この曲を聴け!
cri0841さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 1-100

MyPage

cri0841さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順 1-100
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
モバイル向きページ 


A.C.T ★★★ (2014-02-19 20:38:33)

待望の新譜「Circus Pandemonium」遂に発売!


A.C.T - Circus Pandemonium ★★★ (2014-03-01 20:36:20)

2014年発表の5th。前作から8年間の沈黙を破り、突然のリリース。
解散を疑ったが、これは嬉しい驚き。

邪悪な笑みを浮かべるピエロのジャケ絵から、ダークな作風か?と
思いきや、音楽性は傑作「LAST EPIC」の再来を思わせる素晴らしさ!
癒やされる・・・。もう他のバンドを引き合いに出すのか憚られる。
興味が少しでもお有りなら、是非とも聴いて頂きたいですよ!


A.C.T - Last Epic ★★ (2007-02-18 22:58:00)

某サイトで触れてたけど、彼らこそIT BITESの再来では?と
思ってしまいそうなくらいいね。ポップなメロディ+プログレ、
ドリムシっぽい部分もある。普段パワーメタル系ばかり聴いて
るけど、これはホント心洗われる爽やかな音像ですよ・・・。


A.C.T - Silence ★★ (2007-03-25 13:12:00)

まーもう何か、こういう素晴らしい作品作って頂いて
ありがとうございますといいたくなる名盤。
哀愁たっぷりだし、ポップでキャッチーで聴きやすいし、
もう理屈ぬきですべての人に勧めたくなるよ!


ACCEPT ★★★ (2014-08-12 22:07:49)

新作「BLIND RAGE」発売!ライブDVDが素晴らしすぎる!


ACCEPT ★★★ (2014-08-16 17:57:49)

今回も素晴らしい出来ですね。極上のメロディックメタルで、まさに
漢の美学かくありですよ!名曲しか入ってないや・・・


ACCEPT - Blood of the Nations ★★★ (2010-10-11 19:48:19)

これは素晴らしい作品ですよ!男臭さがムンムン臭ってきそうな汗臭いメタル作品。
こんな復活劇があるのか!スピードチューンのみならず、ミドルテンポの曲の説得力
はスゴイ。メタル好きで良かった!男で良かった!と心底思いますよ!
あんまり昔のアクセプトに思い入れのない僕でも満足したので、入門用にも最適なのでは?


ACCEPT - Eat the Heat ★★★ (2019-01-26 17:56:41)

アメリカン好きとしては擁護したいが、ACCEPTらしくは無いよなぁ・・・JPの『TURBO』的作品。
出来は非常に良いと思うので、このラインナップでの第二弾も聴きたかったが、叶わぬ夢か・・・。


ACCEPT - Eat the Heat - Break the Ice ★★★ (2020-08-01 15:55:14)

当初はボーナス扱いだったのかな、この曲?ホワイトスネイクを激しくしたようなイメージ。
非常に高揚感のある展開!絶対彼らのイメージでは無いけど、当時の時代の徒花として忘れられない
名曲ですナァ。デビット・リース本当に上手いな。最高のヴォーカリストですね。


ACCEPT - Stalingrad ★★★ (2012-07-16 18:18:21)

前作に引き続いて素晴らしい!彼らの昔の作品よく知らないのですが、
「メタル・ハート」とか聴いてもこんなに手応え感じなかったから、
実際凄い作品なのでしょう。ネットの評判とか見ると、特にオールド
ファンの絶賛ぶりが際だちますよね・・・復活作が全盛期を上回ることが
滅多にない、とよく言われますが、数少ない例外なのでしょうか?
確かにこれを上回る正統派メタルなんて、あんまり思い浮かばない。
力強いのにメロディアスってのが、まさに王者の風格ですね。


ACCUSER ★★★ (2016-08-12 17:03:16)

『DIABOLIC』非常に品質の高いスラッシュメタルを演っていて素晴らしい!
PARADOXにも全然引けを取らない!


ACCUSER - The Forlorn Divide ★★★ (2016-08-14 22:22:07)

2016年発表の11th。古参ジャーマンスラッシュくらいしか予備知識無く試聴。
これはスゴイ!超々A級のスラッシュメタルじゃねコレ?どこがB級なの?
スピード、重量感、テクニック、ツインギターのハーモニー何処を取っても
一級品。変拍子も嫌みにならない程度に取り入れている。
まるでインデリジェンスに満ちたSepulturaと言うべきか。野太いVoと高い整合性。
彼らは日本では未だにマイナーながらもあまりに実力があり過ぎる。
スラドミに呼ぶべきだよこりゃ。先入観で音楽を聴くことの愚かさを今更ながら
再認識した。
ジャケ絵も昔の作品と違って非常に雰囲気があってカッコイイ。日本盤出ないのかしら?


AGENT STEEL ★★★ (2011-04-24 17:32:57)

最近3rd~5th集めました。彼らは、とにかく1stとジョン・サイリースが
人気ですが、復活後も十分カッコイイですよね!


AGENT STEEL - Alienigma ★★ (2011-04-24 21:56:34)

2007年発表の5th。未だ書き込みが無い、と言うことはきっと不評なんでしょう・・・w
VICIOUS RUMORS張りの超硬派なパワーメタルで、個人的には好きな音なんですが、魅力的な
メロディに欠けると思われるのかな・・・初期と比べると、モダンな音が毛嫌いされたか?
それでも、ヘヴィな④や、ドラマチックな⑦はとても良いかと。強靭な歌唱力を披露していた
Voのブルース・ホールは今作品で脱退、現在はオリジナルvoのジョン・サイリースが戻ること
になります。


AGENT STEEL - Order of the Illuminati ★★★ (2011-05-22 18:40:29)

