この曲を聴け!
メタラーの好む本とテレビ番組
MyPage

メタラーの好む本とテレビ番組
モバイル向きページ 
解説 - メタラーの好む本とテレビ番組
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



52. Ray-I (2013-09-06 01:24:04)

本では最近はH・P・ラヴクラフや『魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」』、
『その花束は少年でできている』がお気に入り。
少し前ですと長野まゆみもよく読んでましたね。後は団鬼六の『美少年』とか、
あさのあつこ『バッテリー』『The MANZAI』辺りでしょうか。
やっぱり、耽美を愛するものならこの辺りは読んでおかないと。

あー、『ボーイズ・イン・ブラック』ドラマor実写映画にならないかなー。
あるいは『純情ロマンチカ』か。




53. 乃坂繭士 (2014-05-27 21:22:11)

先週からシーズン3が
始まった「シャーロック」!
超ウレしい!!

何となく弟とシーズン1を
見てハマり、
ちゃんと原作を読んだ事が
無かったので、
「緋色の研究」、「シャーロック・ホームズの冒険」
「バスカビル家の犬」、「四つの署名」の
正典だけを読めばいいものを
パティーシュも何冊か読みました。

最近は、仕事で頭を使う事が
多いので、読書はしていませんが、
ホームズ作品の映像は
色々と見てみたいです。



54. RIOT1970 (2014-05-28 00:38:51)

ちょっとスレ違いかもしれないが。
極悪がんぼ!
三浦友和演じる金子がいい味だしてるし、
椎名桔平は格好いいし、演技も上手い。

個人的には椎名桔平のようなオッサンになりたいです。




55. 名無し (2014-06-28 19:55:23)

TV番組ですが、朝のNHK「花子とアン」にはまってます。
もともと、「赤毛のアン」シリーズというか、モンゴメリ作品が好きで、エミリーシリーズや、角川文庫から7~8年前に発売された「ストーリーガール」他のフォローもしているくらいなので、最初にモンゴメリ作品を翻訳した村岡花子さんは、当然大好きな翻訳家でした。
主演の女優さんも良く、最近会社で「コビット」を流行らせようと良く使っています。



56. 名無し (2014-11-15 13:56:59)

番組改編期にしかやらない(特番?)けお「逃走中」げ好きです。
ミッションやるかやらないかで性格が結構わかり、好感持ってた人がなんだそうかよって思ったり、その逆も有りますよね。
それにしてもアスリートの人もガンガン捕まえちゃう追跡者達ってどんだけ足速いんだ!!



57. アゴ勇 (2015-03-30 01:01:36)

テレビはあまり観なくなった。

子供達が占領するし、ゲームもやるから、どんどん疎遠になっている。

家に独りでいる時はNHKを観ている。

いや、観ているというか、ずっと流しっ放しにしている。

民放は殆ど観なくなった。

たまに知人を家に呼んで、酒を呑みながら、スカパーのサムライチャンネルを観る程度。



58. 乃坂 繭士 (2015-03-30 20:52:40)

NHKの「クール・ジャパン」が
好きなのですが、
最近、ネタ切れっぽいですね。(涙)



59. Ray-I (2015-03-30 23:38:37)

「月曜から夜ふかし」が結構面白い。
マツコならではの快刀乱麻とも言うべきトークセンスと
関西人の癖にいい意味でもやっとする村上の味、
そこにネット動画のテイストを少し混ぜればなかなか爽快。
横浜市民にケンカを売ったり、おかしい(褒め言葉)素人を捕まえたり、
深夜番組の伝統をちゃんと踏襲しつつも今っぽさも忘れない優良番組。
このまま深夜番組としてちょっと小馬鹿にしながら続けて欲しいですわ。




60. Ray-I (2015-04-03 23:58:47)

改めて大槻ケンヂの『ステーシー』を読みました。
きっかけがこの小説を元にしたミュージカルを見たからなんですが。
原作はかなりディープですね。腐女子(腐男子)が喜びそうなシーンもありますし、
死を迎える前の少女が狂気とも言える多幸感に満たされるシーン、
B級特有のナンセンス、かつグロテスクな描写。
これらが一体となって優良のエンタメ小説として成立しているのですから。

難点は男同士で繰り広げられるあのシーン…。
こういうのが苦手な人は映画かミュージカルをおすすめします。
いや、ミュージカルにも軽い描写だけどあったなw




61. 乃坂 繭士 (2015-06-19 20:05:03)

最近、塩野七生さんのルネサンスについて
語っている本を読んでいます。

この人は、歴史オタクの自分にとって
「歴史を学ぶのは大切な事だ!」と、
固定してくれて、一瞬嬉しかったのですが、
思想が右寄りで、心酔するのはどうなのか?
心配になりました。

まあしかし、イタリアの事を学ぶなら、
塩野さんしかいないのかもしれないですね。(涙)



62. 名無し (2015-10-02 21:14:54)

最近帰りが早くなって、19時頃には帰宅しています。
「ネプリーグ」って以前も時折見ていたけど、特番じゃなく普通の枠で見ても面白いね。
本は、ゲイル キャリガーのアレクシア女史シリーズ5巻を読み終えました。
スチームバンクシリーズってことですが、スチームバンクって何?って解ってないのですが、でも面白い。
人狼と吸血鬼と人間が共存している英国が舞台なので映画かドラマにならないかなあ(バックミュージックはJethro Tull辺りで)



63. 名無し (2016-06-19 00:03:32)

「あいつ今何してる?」という番組が良いですね。
深夜枠だったのがゴールデンに進出してきたようですが、ネプチューンのMCがゲストに対して暖かく、ゲストも昔の友人と久しぶりにVTRで対面できて素直に喜び、見ていてほんわかした気分になれます。
後、今年の大河「真田丸」も良いですね。草刈正雄渋!!



