この曲を聴け!
失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 501-600

MyPage

失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 501-600
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119
モバイル向きページ 


ANTHEM - Burning Oath - Ghost in the Flame ★★★ (2012-11-01 17:20:24)

アンセムでこういう曲を聴きたかった
メロディアスかつブルージーなミドルナンバー
唄メロがいいねぇ
ブルース色のない坂本の歌唱も問題なくはまっています
そしてオーケストレーションで幕を閉じる展開に感動しました
個人的には今作のハイライト
清水のギターも泣かせますね


ANTHEM - Burning Oath - Life and Crime ★★★ (2012-11-01 16:54:28)

アンセムらしいビートが効いています
艶のある坂本の歌声も印象的
清水作のワイルドで妖しげなミドルナンバー
カッコいいわぁ男前ですね


ANTHEM - Burning Oath - On and On ★★★ (2012-11-01 17:09:12)

仕切りなおしたある意味アルバムのオープニングナンバー
絶妙な甘さとワイルドかつハードなアンセムスタイルが貫かれている
柴田のベースも印象的ですね
計算された勢いとわかり易さが映えるアレンジセンスの妙だね


ANTHEM - Burning Oath - Unbroken Sign ★★★ (2012-11-01 17:04:00)

メロディアスかつハードな一曲
前作の流れを感じさせますね
キャッチーで扇情的なメロディが鮮烈な印象を与えてくれます


ANTHEM - Core: Best of Anthem 2000-2007 - Lady Jane ★★★ (2008-11-24 21:19:43)

メロディアスかつキャッチーなミドルナンバー
哀愁のある英三の歌声が印象的です
この甘さが彼の魅力ではないでしょうか
柴田直人さんのセンスが光る
ジャパメタチックと言われようが日本人である自分にはグッとくるものがある


ANTHEM - Domestic Booty ★★ (2007-05-12 19:13:00)

初期アンセムに戻ったかのようなヘヴィなアレンジが施された力作!益々獣性を帯びた森川の唄が負けじと対峙している事が今作を国内レベルに止まらない次元に押し上げている。若手新人ギタリスト清水もキッチリとギターを弾きこなし、柴田直人が作り上げた世界観を忠実に再現し華を添えている、流石は柴田直人に認められた男だと感心しました、インギー色が薄いのも前任者のイメージを払拭するのに一役買っている
このアルバムを日本人だからと云う理由で聞かないのはナンセンス極まりない 国内最高の戦利品ですな!


ANTHEM - Domestic Booty - Cry In The Night ★★★ (2008-05-31 15:11:26)

哀愁の歌謡メタルナンバー
何処までも熱いメタルスピリットが炸裂する佳曲です
アンセムは何をやってもHM/HRしている


ANTHEM - Domestic Booty - Devil Inside ★★★ (2007-06-29 08:24:21)

MADのカウベルが心地よく耳に響きます
森川の熱唱もカッコイイ、シャッフルナンバー
キーボードソロなんかもあり


ANTHEM - Domestic Booty - Gold & Diamonds ★★ (2007-05-12 20:15:47)

ギターリフがメチャカックいい!柴田直人にしか作れませんな


ANTHEM - Domestic Booty - Heavy Duty ★★★ (2008-05-31 15:14:02)

獣性を増した森川のアグレッシブな歌唱が素晴らしいヘヴィなミドルナンバー男臭いアンセムらしい佳曲です


ANTHEM - Domestic Booty - Mr. Genius ★★ (2007-05-12 18:57:21)

グラハムにインギーの事を皮肉った歌を唄わすなんてね 因みに中間英明に嫌味ですかって気になるわけですが… へヴィなグルーヴ感がたまらなくカッコイイです


ANTHEM - Domestic Booty - Renegade ★★★ (2007-06-30 08:14:54)

メチャくっちゃカッコイイ 森川のエグイ歌声にやられます


ANTHEM - Domestic Booty - Silent Cross ★★★ (2008-05-11 14:53:28)

壮絶な泣きを讃えたヘヴィバラード
良く歌うギターも良いが素晴らしいのは森川の絶唱です
歌詞ではとうとう人が死んでますからね


ANTHEM - Domestic Booty - The Dice Of No Mercy ★★★ (2014-03-15 18:53:56)

ムーディーでヘヴィな一曲
獣性を帯びた森川のメロディックな歌唱も素晴らしい


ANTHEM - Domestic Booty - Venom Strike ★★★ (2008-05-11 14:51:26)

ヘヴィでストロングなHM/HRナンバー
森川の力強い唄に痺れます
時代を見据えた作風がカッコイイ
モダンなイメージもするがメロディがしっかりとあり
流石は柴田さんと言いたくなる名曲です


ANTHEM - ENGRAVED ★★★ (2017-06-23 14:13:26)

