この曲を聴け!
失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 8201-8300

MyPage

失恋船長さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 8201-8300
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119
モバイル向きページ 


SINERGY - Beware the Heavens - Virtual Future ★★★ (2008-09-02 03:42:44)

北欧ならではの儚いまでに美しいメロディが耳を惹きますね
ヘヴィなリズムと相俟って極上のヘヴィメタルナンバーへと仕上げたアレンジセンスは流石
アルバムを締めるのに相応しい名曲ですね
ただ線の細さが気になります


SINERGY - Suicide by My Side ★★★ (2013-02-16 16:48:15)

メロデス界の重鎮といっても差し支えないのでしょうか?アレキシ・ライホが前面的にバックアップするキンバリー・ゴスをフロントマンに迎えた3rd。流麗なスピードナンバーは言うに及ばずエキサイティングかつテクニカルプレイで終始バンドサウンドに鮮烈な印象を与えるツインギターの阿吽の呼吸に度肝を抜かれ、いやらしいほどに粘りのある強靭なリズム隊の光沢のあるプレイと聴き応えタップリ、その特異なキャラが先行しつつあるキンバリー・ゴス嬢の歌唱も堂に入り、色んな意味で貫禄を感じさせますが、アクが抜けすぎたのかメロデス仕込みのクサメロが減退したせいか、キャッチーさよりもエネルギッシュでソリッドなパワーメタルの画一性が気になりアルバムを通して聴くと物足りなさと飽きを感じてします。新しい事にも挑戦し意欲を感じますが個人的には少々魅力を見出せませんでした。でもそれはある種スーパーバンドといっても差し支えないSINERGYならではの問題点、正統性の強いメロディックメタルを愛する方なら聞いて損はしないでしょう。ちなみにカッコいいギターはアレキシだけではなく、相方も素晴らしい華麗なプレイを披露していますよ。


SINERGY - Suicide by My Side - I Spit on Your Grave ★★ (2013-02-17 14:27:15)


硬質な今作を象徴する
お約束感満載の正統派な一曲


SINERGY - Suicide by My Side - Me,myself,my,enemy ★★★ (2013-02-17 14:34:32)

TAROTのマルコ・ヒタエラ作だけに
まんまTAROTの曲に聞こえますね
いやらしい粘着質の高いリズムプレイも印象的な
メロディアスな一曲
ギターも上手いね


SINERGY - Suicide by My Side - Nowhere for No One ★★★ (2013-02-17 14:39:21)

無駄に走り過ぎないのがポイント
ドラムが無機質じゃない人間らしいグルーブがあってこそ
いい意味でのキャッチーさとワイルドさがポイント


SINERGY - Suicide by My Side - Passage to the Fourth World ★★★ (2013-02-17 14:41:37)

アルバム全体に言えることですが
印象的なフレーズやリフを持ち込むのが上手ですね
曲単位としての完成度は素晴らしいが
アルバムを通して聴くと個人的にはこの辺りでダレてきます


SINERGY - Suicide by My Side - Shadow Island ★★★ (2013-02-17 14:44:20)

引っかかるギターリフ
アレキシの吐き捨てヴォイスと真っ向勝負にキンバリー
ゴシック風味の味付けも効いています
このバンドに求められる一つの形ではないでしょうか
他の曲との違いもあり印象的でした


SINERGY - Suicide by My Side - Suicide by My Side ★★ (2013-02-17 14:45:59)

硬質なシナジーサウンドを見せ付けた一曲
アルバムタイトルだけの事はありますね


SINERGY - Suicide by My Side - The Sin Trade ★★★ (2013-02-17 14:29:14)

しなやかに絡みつくリズムプレイとツインギターの調べが印象的です
歌メロも練り上げられていますね
キンバリーにもう少しパンチ力があればと思いますが
問題無しです


SINERGY - Suicide by My Side - Violated ★★★ (2013-02-17 14:31:06)

アルバムタイトルが示すように暴れていますね
流麗なプレイも放り込みらしさを猛烈にアピールしています


SINERGY - Suicide by My Side - Written in Stone ★★ (2013-02-17 14:37:27)

メロディックなパワーバラード
やや硬質な印象を受けますが
繊細さとダイナミックさが程よくブレンドされています
正統派HM/HRバンドとしての矜持を感じますね


SINERGY - To Hell and Back ★★ (2008-09-03 20:26:00)

