この曲を聴け!
CRESSIDA
MyPage

CRESSIDA
モバイル向きページ 
解説 - CRESSIDA
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. まにや ★★ (2012-10-06 13:48:32)

本国英国以上に日本においては不幸なバンドだったと思う。
1970年にビクターから独立し発足したばかりの日本フォノグラム社は目玉として英国VERTIGOレーベルの発売権を獲得し、その第一弾としてコラシアム、ジューシー・ルーシー、マンフレッド・マンC3を発売した。第二弾はブラック・サバス、ロッド・スチュアートにフェアフィールド・パーラーだった。英国での発売順に従うなら、このクレシダがフェアフィールド・パーラーの代わりに入るべきだったのだに、見事にクレシダの1stは日本発売が見送られた。あげく多くのプログレコレクターが絶賛する2ndアルバム「アサイラム」も1stを発売しなかったため、日本発売が見送られた。
日本フォノグラムは当時1stをとりあえず発売して売れ行き次第で2ndを出すか出さないか判断していたフシがある。1stのみ発売し、それ以降発売しなかったアーティストはユーライア・ヒープ(のちにコロムビアから発売)、メイ・ブリッツ、パトゥー、グレイヴィー・トレイン、ウォーホース、ジェントル・ジャイアント、そして極めつけは(VERTIGOレーベルではないが)ジェネシス。
かくして1stがパスされたこのバンドはついに日本発売されることなく80年代以降のコレクターの内でのみ語られるバンドとなっていた。
70年代初頭のブリティッシュプログレをそれなりに聴こうとするならクレシダの2ndアルバム「アサイラム」は外すべきではない。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示