2014年に電撃復帰を遂げた森川之雄擁する新生アンセムが3年ぶりにリリースした最新作。老いては益々壮んなるべしと言うにはまだ若いのかも知れないが、いい意味でのラフさやパワーだけで押し切るのではない、獣性を帯びた森川のストロングヴォイスは深みを増し、多彩な楽曲の中で、哀愁のあるメロディラインを力強く歌いあげ、ロックシンガーここにありと言った貫禄のパフォーマンスで本格的にシーンにカムバックしてきたなぁと印象付けていますね。
そして現在のアンセムサウンドを語る上で外す事の出来ないギタリスト、清水明男の貢献度も今まで以上に高い比重を占め、楽曲提供のみならず、テクニカルなプレイをサラリとねじ込みつつも、やはりメロディで魅了するプレイを心がける姿勢は貫かれており、ある意味、線も細く華のないギタリストと言われる彼だが、メロディラインや変態的なスケールの運用など、彼の個性とセンスが光り輝いております。
新生リズム隊のコンビネーションも強化、盤石のグルーブを生みだす事に成功、起承転結のハッキリとした楽曲の中で多彩なグルーブを持ちこみメリハリを見事につけます。ドラムの田丸も鬼軍曹について行くのはしんどかったでしょうね。跳ねたグルーブを面白かったです。
再結成後の活動が長く続き、ここ2、3作で感じられるマンネリズム、良く言えば柴田直人節だが、そのデジャブ感が少々気になるのが今作最大の評価を分ける要因でしょう。その中で、清水の書いたナンバーが半数近く収録される事で新たなるアンセムサウンドを印象付けてはいるが、やはり似たようなパターンの曲に引っ掛かりますね。それも高い水準をキープしての話なのですがね。
従来のアンセムメタルをより先鋭的に研ぎ澄ました最新作。森川完全復活を濃密に語る作品。強靭なアンサンブルの頂点に君臨する、歌を大切にした、叙情派メタルサウンドに、偽りも揺るぎも一切ありませんでしたね。期待を裏切らずに、新しい事を模索する姿勢は素晴らしい事ですよ。


ANTHEM - ENGRAVED - DON'T BREAK AWAY ★★ (2017-07-05 15:48:23)

今アルバムの中でもっとも鮮度が高い
清水作のポップでキャッチーなシングル向けの一曲
甘い歌を森川が歌うからロックになるんだよなぁ
懐の深い歌い手ですね
このキャッチーな歌モノロックを邪魔しない
リズムアレンジが新しい風を送っていますね


ANTHEM - ENGRAVED - ENGRAVED ★★★ (2017-07-05 15:53:15)

アンセムファンなら多くの人が感じるだろう
まるでアルバムがリスタートしたような感覚を
そんなオープニングに相応しい屈強なアンセムメタルを体感できる一曲
ガチガチに固まった構成だが憂いのあるパワーメタルソングに
お約束感満載でもたまらんモノがありますね
歌メロがエエです
森川の獣性を帯びつつも艶やかな歌声がバッチリハマっています
この曲がラストにあるのでまた最初から聴きたくなるんですよねぇ


ANTHEM - ENGRAVED - FAR AWAY ★★★ (2017-07-05 15:21:43)

森川のパフォーマンスに耳が生きますね
憂いのあるメロディが映えるわ
バッキングギターも新しい風を送っているね
個人的にはこれからアルバムが始まる印象が強い
一曲目は少々狙いすぎな青さがあるのでね


ANTHEM - ENGRAVED - FROZEN FATE ★★★ (2017-07-05 15:44:41)

清水のペンによるアンセムお得意の3連ナンバー
イントロのギターからゾクゾクとさせられますが
憂いのある泣きメロを歌いあげても
ここまで力強さを感じさせるとは流石は森川でしょう
屈曲だがダンディズム溢れた哀愁のメロディが映えるアンセムメタルに悶絶
個人的にはアルバムのハイライトです
これとラストソングをシンリジィと呼んでますよ
この手の曲をここまでカッコよく聴かせてくれるバンドをわしゃ知らんわい


ANTHEM - ENGRAVED - KEEP YOUR SPIRIT ALIVE ★★ (2017-07-05 15:24:02)

昨今のアンセムらしい疾走ナンバー
少々擦りすぎなんですがね
それでも聴かせる力技がアンセムらしい
田丸のドラミングが新しい風を送っていますね


ANTHEM - ENGRAVED - LINKAGE ★★ (2017-07-05 15:27:52)

OVERLORDに収録されていそうな
アンセム節満載のヘヴィなミドルナンバー
色気のある森川の歌い回しもマッチしてますね


ANTHEM - ENGRAVED - MIDNIGHT GROWL ★★ (2017-07-05 15:30:14)

清水のペンによるアンセムらしさ全開の一曲
キャッチーでメロディックなコード進行なのに妖しさが光るのが面白いです


ANTHEM - ENGRAVED - PAINT MYSELF ★★ (2017-07-05 15:39:06)

