この曲を聴け!
正統派B級メタル、何かないですか?(・_・)
MyPage

正統派B級メタル、何かないですか?(・_・)
モバイル向きページ 
解説 - 正統派B級メタル、何かないですか?(・_・)
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



133. アゴ勇 (2015-07-10 09:39:35)

てかぷりおさん、ARMORED SAINTの新譜、滅茶苦茶カッコいい仕上がりですね。

大して期待していなかったバンドが、期待以上の作品を創った感じかな。

タワーレコードのポイントが貯まったので、近々購入しますから。



134. てかぷりお (2015-07-10 23:12:20)

個人的にアルバムトータルではめちゃくちゃどハマりはってわけではありませんでしたが、タイトル曲は一級品のカッコよさだと思いましたね

最近再発されたWARLORDに手を出してみようかなーなんて思ってる今日この頃です




135. てかぷりお (2015-08-12 10:42:49)

PANTERAのPower Metal欲しー



136. てかぷりお (2015-12-16 17:49:42)

JAGUARのPower Games欲しー



137. 火薬バカ一代 (2015-12-16 22:31:52)

ANGEL DUSTの1stと2nd、あと「金のエンゼル」ばりの
レア度だったMARSHALL LAWのEP『POWER CRAZY』が
ようやく正式に再発される(された)ようで嬉しい限り。




138. 夢想家・I (2015-12-17 22:26:35)

Brocas Helm - Cry of The Banshee

https://www.youtube.com/watch?v=xVU6o7xg_Lo

先日、YouTubeで「エンジェル・ウィッチのテーマ」を聴いたら、"あなたへのおすすめ"がこれを勧めて来ましてね、
イントロ数秒でビビビッ! と来た!

♪トテチテ トテチテ トテチテターって感じのタッピングによるメロディアスなリフを、ギターとベースがユニゾンで弾くというユニークなスタイルの楽曲はインパクト大!
実のところ、タッピングもユニゾンも所々危なっかしい感じだし、検索したライヴ映像では盛大にずれててズッコケた(爆)けどそれが何だ! という位この曲には(B級メタルとしての)魅力を感じます。
いやぁ、見事にツボを突かれましたね。
YouTubeさん、さすが私の趣味よくご存知でいらっしゃる(笑)。
調べたら、何とこの曲にはMUSIC VIDEOまであった!

BROCAS HELM Cry of the Banshee MUSIC VIDEO

https://www.youtube.com/watch?v=SfT4Lflzmkg

う~ん、場末感がすごい…。
それとベースのおっちゃんキャラが濃いな(笑)。




139. てかぷりお (2015-12-18 12:25:31)

Power Crazy収録のCry Out From the Darkくそカッコいいですね
こりゃ欲しくなってしまう、、

夢想家・I さんの上げてくださったバンドも面白いですね C級感満載ですが中盤のインストパートアツいですな 全っ然知らないバンドなんですけど、調べたら1982年から活動してるベテランじゃないですか

スラッシュメタルとか他のジャンルも勉強したいんですが、正統派だけで聴きたいものが多すぎてお金も時間も足りない
今年はWILD DOGSの「Reign of Terror」をアホみたいに聴いてました Metal Fuelサイコーです 真っ赤なジャケも含めあまりにも気に入ってしまったため、国内盤帯付のアナログ買ってしまいました 無駄遣いー 




140. てかぷりお (2016-01-26 00:22:58)

この曲割とヤバめだと思うんですが、どうでしょう

DEAF DEALER - Back To God's Country

https://www.youtube.com/watch?v=ARtAxLA4auU




141. 名無し (2016-06-25 18:15:15)

思いつくまま、スペルも怪しいのでカタカナで。
ウルフマザー  オーストラリアの10年くらい前デビューしたレトロ嗜好
ワザリング ハイツ  北欧のシンフォニック ヴァイキング メタル
トワイライト二ング  北欧のシンフォニックメタル
TYR   ヨーロッパの辺境の島出身のヴァイキングメタル  
スラマー  英国のスラッシュメタル
シラ   チェロ付き男性デスヴォイス、女性クリーンヴォイス
シア グリード   元ガールのラフィー兄弟が90年代に結成していた
オー   70年代の英国のアメリカン指向
ネックス   スペインの00年代デビュー 女性ヴォーカル
ロー & オーダー  アメリカニューヨークの90年代のブルージーなハードロック
クロークス  スイスの老舗
ホット レッグ   ダークネスのジャスティンが一時立ち上げていた
ダーク リアリティー   縦笛使用のトラッドメタル
クリムゾン グローリー    クイーンズライクのフォロアー的でマスク着用
ブラッド セレモニー   カナダのドゥームでこの中では一押しです。



