この曲を聴け!
失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 1701-1800

MyPage

失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 1701-1800
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119
モバイル向きページ 


BURNY PROJECT - GRASS WALL~AIN'T DEAT YET - NO REMORSE ★★ (2011-06-04 01:47:25)

バーニーのエモーショナルなギターが映えます
ハードさとも兼ね備えインストで聴きたいと思いました
岸本も頑張っているけど


BURNY PROJECT - GRASS WALL~AIN'T DEAT YET - RUNNING DOWN ON THE EDGE ★★★ (2011-06-04 01:53:36)

豪快なリズムプレイがカッコいい
ギリギリの岸本の歌唱も悪くない
単純明快パワフルなナンバー


BURNY PROJECT - GRASS WALL~AIN'T DEAT YET - TIME WAS ★★★ (2011-06-04 02:03:29)

ジェフ・ベックよろしくな
泣きのギターを堪能出来ます
これずバーニー
テクニックの溺れることのないエモーショナルなギターに悶絶です
何故これが評価されないと商業誌に怒りを覚えますね
名インストナンバー
何々風と揶揄するのは厳禁ですよ


BURNY PROJECT - GRASS WALL~AIN'T DEAT YET - TRY YOUR LUCK ★★★ (2011-06-04 01:45:54)

洗練された大人のロック色の強いインストナンバー
扇情的なフレージングが耳を惹きますね


BURNY, RYO & JUN (2012-08-01 19:34:57)

今は亡きMandrake Root RecordsはThird Stage Recordsより三枚の作品がリリースされました
Guitarist Selection Seriesとして 第一弾はマルチプレイヤー加瀬 竜哉の「SISTER LEESA」はアンセム・アニメタルの坂本英三にブリザードのイケメンドラマー村上宏之らが参加の正統派様式美メタル、第三弾はエボニーアイズ等で鳴らした様式美系テクニカルギタリスト金谷幸久のソロ。そして第二弾のリリースがスナイパー時代の名演も懐かしい灼熱の叙情派ギタリスト日下部BURNY正則が板倉淳と高橋竜の三人で結成されたBURNY, RYO & JUNの作品でした。ある意味国産メタルシーンの礎を築いたレーベルの作品シリーズだっただけに期待をしていましたが、間延びされたリリース間隔と一貫性のない作風が大きな流れを生み出せなったように感じます。もし金谷幸久のソロが28ヶ月も製作に掛からずリリースされ今作が70年代風の渋めのHM/HRサウンドでなければどうなっていたのかと口惜しい気持ちになります。ヘレン・ダンサー・プレシャス・ウルフ・テラローザ・コンチェルトムーン・大田カツ等、良質な国産様式美メタルを輩出する総本山が示す世界観をシリーズとするなら魅せ方もあったように感じますね。それだけ加瀬 竜哉のソロアルバムは本当にカッコよかった。


BURNY, RYO & JUN - B.r.j. ★★ (2012-08-01 20:01:40)

元スナイパーのギタリスト日下部BURNY正則率いるトリオバンドの1stアルバムにて唯一のオフィシャル音源。今は亡きマウンドレイク・ルートはサードステージよりギターをフューチャーした作品を世に出していく触れ込みで1995年にリリースされた第二弾作です。選任Voはいなく、ギターの日下部とベースの高橋竜が曲に応じてリードシンガーを分けています(⑤のみメンバー全員参加)ドラムにはテラローザやスナイパーの板倉淳を迎え60.70年代風の渋いブルージーなHM/HRを披露、テクニック的に申し分ない三人が繰り出すノリは大きなうねりを生み出し個人的には興味を見出しましたが、スナイパーのようなストレートなメロディアスHM/HRを期待していただけにチョイと残念な気分になりましたね。インディーズならではの迫力不足な音質も足をひっぱりトリオ編成の弱さを感じさせるのも難点でしたが、やはりここで聴けるギターの熱さは、そういった不満を払拭してくれるのに十分なパフォーマンスを披露、独特のフィーリングとタイム感はあの時代の空気を感じさせてくれます。レトロな作風ですが歌心溢れるメロディ大切にするアレンジは見事、あとはこのブルージーなメタルをしっかり唄える選任Voがいれば、また違った印象を持ったように思います。③の雰囲気も好きだしインスト⑫もカッコよく纏めています。なんだかんだ言っても当時は聞き込み普段はあまり手を出さない作風に身を寄せていましたね。


BUTCHER BABIES - Goliath ★★★ (2015-09-12 14:29:01)

チアリーダー上がりのハイディ・シェパードとPLAYBOY TVパーソナリティーという経歴のあるカーラ・ハーヴェイによるセクシーなメタルクィーン二人がフロントを飾るメタルコアバンドの1st。初期の頃は乳首をテープで隠すだけのセクシーで過激なパフォーマンスを披露するなどインパクト大だが、グロウルを織り交ぜたアグレッシブな歌唱スタイルを双方が取り激しく絡みある姿は必見、ある意味、色もの的な要素もありそうですが、しっかりとした音楽性を基盤に成り立っているので安心して聴くことが出来るでしょうね。コンパクトな楽曲は重量級のグルーヴとリフワークを軸にキャッチーな要素も綿密に組み込み、この手のサウンドを愛する方には十分に訴求する要素を持ち合わせ、刺激的でダイナミズム溢れるサウンドの中で鋭く毒気を払いながら切れ込んでくる二人のシンガーのあり方が実に印象的でした。イーヴルで瘴気に満ち溢れた暴虐性の中にもラフだがパッと視界が開けるポップセンスが持ち込まれる様にゴットサイダー鬼哭霊気よろしくな清廉性を味わい、時折聞こえる哀メロにキュンとさせられます。普段は生ぬるい様式美メタルや歌モノを聴き日和まくっておりますが初期衝動と新たなるサウンドを探求する好奇心をくすぐられる様な出会いを大切にしたいものです。


BUTCHER BABIES - LILITH ★★ (2018-03-23 13:18:26)

ハイディとカーラのメタルディーバを擁するインダストリアル系のへヴィサウンドをブチかますショックロックバンドの3rd。
近代的なバッキバキのデジタルノイジーメタルコアを主軸としつつも、非常に親しみやすいポップセンスとキャッチネスさがあり、その中に混ぜ込まれる普遍的なメタルにも通ずる様式、そのバランス配合は楽曲によって変わるが、基本はあらゆるスタイルの飲み込んだミクスチャーラウドロックだろう。
へヴィでダークな色彩美の中で、エモーショナルな優美さと耽美主義が激しくぶつかり合い、前衛的感性が鋭い矛先となり突き刺さってくるもシーケンスとループを用いるグルーブに押しつぶされる事もなく、親しみやすいサウンドの中で各スタイルが自己主張しているのが面白い。
この手の、スタイルの音楽には日頃も全く触れる機会もなく、門外漢も甚だしいオジサンですが、アメリカのバンド特有の冷たいコンクリートメタルサウンドと、機械と人間の融合、それらの魅力を高い精度で聴かせる手腕に、新生代のヒーロー、近代メタルの旗手としての存在感の強さを感じずにはいられません。個人的にはクリアパートで歌っても、衰えない歌声も良い。スリップノットに代表されるようにクリアパートになった途端に、可愛い声になるのは勘弁ですからね。


BUTCHER BABIES - Take It Like a Man ★★★ (2015-09-18 14:48:45)

9月には国内盤もリリースされたL.A出身の旬な音楽性のバンド。怒気を孕んだハイディとカーラのツインボーカルの迫力は前作同様鬼気迫るものがあり、メロウなパートで盛り込まれる艶のある歌声も深みがあり、この手のバンドの欠点と思われる普通に歌った途端に可愛いロックお兄ちゃんになり、ロックシンガーとしての馬脚を現すエクストリーム系が多い中で彼女達は、そのもっとも重要な部分をクリアーしているのが頼もしい。女性らしい艶やかさと見た目のギャップ大会ではない実力の高さと表現力に唸らされます。バンドとしても前作以上に練り上げられたアレンジと屈強なアンサンブルの充実がより楽曲にメリハリと緊迫感を生み出しキレたナイフ出川哲郎ぶりも相当なものだ。ローガン・メイヤーの手により今風のドシャンバシャンとした機械的なドラムの音やブルンブルンと掻き鳴らされるゴン太なベース、ややファズの掛かったノイジーなギターと個人的には好みではないのですが、好むも好まざるも認めざるをえない説得力がありますね。普段は手を出さないジャンル故、門外漢も甚だしいのですが、オッサンを奮い立たせるだけのインパクトと高い音楽性に支えられたエクストリームメタルサウンドに大いに焦がれました。個人的には必要以上なエロさを封印し日本ではイマイチ、ピンとこないのですがホラー系のメイクを施したショックロックに路線になったのも良かったです。パンイチの乳首をテープで隠すだけの過激なファッションってチョイとハズイのと明るい安村が想起されちゃうので(笑)


