この曲を聴け!
失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 7401-7500

MyPage

失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 7401-7500
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119
モバイル向きページ 


SABER TIGER - Agitation ★★ (2009-04-10 02:15:00)

1994年リリースの2ndアルバム
ヘヴィでダークな世界観に統一されたサウンドは聴き応えがあり、確かに他のアルバムとでは異質な感覚を受けるが久保田陽子のフックに富んだ唄メロの素晴らしさ、御大木下にも負けないプレイと存在感でバンドを支えている田中康治と五人編成ならではの旨味を感じさせてくれるアレンジは見事としか言いようがなく聴き手を魅了します。サーベル節と言えば良いのか複雑なリズムの絡みと扇情的なフレージングで涙を誘うギター、憂いのあるメロディの数々に打ちのめされますね。この本格的なヘヴィサウンドに負けじと対峙している久保田陽子のパフォーマンスは目を見張るものがある、彼女の存在なくしては成し得なかった今作は正統派のHM/HRを愛する方なら無視できないクオリティかと思いますよ


SABER TIGER - Agitation - Nightless Quarters ★★★ (2009-04-10 02:20:39)

サーベル流哀愁のパワーバラード
憂いを帯びた久保田陽子の歌唱に泣かされますね
女性らしい繊細さも素晴らしいですね
勿論ツインギターの絡みも素晴らしく
泣きのギターに胸が掻き毟られますね
味わい深い一曲です
個人的には今アルバムのハイライト
音質云々で埋もれては困る名曲ですね


SABER TIGER - Agitation - Ominous Silent ★★ (2009-04-10 02:31:42)

叙情的なフレーズとヘヴィナスさの加減が絶妙です
久保田のフックに富んだメロディをしっとりと歌い上げる様がなんとも印象的です
サーベルらしい癖のある展開もカッコイイですね
即効性は薄いが味わい深い一曲ですな


SABER TIGER - Agitation - Priority in Your Mind ★★★ (2009-04-10 02:23:49)

キャッチーなメロディが耳を惹きますね
田中マシーン康治氏のペンになるメロディアスなHM/HRナンバー
扇情的なギターと久保田の唄メロのセンスが実を結んだ名曲ですね。ギターソロもカッコイイなぁ


SABER TIGER - Agitation - Risky Talkin ★★★ (2009-04-10 02:27:58)

複雑なリズムプレイがカッコイイ
刻みまくりなギターも良いねぇ
この癖のあるナンバーにこれだけ分かり易い歌メロを乗せた久保田陽子のセンスに脱帽です
サビメロに胸キュンですね
日本最強のツインギターのハモリもカッコイイ


SABER TIGER - Brain Drain ★★ (2008-11-02 22:29:00)

プロジェクトワンでのツアーからのメンバーである下山武徳と磯田良雄にかつての盟友である三瓶朋大が参加して制作された待望のニューアルバム。叙情性を兼ね備えた重量感のあるヘヴィなサウンドに絡む木下の紡ぎだす豊潤なフレーズと構築美に惹きつけられます。特筆すべきは下山の歌声でガッツ溢れるパワフルかつ伸びやかな喉を披露しバンドの推進力となり、今までよりも一段も二段も高いステージへと押し上げている。LIVEでもフェイクする事無く歌いきる彼の姿はサーベルタイガーのフロントマンとして相応しい逸材だった。タイトなドラミングを轟かせる磯田に三瓶師匠のルート弾きのみならずデミニッシュスケール等も多用しグルーブ感のあるベースプレイもカッコ良かったし今作は実にサーベルタイガーらしい質実剛健とした爽快なHM/HRアルバムである


SABER TIGER - Brain Drain - Chaos and Order ★★★ (2008-11-01 20:46:54)

タイトなリズムから弾き出されるグルーブ感が好き
メロディアスな歌メロも耳を惹きますね
地味だが個人的にはグッとくるものがある
木下には下山のような逸材が必要だ


SABER TIGER - Brain Drain - Distress ★★★ (2008-10-31 22:23:36)

サーベル流パワーバラード
パワー一辺倒ではない柔軟な歌声を披露する下山の表現力の高さに唸ります
御大木下師匠の泣き具合も素晴らしい
アルバムのラストを飾るのに相応しい名曲です


SABER TIGER - Brain Drain - First Class Fool ★★★ (2007-06-23 00:27:51)

LIVEにて下山兄貴のMC「バカで上等だぁ~」は痺れましたなぁ
北の凶獣が牙をむいた第一弾アルバムのオープニングに相応しい名曲だ


SABER TIGER - Brain Drain - Money ★★★ (2008-10-31 22:20:22)

サーベルらしい引っ掛かりのあるリズムがクセになります
MONEYのコーラスには口ずさまずにはいられません
扇情的なソロプレイも火がつきますね
下山の表現力を素晴らしい
ヘヴィなサウンドに埋もれる事無く互角に張り合えるシンガーは国内を見渡すと皆無である


SABER TIGER - Brain Drain - Sense of Guilt ★★ (2008-10-31 22:26:35)

サーベルお得意の三連
叙情的なイントロのフレーズが耳を惹きます
もう一盛り上がりあればなおよし


SABER TIGER - Brain Drain - Two Dimensional Sky ★★★ (2008-10-31 22:30:28)

