この曲を聴け!
カババーさんの発言一覧(評価・コメント) - 時系列順 1-100

MyPage

カババーさんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順
0 | 1
モバイル向きページ 
カババーさんの発言一覧(評価・コメント) - 時系列順 1-100

0 | 1


MOTLEY CRUE - Girls, Girls, Girls ★★ (2005-07-08 23:28:00)

ジャケットがかっこい!
曲の方はまずはWILD SIDE!モトリートップクラスの名曲であります!
で、個人的には他の曲はまぁまぁかなぁと。いい曲はあると思うんだけどいまいちはまりきれないな~。
ま、個人的な意見丸出しですけど…
とりあえずWILD SIDEを聴けと、プロモもかっこいいよ~。


POISON - Swallow This Live ★★ (2005-07-02 23:12:00)

LIFE LOVES A TRAGEDYやCRY TOUGHが聴きたかったのう…まぁ、それじゃぁきりないか。
FALLEN ANGELなんか結構このアルバムのやつ好きかな~。
全体を通してとても元気な感じがします。あと、早弾きフレーズ増えすぎ(笑)
そしてボーナストラックのSO TELL ME WHY!
上記の曲にピンときたアナタさん!聴いてソンはないかも!


POISON - Flesh & Blood ★★ (2005-07-02 23:05:00)

確かに先入観だけでPOISONを聴かない人はもったいないですよね!ワタクシもこのアルバム大好きです!
ポップでサワヤカで割とハードな(笑)ロックンロールが目白押し!LIFE LOVES A TRAGEDYはLAメタル屈指の名曲だと思います。
ギターソロでのC.C.のハリキリっぷりもなかなか素敵かも。


ATREYU - The Curse ★★ (2005-06-26 23:58:00)

イントロからサビの前まではメロデスとハードコアをあわせた典型的なメタルコアです。しかしサビでドラムの人が歌うパートになると急にキャッチーになります。
このキャッチーなメロディの質は今時のアメリカのバンドっぽいけど所々ハードロックちっくな部分もあるかな~。
BON JOVIのYOU GIVE LOVE A BAD NAMEのカバーも面白いです!
メロデスとキャッチーな歌メロの融合に興味のある人はどうぞ。


RICHIE KOTZEN - Electric Joy ★★ (2005-06-23 00:24:00)

ギターインストなのにとっても聴きやすい!
メロディが心地よいな~。と、思ってるとてつもないテクニックの応酬!
「ひゃ~どうやったらこんなん弾けんのよ!」的なフレーズ満載です。
ポップで歌うような、かつ前述のようなテクニカルなギターが同居したいいアルバムです!
ギタリストとしてのリッチーが聴きたいのならまずコレから。


POISON - Native Tongue ★★ (2005-06-23 00:18:00)

もうちょっとロックサイドの曲に従来のPOISONの魅力であるキャッチーな面が出ていればよいのになぁ~って思いました。ちょいと歌メロがものたりないな~。渋すぎ。
しかし、バラードはこの渋さが効果的にはたらいていい出来ですね!
それにしてもリッチー・コッツェンは巧いなぁ~。バラードにおいてのギターソロなんか緩急のつけ方バツグンでしょ!それ以外でもたまにとんでもないフレーズ出てくるし!
まぁバラード好きなら聴いてみましょう!歌メロ、ギターソロともによいですよ!


CINDERELLA - Long Cold Winter ★★ (2005-06-23 00:07:00)

確かにAC/DCみたいな曲が多いです。ボーカルの声とかギターのリフがね!
でもワタクシは好きだな~。ポップで本家より聴きやすいんですわ~。
ポップなロックンロール以外にもこれまた必殺のバラードのDON'T KNOW WHAT YOU GOTなんかあったりして非常にオススメです!
典型的なLAメタルみたいなバンドとはちょいと違いますぜ。


WARRANT - Cherry Pie ★★ (2005-06-22 23:58:00)

全体的に前作よりバラエティに富んで出来もヨイ作品です。
ヘヴィーかつキャッチーな曲もあったり、得意のバラードもあり、もちろんポップなハードロックもございます。
1番好きな曲はボーナストラックの曲かな?もろ前作路線の曲だから外されちゃったのかな?
是非とも国内盤を買いましょ~!


MARTY FRIEDMAN - True Obsessions ★★ (2004-12-22 01:18:00)

いやぁ個人的にはMEGADETHよりマーティのソロアルバムの方が楽しめちゃうんですよね!
なんてったってメロディがいいんですわ!
このアルバムでも相変わらず彼独特のメロディセンスが炸裂してます!
明るめのインスト、ROCK BOX、INTOXICATEDなんかが特にスキです。
あとバラードもいいですかね~。
とりあえずメロディアスなギターに興味があるならばお試しあれ!


FIREHOUSE - Firehouse ★★ (2004-11-13 22:10:00)

DON'T TREAT ME BADに尽きる!名曲!
他には…
確かにヴォーカルは特徴的な声ですね~。そしてなぜかときどきオペラちっくになります(笑)
そしてなぜかバラードはイマイチ自分にはピンときません…う~ん。
まぁロックチューンの出来はいいのでいいっかな?


