この曲を聴け!
DEF LEPPARD
MyPage

DEF LEPPARD
モバイル向きページ 
解説 - DEF LEPPARD

1977年に結成されたイングランド、シェフィールド出身のロックバンドである。
バンド名は、当初はAtomic Massだったが、Joe Elliottが加入後に"Deaf Leopard"(耳の聞こえない豹)への変更を提案したところ、当時のパンクバンド名に動物の名前を含んだものをつけるというイギリスの流行を嫌い、Tony Kenningの提案で現在の綴りに変更される。また、故意に異なった綴りにすることでLed Zeppelinに敬意を表す意味もあったようである。
Philips Recordsと契約したバンドは、1980年に1stアルバム『On the Through Night』を発表。
デビュー当時はIRON MAIDEN、SAXSONらと共に、New Wave of British Heavy Metalのムーブメントの中心的存在となった。ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる。伝統的ブリティッシュ・ハード・ロックをその音楽的基盤としながらも、いわゆるグラム・ロック、バブルガム・ポップのキャッチーさを生まれながらにして持ち合わせていた彼らの音楽は、熱心なメタル層からの支持にとどまることなく、幅広い層に訴えかける力を当初から持ち合わせており、他の同時代的バンドに比べて早い段階からアメリカからの好反応を得ていた。
1983年1月20日、3rdアルバム、『Pyromania(邦題:炎のターゲット)』を発表。同アルバムの先行シングル、「Photograph」はMTVのリクエスト放送でMichael Jacksonの「Beat It」を超える支持を集めた。全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなった。続くシングル、「Rock of Ages」、「Foolin'」により、アルバムは年末までに600万枚を売り上げ、全米チャートではMichael Jacksonの『Thriller』に次ぐ最高2位を獲得した。アメリカではRIAAによりダイアモンドディスク(1,000万枚)に認定されている。1984年2月、バンドは本拠地をアイルランドのダブリンへ移した。バンドは新しいアルバムの制作に取りかかるが、同年12月31日にドラマーのRick Allenがシェフィールド郊外で交通事故を起こし、左腕を全て切断することになった。他のメンバーはRick Allen以外のドラマーは考えられないとメンバーチェンジを考えることなく、一時期はバンド自体を解散することも考えたが、事故報道を経て、そのような経緯を知ったシモンズ社がAllenの両足・右腕だけでも演奏が可能なカスタマイズのエレクトリック・ドラムを製作し、他のメンバーが、Allenがそれに対応しての復帰を待つかたちで、1986年にドニントンで開催されたモンスターズ・オブ・ロックでバンドは久々にライブを行った。
1987年8月3日に発表した4thアルバム『Hysteria』(全英・全米ともに1位)は、7つものシングルが全米でチャートインし、アルバム自体も3年間チャートインした。これまでに全米だけで1200万枚、全世界で2000万枚以上を売り上げている。しかし5thアルバムの制作中の1991年1月8日、ギタリストのSteve Clarkが、アルコールと精神安定剤、鎮痛薬の過剰摂取で死亡。バンドは後任ギタリストは迎えず、残りのギターパートは全てPhil Collenが担当。『Adrenalize』は15カ国で1位を記録、全世界で700万枚以上を売り上げた。その後、DioやWhitesnakeで活躍していたVivian Campbellが加入。以後はラインナップの変更なく現在に至っている。
Def Leppardの音楽性は、主にハードロックやAOR、ポップス、ヘヴィメタルをハイブリッドしたもので、そこに多重録音されたJoe Elliottのハスキーなヴォーカルやメロディックなギターリフが導入されている。バンドはSlayer、Pantera、Metallicaなどのスラッシュメタル系バンドからMatt NathansonやTaylor Swiftなどのフォークやポップのアーティストまで幅広い範囲の影響を受けているとのこと。
世界総売上は1億枚以上を記録している。ちなみに、2枚以上のスタジオ盤をアメリカで1,000万枚以上売上げた5つのロックバンドの一つである。


