この曲を聴け!
A Touch of Evil (2009年)
MyPage

A Touch of Evil
モバイル向きページ 
解説 - A Touch of Evil
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 夢想家・I ★★★ (2012-03-03 20:53:48)

'09年発表のライヴ・アルバムです。

「EPITAPH」ツアーの来日公演を観てから度々聴き返していますが、いやぁいいんだな~これが。
'05~'08年の世界各地で行われたライヴ・テイクを収録した内容で、 "Between The Hammer And The Anvil" 、 "Riding On The Wind" 、 "Dissident Aggressor" 等普段あまりプレイされない埋もれた名曲群が採用されているのはファンにとっては嬉しい点です。
そしてK.Kダウニングのプレイが聴ける現時点で最終のカタログでもあります。
ベテランらしい威厳と貫禄に満ちた演奏は実にへヴィかつタイトでロブのヴォーカルも中音域は現在の方が太くてパワフルだと思いますし、ここぞという所ではまさに鼓膜に突き刺さるようなトゲトゲしいシャウトを繰り出しています。

個人的には "Hellpatrol" あたりも収録して欲しかったとか言い出すときりがありませんが非常にエキサイト出来る愛聴盤となっています。




2. Arsenal / Gunners ★★★ (2019-05-15 18:52:44)

この頃はロブの声も高音が出ていますね 私が見た2009年のLIVEでは高音は失われていました このLIVEアルバムは勢いがあります 日本版+2曲 買い!です 89p


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示