こちらもお約束感満載の一曲
屈強なリズムプレイもさることながらギターも
細部に渡りキマッている
完全にキメにきているね
素晴らしい演奏力です
テクノロジーに頼らない生身の迫力を感じます


ANTHEM - ENGRAVED - REACTIVE DESIRE ★★★ (2017-07-05 15:32:48)

粘り腰のリズムプレイが印象的です
森川は何を歌っても上手いね
メロディに一工夫も二工夫も手を加えているが嬉しいですね


ANTHEM - ENGRAVED - SACRED TRACE ★★★ (2017-07-05 15:35:34)

泣きメロ満載の清水作らしいインストナンバー
それでありながらも屈強なアンセムメタルを体感できる感覚に囚われるアレンジが素晴らしい


ANTHEM - ENGRAVED - THE ARTERY SONG ★★ (2017-07-05 15:17:25)

田丸のアタッキーなドラムに耳が生きますね
ポップでキャッチーな一曲
甘口で憂いのあるメロディを森川が歌う事で成立させていますね
ロックシンガーここにありっと雄弁に語るパフォーマンスに感服です


ANTHEM - Eternal Warrior ★★ (2007-12-04 06:00:00)

徹頭徹尾ヘヴィなアルバムを作ると宣言した事はある名盤です。重厚なアンサンブルの上に良質なメロディが熱く燃え上がるアンセム流様式美の世界の一つがこれでしょう。確信的な①メロディアスなアンセム流様式美の②キャッチャーな③英国的な④英三の泣きの歌唱が素晴らしい、更にはヘヴィなバラード⑥ノリの良い⑦等名曲が収録されています。ラスト2曲が違えばアルバムの印象がまた変わっていたのでしょう。今作で聴ける本間のヘヴィで正確なショットを叩き出すドラミングに驚いた!本間なくして今作はあり得ないでしょう。


ANTHEM - Eternal Warrior - Bleeding ★★ (2008-11-24 21:24:04)

ノリの良いキャッチーなアンセム流ロックンロールナンバー


ANTHEM - Eternal Warrior - Distress ★★★ (2007-06-30 08:03:26)

哀愁のナンバーです ギターソロがすごくいい
まさにdistressと言いたくなるほど情感たっぷりに聴かせてくれます アンセムのバラードの中ではこの曲が一番好き


ANTHEM - Eternal Warrior - Eternal Warrior ★★ (2008-11-24 21:21:57)

ノリの良いメロディアスかつハードな疾走ナンバー
サビは口ずさみたくなりますね


ANTHEM - Eternal Warrior - Life Goes On ★★★ (2007-06-29 08:28:23)

マイケル・シェンカー風の曲です
アンセムにしては叙情的ですね。ギターも泣いてますが
ここは坂本英三の哀愁漂うサビの熱唱に泣きたいですね


ANTHEM - Eternal Warrior - Omega Man ★★★ (2007-06-30 08:07:56)

清水のインストナンバーではこの曲が一番好きです


ANTHEM - Eternal Warrior - Onslaught ★★★ (2007-05-12 19:42:31)

確信犯なリフ、でもめちゃくちゃカッコイイです!
ヒロ本間の殺人的なドラムに脱帽!清水のギターソロも
汗が吹き出るほど熱い これがメタルでしょメタル


ANTHEM - Eternal Warrior - Soul Cry ★★★ (2007-06-02 17:00:01)

リズムアレンジが憎いねぇ!
シンプルだからこそごまかしがきかない
男気溢れる英三の歌が聞ける名曲です!


ANTHEM - Grieve of Heart(シングル) - Can't Get Away ★★★ (2007-06-02 17:47:06)

哀愁のあるナンバーです!
詩もいいんだよなぁ ギターソロも
メロディアスでカッコイイ
英三のいい意味での甘さのある歌に
酔いしれてくださいませ


ANTHEM - Gypsy Ways ★★ (2007-05-12 19:33:00)

フロントマンだった坂本英三脱退の危機を乗り越え制作された起死回生
柴田直人のポテンシャルの高さを見せ付けた一枚!唄をメインに見据えたアレンジ、歌えるシンガーを手に入れたからこそ出来たアレンジが光ります。中音域が英三に似た感じに出来上がったのはクリスのせい?当時①の歌詞に感傷的になりましたよ(涙)
かつてRAINBOWがメンバーチェンジに伴いより高みを望み洗練された孤高の世界へと足を踏み入れたような崇高な理念が息づく今作はHM/HR史上に燦然と輝く名盤です


ANTHEM - Gypsy Ways - Bad Habits Die Hard ★★ (2008-04-05 04:57:20)

英詩によるヘヴィなミドルナンバー
ムーディーな雰囲気がクセになりますね


ANTHEM - Gypsy Ways - Cryin' Heart ★★★ (2007-11-20 10:30:04)