Current Members
Rick Savage – bass, backing vocals, additional guitars, keyboards (1977–present)
Joe Elliott – lead vocals, additional guitars, keyboards, piano (1977–present)
Rick Allen – drums, percussion, backing vocals (1978–present)
Phil Collen – guitars, backing vocals (1982–present)
Vivian Campbell – guitars, backing vocals (1992–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. HIGASHI ★★ (2002-09-09 00:26:00)

《APOLOGIZE》
例えばこんな感覚ってわかるだろうか?
小中学校が同じで、特に気にも留めてなかった女の子が高校に入った途端に他の中学から来た野郎共に急にモテはじめる。同じ中学校出身だからすごく嬉しいんだけど、そんなに可愛いか?と言う自分とこんなことなら中学の時に早く手を出しときゃ良かったってちょっと後悔してる自分がいる感覚。
“PYROMANIA"が急に売れた時の僕の感覚はこれに近いものがあって、NWOBHMのファンを自称していた立場上、急にいろんな友達から彼らの事を聞かれて結構「しまった」といった感じだった。その後彼らはバンドに降りかかる不幸をその都度はねのける度、悪かったなぁ、なんでもっと早く注目してあげれなかったのだろう、という懺悔ばかりが頭をもたげる。おそらく彼らに対する後ろめたさはこれからもついてまわるんだろうけど、街で彼らのサウンドが聴こえて来る度に微笑んでしまう僕がいる。気が付けばもう20年も時が経ったんだね、長いよね、でもずーと応援してるから勘弁してね(笑)




2. SCARECROW ★★ (2003-01-03 16:51:00)

ポップセンス溢れる透明感のあるメロディや
分厚いコーラスが彼らの最大の特徴です。
Joe Elliottの味のある声も魅力的です。
彼らの曲は現代でももっと大衆受けしてもおかしくない
要素をもっている筈なのですが、
現在では一般の場で名前が上がる事は殆どないようです。
新作"X"で売れっ子外部ライターからの曲も取り入れたりと
先入観無しに良い曲に対して貪欲な姿勢を見せた彼ら。
今度は外部に向けても自分たちの曲を提供すべきだと思います。
音楽=ビジネスの図式が成り立つ今の世の中において、
ヒットする曲が必ずしも良い曲である証拠にはなりません。
しかし逆に彼らが良い曲を大衆に向けて発すれば、
彼等の曲が再び受け入れられるきっかけになる気がします。
彼らの曲には大衆に訴える魅力があると思うのです。




3. YK ★★ (2003-06-13 19:03:00)

大晦日の夜、今は亡き「ツバキハウス」のヘヴィメタルナイトでDJの伊藤政則から、リック・アレンの事故のニュースを聞いてその場で泣き崩れました。
初来日のライブで上半身裸で元気にドラムを叩いていたバンドで一番年下の弟的な存在のリックが・・・。脱退ではなく解散かダブルドラムスかと噂されていたのは、彼らがイギリスの田舎町出身の兄弟のように絆が強いバンドだったからでしょう。彼らが見事に復帰した時には感涙に耐えませんでした。
しばらくHM情報から離れていて、久しぶりに新譜を手にした時メンバーが一人足りないことに気ずき、またもや彼らに不幸が襲っていたとは・・・絶句。
・・・にも関わらずデフレパードは前進し続けている!!!
生涯応援し続けることを心に誓いました。
彼らの持ち味である透明感や美しいコーラスに酔いながら・・・★



4. ギターの国から2002.遺言 ★★ (2004-08-18 23:28:00)

今度またベスト・アルバムが発売されるようです。
う~ん、個人的にこれにはあんまり興味はないな~。出すんだったらライヴ・アルバム(特に映像!)を期待してるんですが、なかなか出してくれませんね~。彼らは有名なのにちゃんとしたライヴ・アルバムを発表していない唯一のバンドですから・・・。
しかし、このベストでまたDEF LEPPARDを聴く人が増えたならとてもうれしいです。本当にいい曲ばかりだから。