Bashful Alley - It's About Time ★★★ (2017-10-02 16:23:33)

激レアな発掘良品リリースには定評のあるHigh Vaultage Recordsから2005年にリリースされた。82年リリースのシングル2曲&デモ音源8曲プラスの10曲からなるコンピレーションアルバム。幻のNWOBHMバンドのコンピ作にマニアなら興奮も隠しきれないでしょうが、泣きメロ満載、哀愁の叙情派ブリティッシュHM/HR①の『Running Blind』シャープなギターが切り込んでくるへヴィで攻撃的な②の『My, My, My』。キャッチーさも光る⑥の『Why Can't You See』など名曲も多数収録、昨今の音に慣れている人には音質的に厳しいものがあるでしょうが、当時のサウンドをリアルタイムで体感できるようなシケシケのスッカスカな音こそ、NWOBHM、だと思っているので、この手の音源に触れたいと思う方には強く勧めたいですね。シングルだった①②の流れは出色の出来だし、このクオリティを持ってもデビューに漕ぎ着けられないほど、当時は混沌とした玉虫色の時代背景を想像させるし、それ以前にブームがいかに短いものだったかを物語りますよね。
NWOBHMというのはパンクの影響も取り込んだ攻撃的なサウンドが信条で、所謂、PRAYING MANTISに代表される叙情的なサウンドは稀有な存在なんだと20代の中頃まで信じて疑わなかったが、全然そんなことなく、このバンドのように哀愁のメロディをふんだんに取り込んだ叙情派バンドは多数いたことを知ったと時は騙された気分で一杯でしたね。全然雑誌でそんな事を言ってなかったじゃんである。
英国的な叙情性とロックな攻撃性を併せ持つサウンドのお探しの方なら楽しんでもらえるでしょう。隠れた名曲ってNWOBHMには多すぎるんですよね。掴みきれんわい。


Blaakyum (2014-01-23 21:25:12)

レバノン産メタルの重鎮です。
いわゆるエピックHM/HRサウンドを主軸にオリエンタルムードを醸し出すフレーズが
オリジナリティーを大いに感じさせ、ファットな音も今を生き抜く正当性を色濃く映し出しています。詳しいバイオは知りませんが一聴の価値は大いにあるかと思いますよ


Blaakyum - Line of Fear ★★★ (2016-09-07 14:20:47)

レバノン産のパワー/スラッシュメタル系バンドが2016年にリリースした2nd。ヘヴィさやアグレッションを増量しているがキャッチーなリフワークは前作を凌ぐ冴えを魅せ、激烈でジャリジャリとしたギターから繰り出されるブルタリティ溢れる魅力的なフレーズやヘヴィでグルーヴィーなリズムの強靭さ、さらには時折流れる中近東風メロディにバンドを個性を感じさせ、その表現力の深さを生かした多彩な曲調とアレンジセンスに唸らされます。野太い歌声が咆哮する様の色艶もこの音楽性を牽引、どこか荒涼とした暴虐性が、彼らの魅力として感じられる所がありますが、激しく打ち込まれるビートの上をギラギラとしたギターが野蛮さを伴いグルングルンと転がっている様の無機質さと有機的な生々しいサウンドメイクも面白く(民族楽器やパーカッションのリズムなど)、無頼な破壊力とメイデン、プリースト辺りのバンドから引き継いだ欧州由来のダイナミックなドラマ性、それらを纏め上げた獰猛で野蛮な音楽性へと変換したのはレバノン産パワー/スラッシュメタルとしての個性を十分に確立、勿論、スラッシュ群からの影響もありますが、同様なバンドをルーツとするような節が見受けられるのが魅力だと思っています。


Blaakyum - Lord of the Night ★★★ (2014-01-23 21:54:58)

レバノン産メタル…まったくイメージが沸きません、聞く前の不安は相当なものでしたが、これが実に真っ当な今を生き抜く正統派パワーメタルサウンドを奏で辺境の地だから大丈夫なのか?と言った偏見を木っ端微塵に吹き飛ばしてくれました。時には咆哮しクリーントーンを使い分ける強靭な歌声を披露するシンガーの実力も堂に入ったもの、民族楽器なども盛り込んだ楽曲とがっぷり四つで渡り歩くガチンコ相撲な力強さに安心して身を任せる事が出来ますね。けして新しいサウンドではないのですが、試行錯誤を繰り返してきた昨今のメタルシーンを見渡すと実にカッコよく映るから不思議なものです。妙に懐かしい構成だが曲自体のクオリティは十分に及第点を超えているし生々しいサウンドメイクは今の時代ならではでしょうね。パワーバラード⑤などで聴ける流れるようなメロディラインは印象的だ。感動を誘う⑩などで聴ける民族楽器を盛り込んだオリエンタル色豊かな楽曲はレバノン産ならではの味わいを堪能させ淡い情景が浮かび上がるエモーショナルなパートの美しさに彼らならではの個性を際立たせています。ラストの⑫は荘厳なインストナンバーでオルガンの音色が感動的だし、コンセプトアルバム的なニュアンスを感じさせる今作を締めくくるのに相応しい一曲だったります。どことなく感じることが出来るオリエンタルなムードと獰猛な肉食獣のようなアグレッションなサウンドと魔術的なダークさが醸し出す世界観はレバノンなんて狭い世界では語る事の出来ないワールドワイドなクオリティを備えており、こういうサウンドこそボリュームを上げて楽しみたいですね。個人的にはもう少しキャッチー曲を盛り込みスッと聞かせてくれればアルバム全体の印象も違って聞こえたと思いますが、それが2000年以降なんだよな、と改めて思い知られる一枚でもあります。


Blaakyum - Lord of the Night - Am I Black ★★★ (2014-02-04 13:55:30)

砂漠の荒涼とした大地が目に浮かびますね
壮大なアレンジが感動を誘う一代抒情詩


Blaakyum - Lord of the Night - Cease Fire ★★★ (2014-02-04 13:51:53)

野蛮で獰猛な肉食獣サウンドが轟きます
メロウなパートを盛り込んだりとヒネリも効いていますね


Blaakyum - Lord of the Night - Journey to Eternity ★★★ (2014-03-08 20:38:09)

ザクザクと刻まれるヘヴィなリフワーク
朗々と歌い上げるボーカル
重苦しい世界観をたっぷりと聞かせてくれますね


Blaakyum - Lord of the Night - Lord of the Night ★★★ (2014-02-04 13:40:27)

パワフルかつ魔術的なダークさが漂う疾走ナンバー
ガチガチなサウンドメイクが力強く躍動していきます
オリエンタルなメロディなども聞こえアルバムの掴みとしては申し分ないですね


Blaakyum - Lord of the Night - The Last Stand ★★★ (2014-02-04 13:43:32)

アルバムの三曲目
ゴリゴリのメタルナンバー
王道を押さえつつも古臭さを全く感じさせません
それにしてもパワフルだわぁ


Black Fate - Commander of Fate ★★ (2014-03-15 15:38:17)

ドイツ産正統派HM/HRバンドが1985年にリリースした1st。ツインギターを要する捻りのない様式美系のサウンドに「やってもうたな俺」と呟かせ、一曲目のタイトルHeaven Can Waitとかを見て雰囲気で手を出したのがいけないんだと購入当初はまともに聞くこともなく(CD化されたのは2000年に入ってから2曲のボーナス入り10曲)感性に任せた衝動買いにやさぐれたんですが、ドぐされマニアなワタクシの耳にはビンビンに生ぬるいサウンドも鳴り響くのです。欧州産ならではの湿り気を帯びたお約束感満載のメロディラインにギターワーク、セオリー通りの展開が単調さを醸し出しますが(B級感もプンプンです)好きなんですよね、この手のサウンドは、どんだけクソださいと言われても消えて欲しくないジャンルなんです(マイルドでパンチに欠けたフニャフニャの様式美を前にアクセル・ルディ・ペルの偉大さに感服させられます)作品の中心にあるのは、あくまでも歌であり曲の構成もオーソドックスで比較的しっかりとまとめられている点が聞かせられる要素となり欠点を補っている。歌とメロディを支える地味なアンサンブルに個人的には興奮度指数も低めなんですが、時折切り込んでくる哀愁のフレーズとシンプルなリズムにマニアならグッと引き寄せられる要素もあるかと思います。なんだかんだ言いましたが、結局はワタクシは好きなジャンルなんですよ。筋金入りの様式美マニアなら手にとって頂き、なんだかんだと批評を並べ立てて欲しい一枚です。ワタクシの様式美に対する溺愛ぶりは徳光さんの巨人愛にヒケをとらない盲目ぶりですからね。


Black Master Mountain - Chronus ★★★ (2017-11-06 20:57:41)

