この曲を聴け!
今日の10曲
MyPage

今日の10曲
モバイル向きページ 
解説 - 今日の10曲
→解説を作成・修正
コメント


Recent 20 Comments



562. 失恋船長 (2017-06-21 13:26:45)

んじゃ便乗しまして「TOKYO」ソング10選

①AT VANCE - Tokyo -『Facing Your Enemy』
オシャレな雰囲気のイントロも印象的ですね。サビで連呼されるTokyo Tokyo(トキオ トキオだけどね)に耳が持って行かれます。リックの歌声は熱いね。

②5X -Tokyo Rock 'n' Rollers-『Human Target』
カルメン・マキ、ジョージ吾妻、盛山キンタ、原田ジュンの4人組におる国産HM/HRバンドがリリースしたアルバムのラストソング。ホンキートンクな曲調と東京見聞録な歌詞がタイトルのイメージと合致しているのかな?

③W.A.S.P. -Tokyo's On Fire -『K.F.D』
ブラッキー節を堪能できるメロディックで活きのいい一曲。東京が一晩中燃えているってさ。

④EARTHSHAKER  - T-O-K-Y-O -『Midnight Flight』
個人的にTOKYOと言えば、この曲を真っ先に思い浮かべます。なぜ日本人なのにトキオ~♪って歌うんだと突っ込んだものですよ。
代表曲故に複数のヴァージョン違いがあるのですが敬意をこめてオリジナルでいきます。

④VOLCANO  - Tokyo Panic -『Melt』
サイレンの音が物騒な空気をよりいっそう高めますよね。アルバムの中でもアグレッシブなナンバーですね

⑤DARXON - Tokyo -『Tokyo』
ミニアルバムのタイトルもトキオと日本を押してきてますね。どっしりと構えたミドルナンバー。マントヒヒのオバケみたいな1stやMausoleum Recordsからでた3rdの方がクサレマニアに知られているのですが、4曲入りのミニアルバムの中でこの曲が一番地味です。

⑥BURNING RAIN - Tokyo Rising -『Burning Rain』
ダグ・アルドリッチもやっていますね。ノリの良いヘヴィグルーブが心地よいです。

⑦FISC - Tokyo Nights -『Too Hot for Love』
銅鑼の音はお馴染みの感違いによるご愛敬と言う事でね。彼ららしい哀愁のあるメロディックメタルナンバー。聴かせるね。東京泊まりは楽しいよって出張族のオジサン気分ですかね。

⑧CORNERSTONE - Midnight In Tokyo -『Human Stain』
このバンドらしいメロディックで軽快な一曲。トキオは刺激的な街って事なのかな?

⑨MAD MAX - Streets of Tokyo -『Interceptor』
歯ごたえるあるメロディックHM/HRナンバー。マイケル・ヴォスの円熟味を増した歌声が迫ってきますね。

⑩Y&T - Midnight In Tokyo -『Mean Streak』
有名な曲は外そうと思ったのですが、楽曲誕生秘話も含め、やはりこれなくしてTOKYOソングは語れないと言う事でね。




563. 失恋船長 (2017-06-21 14:33:52)

「SAMURAI」ソング10選ものっかるど~

①JOEY TAFOLLA - Samurai -『Out of the Sun』
ネオクラギタリストによるインストナンバー。どこか神秘的なムードが漂いますね。力強さもあります。そこがサムライなんでしょう。

②Oz -Samurai-『III Warning』
Ape De Martiniと名乗る猿人シンガーのパワフルな歌唱と勇壮さにサムライ魂を垣間見ますかね。

③Ring of Fire -Samurai -『The Oracle』
マーク・ボールズのクリアーな歌声が映えますね。Samuraiというタイトルに引っ張られているのか神秘的なムードを感じずにはいられません。和のテイストを感じさせるアレンジが効いています。武に生きる男達の儚い一生を思い浮かべますね。

④LOUDNESS  - Crazy Samurai -『Crazy Samurai』
クレイジー三部作の一つ。特に二井原実先輩が歌う意味のない曲が多い再結成後のラウドネスの中では、先輩の歌声も映えますよ。こういうノリを彼らが取り込むとは夢にも思わなんだ。それでも樋口ビックドラムを堪能しましょう。ごっついヘヴィな曲やで。

⑤BLAZE BAYLEY - Samurai -『The Man Who Would Not Die』
死を恐れない武人の生き様を歌っているのかな?メイデン風味のエエ曲ですね。パワフルかつメロディックやで。

⑥STORMWIND - Samuraj -『Resurrection』
空手家トーマス・ウルフ率いるネオクラ集団によるサムライソング。トーマス・ヴィクストロームは歌が上手いね。ドラムはパトリック・ヨハンソンですからね。死をも恐れぬサムライ魂を歌っていますよ。トーマス・ウルフ復活しないかなぁ

⑦LIQUID STEEL - Samurai -『Too Hot for Love』
武士道とは死ぬことと見つけたりですかね。そんな世界観をオーストリア出身のNWOTHMバンドが真摯に向き合い取り組んでいますよ。6分超えも長尺を感じさせないアレンジ力も見事ですね。聴き応えあるわ。

⑧HELLHOUND - Samurai Warrior -『Tokyo Flying V Massacre』
海外でも名の知れた国産メタルバンド。ホラ貝の音に導かれ勇壮なメタルナンバーが幕を開けます。俺達が日出国から来た、サムライメタルバンドだと言いたいのかな?ド直球のメタルソングに焦がれますね。エエですよ

