この曲を聴け!
今日の10曲
MyPage

今日の10曲

解説 - 今日の10曲

→解説を作成・修正 
コメント



501. 失恋船長 (2016-01-17 13:35:04)

①Battleaxe    -Ready To Deliver-  『Burn This Town』
②Angel Witch    -She don't Lie-  『Frontal Assault』
③More    -I've Been Waiting-  『Blood & Thunder』
④Chinawhite   -Midnight Cafe-  『Run For Cover』
⑤Tzar    -Heavy Metal Queen-  『Players Of The Game』
⑥Ostrogoth    -Night Women (Don't Like Me)-  『Too Hot』
⑦Loudness    -Never Change Your Mind-  『Thunder in the East』
⑧Warlord    -Penny For A Poor Man-  『Deliver Us』
⑨Demon    -Victim of Fortune-  『The Unexpected Guest』
⑩Battleaxe    -Power From The Universe-  『Power From The Universe』




502. 失恋船長 (2016-01-18 13:12:15)

①Rainbow    -Wolf to the Moon-  『Stranger in Us All』
②Rainbow   -Danger Zone-  『Down to Earth』
③Rainbow   -Ariel-  『Stranger in Us All』
④Rainbow   -Tarot Woman -  『Rainbow Rising』
⑤Rainbow -Can't Let You Go -  『Bent Out of Shape』
⑥Rainbow   -Man on the Silver Mountain-  『Ritchie Blackmore's Rainbow』
⑦Rainbow -Black Masquerade-  『Stranger in Us All』
⑧Rainbow   -Freedom Fighter-  『Difficult to Cure』
⑨Rainbow -Eyes of Fire-  『Straight Between the Eyes』
⑩Rainbow   -Rainbow Eyes-  『Long Live Rock 'n' Roll』




503. 失恋船長 (2016-01-19 13:45:38)

①LOUDNESS    -Loudness-  『The Birthday Eve』
②LOUDNESS    -Sexy Woman-  『The Birthday Eve』
③LOUDNESS   -Open Your Eyes-  『The Birthday Eve』
④LOUDNESS   -Street Woman-  『The Birthday Eve』
⑤LOUDNESS   -To Be Demon-  『The Birthday Eve』
⑥LOUDNESS   -I'm on Fire-  『The Birthday Eve』
⑦LOUDNESS   -High Try-  『The Birthday Eve』
⑧LOUDNESS   -Rock Shock (More and More)-  『The Birthday Eve』
⑨LOUDNESS   -Burning Love-  『Burning Love』
⑩LOUDNESS    -Bad News-  『Burning Love』




504. 失恋船長 (2016-01-20 12:48:17)

①LOUDNESS    -Theme of Loudness Part II -  『魔界典章』
②LOUDNESS    -In the Mirror -  『魔界典章』
③LOUDNESS   -Show Me the Way-  『魔界典章』
④LOUDNESS   -I Wish You Were Here-  『魔界典章』
⑤LOUDNESS   -Mr. Yes Man-  『魔界典章』
⑥LOUDNESS   -The Law of Devil's Land (魔界典章)-  『魔界典章』
⑦LOUDNESS   -Black Wall-  『魔界典章』
⑧LOUDNESS   -Sleepless Night-  『魔界典章』
⑨LOUDNESS   -Speed-  『魔界典章』
⑩LOUDNESS    -Geraldine (Boots Walker cover)-  『Geraldine』




505. 失恋船長 (2016-01-22 13:15:13)

①Motorhead    -Iron Fist-  『Iron Fist』
②Motorhead    -Rock it -  『Another perfect day』
③Motorhead   -Deaf Forever-  『Orgasmatron』
④Motorhead   -I'm the Doctor-  『Iron Fist』
⑤Motorhead   -Go to Hell-  『Iron Fist』
⑥Motorhead   -I Got Mine-  『Another perfect day』
⑦Motorhead   -Orgasmatron-  『Orgasmatron』
⑧Motorhead   -Back at the funny farm-  『Another perfect day』
⑨Motorhead   -Eat The Rich-  『Rock 'N' Roll』
⑩Motorhead    -Boogeyman-  『Rock 'N' Roll』




506. 失恋船長 (2016-01-23 14:42:26)

①Saxon    -Heavy Metal Thunder-  『Strong Arm of the Law 』
②Saxon    -Great White Buffalo-  『Dogs Of War』
③Saxon    -747 (Strangers in the Night)-  『Wheels Of Steel』
④Saxon   -Crusader -  『Crusader 』
⑤Saxon    -Princess of the Night-  『Denim And Leather』
⑥Saxon   -Back To The Wall-  『Saxon』
⑦Saxon   -Nightmare-  『Power & the Glory』
⑧Saxon   -Broken Heroes-  『Innocence Is No Excuse』
⑨Saxon    -Rock is Our Life-  『Killing Ground』
⑩Saxon    -Forever Free-  『Forever Free』




507. 名無し (2016-01-24 21:33:20)

①ザ クーパー テンプル クロース「Promises promises」
②イアン アンダーソン「Calliandra shade」
③ザ ジーヴァス「The way you carry on」
④ジョン スローマン「New day」
⑤サーティーン センシズ「Into the fire」
⑥リライアント K「Be my escape」
⑦ザ クーパー テンプル クロース「Blind pyrots」
⑧ザ バイロン バンド「One minute more」
⑨ザ ジーヴァス「Stoned love」
⑩ジョン スローマン「Weather man」


508. 失恋船長 (2016-01-25 02:36:08)

①Santa Cruz    -Aiming High-  『Screaming for Adrenaline』
②Reckless Love    -Night On Fire-  『Night On Fire』
③Dynazty   -Cross The Line -  『Renatus』
④Nomans Land   -Strain at the Oars-  『Last Crusade』
⑤Lonewolf   -Hordes Of The Night-  『Cult of Steel』
⑥Majesty   -Hawks Will Fly-  『Generation Steel』
⑦Battle Beast   -Kingdom-  『Battle Beast』
⑧Delain   -Stardust-  『The Human Contradiction』
⑨Megaherz   -Fur Immer-  『Zombieland』
⑩Maverick   -In Our Blood-  『QUID PRO QUO』




509. 失恋船長 (2016-01-25 16:19:11)

①Magnesium    -Saxon -  『Buried 'n' Live』
②Magnesium    -Flying High-  『Buried 'n' Live』
③Gorgon   -Spellbound -  『Out of the Best』
④Gorgon   -Black Axe-  『Out of the Best』
⑤Magnesium   -Magnesium-  『Buried 'n' Live』
⑥Gorgon   -A Fool in Love-  『Out of the Best』
⑦Gorgon   -Back Street Killer -  『Out of the Best』
⑧Magnesium   -Over the Rainbow -  『Time Tells No Lies / Over the Rainbow』
⑨Magnesium    -Time Tells No Lies -  『Time Tells No Lies / Over the Rainbow』
⑩胡夏   -放下-  『ドラゴンフォー2』




510. 失恋船長 (2016-01-26 13:36:34)

①XYZ    -Inside Out-  『Inside Out』
②Ratt    -Sweet Cheater-  『Ratt』
③Bang Tango    -Someone Like You-  『Psycho Cafe』
④Autograph   -Bad boy-  『Loud and clear』
⑤Bon Jovi    -The Price of Love-  『7800° Fahrenheit』
⑥Dokken   -Lightnin' strikes again-  『Under lock and key』
⑦Deep Purple   -Perfect Strangers-  『Perfect Strangers』
⑧King Kobra    -Mean Street Machine -  『King Kobra III』
⑨Saxon    -Hold On-  『Dogs Of War』
⑩Quiet Riot    -Come On Feel The Noize-  『Metal Health』




511. 失恋船長 (2016-01-30 13:41:45)

①XYZ    -Take What You Can-  『XYZ』
②Ratt    -Sweet Cheater-  『Ratt』
③Vixen    -Someone Like You-  『Vixen』
④Vain   -Love Made Me-  『No Respect』
⑤House Of Lords    -Love Don't Lie-  『House of Lords』
⑥Dokken   -Stop Fighting Love-  『Back for the Attack』
⑦Deep Purple   -A Gypsy's Kiss-  『Perfect Strangers』
⑧XYZ    -Take What You Can-  『XYZ』
⑨Doro    -Heaven With You-  『Angels Never Die』
⑩Shotgun Symphony    -Broken Promises-  『Shotgun Symphony』




512. 名無し (2016-01-30 20:02:26)

①沢田 研二「アンクルドナルド」
②Beady Eye 「I'm just saying」
③Fleetwood Mac 「Future games」
④48May 「Pulling teeth」
⑤Flogging Morry 「Man with no country」
⑥All About Eve 「Melting」
⑦Orleans 「Dance with me」
⑧Kashmir 「Kalifornia」
⑨48May 「Nervous wreck」
⑩Orleans 「Let there be music」


513. 失恋船長 (2016-01-31 12:53:53)

①Fortune    -Thrill Of It All-  『Fortune』
②Streets    -If Love Should Go-  『Streets』
③Red Dawn    -Liar-  『Never Say Surrender』
④Night Ranger   -Night Ranger-  『Dawn Patrol』
⑤Icon    -Danger Calling-  『Night Of The Crime』
⑥Praying Mantis   -The Day the Sun Turned Cold-  『Forever in Time』
⑦TNT   -Seven Seas-  『TNT』
⑧Joshua    -Stand Alone-  『Intense Defense』
⑨Europe    -Prisoners In Paradise-  『Prisoners In Paradise』
⑩Dokken    -Kiss of Death-  『Back for the Attack』




514. 失恋船長 (2016-02-01 14:01:54)

①Joshua    -Surrender Of Love-  『Surrender』
②Stratovarius    -Forever-  『Episode』
③In Flames    -In Flames-  『Lunar Strain』
④Erika   -Together We're Lost-  『Cold Winter Night』
⑤Tone Norum    -Stranded-  『One of a Kind』
⑥Yngwie J Malmsteen   -Judas-  『Eclipse』
⑦Deep Purple   -Wasted Sunsets-  『Perfect Strangers』
⑧Dokken    -Don't close your eyes-  『Tooth and nail』
⑨Europe    -Scream of Anger-  『Wings of Tomorrow』
⑩Night Hawks    -Stay Alive-  『Night HawksⅡ』




515. 失恋船長 (2016-02-02 13:50:06)

①Sniper    -Open the Attack-  『Open the Attack』
②高崎晃    -Steal Away-  『ジャガーの牙』
③Presence    -Lucy-  『Last of All』
④44magnum   -You Love Me, Don't You? -  『Danger』
⑤樋口宗孝    -Tiger -  『破壊凱旋録』
⑥高崎晃   -Ebony Eyes-  『ジャガーの牙』
⑦5X   -悪い夢-  『Human Target』
⑧Sabbrabells    -束縛-  『Sabbrabells』
⑨Earthshaker    -Dark Angel (Animals) -  『Earthshaker』
⑩樋口宗孝    -Destruction-  『破壊凱旋録』




516. 失恋船長 (2016-02-03 15:12:16)

①Blizard    -Blizzard-  『Blizard of Wizard』
②MAKE-UP    -Love & Hate-  『Howling Will』
③X-Ray    -Don't Lie Don't Touch-  『Strike Back』
④X-Ray   -Power-  『伝統破壊-Tradition Breaker』
⑤Marino    -Impact -  『Target』
⑥44Magnum   -Baby, Come Together-  『Danger』
⑦MAKE-UP   -Frozen Way-  『Howling Will』
⑧Earthshaker    -Children's Dream-  『Fugitive』
⑨Earthshaker    -Fugitive-  『Fugitive』
⑩Blizard    -Orion-  『Blizard of Wizard』




517. 失恋船長 (2016-02-04 21:20:08)

①Y&T    -From The Moon~Open Fire-  『Black Tiger』
②Loudness    -Like Hell-  『Thunder in the East』
③TNT    -Tonight I'm Falling -  『Intuition』
④TNT   -End Of The Line-  『Intuition』
⑤TNT    -Intuition-  『Intuition』
⑥Loudness    -Clockwork Toy-  『Thunder in the East』
⑦Y&T    -Forever-  『Black Tiger』
⑧Stryper   -To Hell With The Devil-  『To Hell With The Devil』
⑨Stryper    -Rockin' The World-  『To Hell With The Devil』
⑩Stryper    -All Of Me-  『To Hell With The Devil』




518. 失恋船長 (2016-02-05 13:10:01)

①Crowley    -In Despair -  『The Scream of Death』
②Crowley    -Bad Stone-  『Whisper of the Evil』
③X-Ray    -Lonely guys-  『魔天~Hard Section』
④Saber Tiger   -Jealousy-  『PARAGRAPH』
⑤Saber Tiger    -Love You-  『PARAGRAPH』
⑥X-Ray   -Dark Night-  『魔天~Hard Sectio』
⑦Anthem   -Bound To Break-  『Bound To Break』
⑧Anthem    -Turn Back To The Night-  『Anthem』
⑨Earthshaker    -22:00-  『Fugitive』
⑩Earthshaker    -More-  『Fugitive』




519. 失恋船長 (2016-02-06 15:24:11)

①Blindman    -Living a Lie-  『Being Human』
②Crowley    -Ghoul-  『Ghoul』
③Volcano    -Kill All of Me-  『Violent』
④Concerto Moon   -Surrender-  『From Father to Son』
⑤Loudness    -Light In The Distance-  『Heavy Metal Hippies』
⑥Show-ya   -性 SAGA-  『Genuine Diamond』
⑦Outrage   -Deadbeat-  『Cause For Pause』
⑧陰陽座    -紺碧の双刃-  『龍凰珠玉』
⑨Galneryus    -You're The Only 2010-  『You're The Only 2010』
⑩Saber Tiger    -輪廻-  『Bystander Effect』




520. 名無し (2016-02-06 21:21:02)

①Deacon Blue 「The hipstar」
②Deacon Blue 「The what we can do」
③Madness 「Leon」
④Madness 「My girl 2」」
⑤Yellow Card 「Surface of the sun」」
⑥Yellow Card 「Southern air」
⑦沢田 研二 「限界臨界」
⑧沢田 研二 「涙まみれfire fighter」
⑨Lily Alen 「Air baloon」
⑩Lily Alen 「Hard out here」


521. 失恋船長 (2016-02-07 12:59:43)

①Babylon    -Riding The Storm-  『Farewell…』
②Ex.Danger    -Get It Makin Time -  『Tyrant Into The West』
③Zodiac    -Revolution -  『Hot Line』
④Hellen   -Liar 2005-  『The Fortune/ Liar 2005』
⑤Ivory Gate    -New Frontier-  『New Frontier』
⑥The Datura   -One Night Dream-  『One Night Dream』
⑦Dante   -Shadow Dancer-  『In the Lost Paradise』
⑧X Japan    -Time Trip Loving-  『オルガズム』
⑨Alkaloid    -Snow Dust-  『Invisible World』
⑩Lonesome Crow    -Blazing Heart -  『Illusion』




522. 失恋船長 (2016-02-09 13:33:47)

①Eliza    -Scorpion-  『Scorpion』
②Jesus    -Shadow of Heart-  『Le Dernier Slow』
③Hurry Scuary    -Feelin' High-  『Go To Eat』
④Excuriver   -Dirty Angel-  『In Hard Time』
⑤Damzell    -Black Chapel-  『Emergency Express』
⑥Eliza   -聖・戦士-  『Scorpion』
⑦Fatima Hill   -Other-  『Aion』
⑧Fatima Hill    -Ikaros-  『Beatrice』
⑨Katsu Ohta   -Time to Burn-  『Micronist II』
⑩Terra Rosa    -Visions of the Lake Bottom-  『Metal Warning』




523. 失恋船長 (2016-02-10 11:45:10)

①Nuclear Assault    -Live, Suffer, Die-  『Timystery』
②Nuclear Assault   -Sin-  『Game Over 』
③Anthrax    -Madhouse -  『Spreading the Disease』
④Anthrax   -Got The Time-  『Persistence of Time』
⑤Megadeth    -Sweating Bullets-  『Countdown to Extinction 』
⑥Megadeth   -In My Darkest Hour-  『So Far, So Good... So What!』
⑦Anthrax   -Caught In A Mosh-  『Among the Living』
⑧Overkill    -Rotten To The Core-  『Feel The Fire』
⑨Overkill   -Never Say Never-  『Under The Influence』
⑩Nuclear Assault    -Survive-  『Survive』