2000年にリリースされた2nd,前作同様アレキシ・ライホが全面的に参加しサポートしています。1stよりは正統性を強めキンバリーの声質は考えたのか良い意味でコマーシャル性も感じられ聞き応えは充分である、北欧的な透明感やクラシカルな質感は減少したが扇情的なギターは健在で随所に見せ場を作り聴き手の心を掴んでは離さない展開は見事、音質的にスッキリまとまっているのがちと残念かな?前作よりはバンド的な感じもするし個人的にはマルコ・ヒタエラの参加が嬉しい。


SINERGY - To Hell and Back - Gallowmere ★★ (2008-09-03 20:09:07)

コーラスワークが印象的ですね
メロディアスなミドルハイナンバー
リフとソロの組み立て方が凡庸なイメージを与えないのは流石


SINERGY - To Hell and Back - Hanging on the Telephone ★★ (2008-09-03 20:15:25)

メロディアスなミドルナンバー
一見地味に感じるが起伏のあるメロディが随所に散りばめられている構成力の高さは目を見張るものがあるねぇ


SINERGY - To Hell and Back - Laid to Rest ★★★ (2008-09-03 20:04:45)

哀愁のヘヴィバラード
線の細さは唄は気になるがメロディが良い
随所に奏でる扇情的な泣きのギターが素晴らしい


SINERGY - To Hell and Back - Midnight Madness ★★★ (2008-09-03 20:01:49)

扇情的なギタープレイが魅力的です構成もしっかりしている
メロディアスなHM/HRナンバー


SINERGY - To Hell and Back - Return to the Fourth World ★★★ (2008-09-03 20:12:05)

サビメロの美しさにやられた胸キュンするなー
シナジーらしいツインリードも聴ける名曲です


SINERGY - To Hell and Back - The Bitch Is Back ★★★ (2008-09-03 19:59:50)


扇情的なフレーズが素晴らしいアルバムを飾る疾走ナンバー
タイトなリズム隊も決まっているね
ギターが凄いなぁ


SINERGY - To Hell and Back - Wake Up in Hell ★★ (2008-09-03 20:16:58)

メロディアスなミドルナンバー
一見地味に感じるが起伏のあるメロディが随所に散りばめられている構成力の高さは目を見張るものがあるねぇ


SINNER - Bottom Line ★★ (2008-04-08 05:58:00)

前作のサウンドをよりレベルアップさせた今作はシナー史上最高のアルバムだと思う。分厚い音を奏でるギターリフとヘヴィなグルーブ感が一体となり迫って来る様が実にカッコよく、それでありながらもフックに富んだメロディが随所に散りばめられ強烈な魅力を放っている。これぞシナーと叫びたくなる名曲群の数々を彩るハードなギターワークとメロディアスな曲のコントラストが見事です。ドイツのバンドでありながらハロウィーンの影響を微塵も感じさせないところが好感の持てるところです。


SINNER - Bottom Line - Dead End Street ★★★ (2008-04-09 05:35:45)

男臭い力強さと扇情的なメロディが渾然一体となって聴き手に迫って来るノリの良いナンバー
ツインギターがカッコイイです


SINNER - Bottom Line - I Can't Stop the Fire (2008-04-09 05:33:20)

エリック・マーティン作のポップなナンバー
シナーが歌えばシナーサウンドになるのです


SINNER - Bottom Line - Rage of a Hurricane ★★ (2008-04-09 05:31:52)

強靭なリズムがうねるヘヴィなミドルナンバー
タイトなリズム隊のプレイがカッコイイ
コーラスが印象的です


SINNER - Bottom Line - The Biggest Lie ★★ (2008-04-09 05:26:43)

アグレッシブなリフがカッコイイ
メロディアスな疾走ナンバー
ドラムも良いですね


SINNER - Bottom Line - We'll Make It Alright ★★ (2008-04-09 05:28:28)

爽快感のあるパワーバラード
シナーの力強い唄が印象的です


SINNER - Bottom Line - When Silence Falls ★★★ (2008-04-09 05:23:16)