142. 名無し (2016-06-25 22:51:28)

シンフォやヴァイキングは正統派ではない



143. アゴ勇 (2017-09-11 14:05:03)

夢想家・Iさん、気になってBROCAS HELMの「BLACK DEATH」と「DEFENDER OF THE CROWN」2枚買っちゃいましたよ。

最高じゃないですか!

また色々と紹介して下さい。

HELVETETS PORTというバンドの「EXODUS TO HELL」はなかなか良かったです。

一曲目がズバリThe Shogunという曲で、中盤のコーラスで「将軍!」と。

インパクトありましたね。



144. 夢想家・I (2017-09-13 00:49:55)

アゴ勇さん

今はご紹介出来るようなバンドが無くて、ご期待に添えず申し訳ありません。
BROCAS HELMは私も偶然にYouTubeから教えてもらったようなものなので、全然詳しくなくて…。
そのYouTubeには彼等のフル音源が転がっていて視聴しましたが、購入までには至っていません。
(ちなみに、YouTubeでBROCAS HELMの動画を観ると、関連動画に聞いた事も無いような正体不明のバンドがわんさか出て来ます 笑)
MOTORHEAD、ポール・ディアノ時代のIRON MAIDEN、初期METALLICAあたりが元になってるのでしょうが、どれにも似ていないですよね。ギターが結構良いセンスしていると思います。
間違い無く粗削りでB級なんですが、何も考えずに頭を振れるノリの良さはなかなか爽快です。

HELVETETS PORT「EXODUS TO HELL」は後で聴いてみます。
また何か面白いバンドがいれば、こちらに書き込みたいと思います。




145. アゴ勇 (2017-09-13 13:42:18)

夢想家・Iさん、お久し振りです。

HELVETETS PORTは故人的には良かったですが、あくまでB級ですね。

初期IRON MAIDENや、ポーランド出身のTURBO、「WARNING OF DANGER」リリース時のOMENに近い感触かなぁ。

でも、ホントにB級なんで粗さやチープさはあります。

宜しければ是非、AMAZONでポチッと。



146. 夢想家・I (2017-09-19 23:07:29)

HELVETETS PORTの "The Shogun" をYouTubeで聴きました。
「将軍!」のコーラスからテンポが上がる部分が怪しくて良いですね(笑)
ヴォーカルがB級というよりは素人っぽいのが何と云いますか、ちょっと購入とまではいきませんが、この手の煮え切らないサウンドは基本的には好きです。
これを聴いて、いくつか思い出しましたので以下、

PORTRAIT- "We Were Not Alone" (アルバム「CROSSROADS」収録)

https://www.youtube.com/watch?v=HGFvHvXmBq8

GENOCIDE NIPPON- "Doomsday" (アルバム「BLACK SANCTUARY」収録)

https://www.youtube.com/watch?v=x8brQL5KvyM

既にご存知でしたらすみません。




147. めたる慶昭 (2017-09-20 21:33:15)

⬆夢想家・Ⅰさん
Genocide Nipponって凄いバンド名ですね。
日本人は皆殺しだあ‼って事?
おお怖‼




148. アゴ勇 (2017-09-21 21:00:53)

夢想家・Iさん、では自分もB級紹介を。

とは言っても、夢想家・Iさんはかなり詳しいと思われるので、まだあまり言及されていないバンドを幾つか。

「BREAKING OUT」 LIONS PRIDE 1984年にラジオ日本の伊藤政則の「ROCK TODAY」で、セーソクがプッシュしてました。
アルバム1枚して消滅。

「OLIVER MAGNUM」 OLIVER MAGNUM 1986年だったかな、BURRN!誌で、スラッシャーさこたが少しだけ触れてました。
完全にB級、いや、C級に近いかも。