524. 失恋船長 (2016-02-12 13:40:25)

①RE-ARISE    -Never-  『RE-ARISE』
②Demon   -No More Hell On Earth-  『Hold on to the Dream』
③Demon    -Hold on to the Dream-  『Hold on to the Dream』
④Magnum   -Youre The One-  『Sleepwalking』
⑤Judas Priest    -Hot For Love-  『turbo』
⑥Judas Priest   -Reckless-  『turbo』
⑦Magnum   -Just One More Heartbreak-  『Sleepwalking』
⑧Saxon   -Crusader -  『Crusader』
⑨Saxon   -Calm Before The Storm-  『Destiny』
⑩RE-ARISE    -Galaxy-  『RE-ARISE』




525. 名無し (2016-02-13 18:25:24)

①沢田研二「君をのせて」
②沢田研二「あなただけでいい」
③沢田研二「死んでもいい」
④沢田研二「あなたへの愛」
⑤沢田研二「恋は邪魔もの」
⑥沢田研二「愛の逃亡者」
⑦沢田研二「胸いっぱいの悲しみ」
⑧沢田研二「追憶」
⑨沢田研二「酒場でdabada」
⑩沢田研二「麗人」


526. ANBICION 11 (2016-02-13 23:31:38)

VANDEN PLAS

○NIGHTWALKER
○COLD WIND
○THE BLACK KNIGHT
○SOUL ALLIANCE
○A GHOSTS REQUIEM
○INSIDE
○IN MY UNIVERSE
○BLOOD OF EDEN
○MONSTER
○WHERE HAVE THE CHILDREN GONE




527. 失恋船長 (2016-02-15 13:41:09)

①Saxon    -Red Alert-  『Destiny』
②Saxon   -For Whom the Bell tolls-  『Destiny』
③Saxon    -Rockin' Again-  『Innocence Is No Excuse』
④Saxon   -We are strong-  『Destiny』
⑤Saxon    -Jericho siren-  『Destiny』
⑥Saxon   -Call of the Wild -  『Innocence Is No Excuse』
⑦Saxon   -Devil Rides Out-  『Innocence Is No Excuse』
⑧Saxon   -Running Hot-  『Rock the Nations』
⑨Saxon   -Battlecry -  『Rock the Nations』
⑩Saxon    -Northern Lady-  『Rock the Nations』




528. 失恋船長 (2016-02-16 12:16:41)

①Overkill    -Armorist -  『White Devil Armory』
②Overkill   -Wish You Were Dead-  『The Electric Age』
③Overkill    -Ironbound-  『Ironbound』
④Overkill   -head on-  『Immortalis』
⑤Overkill    -Loaded Rack-  『ReliXIV』
⑥Overkill   -Devil By The Tail-  『Devil By The Tail』
⑦Overkill   -Bring Me The Night-  『Ironbound』
⑧Overkill    -Endless War-  『Ironbound』
⑨Overkill   -King of the Rat Bastards-  『White Devil Armory』
⑩Overkill    -Electric Rattlesnake-  『The Electric Age』




529. 失恋船長 (2016-02-17 12:43:02)

①Warpigs    -One Way-  『Stay Cool』
②Gestalt   -Life (Written in the Script) -  『Demo』
③Aggressor    -Hypnotized -  『Marching the Vengeful Past』
④LawShed   -Faces-  『Let Us Not Talk Falsely』
⑤Sacrifice    -Cold Storm -  『Total Steel』
⑥Excrow   -Cry of Birth-  『Far East Thrash Army II Burning Inside』
⑦Cassandra   -Get Your Things-  『Far East Thrash Army II Burning Inside』
⑧Nigarobo   -Terrible Reality -  『Nuclear Winter』
⑨Spellbound   -Such is Life-  『Escape』
⑩Shellshock    -Get Into the Shelter-  『Self Defence』




530. 失恋船長 (2016-02-19 12:54:30)

①Destruction    -Curse the Gods -  『Eternal Devastation』
②Overkill   -Wish You Were Dead-  『The Electric Age』
③Living Death    -On the 17th Floor-  『World Neuroses』
④Destruction   -Devil's Soldier-  『Sentence Of Death』
⑤Sodom    -Sodomy And Lust-  『Sodomy And Lust』
⑥Kreator   -Flag of Hate-  『Endless Pain』
⑦Living Death   -Manilla Terror-  『Protected from Reality』
⑧Tankard    -For A Thousand Beers -  『Chemical Invasion』
⑨Tankard   -Screamin' Victims-  『Zombie Attack』
⑩Kreator    -Behind The Mirror-  『Terrible Certainty』




531. 失恋船長 (2016-02-20 13:39:20)

①X Japan    -Feel Me Tonight-  『Feel Me Tonight』
②X Japan   -Steal Your Heart-  『Endless Dream』
③X Japan    -Lady In Tears-  『Endless Dream』
④X Japan   -Endless Dream -  『Endless Dream』
⑤X Japan    -I'll Kill You-  『I'll Kill Youデモ』
⑥X Japan   -We Are X-  『I'll Kill Youデモ』
⑦X Japan   -Break The Darkness-  『I'll Kill You EP』
⑧X Japan   -Stop Bloody Rain-  『I'll Kill Youデモ』
⑨X Japan   -Time Trip Loving-  『Kurenai』
⑩X Japan   -Stab Me in the Back-  『Endless Dream』




532. 名無し (2016-02-21 11:55:05)

①PYG 「花 太陽 雨」
②PYG 「やすらぎを求めて」
③PYG 「自由に歩いて愛して」
④PYG 「明日への旅」
⑤PYG 「戻れない道」
⑥PYG 「何もない部屋」
⑦PYG 「祈る」
⑧PYG 「おもいでの恋」
⑨PYG 「お前と俺」
⑩PYG 「Jeff」


533. 失恋船長 (2016-02-21 12:56:48)

①Aviator    -Front Line-  『Aviator』
②Strangeways    -Stand Up and Shout-  『Native Sons』
③Zinatra    -Take It To The Top-  『The Great Escape』
④Streets   -Everything Is Changing -  『Streets』
⑤Tommy Shaw    -Ever Since The World Began-  『Ambition』
⑥Fahrenheit   -Danger-  『Talking 'Bout Love』
⑦Prophet   -Sound Of A Breaking Heart-  『Cycle Of The Moon』
⑧Blue Tears   -Long Way Home-  『Mad, Bad and Dangerous』
⑨Dare    -Some Day-  『Calm Before The Storm 』
⑩Fortune    -Thrill Of It All-  『Fortune』




534. 失恋船長 (2016-02-22 13:38:26)

①Saber Tiger    -No Fault No Wrong-  『Timystery』
②Saber Tiger   -Living On in the Crisis -  『Timystery』
③Saber Tiger    -Misery-  『Invasion』
④Saber Tiger   -Distressed Soul-  『Timystery』
⑤Saber Tiger    -All My Fear-  『Agitation』
⑥Saber Tiger   -Storm in the Sand -  『Invasion』
⑦Saber Tiger   -Shot In The Dark-  『Invasion』
⑧Saber Tiger    -I'll Still Be Loving You-  『Project One』
⑨Saber Tiger   -Mabaroshi-  『Paragraph』
⑩Saber Tiger    -Dividing Line-  『Agitation』




535. 失恋船長 (2016-02-23 13:18:05)

①Judas Priest    -Machine Man -  『Demolition』
②W.A.S.P.    -Skin Walker -  『Still Not Black Enough』
③Scorpions    -The Temple Of The King-  『This Is Your Life』
④Anthrax   -Neon Knights-  『This Is Your Life』
⑤HammerFall    -Last Man Standing-  『Last Man Standing』
⑥Accept   -Teutonic Terror-  『Blood Of The Nations』
⑦Glenn Hughes   -Catch The Rainbow-  『This Is Your Life』
⑧Motorhead with Biff of Saxon   -Starstruck-  『This Is Your Life』
⑨Halford    -Sad Wings-  『Resurrection』
⑩Halford    -Undisputed-  『Made of Metal』




536. 失恋船長 (2016-02-25 11:42:46)

①Rommel    -Down with the Master-  『Rommel VOL.1』
②Rommel   -Burning Brains-  『Rommel VOL.1』
③Rommel    -The Prince of Hell-  『Rommel VOL.1』
④Rommel   -Night Hawk-  『Rommel VOL.1』
⑤Mein Kampf    -Speeder!-  『Speeder』
⑥Mein Kampf   -Warning for You-  『Speeder』
⑦Dementia   -Brain Breaker-  『Dementia』
⑧Dementia   -Executioner-  『Dementia』
⑨Dementia   -Struggle for Rebel -  『Struggle for Rebel』
⑩Dementia   -Rise Up and Fight-  『Struggle for Rebel』




537. 失恋船長 (2016-02-28 13:10:52)

①Loudness    -King Of Pain-  『King Of Pain』
②Loudness    -Flame of Rock-  『The Everlasting』
③Loudness    -Heavy Chains-  『Thunder in the East』
④Loudness   -Let It Go-  『Lightning Strikes』
⑤Loudness    -The Stronger-  『2 . 0 .1 . 2』
⑥Loudness   -JEALOUSY-  『JEALOUSY』
⑦Loudness   -So Lonely-  『Hurricane Eyes』
⑧Loudness   -Like Hell-  『Thunder in the East』
⑨Loudness    -Enter The Dragon-  『アルティメットラウドネス付録』
⑩Loudness    -Survivor-  『Eve To Dawn』




538. 名無し (2016-02-28 14:44:52)

①タイガース (廃墟の鳩」
②タイガース 「青い鳥」
③タイガース 「美しき愛の掟」
④タイガース 「嘆き」
⑤タイガース 「Smile
for me」
⑥タイガース 「ラブ ラブ ラブ」
⑦タイガース 「都会」
⑧タイガース 「君だけに愛を」
⑨タイガース 「花の首飾り」
⑩タイガース 「素晴らしい旅行」


539. 失恋船長 (2016-02-29 13:15:11)

①Tarot    -Kill The King-  『Stigmata』
②The Reign of Terror   -Kill The King-  『Sacred Ground』
③ADX    -Kill The King-  『Weird Visions』
④Primal Fear   -Kill The King-  『Jaws of Death』
⑤Commander    -Kill The King-  『The High 'N' Mighty』
⑥Liege Lord   -Kill The King-  『Master Control』
⑦Grave Digger   -Kill The King-  『Knights of the Cross』
⑧Heathen   -Kill The King-  『Victims of Deception』
⑨Muro   -Kill The King-  『El cuarto jinete』
⑩Metallica   -Kill The King-  『This Is Your Life』




540. 失恋船長 (2016-03-02 13:45:51)

①Saber Tiger    -摩天楼 -  『Paragraph 2』
②Saber Tiger   -Dead Lock-  『Paragraph 2』
③Saber Tiger    -Die with Cryin' -  『Paragraph 2』
④Saber Tiger   -Recollection -  『Paragraph 2』
⑤Saber Tiger    -One Night Dream-  『Paragraph 2』
⑥Saber Tiger   -Natural Sound -  『Paragraph』
⑦Saber Tiger   -Tusk-  『Paragraph』
⑧Saber Tiger    -Love You-  『Paragraph』
⑨Saber Tiger   -ある去りがたき心に-  『Invasion』
⑩Saber Tiger    -Metal Rider '98 -  『Paragraph 3』




541. 失恋船長 (2016-03-04 14:20:14)

①Loudness    -The Winds Of Victory-  『Spiritual Canoe』
②Loudness    -Detonator-  『Terror』
③Loudness    -Master Of The Highway -  『Master of Loudness』
④Loudness   -Never Forget You -  『Spiritual Canoe』
⑤Loudness    -Slap In The Face-  『Slap In The Face』
⑥Loudness   -Deadly Player-  『On The Prowl』
⑦Loudness   -Gotta Fight-  『ODIN』
⑧Loudness   -ODIN-  『ODIN』
⑨Loudness    -Terror-  『Terror』
⑩Loudness    -Junk His Head-  『Engine』




542. 失恋船長 (2016-03-05 13:51:51)

①Kuni    -Strangers in the Night-  『Lookin' For Action』
②Kuni   -Shine On-  『Lookin' For Action』
③Kuni    -Don't Look Back-  『Lookin' For Action』
④Kuni   -Restless Heart-  『Masque』
⑤Kuni   -Eyes of a Stranger-  『Lookin' For Action』
⑥Kuni   -Lookin' For Action-  『Lookin' For Action』
⑦Saber Tiger   -Shout-  『Paragraph』
⑧Saber Tiger    -Wind Valley-  『Paragraph』
⑨Saber Tiger   -Night Stalker-  『Paragraph』
⑩Saber Tiger    -Jealousy-  『Paragraph』




543. 名無し (2016-03-05 17:16:28)

①CCR 「光りある限り」
②チェイス 「黒い炎」
③チェイス 「光ある世界へ」
④T レックス 「チルドレン オブ ザ レボリューション」
⑤テレビジョン 「ヴィーナス」
⑥ウイングス 「あの娘におせっかい」
⑦パティ スミス 「ビコーズ ザ ナイト」
⑧トム ロビンソン バンド 「パワー イン ザ ダークネス」
⑨ジェリー ラファティ 「霧のベーカー街」
⑩マウンテン 「暗黒への旅路」
もうネタ切れです。
メタルけいしょう娘のパソコンより


544. 失恋船長 (2016-03-06 14:01:41)

①Concerto Moon    -Highway Star-  『Decade of the Moon』
②At Vance   -Highway Star-  『Decade』
③Metal Church    -Highway Star-  『Metal Church』
④Stryper   -Highway Star-  『The Covering』
⑤Joe Stump    -Highway Star-  『Reign of Terror』
⑥Blitzkrieg   -Highway Star-  『A Time of Changes - Phase 1』
⑦Shining Fury   -Highway Star-  『Another Life』
⑧紫   -Highway Star-  『Live - Rock Power』
⑨Dream Theater   -Highway Star-  『Made in Japan』
⑩Artch   -Deep Purple Medley (Speed King, Burn, Highway Star)-  『Another Return』




545. 失恋船長 (2016-03-07 13:48:10)

①Tankard    -War Cry-  『R.I.B.』
②Tankard   -Rapid Fire (A Tyrant's Elegy) -  『A Girl Called Cerveza』
③Tankard    -Stay Thirsty!-  『Thirst』
④Tankard   -We Still Drink The Old Ways-  『The Beauty and the Beer』
⑤Tankard    -The Metal Lady Boy-  『A Girl Called Cerveza』
⑥Tankard   -Rules For Fools-  『Vol(l)ume 14』
⑦Tankard   -Metal To Metal -  『The Beauty and the Beer』
⑧Tankard    -The Horde-  『Beast of Bourbon』
⑨Tankard   -Rundown Quarter-  『B-Day』
⑩Tankard    -R.I.B. (Rest in Beer)-  『R.I.B.』




546. 失恋船長 (2016-03-08 13:19:22)

①Frontline    -Heaven Knows-  『The State of Rock』
②Captive Heart   -Shattered Dreams-  『Home of the Brave』
③Vandamne    -Livin'on The Edge-  『Nightcrimes』
④Alex Masi   -End of a Dream-  『Tales from the North』
⑤Axton    -Turnin' Wheels -  『Bad Desire』
⑥Ruffians   -Bad Boys Cut Loose-  『Ruffians』
⑦Saints & Sinners   -Slippin' into Darkness-  『Saints & Sinners』
⑧Julliet    -Something You Should Know-  『Julliet』
⑨Dominoe   -Lonely Nights-  『The Key』
⑩Stranger    -Hit and Run-  『Hit and Run』




547. 失恋船長 (2016-03-09 14:44:35)