⑨VENGENCE - Samurai -『Soul Collector』
剣劇風景のSEからスタート。侍による復讐劇を歌っていますね。ミステリアスかつダークな曲調もきまっていますよ。レオンさんもイアン・パリーにも負けないくらいパワフルな歌声に成長してますね。

⑩SATAN JOKERS - Samourai -『Les fils du metal』
サムライソングは勇壮なナンバーが多いね。フレンチメタルのレジェンドもしっかりとやっていますよ




564. 火薬バカ一代 (2017-06-22 00:49:12)

「KAMIKAZE」メタル10選

①“KAMIKAZE”(VILLAIN)
故カール・アルバートの熱唱が勇壮な曲調を盛り立てるUSパワー・メタルの隠れた名曲。
②“BROKEN JADE”(CHTHONIC)
玉音放送に慟哭のメロディが絡む終盤の盛り上がりに涙、涙。
③“KAMIKAZE”(VANDENBERG)
KAMIKAZEメタル初体験。
④“KAMIKAZE”(MARK EDWARDS)
後にLIONで日本での人気が爆発することを予感させる1曲(?)
⑤“KAMAKAZI”(BLIND ILLUSION)
歌詞も曲調もシリアスなのにタイトルの綴り間違えているのがチャームポイント。
⑥“KAMIKAZE TERRORIZER”(SODOM)
ボーナス・トラック扱いなのが勿体ない突撃ナンバー。
⑦“KAMIKAZE”(BARON ROJO)
BARON ROJOは“HIROSHIMA”なる曲も演っていたりします。
⑧“KAMIKAZE”(TAKASHI)
ぶっちゃけ大した曲ではないのですが、このバンド名でこの曲名のコンボにやられました。
⑨“KAMIKAZE”(HELL OF BULLET)
「太平洋戦争」をテーマにしたコンセプト・アルバムから、鎮魂歌の如きこの曲を。
⑩“KAMAKAZI”(SACRED WARRIOR)
クリスチャン・バンドが歌うカミカゼ・メタル。ここにもよくある綴り間違いが。

タイトルからして珍曲収集の血が騒ぐCAVALERA CONSPIRACYの“BONZAI KAMIKAZEE”や、和太鼓まで取り入れたMACBETHの“KAMIKAZE”なんかも候補でしたね。




565. 失恋船長 (2017-06-22 02:52:31)

まだまだあるぞ「KAMIKAZE」メタル10選

①SODOM - Kamikaze Terrorizer -『SODOM』
日本盤のボートラやアナログ盤に収録された一曲。意味は分からんがカッチョええやんけ

②Flower Travellin' Band -Kamikaze-『Satori』
日本のロックシーンの黎明期を語る上では外す事の出来ない彼ら、ある意味、このバンドの存在が海外のロックシーンにおけるカミカゼだったのかも知れませんね。無国籍なサウンドに妙なカブれやバタ臭さも皆無。ホンマもんだよね。

③MACBETH -Kamikaze -『Wiedergänger』
和太鼓を大胆に取り入れていますね。若き特攻隊の事を歌っているのかな?ドイツ語なんですよね。ゴン太なリズムががゴロンゴロンとダイナミックに転がる迫力がエグイ。アコギのパートも泣かせるよ。

④THOR  - Kamikaze -『Mata A La Bestia』
スペインのバンドによるカミカゼソング。何をうたっているかはサッパリですが、勇壮なメタルナンバーです

⑤CETI - Kamikaze '45 -『Lamiastrata』
ポーランドにTURBOシンガーが率いるバンドのカミカゼソング。こちらも特攻隊がテーマですかね。

⑥Killer Khan - Kamikaze -『Rock 'n Roll Forever』
シンガーのキリアン・カーンの歌声がオジーみたいですね。元はドゥームロックだったんだからガテンがいきますね。
ちなみに彼らはオジーが好きすぎるのかアルバムのタイトルトラックも含めオジー過ぎる楽曲が満載のアルバムでした。

⑦Pagan's Mind - Alien Kamikaze -『God's Equation』
ノルウェーのプログレ系のパワーメタルバンドによるカミカゼソング。ビートが効いているね。ギターも巧者だわ。スリリングなプレイの応酬に耳が持って行かれます。歌メロも若い者にウケそうだな。

⑧SABBAT - Kamikaze Bomber -『...and the Sabbatical Queen』
海外でも名の知れた国産メタルバンド。汚いローファイな音質が極悪感をマシマシにしてますね。

⑨SQUEALER - Kamikaze Nation -『Confrontation Street』
パワフルかつメロディックなドイツのバンドによるカミカゼソング。カミカゼが新世界を作るみたいな感じかね。

⑩LIGHTNING STRIKES - Kamikaze -『Lightning Strikes』
なんかこう口に出したいバンド名ですよね。必殺技みたいでカッコいい奴。ラウドネスのアルバムタイトルでもありますね。
カルフォルニアのバンドが奇跡の再結成を果たし2016年にリリースしたアルバムからなんですが、メロディ派は必聴なアルバムです。こちらのカミカゼも甘口なメロディに乗せて特攻隊の命運を歌いあげています。日本人好みのメロディやでー
このバンド、ゲストにトニー・マーティンが1曲参加しているのですが、バンドのシンガーも負けておらずパワフルにせまってくれています。そして今作のカミカゼソングにリードシンガーとしてゲスト参加しているのが、日本のヴィジュアル系バンドAVANCHICKのNOAHという方が歌っています。ああいう歌い方や声を必要としていたのかなぁ?ヴィジュアル系の彼氏ではカミカゼ吹かせられんよ。




