この曲を聴け!
失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 4301-4400

MyPage

失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 4301-4400
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122
モバイル向きページ 


J.D.K.BAND - Falcom J.d.k.band1 ★★★ (2017-11-03 17:39:32)

伝説の国産メタルバンドMurbasのシンガーであり、日下部正則のソロやSABBRABELLSの松川純一郎らと組んだEMOTIONのシンガーとして知られる岸本友彦が中心人物となり、日本ファルコムのゲームミュージックをロックアレンジしたのがこちらの作品になります。岸本が編曲とプログラミングを兼ねているので中心人物と目されていますが、メンバーの大半はEMOTIONだし、キーボードにはHELLENの高梨康治が参加、高梨は今やサウンドクリエイターとして大成功を収める人物、ナルトやプリキャア関連で大儲け、さらにはプロレス系に、ゲームミュージックにアニメ関連、そしてアイドルまでと幅広く手掛け、会社も立ち上げ成功して良かったなぁと思いますね。
そして客演するギターは日下部正則、松川純一郎、白田一秀の三人。国産メタルマニアなら興味も惹かれるメンツが揃っていますが、リズムプレイが打ち込みということで少々軽いサウンドメイクに終始していますが、高梨の色彩豊かな鍵盤プレイの華麗な指さばきによって、そのあたりの不満も抑え込む事に成功。元々ゲームミュージックなんでと割り切って聴けば問題はないでしょうが、へヴィにガツンとくるものは少ないので、そのあたりの刺激を求める方には不満でしょうね。でも逆にアニソン系が好きな方なら存分に楽しめる要素も大きいでしょうね。高揚感のあるドラマティックな展開がテンコ盛りですからね。
ミックスの仕方がロックとしては軟弱過ぎるのが最大の問題点ですが、インストナンバーの合間に挟まれる岸本がリードシンガーと務める楽曲もポジティブな雰囲気があり、仲間を引き連れモンスター退治の旅に出たくなります。でも、岸本の抑揚のない平坦な歌が耳につくのも気になるところで、EMOTIONの作品に馴染めなかった事を思い出しましたね。
その幻のEMOTIONの長らく廃盤だったアルバムが年末に再発されるので、この機会に手を出さないと二度とチャンスは巡ってこないとは思っているのですが、個人的にはイケない雰囲気大です(笑)
しかし今作のような良質なゲームミュージックを元にアレンジを手掛ける才能のあるミュージシャンが揃っていたバンド、EMOTIONがらみの今作を聴き楽しんだロックファンには是非ともトライして頂きたいなと思います。


J.R BLACKMORE AND FRIENDS - VOICES ★★★ (2013-05-22 10:26:27)

偉大な父親を持つユルゲン・ブラックモアが放つ入魂の一枚、女性シンガーを含む6名のゲストシンガーを擁し、一本筋の通った作風を披露。勿論、父親譲りのあの様式美路線である。本人にとっては望まれるのはブラックモアだし、本人の思惑とは違うところで期待された人生は大変だったかと思いますが、ブラックモアの名前を汚すことの無い才能を披露。キーボードを巧みに使い楽曲に奥行きと広がりを持たせ自身の培ったクラシカルフレーバーもタップリな哀愁のメロディの散りばめ方も上手く見事に期待に答えている。ブラックモアの名前の下に父のアイデアを盛り込みニヤリとさせる一幕も計算されたもの、シリアスな欧州産メタルが放つ張り詰めた緊張感は最後まで持続し聞き手を飲み込んでいくでしょう。父親譲りのギターサウンドは様式美の醍醐味を存分に味わう事ができ適度な哀愁と印象的なフレージングは聞き手を魅了するのに充分。職人気質の実力派を従え様式美スタイルを明確に打ち出した楽曲は掛け値なしにカッコいいと思わせてくれる名盤と言っても差し支えない一品でしょう。


JACK STARR - Out of the Darkness ★★★ (2014-06-21 18:21:58)

VIRGIN STEELEで二枚のアルバムを残しソロに転身、今作はその第一弾で1984年リリースです。メンバーはシンガーにRIOTのレット・フォリスターを迎えバックにはRODSのメンバーと来てますからね。職人肌タイプのギタリストの組み合わせに、どんな音が飛び出すか興味は尽きないし想像力を掻き立てられます。まずはオープニングがゴリゴリのUS産正統派メタル「Concrete Warrior」からスタート(この手のサウンドを比喩する時のヒントにもなったコンクリートという言葉)むき出しのソロは流石の職人技、熱いし上手い。そのあともバラエティに富んだ内容へと仕上げてきてます。曲によってはかなり劇熱なギタープレイを聴かせ個性を発揮、エモーショナルなプレイを堪能できるメタリックでもある⑧なんかと聴くと、その印象はより高くなります。どこか成りきれない能天気なアメリカンロックナンバーを歌うレットも悪くないね。曲によっては印象もガラリと変わるバンドサウンドを貫いたソロ第一弾、トリッキーなプレイも悪くないですよ。ちなみに⑨ではレインボーでドラムを叩いていた、ゲイリー・ドリスコルの名前もあります。マニアなら食指も動きますかね。


JACK STARR'S BURNING STARR - Blaze of Glory ★★★ (2014-06-23 16:48:40)

1987年に「Jack Starr's Burning Starr」名義でリリースされた3枚目。CDとアナログでは曲がCDが2曲多く収録されています。これが当時を反映させるシャープなL.A風のサウンドで前作のようなガチガチのUS産パワーメタルを期待すると肩透かしを食らいますが③以降は盛り返します。いや無かったことになるくらいゴリゴリのスタイルに戻ります、若干前作よりは幅を広げてきたのでしょうがジャック・スターの力強いギタープレイは健在だし無骨なほどに勇ましいリズムプレイもメタリックだ。ヒロイックと言っても差し支えのないメロディもあるし硬質なパワーも失われていない、結局はなにも変わらないので安心して聴ける1枚となっています。少々強引でも弾き倒すギターとパワフルな楽曲に引き寄せられますね


JACK STARR'S BURNING STARR - Jack Starr's Burning Starr ★★★ (2014-06-23 17:17:17)

Jack Starr's Burning Starr名義による1989年リリースの4枚目。ここにきて爽快感のあるメロディアスなサウンドへと方向転換、隠しきれないメタリックなアプローチとポップセンス溢れるキャッチーな歌メロと刺激的なジャックのギターとの相性は微妙なんですが血迷った駄作と切り捨てる事は出来ないですね。ドンシャリとけたたましいドラムは健在だし良く動くベースも美味しい。抑え気味だが鋭角的なリフワークも聞こえるし基本はメタルなんだが装飾がかなりヨソいきというか、垢ぬけたサウンドへとシフトチェンジしています。所謂シュラプネル系列とも違うタイプのギタリストだっただけに自身のカラーを打ち出す方向性に迷いもあったのかもしれません。音に対するゴリゴリ感は劣りますがメロディに気を配しキーボードも使い音楽性の幅を広げた意欲作は大いに買いですよ。歌モノの中でも譲れないメタルな精神を感じますからね。


JACK STARR'S BURNING STARR - No Turning Back! ★★★ (2014-06-22 14:21:48)

こちらはJack Starr's Burning Starr名義で1986年にリリースされたアルバムです。ベースはヴァージンスティールのジョー・オライリー、Voは一時期RIOTにも加入していたハイトーン系のシンガー、マイク・ティレリらを迎え制作。正直に言いますと聴いたことあるフレーズも飛び出すし、粗挽きな演奏もあったりと気になる面は多々ありますが、ガチガチのコンクリートサウンドは健在だし、弾きまくるソロも彼本来の魅力の一つでしょう。鋭角的な音色とキレは類型的な曲の中でキラリと光を放っています。US産の正統派らしい重さと硬さを兼ね備えたサウンドも程よくエッジが立っており攻撃的だし緩急の付け方も走り方もカッコいい。やや強引すぎな展開に不自然さなんかも感じるんですが、彼の気迫と言うか勢いみたいなもんは大いに買いますし方向性を一点に集中させた音楽性も頼もしい限りである。決定打に欠けるのですが全体のクオリティは及第点を超えており、なにか一皮むければとんでもない作品になりそうな雰囲気を残しつつも結果としては所謂、パワーメタル色の強い正統派メタルで終わってしまいます。実はそこが一番愛すべき点でもあるんですがね、その姿にはマイナーリーグの打点王的な匂いがプンプンと漂い、元木留年騒動でも有名な即戦力と期待され2軍では十分すぎるほどの成績を残すも、一軍では結果を出せなかったジャイアンツの大森剛を思い出しますね。適度なスピード感と重量感、破綻しない曲作り、迷いのない方向性が生み出した純度の高い精神性が色濃く反映されたコンクリートサウンドにグッとこみ上げてくるものはあるかと思いますがいかがでしょうか?マニアなら手を出しても損はしない一品ですね


