この曲を聴け!
失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 11101-11200

MyPage

失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 11101-11200
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122
モバイル向きページ 


YNGWIE MALMSTEEN - Fire and Ice - Forever Is a Long Time ★★ (2008-09-12 13:30:35)

インギー印満載のネオクラ疾走ナンバー
本家本元のお手前を見せ付けられましたね
ブワーッとしたソロが残念だなぁ
KEYソロの方が印象的です


YNGWIE MALMSTEEN - Fire and Ice - Golden Dawn ★★ (2008-09-12 13:37:19)

短いなぁ
もっと聴きたいと思わせるインストナンバー


YNGWIE MALMSTEEN - Fire and Ice - How Many Miles to Babylon ★★★ (2008-09-12 13:43:51)

クラシカルな美しいイントロに導かれ始まるヘヴィなミドルナンバー重厚なアレンジが効いてますね


YNGWIE MALMSTEEN - Fire and Ice - I'm My Own Enemy ★★★ (2008-09-12 13:34:18)

北欧ならではの繊細なメロディが泣かせてくれますね
ヨランの魅力の一つである繊細さを上手く生かしていますね


YNGWIE MALMSTEEN - Fire and Ice - Leviathan ★★★ (2008-09-12 13:24:54)

タイトル通りヘヴィでミステリアスな雰囲気が漂うインストナンバー 今までとはちょっと違う面白い構成に身を乗り出しましたね


YNGWIE MALMSTEEN - Fire and Ice - No Mercy ★★ (2008-09-12 13:17:16)

生ストリングが素晴らしいね
インギーらしい北欧流美旋律が華麗に疾走する名曲です
ヨランに余裕のない歌い方を強要した感じがイマイチ


YNGWIE MALMSTEEN - Fire and Ice - Perpetual ★★ (2012-11-18 16:50:10)

ミステリアスな雰囲気が漂うインギーらしいインストナンバー
アルバムのオープニングにもってこなくても良いのではと個人的には思います
そこがマイナスですよ~


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration ★★ (2008-09-14 13:40:00)

インギー渾身のカヴァーアルバム
歴代メンバーを従えらしい選曲で楽しませてくれました
強引さも彼の持ち味だし違和感は感じるが時折聴ける神がかり的なプレイは本当に素晴らしいものがある。インギーファンなら彼のルーツを知る上で押さえておいて損はしないでしょう。渋みをましたジョーの熱い歌声も、ジェフの久ぶりの熱唱も、マークの器用さも、ヨハンソン兄弟とインギーの相性の良さも全てが素晴らしいですね
これだけのメンバーをバンドっぽくまとめられたら凄いんだけどなぁ


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration - Carry on Wayward Son ★★★ (2008-09-14 13:55:03)

ジェフの歌唱がハイライト
バックメンバーも懐かしい
ギターはやりすぎだ(笑)


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration - Child in Time ★★ (2008-09-14 19:09:52)

マークの歌唱に尽きる素晴らしい


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration - Gates of Babylon ★★ (2008-09-14 19:16:24)

ジェフは器用なシンガーだどんな曲も歌いこなす逸材


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration - In the Dead of Night ★★ (2008-09-14 19:13:03)

マークの高音域を活かした歌声が素晴らしい
こう言うタイプの曲を演奏するインギーを見るのも面白い


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration - Mistreated ★★★ (2008-09-14 19:08:05)

良いフィーリングがあります
ジェフもバッチリはまってるなぁ


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration - Pictures of Home ★★★ (2008-09-14 19:04:51)

ジョーの熱い歌声が渋い


YNGWIE MALMSTEEN - Inspiration - Spanish Castle Magic ★★ (2008-09-14 19:18:59)

渋いなぁカッコイイ
ジョーとインギーによる夢の競演


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus ★★ (2008-09-11 12:27:00)

