この曲を聴け!
N男さんの発言一覧(評価・コメント) - 時系列順 1-100

MyPage

N男さんの発言一覧(評価・コメント) - ABC順
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54
モバイル向きページ 
N男さんの発言一覧(評価・コメント) - 時系列順 1-100

0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54


LOUDNESS - THUNDER IN THE EAST - Heavy Chains ★★★ (2017-02-13 14:06:04)

山下作曲の名曲。
ライブでよくやってるし公私共に人気曲だと思うのだが、ここのサイトでは人気ないのねえ。
この暑苦しいメロディ、展開が良い。


DOKKEN - Back for the Attack - Prisoner ★★★ (2017-02-07 22:46:24)

埋もれてかわいそうな曲。
こういう抑え気味なテンポの曲でもしっかり聴かせるのがリンチ。


BRUTAL TRUTH - Sounds of the Animal Kingdom - Sympathy Kiss ★★★ (2017-02-03 20:11:45)

足元すらおぼつかない感じで進んだかと思いきや、いきなりテンションが爆発する。


BRUTAL TRUTH - Extreme Conditions Demand Extreme Responses - Regression - Progression ★★★ (2017-02-01 22:29:18)

堰を切ったようになだれ込む加速が良い。
かなり好きな曲。


KREATOR - Gods of Violence - Lion With Eagle Wings ★★★ (2017-01-29 17:36:53)

勇壮なメロディが印象的な疾走曲。素晴らしい。


KREATOR - Gods of Violence - Totalitarian Terror ★★★ (2017-01-29 17:14:40)

初期のようなタイトルだ(笑)
曲調はいかにも21世紀のKreator、そろそろこの手のキメ方はマンネリ気味だが、それを差し引いても名曲。


BRING ME THE HORIZON - There Is a Hell, Believe Me I've Seen It. There Is a Heaven, Let's Keep It a Secret - Visions ★★★ (2017-01-20 20:19:11)

ライブでもあまり取り沙汰されない曲だが、アルバム後半では一番好きだったりする。
軽快にグイグイ進む感じで。


BRING ME THE HORIZON - Sempiternal - Antivist (2017-01-20 20:16:32)

まるで初期Soulflyのようなズッシリ感(あんなヘヴィチューニングではないが)
アルバムだと一番地味な扱いされそうだけど、程よくアクセントになってる。


MESHUGGAH - The Violent Sleep of Reason - Ivory Tower ★★★ (2017-01-05 22:51:15)

さて、このタワー、登ってるのか降りてるのか皆目見当がつかぬ。
登ってるつもりが、降りてるような・・・降りてるつもりが、登ってるような・・・
上昇と下降を繰り返す気持ち悪いリフはまさに迷宮。出口が見当たらない。


MESHUGGAH - The Violent Sleep of Reason - Violent Sleep of Reason ★★★ (2017-01-05 22:45:42)

本作では出色の出来。
この、開始時のどうのっていいのかわからない感じ(笑)
これは意外とご機嫌な曲ではないのか思っている。
Haake氏にとってはかなりの地獄かもしれないが、リーダーたちはかなり楽しそうにプレイしている。


MESHUGGAH - The Violent Sleep of Reason - MonstroCity ★★ (2017-01-05 22:32:02)

ギターパートの妖しい輝きが良い感じ。
一見地味なリフに良いアクセントをつけている。


MESHUGGAH - The Violent Sleep of Reason - Clockworks ★★★ (2017-01-05 22:22:31)

1曲目から力入りすぎじゃね?ってくらいの超力作。
シュールな曲展開の多いMeshuggahにしては、これはかなり熱い展開。
これでこのアルバムはもらったようなもん。


KEEP OF KALESSIN - Kolossus - A New Empire's Birth ★★★ (2017-01-05 20:09:38)

オープニングに相応しいスケール感。
荘厳なリフワークがカッコいい。


GOJIRA - The Link - Death of Me ★★★ (2017-01-03 01:51:13)

この捻くれすぎてるグルーヴはちょっと他のバンドさんでは味わえない。
ジャカジャカしてるリフは相当面白い。


GOJIRA - Terra Incognita - Lizard Skin ★★★ (2017-01-02 22:17:21)

タイトル通りの怪作。
奇抜なリフが良い。


HEART - Little Queen - Dream of the Archer ★★★ (2016-12-23 16:29:13)