スピードメタルの権化たる1stを除けば、これが彼らの最高傑作かと。
メロディ少な目のアメリカン・パワー/スラッシュメタルを好む私と
しては、滅多にお目にかかれない高品質作!ジェフ・テイトを彷彿と
させるブルース・ホールの実に安定したVoと、ソリッドかつタイト
極まりないリズムと、テクニカルなギターソロ。ドラムもタイトで、
これほどカチッとしたサウンドを聴かせてくれるバンドはそうそうない
と思います。

2曲目はドラマチックな名曲!あとは確かに愛想が無い曲ばかり
なのですが、すごくストイックでいいじゃないですか!
メタルの格好良さを感じる部分は人それぞれと思いますが、私は
ソリッドなリズムギターこそがメタルの神髄!と思います。


ANDI DERIS - Come in From the Rain ★★★ (2020-04-26 18:12:33)

当時アンディがHELLOWEEN加入って聞いた時、『何でよりによって・・・!』と失望したPC69ファンは多いハズ。
それだけ初期PC69が素晴らしかったワケであり、ソロ作である今作もファンの溜飲を下げる程の名作に仕上がっている。
この強烈な哀愁がたまらない!⑤は悪く無いけど、まあ浮いてる。


ANDROMEDA - Extension of the Wish ★★ (2009-07-22 22:54:00)

ずっとアマゾンのオススメに入ってたのに、ヘンテコなジャケ絵から購入を
見送ってたが・・・スンマセン、これは凄まじいです。超絶にスリリングかつ
テクニカルなユニゾンプレイのオンパレードに終始圧倒されました。
何コレこれがデビュー作って有得ないよ!インストメインでVoが元ダーケイン
の人か~。こっちは普通に歌ってるな。ダーケインはデスラッシュだから、
デス声で歌ってたけどあっちもプログレっぽかったな。
あ、僕の話はもういいから買って聴いて下さい。


ANGRA - Aurora Consurgens ★★ (2007-05-08 17:28:00)

見送ろうかと思ってたが、某紙で音質が良い、とのことなので購入。
個人的好みからすると、結構好き。典型的メロスピを脱却して
プログレメタルになるのは正常進化なのでは?
音質?すごくいいね。たまたま一緒に買ったPC69新作とか、シンフォースとかも
デニス・ワードだったので、やっぱりどれも音キレイ・・・


ANGRA - Aurora Consurgens - Scream Your Heart Out ★★★ (2011-06-26 18:27:07)

この曲がアルバムで一番突出してる気がする。
ギターソロは素晴らしくメロディアスで、
しかも超絶テクニカル!ため息ものです・・・


ANNIHILATOR ★★ (2007-04-14 17:53:00)

欧米ではライブでバラード系はウケない、といーぼーの
人も言ってたから・・・ここ日本では全く事情が違うん
ですけどね。「METAL」はライブ映えしそうな曲が多い
ので、来日期待しております。


ANNIHILATOR ★★ (2008-01-05 11:56:00)

スラドミ07はいろいろ残念でしたね。ジェフも
雑誌のインタビューで落胆してたみたいですし。
ただ、デイブ・パッデンはジェフも高く評価して
る通り、演奏的に何ら問題なかった。
前回の来日はラウドネスの前座だったですよね。
強力な演奏力にただただ圧倒されました!
ジョー・コミューのパフォーマンスも良かった!
皆さん「DOUBLE LIVE ANNIHILATION」は必聴盤ですよ!


ANNIHILATOR ★★ (2008-10-21 21:00:00)

http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=107240
ロードランナーレコードの企画コンサートで
やったらしいです。
07. ANNIHILATOR's "Alison Hell"
Tim "Ripper" Owens - vocals
Jeff Waters - lead guitar
James Murphy - rhythm guitar
Adam Duce - bass
Roy Mayorga - drums
凄いメンツですな・・・


ANNIHILATOR ★★ (2010-01-20 22:32:00)

Live at Masters of Rockの日本盤発売!
こいつは掛値ナシの素晴らしいライブ盤だ!!


ANNIHILATOR ★★ (2010-05-22 22:01:00)

ついに出ました新作!その名も「ANNIHILATOR」!初のセルフタイトル作ですよ。
前作「METAL」からずいぶん待たされましたなぁ。待った甲斐があったというか、
期待を上回る出来に感動しております!


ANNIHILATOR ★★ (2010-05-29 22:05:00)

アナイアレイターが好き過ぎて、メタル聴いてる時間の半分は確実にアナイアレイター、というくらい
中毒気味のワタクシ。ギターが弾けるものなら、ジェフ・ウォーターズくらい弾けるようになりたい、
と本気で思ってる。そんなジェフ信者のワタシが、彼の作品をどう客観的に判断できようか?とは思うものの、
懲りずに新作のレビュー書きます。


ANNIHILATOR ★★ (2013-06-27 07:37:39)

あれ、名無しで発言しちゃった。まあいいか、新譜の詳細は下記リンクより

http://www.blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=191318


ANNIHILATOR ★★ (2013-09-04 23:16:37)

新作「Feast」発売されたようです!まだ手に入れてませんが・・・
Youtubeで全曲試聴出来ますよ!相変わらずの切れ味!


ANNIHILATOR ★★ (2013-09-05 22:25:53)

B!誌の新作レビュー、比較的好感触な書き方でしたね。
点数もまあ妥当なのかな。リレコ早く聴きたいな!


ANNIHILATOR ★★ (2015-06-07 10:32:51)


https://www.youtube.com/watch?v=kBLCphofEn8

新作『Suicide Society』今年発売!いやー待たされましたね!
パッデン脱退で、久々にジェフがVo兼任!これはこれでウレシイ!
とゆーか信者だから、何やっても受け入れるわ!


ANNIHILATOR ★★ (2015-06-07 11:22:31)


https://www.youtube.com/watch?v=mcp-Otub1Eg

Phoenix Rising / Sounds Good to Me / Snake In the Grassは日本でも観たい!
ロシアのFANが羨ましい・・・!


