この曲を聴け!
SUBJECT (1983年)
MyPage

SUBJECT
モバイル向きページ 
解説 - SUBJECT
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 火薬バカ一代 ★★ (2013-01-12 22:44:22)

アルド・ノヴァについては「BON JOVIと仲が良い一発屋ミュージシャンでしょ?」ぐらいのボンヤリとした印象しか持っていなかったのですが、そうした失礼な認識を改める切っ掛けとなったのが、'83年発表のこの2ndアルバム。
Keyを効果的に用いたスペーシーなスケール感の創出、並びに短いインスト曲やSEをメドレー形式に繋いでアルバム全体をドラマティックに構成するスタイルはプログレシッブ・ロックからの影響が伺え、躍動感溢れるビートと、ポップでフックの効いたメロディを併せ持った楽曲作りの上手さ、Ds以外の全てのパートをこなすマルチっぷりに至るまで、アルド・ノヴァのミュージシャン・シップの高さには感心させられることしきり。特にGを雄弁に歌わせるギタリストとしての腕前はなかなかのものですよ。(ちなみに⑩にはチャック・バーキ(Ds)が参加)
歌に関しては少々好き嫌いが分かれるかもしれないのと、単純にポップ・メタル・サウンドを楽しみたい向きには、時にプログレ風味の構成がしゃらくさく感じられる部分もなくはないですが、個人的にはこうした若さ迸る攻めの姿勢は嫌いじゃありません。
一般的にアルド・ノヴァの代表作と言えば、ヒットを飛ばしたセルフ・タイトルの1stアルバムで決まりでしょうが、国内盤未発となってしまった本作もなかなかの出来栄えです。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示