2ndでも①と並んで特に好きな曲。
メランコリックで幻想的なギタープレイにはうっとりした。


HEART - Dreamboat Annie - Sing Child ★★ (2016-12-23 15:55:39)

かなりヘヴィなメインリフ。渋い!
フルートが入ってからのギターソロがカッコいい。


VEKTOR - Terminal Redux - Collapse ★★★ (2016-12-23 00:06:51)

ヴォーカル入ってるけどVektor版「Orion」ってとこかなぁ。
これを最後から2曲目に配置する時点で、分かってんじゃん!ってなる。
ほとんど疾走してるこのバンドではかなり異質な曲だけど、後半に行くにつれて加熱する展開には圧巻。


BEATLES - Rubber Soul - The Word ★★★ (2016-12-15 00:36:53)

ギターのクサいフレーズが印象的。英国メタル的。


TREMONTI ★★★ (2016-12-14 20:47:46)

トレモンティさんはいつだって働き者だ。
今年もガッツリ働いた、そして良いレコードを連発した。
彼はギターも曲作りも上手いが、実は歌も上手い。
このバンドはスラッシュメタルの要素をAlter Bridgeに埋め込んだような路線だが、ぶっちゃけAlter Bridgeまんまやん(早く出したかっただけやろ)というのもあれば、他の彼のバンドではちょっと聴けないような曲も入ってて3枚とも聴きごたえがある。
何より、サイドプロジェクトと見なすにはあまりも勢いが良い(笑)
CreedよりもAlter Bridge派で、も少し暑苦しいトレモンティさんが見てみたいという人にはオススメ。


LACUNA COIL - Shallow Life - Leaving Alone ★★ (2016-12-14 20:18:37)

ボーナストラック。
アルバム本編の大半の曲より良い。
Paradise Lostにも通じるキャッチーさ。


BEATLES - Help! - You’ve Got to Hide Your Love Away ★★ (2016-12-14 18:51:24)

「悲しみをぶっとばせ」だろうが「悲しみはぶっとばせ」だろうが、知らんわw
地味だけど、良い曲だと思う。
とか言っといて、自分で赤盤編集するなら外す可能性の方が大きいかも。


ALTER BRIDGE - The Last Hero - Show Me a Leader ★★★ (2016-12-14 14:18:14)

彼らのオープニング曲の中でも特に“1曲目オーラ”を感じる。
バンド史上過去に例を見ないほどキャッチーなサビはソロ活動の影響か!?


THE BEATLES - With The Beatles - Little Child ★★★ (2016-12-13 22:19:14)

気持ちよさそうにハーモニカが鳴っている。
2ndの曲って人気ないなぁ、こんなに取っつきやすい曲なのに。


ALTER BRIDGE - AB III - Ghost of Days Gone By ★★★ (2016-12-13 19:49:35)

ABIIIの中でもひときわドラマ性を感じる曲。


Celine Dion - Céline Dion & Others - It's All Coming Back to Me Now ★★★ (2016-12-11 12:40:09)

Pandora's Boxの曲。
イントロのマーラーのシンフォニーみたいな部分は果たして要るのかと思うが、それ以外は長さを感じない素晴らしいバラードになっている。


BLANKEY JET CITY - Metal Moon - Orange ★★★ (2016-12-10 14:02:28)

それまでのブランキーにはなかった、やや幻想的な雰囲気が良い味出してる。


ARCTURUS - The Sham Mirrors - Nightmare Heaven ★★ (2016-12-06 20:26:37)

全く予測していなかった盛り上がり方が印象的な曲。
序盤のあのわけのわからない感じは、このバンドにしか演出できないだろう。


ASIA - Aqua - Lay Down Your Arms ★★★ (2016-12-06 18:55:11)

このアルバムでは一番いいな。


ASIA - Asia - Wildest Dreams ★★★ (2016-12-06 00:32:55)

毎回のようにライブでやってる曲。
ドラマティックな展開と次々と飛び出す自己主張の塊のようなフレーズがカッコいい。
渋谷陽一自体認めないけど、僕もこの曲も名曲と認めますね。


SEPULTURA - The Mediator Between Head and Hands Must Be the Heart - Trauma of War ★★★ (2016-12-05 22:41:40)