WARRANT - Dirty Rotten Filthy Stinking Rich ★★ (2004-11-13 22:05:00)

サワヤカですね~!
もぉ~、いかにも昔は売れたんだろうな~ってのが伝わってきます(笑)
このいかにもアメリカってかんじの乾いたメロディーが心地よいです。
個人的にこのアルバムのギターのバッキングフレーズがスキです。これまた聴いてて心地よいんですわ。このロックンロール的な部分が欧州のメロディアスハードにはなかなかだせない部分ですよね。
DOWN BOYS、BIG TALKなんか結構いいですよ~。
ノリノリのポップなハードロックが好きならオススメです。


ANGRA - Rebirth ★★ (2004-10-16 23:44:00)

名盤です!もう曲がよすぎ!
疾走曲だけじゃなくてミドルテンポやバラードもいい!捨て曲もないし。
んでもって演奏うまいね~!ANGRAのみなさん。
ギターもメチャクチャうまいんだけどひたすら早弾き!ってのはあんまなくて曲にあわせていろ~んなアプローチで弾いてますね。
さらにはエドゥ!絶対アンドレより歌うまいって!いやぁ~いい声じゃ。
ほんと聴き所が多いので飽きずに聴けます。


TERRA NOVA - LIVIN' IT UP ★★ (2004-10-16 23:30:00)

爽やかでよいですね!
なんせ曲がいいしヴォーカルの声とツボをおさえたメロディアスなギターソロも個人的にお気に入りです。
最初聴いた時は叙情的なハードポップを期待してたんでちょいと「明るすぎじゃん!」って感じでしたけどこういったさりげなく哀愁をかんじさせる音もいいですよね。


ULI JON ROTH - Beyond the Astral Skies ★★ (2004-10-12 00:13:00)

ギターが泣きすぎ!この泣きを含むギターソロがアルバムのほとんどで聴かれます!
ここまでスンバラシイギターを弾かれるとヴォーカルなんか関係ない!
自分の所有するCDのなかでもここまでギターが泣きまくってるのはなかなかないです!
んでもってギターによる感情表現が凄まじい!I'M A RIVERのギターだけのとこなんてもう聴いててウリ仙人に降参です。
泣きメロフェチは是非とも聴いてくださいませ…ってとりあえず頑張って探しましょう(笑)
廃盤はもったいないよ…


UNEARTH - The Oncoming Storm ★★ (2004-10-12 00:03:00)

メロデスそのものですな。ハードコアは後からついてくるよーな感じです。
フツーにメロディが北欧のメロデスバンド並みにクサイです。
まぁZOMBIE AUTOPILOTで結構かっちょいいギターソロ弾いてんだからもうちょっとそこらへんを強調してほしかったかな?とも思わなくもないが間奏のフレーズもなかなか良いので我慢します。
とりあえず3~5枚目あたりのIN FLAMESが好きならオススメです~。


SILVER MOUNTAIN - Roses and Champagne ★★ (2004-10-11 23:55:00)

曲調はポップです!んでもって哀愁&透明感があり、曲の出来が全体的にいいのでとてもオススメ!
さらにヴォーカルの甘い声がいいかんじ!曲にあってるんだよね!
極めつけはヨナス・ハンソンのギター!これは非常にメロディアスでエモーショナルでたまらんです!
けんしょーさんのいうとおりこれだ!って曲があったらとてつもないアルバムだったかも…
ヨナスさん!こんな感じのアルバムもう一枚つくってみてぇ~!


TNT - Intuition ★★ (2004-10-11 23:45:00)

いやぁ~スバラシイ!
これぞ清涼飲料水メタル(笑)!
個人的には前作のほうが好みだけどこれこそがTNTの音とてのイメージですよね。
特にTONIGHT I'M FALLINGとINTUITIONを聴かずに北欧メタルは語れませんぞ!
のびのある透明感のある声に透明感のある演奏。ひゃ~!たまらん!


ARCH ENEMY - Black Earth ★★ (2004-04-22 19:27:00)

STIGMATAやBURNING BRIDGESを聴いた後にこのアルバムを聴いたので最初はちょっと物足りなかったけど、今はすっかり好きなアルバムになりました。
BURY ME AN ANGELに代表されるように激しく突っ走る曲が多い!
自分を含め、後追いでARCH ENEMYを聴く人はここらへんが魅力的だと思います(多分)。


TNT - Tell No Tales ★★ (2004-04-22 19:18:00)

個人的にはINTUITIONより好きだったり。
このアルバムは通してすんなり聴けちゃいます(収録時間短い影響もあるでしょうけど…)
とび抜けていい曲はポップな10,000LOVERS(IN ONE)にLISTEN TO YOUR HEART!
ハイトーン多用してくれるし、ギターもバッチリ泣いてくれるし、歌メロもポップ!
こうしてみると自分の好みの要素が一杯入ってますなぁ…しかも北欧のバンドだし。
気に入るのも当然でしたね。


AINA - Days of Rising Doom ★★ (2004-04-16 13:29:00)