①Steelheart    -Rock 'N Roll (I Just Wanna)-  『Steelheart』
②Rock Candy    -Radio-  『Sucker for a Pretty Face』
③Damn Yankees    -Damn Yankees-  『Damn Yankees』
④Captive Heart   -Heartache-  『Home of the Brave』
⑤Casanova    -Love Lies-  『Casanova』
⑥Lancia   -Sweet Melody-  『Lancia』
⑦Cinderella   -Nobody's Fool-  『Night Songs』
⑧Dirty Rhythm    -Feel the Fire-  『Hard as a Rock』
⑨Phantom Blue   -Nothing Good-  『Built to Perform』
⑩Richie Sambora    -Hard Times Come Easy-  『Undiscovered Soul』




548. 失恋船長 (2016-03-12 14:15:50)

①Soldier    -A Handful of Children-  『Gas Powered Jesus』
②Black Devil   -Tras el Cristal-  『De Mentes』
③Cobra    -Grito en el abismo-  『Grito en el abismo』
④Adgar   -Heavy Metal-  『Tiempos de cambio』
⑤Regresion   -Llevame contigo-  『Prisioneros』
⑥Amadeus    -La ultima cancion -  『Lookin' For Action』
⑦Ankor   -My Own Angel-  『My Own Angel』
⑧Vigmika    -Ardiendo En Rock-  『Ardiendo En Rock』
⑨Leo Jimenez   -Vuela Alto-  『Animal solitario』
⑩Rata Blanca    -Rebelde Y Solitario-  『Tormenta Electrica』




549. 失恋船長 (2016-03-14 15:08:03)

①Shotgun Messiah    -Don't Care 'Bout Nothin'-  『Shotgun Messiah』
②Outland   -Different Worlds-  『Different Worlds』
③Norway    -Night Dreams-  『Night Dreams』
④Robert Tepper   -No Easy Way Out-  『No Easy Way Out』
⑤220 Volt    -Love Is All You Need-  『Love Is All You Need』
⑥Captive Heart   -Over You - Over Me-  『Home of the Brave』
⑦Alien   -Desperate Dreams-  『Gear』
⑧Rock Sugar    -Shook Me Like A Prayer -  『Because Pop Rocks』
⑨Shy   -Can't Fight The Nights-  『Excess All Areas』
⑩Frontline    -Another Love-  『The State of Rock』




550. 失恋船長 (2016-03-16 13:19:48)

①Jerusalem Slim    -Rock' N Roll Degeneration-  『Jerusalem Slim』
②Prophet   -Can't Hide Love-  『Cycle Of The Moon』
③Baton Rouge    -Bad Time Comin' Down-  『Shake your soul』
④Lynch Mob   -Love Finds A Way-  『Lynch Mob』
⑤Hurricane   -Reign Of Love-  『Slave To The Thrill』
⑥RIO    -Tommy Can't Help It-  『Borderland』
⑦Melidian   -Hands Off-  『Lost In The Wild』
⑧Damn Yankees    -Piledriver-  『Damn Yankees』
⑨Shark Island   -Why Should I Believe-  『Law Of The Order』
⑩Winger    -Madalaine-  『Winger』




551. 失恋船長 (2016-03-18 15:04:27)

①Whitesnake    -Burn-  『The Purple Album』
②W.A.S.P.    -Burn-  『Babylon』
③Grzegorz Kupczyk    -Burn-  『Memories』
④Riot   -Burn-  『Nightbreaker』
⑤Vanderhoof    -Burn-  『Vanderhoof』
⑥Demon Drive   -Burn-  『Burn Rubber』
⑦Who do They think We are ?   -Burn-  『A Tribute to Deep Purple From Japan』
⑧Savage Grace   -Burn-  『After the Fall from Grace』
⑨Jorn   -Burn-  『Starfire』
⑩Glenn Hughes   -Burn-  『Burning Japan Live』




552. 失恋船長 (2016-03-19 13:24:04)

①Don Dokken    -Crash N' Burn-  『Up From The Ashes』
②Don Dokken   -1,000 Miles Away-  『Up From The Ashes』
③Harem Scarem    -How Long-  『Harem Scarem』
④Winger   -Rainbow in the Rose-  『Lynch Mob』
⑤Firehouse   -Love Is a Dangerous Thing-  『3』
⑥Motley Crue   -Angela-  『Decade of Decadence』
⑦Skid Row   -In A Darkened Room-  『Slave To The Grind』
⑧Little Caesar    -In Your Arms-  『Little Caesar』
⑨Damn Yankees   -High Enough-  『Damn Yankees』
⑩Bad4Good    -Nineteen-  『Refugee』




553. 失恋船長 (2016-03-22 13:48:08)

①Virus    -Testify to Me-  『Force Recon』
②Sepultura   -Stronger Than Hate-  『Beneath the Remains』
③Testament    -Do or Die-  『The Legacy』
④Risk   -Megalomania-  『Hell's Animals』
⑤Sabbat   -Advent Of Insanity-  『Dreamweaver』
⑥Viking   -White Death-  『Man of Straw』
⑦Intruder   -Invisible-  『Psycho Savant』
⑧Assassin    -Fight (To Stop The Tyranny)-  『The Upcoming Terror』
⑨Annihiliator   -A Man Called Nothing-  『Refresh The Demon』
⑩Annihiliator    -Ultraparanoia-  『Refresh The Demon』




554. 失恋船長 (2016-03-23 12:56:35)

①Lars Eric Mattsson    -Tear Down the Border -  『No Surrender』
②Amaze Me   -You Say You Never Cry -  『Amaze Me』
③Lars Eric Mattsson    -Children Of The Sun-  『Eternity』
④Da Vinci   -Ain't No Goodbye-  『Da Vinci』
⑤Axia   -Increasing Action-  『Axia』
⑥Talisman   -Just between us-  『Talisman』
⑦Amaze Me   -It Seems So Hollywood -  『Amaze Me』
⑧Da Vinci    -Hold Back the Tears-  『Back In Business』
⑨Talisman   -Dangerous-  『Talisman』
⑩Axia   -Falling Apart-  『Axia』




555. 失恋船長 (2016-03-26 14:54:35)

①Yngwie J Malmsteen    -Wield My Sword-  『Alchemy』
②Yngwie J Malmsteen    -Red Devil-  『Perpetual Flame』
③Yngwie J Malmsteen    -My Own Enemy-  『Fire & Ice Album』
④Yngwie J Malmsteen   -Carry On Wayward Son-  『Inspiration』
⑤Yngwie J Malmsteen    -Eclipse-  『Eclipse』
⑥Yngwie J Malmsteen   -My Resurrection-  『Facing the animal』
⑦Yngwie J Malmsteen   -Another Time-  『Facing the animal』
⑧Yngwie J Malmsteen   -Wild One-  『War to End All Wars』
⑨Yngwie J Malmsteen    -Cross to Bear-  『Relentless』
⑩Yngwie J Malmsteen    -Only the Strong -  『Facing the animal』




556. 失恋船長 (2016-03-28 12:32:02)

①Yngwie J Malmsteen    -Prophet Of Doom-  『War To End All Wars』
②Yngwie J Malmsteen    -Judas-  『Eclipse』
③Yngwie J Malmsteen    -Rise Up-  『Attack!!』
④Yngwie J Malmsteen   -Devil In Disguise-  『Eclipse』
⑤Yngwie J Malmsteen    -Masquerade-  『War To End All Wars』
⑥Yngwie J Malmsteen   -Iron Clad-  『Attack!!』
⑦Yngwie J Malmsteen   -Miracle of Life-  『War To End All Wars』
⑧Yngwie J Malmsteen   -Bad Blood -  『The Seventh Sign』
⑨Yngwie J Malmsteen    -Death Dealer-  『Perpetual Flame』
⑩Yngwie J Malmsteen    -Fire in the Sky-  『Magnum Opus』




557. 失恋船長 (2016-03-29 13:17:49)

①Hollywood    -Wild Life-  『First Strike!』
②Hollywood    -Let It Rock-  『First Strike!』
③Hollywood    -Bad Affection-  『First Strike!』
④Hollywood   -Stranger's Heart-  『First Strike!』
⑤Hollywood    -My Blues Of Youth-  『First Strike!』
⑥Hollywood   -Feel So Good(Mechanucal Mix)-  『First Strike!』
⑦演歌メタル   -Metal De Enka-  『Metal De Enka』
⑧まんが日本メタルばなし   -まんが日本メタルばなし-  『まんが日本メタルばなし』
⑨Shy Blue    -超敏感に抱いてくれよ-  『超敏感に抱いてくれよ』
⑩Shy Blue    -スティル-  『超敏感に抱いてくれよ』




558. 失恋船長 (2016-07-29 15:10:26)

①野火/塚本晋也ヴァージョン
市川崑ヴァージョンより濃厚に鮮烈に描いています
究極の飢餓
無謀な戦略による戦争
重いテーマに真っ向から挑んでいますね
映画館でも2度足を運びましたが良かったなぁ
こういう衝撃的な人生に刺激を与える出会いこそ映画ですよね

②蘇える金狼
松田優作が濃い
脂っこい映画です
圧倒されますね


③衝動殺人 息子よ
犯罪被害者の無念を鋭く描いています
浮かばれない思いは何処へ向ければよいのか


④復讐するは我にあり
西口彰事件がモチーフ
人間の業の深さを描いております
倍賞美津子の体当たりの熱演が眩しい
緒形拳ここにありだね


⑤証人の椅子
徳島ラジオ商殺し事件を扱った傑作映画。
野心溢れる検事による功名心が多くの人生を狂わせた冤罪事件
検察による偽証を迫られた少年二人
逮捕された母親無実を晴らそうと私財を投げ打ち、執念の捜査を行う親族の苦悩
映画公開時はまだ服役中で判決も覆ってはおらず
再審から無罪判決が下るまで30年近くも掛った下らん体裁とメンツの下敷きになった悲劇です
この体制は今もって変わっていないのでは?と感慨深いモノがありますね


⑥そしてデブノーの森へ
フランス映画なので抽象的な表現が多い
ザ・ハリウッドが好きな人には向きませんが
女によって人生を狂わされた小説家の運命はいかに
モヤモヤとすんなぁ


⑦HANA-BI
何度見てもエエなぁ
自決って書いてある張り絵のシーンには毎度ドキッとしますね


⑧ゆきゆきて神軍
ドキュメンタリーの傑作
瞳孔が開きっぱなしになる映像力
R18はおろか放送禁止だろうね
反戦なんて軽々しく口にするものではないと心底思います
何度みても破壊力が凄い
この破壊力に不謹慎だがグルッと回って逆に笑ってしまう
アナーキーってこういうの言うだよなぁ


⑨幸福の黄色いハンカチ
ドラマ北の国からを何度も見たくなるように
これも年に10回はみるなぁ
同じシーンで毎回感動するし
ハラハラする

⑩マルサの女
津川雅彦のアブラギッシュな熱演に釘づけ
ポップな展開で軽く見れるのがいい

天気も悪いので週末は2,3日家に閉じこもりDVD三昧です




559. 火薬バカ一代 (2017-06-20 00:25:51)

「TOKYO」ソング10選

①“OHAYO TOKYO”(ALCATRAZZ)
グラハムの愉快なキャラクターと、曲名からそこはかとなく漂うマヌケな響きが奇跡のコラボをみた②“TOKYO”(TOKYO)
このバンドは2nd収録の“KEIKO”も甲乙つけ難い名曲なので、機会があれば是非お聴き頂きたい。
③“NIGHTFLIGHT TO TOKYO”(WITCH CROSS)
インパクト大な「もしもし、私よ。もし良かったら日本に来ない?」のイントロで掴みはOK。
④“TWO NIGHT IN TOKYO(VON GROOVE)
野暮言うとクラブチッタがある川崎は神奈川県なんですけども。
⑤“TOKYO NIGHTS”(KROKUS)
哀愁溢れる曲調に反して歌詞はソープランドに想いを馳せているという
⑥“TOKYO GEISHA”(SATAN JOKER)
繰り返される「ゲイシャー!」のシャウトからはバンドの熱いスケベ心がビンビンに伝わって来ます。
⑦“SUNRISE IN TOKYO”(TOKYO BLADE)
このバンドに期待される楽曲をちゃんと名曲に仕上げる辺り、簡単に出来そうでなかなか出来ないことですよ。
⑧“WALKING THROUGH TOKYO”(SAXON)
今や大英帝国の威厳を漂わすSAXONも90年代はこんな曲書いてました。お気楽な「物見遊山感」が素敵。
⑨“TOKYO ROSE”(SHOK PARIS)
RIOTの同名異曲の方が知名度は遥かに上ですが、こっちも名曲具合では負けていません。
⑩“TOKYO ROAD”(BON JOVI)
天下のBON JOVI様ですが、不安な心持ちなるイントロからしてこの頃は若気の至り感満載で最高じゃないですか。

その他にも、Y&T、PRAYING MANTISやW.A.S.P.やLIONSHEART、KATANA等、惜しみつつカットした楽曲多々あり。




560. 名無し (2017-06-20 20:48:32)

⬆反則ですが、沢田研二のTOKIOも入れて❗


561. 火薬バカ一代 (2017-06-20 23:13:08)

「SAMURAI」ソング10選

①“SAMURAI”(GRANDPRIX)
個人的サムライ・ソングの最高峰。勉強嫌いの自分でも元寇について調べたくなりましたよ。
②“KURODABUSHI”(ZAR)
まさかの“黒田節”カヴァー。この曲聴きたさに輸入盤店や中古屋を探し回ったのも良い思い出。
③“WARRIOR OF THE SUN”(TOKYO BLADE)
サムラーイ!サムラーイ!TOKYO BLADE屈指の名曲。
④“SPEED OF SAMURAI”(MARTYR)
オランダのHMバンドの隠れた名曲なのでご紹介。
⑤“SAMURAI”(JOHANSSON)
日本盤用ボーナストラック扱いとは勿体ない。
⑥“SAMOURAI”(OSTROGOTH)
ファミコンの忍者ゲーみたいなメロディにグッと来ます。
⑦“SHICHININ NO SAMURAI”(HOLY MARTYR)
“ZATOICHI”とどっちにしようか悩みましたが。
⑧“THE SAMURAI RETURNS”(KATANA)
「元寇」を題材に盛りに盛りまくったアートワークと併せてお楽しみ下さい。
⑨“FALL TO RISE”(PERSEFONE)
サムライの死生観をモチーフにしたコンセプト・アルバムからこの1曲を。
⑩“SAMURAI”(M.S.G.)
“OHAYO TOKYO”といい、グラハム師匠にはお世話になりっぱなしです。




562. 失恋船長 (2017-06-21 13:26:45)

んじゃ便乗しまして「TOKYO」ソング10選

①AT VANCE - Tokyo -『Facing Your Enemy』
オシャレな雰囲気のイントロも印象的ですね。サビで連呼されるTokyo Tokyo(トキオ トキオだけどね)に耳が持って行かれます。リックの歌声は熱いね。

②5X -Tokyo Rock 'n' Rollers-『Human Target』
カルメン・マキ、ジョージ吾妻、盛山キンタ、原田ジュンの4人組におる国産HM/HRバンドがリリースしたアルバムのラストソング。ホンキートンクな曲調と東京見聞録な歌詞がタイトルのイメージと合致しているのかな?

③W.A.S.P. -Tokyo's On Fire -『K.F.D』
ブラッキー節を堪能できるメロディックで活きのいい一曲。東京が一晩中燃えているってさ。

④EARTHSHAKER  - T-O-K-Y-O -『Midnight Flight』
個人的にTOKYOと言えば、この曲を真っ先に思い浮かべます。なぜ日本人なのにトキオ~♪って歌うんだと突っ込んだものですよ。
代表曲故に複数のヴァージョン違いがあるのですが敬意をこめてオリジナルでいきます。

④VOLCANO  - Tokyo Panic -『Melt』
サイレンの音が物騒な空気をよりいっそう高めますよね。アルバムの中でもアグレッシブなナンバーですね

⑤DARXON - Tokyo -『Tokyo』
ミニアルバムのタイトルもトキオと日本を押してきてますね。どっしりと構えたミドルナンバー。マントヒヒのオバケみたいな1stやMausoleum Recordsからでた3rdの方がクサレマニアに知られているのですが、4曲入りのミニアルバムの中でこの曲が一番地味です。

⑥BURNING RAIN - Tokyo Rising -『Burning Rain』
ダグ・アルドリッチもやっていますね。ノリの良いヘヴィグルーブが心地よいです。

⑦FISC - Tokyo Nights -『Too Hot for Love』
銅鑼の音はお馴染みの感違いによるご愛敬と言う事でね。彼ららしい哀愁のあるメロディックメタルナンバー。聴かせるね。東京泊まりは楽しいよって出張族のオジサン気分ですかね。

⑧CORNERSTONE - Midnight In Tokyo -『Human Stain』
このバンドらしいメロディックで軽快な一曲。トキオは刺激的な街って事なのかな?

