この曲を聴け!
FLEETWOOD MAC
MyPage

FLEETWOOD MAC
モバイル向きページ 
解説 - FLEETWOOD MAC

1967年にイングランドで結成されたロック・バンド。
デビューから1970年代初頭までは主にブルースをベースにした音楽スタイル、1970年代半ば以降はポップバンドに転身し、そのいずれでも大成功を収めた。
John Mayall & The Bluesbreakersのメンバーだった、ギタリストのPeter GreenとドラマーのMick Fleetwoodを中心に結成。Peter Greenのギブソン・レスポールの音を前面に出し、当時イギリスで勃興していたブルース・ロックのブームに乗ってPeter Green's Fleetwood Macとして活動を開始した。1968年2月に、1stアルバム『Fleetwood Mac』をリリースして注目を浴びる。8月には2ndアルバム『Mr. Wonderful』でアメリカデュー。更にグループは18歳のギタリストDanny Kirwanを加入させ、グループ初期における最高のラインナップを整える。トリプル・ギター編成のバンドは当時としては奇抜なアイデアで、Peter Greenとグループが思い描く、常にサウンドの変化に対応できる体制となった。Kirwan加入後はアメリカ向けに編集したアルバム『English Rose』をリリース。ヨーロッパでもシングル「Albatros」がヒット・チャートに昇るなど、セールス面でも好調の兆しを見せていた。 1969年1月には渡米して、ブルースの故郷とも言えるシカゴのチェス・スタジオで念願のレコーディング。Willie DixonやBuddy Guy、Otis Spannと共演して記念版的作品として残している。同年にはこのメンバーでの最後のブルース・アルバムとも言える3rdアルバム『Then Play On』をリリースしている。
しかし、Peter Greenは、体調が不安定な状態で臨んだミュンヘンのとあるギグでLSDを使用して精神疾患を発症。1970年に突如バンドを離れてしまった。Green離脱後、バンドは、主にJeremy Spencerが音楽面をリードして活動を続け、1970年に4thアルバム『Kiln House』を発表した。しかしJeremy Spencerもドラッグで徐々に精神的に不安定な状態となり、新興宗教にはまって脱退してしまう。Spencerの後任には、John McVieの妻で元Chicken ShackのChristine McVieと、オーディションによりアメリカ人ギタリストのBob Welchが加入し、1971年に5thアルバム『Future Games』を、翌1972年には6thアルバム『Bare Trees』を発表した。従来のブルース色を弱めロック色/フォーク色を強めたこれらの作品は、主にDanny Kirwanが音楽面を主導して制作された。しかしそのDanny Kirwanも、酒癖が原因の神経衰弱によりメンバーの信頼を失い、脱退を余儀なくされた。Kirwanの解雇を経てバンドの音楽的主導権をWelchが握ると、Fleetwood Macは、Christineのよりポップ/ロック色の濃い楽曲や、Welchの強い影響下でジャズ・ロック的アプローチをとった楽曲等をフィーチャーした3枚のアルバムを発表し、60年代とは別のバンドへと変化していった。この時期、バンドとしての活動はコンスタントに続けていたが、度重なるメンバーチェンジや、アメリカにおける「偽Fleetwood Mac全米ツアー騒動」等、困難の多い時代でもあった。1974年、アメリカ・ツアーを終えたFleetwood Macは、彼らのこれからの活動をアメリカ中心にするべく、活動拠点をカリフォルニアに移した。しかし、その直後、フロントマンのWelchが脱退。バンドは存続の危機を迎える。
Lindsey Buckinghamのギターとヴォーカルに強い関心を持ったMick Fleetwoodは、1974年12月、Lindseyと電話で連絡を取りバンドに誘った。Lindseyは、バンドに合流するにあたり、ガールフレンドでありデュオのパートナーでもあるStevie Nicksを同行することを提案し、結局グループは、この二人をセットで新メンバーとして迎え入れることになった。再び生まれ変わったFleetwood Macは、1975年に10thアルバム『Fleetwood Mac』を発表、「Say You Love Me」、「Rhiannon」といったヒット曲が生まれ、アルバムは全米1位を獲得、それまでにない成功を収める。安定したピアノプレイと穏やかで安心感を醸し出す暖かい歌声のChristine McVie、絵になる二枚目ギタリストでありポップで張りのある声を持つシンガーでもあるLindsey Buckingham、可憐な容姿と野性的なダミ声かつ哀愁味を帯びた個性派シンガーのStevie Nicksという三者三様のボーカルが醸し出すバラエティとハーモニーは、レコードでもライブでもバンドの大きな魅力となった。1977年には、最大のヒット作となる11thアルバム『Rumours』を発表。シングルカットされた「Go Your Own Way」「Dreams」「You Make Loving Fun」、「Don't Stop」などの大ヒットとともに、アルバムは31週間に渡って全米1位に輝き、現在までに4,000万枚以上のセールスを記録している。Fleetwood Macは一躍スーパースターの座に上り詰めた。この後、12thアルバム『Tusk』、13thアルバム『Mirage』を発表したが、「噂」のような大ヒットにはいたらなかった。しかしワールドツアーは盛況を重ね、観客動員の面ではスーパースターとのポジションを維持し続けた。1980年代に入るとメンバー各自のソロ活動が活発化。その反面、メンバー同士の関係の悪化、Stevieの薬物中毒克服のためのリハビリ施設入り、バンドのゴタゴタや妻との離婚、父の死など公私にわたるトラブルに疲れ切ってコカインとブランデーに溺れたMickの破産など、バンド周辺でトラブルが絶えない、暗い側面が同時に存在していた。
14thアルバム『Tango in the Night』では、音楽面におけるLindsey Buckinghamの献身的な貢献もあり、いつも通りのヒットを記録したが、アルバム発表直後にそのLindseyが脱退。バンドは低迷期へ入り、度重なるメンバーの脱退と活動再開を繰り返していく。
1997年、Lindseyのソロアルバムのレコーディングセッションにミックが参加したことを契機に、黄金期のメンバーが再集結。再結成ライブを行ない、ライブアルバム「The Dance」を発表。『Mirage』以来となる全米No.1を獲得。翌1998年、Christine McVieが引退を理由に再離脱。2003年にChristineを除く黄金期メンバー4人による本格的な復活作の17thアルバム『Say You Will』を発表、ライブツアーも大きな話題となり、全米3位(Billboard Top 200)の大ヒットを記録した。 2014年、Christineが16年ぶりに復帰、ワールドツアーも行った。
バンドはこれまでに世界で1億枚以上のセールスを記録している。