HEAVENS GATEのロバート・ヒューネッケ・リッゾなる人物のメタル・オペラのアルバムです。
主だった参加はサシャ・ピート、マイケル・キスク、グレン・ヒューズ、トビアス・サメット、トーマス・リトケ、キャンディス・ナイト、アンドレ・マトスです。
曲はシンフォニックなHEAVENS GATEといった感じで、トーマス・リトケが歌う曲になるとまんまHEAVENS GATEです(笑)
個人的にマイケル・キスクが結構歌ってくれてるのが嬉しかったです。欲をいえばメロディック・スピードメタル系の曲も歌って欲しかったなぁ。
結構、曲も出来がいいのでアルバム中たくさん登場するマイケル・キスク、トーマス・リトケあたりの名前にピンときたらオススメです。
あと二枚組みなんで値段は3800円と高めです。んでもって二枚目は本編のヴァージョン違いの曲ばっかです…これなら一枚で2500円のほうが…


FAIR WARNING - 4 (Four) ★★ (2004-04-13 23:53:00)

結局これがFAIR WARNINの最後の作品となってしまったわけだが、これまたスバラシイ!
ワタクシの音楽に求める要素のほとんどをこのバンドは持っていたので解散はとても残念です。
このアルバムからはTELL ME I'M WRONGとFOREVERのような歌の上手いボーカルが良いメロディーを歌い、んでもってギターは泣きまくり、といったスタイルをここまで高いレベルでできるバンドは最近じゃ滅多にありませんぜ。
再結成してくれぃ~!


YES - Close to the Edge ★★ (2004-04-01 01:07:00)

とりあえずメロディーが素晴らしい。これだけでも十分名盤。
このメロディーにつられて何回も聴いてくとドンドンはまっていってしまいます。
18分あるCLOSE TO THE EDGEなんかほんとだれずに聴けてしまいます。これは自分でもビックリしました。
初めてのプログレには是非このアルバムを!


Y & T - Earthshaker ★★ (2004-04-01 00:58:00)

最初聴いたとき、Y & Tっていうと泣きのイメージがあったんでこんなハードロックなバンドだとは思ってなかったのでビックリしました。でも泣きの具合はイメージ通り半端じゃなかったです。
それにしても泣きを織り交ぜた激しいハードロックから伝わってくる男の哀愁はカッコイイ!
男なら一度はRESCURE MEを聴くべきだ!


WISHBONE ASH - Argus ★★ (2004-04-01 00:45:00)

渋い!泣ける!
帯にもかいてありましたがこのバンドのツインリードギターはほんとキレイです。
特にTHROW DOWN THE SWORDのソロは感動的でございます。
ギター同士が絡みがヤバイ!


MEGADETH - Rust in Peace ★★ (2004-04-01 00:38:00)

かっこいい!とにかくソロにリフにギターが冴えまくり!
ただ最初にきいた時は「?」でしたけど…
「ボーカルはなんじゃこりゃ?」「曲の展開が…?」
しかし、何気に聞き込んでいたらいつのまにかかなりのお気に入り。こういう変化球サウンド(笑)は奥が深いっす。聴くたびに新たな発見がまってます。


MICHAEL KISKE - Supared ★★ (2004-04-01 00:30:00)

なかなかよいですよね。前作の明るい曲の路線をおし進めたようなかんじです。
まぁキスク好きの人以外にはまったくもってオススメできませんが(笑)
自分もとりあえず皆さんと同じく応援していきたいと思います。
あと、たまには他のバンドにゲスト参加してメタルも歌ってね。


SAVATAGE - Edge of Thorns ★★ (2004-03-11 03:02:00)

ザッカリー・スティーブンスは歌うまいっすね~。
劇的な要素はSTREETS A ROCK OPERAより少ないかもしれないけど(それでも十分劇的です)、前述のザッカリーの歌唱力とクリス・オリヴァのギターがあれば名盤誕生でございます。
それにしてもSAVATAGEのバラードは心に染みますね~。


MCAULEY SCHENKER GROUP - Save Yourself ★★ (2004-03-10 00:37:00)

SAVE YOURSELFとTHERE HAS TO BE ANOTHER WAYなんかほのかに初期M. S. G.の香り。
他にもロビン組んでからのポップなスタイルの楽曲でもいい曲ありますね。
ただアルバムの全体の出来自体はロビン時代で一番悪いかも。シェンカーが作曲に関わってない曲はつまらん。
いい曲はあるが、穴の多いアルバムですかね。


WANDS - Little Bit... ★★ (2004-03-08 00:44:00)

アルバム全体の出来はPIECE OF MY SOULより上だと思う。ハードポップ的な楽曲が多く、ギターがいい感じなせいかな?
アルバム通して「フツー」の曲が少ないのがいい!どの曲もにも良さがある!
1番気に入ってる曲は「声にならないほど愛しい」ちなみ作曲者は織田哲郎(笑)
WANDSと織田哲郎はセットとして考えましょう。
ちなみにこのアルバムも激安価格で売ってますな。


IN FLAMES - The Jester Race ★★ (2004-03-08 00:33:00)

「泣き」がぎっしりつまったアルバムです。
全体的にも曲の出来がよい!が、ほとんどの曲が個人的に曲の良さの程度が同じように感じたためにあまり曲単位の印象が残らなかったが、じっくり聴くにつれ曲の輪郭がはっきりしてきて、今やお気に入りの一枚です。
じっくり聴いて泣きを堪能しましょ。


