この曲を聴け!
DOKKEN
MyPage

DOKKEN
モバイル向きページ 
解説 - DOKKEN

1978年に結成されたアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のグラムメタルバンド。
1980年代に一世風靡したLAメタルの中でも異色の存在で、Don Dokkenの哀愁漂うボーカルとGeorge Lynchのテクニカルなプレイで人気を博した。
Rattのベーシストとして知られるJuan Croucierは元々、Dokkenのメンバーであり、Rattのデビュー直前に鞍替えした。
RattとDokkenのリフ構成の共通する側面はJuanの影響と考えられるのはそのためである。
1982年にデビュー、1984年に出世作となった2ndアルバム『Tooth and Nail』を発表。
その後、1985年に『Under Lock and Key』、1987年に『Back for the Attack』を発表。発売2週間でダブルプラチナを獲得(全米チャート13位)。
1988年、来日公演の模様を収録したライブアルバム『Beast from the East』をリリース。
しかし、Donとそれ以外のメンバー間の確執が深刻化してゆき、「モンスターズ・オブ・ロック」のツアーを終了と同時にドンが脱退する形でバンドは解散する。
1994年に全盛期のメンバーで再結成されるが、2枚のアルバムをリリース後、1997年にGeorge Lynchが解雇される。
その後も、メンバー交代を繰り返しながら現在に至る。
デビュー時からのメンバーはDonとMickだけである。
バンドの世界総売上は1,000万枚以上。

Current Members(リーダーはDon Dokken)
Don Dokken(Donald Maynard Dokken) – lead vocals, guitar (1976-1989, 1993-present)
Mick Brown – drums (1980–1989, 1993–present)
Jon Levin – guitar (2003–present)
Chris McCarvill(Christopher Lee McCarvill) - bass (2008, 2015–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. IMOGAN ★★ (2001-08-20 01:17:00)

DOKKENでテープを1本編集するなら この13曲!
side-a m1.TURN ON THE ACTION m2.DREAM WARRIORS m3.SLIPPIN'AWAY m4.TOOTH AND NAIL m5.WILL THE SUN RISE m6.ALONE AGAIN m7.MR.SCARY(live)

side-b m1.SO MANY TEARS m2.JUST GOT LUCKY m3.JADED HEART m4.IN MY DREAMS m5.KISS OF DEATH(live) m6.WALK AWAY
ウーム。JADED HEARTは名曲ですよ...




2. 定ちゃん ★★ (2001-09-04 18:01:00)

ドッケンと言えば、僕が思い出すのはジョージとドンの不仲説。実際仲悪かったのかもしれない。
超名盤「BACK FOR THE ATTACK」が出た当時の音楽雑誌にはレコーディングでは顔を会わさなかっただの、ドンが作った曲をジョージがヘヴィにアレンジしただの、
ライブでジョージはドンに一瞥することなく淡々とギター弾くだの、といった記事ばかりが目立ってました。しかし、そういう緊張感がバンドの楽曲の緊張感、特にジョージのギターに反映されたのかも。
初期の名盤3枚はアメリカンHRファンは必聴アルバムです。ドンの甘いヴォーカル、ジョージの泣きのカミソリギター、哀愁の楽曲、すべてが最高水準のバンドです(した)。
ひょっとしたらドッケンを知らないHRファンもいるのかもしれないな・・・。
ソナタやラプソもいいけど、こういうバンドも是非!




3. アメンボ ★★ (2002-10-12 06:36:00)

LAメタルの代表バンドのひとつだと聞いてCDを聞いてみました。
僕はそのころLAメタルっていうのはギラギラしててバブルっぽくてゴージャスなものだと思い込んでいました(モトリーにはまってた時期だったので)
なので最初聴いたときは「えっ、これが代表的なバンドなの?マジで?」みたいな感じでした。
しかしそれから一年が過ぎて気づきました。
「これは素晴らしい!」と・・・。
でも僕の中で、LAメタルというのはイコール(=)モトリーだという自分でも分からないほど意味不明な式ができあがっています。モトリーとの出会いが衝撃的だったこともあって・・・。
しかし総合的な音楽ということになるとドッケン・・・かなりのものです。
今の若い人達が(って僕もまだ子供だけど)ダサいとかいって80年代の曲を敬遠するのが、個人的に悔しすぎてたまらない。非難するのは個人の問題だけどとりあえずは聴いて欲しい。いや、もちろんラップもミクスチャーもいいんだけど・・・。
カッコイイ曲はとことんカッコ良く!
切ない曲は果てしないくらい切なく!
これが粋ってもんでしょう?
これぞ美学!
も~~~~~う最高!