Roxcyなどで活動していたベーシスト門脇 潤一郎氏が音頭をとり結成されたバンドがこちら、2012年から活動していたそうですが、勉強不足で知りませんでした。そしてこのバンドでフロントマンを務める人物が、関西を代表する叙情派HM/HRバンドWOLFのシンガーだった松本龍似。
家業を継ぐ為に隠居したと言われた松本が2012年に復活していたなんて露ほども知りませんでした。今作は2017年の1月に4曲入りのシングルCDとしてリリース。枚数も限定だった為に、現在は廃盤状態の一品。今のところ配信なども行っておらず、手に入れるのは難しいのでしょうが、WOLF松本の完全復活を告げる一品なだけに、マニアのみならず正統性の強いHM/HRを愛する方ならマストバイな作品でしょう。
キャリアに裏打ちされたベテランが揃っているので、妙な色気を出すことなく安定感のあるサウンドを披露。その古典的なスタイルの音楽性ゆえに、真新しい面は薄いでしょうが、トーン一発に色気がある伊藤 学のギターは堅実だし、キーボードの田口 雅敏の空間演出の妙味、この二人は松本が居たHurtlessのリズム隊でもあったんですね、その職人技のリズムアレンジにも目を見張るものがありますが、それら熟練のメンバーが奏でるアンサンブルの頂点に君臨するのは、伸びやかでマイルドな独特のトーンを操る松本の歌声があってでしょう。現行4曲では、そのバンドの全容は見えてきませんが、いずれも歌心を大切にしたメロディックHM/HRサウンドに終始しているので安心して身を任せる事が出来るでしょう。④みたいな甘い叙情派ナンバーもバッチリとはまっていましたよ。
最近まで知らんかったもんね。このバンドの存在。今年一番はDA VINCIの復活だと思っていたが、WOLF松本の復活の方が大きいな。感慨深いっす(感涙)


Black Sheep - Black Sheep ★★★ (2016-03-09 14:42:54)

リードボーカルをルー・グラムが務めていたUS産のブルースロックバンドが1975年にリリースした1st。ルーの歌声を中心に深みのある渋目のロックを聴かせてくれます。そこに野性味と心情を映し出す機微を巧みに表現する技術に長けた演奏が絡み、哀愁のフレージングが鳴り響きしっとりと心を濡らしていきます。濁りのない清廉なバラードから歪みの効いたヘヴィブルースまで幅広く聴かせ、FREEもどきと揶揄されたらしいですが、アメリカのバンドなのであそこまでベッタリとしていないのでスッキリと味わう事が出来るでしょうかね。上手い歌に癒されたい、速弾き系のソロじゃない、トーン一発に掛けた激情を味わいたい、そんな人におススメしたい一品ですね。


Black Syndrome - Fatal Attraction ★★ (2017-09-27 13:37:58)

お隣韓国のベテランHM/HRバンドが1988年にリリースした記念すべきデビューアルバム。いきなりAC/DC風のご機嫌なロックナンバー「I'm Your Man」でスタート、シンガーもボン・スコット風に歌ったりと随分なりきっていますが(ソロは何故かマイケル・シャンカー風)⑥曲目に収録された「Rock the Speed」のような疾走ナンバーがあったり、韓流バラードがあったりとバラエティに富んでいるというか、1stということで方向性が定まっていないというのか、不安定な演奏に、更なる拍車を掛ける要素となり、安定感に欠けてはいますが、アジアの血をザワつかせるメロディと熱量は十分に伝わってきますので駄作といって切り捨てる事は出来ませんね。韓流ブームって言ってもメタルは全然、日本に伝わってこないし、あのキム・ギョンホもメタルに界での活動をについて『俺は単なるマイナー歌手では終わりたくない』と一般紙のインタビューに答えていたもんね。


Black Tears - The Slave ★★ (2016-05-01 13:33:50)

ドイツ産正統派HM/HRバンドが1985年にリリースした2nd。音楽性は渡米したスコーピオンズ風の音楽性にアクセプト的なエッセンスもまぶしたメロディックなスタイルを踏襲しており、正直、曲によってはかなりの拝借と言うか模倣をしているので気になると駄目でしょう。また音質も低音の迫力不足と時代性を感じさせるキーボードみたいなシャリシャリとしたギターと、ややメタル度に欠けると昨今の音作りと比べるとかなり異質なのですが、これぞ80年代中期のB級スタイルなので歴史を紐解く意味も込めて若い人にこそチャレンジして欲しいですね。即効性のあるスピードナンバーやガッツィさもないかもしれませんが、欧州由来の湿り気とジャーマンらしい生真面目さ、そこが楽曲に反映されており、チョコチョコと琴線に触れている辺りが憎い、ヒットというよりはチップなのだが、楽曲の質は総じて高く及第点を超えた内容かと思います。ハロウィーン登場以前のジャーマンシーンを支えたバンドに興味のある方は手にとってみるのも一興でしょう。


Blind Witch - Burn Witch Burn ★★★ (2015-12-26 14:13:56)

フィル一つにも艶がある打ち殴られるドラムの酔いどれリズム、焦燥感を煽るなんとも荒んだ音色、絶妙なタイム感とクールなリフワーク、ソロでは扇情的なメロディで聴き手のハートを掴んで離さないギター、浅井兄弟から繰り出される盤石の弦楽器隊のプレイと聴くべき点が多い流石の一品。三重県を拠点に活動を続けているのですが、ここ日本国内よりも海外でその名が通るカルトメタルバンド「METALUCIFER」の二人に元SabbatのTemisさん、ドラマーはRyo Koyatsuさんの4人組。ブルージーさはないが、暗黒面をフォローする瘴気に満ちた冷たいサウンドは70年代的様式を踏襲したドゥームロック。リフ、メロディ、構成と混沌とした邪悪さを追い求めつつもメリハリを効かせた展開が、迫力のあるサウンドとなり聴き手を音の塊でぶん殴ってきます。ドロドロとしつつも広がりのあるプレイが耳を惹くリズム隊の奥深さに感嘆しつつも、多彩なリフワークは勿論だが、アップテンポを繰り返し曲調に絶大な効果を発揮するギターとアレンジが冴えわたりますね。最近はこの手のドゥームロックを聴く機会も増えたのですが、吐き出される情念と悲壮感溢れるメロディ、これが重ぐるしいサウンドの中でダイレクトに伝えてもらうと聴き易いですね。


Blitzz - Do the Blitz ★★★ (2016-05-31 14:18:27)

Steamhammerから1990年にリリースされた6曲入りのEP。妙に前に出してきたベースの音作りなどミックスに疑問がないわけではないが、リードシンガーのカースティン嬢のパンチの効いた歌声と、スピーディーなナンバーはやや類型的なパワー/スピードHM/HRではありますが、上々のかみ合わせを見せ実に魅力的だ。同系統で行くとベルギーのACID辺りを思い出しそうですが、方向性はあっちのパンキッシュなスタイルにチャステインばりのドラマ性を組み込もうとする姿勢も伺え、そこにドイツ産らしい生真面目さが加わりWarlock辺りの硬派なスタイルを披露していますね。初めて聴いた時の印象は良くなかったのですが、久しぶりに聴くと、カースティン嬢の歌声は本当にパワフルで伸びやか、楽曲をグイグイと牽引する逞しい姿に聴き惚れました。ある意味、こうして再度聴きなおすとアクセプト的なパワーメタル色も感じさせ、小気味良い展開とヘヴィメタルな解放感はバンドの肝でしたね。


Blue Stealer - Take the Dream ★★ (2017-12-02 13:41:03)

VOLFEEDの山本朋子がZENITHのメンバーと組んでメジャーデビューを果たす、しかもプロレスとのタイアップ企画で、リリースされのは1996年ですからね。HM/HR氷河期にメジャーデビューとは、いかなるタイアップであれ、ありがたい出来事だと喜んだ思いがあります。若かりし佐々木健介が映り込むジャケット、TAKE THE DREAMって書いてあるだけでBLUE STEALER感なしには驚きましたが、さらに驚いたのは、その内容で、⑦⑧がボーナストラック扱い、その⑦は馳浩と佐々木健介の試合後インタビューが9分27秒、そして⑧は馳浩の入場テーマ、それを手掛けるのはN.J.P.UNITなる別のグループ、彼らは④の西村修のテーマも手掛けるという代物、全8曲入りで関係ないの3曲に、もう一つはTAKE THE DREAMのインストバージョン。結局、歌入りは2曲で他はインストとインタビューという、プロレスファンに偏った構成のアルバムと言う事が店頭で判明。
おもてたんと違う。とりあえずCDを手に取ったものの、買うか棚に戻すかを相当迷いました。絶対にやばい奴だ。2500円もするしねぇ。しかし廃盤になったら再発はまずないだろう。中古でも見かけないだろう。その二点押して購入を決意。今もってボリュームが小さく、聴きとれないインタビューを最後まで聞いたことはないし、そもそもBLUE STEALER以外をまともに聴いた事がない。
そんな思いで何を目当てに買うのかと言われたら、そこに山があるからだとしか答える事が出来ず、もはやマニアの性と恨むしかない。そんなマニアにこそ、捧げたい一品ではあるが、佐々木健介20th Anniversary Special Editionと称した作品にBLUE STEALER関連がこちらから4曲聴けますので、今でも比較的、手に入れやすい状況かと思います。ちなみに何故4曲かと言うと、③のRIDE OVERは小島聡のテーマだからなんですね。ややこしいわぁ。
そして中途半端なケバいメイクを施したメンバーショットに軽く引いて欲しくないですねぇ。特にドラムの堀江のチーママ、マダム感には笑いも出ます。往年の個性派俳優、コミカルなタッチで人気のあった大泉 滉かと思いました(笑)

