この曲を聴け!
○○この曲を聴け!
MyPage

○○この曲を聴け!
モバイル向きページ 
解説 - ○○この曲を聴け!
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



36. 無の英雄 (2009-10-19 21:50:00)

心にグッときたアニソン(男性) この曲を聴け!!
高橋ひろ/太陽がまた輝くとき
高橋ひろ/アンバランスなKISSを交わして
ゴダイゴ/銀河鉄道999
井上大輔/哀・戦士
WANDS/世界が終わるまでは・・・
T.M.NETWORK/BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を超えて)
影山ヒロノブ/夢光年
錦織一清/夜明けのレジェンド
個人的主張ばっかりでしかも90年代以前です。最近のはアニメ関係なく
主題歌になってるの多いですからね。
今のワンピースはホントにひどい・・・
グッとくるなので熱血系はない形です。




37. メタルKEISHOU (2009-10-19 23:10:00)

MK-OVERDRIVEさん。
Dawnとは渋懐かしいですね。「ノックは3回」や「幸せの黄色いリボン」はポップスベスト10でよく聴いたなあ。
じゃあ70年代前半のヒットソングで
「Day after day」by Bad Finger
「黒い炎」by Chase
「光りある限り」by CCR
「土曜の夜は僕の生きがい」by Elton John
「Star man」by David Bowwy
ってところで・・・




38. Spleen (2009-10-31 01:58:00)

「ハロウィンこの曲を聴け!」
※紛らわしいですがHelloweenじゃありません。カボチャ飾る行事のことです。
・Nightmare Before Christmas Soundtrack/This Is Halloween
・Ozzy Osbourne/Bloodbath In Paradise
・Rob Zombie/Living Dead Girl
・White Zombie/I, Zombie
・Wednesday 13's Frankenstein Drag Queens/Scary Song
・Wednesday 13/Haunt Me
・Wednesday 13/The Ghost Of Vincent Price
・Murderdolls/Love At First Fright
・Murderdolls/Dawn Of The Dead
・The Horrors/Jack The Ripper
・Marilyn Manson/This Is Halloween
最後のマンソンの曲は映画『ナイトメア…』のカヴァー曲で、2枚組サントラかナイトメアカヴァー集に収録されてます。
しかし、個人的にはハロウィンといえばウェンズデイ13。B級ホラー感漂う作風が、どこかチープで可笑しいハロウィングッズを想起させます。ソロプロジェクトにしろMurderdollsにしろ、この時季にはウェンズデイの曲を聴く機会が増えます。




39. メタルKEISHOU (2009-10-31 02:10:00)

女性アイドルこの曲を聴け
小柳ルミ子「星の砂」
天地真理「恋する夏の日」
南沙織「色づく街」
桜田淳子「リップスティック」
山口百恵「美・・・サイレント」
岩崎宏美「シンデレラハネムーン」
麻丘めぐみ「私の彼は左利き」
キャンディーズ「微笑がえし」
ピンクレディ「モンスター」
アグネスチャン「草原の輝き」
30代以下の皆さん何曲知ってますか?何人(組)知ってますか?




40. RoadStar (2009-10-31 09:23:00)

女性アイドルこの曲を聴け
倉田まり子「グラデュエイション」
石野真子「ジュリーがライバル」
松本ちえこ「恋愛試験」



43. メタルKEISHOU (2009-11-12 23:09:00)

MK-OVERDRIVEさん。
いよっ渋いね。
「Superbird」って曲も有りませんでしたっけ。
「I'm a believer」がニールの曲とは知りませんでした。TVのモンキーズ番組面白かったなあ。




45. メタルKEISHOU (2009-11-14 00:52:00)

>MK-OVERDRIVEさん。
いつも見当違いな発言を正していただき有難うございます。
そうですか、「Superbird」はセダカさんでしたか。
良い曲でしたよね・・・




46. Spleen (2009-11-14 03:02:00)

Claudio Simonetti feat. Dani Filth/Mater Lacrimarum
ついさっきクレイドルのオフィシャルで発見したお勧め曲です。
ダリオ・アルジェント監督作『サスペリア・テルザ』(原題:La Terza Madre)のサントラの最後を飾る(映画ではエンド・クレジットを飾る)曲です。アルジェント映画の常連音楽担当のクラウディオ・シモネッティの曲にダニ・フィルスがゲストボーカル参加してます。
さすがにホラーのサントラだけあって、クワイアとオーケストラの不吉な響きはメタルのそれを凌駕します。しかしながらダニ声はシンフォサウンドと非常に相性が良く、不気味なのに心地いい曲になってます。
追記:よく見たらこのサイトにGoblinのページありましたね。そっちで書きなおそうかと思いましたが、このサントラはGoblin名義じゃないらしいです。




49. 名無し (2010-12-02 18:01:16)

Speedこの曲を聴け...ベストアルバムMoment全曲
White Love, All My True Love, Steady, Wake Me Up!, Alive, Body & Soul, ナマイキ, Go! Go! Heaven, 熱帯夜, Luv Vibration, My Graduation



50. はっちゃん (2010-12-02 20:12:57)

吾妻光良 & The Swinging Boppers 全作品を聴け!