勇壮なメロディが適度なエッジのあるサウンドに乗って迫って来る正統派のHM/HRナンバー


SINNER - Comin' Out Fighting & Dangerous Charm ★★ (2008-04-02 05:19:00)

プロデューサーにクリス・タンガリーデスを迎えアメリカンマーケットを意識した間口を広げたメジャー感のあるアルバムで勝負した名盤を紹介します。
メロディに気を配した今作は全体的にキャッチャーなサウンドに比重を置き聴き易くなっている。マットの唄も上手くポップなサウンドに溶け込みいい具合のハードさを提示してくれます、更にはボン・ファイヤのエンジェル・シェライファーとUDOのマティアス・ディートの二人のツインギターが聴けるのが今作のハイライトだと思っている、ある意味ドイツ最強のコンビだったのではないでしょうか。ゲスト参加のKEYドン・エイリーのプレイも華を添えていますね、カヴァーの⑤なんて見事な仕事をしてくれています


SINNER - Comin' Out Fighting & Dangerous Charm - Don't Tell Me(that the Love is Gone) ★★★ (2008-04-02 05:36:55)

哀愁のあるメロディが胸を焦がすパワーバラード
ドンのKEYが隠し味となり効いています
エモーショナルなギターソロに胸キュンですね


SINNER - Comin' Out Fighting & Dangerous Charm - Faster Than Light ★★ (2008-04-03 21:41:09)

シナーの男気溢れる情熱が迸る哀愁のミドルナンバー


SINNER - Comin' Out Fighting & Dangerous Charm - Hypnotized ★★★ (2008-04-02 05:26:04)

キャッチャーなメロディが耳を惹く彼らにとってはマイルドなナンバーどこか哀愁を感じるのは欧州のバンドだからでしょう
アルバムのオープニングをメジャー感のある曲ですね


SINNER - Comin' Out Fighting & Dangerous Charm - Playing With Fire ★★★ (2008-04-02 05:32:43)

火花散るツインギターがカッコイイ、メロディアスな疾走ナンバー 唄メロが秀逸ですね


SINNER - Comin' Out Fighting & Dangerous Charm - Rebel Yell ★★★ (2008-04-02 05:30:53)

煌びやかなキャッチーさを讃えたカヴァーソング
ドン・エイリーがいい仕事をしていますね
今でも彼らのライブでは重要なナンバーです
シナーの熱い唄が曲を締めてくれます


SINNER - Danger Zone ★★ (2008-03-29 14:22:00)

記念すべきメジャー第一弾のアルバムを紹介します
84年と言う時流を意識した今作はパワフルな正統派のHM/HRでありながらも
彼らしいキャッチャーな唄メロと叙情性のある哀愁のメロディがメタリックなツインギターに導かれソリッドで切れ味鋭いリフと共に聴き手に迫ってきます、この絶妙なコントラストが彼らの魅力の一つです、全体の作品からすると異質なアルバムなのですが、パワーメタル然とした楽曲が好きな人ならば確実にツボにはまるでしょう


SINNER - Danger Zone - Danger Zone ★★★ (2008-03-30 04:18:37)

哀愁のツインギターとマットシナー節が堪能出来る名曲です
パワーメタル色が強いのは御愛嬌と言うことで


SINNER - Danger Zone - Fast Hard&loud ★★ (2011-04-07 05:03:30)

ゴロゴロとした石が転がり落ちるような
パワフルさと躍動感を感じます
力任せに疾走させないのが妙


SINNER - Danger Zone - No Place in Heaven ★★ (2011-04-07 05:01:04)

ハードな印象を色濃く残します
大型トラックが軽快に走るような重量感と
軽やかさが印象的です


SINNER - Danger Zone - Razor Blade ★★ (2011-04-07 05:06:11)

鋭利な刃物が空を切ります
鋭角的なギターリフが耳を惹きますね
パワフルさと哀愁のブレンド具合が絶妙なミドルナンバー


SINNER - Danger Zone - Shadow in the Night ★★ (2008-03-30 04:22:52)

男気溢れる哀愁が彩られたパワーメタルなナンバー
ギターソロもカッコイイです


SINNER - Danger Zone - The Shiver ★★★ (2008-03-30 04:21:01)

シナーの優れたメロディセンスを伺うことの出来る叙情的なメロディが印象的な疾走ナンバー


SINNER - Dangerous Charm ★★ (2008-04-03 21:21:00)