サーベルらしい一癖も二癖もあるリズムプレイが耳を惹きます
躍動感のあるリズムプレイも素晴らしいし下山のパワフルな歌声もバンドの推進力となり強烈なパフォーマンスを披露
徐々に盛り上がっていきサビで爆発する様に思わずガッツポーズが出ました
ノリの良い疾走ナンバーも簡単に聴かせないのが彼らの流儀か


SABER TIGER - Brain Drain - Unreasonable Power ★★ (2008-11-01 20:50:59)

地味なミドルナンバーだが下山のストロングな歌唱がパワフルな楽曲に負ける事無く噛み付いている様がなんともカッコイイ


SABER TIGER - Brain Drain - You'd Better Cry Alone ★★★ (2008-11-01 20:43:43)

小気味の良いリズムプレイが心地よいですね
メロディも良いしリフも耳に残る
LIVE映えする佳曲です


SABER TIGER - Bystander EFFECT(Expanded Edition) ★★★ (2018-08-31 13:38:38)

結成当初から世界を目指していたと言われているが、その動きが顕著になったのは下山が復帰してからだろう。海外への働き掛けも行い2013年にアメリカ、2016年には今作の基のアルバムを引っ提げ韓国、オランダへと向かった。そんな成果が表れたのかヨーロッパ各地に販売網を持つと言われるリトアニアのSliptrick Recordsと契約を行い。Bystander EFFECTに収録されていた日本語詩の歌を英詩に変え録り直し&新曲1+ボートラ3曲収録で2018年に再リリースを計りました。
聴き馴染みの曲が英詩になることで印象も変わりましたが、今作のリリースに伴い6月にロシア、ウクライナ、ラトビア、リトアニアに渡りツアーを行ったニュースにも驚きました。今でもライブではしんどそうな木下御大。体調も気になりますが、念願の海外活動の足がかりを作れたのは本当に良かったです。下山体制初の日本語詩が収録されたアルバムだっただけに、方向性を見つめ直したと思った矢先の海外活動でしたので、感慨もひとしおでしたね。まずはおめでとうと言いたいです。

01. Dying Breed
02. Sin Eater
03. Act Of Heroism
04. Dreadout
05. One Last Time
06. Just-World Hypothesis
07. What I Used To Be
08. Shameless
09. An Endless End: Another Time
10. Devastation Trail
11. Afterglow
12. Ship Of Theseus (新曲)
13. First Class Fool(リ・レコーディング)
14. Sin Eater (2013 Demo)
15. What I Used To Be (2013 Demo)

近年のアルバムにはなかった充実したメロディ、そのフックに富んだ歌メロは耳馴染みも良く、簡単に口ずさめるほど印象に残るものでした。キメキメのテクニカルな演奏、その対比がバランスよく配合され最大の売りが海外でウケたのなら、彼らの狙いは大成果だったと言う事です。

既に10月に新作『OBSCURE DIVERSITY 』のリリースをアナウンスしている彼ら、今回はSliptrick Recordsからも同時に発売ですからね。今作を聴き改めて彼らからの朗報を楽しみにしています。


SABER TIGER - Bystander Effect ★★★ (2017-07-08 15:22:40)

恩讐を乗り越え御大木下昭仁の元に再結集を果たした下山とマシーンさん、その後の活動が順風満帆かと言えば、そうではなかったと思いますが、海外活動を視野に入れ再度結成されたバンドサウンドは新たなる高みを目指し、その難解なプレイの数々は今まで以上に研ぎ澄まされたと言っても過言ではないが、今作は日本語詩を導入したように、より分かりやすい面も今まで以上に強調されており、思わずサビで大合唱を呼ぶような親しみやすさとフックに富んだメロディ、そして扇情的なフレージングの旨みを引き立てるが如く、コンパクトに纏め上げた楽曲の中で牙を剥く揺るぎなき攻撃性、その相反する両面を見事に際立たせ、過去最高に親しみやすさを擁する今作の方向性は賢明だし実に明確な目標を掲げ的を得て仕上げてきたなぁと感心しましたね。
幾度の無く解散の危機にさらされても歩みを止めなかった御大木下の屈強な意思、その頑固なまでの音楽性は時代にそぐわない面を多々あったでしょう、商業ベースに乗る事の難しさ、たび重なるメンバーチェンジと自身の身に降りかかった生命に関わる大病、今でもLIVEではシンドそうですが(MCの長い下山のせいなのかもしれない)、世界戦略を掲げ、昨今は精力的に海外でもLIVEを行う彼ら、今作のようなライトリスナーの耳にも止まるような親しみやすさと、従来のファンを満足させるテクニカルなサーベルサウンドを叩きつけてくる枯渇しないセンスに改めて脱帽です。

かつて脱退前の下山兄貴がMCでもうMABOROSHIはやらない、みたいな事を突然ファンの前で言い、もの凄く御大は驚きの表情を見せていたなぁと記憶しています、それが関係あるのか、程なく袖を分けた両者、今、この音楽性ならMABOROSHIのようなクラシックソングは必要でしょう。個人的にサーベル最強のシンガーは下山と疑う余地もないし、御大とマシーンさんによるツインギターは国内最強だと思っている、残された時間を考えると、このメンツが瓦解する事無く、最後まで突き進んで欲しいですね。アンセム同様、国内正統派メタルの牙城を守る生き証人のようなバンドですから。
そしてわしゃ今年も見に行くぞHAMMER BALLを!!