ANNIHILATOR ★★ (2016-11-27 18:44:23)

来年早々にライブアルバム「TRIPLE THREAT」が発売予定とのことです。

http://amass.jp/81265/

何とアンプラグドとな!?プリティ・メイズみたいw


ANNIHILATOR ★★ (2017-10-26 21:16:27)



ANNIHILATOR - Alice in Hell ★★ (2006-08-20 16:09:00)

メガデス加入を断った名手の率いるスラッシュバンド、とのことで聴いてみた。
うう、変なバンド名だなぁ、と思いつつ・・・。
何じゃ、この変態的な独特の世界観は!しかも、ギターが殺人的に上手い!
おいおいこりゃメガデス以上だよ。狂気と知的さが高度なレベルで融合してる。
1枚目から驚異的な完成度を誇っている。これを超えるのは、難しいわね・・・。


ANNIHILATOR - All for You ★★ (2007-07-08 12:20:00)

「Dr.Psycho」「The Nightmare Factory」「The Sound Of Horror」など
歴代でもかなりダークな作品。サイコホラー的な雰囲気がドラマチックで、
コンセプトアルバムのように聴こえる。個人的には初期より暗いと思う。
平面的なパッデンのボーカルも拍車をかけてる感じ。この不気味さは
彼らでは異色だな、と今では思う。


ANNIHILATOR - All for You - Both of Me ★★★ (2008-01-05 12:11:29)

まさに初期の空気を取り戻した会心の一曲!
これがANNIHILATORのメタルだ!


ANNIHILATOR - All for You - The One ★★★ (2006-08-12 23:00:13)

透明感のある素敵な曲。こーゆーの聴けるのは彼らならでは


ANNIHILATOR - All for You - The Sound of Horror ★★★ (2006-08-12 22:54:30)

インストだけど、実に80年代的な雰囲気。スレイヤー風+リフはメガデス風。実に暗いけど、非常に良い曲。


ANNIHILATOR - Annihilator ★★ (2010-05-29 22:04:00)

2010年発表。通算13枚目で初のセルフタイトル作。このタイトルはジェフ曰く「単にいいタイトル名が思い付かなった」
そうです・・・ファンとしては重要な意味を持つアルバムに仕上がった、と好意的に解釈したいトコロ。
前作「METAL」がやはり企画盤という側面を持つこともあり、音楽性が拡散してちと緊張感に欠ける?部分もあった。
しかし、今作はどこを切ってもジェフ・ウォーターズにしか成し得ない強烈なリフと、壮絶なソロで埋め尽くされた
会心の出来に仕上がっている。ギターの切れ味は1stの時に匹敵する、まさにテクニカル・スラッシュとして理想的な出来。
B!誌の前田氏曰く最高傑作とのことだが、あながち間違っていない。3曲目までで確実にノックアウトさせられるだろう!
デイブ・パッデンのVoも健闘しているが、主役はあくまでジェフ・ウォーターズ。ギターの切れ味はホント凄まじいよ!
ベースもジェフが弾いてるが、こっちもかなり味がある。B!誌のレビュー点数にはくれぐれも惑わされぬようお願いしたい!


ANNIHILATOR - Bag of Tricks ★★ (2008-01-05 12:08:00)

ロードランナーの契約消化のためのデモ集だったハズ。
こう書くと誰も聴かなくていいか、と思うかも知れないが
それは甚だアマイと書いておこう。入門用にも最適な1枚。
個人的には3rdの未発表曲「FANTASTIC THINGS」だけでも
買う価値あった。というかこんな素晴らしい曲を未発表
ってどういうコト?


ANNIHILATOR - Bag of Tricks - Fantastic Things ★★★ (2006-08-12 23:04:06)

この流れるようなギターソロ・・・。生粋のメロディアスバンドみたい。とゆーか、こういう曲は普通スラッシュバンドは書かないし、書けないな・・・


ANNIHILATOR - Ballistic, Sadistic ★★★ (2020-08-02 17:28:57)

2020年発表の17th。再びジェフがヴォーカルを取ってからの作品だと一番出来が良いかも。
スラッシュ・メタル度が高いし、強烈な④「I Am Warfare」はベスト・トラック!
⑨「Lip Service」はまんま“KNIGHT JUMPS QUEEN”ですな・・・。

明らかに『NEVER, NEVERLAND』を意識したであろう作品。久しぶりにANNIHILATORを
聴いた層からも好評みたい。相変わらず、異常な腕だもんね、このギター。
メタルとしては理想的なリズムとソロですよ。ヴォーカルも安定してきた。
衰えの目立つデイブ・ムステインとは対照的や・・・(余計な一言)

ただ、俺みたいに毎回欠かさず聴いてるFANからすると、やっぱりマンネリは感じるかも。
スラッシュ界のAC/DCですな。今更それが悪いとは言わないが、『METAL』の時みたいな意外性は
期待したいのね。贅沢すぎる注文かも知れないけど、ジェフは最高のギタリストだと今でも信じてるから・・・。


ANNIHILATOR - Carnival Diablos ★★ (2008-01-05 12:00:00)

初期3枚に匹敵するクオリティは確実にある。まさに
起死回生の1枚。ジョー・コミューは歴代最強の
ボーカルだと確信している。


ANNIHILATOR - Carnival Diablos - Insomniac ★★★ (2006-08-12 22:57:09)

彼らならではの変態的なリフ。これはたまらない!