以下収録曲
オリジナルに敬意を払った記入方法でいかせていただきます。

1. ジョーカー~聖地へ(佐々木健介イメージ・ソング)
2. テイク・ザ・ドリーム~閃光(佐々木健介入場ヴァージョン)
3. ライド・オーヴァー~煽風(小島聡入場テーマ)
4. ヴァイオレンス・ウインド~超翔(西村修入場テーマ)
5. テイク・ザ・ドリーム~閃光(佐々木健介ウィナー・ヴァージョン)
6. ストリーム~果てなき夢
7. 1996年1月4日東京ドーム馳浩・佐々木健介試合後インタービュー
8. トゥー・ハーツ(馳浩入場テーマ)

②③④⑥⑧:インストゥルメンタル
①②③⑤⑥:演奏/ブルー・スティーラー
④⑧:演奏/N.J.Pユニット


音質はあれだが、勇壮なメロディが映える様式美ナンバー①、入場曲にぴったりのキャッチーではやり勇壮な②はインスト、歌いりは勝った時に流れる⑤。スリリングなインストナンバー③、エモーショナルな戸谷のギターを堪能できる⑥とBLUE STEALER関連で素直に楽しむのが一番です。結局、今作は中古市場でも出回り、投げ売りで売られていることもシバシバ。いろんな意味で国産HM/HRの氷河期にデビューすることがいかに困難だったかを物語る一枚でしたね。プロレスファンは勿論でしょうが、様式美マニアなら押さえておきたくなりますよね。


Blue Stealer - Take the Dream - Joker ~聖地へ~ ★★★ (2017-12-02 13:48:14)

佐々木健介のイメージソング
なぜジョーカーなのか?
プロレスファンに聴いてみたいですねぇ
戸谷の攻撃的なリフワークが映える勇壮な様式美ナンバー
山本朋子の中音域を駆使した逃げないロックな歌声がカッコいい


Blue Stealer - Take the Dream - Ride over ★★★ (2017-12-02 13:50:48)

スリリングなインストナンバー
こちらは小島聡の入場曲らしい
戸谷の王道からトリッキーなプレイまで堪能しましょう


Blue Stealer - Take the Dream - Take the Dream ★★★ (2017-12-02 13:44:37)

キャッチーだが勇壮なメロディが映える一曲
山本朋子は上手い歌い手だった
こじんまりとしたサウンドプロダクションが本来の魅力を殺いでいるのが残念
戸谷の挑発的なソロも印象的でしたね


Broke [n]blue - Northern Light - Back Again ★★★ (2015-03-03 12:47:18)

ちょいビターで甘美なメロディが北欧風にデコレーションされています
なつかしい北欧風AOR系のハードサウンドに癒されますね


Broke [n]blue - Northern Light - Cry for You ★★★ (2015-03-02 20:12:06)

男性Voが歌う哀メロナンバー
隠し味のピアノの音色もイイですね


Broke [n]blue - Northern Light - Enuff ★★★ (2015-03-02 20:12:57)

透明感のある北欧スタイルが懐かしいですね
叙情性と甘味を含んだあの音ですよ
胸キュンですね


Broke [n]blue - Northern Light - Heart 2 Heart ★★★ (2015-02-28 15:57:21)

他の曲よりダークな面が強調されています
やや線は細いエヴァ嬢ですが彼女の声が透明感と潤いを与え独特の感触を残します


Broke [n]blue - Northern Light - Heaven in My Hands ★★★ (2015-03-03 12:44:29)

軽やかなステップを刻むハードポップナンバー
ひんやりとした優しい風が吹きます


Broke [n]blue - Northern Light - Heavenly Beauty ★★★ (2015-03-03 12:52:42)

派手さはありませんがジンワリと響きますね
北欧ならではの透明感と叙情性が効いています
地味なんですが好きです


Broke [n]blue - Northern Light - Here She Comes ★★★ (2015-03-02 20:19:07)

ギターも前に出ていますね
ドライブ感も心地よい
歌うは男性シンガーのピーターさん


Broke [n]blue - Northern Light - I Will Be There ★★★ (2015-02-28 15:41:30)

アルバムのオープニングを飾る北欧テイスト満載の哀メロナンバー
キュンキュンと胸を締め付ける叙情的なフレーズが泣かせますね


Broke [n]blue - Northern Light - Needed to Believe ★★★ (2015-03-02 20:20:54)

甘い甘いねぇ
ソフトなロッカバラード
ザラついたハスキーヴォイスなピーターさんの歌声もハマっています


Broke [n]blue - Northern Light - Northern Light ★★ (2015-03-03 12:54:27)

乾いたカントリー調の一曲
アルバムのラストを締めくくります


Broke [n]blue - Northern Light - Oriental Eyes ★★★ (2015-03-03 12:50:48)

浮遊感のあるメロディが印象的です
ミステリアスなムードもありますね


Broke [n]blue - Northern Light - Touching Me (Tonight) ★★★ (2015-03-02 20:15:51)

小技の効いたアレンジが好きですね
ロマンティックで甘美な歌メロも印象的です
北欧の風が吹いているわ


Brunette - Rough Demos ★★ (2019-04-19 13:23:54)

このバンドは、ニール・ショーンが合流してHARDLINEとして生まれ変わった事で有名な、ジョニー&ジョーイのジョエル兄弟がメインとなり活動していたアメリカンHM/HRバンドです。

その彼らのデモ音源が正式に世に出るとは驚きでした。ダウンロード全盛の時代だから叶った出来事なのかも知れませんが、アメリカンロックマニアなら、丁度シーンの過渡期だったが為にデビューへと漕ぎ着けられなかった有望株が、実際はどんな音で勝負をしていたかは知りたいものだったでしょう。それだけに、マニア筋にとってはオフィシャルでの音源化というのは嬉しい限りでしょうね(未聴だがブート盤があるのは有名である)。

オフィシャルな形ではあるが、デモ音源を掘り越したとはいえ、かなり厳しい音質であり、正規の商品として受け止められるかは、このグループへの愛が全ての鍵を握りそうです。
そりゃ名曲『Hot Cherie』のオリジナルが聴けたりするので、マニア心を擽りますが、チョイと厳し目のデモ音源の製品化でしょうね。移り変わるミュージックシーンの中で、彼らはアメリカンロックの良心となるストレートな作風で勝負を掛けていました。夢は違う形で叶いましたが、ニールとのHARDLINEが余りのも活動期間が短かっただけに、こういう作品はありがたいですよね。
また数々の元曲が聴けると言う資料価値もマニアにとっては大切なんでしょう。


Buffalo - Ride the Beast ★★★ (2018-04-06 15:22:01)

70年代後半から80年代の頭に活動していたNWOBHMバンドのコンピレーション作。ブームに乗りシングル2枚のリリースや数多くのコンピ作などに参加。マニアの間では割と知られる哀愁系のバンドだったが、フルアルバムの声はなく知らんうちに解散のNWOBHMあるあるだったのだが、2006年にヒョッコリはんとリリースされた今作に収録されたのは、レコーディング済みだった幻の1stの音源や未発表のデモからなるものらしく参加メンバーも入り乱れての一枚だ。これもNWOBHMあるあるとも言える雑多な作りの作風なれど、未消化な音源とはいえ、当時の勢いを感じさせる荒々しい作りは、マニアの耳を存分に楽しませるもの、暗く湿ったアングラサウンドの持つ普遍的魅力に麗しのNWOBHMを感じずにはいられません。ギランサバスのようなドライブ感の高い曲もあるが、くぐもった湿り気たっぷりのダークサウンドに悶絶、びっしょびしょに濡れる叙情的なフレーズなど英国ならではの旨味をたっぷり味わえるだろう。
ちなみにこのバンドは1989年に再活動、10年後に解散、そして2012年に三度再始動を行っている現役らしいので、こういう路線の新作を聴いてみたいものです。なぜ、このバンドが日本のマニアに知られているのか、それは彼が1980年にリリースしたシングル盤のジャケットに秘密があるからです。汚い字でBUFFALOだがら猛牛と書いてあるし、レコード会社も汚いカタカナでへヴーメタルレコード(メは明らかにXみたいだしレも角ばり過ぎ)、そして極めつけたスペース狭しと立と横アンバランスな特別篇と漢字で書かれている。そのカブキっぷりが話題になったのです。