4. JENESIS ★★ (2003-01-20 22:55:00)

ハードかつアグレッシヴな正統派メタル・バンド、DOKKEN。
私が彼らの曲を聴くきっかけとなったのは、ギター店内でかかっていたライヴ音源だった。このアグレッシヴさに惹かれてのことだった。
ジョージ・リンチのテクニカルなソロは評価に値するが、「上手い」が「凄い」とはちょっといえないので、最高に好きというわけではない。
一番好きな曲は「TOOTH AND NAIL」。




5. SCARECROW ★★ (2003-05-23 17:45:00)

SANTA ANA、GALAXY THEATERでのDOKKENのライブに行ってきました。
(というか今帰って来たばかりですw)
さすがの貫禄。ステージからも2~3mの距離で迫力も満点でした。
オリジナルメンバーはドン・ドッケンとミック・ブラウンのみと
なってしまいましたが、それでもなお彼らは一流のHMバンドと呼ぶに
値すると思いました。今後もLAメタルを担うバンドとして
末永く活動を続けて欲しいです。




6. kanyuuu ★★ (2003-07-23 18:05:00)

細かい部分にまで行き渡る曲作りの巧みさもDOKKENの魅力の一つですね。よく正統派といわれる彼らですが、ムードを崩さずに微妙に展開し表情を変える曲やフックやアクセントの入れ方が絶妙で、こういったタイプの他バンド達と格の違いをまざまざと感じさせてくれますホントに。



7. Kamiko ★★ (2003-09-06 01:55:00)

リンチが光ってる瞬間はドッケンの頃なり。
リンチ氏のソロはどうも馴染まんかったが、ドッケンはイイね。
ミドルで聴かせる貴重なバンドだね。
ツインピークス流行った時、てっきりジョージリンチが作ったんだと思ってました。余談ですけど。
スンマセン。




8. Yossi ★★ (2003-11-27 15:04:00)

80年代を代表するLAメタルバンドですが、他のメタルバンドとは異質で、独特のサウンドを生み出していましたね。
彼らは、細かいサウンドに気を使い、完璧なアルバムを作ろうという姿勢が音に出ていると思います。
性格の不一致は有名ですが、アーティストとしてはお互いを尊重し合っているみたいですね(今でも)。
最近は、メンバー交代が激しいですが、新年リリース予定のニューアルバムに期待しています。
DOKKEN'S ROOM
Yossi



9. 猫丸 ★★ (2004-02-10 14:52:00)

DOKKENは、80年代で1番好きなバンドでした。
再結成後のDOKKENは、DOKKENという名の別のバンドだと思います。だから、再結成後のDOKKENしか聴いたことない人は、2ndから4thまでを聴いてみてください。特にBACK FOR THE ATTACKは、メタル史上に残るDOKKENの最高傑作です。今でも、時々聴いてます。



10. Bananas ★★ (2004-02-17 19:10:00)

「Tooth And Nail」から「Back For The Attack」までは、
しっかりとカユイとこに手の届く音を提供してくれましたねぇ、ほんとに。
もーちょい、もーちょいハードに行ってくれぇと思ったところに、
George Lynchの素晴らしいギターが炸裂!!
メロディーが、むせび泣くようなメロディーがほしいんじゃぁと思ったところに、
Don Dokkenの哀愁満開の歌が炸裂!!
で、再結成後は「何やっとんじゃぁお前ら。あん時の勢い見せろや」と
思ってましたが、
やっとしっかり聴きこめました、いいじゃないですか!「Long Way Home」!!
ギターひかえめ、といいつつも、全パートしっかりと"歌"がしっかりと活きてます。
でも・・・もう次は期待できないだろうなぁ(泣)



11. 夢・マグナム・ナイト ★★ (2004-03-18 23:21:00)