JACK STARR'S GUARDIANS OF THE FLAME - Under a Savage Sky ★★ (2018-11-13 13:33:47)

知る人ぞ知るフランス人ギタリスト、ジャック・スターの別プロジェクト。ムッチムチのガチガチなメタルギターを奏でるジャックのギターは健在。今回はエピカルな要素も増量と毎度お馴染みのテイストとは違う面を見せているのが、Guardians Of The Flame名義という事なのだろう。息詰まるようなパワー一辺倒のサウンドは聴きやすいとは言えないが、これぞメタルと呼ぶに相応しい硬質感は、USアングラメタルの一群に属するジャック・スター関連ならではの味わい。ドが付く程のメタル道は、借りもののフレーズも好意的に受け止めさせるほどの力がある。その合わせ技一本で押し切る力技に思わず笑みがこぼれますね。
オリジナルはギリシャのCult Metal Classics Recordsから2003年にリリースされた一品。それが2018年にダウンロード盤で復活、今度はポーランドのSkol Recordsからと、マニアに愛されていますよね。

癖が強いので聴き手を選びますが、スピーディーでキレはあるが、どこかぎこちないと感じさせるジャックの存在感の強さ。盟友とも呼べるネッド・メロニとジョー・ハッセルベンダーによる屈強なリズムプレイ。そこにオランダのPictureなどでシンガーを務めたサミー・アヴィガルの歌声が乗り、ファンタジックな世界観を剛毅なスタイルで演出している。
そちら方面のエピックメタルを愛するマニアなら猛烈に引き寄せられるでしょうね。一般的な感性でいくと一曲目からクドいので胃もたれしそうになるサウンドだと思います。


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW ★★ (2013-03-19 16:43:07)

1991年リリースの2nd.前作で魅せたブルースを下地とした70年代的なHM/HRを基調とした味わいにボップ性を強く打ち出した楽曲やバラードなども放り込み作風を広げる事に成功、名のあるミュージシャンが揃っているだけに出している音の説得力は大きい。もう少しダイレクトなサウンドメイクを施してくれると各自のノリノリの攻撃性も活きてくるがやや小さく纏まっている感は否めません。しかし国内向けと言えるほどJ-ROCKしていない洋楽指向が彼らの出自や本気度を伝えます。時折ハッとさせるほど滑らかなギターのフレーズを奏で独特のセンスを披露するリーダーの元ガスタンクTATSUのプレイにもますます磨きが掛かり、古くて新しい彼ら流のHM/HRを聞かせてくれます。個人的にはどうしてもVo,NIXXの歌唱スタイルのあり方が苦手でそこがイマイチのめり込めない理由となっています。ヌケの良い音と垢抜けないメジャー感が彼らの個性を際出させている今作を聴き良くも悪くも当時の日本が抱える問題を如実に表した作品だったと思います。ルックス的には絵になるカッコいいVoでしたけど後は好みの問題ですね。


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - BAD FRENDS ★★★ (2013-03-17 09:00:40)

ポップでキャッチー
そこに梅沢と恩田による重量感のあるリズムが独特の間を生み出します
ギターソロも面白いね
この曲をアルバムのオープニングに持ってくるとはアイデア勝負ですよ


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - DOWN DOWN DOWN ★★ (2013-03-18 17:15:57)

ブルージーなメロディが印象的ですね
こじんまりと纏まった感が地味目ですが雰囲気は出ています


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - JUST LIKE A WOMAN ★★★ (2013-03-18 09:03:07)

バラードタイプのムーディーなミドルナンバー
この雰囲気を演出できるバックの演奏は流石
やはり個人的には歌の噛みあわせが気になります


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - LOSE MY MIND ★★★ (2013-03-18 17:12:26)

陰鬱な影のあるメロディ
彼らにしては割とストレートなHM/HRナンバー
梅沢のドラミングも光ります


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - MEKE IT~屈託の中で… ★★ (2013-03-18 17:20:36)

ある意味、彼らの魅力を如実に語る一曲
ブルージーなアレンジとハードさが絶妙
ポップセンスもまぶし聴きやすくまとめています
あとはNIXXの相性をどう評価するかで決まるでしょうね


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - NOBODY TO BLAME ★★ (2013-03-17 09:07:37)


ズンズンと突き進むリズム隊の重たいグルーヴが心地よい
歌メロがイマイチ印象に残らず薄味
周りの盛りたてが素晴らしく
ブルージーなギターに弾きまくるソロも印象的ですね


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - RAIN ★★ (2013-03-18 17:14:32)

全体的に渋め
歌い手の好みで評価も分かれるでしょう
しっとりと聞かせるバラード
雰囲気ありますよ


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - SLAZY ANGEL (2013-03-18 17:17:24)

ポップなメロが耳を惹きますね
明るくなりきれないのが彼らの魅力か


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - 白と黒 ★★ (2013-03-18 09:05:13)

ジャジーでブルージーなHM/HRナンバー
分かりやすいサビも悪くないですね


JACKS'N'JOKER - INSIDE OUTLAW - 負け犬 FUCK THEM UP ★★ (2013-03-17 09:03:43)

へヴィでブルージーなミドルナンバー
スケールの大きさも感じさせますが
NIXXの歌が個人的にはマイナスです


JACKS'N'JOKER - JACKS'N'JOKER - AFTER RAIN ★★★ (2013-03-16 17:27:32)

垢抜けないキャッチーさが癖になります
TATUSの滑らかなギターが聴きどころ


JACKS'N'JOKER - JACKS'N'JOKER - FREEDOM LAND ★★★ (2013-03-16 17:16:16)

勢いのあるスリージーなHRナンバー
どこか陰鬱な雰囲気を待っているのが彼らの特徴
ギターも印象的なフレーズを奏でますね
リズム隊の安定感は流石です


JACKS'N'JOKER - JACKS'N'JOKER - JOKER ★★ (2013-03-16 17:19:10)

曲間を入れず前の曲と繋がる展開にLIVE感を出していますね
独特の間とメロディが個性なのでしょうが
類型的な国産ロック系シンガーのあり方に評価も分かれるのでしょう


JACKS'N'JOKER - JACKS'N'JOKER - STRAY DOG BLUES ★★ (2013-03-16 17:23:56)

ムーディーなブルースロック
90年代初頭に流行しましたね
NIXXの歌声の低音に迫力があれば良いのですが
ある種の雰囲気ものの域を抜け出せてない感が気になります
ないものネダリだね


JADE - If You're Man Enough ★★★ (2017-04-01 13:45:17)

イケ面ギタリスト、パット・ベルローズ率いるカナディアンHM/HRバンドは1985年にリリースした2nd。シンガーがスウィート・マリア・ブラック嬢に交代したのですが、声の張り艶、共に申し分ない魅力を秘めており、安定したパフォーマンスは見事にフロントマンの重責を果たしています。演奏技術は高いが録音時のバランスの悪さが足を引っ張っていて、もう少し低音域に迫力があれば、このダイナミックなカナディアンHM/HRサウンドの魅力がバチコーンと伝わるのですが、いかんせん、その辺りのツメの甘さが残念な仕上がりですね。キャッチーで耳馴染みの良いダイナミックなサウンドは、ノリの良さも手伝いシンプルに王道HM/HRのカッコよさを伝えており、聴いていて実に清々しい気分を味わえますね。豪快だが繊細なメロディを組みこみ、丁寧に作り上げた音楽性はカナダならではの味わいでしょう。全編に渡り施されたフックに富んだメロディの旨みを存分に味わってほしいですね。
根っこにある骨太さを、軽めのミックスで仕上げた事が個人的には本当に残念な気持ちになりますね。同時期活動していたカナダのメタルクィーン、リー・アーロン辺りが好きな方なら聴いて損はしないでしょう。本当に力まずとも凄みを出せるメタルバンドだと思うんだけどなぁ。ミックスが残念じゃぁ