レーベルの意向で時代に合わせたポップな楽曲が並ぶメジャー四枚目のアルバムを紹介します。キーボードを大胆に取り入れキャッチャーさを前面に押し出した今作は一曲の完成度は低くないものの、シナーらしさがイマひとつ感じられず哀愁のある泣きのメロディも後退し散漫な印象を受けます。しかし数曲で聴ける彼らしいサウンドもあり駄作とは言いがたく、その辺のバンドには表現出来ない良質なメロディも聞けるので入門編にまずはこれとは言いませんが、ファンなら押さえておいて問題ないです。レーベルと揉めていた中での発売なのでその辺は考慮して聞いてください、シナーの実力はこんなもんじゃないですよ


SINNER - Dangerous Charm - Back in My Arms ★★★ (2008-04-03 21:25:18)

シナーらしさを失わないポップフィーリング溢れるナンバー
サビメロが良いですねー


SINNER - Dangerous Charm - Concrete Jungle ★★ (2008-04-03 21:31:59)

バブリーな時代性を感じるキャッチャーでノリの良いナンバー
この時代の洗礼を受けた身としては外せません
懐かしい青春時代の甘酸っぱい気分を思い出させてくれます
シナーらしくないけど好きです


SINNER - Dangerous Charm - Everybody Needs Somebody to Love ★★★ (2008-04-03 21:35:57)

泣きのパワーバラード
シナーの熱唱が胸にグッと迫ってきます
ギターも泣かせてくれますよ
80年代中期の臭いがプンプンします


SINNER - Dangerous Charm - Gipsy ★★ (2008-04-03 21:27:43)

メロディアスかつポップな疾走ナンバー
時代を感じさせますね KEYの使い方がモノだもん


SINNER - Dangerous Charm - Knife in My Heart ★★★ (2008-04-03 21:33:32)

シナーらしい哀愁のあるフレーズとポップフィーリングが融合した名曲です 今アルバムのハイライト


SINNER - Fast Decision - Magic ★★★ (2011-11-04 04:12:18)

泣きのメロディが華麗に疾走します
哀愁のHM/HRチューン
イントロのフレーズに悶絶ですね
しっかりとした環境でキッチリと聴きたいですね
初期の名曲です


SINNER - Fast Decision - One Last Look ★★★ (2011-11-04 04:17:07)

夕日が目に沁みるような

枯れた味わい深いブルージーな哀愁のバラードナンバー


SINNER - Fast Decision - Runnin' Wild ★★★ (2011-11-04 04:14:07)

愁いを帯びたメロディが適度な疾走感と重量感を携え
小気味よく疾走します
アルバムのオープニングに相応しい一曲です


SINNER - Judgement Day ★★ (2008-04-09 05:42:00)

相変わらず良質なメロディを聞かせてくれるドイツが生んだ正統派メタルバンドが1996年に発表したアルバムを紹介します。前作で魅せたヘヴィなアレンジを残しつつメロディとドラマティックな展開が増した今作も充実した楽曲が収録された好盤と仕上がっています。時代背景を上手く取り入れつつもらしさを失わない今作はメロディアスなサウンドを愛する方なら聴いて損はないかと思います、ぜひとも試してもらいたいですね


SINNER - Judgement Day - Blue Tattoo ★★ (2008-04-09 05:47:57)

シナーが敬愛してやまないTHIN LIZZY風のナンバー
メロディアスなツインギターが印象的です


SINNER - Judgement Day - Judgement Day ★★★ (2008-04-09 05:55:34)

ドラマティックな9分にも及ぶ大作です
力任せに歌うのではなくメロディを大切にしながらの歌唱が印象的です ギターソロ前の繊細なプレイも良いですね


SINNER - Judgement Day - Used to the Truth ★★★ (2008-04-09 05:45:31)

メロディアスかつヘヴィなサウンドにドラマ性を持たせた名曲です。メンバー間の充実振りを示すアレンジも見逃せない


SINNER - Judgement Day - White Lightning ★★★ (2008-04-09 05:58:22)

適度な疾走感が心地よくフックに富んだメロディが聴けるシナー節全開の佳曲です。 なんか鼓舞されるんだよね


SINNER - No More Alibis ★★ (2008-04-03 22:22:00)