ANNIHILATOR - Feast ★★★ (2013-10-20 22:12:54)

2013年発表の14th。「饗宴」のタイトルなのに、ジャケ絵がやたらコワイw
輸入盤はコワイ絵が立体的に浮かび上がる凝ったデジパックで、さらに
「RE-KILL」と名打たれた過去の再録盤がオマケで付く。
国内盤は通常盤と初回限定盤があり、限定盤に再録盤が付くが、お値段が高いのが
厳しい・・・。輸入盤がよく売れたようで価格差を考えるとしょうがないと思うが、
価格設定は考えて欲しかったなぁ。(後発なのに高いしw)

2004年の10th「All For You」で加入したデイブ・パッデンもこれで5枚目。メンバーとして完全に
定着しましたね。内容は前作「Annihilator 」で見せた演奏の切れ味の鋭さを持ちつつも
バラード等を含む曲調豊かな作品となった。ただ個人的には前作の 「The Trend」からの
怒濤の展開が実に印象強かったので、今回はそれほどのインパクトは感じなかった。
曲調豊か、と言っても「METAL」の「Couple Suicide」並みの振り幅は流石に無い。
(ちなみに今回は「Couple Suicide」で歌ってたダンコ・ジョーンズが5曲目「Wrapped 」で
歌ってます)。

とはいうものの、1曲目の切れ味は格別だし、4曲目のファンク調なのにスラッシュで
ダークでホラーな感じは実に素晴らしい。後半戦もテンションは下がらす。捨て曲の
少なさという点では前作より上かも知れない。ラストの曲もドラマチックです。
アルバム全体としては、ジェフの趣味であるロックンロール色が強いですかね?
ジャケ絵から受けるほどホラー色は4曲目以外はそれほど感じませんでした。
(パッデン参加作では「All for You」がお気に入りなので、そこは少し残念)

さて、今回の目玉は何と言っても再録盤「RE-KILL」。およそ昔の曲を現在のヴォーカルで
録り直しただけ、と言ってもいいんだろうが、その考えは非常にアマイ!いい曲はどんな
ヴァージョンでも聴きたいのがマニア心!初期の企画盤「Bag of Tricks」の第二弾的に
楽しめるのですよ。非常に正確な演奏に加え、初期の曲も違和感を極力少なく感じさせつつ
歌いこなせるデイブ・パッデンの器用なヴォーカル、原曲に忠実ながらもちょっとずつニュアンスを
変えたアレンジ、当然再録なので良好な音質、オマケというレベルではないです。
(輸入盤なら実質タダですが、国内盤だとしっかり金取るんかい!って突っ込みたくなりますが)

今回はドラム打ち込みらしいですが、正確にはアルバム本編は実際ドラマーが叩いたものを
ソフトで修正、再録盤はオリジナルを分析し、ソフトで忠実に再現しようとしたとの事です。
まあ、聴いている分にはまず打ち込みである事は判らないほど自然です。


ANNIHILATOR - For the Demented ★★★ (2017-11-18 12:44:45)

2017年発表の16th。前作『SUICIDE SOCIETY』より大幅に曲のクオリティが上昇している。
少なくともアナタがJUDAS PRIESTを愛するならば、この作品に失望させられることは無いだろう。
残酷なほど過小評価されている孤高の天才ジェフ・ウォーターズ!(と海外のサイトより)

オシャレな感じは、共同プロデューサーであり、新加入のBASSリッチ・ヒンクスの貢献か?
何故か洗練されている。スラッシュの泥臭さがほとんど無いのがクール。汗ひとつかかずに
機械的にリズムを刻んでいるのに、緻密かつ華麗な音世界を構築しているイメージ。

国内盤ですが、後発なのに何も付加価値無し、『近年の不振を完全払しょく』などと
バンドやファンの気持ちを逆撫でするオビ等と残念な内容でしたね、トホホですよ。
日本人のファンとしてジェフに謝りたい気持ちです。内容は非常に素晴らしいのですよ!


ANNIHILATOR - For the Demented - Altering the Alter ★★★ (2017-11-25 21:46:48)

珍しくシンセを使った荘厳なオープニングから、VICIOUS RUMORS張りの強烈無比な
パワーメタルが展開される!隙を見せずにねじ込まれる流麗なギターソロがたまらん!
凄ぇよジェフ・ウォーターズ!これで燃えないメタラーいるの?


ANNIHILATOR - For the Demented - Not All There ★★★ (2017-11-25 21:12:47)

キャッチーなスピードメタル。これもアナイアレイター。
展開の切替が素晴らしい。凄いセンスだなぁ。


ANNIHILATOR - For the Demented - Phantom Asylum ★★★ (2017-11-25 21:42:29)

不気味さを演出する始まりから、怒濤の如く突っ走りまくる!
100%アナイアレイターなドラマチック・スラッシュ!
ギターソロなんて、流麗すぎて見事だねぇ。


ANNIHILATOR - For the Demented - Pieces of You ★★★ (2017-11-12 17:03:39)

3rdの頃を彷彿とさせる美しいパワーバラードと思いきや!
叙情性と狂気の対比が素晴らしい!


ANNIHILATOR - King of the Kill ★★ (2006-08-20 16:11:00)

1曲目は当然飛ばして聴きますよ。2曲目が最高だもの!専任Voがいればなぁ・・・。


ANNIHILATOR - Live at Masters of Rock ★★ (2010-01-23 20:51:00)

チェコのフェス「Masters of Rock」の2008年での出演した時の音源だそうです。
「metal」の時のツアーですね。輸入盤ならDVDもあるそうですが、「SPV」倒産のため、
現在入手困難かも。CDの国内盤なら入手は出来ます。ライブ盤は「IN COMMAND」
「DOUBLE LIVE ANNIHILATION」に続いて3枚目。
曲自体は「metal」の2曲の他は全て前述の2枚と被っているんですが、それでこのライブ盤を聴き逃す
のはあまりに惜しいといわざるを得ないでしょう。
理由は、前述の2枚はライブのダイジェスト盤で、今回のライブはフェスの模様を丸ごと収録してある点。
あと極めてクリアな音質。下手すりゃ「metal」よりいい(笑)。これくらい良好なライブ盤も珍しい。
最大の利点は優れたライブ・パフォーマンス!彼らが優れたライブバンドなのは今さら言うことはないのですが、
それでもこれだけ良好な音質で、ごまかしナシの演奏が楽しめるのはたまらない!
というか、マジ「うめぇぇぇぇぇぇぇぇ!」ですよコレ!ジェフ&パッデンのツインギター&ツインボーカルが
最大限生きてる。パッデン凄いです。ジェフとのコンビネーション素晴らしいです。もうジェフのワンマンバンドとは
思えないですね!全曲スタジオ盤よりカッコよくねコレ?後半の1st&2ndの名曲のオンパレードは聴いてるこっちの
テンションがおかしくなってきますよ!カーステレオで聴くと運転中にテンション上がってマジで危険ですよ!