MANIC EDEN - Manic Eden ★★ (2004-03-04 02:09:00)

最初聴いたときは「?」でしたが聴き込につれいい曲を発見!
バラードのRIDE THE STORM、DO ANGELS DIE、DARK SHADE OF GREYなんかはよかったっす。
VANDENBERG時代の「一撃必殺ギターソロ」はなくて、オブリガードやアコギのアルペジオを含め曲全体で勝負!みたいな感じでしょうか。
VANDENBERGに比べて聴く回数は明らかに少ないですがたまに引っ張り出してこの三曲聴いてます。


LAST AUTUMN'S DREAM - Last Autumn's Dream ★★ (2004-03-03 01:23:00)

歌声、歌メロ、ギターのどれをとっても哀愁度バツグン(?)
曲けっこう渋めなオトナの味。全体の雰囲気で勝負してるような気がします。
もちろん曲の出来もいい!最後までだれずに聴けますわい。
ほんとにこの一枚だけではもったいない!次もつくってね。


HELLOWEEN - The Best, The Rest, The Rare ★★ (2004-03-03 01:08:00)

SAVAGEとLIVIN' AIN'T NO CRIMEがお気に入り。
っつーかこの2曲ほんとに同じバンドかい!っと思ってしまうほど曲調違いますな…
個人的にはGUARDIANSのキスクヴァージョンが聴きたかった…
まじであの曲にカイのヴォーカルはもったいない…


HELLOWEEN - Keepers Live ★★ (2004-03-03 01:04:00)

HOW MANY TEARS!
実は結構とっつきにくい曲だったりしますけど…この曲だけても聴き所がたくさんあるのよね。
HOW MANY TEARSをいかに楽しめるかによってアルバムの評価もかわってくるでしょうね。


HELLOWEEN - Keeper of the Seven Keys, Part I ★★ (2004-03-03 00:57:00)

次のⅡの出来が素晴らしいので後追いの自分からすると最初はけっこう地味な感じでした。
まぁⅡと比べたらそりゃ地味になっちゃうけどいいアルバムですよ。
なんつったってキスクがまともにメタルの曲を歌ってるアルバムはこれを含めて2枚しかないですからね(笑)
曲調はⅡと比べるとカイ・ハンセンも色のでたストレートな曲が多いです。
正統派っぽいかな?そーでもないかな?


HELLOWEEN - Keeper of the Seven Keys, Part II ★★ (2004-03-03 00:50:00)

メタルにはまるキッカケのアルバムです。
最初から最後まで続く素晴らしい名曲(ちょっと言いすぎかな?)にキスクのハイトーン!これぞハロウィン!
ヤヴァイくらい素晴らしいっす!
なんだかんだハロウィンのボーカルはキスクでソングライターはヴァイキーだ!


WANDS - PIECE OF MY SOUL ★★ (2004-03-01 18:06:00)

スラムダンク世代なので「世界が終るまでは…」は懐かしい!
他の曲もハードポップ色が強くてけっこういい。
しっかし今とんでもない値段で売ってますな…缶ジュースより安いじゃないの。
ハードポップ好きの人はジュース一杯我慢して買ってみましょう。


FAIR WARNING - Fair Warning ★★ (2004-03-01 14:29:00)

FAIR WARNINGでアルバムを通して聴くならこの一枚!
聴き所がいっぱいあります!
歌の上手いボーカルが哀愁のメロディを歌いギターソロでは泣きのフレーズを連発してくれます。
これはよいよ!


FAIR WARNING - Go! ★★ (2004-03-01 14:23:00)

ちょいとバラードが多すぎる。んでもって後半はバラードばっか続くので根気が必要でした。
曲の出来はいいんだけどなぁ…
ここらへんがみなさんがおっしゃってる選曲の問題でしょうか?
あと、このアルバムはアンディの病気があってかヘルゲのスカイギターの使用頻度がグンと上がってます。んでもってヘルゲの書いた曲の出来が素晴らしい!
特にヘルゲ作でスカイギターが炸裂してるANGELS OF HEAVENは個人的にFAIR WARNINGで1番の名曲であります。ヘルゲさんありがとう。


MCAULEY SCHENKER GROUP - M.S.G. ★★ (2004-02-27 02:38:00)

今風にいうならばメロディアスハードの名盤といえるのでは?
ロビンの歌声と曲がみごとに合っておます。歌うまいっすよね、この人。
ただマイケル・シェンカーが裏方に徹しすぎてるような…やっぱこの人には劇的なギターソロを期待してしまうんですが…う~ん…
ただ曲を全体的に聴くとよいんですわ。哀愁のある歌メロにメロディアスなギターソロは魅力的です。


JOHN NORUM - Face the Truth ★★ (2004-02-27 02:27:00)

ジョンのギターがよい!グレンのヴォーカルがよい!
さらに曲もよい!
こ~れはまじすごいわ。WE WILL BE STRONGも浮いちゃってるけどいい曲デスヨ。
オススメの一枚でございます。


YNGWIE MALMSTEEN - Eclipse ★★ (2004-02-26 23:51:00)