ソロアルバムを挟み五年振りに発表してくれた復活作を紹介します
初期の頃と違いソフトなイメージの楽曲が収録されていてガッツ溢れるシナー節を期待すると肩透かしを喰らいますが良質なメロディとポップ感の融合が素晴らしい好盤に仕上がっています。けして同郷のハロウィーンの影響など微塵も感じさせない無国籍なサウンドが今作の要なのでしょう。


SINNER - No More Alibis - Burning Heart ★★ (2008-04-03 22:30:50)

美しいメロディが印象的なミドルナンバー
マットの渋みを増した歌声がグッときます


SINNER - No More Alibis - Chasing My Dreams ★★★ (2008-04-03 22:28:03)

渋みをましたマット・シナーの熱い歌声が堪能できるパワー溢れるメロディアスなミドルナンバー


SINNER - Respect ★★ (2008-04-06 15:05:00)

今作は非常にメロディアスかつハードな作風となり80年代の雰囲気を残しつつも時代性を取り入れたサウンドと上手く溶け合いフックのあるメロディがが満載のシナー節を聞かせてくれるマット・シナー復活の狼煙を上げる好盤と仕上がっています。


SINNER - Respect - Fire in the Dark ★★★ (2008-04-07 04:02:19)

フックのあるメロディに胸が掻き毟られます
哀愁のハードポップナンバー
頑固一徹なシナーの歌声が甘さの中で男を見せてくれます


SINNER - Respect - Modern World ★★★ (2008-04-07 04:04:27)

爽快感の中に欧州的な香りがするビート感の強いメロディアスな疾走ナンバー シナー節全開の一曲です


SINNER - Respect - Respect ★★★ (2008-04-07 03:58:58)

フックのある哀愁のメロディが耳を惹く正統派のHM/HRナンバー
派手さはないもののメロディアスなギタープレイに胸キュンです
マット・シナーのメロディメイカーとしての才能に脱帽です


SINNER - The Nature of Evil ★★ (2008-04-09 06:11:00)

時代背景を意識したヘヴィでダークな世界観を取り入れたシナー史上最もヘヴィなアルバムとなった1998年発表のアルバムを紹介します。ロイヤルハントなどが見せるキーボードを大胆に導入された今作はヘヴィでありながらもメロディアスさを失わない好盤に仕上がっています、確かに無駄に音間を埋めるプレイなど過去に見られなかった部分は見受けられますが、随所にフックに富んだメロディと大袈裟な展開があり時代を考えると充分にシナーの魅力を残しつつも新しいサウンドに挑戦した意欲が伺え好感が持てます。日本版のボーナストラックのcale before the stomが欧州版から外れているのが時代を物語っているのです。この手のサウンドはもはや日本でしか受けないというのが今作のポイントとなり、彼らがある意味、日本人好みのメロディを提供してくれる数少ないバンドだった事を知らしめてくれるとは皮肉なものです。欧州的な陰りのあるヘヴィなサウンドとメロディアスなフレーズの組み合わせが今作の聴き所です。


SINNER - The Nature of Evil - A Question of Honour ★★★ (2008-04-09 06:14:25)

キーボードを大胆にフューチャーしたメロディアスかつドラマティックな疾走ナンバー
シナーの新しい魅力に溢れた名曲です
荘厳なメロディとシナー節が激しくぶつかる様が見事です
今作のハイライト的な一曲ですね


SINNER - The Nature of Evil - Calm Before Stom ★★ (2008-04-09 06:16:12)

シナー節全開の疾走ナンバー
テクニカルなギターソロがカッコイイですね


SINNER - The Nature of Evil - The Nature of Evil ★★ (2008-04-09 06:22:37)

パワフルかつドラマティックなミドルナンバー
ヘヴィでダークな世界観に叙情的なメロディが上手く溶け合い絶妙なアレンジが光る名曲です


SINNER - The Nature of Evil - Trust No One ★★★ (2008-04-09 06:18:13)

メロディアスかつヘヴィな哀愁の疾走ナンバー
シナーの魅力溢れる名曲です


SINNER - Touch of Sin ★★ (2008-03-30 04:34:00)