マックス脱退後の曲では一番好きかも。
吹っ切れ感じがして頼もしい。


SEPULTURA - Chaos A.D. - Territory ★★★ (2016-12-04 22:34:00)

この曲のイゴールパートは相当カッコいい。
テンポ良い曲と見せかけて、一気にヘヴィに減速してリフが入るところはアルバムのハイライト。


RHAPSODY - Into the Legend - Distant Sky ★★★ (2016-12-03 12:44:18)

個人的には「Reign of Terror」以来の名曲。
力強いサビはいかにもラプソらしい。
それだけに、ファビオ退職は残念。


SEPULTURA - Morbid Visions - Anticop (live (1996)) ★★★ (2016-12-02 23:55:45)

歌詞もコンセプトもご立派です、俺と気が合いそうだ(笑)


Celine Dion - The Power of Celine: An Exclusive Sampler - My Heart Will Go On ★★★ (2016-12-02 21:33:43)

結果的に色んな意味で記録を打ち立ててしまった歴史的名曲。
映画の何倍もこの曲が好き。
この名曲を書いてセリーヌが歌うまで待ったホーナーも凄いが、これを1発録りで通すセリーヌも凄い。
カラオケ原曲キーでは余程の自信がない限りは罰ゲームになります。


RHAPSODY - Triumph or Agony - Il canto del vento ★★★ (2016-12-02 20:41:18)

この曲が本作で一番いいと思うのだが。
ファビオ作曲の名バラード。


REO SPEEDWAGON - The Earth, a Small Man, His Dog and a Chicken - Love Is a Rock ★★★ (2016-12-02 12:27:40)

いくらなんでも埋もれすぎ。
バランスがとてもいいし、90年代の名曲。


REO SPEEDWAGON - Life as We Know It - One Too Many Girlfriends ★★★ (2016-12-02 00:14:17)

軽快なテンポでサラッと流れてく、メロディアスで非常に聴きやすい。
割かしバラードが目立つ時期だが、これ良い曲だと思うよ。


THOUSAND EYES - BLOODY EMPIRE - Bloody Empire ★★★ (2016-12-01 22:02:54)

衝撃の1曲目。
甘ったるすぎないくらいで、程よいブルータリティ。
国産メロデスの中でもかなり好きな曲。


REO SPEEDWAGON - Good Trouble - Stillness of the Night ★★★ (2016-12-01 16:16:37)

超コテコテ系の曲。
サビメロのクサさはREO史上最高かもしれん、人気ないが気に入ってる曲。


FEAR FACTORY - Genexus - Regenerate ★★★ (2016-11-30 23:11:25)

FFの中でもArchetypeに匹敵するほどにドキャッチーな曲。
こういうメロディアス系の曲今後増えても歓迎します。(でもExpiration Date系は1曲で良いです)


REO SPEEDWAGON - Ridin' the Storm Out - Ridin' the Storm Out ★★★ (2016-11-30 15:19:04)

回数的には一番演奏してる曲らしい。
やっぱり3rdだとこの曲。
初期と中期の橋渡しのような存在感。


CREED - My Own Prison ★★ (2016-11-24 20:46:47)

寧ろこのくらいサウンドに粗さがあった方がカッコいい。
歌詞の雰囲気とマッチしてる。
グランジの代表格のような強烈な個性はないし、Alter Bridgeの方が好きなのであまり思い入れのあるバンドではないが、彼らの音楽は聴きやすいし、CREEDはどのアルバムにも良い曲は入ってると思う。
1stにして、勢い任せな部分は皆無で、トレモンティの時にしっとりと聴かせるメリハリついたプレイは流石。
全体としてもこの1stは2nd以降に引けを取る内容では全くないと思う。
①、③、⑧、⑨、⑩が気に入った。

[★★★★ ]


KING CRIMSON - THRAK - One Time ★★★ (2016-11-23 13:30:39)

よく後半弱いと言われるこのアルバムだが、この曲を忘れてはいけない。
結構ライブでやってるし、それはそれでまた冴えてていい雰囲気を出す曲である。
後期のクリムゾンの中でも特に洗練された美しさが出てると思う、ここまで来ると他のバンドさんにもありそうな曲ではあるが。


EXODUS - Fabulous Disaster - Fabulous Disaster ★★★ (2016-11-23 12:29:16)