SABER TIGER - Bystander Effect - An Endless End ★★★ (2017-07-08 15:39:53)

サーベルタイガー必殺のバラード
兄貴の絶唱も胸打つが
一音一音に魂を込めて紡がれるギタープレイに悶絶です
水野の頑張りましたね


SABER TIGER - Bystander Effect - Sin Eater ★★★ (2017-07-08 15:34:00)

こういうアプローチに新しさを感じますね
兄貴は器用に歌いますよ
サビに向かってドンドンとメロディックに向かうとは
流石のサーベル節ですよ
ストレートな曲調ではありますがキメのフレーズがもたらす心地よさ
そして我を張るソロプレイの対比を楽しんでもらいたいですね
ヘヴィメタルしているけど親しみやすさに余念が無いアレンジが心憎いです


SABER TIGER - Bystander Effect - 輪廻 ★★★ (2017-07-08 15:01:12)

サーベルらしいキメのフレーズのカッコよさ
高いスキルを擁するバンドサウンドにかぶりつきで引き寄せられます
キャッチーな歌メロも耳に残りますね
新規開拓ですね


SABER TIGER - Decisive ★★★ (2011-08-08 03:26:34)

ハードギア+サーベル+ダブルディーラーなのかな、Bの木本以外はつながりのある北海道人脈が至高のHM/HRサウンドを叩きつけてくれています。メロディをないがしろにしない繊細なギターを奏でる御大木下氏がバンドの要、ANGELさん叫さんと来て下山が復帰となる今作には並々ならぬ期待とらしくない方向へ傾く不安がありましたが、2曲3曲と聴き進むにつれ不安は払拭されましたね。今の時代を生き抜く骨太なサウンドと扇情的なメロディ、タフでいながらフックに富んだアレンジが憎い。今の時流では不要といわれようがツインギターが繰り出すテクニカルな演出は聴き手を掴んでは離さないでしょう。下山のVoも聴き易くまとめ上げ、彼ならではのパワフルさと情念を残しつつもキレイに纏めています。これなら暑苦しいとは言われないでしょう。やや低音に迫力が足りない気がしますが複雑な展開が魅力のサーベルサウンドが堪能出来ます。アグレッシブかつメロディアスでヘヴィ、こういったサウンドが示す美味しいところが見事に詰め込まれ過去最高作と言っても過言ではないでしょう、北の凶獣の復活に賛辞を送るのは同郷のよしみではありません。時代を生き抜く剛直正統派HM/HRバンドの本気に触れて欲しいですね。でもこれで成功しなかったらと思うと困りますね。


SABER TIGER - Decisive - Angel of Wrath ★★★ (2011-09-06 10:25:46)

メロディアスかつキャッチーにまとめ上げています
それでいながらも従来の攻撃性を失わない名曲
らしさ全開のサーベル流HM/HRナンバー


SABER TIGER - Decisive - At the Front ★★★ (2011-12-22 05:56:48)

今までにないメロディの構成が面白い
サビにいくまでにいくつも山場があるような気がします
ツインギターもメロディアスに煽り立てるね
攻撃的なリズム隊も◎


SABER TIGER - Decisive - Defying Gravity ★★★ (2011-08-08 03:37:29)

叫さん時代からある曲ですね
音質もグッと良くなり迫力も増しました
下山の獰猛な歌い方がパワフルさに拍車を掛けています
ガッツィなリズム隊もカッコいいね


SABER TIGER - Decisive - Painted Red ★★★ (2011-12-22 06:00:50)

懐かしい感じがしますね
サーベル節炸裂のメロディアスな疾走ナンバー
御大の手がけた楽曲と思いきや
マシーンさんだったんですね
分かり易く聴き易いのが好きです
充分すぎるくらい複雑だけどね


SABER TIGER - Decisive - Reminiscence ★★★ (2011-12-22 06:03:02)

ベテランバンドならではの味わいと重みか
説得力溢れる名演が胸を打ちますね
流石です
この悲壮感はそうは出せないよ


SABER TIGER - Decisive - The Hammer ★★★ (2011-12-22 05:55:13)

刻んでいますね
サーベルらしいプログレッシブな展開も妙です
ガッツ溢れるサーベル流HM/HRナンバー


SABER TIGER - Hate Crime ★★★ (2012-10-16 20:18:49)

未発表曲を収録した3曲入りの先行シングルに4曲入りのLIVE映像とメイキングを収録したDVDもついてくる2枚組みのシングル。DVD映像もいいですが、かつてのサーベルらしい未発表曲③が最大のききどころでなないでしょうか、インギーのNEVER DIEっぽいイントロから雪崩れ込むように突き進みし、サビメロの高揚感とフックに富んだメロディがグイグイと引き寄せます。日本人的なアプローチの楽曲だし海外を目指す彼らにとっては国内向けのボーナスとの位置づけでしょうが個人的には好きなタイプの楽曲です。新曲2曲も前作同様ワールドワイドなサウンドで勝負、古すぎず奇をてらわないアレンジが映える渾身の力作でしょう。フルアルバムに大きな期待を持たせてくれる、DVD付のお得な一枚です。