80年代から活動を続ける我が国随一のジャンプ・ブルース・バンド。

■ジャンプ・ブルース
1940年代に確立された、ビッグ・バンド・ジャズとブルースのミクスチャー。
50年代のR&Rの登場までエキサイティングなダンス・ミュージックとして機能する。
花形パートはやはり大所帯のホーン隊。ギターがリードを執るケースは少ない。

●特徴 
リズムはブルース同様3連(シャッフル)だが、テンポはR&R同様アップ・テンポで速いものがが多い。
歌詞の内容はブルースのようにペシミスティックなものは少なく、ユーモアと少々のペーソスを織り込んだものが主流。

さて、この吾妻光良 & The Swinging Boppersですが、当然バンマスは吾妻光良(Vo/g)という人。
実はメタルと浅からぬ繋がりのある人物なのです。カルメン・マキのバンドでギターを弾いていたり、あのLOUDNESSの
デビューに1枚噛んでいたりしたHRギタリストであるジョージ吾妻。このジョージ吾妻の弟が吾妻光良なのです。
吾妻光良自身も、exVOWWOWの人見元基とコラボしたりと以外にメタルとの縁がある人なのです。
そしてなんと言ってもこのバンド、音楽で生計を立てるプロフェッショナルではなく、メンバー全員がサラリーマンという
アマチュアなのです。中でもバンマス吾妻光良は、なんと日本テレビのお偉いさん!!畑は音響・効果らしいのですが、
バンド活動をしてるオッサン達に夢と希望(笑)をあたえてくれる人物なのです。

そしてそのサウンドはジャンプ・ブルースに吾妻の豪快なテキサス・ブルース直系のプレイを前面に押し出した本国アメリカ
でも類を見ないスタイル。もちろんノン・エフェクトだけど太いくせに目茶目茶キレのあるトーンとプレイはメタル
プレイヤーにも是非参考にしてほしいものです。
元STRAY CATSのブライアン・セッツァー・オーケストラを楽しめた人なら気に入ってもらえると思います。
むこうはロカビリーテイストのあるスウィング・ロックだけど、こっちは本当のジャンプ・ブルース。
歌詞の世界も大爆笑からニヤリまで概ね笑えます。決してコミック・バンドではなく、笑えるというのがジャンプ・ブルースの
様式美のひとつなのです。

現在入手できる音源は下記の4作品(これ以前はアナログ・レコード)
●STOMPIN' & BOUNCIN' 
●SQUEEZIN' & BLOWIN'
●SEVEN & BI-DECADE
●SWEATIN'BALLROOM / Jumpin'At The Cuckoo Vally




51. めたる慶昭 (2018-08-15 22:32:45)

演歌この曲を聴け
北島三郎「北の漁場」
五木ひろし「待っている女」
内山田洋とクールファイブ「東京砂漠」
森進一「おふくろさん」
殿様キングス「涙の操」
八代亜紀「舟唄」
美空ひばり「みだれ髪」
石川さゆり「天城越」
坂本冬美「夜桜お七」
島倉千代子「人生いろいろ」




52. めたる慶昭 (2019-01-23 22:55:46)

ジャニーズ系この曲を聴け
「ごめんよ涙」「ひとりぼっちにしないから」「原宿キッス」以上田原俊彦
「ハイティーン ブギ」近藤正彦
「仮面舞踏会」少年隊
「夜空のムコウ」「バンバンバカンス」以上SMAP
「嵐」嵐
「WAになって踊ろう」V6
「Flower 」KinKi Kids
ここら辺がベスト10かな?
嵐以後は解りません(笑)。




53. Ray-I (2019-01-25 10:53:26)

ハロプロ、この曲を聴け
「ガタメキラ」太陽とシスコムーン
「Say Yeah!-もっとミラクルナイト-」モーニング娘。
「ラララのピピピ」道重さゆみ
「ヒロインになろうか!」Berryz工房
「Crazy 完全な大人」℃-ute
「次々続々」アンジュルム
「イジワルしないで 抱きしめてよ」Juice=Juice
「This is 運命」メロン記念日
「ピーナッツバタージェリーラブ」カントリー・ガールズ
「辛夷の花」こぶしファクトリー
「初恋サンライズ」つばきファクトリー
「紫陽花アイ愛物語」美勇伝
「ロボキッス」W
「ガラスのパンプス」後藤真希
「100回のKISS」松浦亜弥
「My Days for You」真野恵里菜


だいたい、この辺りはマストだと思います。




54. Ray-I (2019-01-25 11:09:45)

続いて、ボカロ曲この曲を聴け
「千本桜」(和楽器バンドと小林幸子カバーが有名)
「Tell Your World」(「Google Chrome」CMソング)
「悪ノ召使」「悪ノ娘」(セットでの視聴を推奨)
「Wash My Blood」
「千年の独奏歌」
「Paranoid Doll」
「モザイクロール」
「Nostalogic (single edit)」
「ロストワンの号哭」
「幸せになれる隠しコマンドがあるらしい」
「いかないで」
「脱法ロック」
「ロキ」

他にもたくさんありますが、セレクトするならこの辺りでしょう。
ボカロのデスボ風は賛否分かれますし。



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示