Exodusと言えば1st至上主義の自分でもこの曲は最高傑作だと思う。
ヴォーカルの存在感をやや食い気味なくらいに、リフの旨味が出ている。


SIAM SHADE - SIAM SHADE Ⅴ - 知りたがり症候群 ★★ (2016-11-22 23:57:30)

歌詞の内容の人種が最近増えすぎて呆れを通り越してる。

「多分そのうちね社会的問題」

マジだったよ。


KING CRIMSON - Three of a Perfect Pair - Three of a Perfect Pair ★★★ (2016-11-22 22:41:31)

独特のブリュー節が堪能できる。
みんなそんな嫌うなよ。


EXODUS - Let There Be Blood - Hell's Breath ★★ (2016-11-22 20:52:57)

シンプルイズベスト、最近の曲の半分以下の長さ。
カー君がどこをどう流用したかはみなさんよくお判りでしょう(笑)


EXODUS - Bonded by Blood - Piranha ★★★ (2016-11-22 20:07:51)

ヴォーカルはじめ、全員が凄まじいテンション!
世界的にはかなりの人気曲だと思うのだが。


KING CRIMSON - Starless and Bible Black - Guts on My Side ★★★ (2016-11-21 20:03:39)

40th anniversary editionにライブ音源が収録されている幻曲。
ホンマに幻のような曲、キャリア史上演奏回数はたったの1回きりだとか。
リフがとてもカッコいいし、かなりキャッチーさもある。
埋もれるには惜しい。


KING CRIMSON - Starless and Bible Black - The Great Deceiver ★★★ (2016-11-21 18:58:37)

普通のバンドのご機嫌系の曲とは全くテイストが違うのがキンクリらしいなと感じる。
なんという気持ち悪さ(笑)
聴き手を平気で騙す独特の存在感。


KING CRIMSON - Lizard - Lizard: a) Prince Rupert Awakes - b) Bolero: The Peacock's Tale - c) The Battle of Glass Tears (including I. Dawn Song - II. Last Skirmish - III. Prince Rupert's Lament) - d) Big Top ★★★ (2016-11-20 21:13:01)

ジョン・アンダースンの出張仕事の中でも特に気に入ってる曲。
取っつきやすくきれいに始まったかと思ってると、キンクリらしいどんどんラリッた曲調になる。
聴き終わったころには例にもれず“何とも言えない”気分になる。
もはやアルバムの最後以外に居場所はあるまい。


JAMIROQUAI - The Return of the Space Cowboy - Space Cowboy ★★★ (2016-11-18 01:44:38)

初期の名曲。
Jamiroquaiの中でも特に好きな曲の一つ。
とにかくカッコいい、そしてキャッチー。


JAMIROQUAI - A Funk Odyssey - Deeper Underground (2016-11-18 01:43:02)

またしても強烈なPV(笑)
彼らの中でも特に浮いてる存在感、知名度の割には取り立てて良い曲だとは思わない。


STYX - Paradise Theatre - She Cares ★★★ (2016-11-15 14:34:56)

今聴いてもあまり古さを感じない。
埋もれてる感あるけど、名曲だと思う。


STYX - The Grand Illusion - Man in the Wilderness ★★★ (2016-11-14 20:41:03)

これぞStyxの名曲の一つだと思うのだが、人気ないのねぇ。
力こもってる後半は、アルバムのハイライト。


SUM 41 - 13 Voices ★★ (2016-11-14 20:00:47)

5年ぶりの新作。
前作も前々作もぱっとしなかったが、パンク要素はかなり減退しているものの今回は久々にSum 41らしいパワフルなサウンドに回帰している。
やっぱりデリックのリハビリと再婚、何よりバクシュが戻ったのが大きいんだろうな。
一度どん底を経験して、這い戻ってきた。
持ち前のキャッチーさがかなり増強しているし、曲もそれぞれ散漫過ぎず似たり寄ったり過ぎずで、ここ2作の弱点をしっかりと克服してきている。
まだまだ頑張れる底力を実証した作品だと思う。
離れたファンを振り向かせるより、新たなメタラーを味方につけそうな作風もよろし。

[★★★★ ]


STYX - Styx - What Has Come Between Us ★★★ (2016-11-14 11:58:40)

