この曲を聴け!
EUROPE
MyPage

EUROPE
モバイル向きページ 
解説 - EUROPE

1979年に結成された、スウェーデン王国ストックホルム県ウップランズ・ヴェスビー出身のヘヴィメタル/ハードロックバンド。
1992年から一旦長期にわたり活動を停止するが、2004年に再結成を果たしアルバムをリリースしている。現在は"The Final Countdown"発表時のメンバーで活動中。再来日も果たしている。
北欧メタルの始祖的存在として位置づけられることが多く、メロディアスな旋律とハイトーン・ヴォーカルを最大の特徴とするバンドである。特に初期の作品にはこうした色合いが強く、キーボードを盛り込んだ叙情的なメロディは数々のハードロックバンドに大きな影響を与えた。
3rdアルバム『The Final Countdown』は全米3位を記録し、アメリカだけで300万枚以上を売上げたEUROPEの最大のヒット作となった。大ヒットした後の作品に多大な期待が高まる中、4thアルバム「Out of this world」を製作。曲調がポップになったことによって賛否両輪を呼ぶ。その後に発売された5thアルバム「Prisoners in Paradise」は彼らのメロディ創造能力を極限まで開花させた作品となったが、プロデューサーがヴォーカルを前面に押し出しすぎEUROPE独特のサウンドを失ってしまう。
その後バンドは休憩が必要だと言い残し長い間活動を休止する。皆それぞれバンドを結成したりソロ活動をしたりしていた。 その後2004年、再結成した。再結成後はモダンなロック音楽を基盤とするサウンドを経てブルージーなロックの路線にも挑戦しており、相変わらず音楽性が変化し続けている。
バンドは、主にWhitesnake, Deep Purple, Rainbow, Led Zeppelin, Thin Lizzy, Kiss, Michael Schenker Groupからの影響を公言している。
2008年までにアルバムだけで世界で2,200万枚以上の売上を記録している。

Current members (リーダーはJoey Tempest)
Joey Tempest(Rolf Magnus Joakim Larsson) - lead vocals, acoustic & rhythm guitar, keyboards (1979–1992, 2003–present)
John Norum(John Terry Norum) - lead & rhythm guitars, backing vocals (1979–1986, 2003–present)
John Levén(John Gunnar Levén) - bass (1981–1992, 2003–present)
Mic Michaeli(Gunnar Mathias Michaeli) - keyboards, backing vocals, rhythm guitar (1984–1992, 2003–present)
Ian Haugland(Jan Håkan Haugland) - drums, percussion, backing vocals (1984–1992, 2003–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. グレートJ ★★ (2004-01-14 20:51:00)

お~~~~~~いっ!!!
テンペストの旦那さんよぉ~~~っ!!!
新譜はまだか~~~~~~っ!!!




2. Re:翔 ★★ (2004-08-22 02:21:00)

今年EUROPE復活しますね☆



3. Poplan ★★ (2004-08-29 18:14:00)

最近とある日本バンドのライブにいったのですが、始まる前にながれてたSEVEN DOORS HOTELが歌い直されたすばらしいデキだったのですが、CD化されてるのでしょうか、、、?探したのですがみつかりません、、。



4. グレートJ ★★ (2004-09-16 01:00:00)

>グレートJ
落ち着け!




5. 銘菓ひよこ ★★ (2004-10-01 18:37:00)

う~ん、新譜は期待外れだな。
無理に新譜なんか出さなくても、ライヴで昔の曲だけ演ってくれれば
それでいいよ。




6. 夢・マグナム・ナイト ★★ (2005-01-01 17:34:00)

新譜は好盤でした。いいバランスだと思います。タイトルトラックのサビがイケてました。



7. 銘菓ひよこ ★★ (2005-01-01 23:30:00)

そういえば、こないだ渋谷AXのライヴ告知、テレビでやってたけど、
チケ売れてないのかなぁ。




8. イタルジェット ★★ (2005-01-09 00:06:00)

行ってきましたよ渋谷AX。アンコールのSeven Doors Hotel、Cherokee、 TheFinal Countdownはメチャメチャ盛り上がりましたね。客の入りはまあまあってとこでしょうか。新譜からも結構やりました。まだツアー中なのでネタバレは止めときますが、素晴らしいライヴでしたよ。



9. キャリー ★★ (2005-01-14 00:42:00)

2005年1月9日大阪国際会議場来日公演参戦して来ました!
不満も残ったけど会場も新しく綺麗でやっぱりライヴは最高です!
さすがお客さんも高齢化していましたね!