日本人的メロディと熱くほとばしる情熱が昇華されたアンセム流様式美ナンバー。これもグラハムバージョンの方が好き、キッチリ弾いているギターソロがカッコイイので


ANTHEM - Gypsy Ways - Final Risk ★★ (2007-05-12 19:47:17)

福田洋也のペンによる迸る情熱が燃え上がるアメリカンテイストのあるミドルナンバー
森川の説得力溢れる歌声があればこその光る


ANTHEM - Gypsy Ways - Gypsy Ways (Win, Lose or Draw) ★★★ (2007-05-11 20:16:56)

Gソロのオブリガードに悶絶!この曲から強力なアンサンブルを土台に森川の歌が頂点に立つとゆう!アンセムの世界が始まったのである。


ANTHEM - Gypsy Ways - Legal Killing ★★★ (2014-03-15 18:41:46)

メロディアスな歌唱も様になっていますね
奥深い一曲ですよ
パワフルさと哀愁具合も絶妙なミドルナンバー
隠れた名曲です


ANTHEM - Gypsy Ways - Love in Vain ★★★ (2007-05-12 18:51:15)

このソロはリメイク版の方が断然カッコイイ!さすがは柴田直人に認められた男だなと思いました。清水のリッチー、シェンカーしてないところが良いのかな?でも柴田さんって血液型パープルって感じなんだけど… 苦しみは口移しで♪って所がグッときますな


ANTHEM - Gypsy Ways - Midnight Sun ★★★ (2008-04-05 05:00:12)

哀愁のあるヘヴィなミドルナンバー
パワフルな森川の唄がなければ成立しない曲です
新メンバーを従えアンセムの目指すスケールの大きさが伺えますね


ANTHEM - Gypsy Ways - Night Stalker ★★★ (2007-05-11 20:25:18)

ブラックサバスばりのカッコいいギターリフが魅力の一曲です!サビの歌メロにもグッとくるでしょう ベースラインも魅力てきで説得力ある森川の唄がなければ成立しないナンバーです


ANTHEM - Gypsy Ways - Shout It Out! ★★ (2008-04-05 15:41:30)

ストレートでキャッチャーなナンバー
それでありながらも力強さを失わない佳曲です


ANTHEM - Gypsy Ways - Silent Child ★★ (2008-04-06 15:24:42)

哀愁に満ちたメロディアスなHM/HRナンバー
甘口な雰囲気の中にある森川のパワフルな歌唱がカッコイイです


ANTHEM - HERALDIC DEVICE ★★★ (2011-07-09 01:57:47)

前作の流れを組むアルバムですね。オープニングナンバーのイントロには驚きましたがアンセムらしい新しい名曲で幕が明けます。どの曲もフックに富んだメロディを配したサビを用意し一聴して耳馴染みよくスッと入ってきます。柴田直人のベースプレイは相変わらずバンドの核となり鮮烈な印象を与えてくれます、本間の強靭なドラミングも健在、アンセムサウンドを支える一翼を完全に担っています。器用なギタリスト清水の存在あって今のアンセムか独特のスケールが凡庸のギタリストとは違います、フレージングも冴えていますね。メタリック然としたサウンドに甘さを感じさせてくれる灼熱のVo坂本英三なくして今作は仕上がらなかったでしょう。彼の歌声がロックであり新機軸を打ち出した作風の中で生きている。何をしてアンセムかで評価も分かれるのでしょうが、Keyのクレジットが高浜祐輔であることが懐かしいくもあり、この手のサウンドにマッチしています。今の日本の音楽シーンを見渡し正攻法で切り崩して行く事の出来る名盤でしょう。メタルに興味のない人にも聴いてほしいアンセムらしい名盤です


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - BLIND ALLEY ★★★ (2011-07-09 02:01:19)

アンセムらしい重さを残した
キャッチーなナンバー
ジョー・リン・ターナーが歌いそうな曲ですが
アンセム風味で満載です
坂本英三もロックしていますね
さらっと仕上げた感はあるけど本当は凄いよね
このタッチでこのハードさは


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - CODE OF THE SILENCE ★★★ (2011-07-09 02:03:57)

アンセムらしさ全開のメタリックさと
メロディアスなギタープレイが印象的です
ソロも熱い
ある意味アンセムたる名インストナンバー


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - CONTAGIOUS ★★ (2011-07-09 02:14:46)

アンセム色の濃度がハンパないですね
サビメロのキャッチーさは秀逸です
新鮮味は薄いけどね


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - IN THE DEAD OF NIGHT ★★★ (2011-07-09 02:32:34)

どことなくミステリアスな雰囲気が漂うミドルナンバー
坂本英三の唄もカッコいい
今までにないタイプのナンバー
中盤のインストプレイがカッコいいんだよね
中毒性の高い一曲