ANNIHILATOR - Metal ★★ (2007-04-14 16:44:00)

3rdの再来か?2曲目のイントロで思わずのけぞるも、ジェフには前科あるので、
全然問題なし。聴き込みが必要だが、相当中毒性高い。ハードロック、パワーメタル、
スラッシュメタル、アグレッションとメロディが万華鏡のように入れ替わる様が
実に心地よいのですよ!ライブで観たい~!


ANNIHILATOR - Metal - Clown Parade ★★★ (2009-03-14 23:13:06)

典型的なアナイアレイター流パワーメタル。ジェフ・ルーミズの
ソロが超絶に流麗で素晴らしい。ジェフ・ルーミズもメガデスの
オーディション受けてたんだね。スラドミでの二人の共演も実現したし。(音聴こえづらかったけど・・・)


ANNIHILATOR - Metal - Couple Suicide ★★★ (2007-04-14 16:49:26)

何じゃこれは!これは全然アナイアレイターっぽくありません。
CD間違えたかと思った・・・。オシャレな1曲!


ANNIHILATOR - Refresh the Demon ★★ (2006-08-24 22:25:00)

パワーとメロディのバランスが見事にとれた好盤!
と評価する人が少なかったのか?悲しい・・・。


ANNIHILATOR - Refresh the Demon - City of Ice ★★★ (2006-08-12 23:08:44)

何だか、キャッチーなノリ。爽やかでドライブにもってこいだね。
こーゆー曲もっと聴きたい・・・


ANNIHILATOR - Schizo Deluxe - Invite It ★★★ (2006-08-12 23:11:32)

何かも~変態的スラッシュの代名詞の彼らとして完璧すぎる曲。


ANNIHILATOR - Set the World on Fire ★★ (2006-08-12 23:22:00)

これはスラッシュではない。実に出来の良いHM/HRアルバム。
ジェフにはまたこういうメロディアスなの期待したいのだが・・・。


ANNIHILATOR - Set the World on Fire ★★ (2008-08-24 07:37:00)

アーロンは初期ドラマーのレイ・ハートマンと組んで、SPEEEDを結成。
(ギタリストは Metalium・Seven Witchesのジャック・フロスト)
元Annihilatorの二人がいるので、偽Annihilatorですね。
1999年に1st「Powertrip Pigs」を出して、1枚で解散・・・・ハハハ・・・。
聴いたら、こりゃしょうがねーなーと言う感想しか沸かない。
音楽性はRemainsを更に突き進めたようなモダンヘビネス路線で、
アーロンは別人のようなドスのきいた歌声を披露しております・・・。
3rdのような路線を期待してる方は、正直聴かない方がいいかと。


ANNIHILATOR - Set the World on Fire - Snake in the Grass ★★★ (2009-03-14 23:21:13)

何かすごくシャレた曲。脱スラッシュを図った凡百の同業者と
メロディセンスが決定的に違う。ジェフは天才としか言いようが
ないです・・・。


ANNIHILATOR - Set the World on Fire - Sounds Good to Me ★★★ (2006-08-12 23:15:49)

当然彼らの中では異色だが、この曲を気に入らないヤツはいないでしょ。ウソだと思ったら是非とも聴いて欲しいよ


ANNIHILATOR - Triple Threat ★★★ (2017-03-04 10:44:17)

デイブ・パッデン脱退後の初のライブ+アコースティック企画盤。
ファン・アイテムの要素が強いが、内容は素晴らしい!
まずライブ盤の方だが、全編ジェフがヴォーカルなのは今回初めてですね。
いやー上手くなったな!歌いながらだからって難易度低めの曲って訳では
絶対無いよな、コレ・・・演奏は冴えに冴え渡ってますよ!
新しめの『No Way Out』『Creepin' Again』の選曲がGOOD!
選曲は少なめだが文句なし!『Second to None』は嬉しいね!『Phantasmagoria』
が締めなのも良い!全曲スタジオ盤を上回る迫力を誇っております!
彵メンバーもほぼ無名ながら異常に上手く、個人的に大絶賛した『Live at Masters of Rock』
より内容は良いかも。そろそろ来日もお願いしたいところだが・・・。
アコースティック盤だが、こういったアイテムはもうちょっと早く出して欲しかったな、
が本音。ジェフの非常に卓越したメロディを純粋に楽しめます。
ANNIHILATOR健在ですね!3rd、4th以来聴いていないご無沙汰な方々にこそ是非
聴いて頂きたい逸品。
ある意味ANNIHILATORの本質を知る点では、新規のFANにもお勧めです。


ANNIHILATOR - Waking the Fury ★★ (2007-07-08 12:11:00)

バラエティに富んだ作風の前作より、パワーメタル度は高い。が、
ノイジーで軽いギターの音がなぁ・・・。正直これっきりにして
くれて良かったよ


ANTHEM ★★★ (2019-08-04 22:37:58)

昨日の『HUNTING TIME』30th Anniversary Live、参戦しました!実に素晴らしい公演でした。
1部は『HUNTING TIME』完全再現!やはり素晴らしい曲ばかりですよね。2部は坂本と森川の
Vo対決!タイプの違う二人の共演は、彼らの歴史をよく知るFANにとっては感慨深いものが
あったでしょうね。ツインヴォーカルにツインドラム!正に圧巻のライブでした!

