この曲を聴け!
かめはめさんの発言一覧(評価・コメント) - 時系列順 1-100
RATT
UFO
KISS
DIO

MyPage

かめはめさんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順
0 | 1
モバイル向きページ 
かめはめさんの発言一覧(評価・コメント) - 時系列順 1-100

0 | 1


FREEDOM CALL - Eternity - Warriors ★★★ (2013-12-16 01:55:16)

キャッチャーな曲です。彼らの代表曲の1つでしょう


DRAGONLAND - Starfall - Calling My Name ★★ (2013-12-14 18:20:39)

あと一歩で名曲になる感じ!
でもいいですよ


TESTAMENT - The New Order - Trial by Fire ★★★ (2013-11-23 19:07:33)

ベースラインがいいミドルな曲


TESTAMENT - The Formation of Damnation - More Than Meets the Eye ★★★ (2013-11-17 23:03:35)

久々にでた新譜のオープニング。
この重圧にキャッチャーさ。すごいっす。


AVANTASIA - Angel of Babylon ★★★ (2013-09-03 22:01:16)

5作目
「Wicked Symphony」と同時リリースされた作品で、渋い正統派という作風の前者に比べ、
本作の方は1曲目から疾走曲を持ってきていて、よりメロパワ的な作品となっている。


AVANTASIA - The Wicked Symphony ★★★ (2013-09-03 22:00:36)

4作目。スピードメタルだけでなく、様々なタイプの曲を聞かせてくれる。
ついにはクラウスマイネも参加している。


AVANTASIA - The Scarecrow ★★★ (2013-09-03 21:51:33)

avantasia3作目。ゲストは相変わらずすごい。
ファンタジー、メロスピ要素は薄まったが、クオリティは下がらん!


AVANTASIA - The Scarecrow - Shelter From the Rain ★★★ (2013-09-03 21:49:07)

キスク参加の王道的なメロスピ曲。アルバムのキラーチューンでしょう


AVANTASIA - The Scarecrow - Another Angel Down ★★★ (2013-09-03 21:48:15)

ヨルン参加の疾走曲。イントロとサビがかっこいい。


AVANTASIA - Angel of Babylon - Stargazers ★★★ (2013-09-03 21:46:12)

9分の大作。長さを感じさせないドラマティックな名曲


AVANTASIA - The Metal Opera, Pt. II ★★★ (2013-09-03 20:37:17)

パート1同様素晴らしい一枚となっている。むしろ1よりパワーアップしてる感が。
豪華ゲスト続々


AVANTASIA - The Metal Opera, Pt. II - No Return ★★★ (2013-09-03 20:36:41)

ジャーマンメタルな疾走曲。キスク×トビアスは最強!


NUCLEAR ASSAULT - Survive - Brainwashed ★★★ (2013-06-04 00:42:50)

ミドルながらもいかす曲。


DEATH ★★★ (2013-03-16 01:49:15)

デスメタル界の帝王ともいえ、世に広めたバンドともいえる。SYMBOLICは名盤。
チャックR.I.P


MACHINE HEAD ★★★ (2013-03-16 01:45:47)

このサイトだと人気ないっすなあ。1stがなんだかんだ一番凄い感想。


EXODUS - Impact Is Imminent - Impact Is Imminent ★★★ (2013-03-16 01:40:12)

タイトル曲。
このバンドの曲は疾走感とザクザクリフありながら、ノリノリな感じなのもよいですな。


EXODUS - Fabulous Disaster - The Last Act of Defiance ★★★ (2013-03-16 01:36:12)

アルバム一曲目を飾る曲。リフといい疾走感あふれる曲。


EDGUY - Theater of Salvation - Wake Up the King ★★★ (2013-03-05 22:54:42)

クサいジャーマン+北欧メタルな曲。サビなんかもう悶絶もの。なんでこんなポイント低いの?


EDGUY - Theater of Salvation - Falling Down ★★★ (2013-03-05 22:53:01)

モロにジャーマンメタルな曲。イントロが印象的。サビも元気が出る感じの曲。


WHITESNAKE ★★★ (2010-10-30 00:58:35)

サーペンスアルバムはロック史に残る名盤。
カバデルの真価が発揮されたバンドといってもいい。
サイクスの働きも大きいだろう。


SLIPKNOT ★★★ (2010-10-30 00:52:42)

Paul R.I.P
ニューメタルを代表するバンド。
DVDよいよ!