SABER TIGER - Hate Crime - Black Fang ★★★ (2012-10-16 20:22:28)

久保田陽子さん時代を想起させる
メロディアスな疾走ナンバー
なつかしい雰囲気がいいですね
研ぎ澄まされたテクニックの応酬も聞き応え十分
こういう曲がボーナスなんて美味しすぎるわ


SABER TIGER - Indignation ★★ (2007-06-15 23:17:00)

唄メロがつまらないけど前作よりは好きです!!
木下師匠が主導権を握り制作したのでしょう。
鈴木氏は実力のある歌い手なのでもう一枚は
唄って欲しい逸材です!!ライブでもフェイクなしに
下山時代の曲も歌いきっていましたので。
三瓶師匠のベースプレイも安定感抜群だし
若いドラマーもカッコイイです


SABER TIGER - Indignation - Anonymity ★★★ (2016-11-08 18:25:21)

ザクザクと刻まれるギター
リズミカルなグルーブを叩き出すリズム隊
メンツが変われば音もガラッと変わる事を強く印象付けましたね


SABER TIGER - Indignation - Black Eyes ★★★ (2016-11-08 18:31:29)

サーベル流ヘヴィメタルが施されています
ドラムに導かれ始まる展開も彼らにしては斬新で良かった
これが御大木下が求める理想郷なんでしょう


SABER TIGER - Indignation - Bright Light ★★ (2016-11-08 18:23:14)

アルバムのラストにしては地味な曲ですが
前作を払拭するヘヴィなグルーブが心地よいメロディックナンバー
まだまだ歌いきれていない感の鈴木のパフォーマンスが好悪を分けそうですかね


SABER TIGER - Indignation - Idiot ★★★ (2008-09-17 21:09:29)

サーベルらしい展開がカッコイイ
メロディアスかつヘヴィな疾走ナンバー
扇情的なギターソロがいいですね


SABER TIGER - Indignation - Life ★★★ (2008-09-17 21:17:26)

アグレッシブな暴走HM/HRナンバー
若いドラマーが踏ん張っていますね
サーベルの一筋縄ではいかないアレンジが効いています


SABER TIGER - Indignation - Lord ★★ (2008-09-17 21:05:25)

サーベルらしい叙情的でヘヴィなミドルナンバー
意味深な歌詞が興味深い
唄メロが平坦かな


SABER TIGER - Indignation - Mr.confusion ★★★ (2008-09-17 21:20:39)

広がりのある世界観が見事に昇華しています
個人的には今アルバムのハイライト
唄メロのつまらなさが気になるなぁ


SABER TIGER - Indignation - Silly-man ★★★ (2007-06-16 00:34:55)

ジャージーな歌い出しに導かれヘビィにそしてドラマティックに昇華する哀愁のバラードです。こういう曲を作れる木下氏のセンスにた敬服あるのみです!


SABER TIGER - Indignation - Spider ★★★ (2016-11-08 18:20:02)

サーベルお得意の3連です
三瓶師匠と弓田のリズム隊もいい味出していますよ


SABER TIGER - Indignation - Stronger ★★ (2008-09-17 21:14:11)

POISONOUS BUGSのリメイク
タイトルもアレンジも変わりました
聞き比べてみるのも一興かと思います


SABER TIGER - Indignation - Trigger ★★★ (2016-11-08 18:13:36)

扇情的なソロが好きですね
サーベルらしいメロディックメタルが貫かれています


SABER TIGER - Invasion ★★ (2008-09-16 14:07:00)

元ファストドロウ、プロヴィデンスの女性シンガー久保田陽子を迎えツインギター編成による1992年にリリースされた北の凶獣待望の1stアルバム
↑の方が熱く語っている通りですね
初回限定で二枚組みのボーナストラック収録ヴァージョンのバラードは素晴らしい出来栄えでしたね。歌えるシンガーが曲本来の魅力を余す事無く伝えてくれました
「ある去りがたき心に」「SILLY」と猛烈な泣きを発散しています
久保田の女性ならではの凛とした強さが感動を運んでいます
素晴らしい逸材でしたね




SABER TIGER - Invasion - A Shot in the Dark ★★ (2008-02-18 05:33:07)

このプログレッシブな展開が好きでした
哀愁のあるリフも癖になりますスリリングなプレイがカッコいい名曲です


SABER TIGER - Invasion - Back to the Wall ★★★ (2008-09-16 14:13:24)

久保田のメロウな歌声が素晴らしい
叙情的なフレーズが絡みつく珠玉のパワーバラード


SABER TIGER - Invasion - Liberate ★★ (2008-09-16 23:22:54)

メロディアスかつキャッチャーなノリが印象的ですね
久保田さんのメロセンスが良いですね
交互に弾かれるソロもカッコイイ


SABER TIGER - Invasion - Light-Thunder-Light ★★★ (2008-09-16 14:16:57)

メジャー流通のオムニバスアルバムにも収録された
切れ味鋭いメロディアスな疾走ナンバー
ツインギターのハモリも決まっています
日本最強のコンビだったなぁ


SABER TIGER - Invasion - Misery ★★★ (2007-06-16 19:05:57)