クリス・タンガリーディスに捧げる、ってのがまた泣けます・・・。


ANTHRAX ★★★ (2016-02-28 18:03:34)

『FOR ALL KINGS』なかなか良いですね!ジョーイ・ベラドナはやはり素晴らしい。
というかMegaforce Recordsに戻ったのかw


ANTHRAX - For All Kings ★★★ (2016-05-03 08:59:21)

素晴らしい!これ程にメロディ重視な作品は、他のスラッシュ四天王だと無理でしょうね。元々スラッシュ四天王に入っているのが
不思議な彼らですが、『歌える』Voに新加入のGuが非常に良い仕事をしております。リズム隊も完璧で隙など無い!
MEGADETHの新譜よりこちらを好んで聴いてますね。元々正統派メタル好きではありますが、彼らがこんなに真っ当なアルバムを作るとは!
変化球を投げすぎて疲れたのかwメタル初心者にも勧めたい普遍的な魅力に溢れております。正に『王者』のサウンド!
前作も素晴らしかったが、更に洗練されましたね。オススメです!


ANVIL CHORUS ★★ (2010-01-23 20:23:00)

HEATHENの復活アルバムには参加してないダグ・ピアシーだが、
こっちの方には参加していたw
まさかANVIL CHORUSが復活してたとは思わなかった。俺も、
B!誌で伊藤正則氏が、巻末プレイリストで挙げてるの見てな
ければ、手に入れてなかったかも知れない・・・。


ANVIL CHORUS - The Killing Sun ★★ (2010-01-23 20:19:00)

ベイエリアスラッシュに詳しい人なら誰でも知ってる存在だろう。
heathenのダグ・ピアシーがいたバンドで、ベイエリアスラッシュの
始祖みたいな言われ方もしてるが、デモ数本を残しただけで消滅した
バンドだった。heathenの復活と時を同じくして29年ぶりに復活、何と
1stアルバムを2009年にリリースしていた(笑)。メンバーはオリジナル
メンバーのアーロン・ジンペル(極初期のmetal churchにも在籍)と
セーン・ラスムッセン(heathenやvicious rumorsにも在籍)が中心。
アルバム12曲のうち2曲が新曲、10曲が当時の曲らしい。2曲目の
red skiesは初期のmetal churchのライブでプレイしてた曲らしい。
ダグ・ピアシーもゲスト扱いではあるが数曲でプレイしている。
音だけ聴くとスラッシュとは程遠いメロディック・ハードロックで、キーボード
を駆使しコーラスも分厚く産業ロックの香りもするのだが、ギターの音はそれなり
にエッジは感じる。1曲目はいかにもmetal church的なパワーメタルだが。
セーン・ラスムッセンのギタープレイは、哀愁たっぷりの官能的なもので、
いかにも日本人好み。僕みたいな後追いで、昔のスラッシュを追っかけてる
ヤツからすると、何とも懐かしい音。考えてみればスラッシュメタルの勃発前は
こういうのがメタルだよね。アメリカ的ではなく、いかにもヨーロッパ的な音。
スラッシュメタルを求める人はパスした方が無難だろうが、内容は良いと思う。


ARCH ENEMY ★★★ (2019-05-25 08:28:41)

Black Earth観に行きました!(ARCH ENEMY観たこと無いけど・・・)
3rdの全曲+初期と、本当に最高でしたね。この頃の彼らは神懸ってたなぁ。


ARCH ENEMY - Black Earth ★★ (2007-05-06 21:43:00)

カーカス崩壊で悲嘆にくれてた俺を再びメタラーに戻した大傑作。
極限まで暴力的で・・・美しい。
正直な話、彼らはこの路線で突き進んで欲しかった・・・


ARMAGEDDON ★★★ (2014-06-14 18:12:19)

http://amass.jp/40500

何と!復活とな?!今度はメロデス回帰?


ARMAGEDDON - Three ★★ (2007-05-06 21:49:00)

次回作はどーしたんだよ!と怒鳴りたくなるほどいい出来。
内容は至って真っ当な正統派メタル。このバンドに関しては、
1stがメロデスで個人的にはつまらなかった・・・


ARMORED SAINT ★★ (2010-04-17 22:30:00)

マノウォーとは全然違いますわね。エピカルな要素が
ない。メタルの意味が拡散する前の古典的な王道メタル。
彼らの中にはスラッシュメタルもグランジもない。
80年代初頭で時が止まったかのようなサウンド。
骨太だがほんのり哀愁を感じる王道ハードロック。
何人かの方が触れられてますが、マイク・ハウ在籍時の
METAL CHURCHや極初期のSAVATAGE、ARTCHなどを好む方は
気に入ると思います。


ARMORED SAINT ★★ (2010-04-17 22:45:00)

で、「REVELATION」より10年ぶりの新作「La Raza」が出ました。
高品質で実に安定した作品です。血沸き肉踊る!って感じではない
ですが、彼らはこれで良いです。
「Little Monkey」は彼らの新たな代表曲になり得る素晴らしい曲です。
B!誌のジョン・ブッシュのインタビューがいろいろ考えさせられました。
成功収められなかった自身のバンドと、人気バンドのANTHRAXとの関係。
そもそもジョン入ってからのANTHRAX俺あんまり聴かないw何でジョン
だったんだろね。よーわからんよ・・・。


ARMORED SAINT ★★ (2015-06-24 22:34:28)

「Win Hands Down」発売されましたね。やはり中毒性高いですね。
これほど安定した作品を続けて出せるなんて、彼らは特別ですね。


ARMORED SAINT - La Raza ★★★ (2014-02-11 08:44:15)