「BLAZE OF OBSCURITY」 PARIAH 英国のバンド。BLITZKRIEGやSATAN、BLIND FURY、SKYCLAD等のメンバーが在籍していたバンド。
俺の知る限り3枚アルバムをリリースしてます。クオリティ高し。IRON MAIDENやANGEL WITCHが好きな方はマストバイ。

「FIRST VISIT」 ROGUE MALE ロックンロール寄りのメタル。英国のバンド。プロレスラーのロードウォリアーズみたいに顔にペインティングを施してはいるものの、決して色物ではなく、痛快なバイカーズメタル。

「GO FOR THE THROAT」 S.A.SLAYER 後にRIOTに加入する、凄腕ドラマー、ロン・ジャーゾンベックが在籍。エキサイティングなパワーメタル。バンド名はスラッシュのSLAYERが先に活動していた為、頭にS.A.と付けたと思われる。

「OF THE SUN + MOON」 SACRED BLADE 1986年リリース。一枚のみで消滅したと思われる。NWOBHMのLIMELIGHTやGASKINに方法論は近いと思うが、よりメタリックな音世界である。

「VIZIER OF WASTELAND」 MERCYFUL FATEに在籍していたハンク・シャーマンとマイケル・デナーが再会して組んだバンド。MERCYFUL FATEのセルフカヴァーやCAPTAIN BEYONDのカヴァーを収録。



149. アゴ勇 (2017-09-21 21:21:25)

失礼しました、上の「VIZIER OF WASTELAND」はZOSER MEZというバンド(プロジェクト?)です。



150. 夢想家・I (2018-03-11 22:42:32)

コメントを頂いているのに気付きませんでした。遅い返しですみません。

めたる慶昭さん

GENOCIDE-nipponは、多分X-JAPANと同じように、海外の同名バンドとの差別化のために(nippon)を付けたのだと思います。けっして日本を虐殺するっていう意味では無いです(笑)

アゴ勇さん

色々挙げて下さってありがとうございます。知っているバンドはPARIAHのみ、それも「UNITY」一枚だけです。
ハンク・シャーマンは結構プロジェクト関連が多いですね、MERCYFUL FATEは大好きですが、とても全部は追い切れません。
挙げて下さったものを参考に、YouTubeでちょくちょくチェックしていこうと思います。

さて、今回もYouTubeが教えてくれたものを二つばかり。

MONUMENT - "Lionheart" (Official Video)

https://www.youtube.com/watch?v=tijEVDun0dg
4th、5thの頃のIRON MAIDENそのまんま過ぎるのが、長所でもあり短所でもある感じ、Voもまんまブルース・ディッキンソン似、明らかにB級のクォリティーではありませんが、個性という点で大いに疑問符が付くのが難点でしょうか。
個人的には英国出身でこの音楽性というのはポイント高し。
本サイトでは、一早く失恋船長さんがレヴューして下さっています。さすが失恋船長さん!
それによると、JUDAS PRIESTのリッチー・フォークナーがゲスト参加していたり、EPでベースを弾いているデイヴ・リマーが現URIAH HEEPのメンバーであるとの事です。

SACRED STEEL Let There Be Steel

https://www.youtube.com/watch?v=-KKSHelVu8k
ドイツのパワー・メタル・バンド、キャリア20年のベテラン。
HELSTERやMALICEに近い印象のJUDAS PRIESTチルドレンですが、Voの実力はかなり劣ります。




151. めたる慶昭 (2018-03-12 22:19:28)

⬆夢想家.1さん、返しが遅すぎ(笑)
 そうですか、日本人皆殺しではないわけですね。ホッとしました。
紹介しているMonumentですが、現ヒープのデイブ リマーが参加しているんですか?ビデオを再生した限りでは居ない様な・・・EPの曲ではないのかな?
たしかデイブはサウスポーのはず。
なかなか格好良さげですね。




152. 夢想家・I (2018-03-13 22:36:27)

めたる慶昭さん

調べてみました。デイヴ・リマーはシングル「EATAL ATTACK」、EP「ROCK THE NIGHT」(ともに2012年リリース)でベースを弾いていて、その後は別の人に替わっています。
「ROCK THE NIGHT」では、リッチー・フォークナーがゲスト参加しています。
動画の曲は2nd「HAIR OF THE DOG」(2016年)からの物なので、デイヴ・リマーは映っていませんね。



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示