この曲を聴け!
DESTRUCTION
MyPage

DESTRUCTION
モバイル向きページ 
解説 - DESTRUCTION

1982年、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ヴァイル・アム・ラインにて結成されたスラッシュメタルバンド。
日本ではしばしばSodom、Kreatorと並んで『ジャーマンスラッシュ三羽ガラス』と称される。デビュー当時および現在は、メタル界では珍しいスリーピースバンドであるが、前身バンドである Knight of Demon結成当時は5人編成で、ツインギターの4人編成、ゲストボーカルと専任ベーシストを含めた5人編成の時代もあった。
1984年にはDestructionに改名、デモ『Bestial Invasion of Hell』を制作してSteamhammer Recordsと契約。11月にEP『Sentence of Death』をリリースしてデビュー。
1987年にはHarry WilkensとOliver "Olly" Kaiserの加入により4人編成になる。1989年、Harryとの音楽性の不一致により、リーダーだったSchmierが脱退しHeadhunterを結成。よりテクニカルな方向を求めたHarryと、直線的スラッシュメタルを求めたSchmierとの間の軋轢が原因であった。ヴォーカルが見つからずにAndré Griederにヘルプを頼み、4thアルバム『Cracked Brain』をリリースするも、バンドは低迷期へ突入する。レコード契約も失いながらも活動を続け、1998年には5thアルバム『The Least Successful Human Cannonball』ではグルーヴメタル/オルタナティブメタルに影響を受けたスタイルに変貌した。
1999年にSchmierが復帰し新たなドラマーにSven Vormannを迎え、結成当初と同じ3人編成となる。その後Nuclear Blastと契約し、2000年に6thアルバム『All Hell Breaks Loose』をリリース。スラッシュメタルの音楽性に回帰した復活作になった。2005年の9thアルバム『Inventor of Evil』以降はワールドワイドでのリリース用にAFM Recordsとも契約。
ドラマーは相変わらず安定せず、現在は2010年に加入したWawrzyniec "Vaaver" Dramowiczが担っている。

Current members (リーダーはSchmier)
Mike Sifringer – guitars (1982–present)
Schmier(Marcel Schirmer) – lead vocals, bass (1982–1989, 1999–present)
Wawrzyniec "Vaaver" Dramowicz – drums, backing vocals (2010–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ローランDEATH ★★ (2002-09-25 22:33:00)

復活して元気に(多少無理して?)スラッシュしてくれるのは嬉しいんだけど、俺はあの RELEASE FROM AGONY の頃のサウンド、楽曲が忘れられない。4人編成、ツインリードにして欲しいな。



2. JENESIS ★★ (2003-03-13 01:45:00)

その名の通り、とにかく破壊的。メロディック・デスにひけを取らない、スラッシュ・メタルの王道。
個人的にはスレイヤーに次ぐスラッシュ・バンド。




3. HIGASHI ★★ (2003-03-31 00:00:00)

《STOP THE WAR》にみるバンドの信念
彼らの公式サイトをみると右上に“STOP THE WAR"とあり、ケネディ大統領のこの言葉が引用されている(当然アメリカに対する痛烈な皮肉だ)。
「人類は戦争が人類を滅亡させる前に戦争を放棄しなければならない」
そしてシューミアが何故“Fuck The USA"をバンドがカバーしたかの説明がなされている。要するに一般的なアメリカ市民は大好きだけど、無意味な戦争をしかけ金儲けしている奴らが許せない、と言っている。
彼らのこういった姿勢は何も今回に限ったことではなく、常に世の中の欺瞞に対して声を上げ続けている。その言及はタブー視されている宗教にまで及んでいる。
“Curse The Gods"という曲では彼らはこう主張している。
「世の中にはいろいろな宗教があり、どの宗教もお互いや隣人を愛せ、と言っているのに、自分達の宗教以外は認めず、お互い同士で迫害し続けるのは論理的におかしい!一体宗教の正義のためにどれだけの人々が死ななければいけなかったのか!」
と叫び続ける。
だから今回も彼らは立場をはっきりさせ、欺瞞だらけの戦争なんかやめろ、と叫ぶ。そうすることが例えバンド側にとって不利になっても(当然アメリカでは彼らの態度は攻撃され、不利益が生じる可能性が出てくる)、信念を貫こうとしている。
彼らのモノの考え方は行き過ぎた面も多々あるが、ただファッションで平和を唱える人達とは覚悟が違う!彼らの戦いは常に欺瞞に向けられている、僕はそんな彼らが大好きだ!




4. まんぞー ★★ (2004-05-13 23:41:00)

このルックスにこの声。グウの音も出ねえ。SLAYERや彼等の音を聴いてると、丸くならないって素晴らしい事だなと思う。シュミーア不在時期のも買っちゃおうかな?



5. 東亜 ★★ (2005-06-13 00:40:00)

新作が8月頃に発売するようです。
ゲストが参加が多く、しかも豪華。
Biff Byford (SAXON)、Doro Pesch、Shagrath (DIMMU BORGIR)、Björn "Speed" Strid (SOILWORK)、Paul Di'Anno (元IRON MAIDEN、KILLERS)、Messiah Marcolin (CANDLEMASS)、Mark Osegueda (DEATH ANGEL)、Peter "Peavy" Wagner (RAGE)、Peter Tägtgren (HYPOCRISY、PAIN)。



6. battery180sx ★★ (2005-06-21 10:59:00)

うぉぉぉ来日決定!!はよ見たい!!