非常に北欧メタルな一枚。
特にキーボードがナイス!いいフレーズ弾いてくれますね~。
MOTHERLESS CHILDのサビのところとDEMON DRIVERのギターソロの裏のとこがツボですわい。
ボーカルの歌唱や歌メロもよいし、イングウェイのギターもたまに物凄いソロ弾いてくれます。
やっぱ北欧サウンドはいいねぇ~。


MARTY FRIEDMAN - Scenes ★★ (2004-02-25 23:41:00)

結構アコースティックギターのパートが多くしっとりとした感じ?です。
そのしっとりしたとこにエレキギターの泣きのフレーズがはいってくる瞬間が劇的なんですわ。
んでもってそれがMEGADETHのときよりギターがメロディアスであります。
さらにんでもってほとんどの曲がよいです


FOREIGNER - 4 ★★ (2004-02-25 23:20:00)

FOREIGNERに哀愁のあるポップな楽曲をもとめる自分としてはこのアルバムはずばり名盤!
BREAK IT UPはハードポップの名曲!これがまたルー・グラムの声と楽曲があうんだな。
産業ロックだからといって敬遠しているメロディアスハード好きの人に聴いてもらいたいです。
ほかの有名な産業ロックバンドにくらべてFOREIGNERは泣きが強いですし。


TNT - My Religion ★★ (2004-02-25 23:03:00)

原点回帰といってもINTUITIONみたいな透明感があるわけではないので
「INTUITIONこそTNT!」というひとは注意かも…
例えば、LONELY NIGHTSの歌のメロディは全盛期に匹敵するほどよいんですがバックの演奏はほとんどジャカジャカしてて、クリーンなギターは聴こえてきません。
しかし透明感はあまりないにしろメロディはとてもいいんで、透明感のないTNTでもいいならオススメの一枚です。


TESTAMENT - First Strike Still Deadly ★★ (2004-02-16 01:28:00)

サッチモリーさんのいう通りメロディ重視の自分はとても楽しめました。
スラッシュはあまり聴かないほうなんですがTESTAMENTはお気に入りです。
やっぱ聴き所はやはりアレックス・スコルニックのギターですね!
かっこいいリフに続くメロディアスなソロは最高ですわ。
初期の頃の楽曲だから勢いある曲ばっかなものまたよい。さらにはよりヘヴィになっとります。
TESTAMENTを聴くならまずこれがヨイヨ!


MICHAEL SCHENKER GROUP - Assault Attack ★★ (2004-02-16 01:16:00)

買ってしばらくはDANCERばっか聴いてましたが、他の曲もよく聴くといい曲があるんですよね。
しかしこのアルバムには「一撃必殺ギターソロ」がないのは痛い!他の初期M. S. G.やUFOのアルバムなんかは必ず一曲は自分のなかでヒットする曲があるんですがね。
ま、DANCERの出来があまりにもいいんで…うむ。
グラハム歌もよいし…正統派ハードロックの名盤としておきましょう。


MICHAEL SCHENKER GROUP - The Michael Schenker Group ★★ (2004-02-16 01:04:00)

結構名盤として紹介されるのはこのアルバムですよね。それだけ評価されるだけあってとても良いアルバムです。
クオリティーの高い楽曲がこれでもか!と、最初から最後まで続きます。
しかしこの頃のマイケル・シェンカーはさぞかし凄かったんでしょうな。まじでギターがヤヴァイ!泣きのフレーズが琴線に触れまくりです!
神様万歳!


TWILIGHTNING - Delirium Veil ★★ (2004-02-09 01:12:00)

ありきたりなメロスピじゃございません!わりと正統派色が強いです。
ボーカルは歌唱力あるし歌メロもよい!
んでもってギターもネオクラシカルなプレイに走り過ぎていないとこがナイス!きっちりメロディーならしてくれます!
まだ若いしこれからが楽しみですな。


HAREM SCAREM - Mood Swings ★★ (2004-02-04 23:36:00)

ずっとポップなハードロックバンドだとおもっていて聴いてみたけど、実はいろんなタイプの曲があったりする。
んでもってSAVIORS NEVER CRYやCHANGE COMES AROUNDのような曲は当然いいんだけど、JEALOUSYやSENTIMENTAL BLVDなんかもろ産業ロックっぽいけどこれがイイ!
絶対この手の音楽にはむいてるね。


ALCATRAZZ - No Parole From Rock'n'Roll ★★ (2004-02-04 23:20:00)

イングウェイのジーパン姿の写真が見られるというだけでもすごいアルバム…かな?
そしてイングウェイのソロにおいても現在とは異なったプレイをしているアルバム。
ギターソロが聴きやすい!これにつきる!長さもちょうどいいし、メロディ大切にしてるしね。
もう一回ジーパンをはいてギターをひいてくれ(笑)!