PANTERA ★★★ (2010-10-29 11:59:12)

メタルが衰退した時代をTOPクラスの人気で生き抜いたニューメタル。
いまは亡きダレルのメタル界にあたえた功績はすさまじい。
2ndはメタル史に残る超名盤


STRATOVARIUS - Visions - Legions ★★★ (2010-10-28 20:04:12)

キーボードがいい感じ。哀愁あるサビもいい。大ティモの早弾きもいかす。
いいメロスピ


RATT ★★★ (2010-10-28 01:25:31)

モトリーに次ぐLAメタルの帝王!最近完全復活


EDGUY - Mandrake ★★★ (2010-10-25 01:05:58)

エドガイではNO2のアルバム。いいバンドになってきた


SONATA ARCTICA - Silence - San Sebastian (revisited) ★★★ (2010-10-25 01:02:33)

sonata史上最高の名曲!
シングルバージョンもどっちも好き。


SODOM ★★★ (2010-10-14 21:06:55)

ジャーマン三羽からす。AGENT ORANGE、これで一気にスーパーバンドとなった。それほど名盤。
モータヘッドの影響が強い


HELLOWEEN ★★★ (2010-10-14 21:02:31)

キスクを加えて守護神伝で一気にスーパーバンドへとなったHELLOWEEN。
だがカイの脱退で危機に陥る。そしてキスク、インゴを解雇しアンディ、ウリを加入。
再びスーパーバンドへ。


SCORPIONS - Fly to the Rainbow - Fly to the Rainbow ★★★ (2010-10-14 20:57:33)

マイケルの天才ぷりが伺える。美しいアコースティックから始まる。そして美旋律なハードパートへ。クラウスも最高。
後半のウリらのソロはやばい。初期の名曲


SCORPIONS - In Trance ★★★ (2010-10-14 20:55:36)

ウリ期ではVIrgin Killerに次ぐ傑作。日本でのデビュー作。ウリも本格的に参加しており、他メンバーもパワーアップ。
この暗さ、哀愁がたまらない。


UFO ★★★ (2010-10-14 20:38:55)

マイケル最高


SLAYER - Reign in Blood - Angel of Death ★★★ (2010-10-09 17:47:59)

スラッシュの金字塔的曲。
NO1かもしれない


MEGADETH - Peace Sells... But Who's Buying? ★★★ (2010-10-09 17:42:50)

初期の名盤。
まさにインテレクチャル。この時期の大佐は完全に狂ってた。いい意味で。
Wake up dead、Peace sellsなど名曲まんさい。


METALLICA - Master of Puppets ★★★ (2010-10-09 16:09:14)

メタルの名盤特集でほとんどといっていいほど1位になる神盤


HELLOWEEN - Keeper of the Seven Keys, Part II ★★★ (2010-10-08 20:20:12)

メタル史に残るといってもいい名盤。
一曲目のEagle fly freeはとくに


BON JOVI ★★★ (2010-10-08 20:17:55)

Its my lifeまでは神がかったいる。80年代はとくに
最近劣化したものの最高なことには変わりない


KISS ★★★ (2010-10-08 20:16:41)

地獄より熱いバンド


AC/DC ★★★ (2010-10-08 20:15:57)

ライブが圧巻。
ライブバンドといってもいいくらい。
やはり彼らは伝説クラスである


MR. BIG ★★★ (2010-10-08 20:14:26)

超テク軍団の集うバンド。復活ライブは最高だた


DIO ★★★ (2010-10-08 20:13:39)

RIP。
DIO


BLACK SABBATH ★★★ (2010-10-08 20:12:33)

Paranoidが最高すぎる。
DIOの
Heaven and hellもいいけど、サバスといったらオジーの印象


SCORPIONS ★★★ (2010-10-08 20:11:04)

ウリ期が好き。でもBlackout、ハリケーンとかも好き


METALLICA ★★★ (2010-10-08 20:09:06)

メタリカがナンバーワン!


SLAYER ★★★ (2010-10-06 23:34:39)

スラッシュ四天王だが、そのスラッシュっぷりは桁違い。
Reign in bloodは歴史に残る神アルバム


GAMMA RAY ★★★ (2010-10-06 23:33:52)

アーライ神なるバンド。
来日公演行きたかった


MOTLEY CRUE ★★★ (2010-10-06 23:32:32)

LAメタルの帝王!