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - LIVING PROOF ★★★ (2011-07-09 02:28:00)

アンセムらしい重量感を損なわない
躍動感溢れるミドルナンバー
ヘヴィなサウンドに負けない
坂本英三の力強い歌声は見事です
タフネスなリズム隊のプレイは見事
実に心地よいグルーブを叩き出しています


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - REMAINS ★★★ (2011-07-09 02:25:07)

唄メロが良いですね
今までにないアンセムの曲ですが
坂本英三の歌声がイキイキとしています
清水のメロディアスなギターも印象的でした


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - ROCKBOUND ★★★ (2011-07-09 02:19:32)

アンセムお得意の三連符
ガッツィーな一曲ですね
男前です
ズンズンと破壊力満点で迫ってきます
無駄に重くないのが良い


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - THE SIGN ★★★ (2011-07-09 02:13:04)

カッコいいねぇ
再結成アンセムだからこその
メロディアスな正統派のHM/HRナンバー
自分の中にある大和魂な感性が
こういう曲が聴きたくてメタルを聴いていますと言っています
Keyがメインリフなんて大胆ですね
でも100%アンセムなアルバムのオープニングナンバー


ANTHEM - HERALDIC DEVICE - WAYFARING MAN ★★★ (2011-07-09 02:06:01)


胸を締め付ける切ない哀愁のサビメロが全て
ギターソロはリッチー風に仕上げているのが面白い
メロディアスなミドルナンバー


ANTHEM - Heavy Metal Anthem ★★ (2007-05-12 20:19:00)

しかしグラハムって凄いおっさんだなぁ 肌着一枚でステージに立とうがおかまいなしだよ。もう一枚企画モノとしてカバーアルバムを作ってください!初期に曲も聞きたい!!


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Blinded Pain ★★★ (2014-10-24 14:56:49)

清水のギターがイイね
物語のある素晴らしいプレイでした
エンディングの弾き倒しも好きです
グラハムらしい解釈を加えた渾身の歌声も単なる企画モノの域を超える出来栄え
ワビサビよりもパンチの効いた仕上がりになってますかね


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Cryin' Heart ★★★ (2014-10-24 14:43:32)

清水のセンスが爆発する一曲
細部に渡り原曲を損なわぬようアレンジが加えられ
よりドラマ性を高めています
特にオブリガードの多用は素晴らしい
ソロ前のシャウトにグラハムの気合いを感じますね


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Evil Touch ★★★ (2014-10-24 14:25:29)

福田と清水のフレーズの違いが面白い
派手なアームプレイはないからね
清水らしい丁寧なプレイで魅了します
オブリガードの挟み方とか新鮮だしね


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Gypsy Ways (Win, Lose or Draw) ★★★ (2014-10-24 14:22:55)

アンセムのギターになりかけた斎藤和正がギターを弾いています。
ソロではオリジナルより丁寧に弾きよりメロディアスに
あのシーケンス・フレーズも強調されていますね
海外のファンの間でも、グラハムがここまでガチンコのメタルを歌う様が話題になったとか?
改めて森川の凄みも伝わる新旧の魅力を体験できる入魂のオープニング


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Hungry Soul ★★★ (2014-10-24 14:51:19)

本間が叩いているのでフィルの入り方などイメージは変わらぬとも違いますね
伸びやかなグラハムの歌声も見事
ギターは概ね変わりませんがソロの入り方やキメのフレーズは違います
グラハムの歌も含めアレンジの違いを楽しむ仕上がりが面白い
それにしても森川って凄いな


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Hunting Time ★★★ (2014-10-24 14:46:45)

イントロにキーボードを持ちこみましたね
完成された楽曲に手を加える要素など皆無
歌メロもそのまんま
ピッキング・ハーモニクスを絡めたソロは清水ならでは
キッチリと弾いていますね
グラハムのロングトーン一発も素敵です


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Midnight Sun ★★★ (2014-10-24 14:31:26)

テンポも下がりオリジナルよりもヘヴィさが増量
グラハムのストロングヴォイスにはゾクゾクさせられますね
サビメロもメロディックになりました
清水のソロも美しい
アルバム全体に言える事ですが極力リバーブを押さえた生々しいサウンドがイキイキとしています


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Mr. Genius ★★★ (2014-10-24 14:38:22)

斎藤のギターはソロ以外オリジナルに忠実な一曲
歌詞の意味も含めグラハムにピッタリの曲ですね
ここまでヘヴィな正統派メタルを歌うグラハムって色んな意味で凄い事です


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - Show Must Go On! ★★★ (2014-10-24 14:27:50)

随所にアレンジが加えられていますね
ソロもガラッと変わりました
何気にドラムのフィルの違いが好きです
オリジナルよりも逞しい仕上がりが印象的でした


ANTHEM - Heavy Metal Anthem - The Juggler ★★★ (2014-10-24 14:35:39)