1stに思い入れはほとんどないのだけれども、この曲は好き。


DREAM THEATER - Systematic Chaos - The Dark Eternal Night ★★ (2016-11-10 19:11:47)

歌メロとか展開の整合性とか、聴きやすさあたりを重視してる人には、かなりとっつきにくい曲(要は大体の人に嫌われやすい)なのだが、Dream Theaterコンスタントに聴いてる人なら今回もやってくれたなって歓喜するだろうね。
メインのリフにもう少し旨みがあればもっととっつきやすくはやったと思う。これでは最初の20秒で集中して効く気をなくす人が多そう。


KANSAS - In the Spirit of Things - Stand Beside Me ★★★ (2016-11-09 20:58:34)

このアルバムはいい印象の曲が少ないが、この曲はかなりの名曲だと思う。


RAMMSTEIN - Sehnsucht - Bück dich ★★★ (2016-11-08 22:30:55)

サビのところで首を振りながら拳で太ももをドンドン叩く姿が印象的。
色のついた水だと思うんだが・・・まぁ、飲みたくはないなww
自分で飲みだしたときは笑った。


KANSAS - Masque - Icarus - Borne on the Wings of Steel ★★★ (2016-11-07 02:42:27)

Kansasらしい各パートの自己主張が出た本作の目玉。
アルバムの中でも特に凝った展開が聴ける。
ライブでも結構頻繁にやってるね。


TESTAMENT - Brotherhood of the Snake - Neptune’s Spear (2016-11-02 22:36:01)

曲自体は目立つ方ではないが、ギターソロはかなりの名演。


MICHAEL SCHENKER GROUP - MSG - Are You Ready to Rock ★★★ (2016-11-02 02:39:33)

こういうなんの変哲もないリフから良曲を作り出せるのが当時のマイケルの凄さ。
結構毎回ライブでやってる曲だけど、人気ありませんなぁ。
コージーはそれほど邪魔に感じない。


ANTHEM - Domestic Booty - Venom Strike ★★★ (2016-10-28 18:48:10)

Domestic Bootyは人気ないが全然悪い作品ではない。
特にこの曲はかなり素晴らしい、英三さんの言う通り、「アルバムで一番エグい曲」かもしれないが、アルバムで一番カッコいい曲でもあると思う。
ANTHEMでもベスト10には確実に入る。


ANTHEM - Tightrope - Death to Death ★★ (2016-10-27 16:36:27)

ブリテン系ドヘヴィメタ。
2ndはこういう腰を据えたテンポの質感の曲がいきなりかっこよくなったなぁ。


THE WHO - Tommy - Cousin Kevin ★★★ (2016-10-20 22:17:09)

アルバムの中でも気に入ってる曲の一つ。
こんな身内は嫌だ・・・


DEICIDE - Legion - Holy Deception ★★ (2016-10-16 13:32:46)

随所に顔を出す禍々しく残忍なリフがとてもカッコいい。


GENESIS - Foxtrot - Get 'Em Out by Friday ★★★ (2016-10-12 00:27:19)

初期Genesisならではの奇抜な曲。
両端に配置された名曲に埋もれがちな扱いをされるが、実はこっちの方が好きだったりする。


BOφWY - BOØWY - CHU-RU-LU (2016-10-06 20:12:27)

彼らの曲の中でも特に時代を感じさせる曲。
これはBOOWYがやるから形になるんだろうなぁ、他の人がやったら残念なことになるだろう。


MADONNA - Ray of Light - Frozen ★★★ (2016-10-02 00:55:18)

マドンナの曲で一番好きなのはこれかも。
こんな曲も作れるんだなぁ、すげーよ。
ただのかまっておばさんではありませんな。
PVの衣装はICOのラスボスのような魔性っぷり。


KREATOR - Scenarios of Violence - Ripping Corpse (live) ★★ (2016-10-02 00:01:58)

今やもったいぶるにも程があるくらいの激レア頻度になった代表曲。
原曲よりマトモに叩いていてそれがかえって違和感があるが、これはこれで面白いアレンジ。
原曲の無茶な叩き方は10代にしか無理なのだろう。


KREATOR - Scenarios of Violence - Tormentor ★★★ (2016-10-01 23:56:48)