この曲は下山バージョンのほうが泣ける
久保田さんの唄メロは実にいいです


SABER TIGER - Invasion - Storm in the Sand ★★★ (2007-06-16 19:09:42)

maborosiの亜流かな? ツインギターの絡みがカッコイイ
本当に唄メロがいいんだよなぁ久保田さんって


SABER TIGER - Invasion - The Bluster ★★★ (2008-09-16 23:15:14)

ミステリアスな雰囲気が漂うヘヴィなミドルナンバー
久保田のメロセンスが素晴らしいですね
ヘヴィなドラミングも印象的です


SABER TIGER - Invasion - Under the Control ★★ (2008-09-16 23:19:42)

久保田の力強い歌声が耳を惹きます
ギターは刻んでますね
サーベルらしい複雑な構成が決まってますね


SABER TIGER - Messiah Complex ★★★ (2012-10-20 22:34:32)

前作同様トミーニュートンをエンジニアに向かえメンバー全員でドイツに入りし完成した復活第二弾のオリジナルフルアルバム。前作の路線を迷うことなく推し進めテクニカルで緻密な演奏を難解に聞かせるだけではない豪快さに繊細な情感を散りばめたメロディアスなパワーメタルサウンドを惜しげもなく披露、相変わらずのテクニカルなプレイの応酬もさることながらドラマ性を際立たせた押し引きを経た緩急の付け方が表情豊かに楽曲を彩りフックに富んだメロディが見せ場を作ります、下山が歌い上げるメロディアスなヴォーカルライン、特にサビメロの充実振りが精密な演奏との相乗効果を生み出しサーベルタイガーならではの独特の間を楽しませてくれます。メロディアスでありながらも攻撃性に一切の手を緩めない激しい音圧と強靭でタイトな刻みとグルーブが弾き出す本気の音は日本人的な臭さを配し完全に海外を視野に入れたワールドワイドなサウンドメイクを施しています。歌詞も英語圏に通用する英詩の採用を手がけた事もあり、洋楽至上主義の牙城を切り崩すし世界に打って出る入魂の力作へと仕上がっています。


SABER TIGER - Messiah Complex ★★★ (2012-10-26 20:57:29)

サーベルタイガーらしい
木目の細かい刻みタイトさが生きている
メロディアスなサビの高揚感も流石だ


SABER TIGER - Messiah Complex - Bad Visions ★★★ (2012-10-26 21:35:12)

この曲順でこういうタイプの曲を放り込んでくるとは
泣かされますね
叙情的なセンスが爆発しています
メロディアスかつハードなサーベル節に目頭が熱くなりました
個人的には今アルバムのハイライト
最後に聴ける木本のベースをフューチャーした
パートのカッコ良さに悶絶です


SABER TIGER - Messiah Complex - Casualties ★★★ (2012-10-26 21:25:02)

綿密さとメロディアスさが絶妙です
サーベルらしいツインギターのハモリも印象的
テクニカルな彼らならではの重厚なアンサンブルは聴きどころ
でもスッと耳馴染みよく絡んでくるから凄い


SABER TIGER - Messiah Complex - Counterpart ★★★ (2012-10-26 21:05:55)

下山の力強い歌声が映えます
メロディアスなサビも印象的ですね
ソロ間の演者の緊張感はハンパないわ


SABER TIGER - Messiah Complex - Endsville ★★★ (2012-10-26 21:29:22)

アルペジオのパートが印象的ですね
メロディを大切にしたアレンジも好き
個人的にはアルバムの中で1.2を争う名曲
現メンバーによる新鮮な魅力が詰まっています


SABER TIGER - Messiah Complex - Hate Crime ★★★ (2012-10-26 21:40:45)

シングルカットされた田中マシーン康治氏によるメロディアスな一曲
尖ったサーベルらしいテクニカルな面とメロディをおざなりにしないアレンジが
キャッチネスさも兼ね備え冴えています
アルバムのラストに爽快感のある曲を持ってきたのも新鮮です


SABER TIGER - Messiah Complex - Push ★★★ (2012-10-26 21:20:24)

わりとゆったりとした大陸的なノリが印象的
サーベルにしてはストレートな雰囲気が新鮮です


SABER TIGER - Messiah Complex - Reminiscence: Path Of Light ★★★ (2012-10-26 21:16:12)

豪快かつ繊細なサーベル流パワーバラード
エモーショナルなプレイは圧巻
木本のベースもいい味を出しています
最後まで気の抜けないドラマ性は素晴らしい


SABER TIGER - Messiah Complex - The Activist's Creed ★★★ (2012-10-26 21:09:25)

メリハリを生かした展開が妙
テクニカルな演奏に飲み込まれます
テンポアップする時の音圧は凄まじい
刻んでいるな


SABER TIGER - Messiah Complex - The Moment Of Our Lives ★★★ (2012-10-26 21:12:25)

下山の熱唱が胸を打ちます
オーケストレーションのみのバラード
次の曲と対を成す曲ですね


SABER TIGER - Messiah Complex - Violent Ignorance ★★★ (2012-10-26 21:01:39)

サビのもって生き方が好きですね
いい感じで力を抜いています
複雑な展開を施したサーベルらしさも見逃せません


SABER TIGER - Obscure Diversity ★★★ (2018-10-11 12:38:01)