前作同様ストレートな構成が耳を惹きポップなナンバーなんかも収録されバランス感覚を重視した内容となりジョー・リン・ターナーがいなくても俺は出来るんだっと言う声が聞こえてきそうな意欲作だと思います。ポップな④なんて普通にカッコイイしアルカトラスな⑩もインギーならではの構築美を讃えているし、狙いすぎなバラード⑤も悪くない、クラシカルかつヘヴィなミドルナンバー③や⑦なんかも及第点は越えていると思う。ただ全般的に淡白なイメージを感じてしまう緩さがあり、またタイトなスケージュールからくる楽曲の練りこみ不足な面もありイマイチ切れがないも個人的には近年のアルバムよりは輝いていると思う
因みに今作のリズム隊のバリー・スパークスとシェーン・ガラースです
名前を売ったねぇ


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - Amberdawn ★★★ (2012-11-22 12:59:41)

美しいインストナンバー
情感溢れるプレイに聞き惚れます


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - Cantabile ★★ (2012-11-22 13:01:16)

息抜きにピッタリ
アルバムの締めとしては申し分ないですね


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - Fire in the Sky ★★★ (2007-07-06 13:23:57)

アルカトラスを彷彿させるナンバー
唄メロが印象的、グラハムが歌えばはまるでしょう
このアルバムの中では一番カッコイイ曲


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - I'd Die Without You ★★ (2012-11-22 12:46:17)

少々やり過ぎですがマイクの肩の力を抜いた歌声も冴えるバラードナンバー


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - No Love Lost ★★★ (2012-11-22 12:37:53)

ソロを含め勢いで聞かせてくれます
キャッチーさと荒さがいい感じですね
キーボードが幅を広げている点も見逃せません


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - Overture 1622 ★★ (2012-11-22 12:48:46)

クラシカルなインストナンバー
THE インギーな一曲ですよ


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - The Only One ★★★ (2012-11-22 12:44:28)

こういう曲を書くセンスを持っているインギーは天才ですね
大衆性を最大限に生かしたクラシカルな一曲
マイクの歌声もはまっていますよ
分かりやすく彼のカタログの中でも大好きな曲です


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - Tomorrow's Gone ★★★ (2012-11-22 12:40:31)

なんか聴いたことあるようか雰囲気が全体に感じます
こちらもマッツ・オラウソンがいい仕事をしています


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - Vengeance ★★★ (2012-11-22 12:36:24)

お約束感満載のクラシカルな疾走ナンバー
らしいフレーズの連発に目頭が熱くなりますね
そこが逆に寄せに行った感じで
なんだか物足りないと思うのが無いものネダリですかね


YNGWIE MALMSTEEN - Magnum Opus - Voodoo ★★ (2012-11-22 12:52:21)

中盤で爆発するクラシカルさに悶絶
へヴィでダークなミドルナンバー


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out ★★ (2007-07-03 12:44:00)

腹が立つくらい音質が悪い
しかしスピーディーなパワーメタルな楽曲を多く取り揃えた名盤
前作同様にネオクラ路線に寸分の狂いなく制作されている


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - Anguish and Fear ★★★ (2012-11-17 01:51:26)

今アルバムならではのアグレッシブさも炸裂する
ネオクラ様式美ナンバー
この輝ける旋律美こそインギーが天才と言われる所以でしょう


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - Caught in the Middle ★★★ (2012-11-17 01:57:37)

若々しいジェフのザラついた歌声も上々
パワーフルなネオクラ様式美ナンバー
随所に炸裂する美味しいフレーズとバトルも見せ場ですね
聴き所の多い名曲ですね


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - Disciples of Hell ★★★ (2012-11-17 01:47:40)

ドラマチックな展開
隠れた名曲でしょう
ミステリアスかつダークなネオクラ様式美
この手のサウンドで引用されまくりな名曲


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - Don’t Let It End ★★★ (2012-11-17 01:45:59)

哀愁が迸るヘヴィかつダークな色合いと
繊細なクラシカルテイストを盛り込んだ力作
こちらも初期ならではの味わいでしょう


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - I’ll See the Light, Tonight ★★★ (2012-11-16 01:35:05)

ダークでヘヴィな面を残している初期ならではの味わい
アグレッシブな疾走感とクラシカルテイストが絶妙です


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - Marching Out ★★ (2012-11-17 01:59:34)