CACOPHONY - Speed Metal Symphony ★★★ (2012-07-07 22:54:21)

あのシュラプネルレーベルから1987年にリリースされたネオクラギタリストに終止符を打つような二大スター、ハワイやアロハのギタリストとして知られる日本でも馴染み深いマーティー・フリードマンと後にデイヴィッド・リー・ロスバンドに加入する不治の病に苦しむ天才ギタリスト、ジェイソン・ベッカーがメインのバンドです。正直、個人的にはやりすぎ感が満載で一品づつは美味しいのに、なにやら食べあわせを考えないで食卓に料理を並べられた気分です。鶏のから揚げにバンバンジーに親子丼、良かったらフライドチキンもどうぞ、見たいになんでこんな組み合わせにしたんだ、どれも美味しいのになぜ!と言いたくなるてんこ盛り感なんです、でもその出ずっぱりなギタープレイの凄味は素晴らしくアレンジひとつでドエライ事になっていたでしょう。そこがこのバンドの聴き所のように思いますね、Voはゲスト参加ですが曲のクオリティを上げているとは言えず残念な気持ちにさせられますが、ツインギターが奏でるテクニックに裏打ちされ埋没することのない洗練されたメロディラインの美しさには思わずため息が漏れます。とりわけ日本人ならマーティーが奏でる美しくも妖しげな和風のメロディに引き寄せられるでしょう。インストプレイの緊張感とボーカルパートの強引さが良くも悪くもシュラプネルレーベルなんだと思う一枚ですね。


CACOPHONY - Speed Metal Symphony - Burn the Ground ★★★ (2012-07-07 22:33:48)

重苦しい出だしから一転
流麗に駆け抜けるパートのカッコよさに悶絶です
Voパートの重さとインストパートの華麗さとの対比が
バンドの姿を如実に物語っている


CACOPHONY - Speed Metal Symphony - Concerto ★★★ (2012-07-07 22:30:52)

素晴らしいツインリードを堪能できますね
これぞバンドの真骨頂でしょう
上手いと言うことは素晴らしい
ドラマ性の高いインストナンバー


CACOPHONY - Speed Metal Symphony - Desert Island ★★ (2012-07-07 22:56:05)

二人の個性がぶつかりあるソロが素晴らしい
退屈なミドルナンバーに華を添えてくれますね


CACOPHONY - Speed Metal Symphony - Savage ★★★ (2012-07-07 22:23:55)

テンションの高いクラシカルなイントロ
そしてメロディアスなソロ
実は唄メロも悪くないガチガチのメタルナンバー
少々詰め込みすぎです


CACOPHONY - Speed Metal Symphony - The Ninja ★★★ (2012-07-07 22:28:52)

マーティー・フリードマンのセンスが炸裂しています
メロディアスなギタープレイに尽きますね
力みまくった歌声が評価の分かれ目
メロディはいいですよ


CACOPHONY - Speed Metal Symphony - Where My Fortune Lies ★★★ (2012-07-07 22:25:53)

スリリングなギタープレイに尽きる
メタル度の高いクラシカルな疾走ナンバー


CACTUS - Cactus ★★★ (2017-12-13 13:05:05)

Vanilla Fudgeのリズム隊だったカーマイン・アピスとティム・ボガードが、ジェフ・ベックのラブコールに応えバンド結成に動くも、ジェフの怪我でバンド結成のアイデアは頓挫。ヴォーカルにラスティ・デイとギターのジム・マッカーティを迎え、その隙間を埋めるべく結成されたのがコチラになります。ブルースのスタンダードナンバーの①からハイテンションの演奏が炸裂、豪放磊落でへヴィグルーブに負けじと、自由闊達に弾き倒すギターがとにかくクール、強靭なリズム隊に目を奪われがちだが、マッカーティのギターは実に色気と野心に溢れていてギラギラと光り輝いています。
力強いグルーブを押し出した荒々しいパフォーマンスは、インパクト大のテクニックと同じくらい強烈ですね。人に語れるほど、70年代のロックに精通してはいないが、このバンドの魅力は①に凝縮されているでしょう。


CACUMEN - Bad Widow ★★★ (2019-09-28 22:16:05)

古くは70年代から活動するドイツの老舗バンドの一つ。バンド名をなんて読むのか分かりませんが、このバンドはBonfireの前身バンドとして知られています。メンバーもまんまBonfire、そして出している音は商業的な成功に狙いを定めた極上のメジャーサウンドで勝負を掛けたBonfireとは違うが、出している音は完全に同郷の先輩Scorpionsを意識したもの、この音もある意味、メジャーに打って出て成功に近づいた音と言えるのだが、切れ味鋭いリズムプレイに、官能的なフレーズで酔わせるソロ、変化自在とも言えるギターワークと、艶のある歌声で魅了するクラウスのパフォーマンス力の高さ、どれもが一級品の出来栄えを誇っている。正直、狙い過ぎと言うか、拝借感がエグイなぁと感じる場面もチラホラあり、潔癖な方なら許せないと感じるでしょうが、欧州的な翳りのあるメロディと図太いロックサウンドが放つウネリが心地よく身体を突き上げていきます。メロディラインがハッキリとした歌メロも秀逸、真似出来るようで出来ない上手さが光ります。やったもん勝ちの心理にも似ているのだが、質の高い模倣は、違う意味で称賛に値すると思っています。


CAIN'S DINASTY - Legacy of Blood ★★ (2016-01-26 13:18:08)

国内盤は『SPIRITUAL BEAST』よりリリースされていますスペイン産のメロデイックなパワーメタルバンドの1st。頭から勇壮かつクラシカルな響きを奏で力強く疾走、その様はヒブリアやエドガイ辺りの音楽性を踏襲、分かりやすメロディと勢いに溢れる演奏、シンフォニックなアレンジがアクセントとなり叙情性をアップとマニアのハートを掴んで行くのでしょう。その後も美しい調べが胸を打つバラードからパワフルな疾走ナンバー、メロディアスだがヘヴィなミドルナンバーと一辺倒にならぬよう多彩な楽曲を用意、緩急を効かせたアレンジが随所にドラマ性を生んでいます。全般的に詰めの甘い演奏がこの手のサウンドとしては少々致命傷になりかねないなと思う面もあるし、個人的に普段は聴かない音楽で正直聴いていて恥ずかしくなるのですが、クラシカルでパワー漲るスピード感溢れる楽曲、サビで拳を振り上げシンガロングしたい、そんなスタイルの音楽が好きな人には楽しんでもらえる要素も強いかと思います。


CANCER - To the Gory End ★★ (2019-06-07 13:20:13)

インパクト大なジャケットに見入りますが、このバンドが有名なのはそれだけではない。かの有名な商業誌のレビューにて4点をつけられた有名作。しかも名物編集長が付けたもんだがら真に受ける人も続出と、まさに歴史から滅せられた一枚(次のアルバムも10点くらいだった記憶がある)、そのレビューが面白く暗に西森なんちゃらの対訳と極悪詐欺師の悪名を持つ評論家のライナーをなじったりと、詳細は覚えていないが方々に対して辛辣な内容だったと記憶しています。

当時は、本当にこういうサウンドは認めてもらえず、今の若い人なら驚きを隠せないでしょうね。今日の評価はどのようなものなのか興味はありますが、所謂、スラッシーなデス系の走りとも言え、メタルシーンが壊滅した英国からこういうサウンドが生まれてきた事に驚いています。Sepulturaあたりと比較するとグルーブ感は弱いが、スプラッター/ホラー映画に対するオマージュとも言える歌詞など、しっかりとしたコンセプトを持っており、そのアイデアを音に落とし込んでいると言うのが最大の聴きどころ。

唸りを上げる歌い手も、時には断末魔の叫びを上げながら、ささやくような死の呟きも織り交ぜ、デス系ヴォーカルのあり方を提示しているようで、ちょっと面白い。上手い下手ではなくキャラの持って生き方が面白い。
昨今のデス系のような冷ややかな感触を持たないギターも今となっては逆に新鮮に聴こえ、独特のトーンを操るのがポイント。色んな意味で、今となってはプレ○○なスタイルが新鮮です。

当時は黙殺されたデス系メタルバンドのデビュー作。多くのデス系作品をプロデュースする敏腕プロデューサー、スコット・バーンズの仕事ぶりを確認して欲しいですね。


CANDLEMASS - Ancient Dreams ★★★ (2012-06-21 16:39:10)

1988年リリースの3rd。相変わらず重く引きずるような重厚なサウンドが初期サバスを想起させます、ですがギターは初期サバスよりもメロディックなアレンジを施し印象的なフレーズを奏でそのあたりに北欧の風を肌で感じることが出来ますが、個人的にはけして走らないスローナンバーの連続に物足りなさも感じます、でもそれがこの手のバンドの魅力ではまると逃げ出せなくなる妄信的なサウンドに引き寄せられるでしょうね。メサイヤ・マコーリンの朗々とした歌唱も呪術的な作風のなかで一際輝きを放ち闇の司祭となり艶やかな漆黒の闇を照らし出します、ひたすら暗く重く、メロディアスなギターが彩を添える暗黒美レイフ・エドリングが目指す荘厳かつドラマテックな音像を体験することが出来る一枚ですね。