2010年発表の6th。前作「Revelation」から何と10年ぶりのリリース。
何か10年に一度しかアルバム出さないのか、という感じだが、出来は
いいから文句はない。アメリカンというよりラテンのノリのハードロック。
音質は非常に良好。ギターの音色が実に心地良い。派手なところは無いけど、
聴いてて落ち着くんだよなぁ。癒やし系というか。

出色は8曲目の「Little Monkey」。彼らでは一番の名曲かも。

正統派、といいつつ様式系ではなく、メタルというよりはハードロック。
なかなか心地良いですよ。


ARMORED SAINT - March of the Saint ★★ (2007-10-06 22:47:00)

別に大してボーカルが上手いワケじゃなく、強烈なエッジもヘビィネスも
ない、時代がグランジの洗礼を受ける前の全くオーセンティックなHR/HM。
正統派といっても様式系でも疾走系でもない、リフ主体の硬派なハードロック。
でも、でもね。俺はこれが好き。俺はこれがメタルと信じて疑わない。
ジョン・ブッシュのロック魂を突き動かされる歌唱。デイブ・プリチャードの
メロディアスかつエモーショナルなギター・・・たまらないです。1stから
いきなり出来がいいのがスゴイ!


ARMORED SAINT - Revelation ★★ (2007-08-13 00:37:00)

「SIMBOL OF SALVATION」に全く劣らぬ復活作。素晴らしいよ!


ARMORED SAINT - Symbol of Salvation ★★ (2007-08-13 00:35:00)

正統派というより、グルーヴィーなハードロックだと思うが、
中毒性高い。ドラマチック極まりないANOTHER DAYは出色の
出来。U.S.POWERMETALを語る上で避けて通れない存在だと
思う。


ARTCH - Another Return ★★★ (2013-01-28 09:58:38)

私も100点満点を献上したい。北欧の要素が薄い、ソリッド
かつストイックな作風。タイトでタフなリズムと流麗なギター。
何よりブルース・ディッキンソンそっくりの素晴らしいヴォーカル。
スピードに頼らずに、ドラマ性を確保したソングライティングも
特筆すべき。減点法で考えても何も悪い所ないから、やっぱり満点。
真面目にmetal church の1stに比肩しうる完成度では無かろうか。
入手が難しいけど、現在iTunesとかでダウンロード出来る。
デビュー作ながら、既に完成されている脅威の一枚。
2ndとの比較は難しいな。どちらも素晴らしいとしか。
正統派パワーメタルが好きなら絶対マスト!

こういうメロディーやスピードを抑えつつも、聴かせどころを
きちんと押さえた作品ってなかなかないんだよな。
若いファンとか「何処がいいの?」とか思ってしまいそうだけど。


ARTCH - For The Sake Of Mankind ★★ (2007-07-27 23:25:00)

北欧?え、アメリカのバンドじゃないの?
U.S.パワーメタルバンドMETAL CHURCH・
ARMERED SAINT・VICIOUS RUMORSが出してた
ソリッドかつダークな音世界。音一つ一つが
北欧にありがちな軟弱さを全く感じさせない
ストロングさ!しかもドラマチック!正統派
メタルかくあるべき!Voも絶品!
1991年はMetal Churchの傑作「The Human Factor」
が出た年だが、Voの力量からこっちの方が上!と
思う人がいても全然おかしくないよな。


ARTILLERY ★★ (2009-06-27 13:39:00)

何と、新作出るそうです。タイトルは「When Death Comes」。
日本盤は7月23日キングより発売だそうです。何と待ち遠しい!
前作より10年以上経つのか・・・凄すぎる。


ARTILLERY (2011-03-16 23:01:12)

本日、新作「MY BLOOD」発売されました。とりあえず、手に入って一安心。
相変わらず、執拗とも言える程に拘ったリフが素晴らしいですね!


ARTILLERY (2011-03-17 23:04:28)

いやー新作ホントいい・・・最高としか言いようがないや・・・。
ちょっと感想書き込むのは、色々整理してからですねw
カッコイイ曲ばかりで、どうしようw


ARTILLERY (2013-10-15 23:38:09)

さてさて、新作は今年中に出そうですよ皆さん!ヴォーカルが交替した
との噂ですが・・・(英語ようわからん)

http://www.blabbermouth.net/news/artillery-legions-album-details-revealed/


ARTILLERY ★★ (2013-11-29 20:28:54)

新作「Legions」の国内盤は2014年1月29日発売予定とのこと。

新ヴォーカルはクリーンヴォイスでファンの物議を醸しそう。既にスラッシュじゃない!
とのご意見も・・・。俺個人としては2013年のベストアルバム候補が現れた!と感激
してるんだけどね。購入の際は是非とも試聴をオススメします


ARTILLERY ★★ (2014-01-12 14:58:20)

スラドミで初来日とは!ついにこの日がやってきた!


ARTILLERY ★★ (2019-01-02 21:43:19)

昨年末に新作『The Face Of Fear』出ておりました。昔に比べたら、
ヴォーカルがまともな分随分健康的なイメージwしかし相変わらず
良質なメタル作品です。スラッシュと言うよりはパワーメタル的ですが。


ARTILLERY - B.A.C.K. ★★ (2007-05-08 17:51:00)

昔のも聴いたけど、このアルバムも好きだな。
へんてこスラッシャー感涙の1枚です。
もう解散してるんですよね・・・


ARTILLERY - B.A.C.K. - Final Show ★★★ (2009-08-01 23:08:58)

邪悪かつドラマチック。ミドルから途中疾走する瞬間のカッコよさは素晴らしい。噛み付くようなヴォーカルも最高。完璧だと思う。


ARTILLERY - By Inheritance ★★ (2009-11-03 19:02:00)

四天王で言うとMEGADETHに近い。多分彼らの作品で一番洗練されてると思う。
KHOMANIACだけ突出してるワケじゃなく、BY INHERITANCE、BACK IN THE TRASHなど
非常に内容が充実している。様式性と中東メロディ、スラッシーな高速リフが
実に奇妙かつ絶妙なバランスで同居している。前作での暴力的かつ狂気すら
感じさせたフレミングのVoは、かなり落ち着いた歌いこなすスタイルになって
おり、これも洗練された一因だと思う。
まあRAZAMANAZはちと蛇足な気もする。全体がシリアスなムードだから・・・。
Artchもカバーしてたよね?