なんとこ映画劇場インギーバージョンみたいなイメージを勝手に持ちました
アルバムの最後を締めるにはいいですね


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - On the Run Again ★★★ (2012-11-17 01:53:04)

こちらもガッツィなパワーを内包するネオクラ様式美ナンバー
力強く美しい程度なキャッチーさも魅力です


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - Overture 1383 ★★ (2012-11-17 01:49:17)


お得意のクラシカルテイスト炸裂の
美しい小インストナンバー


YNGWIE MALMSTEEN - Marching Out - Soldier Without Faith ★★★ (2012-11-17 01:54:58)

メロディアスかつダークなミドルナンバー
ソロもキッチリと練り上げられ聴き応え十分
だからこそ重厚さも映えますね


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey ★★ (2007-07-03 12:18:00)

インギーとジョーの両者の特質が見事に合致した名盤です
全体的にジョーのメロディーセンスが怪我で苦しむインギーのプレイをフォローしている。ジョーの持ち込んだ唄メロのセンスとマイルドのフィーリングは実に素晴らしい
至高の名曲①やバラードのDreamingなんかはジョーなしには制作されなかったとか


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Bite the Bullet ★★ (2012-11-12 18:36:18)

RIOT IN THE DUNGEONSの序曲といった感じですね


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Crystal Ball ★★★ (2012-11-12 18:21:18)

タイトルの世界観を見事に描ききっています
ゾクゾクとさせられるわ
そしてジョーのメロセンスは流石です


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Deja Vu ★★★ (2012-11-12 18:18:52)

初めて聴いた時はゲームをやっている最中で
ワウの掛かったソロが始まった時にオーディオデッキが壊れたのかと
後ろを思いっきり振り返りましたね
メロディアスでキャッチーなジョー色との融合を見事に果たした名曲
主役はインギーであることに変わりはない
この位の登場でいいんですね真打は


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Dreaming (Tell Me) ★★★ (2012-11-12 18:10:49)

ジョーの歌唱が光ります
珠玉の名バラード
アコギも泣かせますね
出ずっぱりじゃない引きの美学
それがいいですね
十分上手いんだからさインギーは


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Faster Than the Speed of Light ★★★ (2012-11-12 18:30:26)

この曲を聴くたびにジョーは華やかで
上手いギタリストの隣にいるのが似合うなと思います
ジョーあってのアルバムだなと再認識させられる疾走ナンバー
イェンスのソロもコンパクトながら印象的


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Heaven Tonight ★★★ (2012-11-12 18:05:46)

良く練り上げられた
シングル向けのポップメタル
やれば出来る才人ですね
ジョーのカラーが最上級へと押し上げています


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Hold On ★★★ (2012-11-11 22:53:39)

泣かせるわ
ジョーのマイルドさが程よく溶け合い
メジャー感を演出しています
これくらいが丁度いいよ


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Krakatau ★★★ (2012-11-12 18:34:05)

中近東風のフレーズも印象的です
ミステリアスかつダークな色合いの濃いインストナンバー
キャッチーな曲が多かったのでアルバムを引き締める役割を担っていますね


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Memories ★★ (2012-11-12 18:35:05)

もっと聴きたいと思わせる
小インストナンバー


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Now Is the Time ★★★ (2012-11-12 18:24:32)

良く出来たポップメタル
ジョーとインギーの融合が見事に花開いています
ゲイと言われようがソウルメイトだった事を証明する
マジックが花開いています
インギーのカタログの中でも異色の名曲でしょう


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Riot in the Dungeons ★★★ (2012-11-12 18:15:13)

前出のインストナンバーと組曲のような
ニュアンスを感じさせる長めのイントロ
アタック感の強いハードなナンバー
ソロにおける飛翔感も見事です
ジョーリンターナーの男前な歌唱もキマッていますね


YNGWIE MALMSTEEN - Odyssey - Rising Force ★★★ (2012-11-12 18:44:02)

インギーのテーマソングと言ってもいいでしょう
イントロからゾクゾクとさせられる展開の美しさ
はっきりとダイレクトに伝わる歌メロのカッコよさ
ソロにおける高揚感もたまりません
バンドとしての味わい深さと起承転結のある展開
これぞネオクラ様式美の金字塔でしょう
ジョーが魅せる最高のパフォーマンスが名曲へと押し上げています
ドラムもエエですよ