自らが築き上げ研磨してきた伝統的HM/HRの世界。そこに,よりダイナミックでアグレッシブなテクニカルサウンドを実践してきた彼ら、その成果は今年、念願の本格的な海外進出へと繋がるのですが、今作は、その欧州基盤のレーベルの意向も踏まえ、ヘヴィな音像を生かしたタフなサウンドではあるが、メロディアスな側面も損なわないアレンジを持ち込んでおり、劇的なツインリードを武器とするサーベルサウンドを存分に披露。
個人的にはTIMYSTERYが一番好きな作風なので、もっとキメキメの方が好みなのだが、これも欧州基準と言う事で納得しています。
そういった流麗なツインリードは少なめでも、高度な演奏力が支える卓越したメロディセンスが爆発。木下&田中の国内最高峰のギターコンビを中心とした、バンドサウンドは皆の叡智が集まった証拠だろう。
獰猛に歌うだけじゃない、魂を揺さぶる下山の絶唱も、今まで以上にフックに富んだメロディを歌い上げており、バラードにおけるパフォーマンスには、思わずため息が漏れてしまいます。今回の下山は肩の力を抜き、エモーショナルな表現力を存分に生かしている。これは大歓迎です。

前作の流れを押しすすめた最新作。紆余曲折を経てたどり着いた境地。洗練に洗練を重ねた現在の姿は、ヨーロッパのバンドのような優美さがある。小手先のテクニックで仕上げたのではない、堅牢なメタルスピリット。
久保田陽子時代から流れるメロディックHM/HRバンドの系譜。それを見事に現代風へアップデートしていますよ。
ここにきて決定打になる様な方向性を固めてきたね。それにしても⑥みたいな曲をやるとは思わなかった。シングル向けのエエ曲ですよ。


SABER TIGER - Obscure Diversity - Paradigm and Parody ★★★ (2018-11-10 12:30:53)

サビでキャッチーに跳ねたのに驚いた
サーベルらしいイントロからは想像もつかない持って生き方でしたね
これもレーベルの意向なんだろう
メロディアスでテクニカルなソロも耳を惹きますね
下山もこれくらい肩の力を抜いても魅力は損なわれない


SABER TIGER - Obscure Diversity - The Forever Throne ★★★ (2018-11-07 12:22:33)

サーベルタイガーらしい扇情的なメロディが感動を運ぶパワーバラード
いつもより薄味に仕上げたのも良かった
これもヨーロッパ基準によるワールドワイドヴァージョンという事だろう
いつもなら下山も味濃い目に歌うもんね
これくらいで丁度よいよ


SABER TIGER - Obscure Diversity - The Worst Enemy ★★★ (2018-11-10 12:35:30)

PVも作られているしアルバムのリードトラックという位置づけでしょう
緻密なサーベルサウンドにワールドワイドな風を送り込んでいます
吼えるだけではない下山の歌唱スタイルも聴きやすさを誘発
メロディも際立たせつつダイナミックさを失わない新生サーベルを印象付ける一曲ですね


SABER TIGER - Paragraph ★★ (2008-09-15 21:32:00)

初期の名曲群をリマスターしCD化したベストアルバム
音質は良くないが今でもLIVEの重要なレパートリーとなる楽曲も多数収録され聴き応えのある名盤ですね
Vo, 滝沢のハイトーンが突き刺さります
湊のテクニカルなドラミングもカッコイイし下山でリメイクしたヴァージョンと聴き比べてみるのも一興かと思いますよ
正統派のHM/HRに興味のある方は是非とも聴いてもらいたいですね
御大木下師匠の泣きのギターに悶絶ですよ
素晴らしいフィーリングがあります


SABER TIGER - Paragraph - Jealousy ★★ (2008-09-15 21:15:46)

大陸的な雰囲気があります
メロディアスな木下のギターが耳を惹きますね
スリーピースとは思えない迫力が良いねぇ


SABER TIGER - Paragraph - Love You ★★ (2008-09-15 21:23:30)

サーベル流パワーバラード
メロディが良いねぇ歌メロも好きです
ギターソロも泣けるなぁ


SABER TIGER - Paragraph - Maboroshi ★★★ (2007-06-15 22:22:48)

サーベルのsomke on the waterみたいのもの
スタンダードなHMの名曲ですね!
下山氏がライブで「もう二度とやらない」的な
発言をした時には驚きました…
その後発売されたのが「fuse」です


SABER TIGER - Paragraph - Natural Sound ★★★ (2008-09-15 21:21:00)

展開の多いメロディアスなHM/HRナンバー
サーベルらしい魅力溢れる隠れた名曲です
正統派はいいなぁ


SABER TIGER - Paragraph - Night Stoker ★★ (2008-09-15 21:36:29)

変拍子を多用したサーベル節を堪能できるミドルハイナンバー
サビメロが印象的ですね
メロディアスなギターソロがハイライト
Vo山口
B三瓶
Ds湊


SABER TIGER - Paragraph - Shout ★★ (2008-09-15 21:18:16)

パワフルな疾走ナンバー
強力なドラミングが心地よいですね
歌心のある御大木下のギターも素敵です


SABER TIGER - Paragraph2 ★★ (2008-09-15 22:31:00)