OZZY OSBOURNE - Blizzard of Ozz ★★ (2004-02-04 23:13:00)

CRAZY TRAIN、GOODBYE TO ROMANCE、MR.CROWLY。
3曲でのランディのギターは泣かせてくれます。
正直いつも自分はこの3曲しか聴かない、というよりこの3曲ばかりを聴きまくっている。
オジーの作品でもこれだけ名曲が詰め込まれているのは個人的にこのアルバムだけ。


DISSECTION - The Somberlain ★★ (2004-02-04 23:01:00)

メロデスより激しいけどメロデスなみにメロディアス。
メロデスをきいて「ブラストビートが足りん!」と嘆いている人にはぴったりでしょう。
ただ個人的にはギターの音をもっと全面に押し出してくれた方がよかったかも。
ギターのメロディはいいんだけど聴きにくいとこあるわ。


ASIA - Alpha - The Smile Has Left Your Eyes ★★ (2004-02-01 01:30:36)

ラストはまさに泣きです!感動!


ASIA - Alpha - Open Your Eyes ★★★ (2004-02-01 01:29:07)

後半の展開がすき!
特にウェットンさんとスティーヴさんの絡みは見事!


ASIA - Alpha - Don't Cry ★★★ (2004-02-01 01:26:07)

いい!この曲は大好きだ!
あからさまにポップなのではなく哀愁があるのがたまらん!


ASIA - Alpha ★★ (2004-02-01 01:22:00)

ANTHOLOGIAしかもってないけど発言するのはアリっすよね?収録曲全部はいってるし。
ANTHOLOGIAのなかでよく曲は断然ALPHAが多い。
ASIAはちいとメロディがさえる曲が少ない気がするし、ASTRAはちょっとおちゃらけている印象がある。
このALPHAはこの二つの中間ともいえるちょうどいいメロディがひたすら流れるます。しかも名曲が多い!
ハードポップ好きは聴いて損はないですよ。


IN FLAMES - Reroute to Remain: Fourteen Songs of Conscious Insanity ★★ (2004-02-01 01:03:00)

このモダーンな感じがニガテな自分は通して聴くのはツライ。
この路線をおし進められるときついなぁ…
自分の気に入った曲はどれもメロディ重視の曲ですからねぇ~。
でもこういった曲のおかげでIN FLAMESが好きなら楽しめるとおもいますよ。


IN FLAMES - Colony ★★ (2004-02-01 00:57:00)

IN FLAMESを聴き始めるなら絶対コレでしょ!
まさに完成されたメロデスです!
ただし名盤だとは思えない。
正直聴いててだれます…まぁこれはIN FLAMESに過剰なまでメロディを期待してしまう自分なりの意見ですけど。
しかしメロデス屈指の名曲EMBODY THE INVISIBLEを聴いてしまってはこのようなものを期待しちゃうって!


THE CLASH - London Calling ★★ (2004-01-23 01:51:00)

音は初期とは全く離れてますな。
しかしこっちのほうが音がキレイだしポップ聴きやすい!
曲もいろんなタイプの曲あってクオリティーも高いの最後までだれないで聴けます。
これぞロックの名盤!


GREEN DAY - Warning: ★★ (2004-01-23 01:42:00)

メロディックパンクというより普遍的なポップ寄りの音じゃないでしょうか。
このアルバムにおいてはいままでのグリーンデイの典型的スタイルとされてた速い曲は皆無。
おだやかな曲調が多く、勢いの力を借りるのではなくはきちんと聴かせるアルバムとなってます。これまでになくポップになってるし。
そしてこのアルバムのハイライトはやっぱMINORITYでしょう!
かれらの楽曲のなかでも郡を抜いてポップセンスが爆発してます。
ポップ君は必ず聴くべし!


BLINK-182 - Enema of the State ★★ (2004-01-23 01:30:00)

ポップでよいメロディラインの曲がひたすら続く…
最初から最後まですんなり聴けますわぁ~。
このバンドの独特のメロディラインが好きなんだよね~。さりげなくよい!みたいな。
上の片もおっしゃってますがポップパンクではトップクラスのアルバムでしょう。
ポップ君には特にオススメ!
歌詞の意味が直でわかればもっと楽しめるんだろうな。


MICHAEL KISKE - Instant Clarity ★★ (2004-01-22 03:34:00)

メタル色の強い曲ばっか聴いてしまう自分がいます…
っていうかこんな曲収録されたら聴いちゃうって!
いい曲をキスクが歌う!たまらん!
このほんの一部の曲をのぞいては穏やかムードな曲が続きます。
これまたPINK BUBBLES GO APEから続く「そこそこ聴ける曲」。
ポップな音楽をやるのはかまわないんだけどやっぱ誰もが認めるような名曲を1曲ぐらいはなぁ…
やっぱ実力あるだけに期待する量もあるんですが…


HELLOWEEN - Chameleon ★★ (2004-01-22 03:26:00)

PINK BUBBLES GO APEと同じく聴きようによっちゃそれなりに聴けるアルバム。
「メタル」への執着心の強い人はキツイんじゃないでしょうか?
ただ、それなりに聴けるといってもアルバムを通して聴くのはかなりキツイ。
つまらない曲がちょいと多いかな。そのわりに収録時間長いし。
でもキスク好きならば買っとかないとね!WINDMILLはヨイ!