YNGWIE MALMSTEEN - Perpetual Flame ★★ (2009-01-01 14:15:00)

個人的には有名商業誌の藤木氏の意見に一票です!
ようやくアメリカで光りを浴びチャンスを掴んだわけだからVo交代は頷ける。
今の音楽シーンを考えればアグレッシブな歌声を必要としたのでしょう
繊細なメロディをしっかりとハーモニーをつけ歌うのではなくね、
まぁいきなりデスヴォイスはないだろしなぁ…
インギーはシンガーに合せ曲を作ることはしないので人選が大きく左右するのでしょう。嗜好の問題ですが個人的には誰も得をしていな感は満載ですがインギーファンなら押さえておいて損はないでしょう、曲数もコンパクトで焦点が絞れダレる事無く最後まで聴き通す事が出来ますね。


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force ★★ (2008-09-12 17:45:00)

このアルバムは色んな意味で凄いですね
自らの思いのままに弾きまくった重厚かつ壮麗なクラシカルサウンドを展開し有無を言わさぬ超絶プレイのオンパレードに唖然とします
当時子供だった頃、このアルバムに対する厳しい意見に理解を示せませんでしたが今なら良く理解することが出来ます。色んな音楽に触れHM/HRの世界にも造詣が深まったら評論家の気持ちも痛いほど分かります。
色んな意味で革新的な今作の持つ意味合いは大きいし、衝撃を受けた世代としては見逃せませんが、やりすぎ感は拭えません
しかしこのジャンルの先駆者である彼の才能とセンスは素晴らしいものがあり
色あせる事のない後世に伝えられるモノである
バンドだとかアンサンブルだとかお構い無しのやり方が清いとさえ思えるから不思議だ
僕はリッチー・ブラックモアに憧れギターを始めようと思い、そしてインギーの登場で断念させられました


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force - As Above, So Below ★★★ (2012-11-14 19:23:29)

イントロのオルガンが荘厳な雰囲気を醸し出しますね
インギー印満載のクラシカルなプレイも聴きどころ
ジェフの若い歌声に笑みがこぼれます


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force - Black Star ★★★ (2012-11-14 19:48:56)

スロー・テンポを基調とした憂愁のメロディが印象的です
LIVEでも定番の一曲


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force - Evil Eye ★★★ (2012-11-14 19:34:46)

インギーとイェンスのバトルも聴きどころ
アコギの使い方も上手ですね
クラシカルな素養を存分に生かしていますね


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force - Far Beyond the Sun ★★★ (2012-11-14 19:43:40)

構成力が素晴らしい
ネオクラシカル・スタイルを究めたインストナンバー
上手いわ
とにかく上手いわ


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force - Icarus’ Dream Suite, Op. 4 ★★★ (2012-11-14 19:30:58)

ため息が漏れる美しさ
クラシカルなフレーズの導入に唸らされます
凡人には表現出来る事に出来ない至高の世界観
まさにこのサウンドの先駆者は彼である事を雄弁に物語る
ドラマチック極まりないインストナンバー
儚く美しい泣きメロにうっとり
後半の盛り上がりも流石ですね


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force - Little Savage ★★★ (2012-11-14 19:16:48)

イェンス・ヨハンソンとインギーの掛け合いも見事
インストものでも飽きさせないこの緊張感と無駄のないアレンジは流石
次のFAREWELLが短いので思わず再度頭からリピートさせられる名曲です


YNGWIE MALMSTEEN - Rising Force - Now Your Ships Are Burned ★★★ (2012-11-14 19:38:06)

歌のパートとインストパートの噛みあわせが評価の分かれ目かな
全インストにした方が良かったように感じます
この緊張感は流石ですね


YNGWIE MALMSTEEN - The Seventh Sign ★★ (2007-07-03 12:08:00)

全米チャートを意識して制作されたと思われる名盤
クラシカルなナンバーからジミヘン風の楽曲、バラード等もコンパクトに組み立て
彼らしさを損なわないようにキッチリと仕上げている
マイクの凄さが認められた今作は正統派には外せない作品です