1994年にリリースされたデモ音源CD化第二弾
相変わらず扇情的な木下のギターを中心としたメロディアスな正統派のHM/HRを軸にヘヴィでダークなサウンドにも挑戦した意欲作
大作のヘヴィな①やサーベル流パワーバラード、個人的にはアルバムのハイライトだと思う④等に現れているでしょう
これだけ良質な楽曲が収録されているのに活動が停滞していたのは激しいメンバーチェンジによるものだったのでしょうか?今アルバムでもVo,3人を含む参加メンバー10名
個人的には渡辺のヘヴィな長刀ストロングヴォイスとフレットレスベースを操る山住のプレイが印象的でした。
サーベルファンのみならず正統派のHM/HRを愛する方なら満足出来るかと思います


SABER TIGER - Paragraph2 - Dead Lock ★★★ (2008-09-15 21:39:59)

VAGUE BLESS YOUの原型のような曲
パワー、スピード、メロディと三拍子揃った名曲です
ギターソロもメロディアスで構築美を感じます


SABER TIGER - Paragraph2 - Dead Roll ★★★ (2008-09-15 21:53:11)

木下師匠のセンス溢れるギタープレイが素晴らしい
メロディアスな哀愁の疾走ナンバー


SABER TIGER - Paragraph2 - Die with Cryin ★★★ (2008-09-15 21:46:20)

仄かな哀愁が漂うパワフルかつメロディアスなミドルナンバー
歪んだハイトーンヴォイスが耳を惹きますね
中盤のスローなパートが好きです
エモーショナルなギターも泣けます


SABER TIGER - Paragraph2 - Machine Gun ★★ (2008-09-15 22:07:09)

パワフルかつストレートな疾走ナンバー
あまりにも稚拙な英詩にめまいがしますが演奏はカッコイイです


SABER TIGER - Paragraph2 - Misty Rain ★★ (2008-09-15 21:59:47)

構築美を讃えたサーベル流パワーバラード
扇情的なギターが胸を打ちます
この手の曲で聴ける木下のエモーショナルなタッチは本当に素晴らしい


SABER TIGER - Paragraph2 - One Night Dream ★★ (2008-09-15 22:04:41)

叙情的なフレーズが耳を惹くミドルナンバー
盟友武田との競演が楽しめますねギターソロも譲ってます
ダサい歌詞も許しますよ
Vo小泉氏の唯一の音源
サビは何故か悲しいことがあると口ずさみたくなります


SABER TIGER - Paragraph2 - Recollection ★★★ (2007-06-15 22:31:32)

ライブで鈴木氏が唄っていたのを聴いた時は
本当に心臓を鷲掴みにされた思いでしたよ
ギターソロも扇情的で胸キュン必死の名曲です


SABER TIGER - Paragraph2 - The Ashes ★★★ (2008-09-15 21:48:59)

凍てついた荒涼とした雰囲気が漂います
メロディアスな泣きのギターを堪能出来るインストナンバー


SABER TIGER - Paragraph3 ★★ (2008-03-16 15:00:00)

VOに下山武徳を向かえようやくその名に相応しいバンドとなり過去の名曲をリメイクしたベスト盤
どの時代もキッチリと歌い上げる下山の歌い手としての力量に脱帽です
音質も当然よくなり曲本来の魅力を伝えているのも見逃せない
正統派のHM/HRが好きなひとならマストアイテムです
日本が誇る正統派メタルの雄サーベルタイガーの真の姿が映し出された今作は名盤と呼ぶに相応しい内容となっています正統派のHM/HRが好きなひとならマストアイテムではないでしょうか!


SABER TIGER - Paragraph3 - Break down ★★★ (2008-09-17 20:51:19)

サーベルらしいパワフルな暴走ロックナンバー
荒々しいさの中に切れ込むメロディアスなソロが印象的です


SABER TIGER - Paragraph3 - Crash and Dush ★★★ (2008-09-17 20:45:58)

初期の名曲に新たな息吹を吹き込むのは希代のメタルシンガー下山武徳。彼のパワフルな歌唱が曲本来の魅力を伝えてくれてます


SABER TIGER - Paragraph3 - Metal Rider'98 ★★★ (2007-06-16 00:56:13)

モーターヘッドよろしくな疾走ナンバー
前作の歌詞も唄も酷かったからねぇ
だからこのリメイクは本当にカッコイイ


SABER TIGER - Paragraph3 - Metal Rider'98 ★★★ (2007-06-16 00:57:43)

モーターヘッドよろしくな疾走ナンバー
前作は歌詞も唄も酷かったからねぇ
だからこのリメイクは大正解です!
いい曲には上手いボーカルでないとね


SABER TIGER - Paragraph3 - Tusk ★★★ (2008-09-17 20:48:53)

下山の迫力のあるドスの聴いた歌声が光ってます
タイトルに相応しい凄みがました名曲です
タメの効いたドラミングもカッコイイ


SABER TIGER - Paragraph3 - ある去りがたき心に ★★★ (2007-06-16 19:17:21)

エンディングまで一音も聞き逃すことの出来ない名バラードです!これが売れないとは大問題だよー
下山兄貴は勿論素晴らしいけど、個人的には久保田バージョンを
よく聴きました!日本にもこんな泣きのフレーズを紡ぎだす
プレイヤーがいたのかと驚きました!!