⑨MAD MAX - Streets of Tokyo -『Interceptor』
歯ごたえるあるメロディックHM/HRナンバー。マイケル・ヴォスの円熟味を増した歌声が迫ってきますね。

⑩Y&T - Midnight In Tokyo -『Mean Streak』
有名な曲は外そうと思ったのですが、楽曲誕生秘話も含め、やはりこれなくしてTOKYOソングは語れないと言う事でね。




563. 失恋船長 (2017-06-21 14:33:52)

「SAMURAI」ソング10選ものっかるど~

①JOEY TAFOLLA - Samurai -『Out of the Sun』
ネオクラギタリストによるインストナンバー。どこか神秘的なムードが漂いますね。力強さもあります。そこがサムライなんでしょう。

②Oz -Samurai-『III Warning』
Ape De Martiniと名乗る猿人シンガーのパワフルな歌唱と勇壮さにサムライ魂を垣間見ますかね。

③Ring of Fire -Samurai -『The Oracle』
マーク・ボールズのクリアーな歌声が映えますね。Samuraiというタイトルに引っ張られているのか神秘的なムードを感じずにはいられません。和のテイストを感じさせるアレンジが効いています。武に生きる男達の儚い一生を思い浮かべますね。

④LOUDNESS  - Crazy Samurai -『Crazy Samurai』
クレイジー三部作の一つ。特に二井原実先輩が歌う意味のない曲が多い再結成後のラウドネスの中では、先輩の歌声も映えますよ。こういうノリを彼らが取り込むとは夢にも思わなんだ。それでも樋口ビックドラムを堪能しましょう。ごっついヘヴィな曲やで。

⑤BLAZE BAYLEY - Samurai -『The Man Who Would Not Die』
死を恐れない武人の生き様を歌っているのかな?メイデン風味のエエ曲ですね。パワフルかつメロディックやで。

⑥STORMWIND - Samuraj -『Resurrection』
空手家トーマス・ウルフ率いるネオクラ集団によるサムライソング。トーマス・ヴィクストロームは歌が上手いね。ドラムはパトリック・ヨハンソンですからね。死をも恐れぬサムライ魂を歌っていますよ。トーマス・ウルフ復活しないかなぁ

⑦LIQUID STEEL - Samurai -『Too Hot for Love』
武士道とは死ぬことと見つけたりですかね。そんな世界観をオーストリア出身のNWOTHMバンドが真摯に向き合い取り組んでいますよ。6分超えも長尺を感じさせないアレンジ力も見事ですね。聴き応えあるわ。

⑧HELLHOUND - Samurai Warrior -『Tokyo Flying V Massacre』
海外でも名の知れた国産メタルバンド。ホラ貝の音に導かれ勇壮なメタルナンバーが幕を開けます。俺達が日出国から来た、サムライメタルバンドだと言いたいのかな?ド直球のメタルソングに焦がれますね。エエですよ

⑨VENGENCE - Samurai -『Soul Collector』
剣劇風景のSEからスタート。侍による復讐劇を歌っていますね。ミステリアスかつダークな曲調もきまっていますよ。レオンさんもイアン・パリーにも負けないくらいパワフルな歌声に成長してますね。

⑩SATAN JOKERS - Samourai -『Les fils du metal』
サムライソングは勇壮なナンバーが多いね。フレンチメタルのレジェンドもしっかりとやっていますよ




564. 火薬バカ一代 (2017-06-22 00:49:12)

「KAMIKAZE」メタル10選

①“KAMIKAZE”(VILLAIN)
故カール・アルバートの熱唱が勇壮な曲調を盛り立てるUSパワー・メタルの隠れた名曲。
②“BROKEN JADE”(CHTHONIC)
玉音放送に慟哭のメロディが絡む終盤の盛り上がりに涙、涙。
③“KAMIKAZE”(VANDENBERG)
KAMIKAZEメタル初体験。
④“KAMIKAZE”(MARK EDWARDS)
後にLIONで日本での人気が爆発することを予感させる1曲(?)
⑤“KAMAKAZI”(BLIND ILLUSION)
歌詞も曲調もシリアスなのにタイトルの綴り間違えているのがチャームポイント。
⑥“KAMIKAZE TERRORIZER”(SODOM)
ボーナス・トラック扱いなのが勿体ない突撃ナンバー。
⑦“KAMIKAZE”(BARON ROJO)
BARON ROJOは“HIROSHIMA”なる曲も演っていたりします。
⑧“KAMIKAZE”(TAKASHI)
ぶっちゃけ大した曲ではないのですが、このバンド名でこの曲名のコンボにやられました。
⑨“KAMIKAZE”(HELL OF BULLET)
「太平洋戦争」をテーマにしたコンセプト・アルバムから、鎮魂歌の如きこの曲を。
⑩“KAMAKAZI”(SACRED WARRIOR)
クリスチャン・バンドが歌うカミカゼ・メタル。ここにもよくある綴り間違いが。

タイトルからして珍曲収集の血が騒ぐCAVALERA CONSPIRACYの“BONZAI KAMIKAZEE”や、和太鼓まで取り入れたMACBETHの“KAMIKAZE”なんかも候補でしたね。




565. 失恋船長 (2017-06-22 02:52:31)

まだまだあるぞ「KAMIKAZE」メタル10選

①SODOM - Kamikaze Terrorizer -『SODOM』
日本盤のボートラやアナログ盤に収録された一曲。意味は分からんがカッチョええやんけ

②Flower Travellin' Band -Kamikaze-『Satori』
日本のロックシーンの黎明期を語る上では外す事の出来ない彼ら、ある意味、このバンドの存在が海外のロックシーンにおけるカミカゼだったのかも知れませんね。無国籍なサウンドに妙なカブれやバタ臭さも皆無。ホンマもんだよね。

③MACBETH -Kamikaze -『Wiedergänger』
和太鼓を大胆に取り入れていますね。若き特攻隊の事を歌っているのかな?ドイツ語なんですよね。ゴン太なリズムががゴロンゴロンとダイナミックに転がる迫力がエグイ。アコギのパートも泣かせるよ。

④THOR  - Kamikaze -『Mata A La Bestia』
スペインのバンドによるカミカゼソング。何をうたっているかはサッパリですが、勇壮なメタルナンバーです

⑤CETI - Kamikaze '45 -『Lamiastrata』
ポーランドにTURBOシンガーが率いるバンドのカミカゼソング。こちらも特攻隊がテーマですかね。

⑥Killer Khan - Kamikaze -『Rock 'n Roll Forever』
シンガーのキリアン・カーンの歌声がオジーみたいですね。元はドゥームロックだったんだからガテンがいきますね。
ちなみに彼らはオジーが好きすぎるのかアルバムのタイトルトラックも含めオジー過ぎる楽曲が満載のアルバムでした。

⑦Pagan's Mind - Alien Kamikaze -『God's Equation』
ノルウェーのプログレ系のパワーメタルバンドによるカミカゼソング。ビートが効いているね。ギターも巧者だわ。スリリングなプレイの応酬に耳が持って行かれます。歌メロも若い者にウケそうだな。

⑧SABBAT - Kamikaze Bomber -『...and the Sabbatical Queen』
海外でも名の知れた国産メタルバンド。汚いローファイな音質が極悪感をマシマシにしてますね。

⑨SQUEALER - Kamikaze Nation -『Confrontation Street』
パワフルかつメロディックなドイツのバンドによるカミカゼソング。カミカゼが新世界を作るみたいな感じかね。

⑩LIGHTNING STRIKES - Kamikaze -『Lightning Strikes』
なんかこう口に出したいバンド名ですよね。必殺技みたいでカッコいい奴。ラウドネスのアルバムタイトルでもありますね。
カルフォルニアのバンドが奇跡の再結成を果たし2016年にリリースしたアルバムからなんですが、メロディ派は必聴なアルバムです。こちらのカミカゼも甘口なメロディに乗せて特攻隊の命運を歌いあげています。日本人好みのメロディやでー
このバンド、ゲストにトニー・マーティンが1曲参加しているのですが、バンドのシンガーも負けておらずパワフルにせまってくれています。そして今作のカミカゼソングにリードシンガーとしてゲスト参加しているのが、日本のヴィジュアル系バンドAVANCHICKのNOAHという方が歌っています。ああいう歌い方や声を必要としていたのかなぁ?ヴィジュアル系の彼氏ではカミカゼ吹かせられんよ。




566. 火薬バカ一代 (2017-06-26 01:24:55)

「ヒロシマ」メタル10選

①“HIROSHIMA MON AMOUR”(ALCATRAZZ)
またまたお世話になります、グラハム先生!押忍!
②“HIROSHIMA”(GARY MOORE)
ヒッロシマー!メタル・ゲイリーの最高傑作の一つじゃないでしょうか。
③“組曲「エノラ・ゲイ」”(ULI JOHN ROTH & ELECTRIC SUN)
ご本人のVoはヘタウマ系ながらも、美と破壊の振れ幅大きなGは劇的さの極致。
④“EUROSHIMA”(LAAZ ROCKIT)
ヨーロッパとヒロシマを引っ掛けたスラッシャーらしい反核ソング。
⑤“HIROSHIMA”(BARON ROJO)
曲調はシリアス且つ重厚ですが、歌詞には「サムライ」「ゲイシャ」も登場する安心設計。
⑥“HIROSHIMA”(SACRIFICE)
カナダのスラッシャーの復活作より。テーマ負けせずに飛ばしまくる高速ナンバー。
⑦“HIROSHIMA”(WHIPLASH)
歌詞に激怒した人は、川嶋未来(SIGH)氏のトニー・ポータロのインタビューを読もう。
⑧“HIROSHIMA”(LEGEND)
KING CRIMSONにNWOBHM風解釈を加えたような不穏にうねるヘヴィ・ナンバー。
⑨“HIROSHIMA”(LAWDY)
VICTORY系の独産HMバンドですが、この曲は哀愁漂うメロディックHRで良い感じ。
⑩“SOLDIER OF THE WORLD”(HIROSHIMA)
曲名とバンド名が顛倒していますが。スウェーデンのHIROSHIMAが誇る必殺の名曲。

やはり題材が題材だけにシリアスな楽曲が目立ちます。GRAVE DIGGERやTURBOが書いた“ENOLA GAY”も10選候補でした。




567. 失恋船長 (2017-06-26 15:32:53)

「日本愛に溢れた」メタル10選

①TORNADO - I Love Japan -『Triumph of the King』
TV東京制作の番組スタッフが密着したくなるようなタイトルの一曲ですね。セルビアンメタルですよ。

②TAKASHI -Ninja Warrior-『Kamikaze Killers』
幻のミニアルバムがCD化の際にボートラとして追加されたミドルナンバー。忍者シリーズで10曲いけそうな気がする。

③Tony MacAlpine -Winter In Osaka -『Premonition』
マカパイン師匠によるインストナンバー。メロディックですね。和音的なメロディが刑事ドラマの犯人捜索シーンみたいです。

④MAC BETH  - Hiroshima -『Zer co ti chutna』
チェコのバンドによるメロディックな一曲。泣きメロとシンガーの悲しげにファルセットを交えて歌いあげる慟哭パートにもらい泣きですかね。何を歌っているかは分かりませんが広島の悲劇を歌っているのかなぁとイメージしますね。爆撃のSEがそう思わせますよ。このバンド、メロディ派は押さえておかないといけませんよ。

⑤Jupiter - アートワーク -『Jupiter』
こちらはスペインのメロディックロックバンドのアルバムなんですが、楽曲はキーボードを前に出した哀愁のスパニッシュメタルなで気分も上々なんですがね…ジャケがエグイ。刀もった和装風の女性も気になるが?フロントに東野、裏に岳男の文字が…大きめに刻印…誰やねん?しかも漢字があっちゃ向いているしね。こういう感違い多いよね。反則ですが、どうしても誰かに言いたかったッス。

⑥IRON KOBRA - Ronin -『Dungeon Masters』
ドイツのバンドがテーマにしたのは浪人です。途中片言の日本語で『アナタガ シタコトヲ スベテ ニクンデイマス』と歌っていますね。侍がテーマの曲は勇壮なのが多いね。

⑦Golden Resurrection - Pray For Japan -『Man with a Mission』
日本愛溢れるメロディックな一曲。シングルにもなっているし日本盤のボートラにもなっていますね。東日本震災のチャリティソングです。

⑧SCORPIONS - Kimi Ga Yo -『Tokyo Tapes』
50th Anniversary Editionとしてリリースされたアルバムに追加収録されたインストです。荒城の月が有名ですが、こちらもウリのギターが慟哭していますよ。

⑨KATANA - Yakuza -『The Greatest Victory』
なにかと日本の言葉をタイトルに持ち入りるバンドすね。それらすべてをネタ的な扱いではなくしっかりとリスペクトする姿勢に日本愛を感じますね。Heart of Tokyoもエエ曲やで

⑩ENFORCER - Katana -『Diamonds』
エエ曲ですね。こちらも真摯に描いていますよ。勇壮でシリアスな空気に武士道を垣間見ますね。




568. 失恋船長 (2017-08-15 04:34:47)

『夏に聴きたい胸キュンポップス』

①Starship - Nothing's Gonna Stop Us Now 
映画マネキンですね。高島忠夫か淀川長治先生の顔が浮かんできます。もしくは深夜のヒットソング集かね
ウキウキしすぎないのがエエわい

②ToTo - Africa
夏になると聴きたくなりますね。ハードなモノの合間に聴くと、これまた効果を発揮します。
耳休めにもなりますが、壮大な景色を見ながら聴きたいものです。

③Night Ranger - When You Close Your Eyes
海岸線はこの曲でしょう。爽快感バッチリですよ

④Journey - Lights
夕闇が似合うよね。街明かりを眺めながら聴き入りたいです

⑤Nazareth - Love hurts
渋いよね。カヴァーソングなんですけど、このヴァージョン好きですよ。
歌い出しで毎度泣けてきます。

⑥Loverboy - Heaven In Your Eyes
ベタベタの売れ線パワーバラードだけど夏になると聴きたくなりますね。TOP GUNだなぁ

⑦Nelson - After the Rain
歌い出しで毎度、何故か泣きそうになります、特に兄弟で歌い出すパートはグッと来るね。
そしてサビで大円団を迎えますよ。

⑧Vixen - Edge Of A Broken Heart
ジャネット・ガードナーの振り付けも胸キュンですよね。

⑨Motley Crue - Don't Go Away Mad
PV込みでいきたいですね。最後にメンバーが集まりジャムするシーンは青春ですよ

⑩Poison - Fallen Angel
歌詞の内容はアレなんで夏に合いませんが、この弾けるポップセンスがたまらんわい。




569. 失恋船長 (2017-08-15 04:56:36)

『里心&望郷』10選

①Damn Yankees - High Enough
シチュエーションを選ばない名曲中の名曲です。何度聴いてもサビで昇天です。
帰路聴くと泣けてくるわ

②Soldier of Fortune - Deep Purple
疲れた体を休めたくなります。

③Loverboy - This Could Be the Night
この素直さが好きですね。めったに聴きませんが、心に平穏が訪れます。

④Uriah Heep - Lady In Black
アコースティカルな響きが何とも言えませんね。ケンの歌声もエエ感じで望郷ですよ

⑤Cinderella - Heartbreak Station 
ファルセットが泣かせるよね。トムさんよ。あんたエエ仕事してまっせ

⑥Rainbow - Catch the Rainbow
ひたすらロマンチックです。ウットリです。

⑦Styx - Boat On The River
こちらも泣かせます。夕陽をバックに湖に古びたボートがポツンと浮かぶ朴訥とした風景が浮かびますね。
聴く度に後ろ髪を引かれているようで、田舎に帰りたくなりますよ