JAG PANZER - Ample Destruction ★★★ (2012-01-16 01:37:23)

ギターにジョーイ・タフォーラを擁するUS産正統派五人組のパワーメタルバンドの1st。
VoはSATAN'S HOST でも唄っています、不安定な面も見えますがハイトーンを駆使してフロントマンの重責を見事に果たしています。ストレートな攻撃性を演出するインスト陣の踏ん張りは聴き応え充分、切れ込んでくるツインギターの調べ、派手な速弾きを披露するソロと王道を行くHM/HR路線を展開。大衆性など皆無な徹底したマイナーメタルサウンド臭も素晴らしいですね。この手のUS産パワーメタルが好きな方は押さえておいて損はしないでしょうね。


JAG PANZER - Ample Destruction - Cardiac Arrest ★★★ (2012-02-15 03:05:35)

哀愁のあるメロディが耳を惹くUS産のパワーメタルナンバー
ツインギターが弾き出すギターリフも魅力ですね
パワフルなハイトーンも決まっています


JAG PANZER - Ample Destruction - Harder Than Steel ★★★ (2012-02-15 02:55:41)

適度な疾走感と重みが絶妙です
キャッチーな感触も良い仕上がりなUS産パワーメタル


JAG PANZER - Ample Destruction - Licenced to Kill ★★★ (2012-02-15 02:49:42)

ガチガチのUS産パワーメタルナンバー
テクニカルなギターソロが印象的ですね


JAG PANZER - Ample Destruction - Reign of the Tyrants ★★ (2012-02-15 03:03:00)

メロディアスなギタープレイに耳がいきますね
パワフルかつメロディアスなミドルハイナンバー
US産ならではの硬質感もバンドの肝かな


JAG PANZER - Ample Destruction - The Crucifix ★★★ (2012-02-15 03:07:51)

7分を越える大作ナンバーです
勢い重視のUS産パワーメタルでは終わらないアレンジが見事
こうなるとシンガーの歌声に表情があるほうが良いですね
上手い演奏は安心して聴いてられますね


JAG PANZER - Ample Destruction - The Watching ★★★ (2012-02-15 02:59:28)

武骨な印象を与えます
男の哀愁溢れるメロディアスなパワーメタル
曲順的にもいいアクセントとなっています


JAG PANZER - Ample Destruction - Warfare ★★★ (2012-02-15 02:53:33)

やはり切れ込んでくるギターソロがかっこいいですね
滑らかな運指から弾き出されるギターの音色に耳がいきます
パワフルなミドルハイナンバー
アルバムの2曲目らしいです


JAG PANZER - Thane to the Throne ★★★ (2017-11-28 15:52:11)

シェイクスピアの『Macbeth』を描いたコンセプトアルバム。こういうアイデアに取り込んだのは初めてかと思いますが、3作続けてドイツのCentury Media Recordsからリリースされているだけに、既定路線とも言えるパワー漲るダークなUS産HM/HRサウンドを踏襲。17曲のうち、長短5曲のインストを挟み、ストリングスアレンジも盛り込んだりと、前作から見え始めたドラマ性を大幅に導入、しっかりとコンセプトアルバムとして纏めてきました。
ミドルレンジの重厚なへヴィロックが中心のバンドなので、キャッチーさは薄味ですが、今回のようなコンセプト作に傾倒することで楽曲にストーリー性が加わり、聴き手の興味を擽り続ける事に成功しているでしょう。
リードギターのクリス・ブロデリックのギターも押し引きを心得た濃密なプレイで聴き手を魅了しています。また、ハリー・コンクリンも悲運に満ちた狂気の盟主マクベスの悲痛なる叫びをメタルソングに乗せて歌いきっていると思いますよ。
マクベス読んだ事ないし、ストーリーも劇団新幹線で知ったようなもんですが(内野聖陽さんは鑑識官のドラマ臨場は素晴らしかったがロックを歌うのはチョイと厳しかったですね)、そもそも英詩がサッパリわからない。
なんでコンセプトアルバムは雰囲気でしか味わえないが、個人的には楽しめました。重厚なへヴィサウンドを従えたドラマ性溢れる濃厚な世界観を存分に味わいましたので、ストリングスアレンジがいい意味で濃さを薄めているのでね。


JAG PANZER - The Age of Mastery ★★★ (2017-11-27 13:02:38)

前作から1年足らずでリリースされた4th。やはりギターのジョーイ・タフォーラはいませんが、今回は新たに後にMegadethに参加する、ギター巧者のクリス・ブロデリックが初参加。その後継続するラインナップが揃う記念すべきアルバムなんですが、前作で再提示したダークでへヴィな正調US産パワーメタルサウンドを踏襲。コンパクトながらドラマ性を有した楽曲は聴き応え十分。前作よりも分かりやすい面もあったりと、クリス・ブロデリックの鮮烈なるリードプレイも相まって感触もよくなりましたね。伸びやかなハイトーンを軽く決める王道パワーメタルな疾走ナンバー②などに顕著に表れているでしょう。本国アメリカでは全く相手にされない音楽性でしょうが、欧州では需要があり活動の拠点を移すことにも成功する彼ら、剛直だが明快な方向性を貫く姿勢に共感しますね。これぞへヴィメタルな魅力に溢れているでしょう。


JAG PANZER - The Fourth Judgement ★★★ (2017-11-27 12:47:00)

1984年にThe Tyrantことハリー・コンクリンとジョーイ・タフォーラを迎え1stをリリース。強烈なハイトーンと速弾きをフューチャーしたUS産ならではの、コンクリートパワーメタルサウンドを披露、ジョーイがシュラプネル系のギタリストとして脚光を浴びた時に、このバンドもチョイとした話題になりましたが、その後、継続的な活動を続けるも軌道には乗らず、やっとの思いで1994年に2ndのリリースに漕ぎ着ける。音楽性は時代性を反映したモダンなモノと言う事でファンの期待を大きく裏切る形で失速。
 
今作はそれから3年、前作には不参加だったハリー&ジョーイが復帰してリリースされた原点回帰を高らかに告げる3rd。オープニングからヴァイオリンをフューチャーする、ダークでムーディーなミドルナンバーで幕開け、ゴロゴロを岩石が転がり落ちるが如きへヴィロックと、ドラマ性を加味した正攻法で迫ってきた姿勢に、まずは安堵。
その後も重心の低いミドルナンバーを中心に、時には感触の良い疾走ナンバーも混ぜ合わせ、男臭い勇壮なUS産パワーメタルで真っ向勝負を仕掛けてきました。
正直、この手の音楽性は日本ではウケないだろう。シンガロングしたくなるようなキャッチーなパートも、メリハリの効いたスピードメタルも彼らはやらない、しかし剛毅なるパワーメタルサウンドを聴かされると、どうしようもなくメタル魂が共鳴します。
ハリー&ジョーイが復帰した事により表現力も増し、脇を固める熟練のメンバー達の妙味によって、ドラマ性を打ち立てる事に成功しています。商業的な成功を収められなくとも、この高潔なる精神性が息づく正調US産パワーメタルの凄みに圧倒されますね。


JAGUAR - Metal X ★★★ (2016-04-14 15:03:27)

多くのスラッシュメタル勢に影響を与えたといわれる英国が生んだスピードHM/HRバンドが2014年にリリースしたアルバム。ご多分にもれず往年のスタイルを順当に引き継いだスピードHM/HRサウンドを披露。新たなる発見など幾度なくとも、このスピード感を盛りたてるガッツ溢れる演出と英国的な湿り気を帯びたメロディが絡みあう展開にマニアならずとも焦がれる面はあるかと思います。今のご時世もっと過激でスピーディーな楽曲は山ほどあるし、これのどこがスピーディーなんだと突っ込まれたな返す言葉などありませんが、タイトなリズムとエッジの効いたギターリフの心地よさ、そしてシンプルゆえに誤魔化しのきかない分、力強さと速さにこだわった展開はこのバンドならではの魅力が詰まっているでしょう。ラストに収録されている『Stormchild 2014 』は往年のデモやコンピに提供した楽曲のリメイクですね。


JAGUAR - Power Games ★★★ (2014-02-25 15:09:55)

