この曲を聴け!
最近の発言
Bringer of pain (火薬バカ一代)
Bringer of pain (hetfield)
Lionheart / Unholy Savior (名無し)
Wild Child / Unholy Savior (夢想家・I)
Push It to the Limit / Unholy Savior (夢想家・I)
Angel Cry / Unholy Savior (夢想家・I)
Far Far Away / Unholy Savior (夢想家・I)
Hero’s Quest / Unholy Savior (夢想家・I)
The Black Swordsman / Unholy Savior (夢想家・I)
Touch in the Night / Unholy Savior (夢想家・I)
Speed and Danger / Unholy Savior (夢想家・I)
Lionheart / Unholy Savior (夢想家・I)
Far Far Away / Unholy Savior (こくおう)
Wild Child / Unholy Savior (てかぷりお)
Far Far Away / Unholy Savior (てかぷりお)
Lionheart / Unholy Savior (てかぷりお)


MyPage

BATTLE BEAST - 最近の発言
モバイル向きページ 
解説 - 最近の発言
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)


Bringer of pain

創設メンバーのアントン・カバネン(G)が解雇され、看板シンガー、ノーラ・ロウヒモ(Vo)を中心とする新体制でレコーディング作業が進められた、17年発表の4thアルバム。
バンドの主導権がノーラ嬢へと移ったことで、音楽性についても変化が生じています。「Keyによる派手な装飾の施された、勇ましくもキャッチーな正統派HM」という基本路線は継承しつつも、これまで以上に「歌」に比重を置くようになったサウンドは、よりモダンでメロディックな方向へ軌道修正。丁度、WARLOCKがDOROと改名した時のような…って、あんまし適当な例えじゃないか。
アレンジにおけるKeyの重用、ダンサブルなビートの多用、Voの引き立て役に徹する楽器陣、メタル版ABBAみたいな⑤⑨や、男性Voとのデュエットを盛り込むゴシック・メタル調の⑥を演る一方で、「これぞBATTLE BEAST!」という重厚&劇的な⑪を敢えてボートラ扱いしているのも、新たな方向性に対するバンド側の決意表明のように感じられます。
とは言え、それはそれとして、コブシを振り上げる疾走ナンバー②におけるパワフルなシャウトから、愁いを湛えて駆け抜ける④や美しいバラード⑩で聴かせてくれる澄んだ歌声まで、ノーラ嬢のフレキシブルなVoを前面に押し出した楽曲の完成度の高さはお見事ですよ。当初は「メイン・ソングライターを欠いた状態では、ロクでもない代物になってしまうのでは…」との危惧を覚えたりもしましたが、とりあえず杞憂に終わってくれて一安心。
恐らく評価が割れる作品ではないかと予想しますが、個人的には悩みを吹っ切って伸び伸び作られた感じの本作の方が、前作よりお気に入り度は高めです。ただ、次はどうなる?

火薬バカ一代 ★★★ (2017-03-25 09:10:45)


Bringer of pain

メインソングライターがいなくなってどうなることかと思っていたが変わらないで良かった。

hetfield ★★ (2017-03-20 23:54:30)


Lionheart / Unholy Savior
これ聞いてファンになった
イントロがかっこよすぎるし、だんだん盛り上がってく感じがとても興奮する

名無し ★★★ (2016-11-30 20:40:40)


Wild Child / Unholy Savior
国内盤ボーナス・トラックその2
W.A.S.P.のカヴァーで、これも基本的にはオリジナルに忠実ながら、女性のノーラが歌う事によって猥雑な匂いのするブラッキー・ローレスのVoよりも曲のメロディアスさが強調されている気がします。

夢想家・I ★★★ (2016-06-18 23:51:03)