CANDLEMASS - Candlemass ★★ (2008-08-20 20:55:00)

80年代後半のアンダーグラウンドシーンにその名を轟かせた彼らの復活作です
テクニカルなツインギターが奏でる重厚なサウンドがヘヴィでミステリアスかつダークな世界観を見事に表し、そこに一本気ではあるが朗々としたメサイヤ・マコーリンの歌声が魔術的な魅力を発揮し独自の様式を披露している。個人的にはロニー時代のサバスにも通ずる重さと妖しいメロディがここにはあると思う。初期サバスよりもメロディアスだが重たいのだ、メロディアスなアップテンポの①があるだけでカッタルイからと敬遠して欲しくないですね。重く暗く北欧ならではのメロディが混沌となり異彩を放っている姿は不気味だが美しい、初期HM/HRの様式がここのは息づいている。僕はRAINBOW等に見られる様式美に倒錯している人間だが充分に楽しめる作品です。こんなことを言うと叱られるかも知れないが、僕の青春時代にドゥームなんて表現はなかったし突然当たり前に雑誌で引用されだしてからは若干だが抵抗があったし何故そんなに細かくジャンル分けするのかと思ったものです、故に僕には彼らはコマーシャル性等とは無縁の純度の濃い正統派のHM/HRバンドなのである。


CANDLEMASS - Candlemass - Black Dwarf ★★★ (2008-08-22 15:55:07)

重厚なアンサンブルを従え鉈の如き切れ味のギターリフがグイグイと引っ張っていきます、ガッツ溢れるミドルハイナンバー
これぞHM/HRと言いたくなる強力な一曲です
メサイヤのスッキリした唄も悪くない


CANDLEMASS - Candlemass - Seven Silver Keys ★★★ (2008-08-22 15:38:40)

シンフォニックな味わいさえ感じられる重厚なミドルナンバー
流石はCANDLEMASS威厳さえ感じられます


CANDLEMASS - Candlemass - Spellbreaker ★★★ (2008-08-22 15:45:06)

ミステリアスかつダークな北欧のサバスの名に恥じない名曲
今アルバムのハイライト的なナンバーですね
漆黒の闇が押し寄せてくる重厚なサウンドに押しつぶされそうです


CANDLEMASS - Candlemass - Witches ★★★ (2008-08-22 15:50:04)

複雑なリズムプレイが妖しく光るドラマティックなミドルナンバー強力です


CANDLEMASS - Chapter VI ★★★ (2012-06-19 21:43:38)

1992年リリースのオリジナルでは5枚目。バンドの看板とも言えるヴォーカルのメサイヤ・マーコリン が脱退、新たなるフロントマンとして迎えられたのがトーマス・ヴィクストロム。前任者との違いがそのまま音となって現れたのか、それまでのドゥーム要素は控えめにトニー・マーティン時代のサバスサウンドを想起させるスタイルへと舵をとった感じがします。より普遍的なHM/HRサウンドよりのアプローチを披露し幅を広げましたが彼ら特有のミステリアスかつダークなドラマ性は健在、重厚なギターリフも聞こえてくるしテクニカルなソロプレイとクオリティを下げることのないプレイを披露しているので安心して聞くことが出来ますね。 やや型にはめられていますが幅広いレンジを使い分け朗々と歌い上げるヴィクストロムのパフォーマンスを及第点をつけれるし個人的には大いに楽しめましたね。惜しむらくは、この暗黒の世界観を醸し出すには音質の軽さが大きくマイナス要素を生み出していることです、何か全般的に薄味で、期待をして見た映画「オーメンⅢ」のようなスケールダウン感を否めないのが残念ですね。


CANDLEMASS - Dactylis Glomerata ★★ (2012-06-19 22:06:25)

1998年リリースの再結成第一弾、ギターにはあのマイケル・アモットを迎え入れバンドの創始者であるレイフ・エドリングが目指すドゥーミーな暗黒HM/HRサウンドを披露しています。ギターが一本になった分、キーボードが目立っていますが重厚なリフワークはバンドの生命線、自身が率いるバンドではもっと目立っているのでしょうがここでは五分の一となり支えていますね。聞こえてくる音は今の時代を意識しつつも彼らが築いていたスタイルを継承しつつも新機軸を打ち出し再結成の意義を問う内容かと思います、各曲ともドラマティックでスケールの大きな展開を披露、けして走ることのないひたすらヘヴィでダークな音像に独特の感性を植えつけられますね。でも個人的には何かよそ行きでバンドのしてのまとまりのなさを感じさせるのが難点な気がします。


CANDLEMASS - Nightfall ★★★ (2012-06-21 17:10:45)

漆黒の美学を追求する男、レイフ・エドリング率いるCANDLEMASSが新たなシンガー、メサイヤ・マコーリンを加入させて作り上げた1987年リリースの2nd。貫かれる闇の宴、暗く重く引きずる重厚なサウンドは初期サバスを想起させ北欧ならでなのでしょうか、徹底的に暗く湿った音像ながらもどこか儚げな幻想的世界観を映し出し独自のスタイルを披露してくれます。この手のサウンドを飽きさせる事無く聞かせるアレンジは実に素晴らしいですね。④のような曲を聴くと顕著に彼らが示すドラマ性を猛烈に感じさせられます、中毒性の高いリフワークと劇的な構築美が織り成す世界に、初期サバスのフォワローだけに留まらない個性を感じます。甘美な陶酔感を醸し出す唄メロの美しさとマコーリンのパフォーマンスを素晴らしく闇を艶やかなに照らします。たまにはこういったサウンドを聴きBGMにはなりえない劇的なドラマを堪能したいものですね。ちなみに⑥はショパンの葬送行進曲です


CANDY - Whatever Happened to Fun ★★★ (2016-02-12 13:39:07)

後にソロシンガーに転向するカイル・ヴィンセントやガンズのギタリストとして名を馳せるギルビー・クラークがいたバンドが1985年にリリースしたアルバム。メタル系バンドと呼ぶには軟弱すぎるが、ポップスとしてバッサリ切り捨てるのはチョイと思ったいない気がします。普段ハードなモノを食している諸兄にとっては軟弱極まりないパワーポップサウンドに煮え湯を飲まされる気分を味わうこと間違いない、あまあまなバブルガムサウンドに虫歯も疼きそうですが、アメリカ人がこういうのを作りのが実に上手だ、聴かせ方も上手い、やはり文化だなこの手の音は、そう納得させられる品質の高さが一番の聴きどころ。個人的にもロックバンドとして、あまりの優等生ぶりが苦手なんですが、ドライブなど長時間の移動でハードな耳を休ませたい時などにチョイと聴きたくなるのが今作の楽しみ方です。たまにはコーラ片手に思いっきりアメリカの風を感じながら嫌みのないホンマもんのロックを楽しみたいものです。ちなみにリズム隊の二人は90年にエレクトリックエンジェルスのメンバーとして名を連ねていますよ。


CANNATA - Watching the World ★★★ (2013-05-16 11:39:21)

AOR系のプログレ風アメリカンロックバンドARC ANGELのマルチプレイヤー、ジェフ・カンナタが1993年にリリースしたソロ作。国内流通は我等がゼロ・コーポレーションでしたね。小難しい難解さなんで微塵も感じさせない透明感のあるキラキラとしたハードポップサウンドを披露、アメリカンなAOR系のHM/HRマニアなら安心して手を出せる一枚ですね。ある意味万人受けするサウンドは全体的に個性不足だし小粒な印象を感じてしまうのがメロディ重視の整合感溢れる楽曲は見事に計算され尽くされておりジェフ・カンナタのセンスと才能が極上のメロディを奏でてくれます。繊細さとハードでポップなサウンドが放つしなやかさに身を委ね、優雅なひと時を楽しみたいものです。ドライブのお供にピッタリの一枚ですね


CANNATA - Watching the World - Let It Be ★★ (2013-08-10 17:06:20)

メロディアスなスローナンバー
サックスの音色も大人ですね


CANNATA - Watching the World - Watching the World ★★ (2013-08-10 17:04:54)

大人っぽいですね
落ち着いて聴けるロックサウンドの旨味が丁度よい


CANNATA - Watching the World - When It's Love ★★ (2013-08-10 17:03:28)

爽快ですね
押さえ気味ですが全体的に纏まっています
嫌味の無い安定感のある一曲
まぁね


CANNON - Thunder and Lightning ★★★ (2019-09-04 17:34:53)