原曲を遥かに凌ぐスピードになったライブ音源。(当時からこんなに速かったわけではないです)
毎回ライブでやって、どんどん成長するタイプなのだろう。


KREATOR - Renewal - Renewal ★★★ (2016-09-30 22:08:55)

アルバムは好きじゃないが、これと「Europe After the Rain」は良い曲だと思う。
この曲で一気にゴシック寄りになったなぁ。
同時期のParadise Lostにも通じる部分がある。


KREATOR - Extreme Aggression - Extreme Aggressions ★★★ (2016-09-30 19:00:24)

Kreatorを順当に聴くと“名前の割に激しくない”と言われそうだが、リフや曲構成の練り具合は格段に上がってる。
トチ狂った若造から、知的なスラッシュ兄貴が誕生した瞬間である。


KREATOR - Terrible Certainty - Behind the Mirror ★★ (2016-09-30 01:00:26)

Bihind the Mirror!!の言い方とかホラー映画見過ぎなんじゃないかってくらい鬼気迫ってんな。


KREATOR - Terrible Certainty - No Escape ★★ (2016-09-30 00:52:28)

タイトル通りどこまでも追い回すようなリフだな。
ジワリジワリと迫りながら追い回してる感じ。
間奏のヘヴィなリフがカッコいい。


CARPENTERS - Now & Then - This Masquerade ★★★ (2016-09-29 21:39:24)

アダルトで洒落た雰囲気の曲。
Carpentersにしては長めで、曲の雰囲気に浸れる。


CARPENTERS - Ticket to Ride - Your Wonderful Parade ★★★ (2016-09-29 01:11:07)

1stでもかなり好きな曲。
リンカーンの演説入ってるから、実質的には短いのだけれども。


YES - Fly From Here - Fly From Here ★★★ (2016-09-28 12:43:35)

いちいち分けるのもめんどくさいので、1曲として。
大体23分くらいになっているが、元ネタから引っ張ってきた部分以外もかなり素晴らしい。
自分の中では過去20年では一番好きなYesの曲。
次作にはがっかりした、クリスは逝ってしまったが、またこういう曲でわくわくさせてほしい。


RAGE AGAINST THE MACHINE - Rage Against the Machine - Bombtrack ★★★ (2016-09-27 22:13:11)

RATMで最初に聴いた曲だから、一番思い入れがあるのはこれかな。
イントロから分厚いリフになだれ込むところはかなりの衝撃を受けた。


DISTURBED - Immortalized - Never Wrong ★★★ (2016-09-27 17:21:33)

サビでまさかの加速。
こういうちょっと今までなかったような曲が終盤に入ってるのは気が利いてると思う。


YES - Fragile - Cans and Brahms (Extracts From Brahms' 4th Symphony in E minor, Third Movement) ★★ (2016-09-25 13:36:29)

原曲の辛気臭さ(ブラームスの加齢臭)が良い感じに消えてていい。


YES - Time and a Word - Time and a Word ★★★ (2016-09-24 13:38:35)

この頃では一番メロディアスな曲。
1stと2ndから1曲選ぶならこれかな。


SECRET AND WHISPER - Great White Whale - Looming Moon ★★★ (2016-09-23 21:01:00)

この頃の彼らはSaosinと区別付かないとよく言われるが、こういうしっとりした感じはSaosinのそれとはちょっと違うんだよな。


RUSH - Power Windows - Mystic Rhythms ★★★ (2016-09-22 20:18:19)

これは名曲。
名曲の多い80年代の彼らを凝縮させたような曲。
このバンド特有の気難しさが幻想的で深淵なサウンドに反映されてる。


RUSH - Fly by Night - By-Tor & The Snow Dog: I. At the Tobes of Hades / II. Across the Styx / III. Of the Battle / IV. Epilogue ★★ (2016-09-21 12:37:35)

頻繁に演奏してるわりには、地味な扱いをされてる曲。
この曲の出現はバンドの歴史が動いた瞬間だと思う。
中盤から後半にかけての展開が特に好き、確かに後の長尺曲に比べたらインパクトはないかもしれないが・・・


BLACK SABBATH - Dehumanizer - TV Crimes ★★★ (2016-09-20 16:59:08)

本作中一番の聴きどころ。
アイオミはじめ全員のへヴィな演奏が堪能できる。
やっぱりこういう曲はディオ先生じゃなきゃね。
この辺りまではいいアルバムなんだけどな。


BLACK SABBATH - Master of Reality - After Forever ★★★ (2016-09-19 18:47:48)