⑧The Eagles - Hotel California
ドラム叩きながら歌いたくなりますねぇ。いつ何時、何度聴いても泣かされるわ。

⑨Heart - These Dreams
望郷ならALONEじゃなくてこちらです。

⑩Judas Priest - Reckless
最後はハードなモノで〆たいですね。この歌メロに泣かされます。




570. 失恋船長 (2017-08-18 04:18:15)

『夏に聴きたいワビサビのある漢メタル』

①Anvil- Free As The Wind
本来はMetal on Metalといきたいが、ここは走りたいので

②AC/DC - Big Gun
夏と言えばこれでいきたいですね

③Running Wild - Under Jolly Roger
夏と言えば海、海と言えば海賊なんでロルフ船長といかせて頂きました。
セルフリメイクしたベスト盤収録の方が好きですね

④ACCEPT - Koolaid
熱量の高い楽曲は沢山ありますが今回は渋目にこれでいきます

⑤Manowar - Thor
こちらもコテコテの外してみました

⑥凱旋march - 闘魂行進曲
もう一度みたいなぁ。このバンドをさぁ。
型枠大工な風貌にしばらく笑いが止まらなかったが、マサさんのパフォーマンスは最高だった。
日本のグラハムボネットと言っても過言じゃないパワーがあった。

⑦Axxis – Astoria
ジャーマンライクな豪快さとメロディが天かける飛翔感がたまりませんね

⑧Dio - Fever Dreams
低迷期のディオが往年の空気を醸し出した一曲。
こぶしを回したロニー節のカッコよさがたまらんわい

⑨Judas Priest - Night comes down
ここいらでクールダウンですね

⑩Loudness - Streetlife Dreams
リフワークもアイデア豊富ですね
若々しい二井原先輩の歌声も懐かしいです
ええバンドだったよなぁ
メタリックで好きです




571. 失恋船長 (2017-08-21 05:26:29)

『眠れない夜に聴きたいポップメタル』10選

①聖飢魔II- 黒服のあいつ
いまもって0点つけらなかったらどんなメタル人生を送っていたのかな?
紆余曲折を経てリリースされた名盤メフィストフェレスの肖像から歌謡テイスト満載の一曲です

②人間椅子 - 肥満天使(メタボリックエンジェル)
遊び心満載の一曲です
後期人間椅子ならではのストレートさも映えますね

③KISS - I Was Made For Lovin' You
ディスコ調のビートがねぇ
流石はキッス何をやっても似合います
年に2回くらい無性に聴きたくなる
でもセカンドヴァース位でストップ押してしまうので最後まで聴く事は稀です

④魔女卵 - CATCH LOVE
茶碗洗いながら
シャワー浴びながらも
シチュエーションを選ぶ事無く
チョイチョイ鼻歌でるんだよなぁ
ポップやでぇ

⑤Twisted Sister - We're Not Gonna Take It
ポップメタルと言えば真っ先にこの曲を思い出します
アルバム単位で聴くときは途中で飛ばすからね
でも単品でいきたくなるときが年に2回くらいあるんだよね


⑥Judas Priest - You've got another thing comin'
史上最強のメタルアンセムですね
公衆の面前でもこの曲が流れたら
わたしゃ拳を振り上げますよ

⑦Ozzy Osbourne – Shot in the Dark
時代って怖いよなぁ
あのオジーでさえこう言う曲やるんだからね


⑧Europe - Prisoners in Paradise
もったいぶった長めのイントロも好きですね
叙情美たっぷりのメロディに泣かされます
稀代のメロディメイカーですよ
ジョーイ・テンペストはさぁ

⑨Loudness - Geraldine
カヴァーソングです
今では考えられない選曲ですね
グループサウンズがやるヤツだもん

⑩Loudness - Odin
最後はソフトな曲で〆て眠りにつきます
アニメとのタイアップソング




572. 失恋船長 (2017-08-21 06:07:40)

『このソロ弾いたらメッチャ気持ちがいい』10選

①Loudness - Crazy Doctor
あのタッピングはギタリスト登竜門ですね
めちゃくちゃカッコいいが比較的に難易度が低めなのも高得点


②Dokken - Kiss of Death
リフが気持ちエエ
ソロは難しいわ
ジョージリンチ節炸裂ですよ
エンディングも好きですわ

③Anthem - Bound to Brake
起承転結のある流れが素晴らしい
勿論タッピングもありなのが福田洋也なんですけどね

④Anthem - Gypsy Ways (Win, Lose Or Draw)
オブリガードがたまらん
今聴いても胸が熱くなりますね
痺れるわ
福田洋也の強引さはあるが一番好きなソロかもしれん

⑤Saber Tiger - I'll Still Be Loving You
御大木下の叙情美溢れる泣きメロに何度聴いても胸が締め付けられる
何故か分からないが理屈抜きに大好きなソロです泣けるわ

⑥Vowwow - Shot in the Dark
流れるようなプレイに魅了されます
速さの中にも味があるんですよね
勢いで流さない歌心が素晴らしい


⑦X-Ray – Lonely guys
超絶テクニックなどいらん
このメロセンスがたまらん

⑧Hughes Turner Project  - Heaven's Missing an Angel
チョーキング一発
軽く客演してこれだもんね
ジョン・サイクス恐るべし

⑨Brazen Abbot - Restless In Seattle
最近どうしているんだろうか
叙情派ギタリストのニコロ・コッツェフさんは
エンディングまで気が抜けません
泣かせるわ

⑩Earthshaker - More
複数ヴァージョンありますけど
やっぱりオリジナルですかね
この口ずさめるフレージングの美味しさがエエ
難易度も低めなので名ギタリスト気分を味わえます

※リッチー・ブラックモアは殿堂入りです




573. 失恋船長 (2017-08-30 12:24:58)

『ジョー・リン・ターナー』10選

①Hughes Turner Project - Mystery of the Heart
ロマンティックです
この手の歌を唄わせたら右に出るものはいませんね

②Brazen Abbot - Twist Of Fate 
ハードに迫るジョーもカッコいいです
クールだよね
  
③Brazen Abbot - Dreams
ジョー節炸裂ですね
甘く切ない歌唱スタイルがハマりまくりです
 
④Joe Lynn Turner - Love Don't Live Here
ゴスペル調の曲を歌いこなしていますね
黒っぽいフィーリングもジョーの魅力
それにしても器用なシンガーですね

  
⑤Joe Lynn Turner - Can´t face another night
泣かせのフィーリングが詰まっていますね
繊細だがロックなタフさを損なわない圧巻のパフォーマンスに魅了されました
素晴らしいシンガーです
  
⑥Joe Lynn Turner - No Room For Love
ブルージーですね
この枯れた味わいが沁みます
  
⑦Sunstorm - Never Give Up
ハードに迫るジョーも男前ですね
メロセンスが素晴らしい
センスのある歌い手ですよ
  
⑧Sunstorm - Heart Over Mind
ロマンティックな曲が似合いますね
泣かせるわ
この世界観がジョーならではなんでしょうね
ええフィーリングですよ
  
⑨Joe Lynn Turner - Imagination
マイルドなんですがパワーがあるんですよね
そこが彼の魅力なんでしょう素敵です
真似できそうで出来ない歌唱スタイルを確立していますよね
  
⑩Joe Lynn Turner - Vehicle
芸達者な歌い手ですよね
この手の曲も上手に歌いこなしています
フィーリングもバッチリです
ウマいわぁ




574. 失恋船長 (2017-09-01 15:16:07)

『夏の終わりに胸キュンポップスしたくなる』10選

①Heart - Fallen from Grace
爽快な曲とは裏腹に
ガツーンとした内容の失恋ソングなんですよね
前向きな女心なんでしょうか
英語がわからんからノリノリで聴いていました

②Heart - All I wanna do is make love to You 
胸キュンさせられるよな
一晩だけの恋なのに…
女心はよう分からんわい

  
③Bon Jovi - Without Love
甘く切ない胸キュンポップスです
ストレートな歌詞と曲調もギリギリですよね


④Bon Jovi - I Want You
世界的成功を収めても愛した女を手に入れられなかった
そんなボンちゃんの思いが伝わりますね
ストレートな歌詞とポップさが丁度ええ
  
⑤New England - Don't Ever Wanna Lose Ya
爽快に心も洗われますね
そんでもって切ないもん
ええ曲すぎて溜息出るわ

  
⑥Wrabit - Anyway Anytime
何度聞いてもキュンキュンさせられます
イントロとサビメロ好きですね
  
⑦38 Special - If I'd Been The One
メロセンスが素晴らしい
胸キュンロックだねぇ
このスケールの大きいアリーナサウンドとブルージーさが魅力です
  
⑧Message - Just One Step Away
ディーン・ファザーノはウマいね
隠れたアメリカンロックの名曲ですよ

  
⑨Nelson - (Can't Live Without Your) Love And Affection
After the Rainと双璧をなす代表曲です
アコースティカルな響きの温もりと扇情的なメロセンスに魅了されます
  
⑩Bad English - Price of Love
曲作りのウマさが光ります
嫌味なくらいの産業ロックなんですが
これでええのです
ビシッとキメてくれます




575. 失恋船長 (2017-09-13 15:17:10)

『我らがANTHEM隠れた名曲』10選

①Night Stalker - Gypsy Ways
ザクザクと刻まれるへヴィなリフ
ミステリアスかつダークな色いあがサバス的でもあり
他の楽曲と毛色が違いますよね
森川の艶のあるへヴィヴォイスがたまらん
惜しむらくは福田では情念が薄い

②The Innocent Man - Seven Hills
リズムプレイが癖になりますよね
再結成第一弾アルバムを締めくくるへヴィな一曲
成長著しい英三の泣きを称えたパワーヴォイスもカッコいいです
官能的な魅力のある曲ですね
清水のギターがあってです
「慣れない自分に成りきって」という歌詞が大好きです
 
③Light It Up - Tightrope
イントロからゾクゾクとさせる雰囲気があり
スケールの大きいバンドサウンドを予感させるが
未消化のまま終わった感が強い一曲
でも個人的には大好きですね
初期ならではの魅力が詰まっていますよ


④Let Your Heart Beat - Hunting Time
こちらもスケール大きい一曲ですね
メロディックな泣きのアンセムメタルを体感できます
歌メロが素晴らしい
森川の歌もベストでしょう
サビは泣けるわ
こういう曲がある限りわしゃ一生J-POPには世話にならんで済みますよ


⑤Bottle Bottom - Hunting Time
こういったストレートでパンキッシュなナンバーは珍しいですよね
福田洋也のペンによる名曲でしょう

⑥Walk Through The Night - Black Empire
おそらくliveではもうやらないでしょうね
英三の甘く切ない泣きの歌唱が映えますね
こういう曲をやれるアンセムが素晴らしい
  
⑦No More Night - Bound to Brake
福田洋也渾身のソロが好きですね
硬派な初期パワーメタル色が絶妙に福田の感性に溶け込んでいますね
ストレートな曲調ですが忘れて欲しくない一曲です 

⑧Cry In The Night - Domestic Booty
このアルバムをリリースして一度看板を下ろすことに
正直アンセムがこういったポップな曲をやるとは思わなかったが
それなりの思惑も理解できますね
違和感は今でもありますがこの手の曲でもアンセム流儀を貫けるのが凄い

  
⑨Xanadu~Xanadu Act II - Xanadu
PCゲームのサントラ音源ですが
見事にアンセムメタルになっています
制約の多い中で見事ですね
Lay Dawnタイプのミドルナンバーですがカッコいいですよ
2曲連続で聞いてほしい
  
⑩Can't Get Away - Grieve of Heart
ベタですけど好きですね
アルバムの流れ的に外れたのかシングルのカップリングになりましたが
これぞジャパニーズへヴィメタルな一曲でしょう




576. 失恋船長 (2017-09-15 16:12:13)

『我らがE・Z・Oどこに隠れていたんだ』10選

①House Of 1,000 Pleasures - E・Z・O
このリフは本当にクールでカッコいいです
MASAKIの歌も日本人離れしていますね
凱旋帰国してほしかったなぁ(涙)
転調してからのパートもカッコいいわ
何度聞いても痺れますね


②Flashback Heart Attack - E・Z・O
HIROのドラムが好きですね
PV込みで聞いてほしい一品
なぜに忍者だったのかなぁ?ジーンさんよ
キャッチーだがこの暗さが持ち味ですよね

 
③Here It Comes - E・Z・O
正直あのフラットバッカーがこんな曲をやるのかと衝撃でしたが
ポップメタルをやる彼らも悪くない
素顔を晒したPVもカッコ良かった

④Kiss of Fire - E・Z・O
こちらもPV込みで聞いてほしい
こういう曲を聞かされると益々忍者メイクいらないじゃん
ポップなシングル向けの曲だが
薄暗い路地裏が似合うキャッチーサイドを代表する一曲

⑤Love Junkie - Fire Fire
情念のあるEZOサウンドを確立していますね
大好きな曲ですよ
歌もアンサンブルもバンドの一体感を猛烈に感じます

⑥Fire Fire - Fire Fire
MASAKIの絶唱に胸打たれます
情念たっぷりなソロもたまらん
へヴィでミステリアス
目指す音楽性が結実したような個性を如実に感じますね


⑦Back to Zero - Fire Fire
リズミカルですよね
このグルーブはアメリカで培われたのでしょう
でも明るくなれないのが彼らなんでしょう
実に個性を発揮していますよ


⑧Burn Down the Night - Fire Fire
ドラマ性も高くスケールの大きな一曲
歌メロも練り上げてきましたね


⑨Desire - E・Z・O
パンキッシュな魅力に溢れていますね
シンプルさを優先されたが為に
ひねくれたリフも面白いオカズもありませんが
らしさを感じます

 
⑩Million Miles Away  - Fire Fire
シングルカットするならこういう曲でお願いしますと言いたいのですが
アメリカ人にはウケないだろうなぁ
島国感情あふれるワビサビがこの曲にはありますよ
キャッチネスさの中に彼ららしい情念が絡んでいます
この曲を聴くと何故か遠くを見つめたくなるんだよなぁ




577. 失恋船長 (2017-09-18 13:21:58)

『硬骨漢ウドの副業』10選

①Addicted to Metal - Kissin' Dynamite
貫禄の歌声が映えますね
このくらいから若手バンドの作品に顔を出す機会が増えたような気がします


②Breaking The Law - Doro
メタルクィーンのドロ姐さんとデュエットです
メタルの名曲をクラシック風にアレンジ
名曲は何をやっても名曲だし
二人の火花散るバトルも見ものですね

③Hammer Down - Empires of Eden
オーストラリアの正統派HM/HRバンドのギタリスト
ステゥ・マーシャルのメタルプロジェクトなのかな?
ザクザクと刻まれるリフがカッコいいですね
へヴィなミドルナンバーとウドの相性は抜群です
ちなみにこのアルバムはウド軍曹以外にも沢山のシンガーをゲストに迎えているのですが
この曲にはAll Star Versionがあり聴き比べるのも楽しみの一つです
(ウド、ロブ・ロック、ショーン・ペックなど参加)

④Day Of Anger - Lion Twin
有名無名問わず若手バンドの活動に協力を惜しまないウド軍曹の心意気が伝わりますね
女性シンガーのリアーネ・ヴォルマーとウドの二人が共演
ドがつく屈強な正統派メタルをガッツリと歌いこんでいますね
カッコええわ


⑤Deseame como si me odiaras - Lujuria
ベテランスパニッシュメタルバンドの作品にもウド軍曹はゲスト参加
シンガーのオスカー・サンチョもいつもよりウドっぽく歌っていますね
気をつけて聞いていないとどっちが歌っているか分からなくなりますよ
情熱的なスパニッシュサウンドと相性は抜群
このバンドを知るきっかけにもなったしね
ウド軍曹に敬礼

⑥Metal Law 2006 - Majesty
バンドの代表曲なんでしょうね
セルフリメイクです
ウド軍曹がバックで熱い歌声を披露していますよ
目立ちますね

⑦Born to Be Wild (Steppenwolf cover) - Raven
シングルとしてリリースしたもの
ウド軍曹がリードヴォーカルとして参加
ハイテンションなパフォーマンスを披露しています
バンドの勢いに引っ張られたね(笑)

⑧The Longer You Can Wait - The Alex Parche Project
この乾いた歌い回しもウド軍曹の魅力ですね
アレックス・パーチさんは知る人ぞ知るBreslauのドイツ人ギタリストです

⑨The Journey - Manimal
ウド軍曹による泣きの歌唱を楽しんでほしいです
サミュエル・ナイマンも負けじと張り合っていますよ

⑩Штиль  - Aria
ロシアンメタルの皇帝アーリアと夢の共演
ヴァレリー・キプロフとウド軍曹の相性も悪くないですね
U.D.O.は精力的に東ヨーロッパへ出かけていたしね
そこで培った人脈が自身のバンドメンバーへとつながっているのかな?