DEEP PURPLE ★★★ (2010-10-06 23:31:39)

HR/HMのルーツともいえる金字塔バンド。
世界一有名なリフ、
SMoke on the water、様式美疾走ロックの元祖Highway star、Burnと神曲目白押し。
リッチーがいないと駄目だ


ARCH ENEMY ★★★ (2010-10-06 23:30:13)

アモット兄弟から成るバンド。ヨハン時代、アンジェラ時代どっちも好き!
アンジェラ姉さんは喉大丈夫なのか?


OZZY OSBOURNE ★★★ (2010-10-06 23:27:44)

まさにメタルの帝王オジー!
いつまで現役か?不死身なのか


RAINBOW ★★★ (2010-10-06 22:01:11)

リッチー、ディオ、コージー時代が最強すぎる。
今や2人は故人・・。
RIP


GUNS N' ROSES ★★★ (2010-10-06 21:59:51)

1stで伝説になったバンド。あとの3枚よいがい1stが良すぎる。
いまじゃアクセルのワンマンバンド


MEGADETH ★★★ (2010-10-06 21:57:54)

スラッシュ四天王。去年のラウパは最高だった。


VAN HALEN ★★★ (2010-10-06 21:57:07)

タッピング奏法は衝撃。
JUMPなどのPOPソングも有名


LED ZEPPELIN ★★★ (2010-10-06 21:56:26)

伝説のバンド。これほどのバンドは後にも先にもない。HR/HMだけの枠におさまらない。


AEROSMITH ★★★ (2010-10-06 21:54:50)

まさにモンスターバンド!
来日を待つ


ANGRA ★★★ (2010-10-06 21:52:59)

Carry on 、Nover eraどっちも同じくらい好き。これほどとは言わないが名曲出さないかな


SONATA ARCTICA - Successor - San Sebastian ★★★ (2010-10-06 21:48:45)

最高のメロスピ。

サイレンス版もいいがこっちかな。


KREATOR - Terrible Certainty ★★ (2010-10-06 21:34:12)

このアルバムがこの順位ってどういうこと?


IRON MAIDEN - Killers - Wrathchild ★★★ (2010-09-03 02:02:44)

ベースラインがかっこよすぎ。もちろん他も最高。


IRON MAIDEN - The Number of the Beast ★★ (2010-09-03 02:00:00)

3作目にしてヴォーカルをチェンジ。 イギリスで1位。それを示す曲が何よりこの3曲『The Number of the Beast』『Run to the Hills』『Hallowed be Thy Name』です。そのパワー、そのメロディ、そしてブルースのヴォーカル。どれをとっても過去2枚のアルバムを凌駕する魅力を秘めています。


LARRY CARLTON - Larry Carlton - Room 335 ★★★ (2010-09-01 20:26:11)

カールトンの代名詞にしてジャズフュージョンの代表曲。かっこよく、そして泣きもある。


ANTHEM - Anthem ★★ (2010-09-01 20:24:29)

きれいなバラード。カバーもされました。


EUROPE - The Final Countdown ★★ (2010-08-30 19:18:00)

OUT OF THIS WORLD素晴らしいが、何故こんな投票数多いのか不思議。
こちらのが個人的にも最高傑作。'86年発表の、ヨーロッパの3rdアルバム。 全世界で600万枚を売り上げ、名実共にロック界のトップに躍り出た、
特にタイトルトラックFinal Countdownはシングルカットされ、世界27カ国でチャート1位を記録する大ヒットとなった。
この曲のイントロは皆一回はどこかで聴いたころある有名曲。キャリーなどの名バラードも収録。


DOKKEN - Tooth and Nail ★★ (2010-08-30 13:40:00)

エッジの利いたギターは、まるでカミソリのような切れ味。ジョージ・リンチは新たなギターヒーローが登場したことをこのアルバムで示した。演奏技術、作曲能力、アルバム完成度、どこをとっても他のLAメタルバンドと比べようが無い位にハイレベル。おまけにルックスも良い。ドッケンはジューダス・プリーストから流れてきた正統派ハードロック、ヘヴィーメタルを継承者している。タイトル曲は圧巻。


SCORPIONS - Crazy World - Tease Me Please Me ★★★ (2010-08-30 13:36:19)

美しく壮大なバラード。Wind of changeに負けず劣らず。


MANOWAR - Kings of Metal ★★ (2010-08-30 13:26:00)

King of metal!!
正統派のゴリゴリサウンド、徹底的な漢サウンド。
スピーディーなギターソロ、高音シャウト。
judasが空からのサウンドならmanowarは地からのサウンド。HAIL AND KILLで燃えよ。
偽メタルに死を!


