですが、これの解説が政則てす。
何やら実験的だった「Turbo」の揺り戻しで王道への回帰と主張するのは良いのですが、変に力が入っていて凡作にここまで入れ込まんでも良いんじゃない?ってついつい突っ込み入れたくなる私でした。



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示