パンキッシュなスピード感がたまらなくカッコいいNWOBHMバンドの1st。①の切れっぷりの凄味は相当なもので、走る走る走るとスピードメタルマニアならずとも身を乗り出さずにはいられないテンションの高さにグイグイと引き寄せられます。有無を言わさずに三連発のスピードメタルを叩きつけてくれるツカミもOK。④はシフトチェンジと言わんばかりにバラードを聞かせ、あんに走るだけではない姿勢を感じさせNWOBHM特有の荒々しさとの対比ともなっている。シンガーの歌い回しや楽曲構成などを聴けばTYGERS OF PAN TANGあたりと比較されても遜色のないクオリティを誇示し迷うことなくNWOBHMの代表的一枚といっても過言ではない力作です。荒々しさとスピード感、煮え切らない憂いを帯びたメロディとこの時代ならではの空気を思いっきり感じさせてくれるのも個人的には「たまらんぜぇ」なんですねぇ。バンド名ジャガーにアルバムタイトルがパワーゲーム、そのイメージを損なうことのないアグレッシブな世界観を是非とも堪能して欲しいですね。


JAGUAR - Power Games - Ain't No Fantasy ★★★ (2014-03-06 01:22:33)

メロディックなミドルナンバー
装飾過多な昨今では味わえない一曲です


JAGUAR - Power Games - Dutch Connection ★★★ (2014-03-06 01:12:14)

突っ走りますね
つんのめり気味な疾走感がたまりません


JAGUAR - Power Games - Master Game ★★★ (2014-03-06 01:16:38)

スケールの大きいパワーバラード風ナンバー
ソロパートなど聞きごたえ十分です


JAGUAR - Power Games - No Lies ★★★ (2014-03-06 01:17:55)

また走りだしますね
ランニングタイムも3分少々なんでスカッと聞けます


JAGUAR - Power Games - Out of Luck ★★★ (2014-03-06 01:13:15)

小気味いいですね
聞いていて気持ちがいいです


JAGUAR - Power Games - Prisoner ★★★ (2014-03-06 01:20:34)

英国的な雰囲気が出ていますね
この質感がNWOBHMなんですよ
攻撃的なスピードナンバー


JAGUAR - Power Games - Run for Your Life ★★★ (2014-03-06 01:18:58)

力強い歌声も決まってますね
パワフルな一曲です


JAGUAR - Power Games - The Fox ★★★ (2014-03-06 01:14:38)

こちらも慌ただしく走りますね
勢いがあります
NWOBHMな味わいがええ感じです


JAMES BYRD - James Byrd's Atlantis Rising ★★★ (2018-03-01 05:17:58)

Fifth AngelのギタリストがShrapnel Recordsからリリースした1st。ドラムはケン・メリー、ベースはQ5のエヴァン・シャレイにヴォーカルは無名のフレディ・クルミンスが参加。James Byrd's Atlantis Risingという名義で、Shrapnelでしょう。中途半端なネオクラ路線だったら、どないしようかと不安もありましたが、オープニングはどっしりと構えたメロディックなミドルナンバーで幕開け、叙情派ギタリストの面目躍如か②ではFifth Angelを彷彿とさせる疾走ナンバーを放り込み現役復帰感を猛烈にアピール(少々やり過ぎだが)、哀メロハードポップの③と流れ、Shrapnelにありがちな、やり過ぎ路線ではない事に安堵。
でもShrapnel的とも言える面もあり少々堅苦しいのだが、ジェイムスのギターも適度に前に出しつつバンドサウンドとしてしっかりと纏め上げ、彼のメロセンスを生かした叙情派アメリカンHM/HRサウンドとして仕上げています。
フォーキーなメロディも映える④、アコギを生かした泣きのバラード⑤、飛翔感のあるFifth Angelな⑥と中盤以降も工夫された楽曲が並びダレさせないのは流石、個人的には結構な頻度でFifth Angelしている事に驚くが、その方向性を指示する方なら、今作は安心して聴けるでしょうね。歌い手がもう少し柔軟に歌いこなせるタイプなら良かったが、ないものねだりですかね。
思わずグラハム・ボネット辺りが歌えばなんて思いましたよ。7分超えのインストナンバー⑨以外はすべて歌入りってのもギタリストのソロとしては接しやすく、Shrapnelといって腰が引けている方も手が出やすいのかなぁと思います。


JAMES CHRISTIAN - RUDE AWAKENING ★★ (2008-08-13 21:37:00)

元HOUSE OF LORDSのVoジェイムス・クリスチャンが1994年ZEROコーポレーションからリリースした1stソロアルバム。彼の骨太で艶のあるハスーキーな歌声をじっくりと聴かせてくれる叙情的なAORの好盤です。躍動感のあるロックなナンバーから渋いブルージーなナンバーとアメリカンな色彩の強い楽曲が収録され、歌モノが好きな方なら是非聴いてもらいたいですね。彼が歌うバラードタイプの楽曲は特にいいねぇ


JAMES CHRISTIAN - RUDE AWAKENING - BRIGHTER DAY ★★ (2008-08-15 13:56:28)

大陸的な臭いのする壮大なイメージを抱かせるバラード
ありきたりだがジェイムスの熱唱が胸に響く


JAMES CHRISTIAN - RUDE AWAKENING - DON'T START ME UP ★★ (2008-08-15 13:47:49)

グルーブ感のあるロックテイストの強いAORナンバー
ジェイムスの艶のある歌声が渋い


JAMES CHRISTIAN - RUDE AWAKENING - PLEASURE&PAIN ★★★ (2008-08-15 13:53:10)

ジェイムスが朗々と歌う様が良いですね
乾いた感じが良いアメリカンロックバラード


JAMES CHRISTIAN - RUDE AWAKENING - THE WARDEN ★★ (2008-08-15 14:02:05)

スライドギターが渋い
砂埃舞う大人のアメリカンロック
力強いジェイムスの熱唱が印象的です


JAMES CHRISTIAN - RUDE AWAKENING - WHERE DOES LOVE GONE(WHEN IT'S GONE) ★★★ (2008-08-15 13:58:12)

ゴスペル調のバラードナンバー
ピアノの音色が泣けますね
個人的には今アルバムのハイライト


JANIS IAN - 復活の日 - You Are Love (Toujours Gai, Mon Cher) ★★★ (2017-02-04 14:44:23)

小松左京原作のSF小説を角川&TBSによって映像化。監督に深作欣二、カメラマンに木村大作というラインナップを揃え挑んだ、本格派の世紀末映画。
2012年にDVDになるまで見た事も無く、駄作と知られる映画でしたが、思いのほか楽しめ、1980年に日本の映画もココまで健闘していたんだなぁと感心しましたね。そりょあ、壮大なスケールの物語を、国内の企業だけで支えるのは無理で、ハリウッドのような大資本が入らないと厳しいのでしょうが、それを差し引いても良い出来栄えでした。
映画なんて大概は見る側の協力がなければ成立しませんので、穿った見方を捨てて楽しんだものです。
その映画の主題歌として制作された曲なのですが、素晴らしいバラードで壮大な映像美を支えるのに相応しい感動を運ぶ名曲で、ジャニスの優しく語りかけるような、素直な歌い回しに感動も倍増、悲しくも優美なメロディに癒されたく今でもチョコチョコ聴きますね。


JASON BECKER - Perpetual Burn ★★★ (2014-09-02 15:18:22)

昨今はアイスバケツで話題の病魔に侵された夭折と言うのは失礼ですが、生きていてもギターが弾けない彼の事を思うと思わず口に出てしまった言葉です。17歳の若さでカコフォーニーを結成し19歳で今作をリリースするとは将来性豊かな天才ギタリストと言っても過言ではないでしょうね。デイヴィット・リースのアルバムに参加した時はいよいよ脚光を浴びる日が来たのかと将来を嘱望された矢先に病気を発症するとは本当に無念ですね。リリース当時はまさに速弾きブームとインギークローンが雨後のタケノコの如く世にはびこっていましたが、彼はそれらとは一線を画するオリジナルティと正確無比なプレイは勿論ですが、音楽的な成熟度も高くテクニックだけに埋没しないアイデアを具現化しネオクラだけではないエッセンスを持ち込んだ、オールインスト作はギタリスト以外にも楽しんでもらえる一品となっているでしょう。ともすれば粗挽きだしアイデアの詰め込み過ぎという面もあるかもしれませんが、やはり基礎出来上がったプレイヤーの超絶プレイには、思わずため息が漏れると言うものですよ。東洋的な音階を用いた①やバトルも激しい②ハイライトともいえる④とインストが苦手な人はつまみ食いで良いので聴いて欲しいですね。