578. 失恋船長 (2017-09-20 20:52:18)

『秋の夜長に聞きたくなる』10選

①O'ryan - Emer May
オライアンことマーヴィン・スペンサーが愛娘に捧げる一曲
彼のハートウォームでエモーショナルな歌声に魅了されます


②April Wine - Just Between You and Me  
埃っぽさもありますが洗練されていますね
優しい歌声と素朴なメロディに聞き入りますね

  
③FM - Closer To Heaven
エモーショナルですね
熱い歌声とクールな曲調と対比が面白い
歌ウマいわ

④Tyketto - Standing Alone
アコギが効いていますね
ベタなアメリカンロックバラードですがエエですよ
やっぱりベタには敵わない
  
⑤White Lion - Broken Heart
ホロッと涙がこぼれますよね
晩秋です
歌は下手だがメロディがエエ
  
⑥Steelheart - Can't Stop Me Lovin' You
ハイトーンばかりフューチャーされますが
色気のある中音域すきですね
なんてことないブルージーなナンバーなんですが好きですね

⑦Twisted Sister - The Price
大陸的なグルーブと乾いたメロディが映えますね
典型的なロッカバラードですが味があります
器用さのあるスケールの大きいエエバンドでした
  
⑧W.A.S.P. - Wild Child
毎度おなじみのブラッキー節が炸裂しています
哀メロとキャッチネスさが絶妙ですね
ハードだけど聴きやすいってのが憎いです
  
⑨Accept - Balls to the Wall
へヴィなリズムが刻まれていますね
地響きコーラスも好きです
地味ですが大好きな一曲です

⑩Night Hawks - Outsider
煌びやかなネオン街
大都会の片隅にひっそりと佇む画が浮かびます
大好きなバラードですね
説得力溢れる青木秀一の歌声がエエ味だしていますよ




580. 失恋船長 (2017-09-22 12:55:43)

『国産HM/HR隠れた名曲』10選

①Jesus - Shadow of Heart
足立祐二が在籍していた関西のインディバンドのデモ
泣きメロ満載のギタープレイにもっていかれますよ
このデモの一曲目はのちにTerra Rosaで採用
そういえばCry時代の曲もTerra Rosaにあったなぁ

②Sniper - Open the Attack
名古屋を代表する伝説のバンド
1stアルバムのオープニングにて代表曲でしょう 
北尾 "Kinny"茂久さんも力入っていますよね
巻き舌だもん(笑)
日下部 "BURNY" 正則さんはもっと世間に認知されてほしいギタリストです
熱く火を噴くエモーショナルなギタープレイに魅了されますよ

③Jewel - Want You!
ジュエルといえばこの曲でしょうね
キャッチーでノリも良く一発で覚えれるサビメロが好きです

④Wolf - Flying Higher
パワフルかつメロディックなガッツ溢れる様式美メタル
松本の伸びやかな歌声と黒木のスリリングなギタープレイは圧巻の一言
この曲を聴いてピンとこなければ様式美系には手をださいないほうが良いでしょう

⑤Named 1986 ~ Without You - 松川RUN敏也
ブリザードのイケ面ギタリストRUNこと松川敏也のソロアルバム
かれの繊細なトーンを生かしたメロディアスかつアグレッシブなギタープレイを堪能できます
この曲は東京X-Ray時代のシンガーRIOさんが提供
柴田直人師匠とRIOさんが組んでいたブラックホール時代の曲でもあるらしい
それを松川が取り上げたとなるとチョイとテンションもあがりますよね
ちなみにこのアルバムで熱い喉を披露するのは
なぜかMr. Crazy Tigerと名づけられ脅威の新人現るといわれた稲葉浩志さんですよ

  
⑥Hollywood - Wild Life
アンセム解散後に森川と清水が合流したバンドのデモ
短命に終わったのが惜しまれるバンドでしたが
この曲を聴くと何故アンセムを止めなければと思いますね
軽快にドライブする疾走ナンバーです

⑦Excuriver - Endless Flight
泣きのツインギターに咽びますね
気になるところも多々ありますが大好きな曲です
哀愁のメロディックメタルに胸が締め付けられます
この曲には金谷幸久のソロヴァージョンもあるので
そちらの方が手に入りやすいでしょう
  
⑧Zodiac - Revolution
こちらのゾディアックは京都のバンドです
歌心を大切にした音楽性が魅力でしたね
ハードでへヴィだが歌えるってのはアースシェイカーにも通ずるものがありました
  
⑨Jerusalem - Rock'n Power
テラローザに加入する鈴木広美とウルフに加入する関勝美が在籍していたバンド
さざ波ヴィブラードにはまいるが
ワビサビのある硬派でメロディックな様式美メタルですね

⑩十二単 - Loving Woman
結局バンド名義ではデビュー出来ず
シンガーの藤原正紀名義でメジャー進出となった彼ら
本格派のバンドだったし歌心を大切にした音楽性は魅力的でしたね




581. 失恋船長 (2017-09-25 15:17:07)

『実力派ソロシンガー』10選

①Tim Feehan - Where's The Fire
知る人ぞ知るカナディアンハードポップシンガー
映画『処刑ライダー』のサントラにも収録
The80年代ですね
彼は稀代のメロディメイカーでしたよ

②Robert Tepper - No Easy Way out  
映画ロッキーシリーズでも効果的に使われていましたね
熱いエナジーが迸るハードポップな一曲です
サビメロもスッと懐に飛び込んできますね
  
③Gary Hughes - In Your Eyes
デイープヴォイスがしっとりとハードに迫ってきます
ゲイリー・ヒューズな魅力に浸れますね

④Joe Lamont - Secrets you keep
ダンサンブルですね
ギターは仕事人ダン・ハフです
アルバム一枚で消えましたが実力派でしたよ

  
⑤Russ Ballard - A Woman like you
数多くの楽曲提供で知られる彼ですが
自身が歌うアルバムも名盤揃いです
ハードポップマニアなら聴いてほしいアーティストですね

⑥Jeff Paris - Cryin'
フックに富んだ哀愁のメロディに持って行かれますよね
ハードさも損なわないアレンジが効いています
もっと多くの人に認知してもらいたい一人ですね
Vixenに提供した曲- Cryin'です

⑦George & G. - Save My Love
ポーランド人シンガーのジョージGのソロプロジェクト
AOR系のソフトロックが好きなら押さえてもらいたい
ハートウォームなバンドサウンドに癒されます
  
⑧Marcie Free - Tormented
マーク・フリーが女性になってからリリースされたソロアルバムより
艶のある骨太な歌声は健在でしたね
いきなりメッチャホリデーになってたら困るもん


⑨Tommy Shaw - The Outsider
都会的な洗練度が光ります
大人の魅力あふれるハードポップナンバー


⑩Phil Cristian - Waiting 4 U
爽やかですね
でもちょっぴり切ない哀メロにキュンとなりますね
バランスがエエんですよ




582. 夢想家・I (2017-10-01 23:58:35)

秋…一番好きな季節かも知れません。少し寂しい感じがするのも良いですねぇ。
さて、過ごしやすくなってまいりました今日この頃、秋に聴きたいセンチメンタル・メタル10選なんてのはいかがでしょう?
では

・VIRGIN STEELE - "Don't Say Goodbye (Tonight)" - アルバム「GUARDIANS OF THE FLAME」収録
アップ・テンポな曲ですが、いなたい感じがセンチメンタルな気分にさせますね。

・VIRGIN STEELE - "Still in Love With You" - アルバム「VIRGIN STEELE」収録
続いてもう一曲、VIRGIN STEELEが自分の中で今また来てます。Voはアレですが、それを補って余りある強烈な泣きを持った絶品バラード。

・DARK STAR - "Lady Of Mars" - アルバム「DARK STAR」収録
当時の英国のメタル・ヘッドの間ではアンセムだった。と言われてもいまいちピンと来ませんが、名曲なのは確か!

・TOKYO BLADE - "If Heaven Is Hell" - アルバム「TOKYO BLADE」収録
曲中盤のツイン・リードの放つ哀愁はただ事では無い。

・ACCEPT - "Losing More Than You've Ever Had" - アルバム「BALLS TO THE WALL」収録
彼等の中では隠れた名曲みたいなポジションですが、埋もれたままでいるのはもったいないと感じる曲です。

・SCORPIONS - "This Is My Song" - アルバム「FLY TO THE RAINBOW」収録
ドイツの哀愁マイスター、SCORPIONSからもチョイスしておかねばならないでしょう。候補が多すぎて迷いますが今の気分だとこれですね。

・MAGNUM - "Kingdom of Madness" - アルバム「KINGDOM OF MADNESS」収録
まさに英国のバンドでしか醸し出せない空気感、繊細にして格調高いサウンド。

・BLUE OYSTER CULT - "(Don't Fear) The Reaper" - アルバム「AGENTS OF FORTUNE」収録
ちょっぴり不穏なムードを含んでいるあたりが、元祖ヘヴィ・メタル・バンドの面目躍如といった所でしょうか。

・CRIMSON GLORY - "Lonely" - アルバム「TRANSCENDENCE」収録
トッド・ラ・トゥーレ在籍時にアルバムを制作して欲しかった。QUEENSRYCHEよりもCRIMSON GLORYの新作が聴きたかったですね。

・U.D.O. - "Cut Me Out" - アルバム「HOLY」収録
ウド先生二度目の登場、この声で歌って哀愁を感じさせる所がメタル!




583. 失恋船長 (2017-10-02 16:56:19)

『幻のNWOBHM』10選

①Le Griffe - Fast Bikes
1983年リリースのEPから
英国的な空気が充満していますね
パワフルだが叙情的な一曲

②Bashful Alley - Running Blind
このバンドの代表曲でしょう
淡い情景が浮かぶ静からイントロ
泣きメロが駆け抜けます

  
③Virtue - We Stand to Fight
シャープな疾走ナンバー
この曲がオフィシャルな形で世に出た時は驚きましたね
NWOBHMを象徴するような一曲でしょう

④Triarchy - Metal Messiah
こちらは2枚目のシングル
1枚目のシングルSave the Khanも素晴らしいが
へヴィなグルーブが癖になるコチラも捨てがたい
キーボードの使い方がドラマ性を高めますよね
そのあたりが他のNWOBHM系とは違うところでした

  
⑤Xero - Hold On
後年ブルース・デッキンソンが歌った曲を勝手にリリースして偉い人に叱られた事でも有名なバンド
湿度も含んだメロとシンプルなビート
ブリティッシュロックな響きが充満していますよ

  
⑥Weapon - It´s A Mad Mad World
ブルース・ビスランドやジェフ・サマーズが居た幻のバンドとして知られていますね
その幻の一品が今やiTunesでお手軽に聴けるんだから羨ましい世の中です
グルーヴィーなミドルナンバー
シングルのB面になるスピードナンバーSet The Stage Alightも人気でしたね

⑦Trident - Destiny
哀愁のメロディが駆け抜けるNWOBHMらしい一曲
イントロのリフも良いが
垢ぬけない暗雲立ち込める英国らしい音がたまらん
イケそうでイケないのがエエんですよ
  
⑧Midas - Can't Stop Loving You Now
シングル一枚で消えた幻のバンド
ポップでキャッチーだが英国的な湿り気がたまらん
是非とも復刻版が聴きたいバンドですよ

⑨JJ's Powerhouse - Running For The Line
荒々しい疾走感がカッコいいですね
NWOBHMといえばこれですかね


⑩Anthem - England
こちらは英国のアンセムです
1981年リリースの幻のEP
叙情味たっぷりのツインリードに泣かされますね
ウィッシュボーン・アッシュの影響も大です




584. 失恋船長 (2017-10-03 14:58:24)

『幻の北欧HM/HR』10選

①Regent - Lay Down Your Arms
Madisonの前身バンドです
シングル一枚で改名
シンガーもヨランではありません
ちなみにここで歌うピーター・ノルディンは
Meshuggahのベースですよ
この曲はのちにMadisonでも取り上げますね
メタリックな疾走ナンバーですが
北欧産なんで接しやすいわぁ

②Parasite - Nightwinds
垢ぬけない田舎くさい音ですが
たまらんねぇ
マイナー北欧臭に咽びます
哀愁のメロディと躍動感がたまらん
北欧産は接しやすいわ
  
③Stitch - Devil's Deal
ロックンロール色の強いバンド
北欧産のMotorheadですね
ノリノリなんですが
北欧らしいキメ細やかさがあり
その辺りが接しやすいわぁ

④Von Rosen - Like a Dream
歌うは北欧ヴォーカルマスターのピート・サンドベリ
プロデュースはマッツ・オラウソンですからね
泣きのバラード
透明感のある歌声が映えますね
美しいメロディに心も洗われますよ
接しやすいわぁ

  
⑤Life Line ‎– You Better Believe It
女性は違う声を重ねているだけかもしれませんが
男1と女2によるトリプルボーカルを楽しめる珍しい一品
北欧らしい甘美で透明感のあるメロディが魅力的です
女性シンガーの使い方が効果的ですね
ちなみに二人ともキーボード兼務でクレジットされています
躍動するギターもエエでぇ
接しやすいわぁ
  
⑥Power - Danger
シングル2枚を残して消えたスウェーデンのバンド
キーボードはのちにTreatで活躍するパトリック・アッペルグレム
ハードなギターと幻想的なキーボードの絡みはお約束です
甘美なメロが耳を惹きますねぇ
接しやすいわぁ
フルアルバム聞きたいわぁ


⑦Borderline - Let Me Rest In Your Arms
北欧らしい透明感のあるメロディが躍動していますね
ツボを押さえた展開も見事
こちらもシングル2枚で消えたのが惜しいバンドでしたね
ベタな音って接しやすいわぁ
  
⑧Jonah Quizz - Hjartlos stad
このバンドのシンガーはCandlemassの1stで歌うヨハン・ラングキストです
デモを80年代の初期にリリースするも解散
2009年にコンピ作が出た時は驚きましたね
力強さの中にある荒涼としたメロディに北欧の風を感じます
そのあたりが本当に接しやすいわ


⑨Alien - Easy Livin´
高らかに鳴り響くキーボード
甘美なメロディを丁寧に歌い上げるピートの歌声に魅了されます
サビメロの哀切感に胸がキュンと締め付けられますね
地味な曲かも知れませんが接しやすいわぁ

⑩Grand Vision - Honor and Glory
北欧ですねぇ
大げさなイントロに悶絶
カッコいいわ
○○風でもエエじゃないの
この甘く切ないメロディがハードに躍動する
これが北欧でしょう
接しやすいわぁ




585. 失恋船長 (2017-10-16 18:54:38)

『メタリカです』10選

①Metallica - Battery
初めて聴いたときの衝撃たるやね
ウンコちびるかとおもったよ

②Metallica - Fade To Black  
スラッシュメタルバンドがこういう曲やるのかと
感心しましたよ

  
③Metallica - Creeping Death
シングルカットされた曲ですね
先の見えない展開が好きでした


④Metallica - The Call Of Ktulu
クリフ・バートンの影響ですかね
懐の深いバンドサウンドに唸ります

  
⑤Metallica - Hit The Lights
歴史の扉を開いた一曲でしょう
強烈でした
  
⑥Metallica - Whiplash
この曲は練習したね
雪崩式な怒涛の展開が好きです
アホビートがたまらん


⑦Metallica - Orion
今もって演奏力の高いバンドとは思わないが
このインストナンバーで聴けるメタリカサウンドは素晴らしい


  
⑧Metallica - Trapped Under Ice
ある意味、最もメタリカしていると思います
NWOBHMへの憧憬も伺える一曲ですね


⑨Metallica - The Judas Kiss
脂っこいです
でもそこが好きです
徐々に盛り上がるね
 
⑩Metallica - Spit Out the Bone
原点回帰ですかね
先の読めない展開こそメタリカですよ




586. 失恋船長 (2017-10-17 12:47:22)