566. 火薬バカ一代 (2017-06-26 01:24:55)

「ヒロシマ」メタル10選

①“HIROSHIMA MON AMOUR”(ALCATRAZZ)
またまたお世話になります、グラハム先生!押忍!
②“HIROSHIMA”(GARY MOORE)
ヒッロシマー!メタル・ゲイリーの最高傑作の一つじゃないでしょうか。
③“組曲「エノラ・ゲイ」”(ULI JOHN ROTH & ELECTRIC SUN)
ご本人のVoはヘタウマ系ながらも、美と破壊の振れ幅大きなGは劇的さの極致。
④“EUROSHIMA”(LAAZ ROCKIT)
ヨーロッパとヒロシマを引っ掛けたスラッシャーらしい反核ソング。
⑤“HIROSHIMA”(BARON ROJO)
曲調はシリアス且つ重厚ですが、歌詞には「サムライ」「ゲイシャ」も登場する安心設計。
⑥“HIROSHIMA”(SACRIFICE)
カナダのスラッシャーの復活作より。テーマ負けせずに飛ばしまくる高速ナンバー。
⑦“HIROSHIMA”(WHIPLASH)
歌詞に激怒した人は、川嶋未来(SIGH)氏のトニー・ポータロのインタビューを読もう。
⑧“HIROSHIMA”(LEGEND)
KING CRIMSONにNWOBHM風解釈を加えたような不穏にうねるヘヴィ・ナンバー。
⑨“HIROSHIMA”(LAWDY)
VICTORY系の独産HMバンドですが、この曲は哀愁漂うメロディックHRで良い感じ。
⑩“SOLDIER OF THE WORLD”(HIROSHIMA)
曲名とバンド名が顛倒していますが。スウェーデンのHIROSHIMAが誇る必殺の名曲。

やはり題材が題材だけにシリアスな楽曲が目立ちます。GRAVE DIGGERやTURBOが書いた“ENOLA GAY”も10選候補でした。




567. 失恋船長 (2017-06-26 15:32:53)

「日本愛に溢れた」メタル10選

①TORNADO - I Love Japan -『Triumph of the King』
TV東京制作の番組スタッフが密着したくなるようなタイトルの一曲ですね。セルビアンメタルですよ。

②TAKASHI -Ninja Warrior-『Kamikaze Killers』
幻のミニアルバムがCD化の際にボートラとして追加されたミドルナンバー。忍者シリーズで10曲いけそうな気がする。

③Tony MacAlpine -Winter In Osaka -『Premonition』
マカパイン師匠によるインストナンバー。メロディックですね。和音的なメロディが刑事ドラマの犯人捜索シーンみたいです。

④MAC BETH  - Hiroshima -『Zer co ti chutna』
チェコのバンドによるメロディックな一曲。泣きメロとシンガーの悲しげにファルセットを交えて歌いあげる慟哭パートにもらい泣きですかね。何を歌っているかは分かりませんが広島の悲劇を歌っているのかなぁとイメージしますね。爆撃のSEがそう思わせますよ。このバンド、メロディ派は押さえておかないといけませんよ。

⑤Jupiter - アートワーク -『Jupiter』
こちらはスペインのメロディックロックバンドのアルバムなんですが、楽曲はキーボードを前に出した哀愁のスパニッシュメタルなで気分も上々なんですがね…ジャケがエグイ。刀もった和装風の女性も気になるが?フロントに東野、裏に岳男の文字が…大きめに刻印…誰やねん?しかも漢字があっちゃ向いているしね。こういう感違い多いよね。反則ですが、どうしても誰かに言いたかったッス。

⑥IRON KOBRA - Ronin -『Dungeon Masters』
ドイツのバンドがテーマにしたのは浪人です。途中片言の日本語で『アナタガ シタコトヲ スベテ ニクンデイマス』と歌っていますね。侍がテーマの曲は勇壮なのが多いね。

⑦Golden Resurrection - Pray For Japan -『Man with a Mission』
日本愛溢れるメロディックな一曲。シングルにもなっているし日本盤のボートラにもなっていますね。東日本震災のチャリティソングです。

⑧SCORPIONS - Kimi Ga Yo -『Tokyo Tapes』
50th Anniversary Editionとしてリリースされたアルバムに追加収録されたインストです。荒城の月が有名ですが、こちらもウリのギターが慟哭していますよ。

⑨KATANA - Yakuza -『The Greatest Victory』
なにかと日本の言葉をタイトルに持ち入りるバンドすね。それらすべてをネタ的な扱いではなくしっかりとリスペクトする姿勢に日本愛を感じますね。Heart of Tokyoもエエ曲やで

⑩ENFORCER - Katana -『Diamonds』
エエ曲ですね。こちらも真摯に描いていますよ。勇壮でシリアスな空気に武士道を垣間見ますね。




568. 失恋船長 (2017-08-15 04:34:47)