SCORPIONS - Crazy World ★★ (2010-08-30 13:19:00)

キースオルセンをプロデューサーに迎えたアルバム。1つ1つの楽曲の完成度が高い。そのうえヒットポテンシャルの高い楽曲がたくさんつまっており充実した中身。その理由は外部ライターを導入したからで、バンドがサバイバルするにはいたしかたないわけで。『マンネリ打破』するのは容易なことではない。アメリカンマーケット向けの商品が見事に成功した実例。結構POPです。
名曲Wind Of Change、Send Me An Ange、Tease Me Please Meなどを収録。
Wind of Changeはまさにベルリンの壁崩壊とタイムリーであった。


AEROSMITH - Toys in the Attic ★★ (2010-08-12 18:52:00)

エアロ大飛躍の3rd。とにかくロックしている。ロックと一口に言っても幅が広いアルバムだ。
1曲目Toy in the attackはギターイントロからヘビーだ。疾走感もある。
BIG TEN INCH RECORDやライブでの定番ナンバーのSWEET EMOTION,
超有名曲WALK THIS WAY(お説教)などは、このアルバム収録だ。
エアロのバラードとしては3本の指に入る名曲YOU SEE ME CRYINGもこのアルバムの最後に収められているのにも注目だ。
これだけ名曲が揃っていて、またトータルクオリティーも高いアルバムは珍しい。お世辞抜きで捨て曲がない。
後作のロックスと比較が難しいほど、完成度の高いアルバムだ。


AEROSMITH - Pump ★★ (2010-08-12 18:49:00)

「ROCKS」はエアロにとって初期の黄金期を築いたが、その後しばらくはお決まりのドラッグ、そしてメンバーの相次ぐ脱退と苦しい時期が続いた。しばらくしてオリジナルメンバーで復活した後も酒やドラッグは続き、シングルヒットにこそ恵まれはしたものの、アルバムの質はそれに及ばなかった。
そんな中、このアルバムはエアロスミスの第2黄金期を高らかに打ち鳴らした。このアルバムの素晴らしさは、傑作「ROCKS」の醍醐味ともいえる曲の流れていくスピード感だ。あっという間に曲が駆けめぐっていくここでの音は、まるでそれまで溜まっていたものを一気にぶちまけたかのようだ。
特に印象的なのがスティーブン・タイラーのヴォーカル。彼がこんなに意気揚々として楽しそうに歌っている姿は、これ以前を聴いても本当にしばらく見られない。


AEROSMITH - Get a Grip ★★ (2010-08-12 18:46:00)

エアロ節炸裂のアップテンポナンバー、Eat the Richをはじめバラエティに富んだ内容に満足すること間違い無しです。ギターはラウドだしバラードもCryin、Crazyなど一級品です。随所にこれまでにはない新しいものを取り入れ惜しげも無く出していこうという姿勢を感じます。それがまた新しい魅力をかもし出しているのでしょう。


AEROSMITH - Get Your Wings ★★ (2010-08-12 18:41:00)

自作で爆発する布石をかんじさせる。Train Kept A Rollin'、SAME OLD SONG AND DANCEなどよいよ


AEROSMITH - Aerosmith ★★ (2010-08-12 18:38:00)

ヒットしなく地味な感じの1stですがDream on!これがすごい名曲。


AEROSMITH - Aerosmith - Dream On ★★★ (2010-08-12 18:37:04)

エアロ最高傑作なバラード。ミスシングもいいが、正確にはエアロ作曲ではない。徐々にもりあがっていく感じが鳥肌。最後はシャウト。


AEROSMITH - Toys in the Attic - Walk This Way ★★★ (2010-08-12 18:33:05)

エアロスミスといったらこれって感じ。リフが最高すぎます。知らない人はいないと思う。
ラップっぽいヴォーカルがいかす。その後ラップグループにもカバーされた。
ノリのいい曲。


VAN HALEN - Van Halen - Eruption ★★★ (2010-08-12 18:29:46)

ギター革命をおこしたインスト。1stでこれとは。ギターをやるものなら一度は弾きたがる。


VAN HALEN - 1984 - Jump ★★★ (2010-08-12 18:27:39)