大丈夫、次も裏切らないと思います。
Yossiさん、この名前でわかるかな?お世話になっております。




12. てらぴん ★★ (2004-04-08 06:43:00)

Dokkenは大好きなバンド。いまでも聴いていますよ。
やはりGeorgeのギターですね、なんといっても(いまはいませんが・・・)。
昔YG誌の別冊「100%George Lynch」で巨匠自らが選んだbest guitar soloは、
Into The Fire, In My Dreams, It's Not Love, Heaven Sent, Kiss Of Death。
でした。さらに巨匠のfavorite song 8では、
Kiss Of Death, Mr.Scary, Sleepless Nights, Dream Warriors,
Unchain The Night, The Hunter, Till The Living End, Tooth And Nail。
でした。ご参考まで。




13. MK-OVERDRIVE ★★ (2005-05-17 09:41:00)

GEORGEのギターとは別の切り口からDOKKENの魅力を二言三言。いわゆるLAメタル・ムーヴメントの中で純アメリカン・ロックも好きですが、他国から渡米して狼煙を上げたアーティストも要チェックで、結局好きになったりします(だったらその国本場のメタル聴けよ、と言われるかも知れませんが)。STONE FURY然り、LION然り、も1つWHITEのつくLIONなど。DON DOKKENも、そんなヨーロッパ的哀愁メロディセンスを楽曲に注ぎ込み、LAメタル御三家の一角を占め、紆余曲折あっても今に至るまで息の長い活動を続けているお人です。残念ながら注目すべきは80年代の作品に限られてしまいますが、その4作(ライブ含め5作)は一生聴き続けるに値する輝きを放っています。



14. キタ・千里 ★★ (2005-06-05 13:39:00)

メタル聴き始めて15年・・・。
やっとジョージリンチのエッジ感というか
かっこよさが理解できました。おそっ。
しばらくはドッケン聴きまくりだなぁ。



15. 闇のイージス ★★ (2005-06-20 21:47:00)

ライブのように決して交わることが無く、それでいて切れる寸前の弦のような冷たい空気の中の熾烈な個性のぶつかり合いがスリリングでよかったのだが…。



16. andi ★★ (2005-06-29 17:24:00)

でもそんな状態で音楽をやるっていうのは
本人たちからすればとてつもなく大変なこ
とだと思うんですが・・・・。



17. kanyuuu ★★ (2005-06-30 10:09:00)

>とてつもなく大変なこと
そうでしょうね。だから続かないんでしょうね^^;
私を含めて、ファンとしてはあの状態が永遠に続いてほしい
って願っちゃうとこありますが、本人達の精神的な
幸せを考えると別れた方がいいんでしょう。
長続きしない関係だとは思いますが、そこは大人なんだから、
上手いガス抜きの仕方を覚えてストレスをためないような仕方で
創作活動を続けて欲しかったなぁ・・。
ある意味80年代後半の彼らの音楽性は奇跡的な
ものだったような気がします。




18. 闇のイージス ★★ (2005-07-04 02:33:00)

まさにその通りで確執があったから解散に繋がったんでしょうね。
しかし、その個性のぶつかり合いで生まれた音楽は皆さんが言うとおり「奇跡」ですね。
ガス抜き以前に、ジョージリンチはバンドに入る前から「レコーディングには参加してもらうけどバンドに入れる気はない」といわれ続け、入ったり抜けたりしてましたからね…
ちょっとやそっとじゃこの溝はなく競るものではなかったのでしょうね。



19. kanyuuu ★★ (2005-07-11 00:04:00)

みなさんも日常生活で経験されているように(^^;)
なんでか分からずウマが合わないっていう人はいるものです。
ジョージとドンには意見の対立以前にこういった空気を感じます。
ウマが合わないにもかかわらず、一緒に創作活動を続けていた時期があって、
しかも何の因果か奇妙とも言える音楽的融合をはたしてしまった・・・。
ジョージとドンは作曲や録音に際して顔を合わせたことがないって
いうようなことを当時聞いたことありますが、
ジョージの作ったリフ等のアイデアにドンの感性が刺激されて良いメロディラインが
浮かんだり、またはドンの作るメロディラインや声質にジョージの感性が刺激されて
良いアルペジオやリフが浮かんだりっていうようなケミストリーが存在していたんでしょう。