JEFF PARIS - Freak Flag ★★★ (2016-10-24 14:47:07)

AVEXはBAREKNUCKLEから1998年に日本先行発売されたジェフ・パリスのソロアルバム。ソングライターとして、またソロシンガーとしてキャリアを積んでいる実力者らしく、実に洗練された歌モノロックサウンドを披露。ある意味、やり尽くされた型通りの音楽性故に、新たなる発見や興奮度は薄いでしょうが、安定感のある音は耳馴染みの良いキャッチネスさと、期待を裏切らない展開と素直なメロディ、何を聴かせ何を感じさせたいのかを明確なモノにし手練手管の職人が丁寧な作業を行った証が音となって表れていますね。ZEROコーポレーションが無くなり、そのあとを埋めるようなレーベルでしたが、イマイチ浮ついた印象があり、あまり話題にならなかったのは残念ですが、このレーベルのカタログ商品からは、意外なバンドが作品をリリースしており目の離せない魅力がありますね。


JEFF PARIS - Lucky This Time ★★★ (2018-05-06 13:21:41)

アーティストとして80年代にデビューするも成功を掴む事が出来なかったマルチプレイヤー、ジェフ・パリス。前作から6年ぶりの1993年にリリースの3rd。
オープニングからMR.BIGに提供した①で幕開けと、潜伏期間も無駄に過ごすことなくアーティストとして力を蓄えていたジェフ。今作は今まで以上にエネルギッシュな演奏をバックに、彼の逞しいエモーショナルヴォイスを全開に燃やしています。正直、声自体は個性的ではないし、○○に似ているのだが、その高いスキルは経験と修練によって磨き上げられた賜物、作風全体の熱量が上がった為、暑苦しさは増したが、フックに富んだメロディは健在、また楽曲も彼の人脈からなる共作も増え話題性も倍増と、そういったアイデアの多くが今作の熱量を上げた要因なのかもしれませんが、ソングライティング力の旨味は存分に堪能出来るでしょうね。
古き良きアメリカンロックの王道。有名な諸先輩達にも負けず劣らずの高品質サウンドで魅了しますよ。
ちなみに2ndから3rdまでの期間中に、レコーディングのお手伝いや楽曲提供を行っていたのですが、ALIASのヒットシングル『Waiting for Love』はジェフの曲ですよ。


JEFF PARIS - Race to Paradise ★★★ (2018-05-05 13:52:32)

天才マルチ・プレイヤー、ジェフ・パリスの記念すべきデビューアルバム。シンデレラのアルバムレコーディングに参加したりと下積みを経て、1986年にランス・クイン等の協力を得てデビュー。今作は日本フォノグラムのMercuryからもリリースされている通り、期待をされたアーティストでした。適度にハードなバッキングと軽やかさを演出するキーボード、そこにジェフのパンチの効いたハスキーヴォイスがスパイスとなり、甘美な哀メロナンバーにロック然とした力強さを与えています。
全編に渡りフックに富んだメロディと、本格派志向の歌モノロックサウンドはデビュー作とは思えないほど、充実しており、正にBON JOVIバブルに沸くアメリカから、苛烈なポジション争いに終止符を打つようなアーティスト登場と言える程の質の高さを保持しています。ヴォーカルオリエンテッドな作風だし、大衆性の満載のポップロックなんですが、根幹にあるのは基本のしっかりとしたバンドサウンドなんです。
時には甘く切なく、時には優美に、そして包容力のあるメロディが、多種多様な楽曲の中で息づくさまにAOR調のロックサウンド最大の旨味を感じます。90年代から2000年まで、この手のジャンルには本当にお世話になりました。毎年関係各社にお中元、お歳暮を贈りたくなるもんね。
ちなみに今作でドラムを叩くのはパット・トーピー。そしてジェフは後にMR.BIGにCDFF-Lucky This Timeを提供しています。
優れた才能を持つもヒットにつながらず、次作は国内リリースも見送られたジェフ。歌モノロックが好きな方なら安心して手を出せるクオリティを保持していますのでマニアなら要チェックでしょう。日本ではソロアーティストはルックスが良くないと厳しいのかなぁ?80年代と言えば、ミュージックライフみたいな外国人のアイドル紹介雑誌かBURRN!だからなぁ、どちらにも引っ掛かりずらいミュージシャンだったんだろうかね?売れなくて残念ですよ。


JEFF PARIS - Wired Up ★★★ (2018-05-05 13:26:47)

高いソングライティング力を誇るマルチプレイヤー、ジェフ・パリスが1987年にリリースした2nd。所謂、産業ロックと揶揄される音楽性なのですが、これがクオリティの高い楽曲が目白押し、適度にハードなバッキングの上をフックに富んだメロディが軽やかに舞い踊ります。アメリカンなんでじっとりと湿ってはいませんが、甘く切ない哀愁のメロディでギュッと抱きしめてくれますよ。
個人的には90年代に中期から2000年にかけてアホほど聴いたジャンルであり、この手の音楽性に触れてなければHM/HRに興味を失っていたかも知れません。この時期くらいから新譜に興味も薄れ、権威ある商業誌にも興味が薄れた時期だった。
そんなワタクシ自身の沈んだ時期に光を与えてくれたAOR系のハードサウンド。全編に渡り張り巡らされたメロディアスという仕掛けと、それらのアイデアを回収する手腕の鋭さ。主役たるジェフ・パリスのチョイハスキーヴォイスの熱量の高さは、軟弱に聴かせない説得力も完備、古き良きアメリカンロックを思いっきり体感させてくれる優れた一品です。
ソロアーティストして大きな成功を収められませんでしたが外部に曲を提供。今作に収められている④はVIXENに提供してヒットした事でも知られていますね。ギター、キーボード、シンガーとマルチプレイヤーで曲も書けるとい才能に溢れていたのに、運も実力の内なんだなぁと、こういう作品に触れる度に思い知らされます。
ちなみに今作でドラムを叩いているのは、あのマット・ソーラムですよ。


JEFF SCOTT SOTO - Damage Control ★★★ (2016-12-12 17:40:34)

ロック以外にも多岐にわたって、そのソウルフルな歌声を響かせているジェフ・スコット・ソートのソロアルバム。客演したギタリスト達の熱演も聴かせるが、ブルージーで野太いが繊細さも併せ持った、情感溢れる歌声は衰える事無く今なお健在という事で安心して聴けますね。かつては速弾きギタリストご用達として、その後はメロディックロック系のバンドを掛け持ちしたりと、食いつなぐ事が大変な時期もありましたが、その幅広い音楽性がロック以外でも成功する要因となり安定した生活を手に入れた事が、このような良質なロックアルバムを作りだすきっかけとなったなら大歓迎ですね。
久しぶりのメロディックHM/HRを気持ち良さそうにイキイキと歌うその姿は円熟味すら感じさせ、シーン屈指の実力派シンガーとして呼び声が高いジェフの存在感を改めて堪能しました。この手の音楽に新しい発見などありませんが、メロディックロックの総本山としてマニアから絶大な支持を受けるFrontiersの仕事には、本当に頭が下がりますね。良質な作品を量産してくれてありがたいっすよ。


JERUSALEM - Jerusalem ★★★ (2020-01-19 18:12:49)

イラン・ギランのプロデュースをうけデビューした英国の5人組。まんまDP路線を継承するようなオープニングナンバーにグイグイと惹き寄せられますが、英国ハードサウンドの系譜に連なるダイナミックなサウンドはリフを基調に積み上げ、熱量の高いエモーションを内包、その内に秘めたる熱情に火傷しそうになります。
スピーディーで過激なのに、どこかどっしりと重心構える姿勢は、ふてぶてしくも挑発的であり、のちのNWOBHMムーブメントの雛形となるスタイルを形成、さらに歯切れ内良い楽曲は音作りにも反映と、どこか粗暴な原始ロックな如き響きのおかげで、ワンパターンの出オチバンドとは一線を画す、クオリティと強烈なアイデンティティを誇示しています。
アグレッシブなリフワークから繰り出される疾走ビートの心地よさ、雄たけびを上げる歌い手の迫力、若さに負けない内包するパワー、それらが強烈なエネルギーとなり、放出されているのが印象的です。
これ一枚で終わったために、歴史に埋もれた感はあるのだが、2005年には日本盤のCD化もされ、2009年には再結成アルバムをリリースしたかれら、英国ハードサウンドマニアは勿論だが、古典ロックの凄みを味わいたい方にもおススメですね。ビックネームだけが全てではない、こういう作品に触れる度に思い知らされますね。
当時の事は知りませんが、DP同様、この作品、もっと注目されても良かったんじゃない?