ARTILLERY - By Inheritance - By Inheritance ★★★ (2009-08-01 23:16:21)

中東風メロディに、切れ味良過ぎる高速リフ。複雑かつドラマチックな展開とやたら迫力あるヴォーカルと、俺が求める物が全部入ってる。メガデスもビックリだ。声質からか、デヴィット・カヴァディールがスラッシュやってるみたいw


ARTILLERY - By Inheritance - Khomaniac ★★★ (2009-08-01 23:23:02)

すべてが完璧な曲。10年に一度どころか、20年に一度の名曲か?
PARADOX「HERESY」と並んで、ドラマチック・スラッシュの金字塔だと思う。


ARTILLERY - Fear of Tomorrow - Out of the Sky ★★★ (2009-07-27 22:52:56)

かなーりイカレポンチです。Voと言い、正直狂ってますwクレイジーなリフは廻りを焦土と化すような凄まじさですよ


ARTILLERY - Legions ★★ (2014-03-01 20:12:40)

2013年発表の7th。暗闇の中鎌を携え静かに佇む死神・・・名盤の香りがする秀逸な
ジャケ絵です。

前任Voが脱退、普通の正統派メタルで歌ってそうな感じの新Voになりました。
スラッシュメタルらしくなく、ほとんど吐き捨てない、丁寧にメロディを追いかけます。
このVoが賛否両論で、某雑誌での評価は振るわず・・・まあちょっと線が細すぎるかな。

音楽性は3rd路線。中東の戦争絵巻。スラッシュ+様式美メロディック・パワーメタル。
キャッチーなコーラス、シンセもあり。真性スラッシャーの悲鳴が聞こえそうだw
ドリーム・イーブルみたいってのは納得w歴代で最もクセの無いVoなので、新規の
FANも掴めそう。ステッツァー兄弟の強力なリフワークは顕在。スラッシュメタルか?
と言った価値観はともかく、優れたメタル作品である事に疑いは無いと思うけどな・・・。
Artilleryって確かTANKの曲名からバンド名を頂戴したハズだが、ドゥギー・ホワイトの
TANKが許容できるかってレベルと同質?より様式美路線を強めたというか。
まあ2回もVo交替して、それぞれタイプが違うんじゃなぁ・・・。

しかしこの新Voでのスラドミで初来日かぁ・・・心配だ。
(今回は顔ぶれ的にEXODUS以外はスラッシュじゃねぇ!といった意見もw)


ARTILLERY - My Blood ★★★ (2011-03-21 15:20:02)

2011年発表の6th。今現在、東日本で未曾有の大災害、大危機が起こってしまっているが、
邦盤は予定通り発売されたようだ。私は幸運にも直接的な被害が及ばない地域に住んで
いるので、無事入手出来た。前作から2年のブランクだから、順調なリリースペース。
音楽性は「BY INHERITANCE」の流れを汲み、前作より更にメロディアスに進化している。
①は彼ららしい中東風メロディを入れたドラマチックな大作。③はいかにも彼らな曲だし、
⑤など「BOMBFOOD」を更にキャッチーにしたような名曲。⑩も素晴らしい。
ステュッツァー兄弟の凄まじいツイン・シュレッダーっぷりには脱帽せざるを得ない。
名リフの嵐と、実に練られた一緒に歌えそうな歌メロには胸がすく思いだ。
ドラムも異常にパワフル。Voはパワー・メタリックで熱い!エネルギーに満ち溢れている!
メンバーは「BY INHERITANCE」の時とVoが異なるのみ。故に音楽性は同一なのだろうが、
フレミング不在を無理矢理嘆くことも出来る。彼がいたならば「BY INHERITANCE」にも劣らぬ
名盤に仕上がったのでは?という気持ちも否定できない。
しかし、いかにもパワーメタル的なソーレン・アダムセンのVoに不満を抱く人はもう少数かも。
何か、METAL CHURCHの時に感じたジレンマだね・・・そりゃ、デヴィット・ウェインの方が
好きだけど、マイク・ハウも十分上手い。ソーレンはマイク・ハウに近いタイプかな。
順調とは言い難いバンド生命の中で、ようやく得た円滑な活動状況だから応援したい。
そして、是非とも初来日公演を実現して欲しい!


ARTILLERY - My Blood - Concealed in the Dark ★★★ (2011-03-27 23:35:50)

不気味なベースラインから、摩訶不思議なリフを伴い、そのまま
突っ走るスラッシュ曲!この歌メロも、一緒に歌えそうな親しみ
やすさだね。スローダウンとアップの起伏の変化も素晴らしい!
スラッシュとパワーメタルの融合をここまで上手に出来るのか!


ARTILLERY - My Blood - Dark Days ★★★ (2011-03-21 19:25:04)

純度100%のARTILLERY流パワーメタル!このリフは傑作だと思う!


ARTILLERY - My Blood - Mi Sangre (The Blood Song) ★★★ (2011-03-27 23:46:33)

ソーレンの息子に捧げたという、ドラマチックなオープニング曲。
7分もある大作で、中東風メロディが間違いなくARTILLERYの曲
であることを強烈に物語っている。序盤から既にこのアルバムが
名盤である事を決定付ける1曲だろう!
「RIDE ON THE WINGS OF AN ANGEL,FIGHT WITH THE STRENGHT
OF A LION」何と勇猛な歌詞だろうか!


ARTILLERY - My Blood - Monster ★★★ (2011-03-27 23:13:10)

どんどんリフが変化しながら突き進む、素晴らしい
スラッシュ曲!MONSTER!熱い!