『夏に聴きたい胸キュンポップス』

①Starship - Nothing's Gonna Stop Us Now 
映画マネキンですね。高島忠夫か淀川長治先生の顔が浮かんできます。もしくは深夜のヒットソング集かね
ウキウキしすぎないのがエエわい

②ToTo - Africa
夏になると聴きたくなりますね。ハードなモノの合間に聴くと、これまた効果を発揮します。
耳休めにもなりますが、壮大な景色を見ながら聴きたいものです。

③Night Ranger - When You Close Your Eyes
海岸線はこの曲でしょう。爽快感バッチリですよ

④Journey - Lights
夕闇が似合うよね。街明かりを眺めながら聴き入りたいです

⑤Nazareth - Love hurts
渋いよね。カヴァーソングなんですけど、このヴァージョン好きですよ。
歌い出しで毎度泣けてきます。

⑥Loverboy - Heaven In Your Eyes
ベタベタの売れ線パワーバラードだけど夏になると聴きたくなりますね。TOP GUNだなぁ

⑦Nelson - After the Rain
歌い出しで毎度、何故か泣きそうになります、特に兄弟で歌い出すパートはグッと来るね。
そしてサビで大円団を迎えますよ。

⑧Vixen - Edge Of A Broken Heart
ジャネット・ガードナーの振り付けも胸キュンですよね。

⑨Motley Crue - Don't Go Away Mad
PV込みでいきたいですね。最後にメンバーが集まりジャムするシーンは青春ですよ

⑩Poison - Fallen Angel
歌詞の内容はアレなんで夏に合いませんが、この弾けるポップセンスがたまらんわい。




569. 失恋船長 (2017-08-15 04:56:36)

『里心&望郷』10選

①Damn Yankees - High Enough
シチュエーションを選ばない名曲中の名曲です。何度聴いてもサビで昇天です。
帰路聴くと泣けてくるわ

②Soldier of Fortune - Deep Purple
疲れた体を休めたくなります。

③Loverboy - This Could Be the Night
この素直さが好きですね。めったに聴きませんが、心に平穏が訪れます。

④Uriah Heep - Lady In Black
アコースティカルな響きが何とも言えませんね。ケンの歌声もエエ感じで望郷ですよ

⑤Cinderella - Heartbreak Station 
ファルセットが泣かせるよね。トムさんよ。あんたエエ仕事してまっせ

⑥Rainbow - Catch the Rainbow
ひたすらロマンチックです。ウットリです。

⑦Styx - Boat On The River
こちらも泣かせます。夕陽をバックに湖に古びたボートがポツンと浮かぶ朴訥とした風景が浮かびますね。
聴く度に後ろ髪を引かれているようで、田舎に帰りたくなりますよ

⑧The Eagles - Hotel California
ドラム叩きながら歌いたくなりますねぇ。いつ何時、何度聴いても泣かされるわ。

⑨Heart - These Dreams
望郷ならALONEじゃなくてこちらです。

⑩Judas Priest - Reckless
最後はハードなモノで〆たいですね。この歌メロに泣かされます。




570. 失恋船長 (2017-08-18 04:18:15)

『夏に聴きたいワビサビのある漢メタル』

①Anvil- Free As The Wind
本来はMetal on Metalといきたいが、ここは走りたいので

②AC/DC - Big Gun
夏と言えばこれでいきたいですね

③Running Wild - Under Jolly Roger
夏と言えば海、海と言えば海賊なんでロルフ船長といかせて頂きました。
セルフリメイクしたベスト盤収録の方が好きですね

④ACCEPT - Koolaid
熱量の高い楽曲は沢山ありますが今回は渋目にこれでいきます

⑤Manowar - Thor
こちらもコテコテの外してみました

⑥凱旋march - 闘魂行進曲
もう一度みたいなぁ。このバンドをさぁ。
型枠大工な風貌にしばらく笑いが止まらなかったが、マサさんのパフォーマンスは最高だった。
日本のグラハムボネットと言っても過言じゃないパワーがあった。

⑦Axxis – Astoria
ジャーマンライクな豪快さとメロディが天かける飛翔感がたまりませんね

⑧Dio - Fever Dreams
低迷期のディオが往年の空気を醸し出した一曲。
こぶしを回したロニー節のカッコよさがたまらんわい

⑨Judas Priest - Night comes down
ここいらでクールダウンですね

⑩Loudness - Streetlife Dreams
リフワークもアイデア豊富ですね
若々しい二井原先輩の歌声も懐かしいです
ええバンドだったよなぁ
メタリックで好きです




571. 失恋船長 (2017-08-21 05:26:29)

『眠れない夜に聴きたいポップメタル』10選

①聖飢魔II- 黒服のあいつ
いまもって0点つけらなかったらどんなメタル人生を送っていたのかな?
紆余曲折を経てリリースされた名盤メフィストフェレスの肖像から歌謡テイスト満載の一曲です

②人間椅子 - 肥満天使(メタボリックエンジェル)
遊び心満載の一曲です
後期人間椅子ならではのストレートさも映えますね

③KISS - I Was Made For Lovin' You
ディスコ調のビートがねぇ
流石はキッス何をやっても似合います
年に2回くらい無性に聴きたくなる
でもセカンドヴァース位でストップ押してしまうので最後まで聴く事は稀です