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy ★★ (2007-07-03 12:25:00)

インギー流ネオ・クラシカルの頂点ともいえる名盤
しっとりと湿ったメロディーとダイナミックなサウンドの融合
マーク・ボールズの繊細の歌いまわしも華を添えている


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Crying ★★★ (2012-11-12 18:58:43)

アルバムのタイトル通り泣かせるわ
情感溢れる名演に酔いしれます


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Dark Ages ★★ (2012-11-12 19:09:38)

ダークな世界観を描いています
ここでもマーク・ボールズが独特の歌唱を披露
この情念は曲調にあっていますよ
地味な曲ですがいいアクセントになっていますよ


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Fire ★★★ (2012-11-12 19:02:49)

甘美なメロディにうっとり
アメリカでの成功を夢見させる歌モノナンバー
メロディがいいよね
そして上手いわ


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Fury ★★ (2012-11-12 19:00:11)

インギー流ネオクラ様式美が炸裂しています
ミキシングの関係で魅力が半減していますが
美味しい展開が詰まっていますね


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Liar ★★★ (2012-11-12 18:53:47)

①②と恨み節が続きますが曲はいいですよ
これぞネオクラ様式美
粘っこいマークのハイトーンとの絡みも印象的です
さりげないキャッチネスぶりも素晴らしい


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Magic Mirror ★★ (2012-11-12 19:06:44)

マーク・ボールズの情感タップリな節回しも印象的
甘美な世界観が適度なポップセンスを散りばめ独自のカラーを抽出
今アルバムならではの味わいですね
さりげないバックメンバーの躍進ぶりも見逃せない佳曲です


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Queen in Love ★★★ (2012-11-12 18:55:50)

甘美なメロディが華麗に舞います
タイトルのイメージにピッタリな名曲
ソロも美しいですね


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - Trilogy Suite Op: 5 ★★ (2012-11-12 19:15:10)

クラシカルなセンスが爆発するスリリングなインストナンバー

個人的にはLIVEにおける地獄のインスト大会の幕開けを告げられる
忌まわしきイメージをもってしまい幾度聞きません


YNGWIE MALMSTEEN - Trilogy - You Don't Remember, I'll Never Forget ★★★ (2007-07-06 13:20:40)

ネオクラ様式美の傑作 マークの美麗なメロと伸びやかなハイトーンを生かした名曲。


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury ★★ (2012-11-10 20:07:39)

唯我独尊、我が道を行く孤高のギタリスト、天賦の才を生かしきれないワンマンぶりがある意味魅力の才人です。「勘違いするやつは全員クビ」と語る彼の傲慢ぶりに嫌気を指し人間関係の構図や背景が見え隠れする様にゲンナリさせられる事もありますが、個人的には作品毎に大きな期待を寄せてしまいます。18曲のボリューム感と奥行きの狭い薄っぺらなミキシングの甘さに辟易させられますが、いい意味での粗さと再評価の気運に乗るべく意欲的な創作活動を行ったのでしょうか、バラエティに富んだインギー印全開のパフォーマンスを披露、周りの良さを生かしきれないなくとも力技でねじ伏せる男気は相当なものです。自身がリードヴォーカルを取る⑨やベースがメインリフを奏でる⑥など新鮮味を感じさせ18曲を勢いで聞かせて行くのは流石の一言。僕はインギーが好きです一頃は大きく影響を受けたし初体験の衝撃と洗礼は忘れえぬ記憶です、、フェイシングアニマルのツアーで見た彼のLIVEパフォーマンスの素晴らしさ、ギターの音のヌケの良さと正確さに度肝を抜かれました。「こんだけ才能ありゃ天狗になるよ」そこそこのファンを無視する選曲の横暴さに「これもインギー」と思え尊敬の念を抱かせるから不思議です。インギーの何を期待するかで評価は分かれるでしょうがマニアならずとも一聴の価値のある力作である事に間違いありませんよ。


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - Cherokee Warrior ★★★ (2012-11-10 20:18:51)