64. 火薬バカ一代 (2017-03-16 23:14:53)

『スラッシュ・メタルの真実』を読み終えました。
「手足は1000本あるのに、オッパイは2つだけ、コレな~んだ?答え:SLAYERのライブ」という秀逸なジョークに始まり、クレイグ・ロチチェロ(FORBIDDEN)が語るロブ・フリン(VIO-LENCE)との関係、トニー・スカグリオン(WHIPLASH)やマイケル・クーンズ(LAAZ ROCKIT)が語る来日公演の感動、名言連発のボビー“ブリッツ”エルズワース(OVERKILL)が語る人生哲学やリー・アルタス(HEATHEN)との思い出、EXODUSの面々が語るベイエリア・スラッシュ・シーンへの尽きせぬ愛情等々…とにかくグッとくるエピソードがテンコ盛り。そしてインタビューを受けたミュージシャンが、例外なく成功を掴んだMETALLICAへの友愛を詳らかにする様に男泣き。「あいつらはセルアウトした」とか毒づいたりせず、逆に「METALLICAを批判するなら俺達が受けて立つ!」というその男気溢れる姿勢よ。
本を読み終えて、思わず「なんて気持ちの良い連中だろう」と、宮内幸平声で呟きたくなること必至。そうすると不思議とMETALLICAがルパンに、EXODUSが銭形警部に、そしてその他の語り手達が埼玉県警の警官隊に思えて来るという。(なんだそりゃ)
「いや、ベイエリア・スラッシュはとんでもないモノを盗んでいきました。アナタの心です」
是非、第二弾を出して欲しいなと。




65. cri0841 (2017-03-18 22:08:20)

『スラッシュ・メタルの真実』素晴らしい内容ですね!アメリカのメタル史を紐解く上で非常に興味深いインタビューばかりでした。
成功と挫折・・・中身の濃い群像劇ですね。彼らの物語は現在進行形でまだまだ続いているのだから、我々FANとしては本当に嬉しい。
個人的にはカート・ヴァンダーフーフ(METAL CHURCH)のインタビューが興味深かった。やはりMETALLICAが中心にいたんですね・・・。




66. めたる慶昭 (2017-09-07 21:00:35)

私の年だとねじめ正一あたり結構嵌まりますね。
長嶋命なんて、アンチ巨人の私も違和感無いですし、民芸店辺りが舞台の小説や時代物も良いですし、未読ですが児童文学も手掛けているそうです。
やっぱり、邦楽じゃジュリーが唯一好きなように断崖の世代のクリエイトするものが10年程年下の私にピッタリ来るのかなあ?
でも、お笑いは寧ろ今40代後半くらいのボキャ天世代(ex.ネプチューン、クリームシチュー、爆笑問題辺り)やもっと下のU字工事、ナイツ、サンドイッチマンが好きで、断崖の世代のたけしや紳助は以前からさほど好きでもなかったなあ。



67. MK-OVERDRIVE (2017-09-08 20:52:34)

めたる慶昭さん、こんばんは。
久し振りだというのにツッコミ入れるのは大変心苦しいですけど"断崖の世代"という言葉を初めて目にしましたので。
自分は戦後間もない1940年代後半生まれが"団塊(の)世代"、その子供たちが1970年代前半生まれの"団塊ジュニア世代"というふうに認識していました。
さらに我々のような1950年代生まれは"断層(の)世代"と呼ばれているそうですから、ひょっとしてそれと混同しておられるのでは?
ちなみに自分は爆笑問題もオール阪神巨人も、パンキッシュな毒舌家ビートたけしも好きで"ひょうきん族"しっかり観てましたよ。
紳助竜介、ダウンタウン、さんまは嫌いだね。関西のエグい連中はどうにも笑えない。
関東組でもとんねるずやウッチャンナンチャン等どうでもいいのはいるけど。




68. めたる慶昭 (2017-09-09 01:18:57)

⬆MK-OVERDRIVEさん。ご指摘有り難うございます。
字の間違いに、全然気付いていませんでした。
因みにダウンタウンは嫌い、さんまはまあ好き、とんねるずは嫌い、ウッチャンナンチャンはまあ好きです。(笑)



69. アゴ勇 (2017-09-25 21:45:51)

最近、おっ!って見入ってるのが、くりぃむしちゅーの有田が出ている「全力脱力タイムズ」と、明石家さんまの「お笑い向上委員会」ですね。

ユルい時間帯に30分番組という短さが何とも良い。

「ガキ使」観る時と同じ感覚で楽しめる。

ただ「脱力タイムズ」は若干、10年前に放映されていた「WORLD DOWNTOWN」に似ているんだよなぁ。



70. めたる慶昭 (2017-10-14 17:00:14)

今朝、初めて「わろてんか」を見てみましたが、面白そうですね。
朝のテレビ小説はウイスキー作りが主題(タイトル忘れた)以来かな。
また、土曜日だけの視聴になるでしょうが楽しみです。



71. めたる慶昭 (2017-12-16 07:21:19)

「わろてんか」その後見てません。(苦笑)
代わりにというわけでもないですが、「陸王」に嵌まっています。
話しも面白いし、役所広司(字は合ってるかしら)はじめ、俳優達も達者な人達ばかりで、特に阿川佐和子のチャキチャキ振りとピエール瀧の悪役ぶりは見事ですね。
最後の方で買収するぞと松岡修造まで出てきて明日を含めて後2回、目が離せません‼


発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示