LIVEヴァージョン的なノリが出ていますね
ベースの音が大きくなり美味しいフレーズも強調
イントロのKeyがなくなりコンパクトになりましたが
清水がソロでは掛け合いのソロを聴かせ新たなる風を送っています


ANTHEM - Hunting Time ★★ (2007-05-12 19:27:00)

アンセムが目指した完成形の一つです!表現力が増した森川の熱を帯びた歌声がなければ成立しないアルバム、楽曲も洗練され無駄を廃した渾身の力作ばかり、シンセも大胆に導入の①や大作の②の流れは鳥肌もの、ラストを飾るパンキッシュなナンバーまで捨て曲なしの名盤へとなっている。脂の乗り切ったメンバーシップが奏でる黄金のラインナップによる熱演もアンセムたる魅力に満ち溢れている
これが売れないからメンバーチェンジに解散となるんだよね


ANTHEM - Hunting Time - Are You Ready? ★★★ (2007-05-20 19:54:13)

ゴールドのジャケットのベスト盤に入ってました。
わたくしポイントを貯めて未発表のシングル欲しさに
買ったんですねぇ… でもこの曲好きですよー キーボードが印象的、後は森川の熱唱ですね!!森川無しには成立しないナンバーです。ライブでやったことあるのかな?


ANTHEM - Hunting Time - Bottle Bottom ★★ (2007-06-02 17:41:41)

アルバムを閉めるにふさわしい
パンキッシュなナンバーです!
アンセムらしい重量感には欠けるけど
ぼくは好きです!!


ANTHEM - Hunting Time - Evil Touch ★★ (2008-04-08 17:19:26)

アグレッシブなミドルハイなナンバー
グラハム・ボネット顔負けの森川の熱唱も
熱いビートを刻むインスト陣のプレイも全てが
熱い名曲です


ANTHEM - Hunting Time - Hunting Time ★★★ (2007-05-11 22:35:53)

リフ、メロ、構成、文句無しの名曲です!これが日本人だから評価されないなんて理解出来ない


ANTHEM - Hunting Time - Jail Break (Goin' for Broke) ★★ (2008-04-11 17:13:40)

メロディアスな唄メロを力強く歌う森川の歌唱にゾクゾクさせられます。アンセムらしい熱い正統派のHM/HRナンバー


ANTHEM - Hunting Time - Let Your Heart Beat ★★★ (2007-05-11 20:50:01)

アンセム流哀愁のHM/HRナンバー
福田洋也のギターがイマイチ泣けないのが残念


ANTHEM - Hunting Time - Sleepless Night ★★★ (2007-06-29 08:38:02)

ライブ感のある名曲です! 森川のギターソロ後の熱唱に痺れます


ANTHEM - Hunting Time - Tears for the Lovers ★★★ (2007-05-12 18:44:30)

森川の歌がいいですね! ベースラインにも注目ですよ にしてもMADって


ANTHEM - Immortal ★★ (2007-05-12 19:18:00)

捨て曲無しの名盤です!曲順も素晴らしいし!!メタルなら黙って一度聞いてみろ。
森川だの英三だのくだらない議論を挟ませない、今のアンセムを伝える国宝級の一枚ですな


ANTHEM - Immortal - Betrayer ★★★ (2007-06-30 07:54:52)

アルバムのハイライトでは!バンドの一体感となった
グルーブ感がたまらなくカッコイイです
並みのバンドには出来ない曲ですよ


ANTHEM - Immortal - Echoes in the Dark ★★★ (2007-05-11 21:54:41)

サビの歌メロが印象的なナンバーです!妖しい雰囲気からパッと明るくなるところが素敵 坂本英三の歌もいいですね このポップセンスが彼の個性なのかも?


ANTHEM - Immortal - Freak Out ★★★ (2009-09-27 00:51:25)

ヘヴィなミドルナンバー
坂本英三のハードな歌唱がカッコいいですね
歌メロも秀逸です
流石は柴田直人師匠ですね
アレンジも憎いですよ
シンプルだが良いものは良い


ANTHEM - Immortal - Ignite ★★★ (2009-09-27 00:48:20)

グルーブ感たっぷりノリノリのミドルナンバー
サビメロのキャッチーさにグッときますね
アルバムの中である意味一番好きな曲かも知れません


ANTHEM - Immortal - Immortal Bind ★★★ (2009-09-27 00:42:23)

ヘヴィでアグレッシブなナンバー
それでいながらも哀愁のあるメロディとサビメロのキャッチーさとアンセムらしい名曲です、パワフルさと甘さを生かした坂本英三の唄も堂に入っています。本間のドラミングの凄さにひれ伏しますね。ガッツ溢れるアルバムのオープニングを飾るのに相応


ANTHEM - Immortal - Mob Groove ★★★ (2009-09-27 00:44:23)