Push It to the Limit / Unholy Savior
国内盤ボーナス・トラックその1
モロに '80年代のサウンドで、なんだか古臭い感じだなと思ったらそれもそのはず、これはポール・エンゲマンという人が '83年にリリースした楽曲のカヴァー。オリジナルと聴き比べると、メロディー・ラインやテンポは忠実ながら、音的にはスッキリと洗練されています。
でもイマイチぱっとしない曲だ…。もし次に何かカヴァー曲を演るなら、ノーラのハスキーな声質を生かしてボニー・タイラーの "Holding Out for a Hero" あたりをやってくれませんかねぇ。

夢想家・I ★★ (2016-06-18 23:44:23)


Angel Cry / Unholy Savior
温かみのあるメロディーが魅力の雄大なバラード、
ノーラの包容力を感じさせる大らかな歌唱が、楽曲のスケール感に更なる広がりを加えています。

夢想家・I ★★★ (2016-06-12 21:32:27)


Far Far Away / Unholy Savior
まさしく王道HM!
ここまでストレートにカッコよく決められたら、ぐぅの音も出ません。

夢想家・I ★★★ (2016-06-12 21:09:13)


Hero’s Quest / Unholy Savior
前の曲 "The Black Swordsman" からつながるインスト・ナンバー、
ヒロイックなムード満点で、勇ましく突き進む感じが実にカッコいい!
Hey! Hey! とコールを促すパートもあってテンションUP、ライヴでも盛り上がりそうです。

夢想家・I ★★★ (2016-06-10 23:10:36)


The Black Swordsman / Unholy Savior
次の "Hero's Quest" との組曲形式になるバラードの小曲、
寂しげなアルペジオで始まり、哀感を込めて歌い上げるノーラの歌唱も切ない雰囲気を醸し出しています。

夢想家・I ★★ (2016-06-10 22:58:28)


Touch in the Night / Unholy Savior
ダンサブルなアレンジが施されたコンテンポラリーなナンバー、
ノーラの歌唱も、男勝りのパワー・ヴォイスを封印しハスキーで色っぽい女性的な歌い回しを披露しています。
ジャンルが違っても優れた曲を生み出す、このバンドの卓越したソング・ライティング能力を証明した一曲として、個人的にはこの曲を本作のハイライト・ナンバーに強く推したい所存です。

夢想家・I ★★★ (2016-06-07 22:32:14)


Speed and Danger / Unholy Savior
まさにタイトルどおりのアグレッシヴなファスト・チューン、
ヒステリックなトーンで弾きまくるギター・ソロが強烈!
歌詞の中に「Louder than Hell」というフレーズもあって、何となくMANOWARからの影響を感じさせる部分もあります。

夢想家・I ★★★ (2016-06-05 22:41:41)


Lionheart / Unholy Savior
このバンドには珍しいメロスピっぽい爽やかな疾走感が特徴、
サビのツーバスドコドコが心地良い。
ソフトな歌い出しから、徐々に熱を帯びていくノーラの表現力豊かなVoが魅力的な一曲です。

夢想家・I ★★★ (2016-05-31 23:32:32)


Far Far Away / Unholy Savior
ライブ映えする曲ですね

こくおう ★★★ (2015-07-04 02:40:27)


Wild Child / Unholy Savior
国内盤収録のボートラ WASPのカヴァーです
これがかなり良い出来ですごくハマってますね ライヴでやって欲しいくらいだ
サビの部分で高音の伸ばすとこがあるのですが、とても綺麗に出ていて癖になります

てかぷりお ★★★ (2015-04-03 11:25:15)


Far Far Away / Unholy Savior
正統的なHMリフにツボを突かれた
ヘヴィメタルセイヴァー!!と高らかに宣言、咆哮するノーラが抜群にカッコいいっす

てかぷりお ★★★ (2015-04-03 11:21:33)


Lionheart / Unholy Savior
OPを飾る勇壮でヒロイックな疾走曲
setlist.fm見てもセトリにはいってなくて、今回の来日でもやらないんだろうか、、
かっこいいのに

てかぷりお ★★★ (2015-04-03 11:15:37)