ワンテイクで歌い上げたと語る
自身がリードVoをとる
ブルージーなバラードナンバー
ムーディーなフィーリングが哀愁を醸し出しています


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - Cracking the Whip ★★★ (2012-11-10 20:31:58)

サビのアグレッシブさとメロディアスなドゥギーのパートとの対比が面白い
メタリックなリフと華麗なメロディの魅せかた
ランニングタイムが4分切っているのも丁度いい感じです


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - Crown of Thorns ★★ (2012-11-10 20:23:15)

クラシカルなフレーズが耳を惹きますね
インギー印全開です


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - Locked & Loaded ★★ (2012-11-10 20:21:05)

パンチの効いたアルバムのオープニングナンバー
お約束感満載です


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - Revolution ★★ (2012-11-10 20:29:11)

やりすぎ感満載
インギーお得意の三連も新鮮味は薄い
でも好きなタイプの楽曲です
雇われシンガー的な窮屈さを感じさせるのがマイナスですが
雰囲気は出ていますよ


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - Russian Roulette ★★★ (2012-11-10 20:13:18)

こう言う曲を16曲目までお預けを喰らったのが印象を薄めますが
曲単位では実にらしいアレンジを生かした大衆性を秘めた
メロディアスかつキャッチーな一曲


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - The Bogeyman ★★★ (2012-11-10 20:15:55)

今までにないタイプの曲ですね
新鮮な雰囲気とインプロ感が漂う雰囲気が好きです
バンドっぽいアレンジも印象的
ドゥギーの歌声も冴えています


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - The Hunt ★★ (2012-11-10 20:10:00)

インギーらしいメロディアスなミドルナンバー
安定感のある一曲ですね
アルバム全般におけるサラッとした情念不足が玉に瑕かな


YNGWIE MALMSTEEN - Unleash the Fury - Winds of War (Invasion) ★★★ (2012-11-10 20:26:15)

多彩な歌声を披露するドゥギーのパフォーマンスも印象的です
イントロがアクセントとなり楽曲を引き締めている
どことなく悲壮感が漂うメロウなミドルナンバー


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars ★★ (2008-09-13 22:41:00)

音質の醜さもさることながら過去の焼きまわし的なフレーズの方が気になりますね
でも楽曲の質も悪くないし何処を切ってもインギー印全開で前作から引用されているバロック&ロールは健在です
やはり彼はオリジナルな存在自らのスタイルを踏襲する姿に異論はありませんし究極のマンネリズムを体験出来る一枚であることの変わりはなくキャッチャーな曲も収録され新鮮味もチョイ感じることが出来る
残念なのはマークの唄もメロディも活かせない醜い音質が全てをマイナスに導いているから悲しい
後半の流れが個人的には好きだが聴くのを辞めたい衝動に駆られる
前作の小難しさよりはストレートな楽曲重視だしもったいないなぁって気分になり凹みます


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Bad Reputation ★★ (2008-09-13 23:09:50)

キャッチーなミドルナンバー


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Masquerade ★★ (2008-09-13 23:12:06)

インギーらしさを損なわないキャッチャーなナンバー
歌メロも良いね


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Miracle of Life ★★ (2008-09-13 22:49:41)

お約束なバラード
過去の焼き回しだが良いものはイイですね
マークの唄がポイント


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Molto Arpeggiosa ★★ (2008-09-13 23:13:30)

インギーらしいインストナンバー
お約束感はあるが良いねぇ


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Prophet of Doom ★★★ (2008-09-13 22:54:03)

インギーらしいパワフルかつクラシカルな疾走ナンバー
カッコイイなぁ


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Tarot ★★ (2008-09-13 23:23:39)


ミステリアスなムードが印象的です
マークの唄もいいですね
スッキリしない音質が足を引っ張ってるのが悲しい
ギターも弾きまくりだし
キーボードもいいんだけどなぁ


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - The Wizard ★★ (2008-09-13 23:16:00)

音質の醜さが惜しまれる
キャッチャーなメロディが耳を惹くクラシカルな疾走ナンバー
マークの唄も素晴らしいし申し分ないのだが
個人的には今作のハイライト


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Treasure from the East ★★ (2008-09-13 23:30:17)