アレンジが憎いですね
よく練られた楽曲です
メロディアスなミドルハイナンバー
キーボードが効果的ですね


ANTHEM - Immortal - Soul Motor ★★ (2007-05-11 20:53:40)

彼らの言う「大人げない」一曲でしょう でも大人にしかできないアレンジがにくいですね


ANTHEM - Immortal - The Beginning ★★★ (2007-06-30 07:50:39)

日本人の琴線に触れるでしょ さらっとこういうナンバーを
やってくれるとは ファンとしてはうれしいですね
ソロ前の英三ハンサムマンの泣きの歌唱に胸キュンです
ギターソロもメロディアスで泣けます


ANTHEM - Immortal - Unknown World ★★ (2007-06-30 08:06:39)

清水のバッキングが好き


ANTHEM - Last Anthem ★★ (2007-07-31 04:42:00)

発売当時は非常に感傷的な気分で前向きに聞けなかった
相変わらずMADは走りまくっているし しかし初期のナンバーを
歌う森川とキッチリとソロを弾く清水のプレイには耳が言った
荒削りだが森川の唄は凄いと思う
少なくとも渋谷公会堂で見たときよりは良かった


ANTHEM - Live' Melt Down ★★ (2008-04-05 14:51:00)

ヘヴィメタルバンドANTHEMの魅力を凝縮した自らが示すHM/HRとは何たるかを見事に再現している渾身のライブアルバム
何故このメンバーでなければダメなのかを提示してくれた力作です
音質も良いしプレイも熱いし素晴らしい演奏を堪能することが出来ます



ANTHEM - NUCLEUS ★★★ (2019-03-29 21:43:43)

過去の作品も海外でリリースされていた実績はあるのだが、今回のような海外主導の形でリリースされるのが初めてとなる、アンセムの本格的な海外戦略第一弾アルバム。内容はリメイク作となるのだが、全編英詩に変更した事で印象がガラリと変わった。
ただの英詩ではなく外国人に通用する英詩と言うのが重要なのである。収まるべくして復帰した森川が、坂本英三時代の曲を中心に再結成以降の楽曲を手掛けたのも斬新なアイデアであり、個人的にはグラハム・ボネットと作ったアルバムと一曲も被っていないのが嬉しい。

オープニングナンバーから印象が変わった感が強いのだが、その印象は②で一気に加速、森川もライブで歌い込んだ曲を新たに英詩で歌いなおすと言うのは、かなりの難業だったと推察出来る。それでなくとも坂本英三による渾身の歌入れを取り直すのだ。ましてや、森川の得意なキーで無いものもあったはずである、そんな中でも円熟味を帯びたストロングヴォイスは、源曲のイメージを損なうことなく新たなる解釈を加え、口の肥えたファンの不満を力ずくで抑え込む事に成功しているだろう。
やはり印象に残るのは自分の歌入れのリメイクだ。これに関しては、英詩になっても十分に対応しており、流石は森川と言いたくなるパフォーマンスで見事、期待に応えてくれている。

演奏に関しては概ね元曲に忠実に演奏されており、大きな違いを感じる部分は少ない。勿論ギターソロやフレージングなどライブで叩き上げた部分を反映しているだろうし、リズムプレイも本間から田丸へ変更しているだけに、グルーブの違いと言うのはある。特に⑥など、本間の叩きだすグルーブを掴むのは困難だったろう。スローナンバーだが、⑦も本間独特のタイム感があり、意外と再現するのが難しい。若いドラマーが自分の流儀を持ち込み、オリジナルの味を損なわずプレイすると言うのは難業だったに違いあるまい。
テクニックはあるが、イマイチ華のないギタリスト、清水もプロフェッサーぶりを今作で遺憾なく発揮。独特のスケールの運用や、難解なフレージングを構築するセンス、それでいて癖のないメロディセンスで酔わせるのだから圧巻だ。もっと我儘に振る舞うことも出来るはずなのに、バンドの一部となり柴田直人の求めるギタリスト像を遂行する姿は、職人であり天才と呼んでもオーバーに聴こえないのが清水の魅力であり、アンセムサウンドを支える逸材である事を強く印象付けている。

強烈な挨拶代わりのリメイクベスト、今作が海外でどのような評価を受けるか興味は尽きない。④のような青春歌謡ロックは新鮮に聴こえるのか?②で聴けるメロセンスは日本人ならではのセンスだと思うが、海外ではどのように受け止められるのか?海外のダイハードなメタルマニアの反響が楽しみだ。

残念ながら多くの大御所達は過去の財産にすがり、アイデアをコスリ倒し食い潰す末期症状に陥っているバンドが多い。そんな中で今だ、現役感を誇示するアンセム、その確固たる信念こそが世界に通ずる魅力なんだと思う。それだけに次の新作がどのような展開をするか楽しみである。また外国人に通じない英語と日本語を交えた歌で勝負するのか、ここは本格的な英詩に取り込み、思い出作りではない本気の勝負を掛けるのか、次の一手に期待が膨らみますね。