④魔女卵 - CATCH LOVE
茶碗洗いながら
シャワー浴びながらも
シチュエーションを選ぶ事無く
チョイチョイ鼻歌でるんだよなぁ
ポップやでぇ

⑤Twisted Sister - We're Not Gonna Take It
ポップメタルと言えば真っ先にこの曲を思い出します
アルバム単位で聴くときは途中で飛ばすからね
でも単品でいきたくなるときが年に2回くらいあるんだよね


⑥Judas Priest - You've got another thing comin'
史上最強のメタルアンセムですね
公衆の面前でもこの曲が流れたら
わたしゃ拳を振り上げますよ

⑦Ozzy Osbourne – Shot in the Dark
時代って怖いよなぁ
あのオジーでさえこう言う曲やるんだからね


⑧Europe - Prisoners in Paradise
もったいぶった長めのイントロも好きですね
叙情美たっぷりのメロディに泣かされます
稀代のメロディメイカーですよ
ジョーイ・テンペストはさぁ

⑨Loudness - Geraldine
カヴァーソングです
今では考えられない選曲ですね
グループサウンズがやるヤツだもん

⑩Loudness - Odin
最後はソフトな曲で〆て眠りにつきます
アニメとのタイアップソング




572. 失恋船長 (2017-08-21 06:07:40)

『このソロ弾いたらメッチャ気持ちがいい』10選

①Loudness - Crazy Doctor
あのタッピングはギタリスト登竜門ですね
めちゃくちゃカッコいいが比較的に難易度が低めなのも高得点


②Dokken - Kiss of Death
リフが気持ちエエ
ソロは難しいわ
ジョージリンチ節炸裂ですよ
エンディングも好きですわ

③Anthem - Bound to Brake
起承転結のある流れが素晴らしい
勿論タッピングもありなのが福田洋也なんですけどね

④Anthem - Gypsy Ways (Win, Lose Or Draw)
オブリガードがたまらん
今聴いても胸が熱くなりますね
痺れるわ
福田洋也の強引さはあるが一番好きなソロかもしれん

⑤Saber Tiger - I'll Still Be Loving You
御大木下の叙情美溢れる泣きメロに何度聴いても胸が締め付けられる
何故か分からないが理屈抜きに大好きなソロです泣けるわ

⑥Vowwow - Shot in the Dark
流れるようなプレイに魅了されます
速さの中にも味があるんですよね
勢いで流さない歌心が素晴らしい


⑦X-Ray – Lonely guys
超絶テクニックなどいらん
このメロセンスがたまらん

⑧Hughes Turner Project  - Heaven's Missing an Angel
チョーキング一発
軽く客演してこれだもんね
ジョン・サイクス恐るべし

⑨Brazen Abbot - Restless In Seattle
最近どうしているんだろうか
叙情派ギタリストのニコロ・コッツェフさんは
エンディングまで気が抜けません
泣かせるわ

⑩Earthshaker - More
複数ヴァージョンありますけど
やっぱりオリジナルですかね
この口ずさめるフレージングの美味しさがエエ
難易度も低めなので名ギタリスト気分を味わえます

※リッチー・ブラックモアは殿堂入りです




573. 失恋船長 (2017-08-30 12:24:58)

『ジョー・リン・ターナー』10選

①Hughes Turner Project - Mystery of the Heart
ロマンティックです
この手の歌を唄わせたら右に出るものはいませんね

②Brazen Abbot - Twist Of Fate 
ハードに迫るジョーもカッコいいです
クールだよね
  
③Brazen Abbot - Dreams
ジョー節炸裂ですね
甘く切ない歌唱スタイルがハマりまくりです
 
④Joe Lynn Turner - Love Don't Live Here
ゴスペル調の曲を歌いこなしていますね
黒っぽいフィーリングもジョーの魅力
それにしても器用なシンガーですね

  
⑤Joe Lynn Turner - Can´t face another night
泣かせのフィーリングが詰まっていますね
繊細だがロックなタフさを損なわない圧巻のパフォーマンスに魅了されました
素晴らしいシンガーです
  
⑥Joe Lynn Turner - No Room For Love
ブルージーですね
この枯れた味わいが沁みます
  
⑦Sunstorm - Never Give Up
ハードに迫るジョーも男前ですね
メロセンスが素晴らしい
センスのある歌い手ですよ
  
⑧Sunstorm - Heart Over Mind
ロマンティックな曲が似合いますね
泣かせるわ
この世界観がジョーならではなんでしょうね
ええフィーリングですよ
  
⑨Joe Lynn Turner - Imagination
マイルドなんですがパワーがあるんですよね
そこが彼の魅力なんでしょう素敵です
真似できそうで出来ない歌唱スタイルを確立していますよね
  
⑩Joe Lynn Turner - Vehicle
芸達者な歌い手ですよね
この手の曲も上手に歌いこなしています
フィーリングもバッチリです
ウマいわぁ




574. 失恋船長 (2017-09-01 15:16:07)

『夏の終わりに胸キュンポップスしたくなる』10選

①Heart - Fallen from Grace
爽快な曲とは裏腹に
ガツーンとした内容の失恋ソングなんですよね
前向きな女心なんでしょうか
英語がわからんからノリノリで聴いていました

②Heart - All I wanna do is make love to You 
胸キュンさせられるよな
一晩だけの恋なのに…
女心はよう分からんわい

  
③Bon Jovi - Without Love
甘く切ない胸キュンポップスです
ストレートな歌詞と曲調もギリギリですよね


④Bon Jovi - I Want You
世界的成功を収めても愛した女を手に入れられなかった
そんなボンちゃんの思いが伝わりますね
ストレートな歌詞とポップさが丁度ええ
  