今までとは気色の違うインストナンバー
こう言うのも悪くない


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - War to End All Wars (2008-09-13 23:28:37)

インギー印全開のネオクラ様式美ナンバー
ソロは弾きまくりです


YNGWIE MALMSTEEN - War to End All Wars - Wild One ★★ (2008-09-13 23:18:37)

ガッツ溢れるネオクラ様式美ナンバー
マークの力強い伸びやかな歌唱が素晴らしいですね


YOUTHQUAKE - EVOLUTION OF NEW ORIENTAL METAL ★★★ (2015-06-18 14:57:03)

デスメタルテイストを下地にブルータリティ溢れるスラッシュサウンドを披露。切れ味鋭いリフワークと重心低く突進してくるリズム隊のうねり、勢いよく突き進むも随所に日本人らしいキメの細やかさが配慮され聴いていて実に心地が良い。特にアクセントとなるメロディックなギターもこの手のサウンドを求める方には心地よい響きとして耳に届くでしょう。アグレッシブかつメロディアス、重厚さと速さを兼ね備えたバンドの真骨頂を味わえる一枚ですね。アルバムタイトルに彼らの大いなる野望と矜持を感じました。


YOUTHQUAKE - YOUTHQUAKE ★★ (2012-01-03 00:20:58)

X-JAPANのYOSHIKIのレーベルEXTASY RECORDSより1996年リリースの3rd
アグレッシブなサウンドの中にキャッチーさも盛り込み前作までのストロングな
スラッシュスタイルとの違いをアピールしバンドのとしての間口の広さを披露
でも充分スラッシーだし媚を売る要素など皆無
あくまでもバンドの音楽性の深さを認識させてくれる意欲作
前後のアルバムと比べると明らかに異質な感覚を受けるが
攻撃性を失わない彼らの姿勢に疑いの余地はない
正統派HM/HRよりのスラッシュメタルを90年代中期に叩きつけてきたことに
大きな意味合いがあるように思えてなりませんね
ギターのGAIRRY氏のペンによるナンバーばかりなのがポイントなのかな?
カヴァーソングも一曲披露、有名な『HEART BREAKER』なのですが
以外とはまっていましたね
過激なヴィジュアルと本気すぎるコアなメタルサウンドは
どちらファンにも正統に評価をしてもらえなかったように感じていましたね
僕も譲り受けて聞くまでは懐疑的でしたから


Yeah Bop Station - Upfront ★★ (2014-10-21 14:01:20)

今は亡きゼロ・コーポレーションからリリースされた美人姉妹が中心となり結成されたプロジェクトバンドの1st。Vo.BのMia Kempff、DrにClara Kempff、Gはジョン・ノーラムやグレン・ヒューズのソロ等の活動で知られるトーマス・ラーションの3人からなる編成ですが、一聴すると女性シンガーとは思えない逞しいハスキーヴォイスで、ようみたら全員にVoのクレジットがついているから、誰がどうやねんといった不安を覚え真偽のほどが定かでなくなってしまいます。曲調としてはゆったりとしたリズムとそこに北欧らしい寒々としたメロディがノリ、わりとほのぼのとしたAOR系の歌モノロックサウンドが聴けます。メロディの充実度や泣きといった要素は薄いのですが、トーマスが奏でる北欧らしいメロディに気を配したプレイが華やかな印象を色濃く与え、画一的な楽曲に一際個性を生み出しています。⑨のようなポップな曲が多く収録されているのが特徴的で乾いたアメリカンロックにチョイ足し北欧風なサウンドが印象的なんですが名曲④がアルバム全体の底上げに貢献しており、ついつい手が伸びるから不思議です。刺激も薄いし個性もないのですが⑪⑫といったところが醸し出す北欧ハードポップサウンドは爽やかな癒しを与えてくれるので気分に合わせてつまみ食いをしながれ聴けば、だれる事無く楽しんでもらえるでしょう。メロディに固執した良質なサウンドを提供してくれるレーベルの中では初期の作品に入る部類ですから、まだまだツメは甘いのかも知れませんが、軽やかさと真摯で適度なハードさが心地よい一品ではありますね。