EARTHSHAKER - MIDNIGHT FLIGHT ★★ (2004-01-22 03:13:00)

ポップな歌メロと泣きのギターが好きなワタクシにとってはかなりのお気に入り!
なんか歌謡曲をハードロックアレンジしました!って感じ?
雰囲気としてはASIAにも通じるかな?
でもメロディーの質はまさに日本製!RADIO MAGICなんかもろですな。


DEEP PURPLE - Burn - Burn ★★★ (2004-01-21 03:11:50)

完璧だね!
ギターかっけぇ!
ドラムはえぇ!
ボーカルうめぇ!
キーボードかっけぇ!
特に歌の部分のグレンが絡んでくるとこからなんてたまらん!
「おーらーひー」ってとこから「ばーん」まで。


DEEP PURPLE - Burn - Lay Down, Stay Down ★★★ (2004-01-21 03:07:18)

第三期のなかでもかなりお気に入り!
グレン・ヒューズはまじ歌うめぇわ!
デヴィカバさんも渋い!


AEROSMITH - Toys in the Attic - Walk This Way ★★ (2004-01-21 03:03:18)

リフだねぇ~。
リフがよいよ~。
ペリーさんは偉大なるリフメイカーですな。


AEROSMITH - O, Yeah! Ultimate Aerosmith Hits - I Don’t Want to Miss a Thing ★★ (2004-01-21 03:00:55)

やっぱいいですよね!
最初は先入観からあんま聴こうともしなかったけど実際よく聴くとこの曲を認めてしまいました。


UFO - Walk on Water - A Self Made Man ★★ (2004-01-21 02:56:44)

渋い!
まさにジャケット通りの曲だ!


UFO - Phenomenon - Time on My Hands ★★ (2004-01-21 02:55:23)

人に優しいギターソロです。
いやされるわぁ~。


UFO - No Heavy Petting - I'm a Loser ★★★ (2004-01-21 02:53:33)

ラストのギターソロはヤバイ!
泣きまくって、いったん止まって、昇っていく(笑)


UFO - Walk on Water - Dreaming of Summer ★★ (2004-01-21 02:51:54)

ほんの少しだけかなり泣きのメロディがきこえてくる。
このためにだけ聴いても損はないです。


UFO - Lights Out - Love to Love ★★ (2004-01-21 02:47:57)

評判の高い2番目より特にメロディに比重を置いている最初のギターソロのほうが好みかな。
かんなり泣いてくれます。


UFO - Force It - High Flyer ★★ (2004-01-21 02:45:15)

英国ってかんじな曲。
歌メロ悲しいねぇ~。さらに泣きのギターで追い討ちです。


UFO - No Heavy Petting - Natural Thing ★★ (2004-01-21 02:43:22)

ノリノリですわい。
この曲はリフだね。このジャカジャカいってる音がステキ。


UFO - Obsession - Only You Can Rock Me ★★★ (2004-01-21 02:41:31)

リフがかっこいいしもポップでいい感じ!
UFOの代表曲の一つらしいですね。


ALCATRAZZ - No Parole From Rock'n'Roll - Too Young to Die, Too Drunk to Live ★★ (2004-01-20 03:28:45)

ギターソロはいいねぇ~。
キレイです!
この人は年取るごとにソロが荒くなっていきましたね(演奏ではなくメロディに関して)


ALCATRAZZ - No Parole From Rock'n'Roll - Island in the Sun ★★★ (2004-01-20 03:25:21)

ALCATRAZZの曲を総合的にみると1番好き。
イントロ、
歌メロ、
ギターソロ、
そして終わり方までも二重丸。


ARCH ENEMY - Wages of Sin - Shadows and Dust ★★ (2004-01-20 03:20:52)

前の曲と合わせて一曲だったらもっと評価が高かったんじゃない?
典型的なアークエネミーの曲ですね。


ARCH ENEMY - Wages of Sin - Enemy Within ★★ (2004-01-20 03:18:36)

イントロはいままでになくメロディアスな分ソロがアークエネミーにしたらフツー。
とくにクリストファー君のパートはメタラーなら一度は聴いたと思われるフレーズが…


ARCH ENEMY - Burning Bridges - Demonic Science ★★ (2004-01-20 03:14:21)

最後の部分をもっときかせてくれい!
もう一本がギターがふえて
「これは泣きそうじゃ!」
といったとこで終了…
半泣きってことかな(笑)


ARCH ENEMY - Stigmata - Let the Killing Begin ★★★ (2004-01-20 03:11:46)

まさにヘヴィ!
ギターのクリーンのとこから一気に泣かせるとこがポイント!


ARCH ENEMY - Anthems of Rebellion - Dead Eyes See No Future ★★★ (2004-01-20 03:09:39)

アルバムの中で数少ないツインギターが炸裂している曲。
特にラストのマイケルなんかいいですね。
サビの裏のギターもいいですね。
イントロはチョイメタリカですね。


ARCH ENEMY - Wages of Sin - Snow Bound ★★★ (2004-01-20 03:04:54)

このアルバムで1番好き(笑)
泣きにてっするマイケルにはかなわん!