⑤New England - Don't Ever Wanna Lose Ya
爽快に心も洗われますね
そんでもって切ないもん
ええ曲すぎて溜息出るわ

  
⑥Wrabit - Anyway Anytime
何度聞いてもキュンキュンさせられます
イントロとサビメロ好きですね
  
⑦38 Special - If I'd Been The One
メロセンスが素晴らしい
胸キュンロックだねぇ
このスケールの大きいアリーナサウンドとブルージーさが魅力です
  
⑧Message - Just One Step Away
ディーン・ファザーノはウマいね
隠れたアメリカンロックの名曲ですよ

  
⑨Nelson - (Can't Live Without Your) Love And Affection
After the Rainと双璧をなす代表曲です
アコースティカルな響きの温もりと扇情的なメロセンスに魅了されます
  
⑩Bad English - Price of Love
曲作りのウマさが光ります
嫌味なくらいの産業ロックなんですが
これでええのです
ビシッとキメてくれます




575. 失恋船長 (2017-09-13 15:17:10)


『我らがANTHEM隠れた名曲』10選

①Night Stalker - Gypsy Ways
ザクザクと刻まれるへヴィなリフ
ミステリアスかつダークな色いあがサバス的でもあり
他の楽曲と毛色が違いますよね
森川の艶のあるへヴィヴォイスがたまらん
惜しむらくは福田では情念が薄い

②The Innocent Man - Seven Hills
リズムプレイが癖になりますよね
再結成第一弾アルバムを締めくくるへヴィな一曲
成長著しい英三の泣きを称えたパワーヴォイスもカッコいいです
官能的な魅力のある曲ですね
清水のギターがあってです
「慣れない自分に成りきって」という歌詞が大好きです
 
③Light It Up - Tightrope
イントロからゾクゾクとさせる雰囲気があり
スケールの大きいバンドサウンドを予感させるが
未消化のまま終わった感が強い一曲
でも個人的には大好きですね
初期ならではの魅力が詰まっていますよ


④Let Your Heart Beat - Hunting Time
こちらもスケール大きい一曲ですね
メロディックな泣きのアンセムメタルを体感できます
歌メロが素晴らしい
森川の歌もベストでしょう
サビは泣けるわ
こういう曲がある限りわしゃ一生J-POPには世話にならんで済みますよ


⑤Bottle Bottom - Hunting Time
こういったストレートでパンキッシュなナンバーは珍しいですよね
福田洋也のペンによる名曲でしょう

⑥Walk Through The Night - Black Empire
おそらくliveではもうやらないでしょうね
英三の甘く切ない泣きの歌唱が映えますね
こういう曲をやれるアンセムが素晴らしい
  
⑦No More Night - Bound to Brake
福田洋也渾身のソロが好きですね
硬派な初期パワーメタル色が絶妙に福田の感性に溶け込んでいますね
ストレートな曲調ですが忘れて欲しくない一曲です 

⑧Cry In The Night - Domestic Booty
このアルバムをリリースして一度看板を下ろすことに
正直アンセムがこういったポップな曲をやるとは思わなかったが
それなりの思惑も理解できますね
違和感は今でもありますがこの手の曲でもアンセム流儀を貫けるのが凄い

  
⑨Xanadu~Xanadu Act II - Xanadu
PCゲームのサントラ音源ですが
見事にアンセムメタルになっています
制約の多い中で見事ですね
Lay Dawnタイプのミドルナンバーですがカッコいいですよ
2曲連続で聞いてほしい
  
⑩Can't Get Away - Grieve of Heart
ベタですけど好きですね
アルバムの流れ的に外れたのかシングルのカップリングになりましたが
これぞジャパニーズへヴィメタルな一曲でしょう




576. 失恋船長 (2017-09-15 16:12:13)

『我らがE・Z・Oどこに隠れていたんだ』10選

①House Of 1,000 Pleasures - E・Z・O
このリフは本当にクールでカッコいいです
MASAKIの歌も日本人離れしていますね
凱旋帰国してほしかったなぁ(涙)
転調してからのパートもカッコいいわ
何度聞いても痺れますね


②Flashback Heart Attack - E・Z・O
HIROのドラムが好きですね
PV込みで聞いてほしい一品
なぜに忍者だったのかなぁ?ジーンさんよ
キャッチーだがこの暗さが持ち味ですよね

 
③Here It Comes - E・Z・O
正直あのフラットバッカーがこんな曲をやるのかと衝撃でしたが
ポップメタルをやる彼らも悪くない
素顔を晒したPVもカッコ良かった

④Kiss of Fire - E・Z・O
こちらもPV込みで聞いてほしい
こういう曲を聞かされると益々忍者メイクいらないじゃん
ポップなシングル向けの曲だが
薄暗い路地裏が似合うキャッチーサイドを代表する一曲

⑤Love Junkie - Fire Fire
情念のあるEZOサウンドを確立していますね
大好きな曲ですよ
歌もアンサンブルもバンドの一体感を猛烈に感じます

⑥Fire Fire - Fire Fire
MASAKIの絶唱に胸打たれます
情念たっぷりなソロもたまらん
へヴィでミステリアス
目指す音楽性が結実したような個性を如実に感じますね