彼らのある意味デビューアルバムと言えばこれでしょう、前作で見せた不自然なパワーメタル色を廃しTHIN LIZZYからの影響を強く受けたメロディアスかつドラマティックな作風へと回帰している。とにかく一聴して耳に残る親しみ易いメロディのオンパレードに釘付けになりますね、ポップな作風もあり飽きる事無く一気に聴かせてくれます、頑固一徹なジャーマンサウンドの本流とは違うサウンドで勝負した彼らの功績は大きいと思う、クラシックなHM/HRサウンドの数々に胸が焦がれますね、パワフルなマットの歌唱とテクニカルなソロを聞かせてくれるハーマン・フランクの存在も見逃せません、捨て曲無しの名盤だと個人的には思います、メロディアスかつヘヴィな普遍の魅力を持つ正統派の作品をお探しの方は試して損はないかと思います。


SINNER - Touch of Sin - Bad Girl ★★★ (2008-03-31 03:24:22)

ポップな唄メロと哀愁のツインリードが胸を締め付ける名曲です これぞマット・シナーと膝を叩きたくなります。


SINNER - Touch of Sin - Emerald ★★★ (2008-03-31 03:20:57)

美しいツインリードが印象的なメロディアスなナンバー
シナー節全開の名曲です。程よいヘヴィさがカッコイイです


SINNER - Touch of Sin - Masquerade ★★ (2011-04-07 04:54:18)

躍動感と哀愁のメロディ
3分少々のドラマへの演出が素晴らしい
シナーならではの味わいですね


SINNER - Touch of Sin - Open Arms ★★ (2011-04-07 04:56:57)

泣きのメロディから明るめのサビへ
メタルな質感を失わないアレンジ
ハーマン・フランクの派手目のギターソロも◎
カッコいいですね


SINNER - Touch of Sin - Out of Control ★★ (2011-04-07 04:52:22)

大胆にシンセを取り入れています
フックのある唄メロはシナーならではのメロセンス
地味な曲だが効いています


SINNER - Touch of Sin - Shout! ★★ (2011-04-07 04:49:40)

憂いを帯びたメロディが
チョコチョコと琴線に触れていきます
メロディックなミドルナンバー


SINNER - Touch of Sin - The Storm Broke Loose ★★ (2008-03-31 03:27:43)

美しいギターハーモニーが印象的なパワーバラード
力強くクセのあるマットの歌唱が好みの分かれ目かな


SINNER - Touch of Sin - Too Late to Runaway ★★★ (2008-03-31 03:30:43)

哀愁の疾走ナンバー
メロディアスなギターソロもカッコイイけどマットの唄メロの泣き具合に胸キュンします


SIXRIDE - SIXRIDE ★★ (2009-07-08 12:35:00)

幅広い音楽性を示唆した前作の流れを引き継ぐ2nd
下山の歌詞の世界観と歌声が前面にでた作風でまとめられている
頭3曲の流れは完璧である
ある意味ポピュラリティ溢れる作風に難を示す方もいるでしょうが
ここまで洗練された音楽性を披露されたら文句はないですね
今の時代を生き抜くメタル系バンドのあり方を示してくれたのですが
残念ながら解散をしています


SIXRIDE - SIXRIDE - マグダラ ★★★ (2009-07-08 11:52:19)

洗練された哀愁のHRナンバー
滑らかなトーンのギターも心地よいが
下山の歌声が素晴らしい


SIXRIDE - SIXRIDE - 三千世界 ★★★ (2009-07-08 11:53:37)

メロディアスのミドルナンバー
ヴィブラート全開、下山の歌声に惹きつけられます
サビメロも良いですね


SIXRIDE - SIXRIDE - 蒼い刻 ★★★ (2009-07-08 11:56:41)

魂のシンガー下山の歌声に酔いしれます
珠玉のロッカバラード
アレンジも洗練され万人受けしそうです


SIXRIDE - TICKET TO RIDE ★★ (2009-07-08 12:19:00)

サーベルタイガーの下山・竹内・磯田の三人が同郷の若手二枚目ギタリストを二名迎え入れ結成されたバンドの1st、早くからLIVEなどの積極的な活動を取り、バンドとしての結束力を高めアルバムをリリースと精力的なバンドだと思いました、サウンドの方は90年代以降のヘヴィロックサウンドを中核にしつつも、モダンさやラウドさが際立つものではなく 充分サーベルファンすらも納得させられるふり幅の広い今の時代を生き抜く正統性の強いHM/HRサウンドを聴かせてくれました。魂のシンガー下山の絶唱に何度も胸を掻き毟られます、歌詞も共感できるメッセージ性の強さに涙腺が決壊しますね