POPとか関係なく素晴らしい名曲。というか超有名。キーボードのイントロが。元気になれます。エディのソロも有名でしたね。


VAN HALEN - 5150 - Dreams ★★★ (2010-08-12 18:26:11)

美しいキーボードのイントロから始まる爽快な曲。なんだが元気になります。ソロもいい。新生ヴァンヘイレンにふさわしい名曲。


VAN HALEN - For Unlawful Carnal Knowledge - Poundcake ★★★ (2010-08-12 18:20:02)

ドリルを使った迫力あるギターから始まる爽快な曲。サミー期ではなかなかハードでパワフル。ドラムもだがサミーも吼える。そしてエディのギター。弾きまくり。


VAN HALEN - For Unlawful Carnal Knowledge - Right Now ★★★ (2010-08-12 18:15:49)

これは最高。美しく激しいピアノのイントロからドラマティックに展開するバラード。サビ、ソロもいい。


VAN HALEN - For Unlawful Carnal Knowledge ★★ (2010-08-12 18:13:00)

前2作でフューチャーされたシンセサイザーは今回はなく、キーボードは9でピアノ が使われているのみです。全体的にギター主体の熱いサウンド。アルバムはスケールの大きい Poundcake 、圧倒的なパワーのJudgement Day 、つい一緒にサビを歌ってしまいそうなRunaround 、ピアノが美しいRight Now 、ポップなTop Of The World など捨て曲なしの完成度を誇っています。3作目にして遂にSammyの熱いボーカルとエディのトリッキーなギターが溶け合ったという感じです。90年代最高のアメリカンロックアルバムです。


VAN HALEN - 1984 - Panama ★★★ (2010-08-12 18:07:54)

リフからしてノリのいい爽快な曲ですね。最高。パーナマ!


SCORPIONS - Tokyo Tapes - Kojo No Tsuki ★★★ (2010-08-12 18:03:44)

荒城の月とスコーピオンズが見事にマッチ。
この哀愁のメロディはジャーマンに合うようだ。感激。
ライブの観客の熱気もすごい。ウリのソロは泣ける


SCORPIONS - In Trance - Top of the Bill ★★★ (2010-08-12 18:02:00)

ギターもヴォーカルも激しいんだが、哀愁がある。
いいね!


SCORPIONS - Love at First Sting ★★ (2010-08-12 17:59:00)

名作と言われるBLACK OUTの次のアルバム。80年代中期ハードロックが全米で大流行している時期でもあり、アメリカを意識したキャッチーで聞きやすい音に仕上がっている。それにしても曲が素晴らしい。ハリケーン、ビッグ・シティ・ナイトなどヒット曲も出た。前作と比較して、所謂ハードさが若干減少したかに思えるが、その減少度合いが極端では無いので、丁度いい。リードギターのマティアス・ヤプスのメロディックなリードは、曲の重要な要素となり、印象深い。


SCORPIONS - In Trance - In Trance ★★★ (2010-08-12 17:52:36)

哀愁のバラード。
ウリ期らしい名曲。


ANGRA - Angels Cry - Carry On ★★★ (2010-08-07 01:57:16)

ANGRAといったらこの曲が真っ先に浮かびます。NOVA ERAも最高ですが。マトスの超高音ボイスにメロディアスなギター、キーボード、疾走するドラム。サビとソロが最高すぎる。


THE BEATLES - Abbey Road ★★ (2010-08-05 01:31:00)

伝説の名盤。これを聴かずして音楽を語るなかれ。横断歩道を渡る表紙も有名すぎる。


MICHAEL JACKSON - Dangerous - Black or White ★★★ (2010-08-05 01:28:00)

マイコーの歌にスラッシュのリフ。素晴らしい。
PVもいかす。歌詞は当時のマイケルの立場を考えると考えさせられる。


MICHAEL JACKSON - Thriller - Beat It ★★★ (2010-08-05 01:26:02)

いまや誰でもしる有名曲。かっこいい。まさに全てが全盛期の彼。PVでもやはりすごい。
ルカサーのリフ、エディのソロもいかす。


AVRIL LAVIGNE - Let Go - Complicated ★★★ (2010-08-05 01:23:38)