JESTER'S MARCH - Beyond ★★ (2014-06-17 14:22:48)

1990年に国内はテイチクよりリリースされたジャーマンスラッシュ/パワーメタルバンドの記念すべき1st.シンガーの歌い回しが一頃は多かったジェフ・テイト風のハイトーンを駆使するスタイルを取りメロディックな喉を披露、そのスタイルを加味したドラマ性を孕んだ楽曲はクイーンズライチ風でも有り、スラッシュ由来の刻みやリズムプレイも顔を覗かせ、やや類型的ではありますがシリアスなスタイルは好感が持てますね。押し引きを得た構成に中途半端な感覚も無くもないしスリリングなフィーリングの中にあるダークさと叙情的な美しさも感じられ、より磨きがかかれば大物になる予感はありました。歌えるスラッシュ風とも言えなくないが、そこまで走らないし整合感が取れている。個人的には単純明快な曲を用意してくれれば印象も違ったように思いますが、変拍子を多用した展開が間延びしないように健闘しています。クセのあるサウンドかも知れませんがマニアにはたまらんでしょうね。


JESUS (2019-01-24 15:17:58)

TERRA ROSA DEAD ENDなどで活躍した天才ギタリスト、足立祐二がかつて在籍していたバンド。
1985年にリリースした第2弾のデモ音源『LE DERNIER SLOW』がボートラ込みで2019年の3月に待望のCD化。
よもやこんな日が訪れるとはね。SABRABELLSの復活もあったしCROWLEYにELIZAだし、梶山章も昔の曲をリメイクしたし、足立のこれでしょう。何が起こるか分からんねぇ。次はWOLFに期待だな。


JESUS - Le Dernier Slow ★★★ (2019-01-24 15:27:57)

当時関西では人気のあったインディーズバンド。今作でギターを弾くのは当時TERRA ROSAと掛け持ちしていた足立祐二。オープニングの『The Shine of Forever』は完全にTERRA ROSAの『The Endless Basis』の元曲です。
彼が参加する事で叙情性が格段に加味されたバンドサウンド。滑らかな運指から繰り出される歌心溢れるプレイの数々と、後年、天才と呼ばれ持て囃される片鱗は健在。既に確立されているといっても過言ではないでしょう。
どうしても歌い手の日本人臭が気になる人も多いでしょうが、『Farewell』インストプレイで聴けるクラシカルフレーバーたっぷりのフーガロックサウンドなど、その鮮やかなメロディにうっとりと聴き惚れてしまいます。

2019年にボートラ入りでCD化も決まった貴重な一品。結局、足立はTERRA ROSAに入るも、程なくしてDEAD ENDに強奪されてしまう運命でした。色んな意味で歴史的にも重要な作品に感じる。


JESUS - Le Dernier Slow ★★★ (2019-04-09 13:26:31)

遂に幻のデモ音源がボートラのライブ4+未発表曲のインストを新録1と5曲も追加で復活しました。ヘロヘロのデモしかもコピーしたやつを後生大事にしていたので、今回の再発は嬉しいですね。日本のバンドで、こういう掘り起こしは貴重です。復刻音源の動きがもっと活発になって欲しいなぁ。アンセム脱退後に結成されるも短命に終わった森川&清水のバンドHOLYWOODなんかも期待したいなぁ。


JESUS - Le Dernier Slow - Dark Quarters ★★★ (2019-04-09 13:38:31)

バンドのカラーを投影した叙情派様式美サウンド
何を歌っても同じ節回しの歌い手にげんなりさせられるが
鮮やかに動き回る足立のギター魅了
楽曲に色彩美を与えています


JESUS - Le Dernier Slow - Farewell ★★★ (2019-04-09 13:35:54)

べったりとした唄がない方がバンドの魅力が伝わる国産メタルあるある
華やかの足立のリードプレイ釘付け
確固たる信念とテクニックに裏打ちされたフーガサウンドは華麗にキラキラと舞い踊ります
表情豊かな音色に魅了されますよ


JESUS - Le Dernier Slow - Sahara ★★★ (2019-04-09 13:45:24)

今回のアルバム収録の為に新録した未発表インストナンバー
段違いで音質が良いのは当たり前なのだが
紆余曲折を経て辿りついた足立祐二の境地
そんな事を感じさせる芳醇な音楽性
一音一音に込められた音色に魅了されます
精魂こめて作り上げたインストナンバーは
ロックなサウンドなのに優しさに満ち溢れています


JESUS - Le Dernier Slow - Shadow of Heart ★★★ (2019-04-09 13:29:50)

日本人らしいメロディセンスと構築美
このワビサビが日本なんでしょうね
昭和歌謡テイストも国産バンドならではの味わい
懐かしい空気感が凄い
でも好きだなぁ


JESUS - Le Dernier Slow - The Shine of Forever ★★★ (2019-04-09 13:41:05)

足立がTERRA ROSAに加入して時のお土産と言われるTHE ENDLESS BASISの元曲に当たる一曲
有名なリフは何度聴いても耳に残りますね
関西メタルらしいコテコテ感も懐かしい
ヒラヒラのシャツが目に浮かぶわ


JESUS - Le Dernier Slow - こわれた時が・・・ ★★★ (2019-04-09 13:32:46)

硬軟交えた甘美なトーンを巧みに操る足立のギターに釘つけです
耳馴染みの良い懐かしのジャパニーズメタル
時折ギラリと光る鋭い感性に目を細めてしまいます


JETBOY - Damned Nation ★★★ (2020-01-17 19:40:22)

モヒカン姿もインパクト大なミッキー・フィン、ベースにサム・ヤッファもいたりと話題性はあったが、イマイチ跳ねなかったバンドの2枚目(今作リリース時にサム・ヤッファは脱退していた)。
ど派手な見た目のわりに、音楽性はかなりしっかりとしており、地に足の着いたロックサウンドで魅了。適度なハードさと重さを残したサウンド、そして個性的のはルックスだけではないミッキーのおかげで、このバンドの個性というのが明確に提示されていたのは強かった。悪っぽいダーティーさも香るが、それよりもブルージーなフレーバーとメジャー流通のロックサウンドとの配合比が絶妙に振り分けられており、能天気で終わらない男っぽさが効果的な役割を果たしている。
そして演奏や歌に人間味を感じさせたのが、人工甘味料すぎるL.A勢の違いを打ち出しているのがポイント。一瞬ではあるが、ガンズの対抗馬と目されたのは、けっして間違いではないと思わせるクオリティを誇っていますよ。


JETBOY - Damned Nation - Too Late ★★★ (2020-01-17 19:43:35)

ムード満点です
酔わせてくれますね
こういう曲を上手く料理できる技量に目を見張ります
こういう雰囲気は好きですね
甘すぎず渋すぎない売れる可能性を秘めているの一曲
売れそうで弾けなかったバンドを象徴しています


JETTBLACK - Raining Rock ★★★ (2017-03-13 13:04:45)

元気いっぱいに飛び出している音はラフでスリージーなL.A風の音だが英国出身の4人組。耳馴染みの良いキャッチネスさが懐かしい匂いを発散しているが、ヘヴィでファットな音作りはグランジ以降のロックサウンド、そこに塗されるメインストローム寄りの80年代型メタルと、ある意味ありがちなスタイルだが豪快なリズムとギタープレイ、そして鮮やかさも加味されたメロディと実に計算された作りが施されており、視聴後の爽快感は中々のお手前だ。
まずは豪快なロックアンセム『Raining rock』で幕が開き、お約束感満載だがエモーショナルなロッカバラード『Black gold』、ノリの良い疾走ナンバー、ヘヴィグルーブが心地よいミドルナンバーに、メインストリームメタルと、聴き易さを誘発する多様な音楽性を盛り込みつつも、八方美人にならぬよう、一つの方向性に纏め上げた手腕は見事。個性は無いがツギハギだらけのロックンロールで終わらないスムーズな構成力が肝、フックに富んだサビメロ、ノリのよいドライブ感、その質の高さは及第点を十分に超えたものだし、Kissin' Dynamiteタイプの質実剛健なHM/HRが好きな方なら安心して身を任せる事が出来るでしょう。