SABER TIGER - Paragraph3 - 摩天楼 ★★★ (2007-06-15 22:25:33)

前任の渡辺もさることながら
やはり説得力ある唄がなければ成立しない
ナンバーです!!


SABER TIGER - Paragraph4 ★★★ (2012-01-01 13:53:35)

過去の名曲群の現メンバーによりリメイク
PARAGRAPH3の出来は素晴らしく往年のクラシックナンバーを
現在に蘇られせサーベルタイガーの名に相応しい魅力を発散してくれました
今作は3の時とは意味合いも違うと感じています
リクエストに応じての選曲に始まり、完成度の高かった久保田陽子時代から
現シンガー下山時代のセルフリメイク、英詩の手直しなどもあり
本意気で海外を視野にいれた活動を行うのかと思えましたね
ハードな楽曲を集めたHARD SIDEとバンドのもう一つの魅力を存分に堪能出来る
バラード中心のHARET SIDE、さらには木下昭仁のインタビューが聴けるDVD
(赤裸々に語られる過去の出来事はファンならずとも興味がもてるでしょうね
また、貴重なフラットバッカーの演奏が少しだけ聴けます)
キャラの違う天才ギタリスト二人が魅せる国内最強といえるツインギターの完璧な演奏
LIVEパフォーマンスのみならずスタジオ作品においても強烈なプレイを聞かせてくれた
木本高伸のベースプレイは必聴ですね。
魂のシンガー下山がエモーショナルな歌声を披露するHAERT SIDEは聴き応え充分です
歴戦のツワモノに喰らい付きバンドの屋台骨を支える水野の成長は今後のバンドの鍵となるでしょうね。個人的には思い入れの強い楽曲を前に複雑な思いもありますが、今作でサーベルを
初めて触れる方にはもってこいのベスト盤的な作品ですね
北の凶獣の復活と世界進出を視野に入れた今後の活動の成功を願わずにいられません
脳幹梗塞の影響を感じさせない御大木下氏の渾身のプレイには心を打たれましたね


SABER TIGER - Paragraph4 - Die with Cryin ★★★ (2012-01-01 14:18:36)

渋い選曲ですね
音圧の倍増、楽曲本来の魅力が伝わります
緩急をつけた
メロディアスなミドルナンバー
流石はサーベルタイガーですね


SABER TIGER - Paragraph4 - Misery(orchestra Version) ★★★ (2012-01-01 14:01:44)

壮大なアレンジを加え一代叙情詩として蘇りました
今作を聞き成功への並々ならぬ後押しを感じましたね
売れて欲しいし世に認められて欲しい
素晴らしいバラードだな
色気のある木本のベースが好きです


SABER TIGER - Paragraph4 - Recollection ★★★ (2012-01-01 14:07:49)

壮絶な悲しみを讃えたヘヴィバラード
渡辺時代とは甲乙つけがたい出来栄えが素晴らしい
下山らしい繊細さと力強さを併せ持つエモーショナルな歌声がポイント

でも泣き具合は渡辺時代の方が個人的には上かな
それくらい思い入れの強いナンバーなんですよ


SABER TIGER - Paragraph4 - Silly ★★★ (2012-01-01 14:10:57)

イントロのギターが新鮮ですね
HARET SIDEのオープニングを飾るのに
相応しい押し引きを心得たアレンジが見事
エモーショナルだね


SABER TIGER - Paragraph4 - Silly Man ★★★ (2012-01-01 13:58:25)

ジャジーなギター
枯れた味わいを感じさせる表現力豊かな下山の剛柔を心得た歌声
素晴らしい出来ですね
歌詞も泣けます
心に染み渡るわ


SABER TIGER - Project One ★★ (2007-06-15 23:38:00)

同郷のよしみなのか最強のリズム隊を引き連れたHM史上に残る名盤ですね!
意外とロンキールがマッチしているのに驚きました。出来ればジェフ・スコット・ソートやD.Cクーパー、イアン・パリーなんかに歌って欲しかったけどね…ギャラの問題かな?捨て曲無しの名盤だと思いますよ ①②③の流れは完璧でしょうキャッチャーな
⑤⑩もライブ映えするしね ⑧もスゴイよ 全編に渡りリズム隊がいい仕事をしています


SABER TIGER - Project One - Give Me All Your Love Tonight ★★ (2007-06-16 19:02:54)

シンプルなリズムが実に心地良い
アルバムを締めくくるのにふさわしい曲です
なぜロンだったの?


SABER TIGER - Project One - Hard Wire ★★★ (2008-09-16 23:44:38)

メロディアスかつパワフルなミドルハイナンバー
ごっついなぁカッコイイです
ギターも一本になりスッキリしていますね


SABER TIGER - Project One - I'll Still Be Loving You ★★★ (2007-06-15 22:17:01)

御大 木下師匠のギターに悶絶です!
ギターソロの泣きはハンパじゃないですよ!
はぁ~ メタル聞いていて良かったと
思える名曲ですね


SABER TIGER - Project One - It's Your World ★★ (2008-09-17 12:09:19)

サーベルらしい展開の多い疾走ナンバー
リズムプレイと刻みまくりなリフと実に心地よい
サビは合唱せずにはいられません