20. 暗黒騎士MARS ★★ (2005-11-25 04:35:00)

ジョージリンチがいなければDOKKENじゃない。リンチ先生は同じ様なフレーズが、ほとんどないという点で他のプレイヤーを大きく引き離していた(手癖が少ないということ)。マカパインも彼のプレイにはぞっこんの様子だったなー。周りではインギーより人気があった。



21. terapinn ★★ (2005-12-05 00:21:00)

80年代、ギター教室(メタル系)の、
「教室に通えばこんな曲が弾けるようになる!」という誘い文句の定番曲は
I Don't Know(Ozzy)、Cum on Feel the Noise (Quiet Riot)、
そして、Tooth and Nail (Dokken)、だったなぁ~(笑)。
Lynch御大はほんとギター・キッズの羨望の的でしたね・・・。



22. ピュアメタラー ★★ (2007-08-24 22:08:00)

そろそろ初期の作品をリマスターで再発してくれないかなぁ・・・
「BACK FOR THE ATTACK」は一生ものだから・・・いいサウンドで聴きたい。




23. タブ ★★ (2007-08-28 20:55:00)

言えますね。出来れば「CRY AGAIN」などの未発表曲なんかもボーナストラックで入れて頂いて。DOKKENを知らない人達に、よさを知ってもらいたいです。



24. ピュアメタラー ★★ (2008-04-07 22:00:00)

来月発売の新作、かなり期待してます。サンプル聴いてすでに興奮気味です。



25. タブ ★★ (2008-04-20 08:13:00)

良いよねー。何かを思い出してしまうリフだけど、それがまたカッコ良い。



26. ポリショイ (2011-02-25 22:23:24)

KISS OF DEATHを始めて聴いた瞬間、HMが好きになりました。
4thはいいけど、それ以前は少しPOPスギルかな!
でも、ボクの音楽感を変えた大好きなバンドです。」



27. MK-OVERDRIVE ★★ (2012-12-03 08:55:30)

あっちこっちざっと見た限りでは、今秋発表の BROKEN BONES が DOKKEN 名義では最後の作品になるらしいですね。ドンは来年還暦を迎えるのか、引退する訳ではないよな…。いやそれにしても、SCORPIONS の方は去就が大きく取り上げられているのに対して、何とも温度差を感じずにいられないねぇ。



28. 名無し ★★ (2013-08-12 15:00:51)

今聴いてもドラム以外はかなり好きだ。80sだからこんなドラムなのは仕方ないけども・・



29. 名無し ★★ (2013-09-01 17:44:58)

リンチって数年前自転車事故やってから一気に老けたねw



30. 枯林 (2014-12-28 12:10:21)

マークボールズがベーシストとして入ったらしいですね。



31. kanyuuu ★★ (2014-12-29 02:20:37)

えっ?と思い調べてみたら、なんと、「あの」マークボールズなんですね...!ビックリです。
WIKIを見てみたら、幼い頃からベースもやっていたらしいですね。
...しかし...もったいないような...
コーラスでドンより目立っちゃうこと確実ですな^^;




32. 80年代 (2016-03-25 22:52:20)

LAメタルにおいてメロディ重視のポップメタルバンドを演じたドッケン 美しいメロディラインを守りたいがゆえにハイスピードでなくキャッチーな方向へ進んだが ミーハーな女性ファンとコアなメタラーの両方から支持されるイケメンバンドでもありました。大概いつもキール、ラフカット、オートグラフ、ブラックンブルーといった具合でしか聴きやすいLAメタルというモノは語られないけれどもドッケンも忘れてほしくはないんだ。結構メロディアスで聴きやすいですよ。



33. Reb ★★★ (2016-12-14 09:52:55)

80年代後半HRHM全盛時代、ギターヒーローとして頂点に君臨してい
たジョージリンチ。その後なぜか筋トレに目覚め、忘れられていった。
レブビーチは素晴らしいギタリストだったが、ジョージとは対照的な印象
だった。自分の中ではどうしても忘れる事のできないバンドです


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示