ARCH ENEMY - Burning Bridges - Angelclaw ★★★ (2004-01-20 03:02:59)

後半の展開がいい!
これも兄弟のなせる技ですな。


ARCH ENEMY - Black Earth - Fields of Desolation ★★★ (2004-01-20 03:00:07)

リメイク版のほうが断然ステキ。
この曲の魅力はギターソロ!ぶっちゃけソロまでは並かな?
このアモットさん達が交互にソロを弾くとこなんてたまらんね!
いつもは早弾きにてっしているクリストファー君までもアルマゲドンの時ばりの泣きのソロを弾いてくれまして…
そしてマイケル兄さんもいつも以上にシェンカーっぽいソロを披露。
そして最後はJET TO JET(笑)


ARCH ENEMY - Burning Bridges - The Immortal ★★ (2004-01-20 02:51:57)

アモットさん達によるソロがいい!
特にマイケルさん!たまらん!


ARCH ENEMY - Burning Bridges - Silverwing ★★★ (2004-01-20 02:47:42)

アークエネミーといったらこの曲でしょう!
マイケルさんのギターが最高!
んでもってボーカルも聴きやすい点もいいね。


DARK TRANQUILLITY - Damage Done ★★ (2004-01-17 01:57:00)

びしっとしたメロデ~スな一枚。
確かに「これぞ名曲!」みたいな曲はないかもしれないけど、いい曲満載!
曲の良さやバンドの音など含めて安定感のある作品でございます。
なんかデスメタルだけどめちゃくちゃ整ってます。
しかし大御所メロデスバンドが今になってこういった音楽やるとは珍しいですね。
個人的には続けていってもらいたいもんです。


ARMAGEDDON - Crossing the Rubicon - FUNERAL SPACE ★★★ (2004-01-17 01:36:58)

即効性はTHE JUGGERNAUT DIVINEより上かな。
後半のお兄ちゃん的な泣きいいんですわ~。


ARMAGEDDON - Crossing the Rubicon - Astral Adventure(the Escape) (2004-01-17 01:32:01)

ギターソロはいいんだけどそれ以外が少々厳しい…
まぁ個人的にはソロがいいから良しなんですけどね!


ARMAGEDDON - Crossing the Rubicon - The Juggernaut Divine ★★★ (2004-01-17 01:29:52)

リフがオフスプリングみたい(笑)
ソロもバッチシ!やってくれるねこのクリストファーは!


SENTENCED - Amok - New Age Messiah ★★★ (2004-01-17 01:26:04)

いいメロディだなぁ~
前の数少ない人(泣)もいってますがメロデスのなかでもトップクラスの曲だと思います。


STRATOVARIUS - Elements, Part 1 - Eagleheart ★★★ (2004-01-15 02:27:14)

キャプテンの番組で聴いたライブ版のほうが断然いい!
イェンスのキーボードも結構目立ってるし、ラストの大合唱の部分なんかたまらんね!
っつーことでライブ盤だしてくれぇ~!


WHITESNAKE - Slip of the Tongue ★★ (2004-01-07 02:24:00)

バラードの出来が素晴らしい!ギターがスティーヴ・ヴァイでもゼンゼン気になりません!
しかし欲をいうなればバラードだからこそエイドリアン・ヴァンデンバーグの泣きのソロが聴いてみたかったなぁ。
バラード以外は「スティーヴ・ヴァイ印満載、デヴィカバさんの声無理しすぎ」状態で苦笑した覚えが…
リアルタイムで聴いた人はさぞかし驚いたことでしょう。


MOTLEY CRUE - Dr. Feelgood ★★ (2004-01-07 02:03:00)

ロックンロ~ルです!
ポップで馴染みやすいメロディもよし!
んでもって内容も充実!やはりバリバリのハードロックやキレイなバラードなんかがよいですわ。。
こんなわけでジャケットの裏のメンバーの写真と音が見事にマッチしております(当たり前だけど…)
ワタクシもさりげなくミックおじさんはいいギターを弾くと思います。プロモだとソロカットされてるとこあるけど(泣)


GAMMA RAY - Land of the Free ★★ (2004-01-05 03:54:00)

え~…カイ・ハンセンの声ニガテです…
このアルバムはキスク目当てで買いました。
そして当然のことながらカイとキスクが組むんだから素晴らしい曲が生まれたと。
キスクの参加した曲は2曲とも聴きまくりました!
カイ・ハンセンが歌っている曲はメロディいいんで「いい曲だなぁ」とは思うも繰り返し聴く気にはなれず。
でもこのキスクをひっぱり出して、しかも素晴らしい曲をつくってくれたカイ・ハンセンに感謝!


VANDENBERG - Heading for a Storm ★★ (2004-01-05 03:44:00)

エイドリアンさんこんな素晴らしいギターを弾いてくれてありがとう!あんた泣きまくりじゃん!歌メロもけっこういけるし。
んでもって古臭さ満載(笑)ここまで感じさせてくれるとはある意味すごい。
しっかしFRIDAY NIGHT、DIFFERENT WORLD、THIS IS WAR、WAITING FOR THE NIGHTみたいな名曲が1つのアルバムに入ってるってことはほんとにすごいですね。


UFO - Phenomenon ★★ (2004-01-05 03:31:00)

皆さんも言っておられますがDOCTOR DOCTORとROCK BOTTOMの為に買っても損はないです。
はかにもいい曲ありますけどこの2曲はズバ抜けてますね。