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - DEC. ★★★ (2009-07-07 21:47:41)

下山の歌声に心が震えます
歌詞も良いね
水商売に身を染めた身としては
涙無しには聴けません
サビでは号泣必死の名曲です


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - PB&BB ★★★ (2009-07-07 21:53:26)

今の時代を生きるアグレッシブかつヘヴィなナンバー
下山の唄がカッコイイ名曲です
バンドのアンサンブルも心地よいね


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - REGRET DAYS ★★★ (2009-07-07 21:57:48)

アルバムのラストを飾る哀愁のあるメロディとキャッチーさが耳を惹くHM/HRナンバー
メロディアスなギターソロも良いですね
ツインギターの旨味が出ています
リズム隊も良い仕事をしていますね
個人的にはアルバムのハイライト的名曲です
カッコイイなぁ
下山は希代の名シンガーだと思う


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - SIGNAL X ★★ (2009-07-07 21:45:07)

パンキッシュな疾走ナンバー
サビで明るくなるのが良いね
メタルファン以外にもウケそう


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - SOME LIE ★★★ (2009-07-07 21:39:27)

パワフルかつアグレッシブなナンバー
シンプルだがタイトなリズムプレイのカッコイイこと
下山の歌唱力には脱帽します


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - THAT I WISH ★★★ (2009-07-07 21:41:36)

下山の魂の叫びに涙腺も緩みます
この歌詞を聴かされ身につまされました
素晴らしいヘヴィバラードだ
サビで昇天します


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - 茜色の空 ★★★ (2009-07-07 21:37:53)

哀愁のあるメロディが耳を惹く
キャッチーなナンバー
甘口にさせない下山の熱唱が光ります


SIXRIDE - TICKET TO RIDE - 裁きの夜 ★★★ (2009-07-07 21:52:03)

ダークな曲調と突き刺さる歌詞が絶妙です
下山の唄があればこその名曲


SKAGARACK - A Slice of Heaven ★★★ (2019-11-11 21:15:58)

一聴して頭をよぎったのは北欧のGloryの2枚目でしたね。北欧らしいフックに富んだ哀愁のメロディ、程良い甘さもアクセントとなっているが、そこにブルージーなテイストを導入。時代の流れを読み取り今まで以上にアメリカンな方向性に傾いているその為に、個性は薄まったが、マイナー臭を払拭することに成功、前作よりもメジャー感を増しているのが印象的です。北欧ハードポップと括るよりも広い意味での大衆性を纏ったAOR調のハードサウンド、その旨味と開き直り感は、マニアならずとも大いに楽しんでもらえるでしょう。ライトな感覚なのに、ウエッティな質感を残すメロディとギターワーク、単なるフォロワーでは終わらない、自らのアイデンティティを誇示するようにSKAGARACKサウンドを展開しているのが嬉しい。ベタに敵わないを実践していますね。


SKAGARACK - A Slice of Heaven - Angel Eyes ★★★ (2019-11-11 21:25:59)

北欧の風が吹いているねぇ
コーラスのもって生き方なんてお国柄のなせる技でしょう
ひんやりとした感触
そして泣かせのサビとビックコーラス
そこからのギターソロでしょ
ベタだけどたまらんわ
あの曲に似てるなんて言っちゃダメよダメダメ


SKAGARACK - A Slice of Heaven - Anytime, Anywhere ★★★ (2019-11-11 21:17:25)

爽快ですね
心が洗われますね
マイナー調で押し切らない大衆性と朗らかさ
まるであの曲のようだ
唄いかたはあいつにソックリだと非難されそうですが
ベタに敵う者なしです


SKAGARACK - A Slice of Heaven - Open Your Eyes ★★★ (2019-11-11 21:19:17)

やりやがったなぁ
この野郎と言いたくなりますね
ツボを付く北欧テイストと王道な泣かせの展開
甘く切ないメジャーロックの醍醐味を味わいましょう
フォリナーのようだと言われたのも納得です