アブリルで一番好き!ポップロックって感じ。PVもかわいらしい。歌詞もいい。この路線に戻ってほしいなあ。


AVRIL LAVIGNE - The Best Damn Thing - Girlfriend ★★★ (2010-08-05 01:21:02)

AVRILよく知らない人もこれは知ってるというくらいの有名曲。1stから聴いてるとこのPOP路線はあまり好きになれない人も多いですが、この曲はいいです。へいへいゆーゆー


COLDPLAY - Viva la Vida or Death and All His Friends - Viva la Vida ★★★ (2010-08-05 01:18:42)

COLDPLAYといったらこれの印象。日本での知名度もこれが一番。
美しい曲です。


HIBRIA - Defying the Rules - Steel Lord on Wheels ★★★ (2010-07-31 23:29:59)

超期待の新生バンドの名曲。1stからこれとは。
まさに正統派で、ギター、ドラム、ベース、そしてなによりボーカルと全てがすごい超名曲。ソロもいい。熱い曲です。


BLIND GUARDIAN - A Night at the Opera - Battlefield ★★★ (2010-07-31 23:25:12)

ただでさえ熱いブラガでも超熱い曲。まさに戦いたくなる。
そしてドラマティク。かっこいい。超名曲。


BLIND GUARDIAN - Somewhere Far Beyond - Somewhere Far Beyond ★★★ (2010-07-31 23:23:25)

超名曲。
曲展開がすごい。荘厳なコーラスにボーカル、ツインギター、疾走パートとミドル。途中パグパイプまで入る。大作思考になったのはこのころでしょうか。


BLIND GUARDIAN - Tales From the Twilight World - Traveler in Time ★★★ (2010-07-31 23:20:42)

名盤の一曲目。メタル軍歌ともいうべき熱いメロディックな曲。ブラガが進化したのがこれでわかる。


BLIND GUARDIAN - Nightfall in Middle-Earth - Mirror Mirror ★★★ (2010-07-31 23:18:19)

メタル史に残るブラガ最高曲。
疾走はもちろんメロディックな展開にオペラばりのコーラス、熱いボーカル、美しいツインギター。最高!


GAMMA RAY - Somewhere Out in Space ★★ (2010-07-28 01:37:00)

ダーク・シュレヒターをベースに戻し、新ギタリストにヘニユ・リヒターを、新ドラマーにはダン・ツィマーマンを据えて発表した通算5作目。
前作「LAND OF THE FREE」からシンガーも務めるカイ・ハンセン(Vo&G)の歌唱は相変わらず癖がある。
内容自体は、基本的には前作と比べて2バス連打の疾走曲が多く、メロもダイナミック&キャッチーな秀作で、新加入のヘニユも#5“The Guardians Of Mankind"や#9“The Winged Horse"という、ハイライトとも言えるチューンを提供し、作品に大きな華を添えている。
界隈屈指の推進力を持つダンのドラミングがモノヲ言ってか、前述の楽曲以外にも、#1“Beyond The Black Hole"や、#4“Somewhere Out In Space"などの疾走曲の出来が押し並べて良いのが好印象。


BLIND GUARDIAN - Somewhere Far Beyond ★★ (2010-07-26 23:01:00)

ジャーマンメタルのベテラン、ブラインド・ガーディアンの4th。1992/2007作
アコースティカルなイントロから続く“Time What is Time"の激しさ、ダイナミックさにまずやられる。
本作あたりからハンズィのヴォーカリストとしての成長も感じられ、世界観を歌い上げる説得力が加わった。
続く“Journey Through the Dark"の疾走感に拳をかざし、“Theatre of Pain"のクラシカルさに浸り、
“The Quest for Tanelorn"のサビでの大合唱、“The Bard's Song"では吟遊詩人の気分になって、
ファンタジーの世界にどっぷり。そして極めつけは、7分を越える“Somewhere Far Beyond"の
ドラマティックさに悶絶。曲ごとの密度も濃く、構成的にも完璧なファンタジックメタル作品である。


BLIND GUARDIAN - Tales From the Twilight World ★★ (2010-07-26 22:59:00)

ジャーマンメタルらしいメロディアスさと、スラッシーな部分の混ざった3作目。
アンドレとマーカスの「歌うツインリード」が壮絶。また、ブラガの理想的なスタイルのTraveler In Time、"LOST IN THE TWILIGHT HALL"と"THE LAST CANDLE"と名曲収録。カイハンセンもゲスト参加。これこそブラガ!という1枚。