JEWEL ★★★ (2011-04-27 00:13:35)

1986年リリース東京のバンドの1st。関東のバンドだけに正統派のサウンドにコテコテ感は皆無、キャッチーさを併せ持つ良質のHM/HRサウンドを披露、ソツのない演奏とはまれば強いハイトーンシンガーを擁する本格派のバンドでした。彼らの代表曲③で見られる硬質なサウンドとキャッチーなメロディを生かしたアレンジは見事、しかし②などで見られる無理無理な歌唱が評価を下げ足を引っ張っています。けして下手なシンガーではないだけに残念でしたね、ハイトーンを駆使し伸びやかに歌い上げる姿は好感が持てるしカッコ良かった。時代は1986年、曲作りの巧さも手伝い華やかなギターソロは聴き応え充分、またパンチ力のあるリズムプレイも楽曲のテンションを下げません、もっと慎重に作りこんでくれれば良いのにコテコテ感のないサウンドはアンセム同様、気色は違うが頼もしい存在でした


JEWEL - JEWEL1 ★★★ (2011-04-28 03:56:04)

1986年リリース東京のバンドの1st。関東のバンドだけに正統派のサウンドにコテコテ感は皆無、キャッチーさを併せ持つ良質のHM/HRサウンドを披露、ソツのない演奏とはまれば強いハイトーンシンガーを擁する本格派のバンドでした。彼らの代表曲③で見られる硬質なサウンドとキャッチーなメロディを生かしたアレンジは見事、しかし②などで見られる無理無理な歌唱が評価を下げ足を引っ張っています。けして下手なシンガーではないだけに残念でしたね、ハイトーンを駆使し伸びやかに歌い上げる姿は好感が持てるしカッコ良かった。時代は1986年、曲作りの巧さも手伝い華やかなギターソロは聴き応え充分、またパンチ力のあるリズムプレイも楽曲のテンションを下げません、もっと慎重に作りこんでくれれば良いのにコテコテ感のないサウンドはアンセム同様、気色は違うが頼もしい存在でした


JEWEL - JEWEL1 - CATCH THE SHINE ★★★ (2011-04-28 03:57:33)

アルバムのオープニングナンバー
華やかなギターソロも印象的です
力強い歌声もカッコいいですね


JEWEL - JEWEL1 - WANT YOU ! ★★★ (2011-04-28 04:00:13)

彼らの代表曲
小気味いいノリの良いナンバー
伸びやかなハイトーンも決まっています
一度聴けばサビは口ずさめますキャッチーな歌メロも◎
メロディをないがしろにしない曲作りが映えますね


JILL'S PROJECT ★★ (2008-09-30 04:43:00)

元WOLFのべーシスト関勝美が音楽業界から身を潜め、売れっ子パチスロライターになっていたとは(笑)複雑な思いはありますが、それが縁で岡垣とバンドを組むのだから面白い、パチスロの企画物から始まったバンドだが色目で見る必要など皆無、どこまでも尽きることのない厳粛なフーガロックを展開、まさに様式美とはこの事だと膝を叩きたくなる壮大なサウンドに焦がれました。TERRA ROSA等に見られる初期RAINBOWの世界に倒錯したい方なら必聴でしょう、若い方にも古典落語的な解釈で向き合って欲しいねぇ
音がデカイとか速いだけがメタルのカッコよさじゃないよー


JILL'S PROJECT - Crazy Me ★★ (2008-10-14 02:39:00)

2006年にリリースされた全曲オリジナルの三曲入りマキシシングル
今回もギターはゲスト参加で①足立祐二②井之上剛③日下部BURNY正則の三名が岡垣としのぎを削っている
収録曲もわりとストレートでパワフルなアプローチでダイナミックに迫っている
勿論多彩なフレーズと鍵盤楽器を使い分け魅惑の世界を披露する岡垣のマジックぶりは健在でファンなら安心して聴くことが出来るでしょう
特筆すべきは成長著しいVo祇上養一の唄ですね深みを増した中音域を駆使しパワフルな歌唱を披露し新たな魅力を伝えてくれる
個人的にはコテコテの様式美を期待しただけにチョット物足りなさを覚えるが
次回のオリジナルフルアルバムを期待するまでのつなぎとして楽しむには問題なし
惜しむらくはドラムが打ち込みなのが残念


JILL'S PROJECT - Crazy Me - Crazy Me ★★★ (2008-10-14 02:21:12)

10分にも及ぶ大作
今回のマキシの中では最も彼ららしい様式美ナンバー
祇上の成長著しい歌声が楽曲のクオリティを上げている
ハイトーンだけではない逞しさがヘヴィサウンドの中で息づいている。それでも主役は岡垣だな


JILL'S PROJECT - Crazy Me - Defend Our Boast ★★★ (2008-10-14 02:12:29)

パワフルかつラフなイメージの強いHM/HRナンバー
メロディアスではあるが様式美色は割と薄め
勿論らしさを損なわないお約束な展開もあるので安心して聴けますね
ドラムが打ち込みってのが残念


JILL'S PROJECT - Crazy Me - Hard Poison ★★★ (2008-10-14 02:16:44)

パワフルなリズムプレイが耳を惹く疾走ナンバー
祇上の逞しさをました歌声もカッコイイですねー
中盤のソロプレイの素晴らしいこと鍵盤の魔術師岡垣の華麗なプレイを堪能出来ます


JILL'S PROJECT - Last Contract ★★ (2008-09-30 04:05:00)

元WOLFのベース関勝美とTERRA ROSAの岡垣正志が中心となり結成された正統派の様式美HM/HRバンドの記念すべき1stを紹介します
ドラムに元DANCER~HURRY SCUARYの出原卓、Voは無名の新人祇上養一にゲストとしてギターが元SNIPERの日下部BURNY正則、元TERRA ROSA足立祐二、元DANCER~D.T.Rの藤本泰司、GALACTICA PHANTOMの井之上剛が参加しています。DANCER~HURRY SCUARY~TERRA ROSAのメンバーが一緒にいるなんて、なんと贅沢なラインナップでしょう、この手の曲を知り尽くした男達が集い岡垣の作り上げた様式美サウンドを奏でるのだからたまらない、目の前に広がる中世ヨーロッパの厳かなお城の宮中で行われる舞踏会のような華やかなプレイに心を奪われます。
硬質でしなやかなサウンドと甘美なメロディの融合、隙のない壮大なスケールを感じさせるアレンジ、充実したインストパート、RAINBOW等に見られる様式美が好きな方ならたまらない内容を誇る名盤でしょう、まさにあの時代の空気そのまま現代に蘇らせたサウンドは見事としか言いようがなく寸分のブレも感じさせないほどに焦点が絞れている様は圧巻である。やや線は細いものの新人Voもベテランメンバーに臆する事無く高音域を駆使し伸びやかな歌唱を披露しバンドに溶け込んでいる、日本のバンドにありがちな歌が弱いと言う欠点もフォローしているのでは安心して聴く事が出来るでしょう、ハモンドオルガンを弾き倒しお約束な展開に持っていくアレンジも素晴らしいし、よく歌うベースにパワフルなドラムが奏でる豪快なリズムプレイ、個性むき出しのギターと全てが素晴らしいし必然性を感じさせる、2004年にこんなコテコテのサウンドが新譜として聴けるなんて幸せだなぁ、ルネッサーンスと乾杯をし地球に生まれて良かったーと叫びたく一枚です。因みに10曲中3曲はパチスロ機の音楽のアレンジで「SLOT-ISM」と言う企画物のCDに収録されている既発音源ですが、原曲を聞きたくなるぐらい恐ろしくカッコイイ曲です


JILL'S PROJECT - Last Contract - I Have the Shakes ★★ (2008-09-30 04:23:32)

TERRA ROSAのカヴァーメロディアスな様式美然としたミドルナンバー こちらのアレンジの方が好きですね
足立のギターは素晴らしいニュアンスを醸し出している
職人だなぁ