5. 空き部屋 ★★ (2004-11-12 21:24:00)

↑に同意。出すんだったらやっぱり2枚組ライヴ盤だろう。
今度のベスト盤もいたってフツーで興味がわかない。それなら今度オジーの出すベスト盤はかなり良さそう。これなら、〝欲しい!"と思わせる。彼らももうちょっと考えて欲しい。
最近のデフレパはどうも軟弱っていうか、弱腰っていうか、"ハード・ロック・スピリット"ってモンを忘れてるのでは無いだろうか。ファン層もだいぶ変わって来たようにも思う。
私の中では、スティーヴ・クラークが死んだ時点で終わっている。ヴィヴィアンには期待していたが、ディオ時代の影も無い。もともと、NWOBHMのムーヴメントから出てきただけに、最近の彼らの姿は非常に残念。



6. 蛇めたる ★★ (2005-01-06 16:18:00)

みなさんに非難されているベスト盤を買った者です。
ただ、「WATERLOO SUNSET」というキンクスのカバーはいいですよ。ぜひ聞いてみてください。
ただ、今年発売されるらしいカヴァー集に入る可能性大。




7. 浦和 ★★ (2006-03-03 17:10:00)

良いものは良い。



8. anthem ★★ (2006-03-04 21:25:00)

新ベストの2枚組みバージョンは非常に良いよ。
2枚目の方が特に。何しろ全てリマスター音源だから2枚合わせれば、
「炎のターゲット」収録曲の殆どが高音質で聴けるのが嬉しい。
あと初期(1~2枚目)からの選曲もGOOD。
蛇めたるさんの言うようにキンクスのカバーも良いし。
やっぱ素晴らしいよね、彼らは。ライブ盤はいらないな・・・




9. ドクトル・メタル ★★ (2006-03-04 22:15:00)

僕も新ベスト好きです。
理由はanthemさんと全く同じ。
「炎のターゲット」収録曲の殆どが高音質で聴けること。
『ステージフライト』が入ってればパーフェクトだけど…(涙)。
ライブDVDも出して欲しい。
昔のやつの再発でもいいから。




10. anthem ★★ (2006-04-03 21:35:00)

↑そうですね、DVDなら観たいな・・・
確かにあと「ステージフライト」だけですよね(笑)
アルバムごとにリマスターで出してくんねぇかな~




11. JUMP ★★ (2006-05-10 06:21:00)

今!こうして感動を分かち合える幸せ!
生きてて良かった!!



12. ドクトル・メタル ★★ (2006-05-10 18:54:00)

ホント、せめて「炎のターゲット」だけでもお願いします、リマスター。



13. YEAH! ★★ (2006-05-26 19:05:00)

カバー曲「No Matter What」(Badfinger)は収録曲の中でも秀逸な出来です。いま旬なバンドNickelback的なアプローチです。
シングルカットしないのかな。してほしい。



14. YEAH! ★★ (2006-06-03 16:43:00)

全米アルバム16位スタート。
1993 Retro Active 9位
1995Greatest Hits 15位
2005 Rock Of Ages 10位
ですからデフレパの地力いまだ衰えず、ファン層も健在明白ですね。



15. 関口敦史(犬) ★★ (2007-04-02 22:19:00)

新作出てほしいネェ。。。
来日もしてほしいヨ




16. yasoo ★★ (2008-01-08 20:50:00)

スティーブが亡くなって何年たったんだろう?
今日が命日だったような・・・



17. jef ★★ (2008-01-20 15:21:00)

ラジオで新作が3月に発売って言ってました。
楽しみです!