中央でフライングVを掲げるジャケも印象的なジャーマン産のメロディアスHM/HRバンドの1st。ドイツらしい生真面目さと、バブリー臭が互いに共存、硬質過ぎないがソフトになりきらないのが、ドイツ産ならではの魅力だろう。
ハードに迫るバックの演奏と、ジョー・エリオットにフォロワーとも言える唄い回し(80年代に溢れ返ったタイプの一つ)全てにおいて懐かしい空気が充満しているので、この時代を愛するマニアなら大いに楽しめるでしょう。またメタルバブルに浮かれたシーンにちょっとと思っている人には、硬軟バランスをうまくとっているので、逆にチャレンジして欲しいです。
ソフトで口当たりが良いだけではないハードさが加味されているのがポイントですからね。この手のサウンド、北欧勢ならクラシカルさやメロウさが塗されるのに、ドイツだとこうなるんだと思わせるのが個人的には面白い。


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE ★★ (2008-08-03 16:26:00)

今は無きAVEXのベアナックルから1997年にリリースされた1stアルバムを紹介します。
サバイバーのジム・ピートリックの支援を受けデビューを果たします。
故にアメリカンな哀愁のメロディアスハード路線を披露しその手のマニアなら安心して聴くことが出来ると思います。少々ハスキーな歌声は適度に湿り気を帯びており叙情的なサウンドとの相性は抜群で味わい深いものがあります。美しいボーカルハーモニーを軸に派手さは無いが堅実なギタープレイが耳馴染む良く絡み、この手のサウンドには欠かせないKEYのプレイは華やかに彩りを添えます。時代を考えると奇跡的なサウンドだし良くもデビュー出来たものだと関心しました。全般的にストレートなアメリカンロックを展開し地味な印象を受けるがSTYX,SURVIVOR,NIGHT RANGER辺りが好きな人なら聴いて損はないかと思いますよ。産業ロックとバッサリ切り捨てるのは簡単だけどこの時期になると聴きたくなりますね。爽快感たっぷりの微炭酸なノリがいいんですよー


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - CAN'T STOP ★★ (2008-08-03 16:30:17)

美しいボーカルハーモニーを活かした躍動感のあるアメリカンなハードポップナンバー爽快感溢れる佳曲です


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - HEARTACHE ★★ (2008-08-03 16:51:34)

叙情的なメロディと躍動感のあるリズムが耳を惹く哀愁のアメリカンハードなバラードタイプの佳曲です
目新しさはないが適度な湿り気を帯びた歌声がマッチしています


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - IT'S TOO LATE ★★ (2008-08-03 16:44:45)

爽快感のあるボーカルハーモニーが心地よい
王道を行く産業ロックナンバー
適度な湿り気を帯びた歌が活きてますね


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - JUST ONE TOUCH ★★ (2008-08-03 16:48:21)

王道を行くアメリカンな哀愁のパワーバラード


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - OVER YOU-OVER ME ★★ (2008-08-03 16:37:36)

仄かな哀愁が薫るハードポップナンバー


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - RIDE OF YOUR LIFE ★★ (2008-08-03 16:41:17)

王道を行くアメリカンHM/HRナンバー
スッキリしすぎだが悪くない
堅実なプレイが心地よいね


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - SHATTERED DREAMS ★★★ (2008-08-03 16:35:45)

適度に湿り気を帯びたアメリカンな哀愁のバラード
叙情的な美しいボーカルハーモニーが泣けますねー


CAPTIVE HEART - HOME OF THE BRAVE - TILL THE END ★★ (2008-08-03 16:33:33)

しっとりとしたバラードナンバー
絵に描いたような展開を披露してます


CARE OF NIGHT - Connected ★★★ (2019-01-12 15:43:52)

ドイツのAor Heavenからリリースされた記念すべき1st。北欧産の叙情派メロディアスHM/HRサウンドをAor Heavenが手掛けるんだからハズレを掴まされるわけが御座いません。期待を裏切らない展開は、テクノロジー以外でグランジやオルタナなんてブームがあったんかと錯覚させるような80年代テイスト満載の素直なサウンドは、フックに富んだ哀愁のメロディと瑞々しい北欧の風が吹く、もはや古典とも言えるスタイルを踏襲。繊細さとロックのダイナミズムさを巧みに織り込ませながら、切なさと甘美なポップセンスが両立させるブランドサウンドを余すことなく聴かせてくれます。
歌を大切にした作りながらも優しく包み込むキーボードの甘美な旋律、そしてツボを押さえた情感豊かなギター、あまりにも出来過ぎ感が強いために、大きな個性を見つける事は出来ないが、メジャー級の洗練度と完成度の高さは、デビュー作としては申し分ない出来栄えであり、聴き込む程に味わい深さも出てくる。
それにしても改めて北欧のバンドはメロディの組み立て方が上手いと再確認させられた。そりゃ国内盤がRUBICON MUSICから出たのも理解できますね。


CARE OF NIGHT - Connected - Say a Prayer ★★★ (2019-02-16 11:53:30)

美しいメロディに連発にため息が溢れます
素直に耳が喜びますよ
蒼天だなぁ


CARRIE - Secrets ★★ (2018-11-09 13:19:19)

Mad Maxを抜けたギターのウィルフリード・シュナイダーとドラムのウウェ・スタルクらが参加するバンドのデビュー作。フロントにはアネルネミ・ディンドルフなるトルコ系のドイツ人女性シンガーも据え置き、正攻法で迫る攻撃的なHM/HRサウンドを披露。オープニングが地味目の曲で始まるため肩透かしを喰らうのだが、アルバムは尻上がりにテンポアップする構成になっている。
ツインギターにキーボードもいる6人編成、それでありながらもメインストリーム寄りのポップさではなく伝統的なハードサウンドで勝負を掛けてきた姿は好感が持てますね。
アルバム一枚の短命で終わったバンド。リリースは1985年、レコード会社も閉鎖したマイナーなEarthshaker Recordsとくれば、オフィシャルな再発盤も望めないでしょうが、プロデューサーのクレジットに、あのラルフ・ヒューベルトの名前があるのに驚きです。彼のキャリアとしては、かなり初期の頃に手掛けたプロデュース作でしょうね。

硬めの歌声と、屈強なリフワーク、そして剛毅に打ち鳴らされるリズムプレイ。そこにキーボードが空間を広げる演出を施し、キメのフレーズがあるという構成。叙情性もあるし、工夫を凝らした音楽性ではあるが、やはり硬さからくる地味さは拭えない。それでも最後まで聴かせるのは多様性のある楽曲によるとことが大きい、やはり曲順は重要だ。
そういえばWARLOCKの初期の作風もこんな感じだったような気がする。


CASBAH - DINOSAURS ★★★ (2014-07-28 14:20:31)

1998年にロードランナーからリリースされた往年の名曲をセルフリメイクしたベストアルバム的要素の強い一枚。10年以上も前の入手困難な音源が復刻した事だけでも十分に買いなのだか個人的には初期の名曲ロシアンルーレットが現メンバーで聴きなおせる事に興奮しましたね。CD化に伴いガチガチのタイトプレイが、より分厚くメタリックに仕上げており、楽曲にヘヴィさとアグレッシブさを増量、一気加勢に暴れ倒しています。時にはタイトで重苦しいさすら感じさせる凄みとパンクやハードコアからの影響も強い楽曲などもあり彼らの成長ぶりが伺い知れ、凄みも増しております。一言では言い表せない、ある意味一つのスタイルにハマらない懐の深さと、直情的で媚を売らないサウンドは聴き手を選ぶかもしれませんが国産スラッシュの重鎮カスバの歴史を凝縮した一枚。スラッシュマニアを自負する方なら押さえておいた方が良いですね。


CASBAH - DINOSAURS - Death Metal ★★★ (2014-07-28 14:43:44)

ヘヴィネスさとグルーブが強調された一曲
殺気立つアグレッションと怒りに満ち溢れた
初期の代表曲ですね


CASBAH - DINOSAURS - Discharge ★★★ (2014-07-28 14:37:40)

アルバムの一曲目
強靭なグルーブを叩きつける出だしから
一気に突っ走ります
過激ならしい一曲ですね


CASBAH - DINOSAURS - LOW INTENSITY WARFARE ★★★ (2014-07-28 14:45:04)

こちらも初期の代名詞
パンキッシュな突進力がたまりません


CASBAH - DINOSAURS - Russian Roulette ★★★ (2014-07-28 14:41:18)

男気あふれるアッパーな一曲
「ダッダッダイハード」に
「ロシアンルーレット」ってギャングコーラスがたまらん
羽鳥氏のモヒカン&メイクも思い出しまよ
個人的にはカスバと言えばこの曲です


CASBAH - RUSSIAN ROULETTE ~NO POSERS ALLOWED 1985-1994 ★★★ (2019-04-30 19:12:25)