10. 中曽根栄作 ★★ (2005-02-16 21:58:00)

昔の音が聴きたきゃ、昔の音源を聴けばいいと思うよ。



11. 5150 ★★ (2006-03-26 12:48:00)

DVD「LIVE FROM THE DARK」買いました。初めて動くEUROPE観ました。
ジョン・ノーラムのギターサウンド・プレイは最高でした。ジョーイはやはりかっこよかった。
心配された画像・音質も悪くないです。買って良かった。新作の曲もライブで観たら結構良かったりするし。
ただ昔の曲も含めて、全体的にキーが下がってますよね?ジョーイ・テンペストのボーカルもまだまだ余裕ありそうなのに、何故下げてるんですかね?どのくらい下げているのか、わかる人教えてください。




12. C3 ★★ (2006-04-27 22:02:00)

思わず泣き笑い。
ttp://www.break.com/index/finalcountdown.html




13. anthem ★★ (2006-11-17 15:28:00)

新作気になるな。『START FROM THE DARK』が良かっただけに。



14. スコヘンウッテン ★★ (2007-05-05 11:54:00)

来日公演良かったですな。
自分は大阪だったのでStormwindとscream of anger見れて満足っす。




15. http://ameblo.jp/europe-joey-tempest/ ★★ (2009-09-09 21:57:00)


自分それいきたかったっす、、、
scream of angerは本当にいいきょくですね!!



16. カボチャ野郎どもの詩 ★★ (2010-03-25 22:29:00)

O-EAST行って来ました。
明日もあるのでネタバレ的な事は避けますが、
新曲と代表曲のバランスが良くて最高でした。
ただ「GIRL FROM LEBANON」は聴きたかった。



17. 名無し ★★★ (2010-10-17 01:29:03)

元祖北欧メタル!
FINAL COUNTDOWN、SEBENTH DORRS HOTELなど名曲を残した



18. しょじゆう ★★★ (2011-01-27 23:04:17)

80年代は本当に神がかっていた。再結成はうれしかった。FINAL COUNTDOWNのイントロは聴いたことない人は少ないだろう



19. マスタア ★★★ (2012-03-11 19:30:26)

北欧メタルは彼らのおかげじゃないですか?!
いいバンドだと思います!




20. cupace1 ★★ (2012-03-18 12:39:41)

Bon joviと同じや



21. ヤングラジオ (2012-04-30 07:45:38)

最新作「bag of bones」を聞いた。
再結成から、もう4作目である。
作風的には、ここ2作品の流れを引き継いでいる。

振り返ってみると、再結成第一弾「start from the dark」が、最も以前の彼らに近く、メロディーが豊富であった。
しかし、作風を重ねるごとに、僕の熱は冷めていった気がする。
少なくとも彼らは、「start~」ぐらいの感じの楽曲は書けるのである。

今の彼らのやりたいことを優先するのは、決して悪い事ではない。
でも、彼らにしか出来ない事もあるハズである。
何故ファンが再結成を強く望んだのか......これを、もっと大事に考えても良かったのではないか。
キャッチーな楽曲は、誰にでも書けるものではない。
魅力的なメロディは、そう簡単に生まれるものではないのである。

最新作は、セールスを狙いにいっている作風ではない。
それなら、もっと踏み込んで大胆な作品もできたのではないか。
彼らにしか出来ない事が、最新作であるとは僕には考えられない。




22. 名無し ★★★ (2012-05-02 12:35:52)

↑ そんなに悪いとは思わないなあ。
むしろ前作の方が外れって感じでした。
ライブに近い録音の為か、リフも歌メロもスポンテニアスな感じで、好意的に
捕らえてますね。



23. DIE YOUNG ★★★ (2012-05-13 05:06:24)

俺は
PRISONERS IN PARADISEや
READY OR NOTのような曲をまた聴きたい

というかキー・マルチェロが戻って来れば、Europeはもっとクールになる気がする



24. スーパーサイヤク人 (2012-05-23 13:20:24)

再結成後の作品には厳しい人がけっこう多いですけど、こうゆうやり方もいいんじゃないかと思うんですよねー



25. 名無し ★★★ (2014-10-22 19:34:35)