18. jef ★★ (2008-03-09 17:31:00)

発売日は4月30日に延期です・・・



19. Inigo Montoya ★★ (2008-04-19 01:12:00)

Nine Lives めちゃ好きです



20. アイーダLOVE ★★ (2008-10-17 21:20:00)

たまにあるんだけど、「LOVE BITES」をクリックするとTHE ALFEEの「LOVING YOU」って曲のページに飛ぶのに思わず笑ってしまう。
しかも「LOVE BITES」と比べたら票が少なすぎて更に笑ってしまう(笑)




21. Rockomotion ★★ (2008-10-27 23:14:00)

ジョー、声出てないよ……
大阪城ホールに行きました。EuphoriaやXからの選曲がなく、HysteriaとPyromania中心の選曲で、「バラードよりもロックでライブをやりたいんだな」と納得しましたが、それにしても……
年齢的に、ハゲオヤヂやメタボオヤヂが珍しくないコンサートばっかり行ってますが、ボーカルもそういう年齢ばかりで、衰えを感じることばかり。



22. takomari ★★ (2009-12-24 21:20:00)

なぜ「Excitable」はランクインしていないのでしょうか?
不思議でなりません。



23. def reppard ★★★ (2010-11-04 15:21:30)

良いバンドだ
スティーブは何で死んだんだ
もっと人気があってもいいと思う



24. はっちゃん8860 ★★★ (2010-12-04 12:44:33)



25. 名無し ★★★ (2011-01-19 03:27:09)

SLANGが痛かった。
スティーブも!



26. 名無し ★★★ (2011-01-27 10:46:06)

aaa



27. しょじゆう ★★★ (2011-01-27 23:07:22)

まさにPOPメタル。
HYSTERIAは超名盤。ドラムが片腕というのも凄い。




28. ポリショイ (2011-02-25 22:44:41)

HYSTERIAを超える曲があるのだろうか?
メタルバンドが作るバラードには名曲が多いが、HYSTERIAは特別だと思う



29. てかぷりお ★★ (2011-06-29 22:02:10)

来日するらしいですね~



30. こーたろう ★★★ (2011-07-18 17:04:50)

今回は単独!行きたい~



31. 名無し ★★★ (2011-11-05 21:38:32)

今日から来日やーん!



32. 名無し ★★★ (2011-12-05 19:08:31)

スラングは最高
新境地を開いた名作



33. 名無し ★★★ (2011-12-05 19:10:13)

異論は認めるwww



34. sixxrated ★★★ (2012-04-09 07:43:16)

彼らに駄作はない。



35. あよー ★★★ (2014-06-14 04:29:40)

個人的にあのコーラスと機械的な雰囲気がハマらなくてvault までの作品は好きじゃない。

最高に好きなのはslang以降のサウンドね。

盆ジョヴィと似てるアーティストだと思うのだが、断然こっち。




36. あよー ★★★ (2014-06-14 04:44:37)

片腕でプレイするなんてすごいよね。これは障害を持っているからただ「頑張っている」とか、障害のある人が下らん歌を披露して言い方は悪いが障害を利用してるかのようにTVにでたりするのではなく、彼のやっていることは本当にすごいいいプレイなのです。



37. 名無し ★★★ (2014-07-22 01:37:18)

浅い、ぬるい
Def Leppardのキモはリック・サヴェージのベースだろうが



38. 名無し ★★★ (2015-10-10 02:35:36)

let's go かっこいいよ



39. 名無し ★★★ (2015-11-13 04:39:52)

らいぶいってきたよ!



40. 名無し ★★★ (2015-11-13 22:07:16)

仙台ライブ行って来ました。ジャパンツアー最終日で最高の締めくくりになりました。



41. うぴきょまま ★★★ (2015-11-16 14:03:56)

千葉県在住ですが、仙台行きました。
小さい会場だったせいか本当にすぐそばで見れて、メンバーみんなキラキラしててカッコよかったです。
M&Gでは、DIO時代から好きだったヴィヴィアンに肩まで組んでもらえて、一生の思い出になりました。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示