⑦Back to Zero - Fire Fire
リズミカルですよね
このグルーブはアメリカで培われたのでしょう
でも明るくなれないのが彼らなんでしょう
実に個性を発揮していますよ


⑧Burn Down the Night - Fire Fire
ドラマ性も高くスケールの大きな一曲
歌メロも練り上げてきましたね


⑨Desire - E・Z・O
パンキッシュな魅力に溢れていますね
シンプルさを優先されたが為に
ひねくれたリフも面白いオカズもありませんが
らしさを感じます

 
⑩Million Miles Away  - Fire Fire
シングルカットするならこういう曲でお願いしますと言いたいのですが
アメリカ人にはウケないだろうなぁ
島国感情あふれるワビサビがこの曲にはありますよ
キャッチネスさの中に彼ららしい情念が絡んでいます
この曲を聴くと何故か遠くを見つめたくなるんだよなぁ




577. 失恋船長 (2017-09-18 13:21:58)

『硬骨漢ウドの副業』10選

①Addicted to Metal - Kissin' Dynamite
貫禄の歌声が映えますね
このくらいから若手バンドの作品に顔を出す機会が増えたような気がします


②Breaking The Law - Doro
メタルクィーンのドロ姐さんとデュエットです
メタルの名曲をクラシック風にアレンジ
名曲は何をやっても名曲だし
二人の火花散るバトルも見ものですね

③Hammer Down - Empires of Eden
オーストラリアの正統派HM/HRバンドのギタリスト
ステゥ・マーシャルのメタルプロジェクトなのかな?
ザクザクと刻まれるリフがカッコいいですね
へヴィなミドルナンバーとウドの相性は抜群です
ちなみにこのアルバムはウド軍曹以外にも沢山のシンガーをゲストに迎えているのですが
この曲にはAll Star Versionがあり聴き比べるのも楽しみの一つです
(ウド、ロブ・ロック、ショーン・ペックなど参加)

④Day Of Anger - Lion Twin
有名無名問わず若手バンドの活動に協力を惜しまないウド軍曹の心意気が伝わりますね
女性シンガーのリアーネ・ヴォルマーとウドの二人が共演
ドがつく屈強な正統派メタルをガッツリと歌いこんでいますね
カッコええわ


⑤Deseame como si me odiaras - Lujuria
ベテランスパニッシュメタルバンドの作品にもウド軍曹はゲスト参加
シンガーのオスカー・サンチョもいつもよりウドっぽく歌っていますね
気をつけて聞いていないとどっちが歌っているか分からなくなりますよ
情熱的なスパニッシュサウンドと相性は抜群
このバンドを知るきっかけにもなったしね
ウド軍曹に敬礼

⑥Metal Law 2006 - Majesty
バンドの代表曲なんでしょうね
セルフリメイクです
ウド軍曹がバックで熱い歌声を披露していますよ
目立ちますね

⑦Born to Be Wild (Steppenwolf cover) - Raven
シングルとしてリリースしたもの
ウド軍曹がリードヴォーカルとして参加
ハイテンションなパフォーマンスを披露しています
バンドの勢いに引っ張られたね(笑)

⑧The Longer You Can Wait - The Alex Parche Project
この乾いた歌い回しもウド軍曹の魅力ですね
アレックス・パーチさんは知る人ぞ知るBreslauのドイツ人ギタリストです

⑨The Journey - Manimal
ウド軍曹による泣きの歌唱を楽しんでほしいです
サミュエル・ナイマンも負けじと張り合っていますよ

⑩Штиль  - Aria
ロシアンメタルの皇帝アーリアと夢の共演
ヴァレリー・キプロフとウド軍曹の相性も悪くないですね
U.D.O.は精力的に東ヨーロッパへ出かけていたしね
そこで培った人脈が自身のバンドメンバーへとつながっているのかな?




578. 失恋船長 (2017-09-20 20:52:18)

『秋の夜長に聞きたくなる』10選

①O'ryan - Emer May
オライアンことマーヴィン・スペンサーが愛娘に捧げる一曲
彼のハートウォームでエモーショナルな歌声に魅了されます


②April Wine - Just Between You and Me  
埃っぽさもありますが洗練されていますね
優しい歌声と素朴なメロディに聞き入りますね

  
③FM - Closer To Heaven
エモーショナルですね
熱い歌声とクールな曲調と対比が面白い
歌ウマいわ

④Tyketto - Standing Alone
アコギが効いていますね
ベタなアメリカンロックバラードですがエエですよ
やっぱりベタには敵わない
  
⑤White Lion - Broken Heart
ホロッと涙がこぼれますよね
晩秋です
歌は下手だがメロディがエエ
  
⑥Steelheart - Can't Stop Me Lovin' You
ハイトーンばかりフューチャーされますが
色気のある中音域すきですね
なんてことないブルージーなナンバーなんですが好きですね

⑦Twisted Sister - The Price
大陸的なグルーブと乾いたメロディが映えますね
典型的なロッカバラードですが味があります
器用さのあるスケールの大きいエエバンドでした
  
⑧W.A.S.P. - Wild Child
毎度おなじみのブラッキー節が炸裂しています
哀メロとキャッチネスさが絶妙ですね
ハードだけど聴きやすいってのが憎いです
  