ANTHEM - NUCLEUS - Awake ★★★ (2019-03-29 22:04:45)

アンセムお得意のパワフルな3連ナンバー。個人的にも大好物な一曲であり、この曲を森川で聴けるのは嬉しい。
メロディアスかつパワフルなミドルナンバーに負けない森川の歌唱力の高さ。
元曲に忠実であればこそ、余計にその部分が強く響き渡ります。このリメイクは大歓迎ですよ。


ANTHEM - NUCLEUS - Black Empire ★★★ (2019-03-31 13:03:29)

これも坂本英三のベストテイクと呼ばれる歌入れが聴けた一曲。完全なる英詩になった事でガラリと印象が変わった。
抑え気味で唄う森川の艶やかな歌声も今まで以上にグッと胸に響いてくる。アンセムのメロディアスサイドを代表する名曲。
広がりのある展開は高いドラマ性を有している。正にブラックエンパイヤという世界観を見事に演出しているだろう。


ANTHEM - NUCLEUS - Echoes in the Dark ★★★ (2019-03-30 12:50:38)

この曲に関しては坂本英三がベストテイクと言える歌入れをしていただけに好みも分かれるでしょうね。
森川の哀愁を纏ったストロングヴォイスが新たなる息吹を与えた。
ミックスの違いも効いてる。そのおかげで各パートが鮮明になった。
ギターソロもエンディングの方は変わりましたね。
この曲に限らず日本を代表するメタルシンガーのヴァージョン違いを楽しめるのが今作最大の楽しみだろう。


ANTHEM - NUCLEUS - Eternal Warrior ★★★ (2019-03-30 12:45:03)

ミックスの違いが曲の印象を変えている。新生リズム隊のプレイも悪くないがオリジナルを聴きすぎた為に違和感はある。
リメイクとして現在のスタイルを反映させたニューヴァージョンは聴き比べの楽しみもあり意味のある楽曲だ。
森川の唄も英詩も無理なくハマり、楽曲の魅力を倍増させている。流石は森川ですね。


ANTHEM - NUCLEUS - Ghost in the Flame ★★★ (2019-03-29 22:09:58)

森川もブルージーなシンガーではないのが深みのある歌い回しで酔わせてくれる。
清水のギターも新たなる解釈を加えているが元が凄かったので、大きな驚きはない。
アンセムのカタログでは異色のブルースロック、エンディングで聴ける新たなるギターソロからオーケストレーションも印象的だ。
主役は清水の泣かせのエモーショナルなギター、そして森川の艶のある唄も、また主役である。


ANTHEM - NUCLEUS - Immortal Bind ★★★ (2019-03-31 12:59:09)

アルバムのオープニングに相応しいタイトで勢いのある一曲。アグレッシブなドラムも耳を惹くが、貫禄たっぷりの森川節が一段も二段も上のステージへ押し上げている。こうあるべき姿に落ち着いたと言える仕上がりだ。


ANTHEM - NUCLEUS - Linkage ★★★ (2019-03-30 12:40:28)

近々にリリースされた楽曲のリメイク。ミックスが変わった事で深みと瑞々しいが増した。
オリジナルよりも若干テンポを落とした事でズッシリと重みも増したのも正解。
英詩もすんなりハマり、こちらのヴァージョンの方がらしさを感じさせる。


ANTHEM - NUCLEUS - Omega Man ★★★ (2019-03-30 12:53:27)

個人的にはアンセムのインストナンバーの中で一番好きな曲です。
計算された清水の緻密なギタープレイの数々、高いドラマ性を有したインストナンバーの再録です。
改めて本間は偉大なドラマーだったなぁ。


ANTHEM - NUCLEUS - Overload ★★★ (2019-03-29 21:54:46)

オリジナルでは坂本英三がかなり粗めの歌入れを行っていた。
過酷なレコーディングの精だったのか体調不良だったのかは分からないが、少々気になる仕上がりだった。
ここではその不満が解消され楽曲の魅力が倍増された。
泣かせのギターソロもグッと響いてきますよ。
森川の唄によって生まれ変わった曲なのだが、ミキシングを担当したイェンスの手腕も大きいだろう。
ギターもファットになり逞しさも加わった。あらゆる面でリメイクして大正解の一曲。
全般的にキュッと締めあげメリハリが付いているも印象的。これこそOVERLOADなんでしょうね。


ANTHEM - NUCLEUS - Pain ★★★ (2019-03-31 12:55:16)

このメロディセンスはジャーマンでも北欧でもない日本だろう、海外のメタルヘッズにどう届くのか興味がありますね。
憂いのあるメロディが優しく抱きしめてくれる、キャッチーな疾走ナンバー。英詩になった事でよりスマートに聴こえる。