『B時代も悪くないぞBOWWOW』10選

①Heart's on Fire - 吼えろ! Bow Wow
1stアルバムの一曲目にて彼らの代表曲
熱いねぇ


②Signal Fire - Signal Fire  
スリル溢れる演奏に力が入りますね
初期を代表する曲だし高い演奏力を
堪能できるインストナンバー

  
③Still - Signal Fire
ヘヴィでブルージー
20才そこそこの若者に出せる味かね
素晴らしいフィーリングを味わえるスローナンバー


④Get on Our Train - Signal Fire
個人的にバウワウと言えばこの曲を思い出しますね
キャッチーなメロと攻撃的なロックサウンドが絶妙なんですよね
ノリノリでガンガンに攻めてきます
  
⑤The Clown - Charge
この曲もノリがエエですね
飛翔感のあるイントロが印象的です
  

⑥Fugitive - Hard Dog
歌謡ポップ時代を経由して帰還した
再出発アルバムの一曲目
スリリングなツインギターを堪能できますよ
攻撃的だね


⑦Devil Woman - Asian Volcano
勢いはあるが構成がしっかりしていますよね
貫禄すら漂うハードな一曲

  
⑧Don't Cry Baby - Asian Volcano
斉藤光浩がリードヴォーカルを担当する歌謡テイスト満載の一曲
メランコリックなフレーズも捻じ込んだソロに悶絶
このアイデアに殺られました

⑨Heels of the Wind - Warning from Stardust
光る汗が似合うスケールの大きなロッカバラード
日本人的なエッセンスが出まくっています
今の若者にとっては
この古臭さが逆に新鮮に聞こえるかもしれませんね


⑩Abnormal Weather  - Warning from Stardust
斉藤光浩のラフなロックボーカルも好きですね
あえてこの曲で〆てみましたよ
キャッチーでワイルドな国産ロックです




587. 失恋船長 (2017-10-19 03:19:43)

『深夜のドライブに』10選

①Night Hawks - Take My Heart
洒落ていますね
都会的で洗練された一曲です


②Treat - Run With The Fire  
名曲ぞろいのバンドなんですが
なんとなくこれをチョイス
  
③Loudness - Let It Go
昔は嫌いでしたね
ポップなもんを摘まみたくなったら真っ先に思い浮かべます
お洒落ですよ
高崎の大根演技を楽しめるPVで行きたいです


④Crystal Ball - Fire Still Burns
歌は下手ですが
THE北欧メタルな疾走感がたまりません
バトルしてるわ

  
⑤M.S.G - Destiny
マイケルらしくないですが
アニメの戦闘シーンに似合いそうな
ポップな疾走ナンバー

  
⑥King Kobra - Mean Street Machine
アルバムのオープニングナンバー
この曲は何度聞いても燃えるわ
シンプルなんだけど好きですね


⑦XYZ - Take What You Can
沸々と燃え滾っていますね
サビメロもリフもソロも大好きです

  
⑧Brazen Abbot - The Road To Hell
ジョー・リン・ターナーが吠えています
こういうタイプの曲をニコロ・コッツェフは上手に料理しますね


⑨Saber Tiger - Metal Rider '98
初期の名曲をセルフリメイク
稚拙な歌詞からの変更だけでも十分なんですが
下山兄貴のパフォーマンスが曲本来の魅力を引き出しましたね


⑩Bon Jovi - Runaway
ボンちゃんと言えばやっぱりこの曲です




588. 失恋船長 (2017-10-21 05:11:06)

『情念たっぷり国産へヴィバラード』10選

①Loudness - アレスの嘆き
情念たっぷりなギター
歌詞も含め日本語ヴァージョンでいきたいです


②Earthshaker - I Feel All Sadness  
名曲の多い国産老舗バンド
バラードも数多くありますが
やっぱりこれでしょうね
情念たっぷりな節回しがたまりません

  
③樋口宗孝 - Runaway From Yesterday
国産メタルバラードの金字塔
情念たっぷりな熱演に焦がれます
山田のねっとりと絡みつく熱唱にも胸打たれます
Make-Upでも重要なレパートリーとなりましたね


④Wolf - Loving You
ドラマティックなへヴィバラード
松本龍以のマイルドで伸びやかなハイトーンは絶品ですよ
Liveでもしっかりと歌える逸材でした


⑤44Magnum - You Love Me Don't You
大阪出身のバンドらしいへヴィブルース
この手の曲を歌う梅原ポール達也は実に魅力的でした
病気に負けずに元気な姿を見せて欲しいです
ええフィーリングを堪能したいです

  
⑥Sabbrabells - Water Night
高橋喜一の絶唱が胸を打ちますね
ウォーターナイトって意味はわからないが
雰囲気で酔いしれます
関東のバンドによるへヴィブルース
スッキリしてますよね


⑦喜屋武マリーWith Medusa - 愛は限りなく
伝説の沖縄ロッカー
喜屋武(キャンとは読めないぞ)マリーさん
歌謡テイスト満載の壮大なバラード
貫禄のある歌声で魅了します
ちなみに彼女は90年代にSHOW-YAと一緒に北朝鮮でLIVEを行っていますね

  
⑧Vow Wow - Sleeping In A Dream House
素晴らしいフィーリングを堪能出来るバラードですよ
卓越したアレンジセンスに唸りますが
人見元基の歌声あってでしょうね
超一流のアーティストが揃った不世出のバンドでしたね


⑨Saber Tiger - ある去りがたき心に
複数のヴァージョンがありますが
個人的には久保田陽子さんヴァージョンが一番好きです
彼女の凛とした力強さと癖のない歌声が大好きですた
彼女の魅力は歌声だけにあらず
その卓越したメロセンスを生かし多くの名曲を輩出していますよ
名曲バラードを沢山もっているバンドですが
あえてこれを
渡辺が歌うRecollectionも凄いし
兄貴のEternal Loopも
勝人のSilly Manもありますが今回はこれでいきます


⑩Marino - (I Can Do) Nothing For You
スケールの大きなバンドサウンドを堪能出来ますよね
情念たっぷり大阪へヴィブルースです
令文のギターも
ブリブリのベースも
パワフルなドラムも
レオの歌声も雰囲気バッチリですね




589. 失恋船長 (2017-10-24 05:40:13)

『1984メジャーロック』10選

①Twisted Sister - Stay Hungry
1984年といえば真っ先にこの曲を思い出しますね
彼らの代表曲でしょう
能天気な軽めの曲が売れましたが
彼らの本分はこっちでしょう

②W.A.S.P. - Hellion  
大味なラフさの中にある軽妙洒脱さが
このバンドの肝です
バカっぽさや話題性が先立ち
すっかり色もの扱いされましたが
音楽性は実にまっとうなものでした
政調メジャーアメリカンハードの醍醐味を味わいましょう
  
③Quiet Riot - Winners Take All
典型的なアメリカンロッカバラードです
純朴なメロディが逆に新鮮ですよね
二匹目のどじょうを狙ったアルバムと不評を買った
Condition Criticalでしたが
彼らのファンなら満足出来るクオリティは誇っていましたよ

④Helix - Young and Wreckless
カナダのベテランバンドから
Walkin' The Razor's Edge収録と言えばRock Youが有名ですが
ダイナミックなメジャーロックを堪能出来るので
あえて2曲目のこちらにしました
  
⑤Y & T - Don't Stop Runnin'
彼らのこういうタイプの曲を演奏するのかと驚かされましたね
ポップで爽快な一曲なんですが
仄かな哀愁が漂うあたりがツボをついてきますよね

  
⑥Queensryche - En Force
後の大躍進を予感させる名盤からシリアスな一曲を
ジェフ・テイトのハイトーンも強烈ですね
へヴィメタルの奥深さを体感させる構築美は見事
彼らのメタルに対する流儀が貫かれています


⑦Survivor - High on You
雑誌の低評価を受けて黙殺されてしまった
AOR調の歌モノハードの名盤『Vital Signs』から
名曲揃いですがあえて2曲目のこれをチョイスです
哀愁の歌メロとポジティブかつ軽やかなメロディが胸キュンさせますよ

 
⑧Armored Saint - March of the saint
メタル魂に火をつける名曲でしょう
大げさなイントロから突っ走ります
この勇壮なメロディを聴く旅に
甲冑に身を包み戦いたくなりますよ

⑨Dio - I Speed at Night
We Rockばかりが注目されますが
同じアルバム収録のこの曲もLIVEでは重要なレパートリーでしたね
ガッツィで派手な疾走感がたまりません
終始攻撃的なヴィヴィアンのギター
カーマインの派手で重たいドラム
ジミーヴェインのベースも歌いだしそうですよね
典型的な曲ですが忘れて欲しくないです


⑩Meat Loaf  - Nowhere Fast
イギリスでは1984年にリリースのbad attitudeから
(アメリカでは1985年)
映画ストリートオブファイアでも取り上げられた一曲
少々加工された機械的サウンドに評価も分かれそうですが
メタルバブルへ向かって加速しそうなサウンドに興味も持って行かれます

※メイデンやオジーを外しても再結成パープルにマノウォー、ドッケンとメジャーから出ていますよね




590. 失恋船長 (2017-10-25 11:02:48)

『1984裏街道編』10選

①H-Bomb - Double Bang
短命に終わったフレンチメタルバンド
唯一のアルバムから一曲
NWOBHMからの影響も大な疾走ナンバー
心地よく駆け抜けていきますよ


②Pantera - Out For Blood  
この時のシンガーはテリー・グレイズさんです
ワビサビのある剛毅なパワーメタル時代のパンテラ
この時からアプローチは違えど
タイムバック・ダレルはギター巧者でしたよ

  
③Grave Digger - Yesterday
ゴリゴリのパワーメタルサウンドでデビューを果たす老舗ジャーマンメタル
ここではあえての名曲(迷曲)とマニアに愛されるバラードをチョイス
似合わないなぁなんてね

④Trust - 84
音楽性を変えながら現存する古参フランスメタルバンド
前年にフランス語でリリースしたアルバムを
英語ヴァージョンに取り直しワールドワイドな形で出たのが「Man's Trap」
Epic Recordsから国内盤も出たんですよね
フランス的な匂いを感じさせない陽性ロックでした
ちなみにドラマーは今は亡きクライブ・バーです
  
⑤Znowhite - Sledgehammer
US産のスピードメタルバンド
女性シンガー、ニコル・リーのキッチュな歌声が逆にエエですね
小細工無用のパンキッシュなメタルサウンドは今聴いてもクールです

 
⑥Avenger - You'll Never Take Me (Alive)
Satanのシンガーだったイアン・スイフトがフロントを務める
スピードメタルバンドの1stから
Neat Recordsのやっつけ仕事のせいで認知度は低いでしょうが
パワー漲るスピードメタルサウンドはキレまくっていますよ
哀愁のメロディがシャープに切れ込んでくる様に悶絶です
歌もNWOBHM系の憂いのある熱情型です


⑦Wolf - Highway Rider
アルバム一枚で消えたNWOBHMバンド
この曲は前身のBlack Axe時代からあった曲です
憂い系のNWOBHMバンドとして今でも愛調しますね
淡いジャケット通りのサウンドに焦がれます
普通で聴けば60点くらいなんでしょうけど
好きですねぇ

⑧Tokyo Blade - Night of the Blade
NWOBHM屈指の名曲といっても過言ではないでしょう
起承転結をハッキリと打ち出すことでドラマ性が格段にアップ
へヴィメタルかくあるべきな世界観に酔いしれますね
国内盤は1985年にVictorからリリースされた一枚
なぜ売れなかったのだろう?
やっぱ世間が求めていたのはL.Aの風だったのかな?

⑨Biscaya - Howl In The Sky
ある意味究極の一発屋でしょうかね
パープルよろしくな名曲ですが
これに続く曲が弱かったように思います
この一曲の為にアルバムを買えという
雑誌のレビューが当時は話題になったんだとさ
アルバム一枚で消えたスウェーデンのバンドです
キーボードとギターの掛けあいのスリルは今聴いても色褪せません
掛け値なしにカッコええわ

⑩Savatage - Visions
1984年リリースのEPから
この時のジョン・オリヴァさんは痩せていてカッコ良かったです
ストレートな曲調も初期ならではですよ




591. 失恋船長 (2017-10-27 15:09:14)

『玉石混合1984』10選

①Grim Reaper - Dead On Arrival
スティーブ・グリメットのパワフルな歌声に耳がもっていかれますね
メタル然とした攻撃性とメロディックさがたまりません
攻撃的なギターもカッコいいですよ


②Omen - Die by the Blade
US産マイナーメタルを代表するバンドがオーメン
カッチカチの無機質なパワーメタルサウンドにゾクゾクさせられますね
スピードナンバーではなくあえてこれを選出
The Axemanもん捨てがたいなぁ
  
③Proud - Star Fighter
ハッキリとしたメロディラインが耳を惹きますね
イモ臭いかも知れませんが
強烈に惹きつけるものがあります
大好物な一曲です
玉石混合な1984年を感じますね

④Glory Bell's Band - Big Thunder
トリプルギター編成のバンドでした
回転するリフワークからはNWOBHMの影響も大
でも北欧の冷ややかな風を吹かしていますね
スウェーデンのバンドならではの味がありますよ

  
⑤Lionheart - Die for love
ポップです
でも英国的な哀愁美が耳を惹きますね
シングル向けの一曲でしょう
歌も上手いわ
 
⑥Tank - Honour And Blood
漢メタルの代表曲でしょう
このバンドの魅力を凝縮していますよ

⑦TNT - Knights Of The New Thunder
重厚感のある一曲
壮麗なヴォーカルパートとの対比が面白い
初見で聴いたときは突き抜けるハイトーンに驚きましたね
キーボードのリフが印象的な曲でしょう

⑧Heavy Load - Run With The Devil
メロディックな疾走ナンバー
サビで聴けるコーラスワークも印象的です
国内盤は1984年リリース
北欧メタルの存在がフューチャーされだした時期ですね


⑨Stratus - Give Me One More Chance
泣かせるわ
バーニーの歌声もフィットしてます
マンティス組の貢献も大というかマンティスですよね

⑩Santers - Black Magic
渋いねぇ
哀愁がありますよ
ロック然とした重みもあります
カナダのバンドは芸が細かいよ




592. めたる慶昭 (2017-10-28 00:11:10)

爽やかなアメリカンロックは如何?10選と行きますか。
①「Will the wolf suvive」by Los Lobos
②「High roller」by Little Feet
③「No mans land 」by Bob Seager
④「Man overboad」by Bob Welch
⑤「Hot rod」by Black Oak Arkansaw
⑥「Fool enough 」by Baffallo Nickle
⑦「Speaking out」by Neil Young
⑧「Spy in the house of love 」by Tazmanian Devils
⑨「Battle ship chains 」by Georgia Satellites
⑩「Dance with me」by Orlians



593. めたる慶昭 (2017-10-28 00:14:31)

⬆⑤は「Strutti'n my stuff 」by Elvin Bishop に差し替えかな?