7. ローランDEATH ★★ (2005-07-14 01:53:00)

KREATORと、LAAZ ROCKITと、TESTAMENTと一緒だよね!
80年代スラッシュが特に好きな俺には応えられない組み合わせだ。
できたら、昔のナンバーを中心にやって欲しいなぁ。




8. 名無しあにあに ★★ (2005-08-04 14:26:00)

Inventor Of Evilをジョーシンで試聴して来ましたが
正直な所ちょっと迷ってしまったのでそのまま帰宅してしまいました;
決して悪くは無いけれど、インパクトが足りなかったというか
今一つピンと来なかったorz
うーん、どうしよっかなあ・・・。



9. ex_shimon ★★ (2006-07-17 22:12:00)

ジャーマンスラッシュの中では1番好きです
彼等の徹底したスラッシュ路線に惚れた!
Inventor Of Evilはスルメ盤だからちょっと聴き込む必要があります




10. Blazing Blast ★★ (2006-08-12 21:14:00)

「RELEASE FROM AGONY」の"Survive To Die"の最後の部分って、何の曲か知ってますか?
どこかで聴いたことあるんですけど。笑天?




11. BLAZING BLAST ★★ (2007-01-30 14:04:00)

復活前の楽曲を再録した「THRASH ANTHEMS」。
最近はほぼ毎日のように聴きまくっていますが、こいつはとてつもなく凄いアルバムですね!
DESTRUCTIONファンだけでなく、スラッシャーのマストアイテムと言っても過言ではありません。



12. ICECLAD RAGE ★★ (2007-06-13 00:03:00)

ふと気になったことがあるが、DESTRUCTIONははたしてどれくらいのバンドに影響を与えたのだろうか?
シュミーアの脱退によって、90年代突入と同時に自滅。
その後、1999年のシュミーア復帰までしぶとく活動を続けたDESTRUCTION。
SODOMなんかはVENOMと共に特にブラック勢に強い影響を与えたと言えるけど、
DESTRUCTIONに関してはいまいちピンとこない。まぁ、個人的な疑問ですが。




13. Nergal ★★ (2007-12-03 01:43:00)

スコット・イアンはDestructionを現代エクストリームミュージックの祖だと評したらしいですね



14. 貴方が神か ★★ (2008-07-25 00:26:00)

いよいよ新譜が発売されるようですね。
視聴した限りでは「コレは来てる」と思いましたがどうでしょう?
「デヴォリューション!!」の掛け声がイイ



15. ANGRA狂者 ★★ (2008-09-28 16:33:00)

自分も試聴しました。
ヤバイです、きてます!!!!金入ったらソッコーで買います!!!!




16. マーちゃん大豆 (2010-10-23 13:58:53)

“Devolution”は正統派スラッシュの名曲ですね。
こういうファストな曲が満載のアルバムが聴きたいな。




17. ゾンビだるま (2010-12-08 14:15:48)

Devolutionホントに良い曲でしたよね                                                                                                        アルバムとしては今一歩という気がしたので次作に期待しときますか



18. ゾンビだるま (2011-01-06 18:20:52)

ついに新作が!                                                                                                                                                       ところでドラマーどうなったんだろう?



19. マーちゃん大豆 (2011-02-03 21:48:15)

新曲「The Price」ヤバイです!
「Devolution」以上の激速スラッシュ・ソングです。
新作本当に楽しみだ。

KREATOR、SODOMの最新作といい、三羽烏は絶好調ですね。
でも輸入盤ジャケがグロい・・・。




20. Arsenal / Gunners ★★★ (2012-10-30 22:08:43)

ジャーマンスラッシュ3翼鳥の核であるDESTRUCTIONは過小評価されているが いつの時代、いつ聴いてもヘヴィ・メタルしている彼等は素晴らしい 麻痺しますね



21. HIGASHI ★★ (2015-11-15 21:55:28)

≪神は偉大なり≫

今週末パリで起きた同時多発テロ。テロリスト達は爆弾を体に巻き付け銃を無差別に乱射。全く無関係なパリ市民が120名以上犠牲になった。そんなテロリスト達は上の言葉を唱えながら暴挙に及んだという・・・・。
ここの3に12年前に書き込んだ時と全く同じ心境でテレビを見続けた。一体どこの神様が自分の事を偉大だと褒め称えながら無差別殺人を行う行為を喜んで受け入れるのだろうか?
僕がその神様なら大迷惑だから頼むから止めてくれ!っと彼らに頼むだろうし、むしろ罰を与えてあげたい気分になる。僕の言葉をどう聞いたらそういう解釈になるの?って彼らに問いたいだろうね、多分。
神の名のもとで行われるセルフィッシュな愚行、我々は決して屈してはならない!
本当に偉大なのは文明の英智と勇気であると僕は思うよ!




22. ゾッシャ ★★★ (2016-05-21 03:10:47)

まだ新譜聴いてませんが楽しみですねー


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示