SKAGARACK - Hungry for a Game ★★★ (2019-11-11 20:55:58)

知る人ぞ知る北欧メロディックマスターの一人、トーベン・シュミット引き入るメロディアスHM/HRバンドの2nd。北欧風味の残しつつ、アメリカ寄りの王道スタイルを取り込み、明確に何を聴かせたいかを定めている。その為に、ハードエッジは不足しているが、この丸みを帯びたマイルドなサウンドと、北欧特有の透明感、そして虫歯がうずくスイートメロディの数々、嫌みのない朗らかさと、ほんのりと漂う哀愁美、その大衆性を帯びた作り込はメジャー級のバンドと比肩出来るクオリティを保持しています。前作を聴いてファンになったマニアは勿論、これからバンドに触れたいと思う新規さんにも訴求する魅力を発散していますね。一口で語る事の出来ない多様性を帯びた楽曲をねじ込んでも、八方美人に感じさせないのも今作の強みでしょうね。


SKAGARACK - Hungry for a Game - This World ★★★ (2019-11-11 20:58:40)

この雰囲気に酔えるねぇ
男の哀愁美が漂っています
多様性を帯びたアルバムを象徴するように
違いタイプの名曲が登場する
泣き泣き泣きで流さないサビメロも大好きです
そしてギターはここぞで泣きまくります


SKELATOR - King of Fear ★★★ (2016-09-03 14:35:24)

カリフォルニア出身のツインギター編成の5人組が2014年にリリースした3rd。NWOBHMにも通ずる剛毅なリフワークと欧州の香りが漂う湿り気のあるメロディ、ツインギターが紡ぎだす扇情的なフレーズの数々と、言われなければUS産とは思えないメロディックな王道パワーメタルサウンドを披露、メイデン、プリーストといった大御所の影響をそのままにパッケージ、そこにエピカルな響きを導入しつつも、バタバタとした、けたたましい豪快なリズムワークなどはUS産パワーメタルならではの持ち味を発揮、US産なのに、この音はVIRGIN STEELE辺りをイメージさせるし、OMENなどのパワーメタル群を想起させる、ある意味王道だが独創性も感じられ、今の時代には珍しいスタイルでもある。少々感に触るハイトーンシンガーの歌い回しや、アングラ臭漂うカルトメタルバンドですが、ヒロイズム溢れる勇壮なメロディが嫌みなく導入される様のカッコ良さには、スケールの大きいバンド像を抱かせ、大化けする高い可能性を秘めていますね。シンフォニックに疾走する世界観とは違う、元祖ヒロイックメタルの雄、我らがMANOWAR辺りが好きに人にもイケる口でしょう。


SKELATOR - King of Fear - Curse of the Black Hand ★★★ (2016-09-03 14:43:45)

パワフルさに引けを取らないキャッチーなリフワークも耳を惹きますね
豪快です


SKELATOR - King of Fear - Honor Is Life ★★ (2016-09-03 14:46:56)

エピカルですね
芝居がかった歌い回しもハマっています
ツインリードも駆け抜けますよ
濃いわ


SKELATOR - King of Fear - Necromancer ★★★ (2016-09-03 14:50:37)

ネクロマンサーってタイトルも好きな人には期待を煽りますよね
単純に走るだけではない展開にマニアならグッとくるでょう
全曲濃厚なファンタジックメタルが詰まったアルバムだけに
耐性がないと胸やけMAXになるのですが
ヒロイズム溢れる勇壮なメロディと鉄壁のリフワーク&リズムプレイに悶絶ですね
このアングラ臭がたまらんぜ


SKELATOR - King of Fear - Raging Demon ★★★ (2016-09-03 14:40:39)

ジャーマンメタルにも通ずる男臭さが興味深いですね
エピカルな響きを奏でるツインリード
王道だし真新しさはないのですが
ココまで実直にやられると逆に新鮮ですね


SKELATOR - King of Fear - Stronger Than Steel ★★★ (2016-09-03 14:23:12)

ベタですね
そこがいいのです
メロディが飛翔するベタベタなパワーメタル


SKELATOR - King of Fear - Sword of the Dawn ★★★ (2016-09-03 14:36:29)

剛毅でファンタジックな一曲
ストロングなバンドサウンドに力が入ります