JILL'S PROJECT - Last Contract - Last Contract ★★★ (2008-10-01 03:56:14)

9分を越える大作
良質なメロディが飽きる事無く最後まで聞かせてくれます
足立祐二のギターは本当に素晴らしい
この手の様式美サウンドにおけるフィーリングは絶品です
この威厳に満ちた世界観を作り上げるメンバーシップに驚嘆あるにみ、しっかりとした枠組みの中で重厚なリズムプレイ、アクセントとなるフレーズを組み立てドラマを築き上げたキーボード、それらが一同に介しラストに向けて盛り上がる様は圧巻
アルバムのラストを飾るのに相応しいナンバーですね


JILL'S PROJECT - Last Contract - Named Astaru ★★ (2008-10-01 03:37:11)

叙情的なフレーズとキャッチャーな唄メロが良い感じです
クラシカルなソロパートも耳を惹きますね
TERRA ROSA時代を彷彿とさせるフーガロックに焦がれます


JILL'S PROJECT - Last Contract - Nobodys Allows You ★★ (2008-10-01 03:42:40)

メロディアスなミドルナンバー
ギターは藤本泰司でパチスロ機のトリビュート盤に収録されている曲です
藤本の叙情的なフレージングの数々にグッときます
DNACERとTERRA ROSAのコラボが産んだ様式美ナンバーの良心とも言うべき展開が美しい
古くて新しいサウンドに胸躍ります


JILL'S PROJECT - Last Contract - Nobodys Notices ★★★ (2008-10-01 03:48:48)

哀愁のある叙情的なメロディが疾走します
お約束な展開ですが熱いものがこみ上げてきますね
フックに富んだメロディの数々が耳をひきつけますね
藤本泰司のギタープレイは圧巻です
変体的なフレーズをいとも簡単に弾きこなしているからなぁ
クラシカルなアレンジもインギーとはまた違う
古きテイストが良いんですよ
5分越えているがクドくなっていないのも高評価


JILL'S PROJECT - Last Contract - Reach out for Something ★★★ (2008-09-30 04:19:57)

素晴らしい非の打ち所のない完璧な様式美ナンバー
厳粛な雰囲気を醸し出すキーボードによるクラシカルなイントロ
そして関を切ったように流れ込んでくる展開とお約束感満載です。トーンやプレイスタイルに拘りのある日下部BURNYのホットなギタープレイは聴いているこちらに火を着けてくれるほど情熱的だ。因みにこの曲はパチスロ機のアレンジなのですが、徹頭徹尾オーセンティックな70年代HRサウンドとなっています
それにしてもこのリズム隊は強力すぎる


JILL'S PROJECT - Last Contract - Upsurge. Unconscious ★★★ (2008-09-30 04:31:17)

パワフルなアタック感の強いミドルハイナンバー
この曲の主役はANI-KATSUこと関のベースだと思う
耳を惹き付ける硬質でしなやかなリズム隊のプレイに身体が動き出しますね
アグレッシブなギターソロを喰ってしまうくらいだからねぇ
岡垣も負けたかなぁ


JIMMY HARNEN - Can't Fight the Midnight - Boy in Love ★★★ (2016-08-09 17:49:31)

歌モノロック好きにはたまらんでしょうね
少々キーボードがうっとしいと感じますが
ジミーのパンチの効いた歌が印象に残ります
この躍動感と軽やかさにチョイと足される哀愁が好き
わりとハードに迫っているのも個人的には良かったです
ギターもベースもドラムも上手い


JIMMY HARNEN - Can't Fight the Midnight - For All the Wrong Reasons ★★★ (2016-08-09 17:48:00)

洒落てますね
ハスキーでパンチの効いた歌声も印象的です
このメロディに胸が掻き毟られるわ
サックスもエエです
それにしても洒落てるわ


JIMMY HARNEN - Can't Fight the Midnight - Where Are You Now? ★★ (2016-08-09 17:48:51)

王道ですね
ベタだわ
その脇道にそれないロッカバラードがエエわいなぁ


JODI BONGIOVI - JODI BONGIOVI ★★★ (2017-02-27 13:03:27)

ジョン・ボン・ジョヴィのいとこだったかな?BON JOVIに所縁のある女性シンガーの1stソロ。甘く切ない哀愁のハードポップサウンドと彼女の甘酸っぱい歌声との相性も良く個性不足感は否めないが初期BON JOVI路線を引き継ぐ音楽性は聴き応え十分。オープニングは散々擦り倒された名曲『Somebody To Love』を元気いっぱいもう一杯にカヴァー、ボトムの効いた②の『Jealousy』、③は仄かな哀愁が漂う甘めのハードポップナンバー『Maryanne』④はビックバラード『Keep The Light Burning』、キーボードを前面に出した⑤『Emergency』哀メロも耳に残りますがサビで明るく弾けます。とバラエティに富んだ楽曲が続くのですが、この辺りで彼女の画一的な歌い回しが気になり、また威光を借りた印象は受けるのがマイナスに働いたのでしょうが、彼女の作品は今作限りで終了。つまらん類似性を取り上げ埋もれさせるのが惜しいと思わせる一枚です。
また歌唱力も経験を積めば確実に表現力も増すもので、当時として確実にあった女人禁制なロックの世界では厳しいのかね。個人的には前半よりも後半の流れの方が好みで、ジョンの歌声も聞こえてきそうな哀メロハードポップナンバー⑥『Two Sides Of Love』、センチメンタルなメロディが耳を惹く⑦の『A Flower Can't Grow In A Shadow』ハードでワイルドな魅力を発散する⑧の『Dangerous』哀メロ具合が丁度よい、キュンキュンとさせられるね。⑨の『Freeze This Moment』などアメリカンな湿っているけど濡れていない、お得意の王道バラードですよ。ラストの⑩もジョンの声が聞こえてきそうですね。ワタクシはBON JOVIと言えば1stが一番好きなたちなので、この甘く切ないハードポップサウンドは大好物なのですが、最近はサッパリ見かけなくなったなぁ。爽やかで親しみやすいメロウな旋律、そこに弾ける微炭酸なポップフィーリングも加味された、煌びやかな叙情派ハードサウンドに癒されますね。


JODI BONGIOVI - JODI BONGIOVI - DANGEROUS ★★★ (2017-02-27 13:06:49)

ハードに迫るも潤いたっぷりな哀メロが耳を惹きますね
エエ曲です
脇の甘い歌も目をつぶって楽しみますよ


JOE LYNN TURNER - Hurry Up And Wait ★★ (2009-03-30 03:42:00)

ジョーリンターナーのルーツを辿ったような一枚
歌い手として円熟味をましたジョーの歌唱は素晴らしく
パワフルかつソウルフルな歌声に魅了されます
個人的には⑥と⑩がお気に入りです
派手さはないもののおなじみのメンバーが脇を固めソツのないプレイを披露しているのも印象的でした、地味だが渋めのHM/HRが好きな方なら楽しめるかと思いますよ


JOE LYNN TURNER - Hurry Up And Wait - Can't Face Another Night ★★★ (2008-11-25 22:21:59)

ジョーの魅力を余す事無く伝える珠玉のバラード
この手の唄を歌わしたら本当に素晴らしいパフォーマンスを披露してくれますね


JOE LYNN TURNER - Hurry Up And Wait - Game Of Rock'N'Roll ★★ (2009-03-30 03:29:24)

軽快なノリが心地よいHRナンバー
円熟味を増したジョーの歌声がカッコイイです


JOE LYNN TURNER - Hurry Up And Wait - Guilty Heart ★★ (2009-03-30 03:27:06)

ハモンドオルガンが心地よいですね
ジョーのソウルフルな歌声も印象的ですね


JOE LYNN TURNER - Hurry Up And Wait - No Room For Love ★★★ (2008-11-25 22:24:45)

パープルのアルバムに収録されたかもしれない曲
雰囲気はそのものですね
渋いメロディアスなミドルナンバー
オルガンが効いていますね
ジョーの渋みを増した歌声がまたハマってます


JOE LYNN TURNER - Hurry Up And Wait - We Will Survive ★★★ (2009-03-30 03:24:29)

ジョーのロック然としたパワフルな歌声が印象的ですね
ハツラツとしたアメリカンロックナンバー