98年に初期の音源をリメイクしたアルバムをリリースした。現代的にアップデートした音質とライブで鍛錬されたリメイクは、彼らにとっても大きな意味があったろう。仕上がりに関しては賛否もあったが(低音の迫力不足を指摘する声が多い)幻の音源が世に放たれたのは嬉しかった。
後年、今度は本格的な初期の音源の掘り起こしに作品をリリース。個人的にはコピーを重ねまくったデモ音源や、アナログ盤のEPをテープに録音したものしか聴いた事がなく(当時は愛聴したものである)、当時の貴重な音源の復活劇には驚きを禁じ得ませんでした。

ライブでは多くのファンから拍手喝さいを浴びるバンド。今作にはそんな何かを突き破ろうとする熱気や凄みが充満している。リマスターされたとはいえ各段音質が向上したわけではない。それでもここには、嘘偽りのないダイハードな男達による魂を焦がすへヴィロックサウンドが存在しているだ。身体の奥底から鳴り響くへヴィなウネリ、2015年にリリースされた新作ももオーガニックなへヴィロックを奏で感心させられたが今作を改めて聴き、このバンドの本質と言うか、そのピュアな精神性は何も変わっていない事を再確認しました。好む好まざるを得ず、認められるべき本気の音がここにはありますね。

雷鳴の如く激しく暴れるリズムプレイの突破力、切れ味鋭いギターはアイデアが豊富で実に面白い。へヴィなサウンドを従えてうねりを上げる羽鳥の咆哮はフロントマンとしての重責を十分に果たしている。むしろライブの方が演奏も唄もパワフルだ。
かつて雑誌でSABBRABELLSの1stの批評で、こんなのがあった。バンドの熱さをレコーディングに落し込めないみたいな感じだったと記憶しているが、今作にも通ずるものがあるだろう。それほど、彼らのライブは熱量の高いものだ。今作を聴き、カスバは本当に意味でのライブバンドなのかもしれない。会場を包み込む熱気と一体感、あのパワーを体感したものなら、今作は彼らのポテンシャルの一部でしかない事を知っているだろう。日本が誇るダイハードなメタルバンドの初期音源集。
これほど熱いエナジーが迸っているのに、ライブの熱量に及ばないと言うのだから凄いよね。
海外の有名アクトにも引けを取らないポテンシャルと幅広い音楽性、それらを無理に型に押し込める事無く自然体で鳴らす姿に激しく共感しますね。

ありがとうディスク・ユニオンですよ。でもこういうバンドが音楽だけで飯が喰えないってのが、何とも嘆かわしいよねぇ(涙)


CASBAH - Reach out ★★★ (2015-11-14 15:04:20)

国産スラッシュメタルシーンを語る上で外す事の出来ないダイハードな男たちによる2015年リリースの彼らが辿ってきた音楽性の遍歴を総括するような濃密な一枚。これまで以上に親しみやすいメロディの導入、それらを明確に際立たせる強靭な躍動感を誇るリズムと突破力の高いリフワークは今まで以上に艶を増し、羽鳥の激烈な咆哮がグイグイと牽引しつつも聴き易くまとめ上げた今作は過去最高の出来栄えを誇るといっても過言ではないでしょう。

かつてのハードコアスタイルにも通ずるハイテンションな楽曲とは違う丹念に構成されたバラエティに富んだ楽曲も収録され、その威厳溢れる力強いパフォーマンスは昔の名前で出ています的なスタンスとは違う今の時代を生き抜く強烈なアイデンティティを誇示、ヘヴィメタルの様式を踏襲しつつも破壊的なニュアンスを駆使する様に改めてひれ伏しました。

また力任せに突進するだけではない芸の細かい演出も冴えわたり、その成果は⑤How Longや⑨のInside Me等の楽曲において顕著に表れているでしょう。モダンさも含めこうして間口も広げより深く深化した音楽性はスラッシュメタルという枠を超えヘヴィなロックサウンドを好む多くの人に訴えかけるものがあるかと思いますね。
多様性を帯びたシーンの中で、これほどオーガニックな響きを聴かせるサウンドと言うのは至極稀有な存在である。勢いだけではない羽鳥の唄は、海外のアクトと比べても引けを取らない貫禄がある。そんな羽鳥の寄り添うようにギターは感情の起伏を叫びあげる。大地を揺るがすトライバルなドラム、その大地を駆け抜ける疾風怒濤のベースはバンドの底を支え、この揺ぎ無きへヴィロックサウンドの根幹を担っています。

個人的にもまっさらな気分でキャリア云々関係なく理屈抜きに楽しめました。ロシアンルーレットの玉、全部入ってたよ。


CASBAH - Reach out - Unsung Heroes ★★★ (2019-02-16 12:06:11)

羽鳥さんの咆哮もらしさ全開
このバンドならではのタイトさとマッシブなスラッシュサウンドに悶絶
ギターソロも聴き応えたっぷり
扇情的なコーラスワークもやられた


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed ★★★ (2019-06-11 16:53:25)

聖飢魔Ⅱのギタリストとして活躍していたジェイル大橋がバンドを脱退。外国人シンガーとドラムを加え日米混合バンドとして再スタート。アメリカのキャピトルレコードを契約を交わし全米デビューを果たす記念すべき1st。

聖飢魔Ⅱ時代から、アメリカンロックからの影響の強さを楽曲やプレイからプンプンと匂わせていたが、ここで聴けるサウンドは完全にアメリカ仕様。究極のアメリカかぶれサウンドを披露、言われなければ日本人がいるとは思わない徹底した国際基準が凄い。
時代の流れもありラフでソリッドなスリージーロック路線は完全に波調が合っており、パワフルかつタイトなリズムセクションの歯切れの良さや、主役たる大橋のギターワーク、そして変化自在のヴォーカルスタイルはアクセル・ルーズにも通ずる魅力がありと、ギミックなしの本格的なアメリカンロックが楽しめる。

とは言え聖飢魔Ⅱファンにとっては本格的過ぎるし、洋楽という仕切りを持ちたがるマニアからは当然敬遠される存在となってしまった。また、このバンドは海外の活動を視野に入れていたものの、メンバー間の問題により、早急に活動は暗礁に乗り上げ、次の一手が出る事無く解散となったのも痛かった。これほどの良品が生み出せるのなら、是非とも2枚目を聴きたかったものですね。

バンド運営の難しさを体験する大橋隆、聖飢魔Ⅱ脱退後の代表作と言えば、脱退後直ぐに発売した今作を押す人も多いでしょう。勢いだけで押し切らない芸達者な活きの良いバンドサウンドも魅力ですよ。


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Bad Boys Are Back ★★ (2010-05-24 01:03:46)

単純明快ノリノリなロックナンバー


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Coast to Coast ★★★ (2010-05-24 00:56:51)

ハードにドライブする
ワイルドなロックンロールナンバー


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Every Sunrise ★★★ (2010-05-24 00:59:43)

けだるい雰囲気が良いですね
ムーディーなヘヴィバラード
この歌声も曲調にピッタリ


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Evil Angel ★★★ (2010-05-24 01:01:47)

ポップでキャッチーなL.Aメタルナンバー
小気味良いギターが印象的です
目新しさはないけど良いよね


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Heaven on a Heartbeat ★★★ (2010-05-23 04:02:52)

小気味良いギターリフが耳を惹きます
この疾走感もカッコいいです
個人的にはアルバムのハイライト


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Her Monkey ★★★ (2010-05-23 04:00:06)

ブルージーな雰囲気のあるハードロックナンバー
お約束感満載も僕は好きです


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Judas Kiss ★★ (2010-05-24 01:04:55)

ヘヴィなグルーブ感がかっこいいです
時代を感じさせるな
懐かしいですよ


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Shot Gun Sally ★★★ (2010-05-23 03:56:03)

日本人臭さを感じさせない
ノリの良いハードロックナンバー
豪快さと爽快感がカッコいいなぁ


CATS IN BOOTS - Kicked & Klawed - Tokyo Screamin' ★★★ (2010-05-24 01:06:41)

スライドーギターも印象的な
アメリカンロックナンバー
本物のグルーブ感がカッコいいよね


CAUGHT IN THE ACT - Act I: Relapse of Reason ★★ (2008-09-11 12:05:00)

1995年に今は亡きZEROコーポレーションよりリリースされた1st
適度に湿り気を帯びた叙情的なメロディが耳を惹く正統派のHM/HRバンド
派手さはないもののしっかりとしたプレイで曲を盛り立てるアレンジは素晴らしい
躍動感のあるビートを刻むリズム隊、的確なプレイで見せ場を作るギター
美旋律をより昇華させるキーボード、そしてしっとりとした哀愁のあるメロディをハスキーがかった歌声が優しく耳をなぞっていき、美しいコーラスにハーモニーと相俟って感動を呼びます聴いていて心が洗われますね。
美しいメロディを生かしたシンプルな構成に物足りなさを覚えるかもしれませんが
この躍動感溢れるリズムが華麗に舞う美旋律サウンドは一聴の価値があること思います
無名だがこういった生涯聴き続けるであろう音楽に触れるチャンスがあるからHM/HRはやめられません