多分ですけど、ファイナルカウントダウンのような曲はもう書かないでしょう。
書けるか書けないかはわかりませんが、書けたとしても、きっとやらない。
敢えて売れすぎず売れなさぎずの路線にいってる気がしますね。
ファイナルカウントダウンで色々懲りたんでしょう。あの頃は売れすぎたが故に
やりたい事も出来ず制約があった・・・それが無い今が心地良いのだと思います。
再結成後も単なる懐メロバンド路線だったら、長続きしないでしょうし。

なので再結成後の路線も嫌いじゃないです。
が、しかし、これ以上ブルース色が強くなると、ついていけないかも・・・。
bag of bonesでは「ブルース界からもファンを獲得したよ!」と言ってたので、
次作もそうなりそうで怖い・・・。

ただ、初期から再結成後まで、かなり作風は違いますが、何故か「EUROPEらしさ」はどのアルバムにも共通しているのは、さすがだなと思います。
始めて聴いてもジョーイの歌が入る前に「あ、これEUROPEだよね」とわかるのです。



26. 鈴木佐藤田中 ★★★ (2015-05-12 12:18:05)

再結成後のヨーロッパの作風に対して、悪評を放つ輩は今すぐヨーローッパを聴く事を辞めて頂きたい。
80年代のまま全く進化も成長もせず鈍化劣化していくばかりの輩に媚を売る為に再結成したのではない。
新しいヨーロッパを聴いてもらいたいとメンバー全員口を揃えて発言している。
それを受け入れられない輩はいつまでも死ぬまで同じ80年代サウンドに縛られて死ねばいい。
ヨーロッパの音はこうでないといけない!という輩は何様?だと思う。
音楽は創造である。創造とは作者の意図が絶対である。
いつまでも80年代、80年代って・・・いいかげんにしてほしい。
そういう輩は好きなアーティストの作風が変化する度に好みと違うと文句をつけて理屈っぽく批評をする。
好みと違うなら聴かなければいいだけの話だ。
そして今後一切接触しなければいい。
何度聴いても再結成後の作風は新しいヨーロッパとして非常に評価できる!
全て名盤と言える!



27. 名無し ★★ (2015-09-19 03:19:44)

何と言うか、そろそろ又誰かと手を組んでも良くないですかね。
再結成後のEuropeも好きですが、Secret societyまでが特に好きですね。
last look at edenは80年代に近いサウンドだと個人的には思いますが、80年代
サウンドを超えているとは思いませんし、それを望んでる訳では無いので、Seceret societyまでが好きですね。

Europeは家族に「クレイジー」だと言われる程好きな私ですが、bag of bonesとwar of kingsは正直ブルージーすぎ。いや生で聴いたら凄く良いのかも知れない、それが
Europeサウンドというものなので。しかし殆ど生で聴けてないのでCDで聴いた限りでは
ブルージーすぎるな、という印象。

ジョーイ・テンペストが天才ソングライターである事は間違いないが、
ここ2作を聴いて、誰か他の人が書いた曲を歌ってみて欲しいと、ちょっと思ってしまった。5thでのエリックマーティンとの共作で懲りてるのは知っているが。
bag~とWar~に至っては好きな曲が挙げられない・・・
でも他国では受け入れられているようだし、どうなんでしょうね。
ていうか、ハードロックやるの疲れてきてるなさては。

※再結成後も含めEurope大好きです。



28. 名無し ★★★ (2015-09-19 09:08:09)

大事な事を書き忘れました。
Europeの作風の賛否はともかく、彼らの魅力はライヴだと思います。
ライヴで聴くと「あれ、結構良い曲じゃん」となる事も多々あります。
スタジオ盤に限って言うと、最近の彼らより良いと思えるバンドは正直あるのですが、
ライヴでの実力は間違いなくEuropeに軍配があがります。
小さい箱でも手を抜かないし、3rdアルバムでの成功のおかげか、大きい箱での盛り上げ方も上手いし、
ライヴだとムラがあるバンドとは違って、一定以上のクオリティです。



29. 名無し ★★★ (2017-01-12 15:12:49)

ジョーイ・テンペスト様、今も昔もカッコイイ、素敵です。年齢と共に楽曲が変化するのも楽しみです。また来日して欲しいです。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示