アイオミ氏とギーザー氏の旨味はこういう曲こそ滲み出てくると思う。


TOOL - Ænima - Eulogy ★★★ (2016-09-18 21:37:18)

こんなヘンテコなイントロは彼らにしか無理。
そこからの立ち上がり具合は絶妙。
終盤のロングシャウトは流石。


スピッツ - とげまる - つぐみ ★★★ (2016-09-18 00:30:02)

これってばななさんあの小説がネタかな?
中々の名バラード。


スピッツ - 花鳥風月 - 愛のしるし ★★★ (2016-09-17 10:42:52)

やっぱり他の人に提供したのはあくまでその人のものなんだろうなぁ。
PVが面白い、何着ても地味なリーダー、何着ても浮いてる三輪くん。


The Jimi Hendrix Experience - Axis: Bold as Love - Spanish Castle Magic ★★★ (2016-09-16 21:56:17)

いかにもこのバンドらしい独特のグルーヴ。
全員の演奏がかなりヘヴィでカッコいい。


SPITZ - 惑星のかけら - 波のり ★★ (2016-09-16 14:35:55)

草野くんのペニスケースは人のとちょっと違うらしい。
そんなことはどうでもいいけどさ。


SUFFOCATION - Pierced From Within ★★★ (2016-09-15 22:47:00)

Suffocationで好きな作品と言えば、1stと3rdが真っ先に思い浮かぶが、どちらかというと今作かな。
この作品はリフ、曲展開、整合感、キャッチーさ、サウンドどれをとっても一級品だと思う。
彼らの持ちうる要素がすべて絶妙なバランスで成り立ってる。
彼らのソングライティングにおける最大の強みは、キャッチーながらもそれだけでは絶対に済まさない変則的なリフ・リズムの展開だと思う。
リフやメロディーは提示された直後から展開を開始する、もしくは展開しながら徐々にその姿の全容を提示していくという独特のじれったさ(笑)は中々他では味わえない魅力だと思う。
この手法の練り具合は今作では特に徹底されており、他のアルバムの収録曲に比べて曲が中盤以降まで進まないと曲のキャッチーさが堪能しにくくなっている。
リフや展開が退屈だったら、まずこんな楽しみ方は出来まい。
また、ギターソロには適度に華があり、リズム隊のストップ&ゴーとともに、良い見せ場を発揮している。
こういった音楽を手数やブルータリティ等で推し量るのは何も面白くない、それはあくまで本人たちの音楽を投影する手段の一つでしかないし。
どの曲も退屈しないし、それぞれに曲の魅せ方があると感じた。
デスメタル聴いたとこないからこれから聴く~というには中級者向け過ぎる気もするが、このデスメタルの裏番長を知らないのはもったいない。
全曲名曲かといえばそうでもないが、中でも①、②、③、⑤、⑧は気に入った。
前作のタイトル曲を早速再録したのがまた良い、彼らの2nd再録カリキュラムは好きな順に再録してると思う。
[★★★★☆]


SUFFOCATION - Effigy of the Forgotten - Infecting the Crypts ★★★ (2016-09-15 00:55:39)

Suffocationで確実に五本の指に入る。
禍々しくてキャッチーなリフがカッコいい。


CRADLE OF FILTH - Hammer of the Witches - Right Wing of the Garden Triptych ★★★ (2016-09-13 22:21:45)

本作中最高に熱い曲。
サビのリードは感涙モノ。
リンジィ姉さん張り切ってるな。
相変わらずPVはグロいが、モノクロというのがまた独特の味を出してる。


LAPUTA - 私が消える - Saddistの夢 ★★ (2016-09-13 18:55:02)

ベースラインが中々カッコいい。
おそらくこのバンドの曲の中では一番激しくて速い。
でも独特のメロディーがちゃんとLaputaしてる。


STEELY DAN - Gaucho - Hey Nineteen ★★★ (2016-09-13 14:59:53)

『Caucho』と言えばこの曲は外せまい。
コーラスの美しいメロディが心地よい。


MASTERPLAN - Novum Initium - Pray on My Soul ★★ (2016-09-13 13:29:47)

聖飢魔Ⅱのようなリフとキャッチーなサビが印書的。