Yeah Bop Station - Upfront - Blue Moon ★★★ (2018-03-31 14:30:05)

麗しの北欧メタル
躍動するロックなグルーブ
キラキラと輝く透明感のあるメロディ
素直なキャッチネスさもたまらん
このバンドの代表曲です


Z-SECT ★★★ (2011-04-16 04:31:58)

現AIONのVo、NOVが中心となり結成されたバンドです
帯びタタキの「闇を切り裂く鋼鉄の叫びを聞け」に偽りなし
硬質なメタルサウンドを堪能出来ます


Z-SECT - N.O.V ★★ (2011-04-16 04:43:44)

現AION,VOLCANOのボーカルNOVが中心となり結成された大阪の正統派パワーメタルバンドの1989年リリースのミニアルバムにて唯一の音源でしょう。哀愁のあるメロディとパワフルなリズムプレイが魅力的です。分離のハッキリしない輪郭の甘い音質が迫力を半減させていますが、攻撃的な楽曲の中に仄かな哀愁を伴ったメロディが切り込んでくる様が印象的で耳を惹きます、独特のヴィブラードを掛けたパワフルな歌唱は若さを感じさせるも堂に入った喉を披露し自らのスタイルを確立しています。アグレッシブさと哀愁のメロディの程よい融合、丁寧に作りこまれてさえいればもっと評価も高かったでしょうね。欠点も含め当時は哀聴しました、全4曲20分にも満たないコンパクトなアルバムですが逆に勢いのあるスピード感を味わうことが出来、バンドの墓標となるスタイルと方向性が垣間見えてきます。


Z-SECT - N.O.V - DESOLATE NIGHT ★★★ (2011-04-16 04:49:08)

アルバムのオープニングナンバー
哀愁を発散するギタープレイがクライマックス
正当性の強いパワー漲るHM/HRナンバー
日本語歌詞も歌メロも印象的ですね
音質の醜さが惜しまれます


Z-SECT - N.O.V - INORI ★★★ (2011-04-16 04:46:12)

泣きのスピードメタルナンバー
哀愁と攻撃性が絶妙なバランスを魅せてくれます
NOVも泣いていますね


ZADKIEL - ZADKIEL ★★★ (2012-09-25 20:45:58)

2006年のリリース、かつてのミニアルバム「HELL'S BOMBER」の四曲に未発表曲とライブ映像の特典付で復活。幻の一枚を手に入れれる機会を与えてくれた事に感謝しますね。元となる音源は1980年代初頭ですから、聴いて頂けたらその凄味や歴史的な価値を理解していただけると思います。荒れ狂うリフと強烈なリズムプレイがアッパーな楽曲をグイグイと引っ張り一気に最後まで聞かせてくれます、ランニングタイムも短めですから繰り返し何度も聞き込めますね。当時の掘り起こし音源ですから音質はキツイし唄も国産バンドの欠点をモロに感じさせるけどMOTORHEADのような鋭いエッジを伴う骨太な元祖暴走サウンドは今でも十分に惹きつける要素はあると思います。


ZAR - Live Your Live Forever ★★★ (2011-06-15 02:20:46)

REBELのギタリストが結成したバンドの1st
REBEL同様Voに希代の名シンガー、ジョン・ロートンを迎えて制作されました
ちなみに2000年に入りREBELのアルバムとカップリングで再発されていますね
欧州産のメロディアスかつハードな正統派のHM/HRバンド、ドイツ産ならではの硬質さと柔軟なスタイルのギターがバンドの要、若干ツメの甘いアレンジも(曲が唐突に終わるんだよね)ワンランク上のステージへと押し上げてくれるのがジョン・ロートンのパフォーマンスです。嫌味のない澄んだ歌声と力負けしない豊かな声量、ロニー・ジェイムス・ディオ等と双璧をなす正統派のメタルシンガーの存在感が全て、正統派は唄が命、一部のマニアに愛されて終わりだなんてもったいないですね。個人的にはLUCIFER’SFRIENDⅡの「SUMOGRIP」の完成度には及びませんがジョン・ロートンの卓越した歌声を堪能出来る好盤ですね