⑨Accept - Balls to the Wall
へヴィなリズムが刻まれていますね
地響きコーラスも好きです
地味ですが大好きな一曲です

⑩Night Hawks - Outsider
煌びやかなネオン街
大都会の片隅にひっそりと佇む画が浮かびます
大好きなバラードですね
説得力溢れる青木秀一の歌声がエエ味だしていますよ




580. 失恋船長 (2017-09-22 12:55:43)

『国産HM/HR隠れた名曲』10選

①Jesus - Shadow of Heart
足立祐二が在籍していた関西のインディバンドのデモ
泣きメロ満載のギタープレイにもっていかれますよ
このデモの一曲目はのちにTerra Rosaで採用
そういえばCry時代の曲もTerra Rosaにあったなぁ

②Sniper - Open the Attack
名古屋を代表する伝説のバンド
1stアルバムのオープニングにて代表曲でしょう 
北尾 "Kinny"茂久さんも力入っていますよね
巻き舌だもん(笑)
日下部 "BURNY" 正則さんはもっと世間に認知されてほしいギタリストです
熱く火を噴くエモーショナルなギタープレイに魅了されますよ

③Jewel - Want You!
ジュエルといえばこの曲でしょうね
キャッチーでノリも良く一発で覚えれるサビメロが好きです

④Wolf - Flying Higher
パワフルかつメロディックなガッツ溢れる様式美メタル
松本の伸びやかな歌声と黒木のスリリングなギタープレイは圧巻の一言
この曲を聴いてピンとこなければ様式美系には手をださいないほうが良いでしょう

⑤Named 1986 ~ Without You - 松川RUN敏也
ブリザードのイケ面ギタリストRUNこと松川敏也のソロアルバム
かれの繊細なトーンを生かしたメロディアスかつアグレッシブなギタープレイを堪能できます
この曲は東京X-Ray時代のシンガーRIOさんが提供
柴田直人師匠とRIOさんが組んでいたブラックホール時代の曲でもあるらしい
それを松川が取り上げたとなるとチョイとテンションもあがりますよね
ちなみにこのアルバムで熱い喉を披露するのは
なぜかMr. Crazy Tigerと名づけられ脅威の新人現るといわれた稲葉浩志さんですよ

  
⑥Hollywood - Wild Life
アンセム解散後に森川と清水が合流したバンドのデモ
短命に終わったのが惜しまれるバンドでしたが
この曲を聴くと何故アンセムを止めなければと思いますね
軽快にドライブする疾走ナンバーです

⑦Excuriver - Endless Flight
泣きのツインギターに咽びますね
気になるところも多々ありますが大好きな曲です
哀愁のメロディックメタルに胸が締め付けられます
この曲には金谷幸久のソロヴァージョンもあるので
そちらの方が手に入りやすいでしょう
  
⑧Zodiac - Revolution
こちらのゾディアックは京都のバンドです
歌心を大切にした音楽性が魅力でしたね
ハードでへヴィだが歌えるってのはアースシェイカーにも通ずるものがありました
  
⑨Jerusalem - Rock'n Power
テラローザに加入する鈴木広美とウルフに加入する関勝美が在籍していたバンド
さざ波ヴィブラードにはまいるが
ワビサビのある硬派でメロディックな様式美メタルですね

⑩十二単 - Loving Woman
結局バンド名義ではデビュー出来ず
シンガーの藤原正紀名義でメジャー進出となった彼ら
本格派のバンドだったし歌心を大切にした音楽性は魅力的でしたね




581. 失恋船長 (2017-09-25 15:17:07)


『実力派ソロシンガー』10選

①Tim Feehan - Where's The Fire
知る人ぞ知るカナディアンハードポップシンガー
映画『処刑ライダー』のサントラにも収録
The80年代ですね
彼は稀代のメロディメイカーでしたよ

②Robert Tepper - No Easy Way out  
映画ロッキーシリーズでも効果的に使われていましたね
熱いエナジーが迸るハードポップな一曲です
サビメロもスッと懐に飛び込んできますね
  
③Gary Hughes - In Your Eyes
デイープヴォイスがしっとりとハードに迫ってきます
ゲイリー・ヒューズな魅力に浸れますね

④Joe Lamont - Secrets you keep
ダンサンブルですね
ギターは仕事人ダン・ハフです
アルバム一枚で消えましたが実力派でしたよ

  
⑤Russ Ballard - A Woman like you
数多くの楽曲提供で知られる彼ですが
自身が歌うアルバムも名盤揃いです
ハードポップマニアなら聴いてほしいアーティストですね

⑥Jeff Paris - Cryin'
フックに富んだ哀愁のメロディに持って行かれますよね
ハードさも損なわないアレンジが効いています
もっと多くの人に認知してもらいたい一人ですね
Vixenに提供した曲- Cryin'です

⑦George & G. - Save My Love
ポーランド人シンガーのジョージGのソロプロジェクト
AOR系のソフトロックが好きなら押さえてもらいたい
ハートウォームなバンドサウンドに癒されます
  
⑧Marcie Free - Tormented
マーク・フリーが女性になってからリリースされたソロアルバムより
艶のある骨太な歌声は健在でしたね
いきなりメッチャホリデーになってたら困るもん


⑨Tommy Shaw - The Outsider
都会的な洗練度が光ります
大人の魅力あふれるハードポップナンバー


⑩Phil Cristian - Waiting 4 U
爽やかですね
でもちょっぴり切ない哀メロにキュンとなりますね
バランスがエエんですよ



発言
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示