594. 失恋船長 (2017-11-01 15:05:24)

『血液型パープルな虹色の国産HM/HR』10選

①Jill's Project - Reach Out For Something
岡垣正志が立ち上げたプロジェクトバンド
鬼の様式美プレイ&楽曲に咽び泣きます
寸分なく繰り広げられる世界観に悶絶ですね


②Aphrodite - 人形愛
岡垣正志と荒木真為嬢が中心となって結成されたバンド
参加メンバーもスターレスだしウルフだしテラローザだ
期待を裏切らない展開と世界観に唸ります
血液型パープルだねぇ

  
③Fortbragg - Shout (In The Night)
小野正利先生がソロデビュー前に組んでいたバンドがこちら
今はガルネリウスで大活躍ですね
粗めの若々しい歌声を堪能してください
今は亡きブロンズエイジからリリースです

④Wolf - RAY-NA
黒木の速弾きをフューチャーした攻撃的な楽曲が多い中で
ベースの西川が提供した甘めの様式美ナンバーは異色でした
松本のマイルドで伸びやかな歌声もバッチリとハマり
ウルフ随一の名曲へと昇華しています
聴かせる事に比重を置いた事が逆に鮮烈なカラーを打ち出しました
彼らの楽曲の中でも5本指に入る名曲でしょう

⑤Hurry Scuary - Feelin' High
長身の中間は本当に画になるイケメンギタリストでした
もう少し性格が良ければメタル界のスターになっていたのにね
傲慢すぎるわなぁ
南の伸びやかな歌唱と攻撃的な楽曲も上手く調和
そこにねじ込まれる中間のギターに悶絶です
名曲でしょう
本当に惜しい逸材ですよ中間はね
湾岸戦争がなければアンセムのアルバムでレコーディングしていたはず
聴いてみたかったなぁ
ちなみにヴェノムストライクの中間バージョンがあり
タイトルもレットインミーでしたね


⑥Dancer - Violent Emotion
フライングVが日本一似合う男
藤本泰司率いるダンサーの2ndから
トニーのハイトーンも突き刺さりますね
様式美愛溢れるメロディックな展開に咽びます
前田卓生はもっと評価されていいドラマーだ

⑦Babylon - Babylon
ヘレンやプラネットアースで活動していた清水保光のバンド
ヴォーカルの癖が凄いのですが
このインストナンバーの鬼気迫るプレイに悶絶です
鬼のピッキングだね
上手いギタリストですよ


⑧聖飢魔II - 1999 Secret Object
日本一権威ある雑誌で0点を唯一喰らったバンド
もしあの評価がなければ彼らのバンド活動は違ったでしょう
閣下もタレント業に比重を置くしかなかったのかな?
初期の楽曲ではなくあえてこれをチョイス
高揚感のあるメジャーなロックサウンドとメタル然とした攻撃性
その二つを巧みに両立させた手腕に脱帽です


⑨Concerto Moon - Time To Die
この曲は下山ヴァージョンも存在しますが
聴き込んだのはオリジナルの尾崎ヴァージョンです
思い入れの強さでこちらをチョイス
様式美然とした運びとパワフルさが好きですね
この時の島さんはバランス感覚に優れていました
レコーディングスタジオにアイドルのポスターなど貼らずに
インギー過ぎるプレイを見直し個性を磨けとね(笑)


⑩Saber Tiger - Black Fang
シングルカットされたヘイトクライムのカップリングナンバー
思いのほかインギー風味で驚きました
こういう曲はサーベルの歴史的にも異色です
でも彼ら流儀に染め上げていますがね
面白い一曲ですよ




595. 失恋船長 (2017-11-01 15:59:42)

『血液型パープルな虹色の国産HM/HRパート2』10選

①Terra Rosa - 火の中に影
様式美の権化のようなバンドでした
とにかく名曲揃いなのでチョイス不可
キャッチーな歌メロが印象的なこちらでいきます
甘美な陶酔感
様式美然とした展開に咽びますね


②Moon Struck - Crisis ~ Messiah Has Died
ヴォルフィードの古井が組んだ様式美メタル
テラローザの意思を引き継いでいますね
ドラマティックな展開にグイグイと引き寄せられます
わしゃ好きやでぇ

  
③Hellen - Talon Of King
関東を代表する様式美メタルバンド
関西勢にも負けないコテコテの展開に咽びますね
後にショーヤがカヴァーしますよ


④Show-Ya - Fairy
初期の中では随一のメタルナンバー
こういった様式美然とした楽曲も本分なんでしょう
甘いけどね
彼女たちがTVでBURNのカヴァーをしたのですが
観客はまったくノッテいませんでした
音ではなくイメージを満たしてくれなかった
メジャーデビューってのは難しいね
棒立ちの観客に対して楽しそうな彼女たちの表情を忘れられませんね

⑤Precious - Blasting Your Head
日本屈指の様式美系ギタリスト梶山章
彼を中心としたバンドがこちら
時代的にメジャーデビュー出来ませんでしたが
スケールの大きなバンドサウンドが魅力でしたよ
歌がねぇ弱いんですよ
高浜のキーボードも小技が効いていましたよ
アタッキーな曲をあえてチョイスです

⑥高浜祐輔 - Fire Away
プレシャスのキーボード高浜のソロアルバム
歌うはウルフの松本龍似
ギターは藤本泰司
豪華なメンツですね
濃密な世界観を堪能出来ますね
このパフォーマンを聴くと本当に
松本の現役引退は本当に惜しまれますよ
こじんまりとしたミックスも惜しまれます
ロックなダイナミズムがスポイルされています


⑦Goldbrick - Sweet Pain
森川之雄と梶山章のドリームチームによるプロジェクトバンド
リズム隊は陰陽座の二人にキーボードは永川敏郎です
甘美なメロを歌う森川節がカッコええね
ジョー・リン・ターナーな一曲です


⑧EBONY EYES - Endless Flight
エクスキャリバー時代から大切にしている一曲ですね
咽び泣くツインリードに悶絶
コッテコテの展開に耐性のない方なら胸焼けもおこしそうですが
そのコッテコテのギットギトな展開に咽び泣きます
藤本朗ヴァージョンで再レコーディングしてくんないかねぇ


⑨Volfeed - Anything In Your Heart
ヴォーカルの山本朋子さんは上手いシンガーでしたね
のちに彼女はゼニスのメンバーとブルースティーラーとしてメジャーデビュー
プロレスラー佐々木健介のテーマソングを手掛けました
テラローザ印の様式美な世界観に悶絶ですよ

⑩黒木政彦 - Dance In The Dark
ウルフのギタリストのソロから
彼のパッショネイト溢れるギタープレイを堪能してください




596. 失恋船長 (2017-11-03 17:59:00)

『それでもEARTHSAKER』10選

①Don't Need to Surrender - Overrun
キングレコードから最終アルバム
キーボードが前面に出ていますね
ギリギリのところでシェイカー節を保っていますが
いろんな意味で彼ららしい一曲でもある
歌心とハードテイストを損なわないスタイルは見事


②そっと深く眠れ - Aftershock
永川敏郎が正式にメンバーになってからのアルバム
軽快なリズムとメロディが華麗に舞う
売れ線時代のシェイカーサウンド

  
③Pierrot - Smash
アレンジ一つで変わりますよね
軽めのミックスですが
濃厚な世界観がたまりません
たっぷりと泣いていますよ


④Criminal - Treachery
永川敏郎作曲のドラマティックな一曲
刺激的な歌詞も印象的でしたね
これもシェイカーなんでしょう
異色ですよ
  
⑤いま君にまた逢えて - Overrun
こういうタイプのバラードをやっても絵になりますね
名作バラードを沢山持っているバンドですが
こういう歌謡テイストも悪くないです

  
⑥愛だけは消さないで - Aftershock
この歌詞の世界観も含めシェイカー節ですよね
今聞いても軽めのミックスとキーボードの音色は
いただけないけどね
でも耳馴染みの良いメロを散りばめるのが上手い
ロックしているよ


⑦炎に身を焦がして - 炎に身を焦がして
映画『塀の中のプレイ・ボール 』に提供シングル向けの一曲
赤面モノのストレートな歌詞ですが
今でも口ずさみたくなるキャッチーさが好きです
日本人による80年代のロックですね
  
⑧Garage - 炎に身を焦がして
コテコテのロッカバラード
青臭い青春の匂いがします
そのストレートさが胸を打ちますね

⑨Treachery - Treachery
デジタルビートとロックの融合を果たした一曲
FENCE OF DEFENSEもやりましたが
B'zが一番の成功者でしょう
あそこまで開き直れなかった中途半端さがありますが
メロディと歌詞の世界観はシェイカーですよね

⑩Behind the Scene - Aftershock
狙いにいった曲ですね
ポップでキャッチーだがハードです
この時代ならではの一曲でしょう
多くのバンドに影響を与えたシェイカー節が聞けます




597. 失恋船長 (2017-11-06 14:02:18)

『ザクザクザクのスタスタスタターンな若手ピュアスラッシュ』10選

①VIOLATOR - Futurephobia
何とも言えないアングラ臭がたまらんね
刻みまくりのリフワークと
スタスタスタターンなドラムの音
懐かしきピュアスラッシュに悶絶です

②SPEEDTRAP - Redemption of Might
砂煙をあげ突っ込んでくる荒くれ暴走R&Rサウンドカッコよさ足るやね
RAZORあたりが好きな人にはたまらんでしょう
勿論MOTORHEAD風味も搭載していますが
この切れ味の鋭さと爆裂感こそピュアスラッシュです


③HAVOK - From the Cradle to the Grave
NWOBHMからの影響も強いねぇ
わしゃ好きやでぇこういうのはさぁ
清々しいまでのクランチーさがたまらんわい


④LOST SOCIETY - Trash All Over You
ザクザクと切り刻まれる鋭利なリフワークの凄み
場面展開の多いドラマ性とダイナミック演奏には貫禄する感じます
実に真っ当に受け継いでいますね
うれしいッス
 
⑤FASTKILL - Kill for Pleasure
ヒステリックに喚き散らすハイピッチスクリーム
破壊力抜群の麦踏ツーバス
麗しの国産スラッシャーの眩さに目を細めます

⑥VEKTOR - Forests Of Legend
長尺を感じさせない構築美に唸ります
ハイピッチにスクリームする歌い方はシュミーア風でしょう
秀でたアレンジセンスを支える演奏力の高さが肝でしょう
素晴らしい若手バンドですよ


⑦GAMA BOMB - Terrorscope
フックに富んだキャッチーなメロが印象的です
凄みのある演奏力に支えられているのが肝
シンプルな楽曲の中に見せ場を作るのが上手い
サーベルダンスをねじ込んだアイデアも妙味だねぇ

⑧EVILE - Thrasher
高速回転するリフワークの懐かしい響き
テンションの高い演奏力にグイグイと引っ張られます
ドスを聞かせ歌い込めるシンガーの存在は頼もしいですね
期待の若手スラッシャーでしょう
2009年に他界したベースのマイク・アレクサンダーは珍しい黒人でした。
ビジュアル的にインパクトも強かっただけに残念です

⑨CRISIX - Ultra Thrash
このシングルノートで突っ込んでくる激烈なリフワークが肝
複雑な構成力もスラッシュメタルならではの醍醐味
なんといっても下品な歌い回しもたまらんねぇ
素晴らしきピュアサウンドを聴き清々しい気分に浸れます

⑩TYRANEX - Extermination Has Begun
ハイピッチでスクリームするリネア・ランドステット嬢の歌声がグイグイと牽引
流麗なリードと粗暴で野蛮なリフワークの対比が面白い
まだまだ粗削りだが将来性を感じますね




598. 失恋船長 (2017-11-11 14:06:40)

『懐かしき国産スピード/パワーメタル』10選

①Dementia - Struggle for Rebel
Unitedの吉田"Hally"良文がギターで参加
歌うはHowling Bullの小杉茂です
ベースで参加するのは高井寿
高井はギターで知られており熱心なX-JAPANファンに愛されるテクニシャン
Rommelのギターとしても有名
ちなみにこのバンドにはRAYという名なで沢田泰司が在籍していたりと
他にもヴィジュアル系関係者がわんさか在籍していましたね
工夫を凝らしたスピードメタルが堪能出来ます
歌は弱いけどね

②Mein Kampf - Speeder
歌うは藤崎賢一
のちにヴィジュアル系に流れあんな歌い方をするとは想像出来ませんでした
ギターはAIONのIZUMIでベースは盟友のDEAN
ドラムはCOLORで叩きます
ちなみにもう一人のギターKERRYもX-JAPANに参加してましたね
ある意味AIONの前身バンドでしょう
スピード命なバンドでしたね

③Gargoyle - 人形の森
慟哭のギタリスト屍忌蛇のセンスに酔いしれましょう
ヴァイオリンも泣かせるね
このバンドの歌い手が個人的に大の苦手なので
インストナンバーをチョイスしました
気にならない人にはパワフルで泣きメロを導入した
和風メタルとして大いに楽しめるでしょう


④Zadkiel - Miss Satan
和風MOTORHEAD
砂埃を上げて突っ走ります
Doomの諸田コウ氏が居たバンドとして有名です

⑤Screw Driver - Vanpire
北海道のトリオバンド
勢いよく突っ込んでくるリズムプレイと
流麗なギターのフレージングの旨味
北海道のバンドはレベル高いね
このバンドのヴォーカルはSaber Tigerに参加してます
線は細いがハイトーンだねぇ


⑥Damzell - Black Chapel
福岡を代表するバンド
ヴィジュアル系に押されたシーンの中で
確固たる信念を感じさせる正統派でした
今でもチョイチョイ聴きますよ
緩急を効かせたドラマ性の高い一曲をチョイスしました

⑦Prowler - FLASH!
ACTION!に参加する広川大輔の若々しいリードプレイが堪能出来ます
すべてにおいてジャパニーズメタルだね
こっぱ恥ずかしいわ

⑧Bronx - Dead Law
ジェットフィンガーの異名を持つ男
横関敦のバンド

⑨Paranoia - Come From Behind
AIONのNOVが居たバンド
ベースはX-JAPANのHEATHです
日本人らしいきめ細やかさが
パワーをスポイルしているのが残念
方向性は悪くなかった

⑩Z-Sect - Desolate Night
Paranoiaの解散後
直ぐにNOVが始動
ジャパメタ風味は強いが
歌心のあるパワーメタルバンドでした
AIONに通ずるものもありますね




599. 失恋船長 (2017-11-14 16:36:46)


『王道PV』10選

①Guns N' Roses - Welcome To The Jungle
PVと言えばガンズのこれを思い出しますね
歌詞の世界観もピッタリでしょう

②Alice Cooper - Poison
時代の流れは恐ろしい
ショックロックの帝王が
デスモンド・チャイルド作のポップロックを歌うとはね
でもアリスらしい不気味さが好きです

③AC/DC - Thunderstruck
余計な事をしない演出が印象的ですね
ある意味もっともPVらしい映像かもしれませんね
俺もダックウォークやるぞ

④Van Helen - Panama
ダイヤモンド・デイブの回し蹴りがカッコいい
真似して怪我した人が続出したでしょう(笑)
ヴォーカルならみんなやりたいはずだ

⑤Motley Crue - Don't Go Away Mad
メンバーが集まっての演奏シーンがカッコいいです
いろいろあったバンドなんで尚更ですよね
その物語が好きなんですよ
口笛吹くシーン大好きです

⑥Megadeth - Hunger 18
チープな宇宙人がわんさか出てきます
シリアスな曲調とのかみ合わせが微妙過ぎるのが
最大の見どころでしょう

⑦Helix - Rock You
脂っこい映像に笑いが止まりません
奴隷たちが立ち上がるコンセプトもしょっぱいなぁ
乳放り出しすぎやろ
でも好きですよ

⑧Krokus - Eat The Rich
近未来なのか他の惑星のお話なのか?
意味不明な世界観が楽しいです
カッコいい楽曲に合わせ踊り狂っていますね
そのダンスがカッコいいのかは判断できませんが
個人的にはシュールで何度みても楽しめます


⑨Helloween - I Want Out
マイケル・キスクのカメラ目線に半笑いです
垢ぬけないドイツ人による弾け気味の演奏シーンも
今はなら考えられないでしょうね
みんな若かったんだよ

⑩Twisted Sister - We're Not Gonna Take it
ロックなんて聴くなという頑固親父が吹き飛ばさせる
有名なPVです
けっこうなキャリアのあるオッサン達の派手派手なメイク&衣装は
何度見ても目が点になりますね
ディー・スナイダー盛り過ぎだろう
併せてI Wanna Rockも見て欲しいね
そして個人的にはBurn In Hellが一番かな(笑)




→発言を修正/削除移動
→問題発言を削除