Current members
Mick Fleetwood – drums, percussion (1967–95, 1997–present)
John McVie – bass guitar (1967–95, 1997–present)
Christine McVie – keyboards, vocals (1970–95, 1997–98, 2014–present)
Lindsey Buckingham – guitars, vocals, keyboards (1974–87, 1993, 1997–present)
Stevie Nicks – vocals, tambourine (1974–91, 1993, 1997–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. ギターの国から2002.遺言 ★★ (2004-07-13 03:40:00)

英国のブルースバンドとして活躍し、70年代後半からアメリカにてリンジ-・バッキンガム、スティーヴィー・ニックスと組むことによって一世を風靡したベテラン。
『ファンタスティック・マック(1975)』『噂(1977)』は傑作中の傑作。
ステーヴィーは僕にとってABBAのアグネタに並ぶ憧れの女性ヴォーカリスト。




2. rouge of gray ★★ (2004-07-15 00:43:00)

『噂』も良いですが、個人的には『TUSK(1979)』が気に入ってます。
初めて聞く方には、『Greatest Hits (1988)』をお勧めします。



3. チョッパー ★★ (2005-03-14 02:15:00)

ギターの国から2002.遺言 さん
ぜひとも「ダンス」の映像版観て下さい(もう見たかな?)
特にスティーヴィーファンにはCD未収録の「ゴールド・ダスト・ウーマン」
たまらんですよ!スタジオ版とは比較にならない位いいです。
彼女の魅力すべて詰まってると言っていいと思います。




4. 1210mush ★★ (2005-09-30 20:37:00)

ピーター・グリーンがキレた時はそれは凄かった。



5. 鯛が撃つ ★★ (2008-07-02 19:27:00)

キャリアに相反して非常に地味なグループだと思う。
しかし初期においてピーターグリーンというギターリストを輩出し、さらに
サンタナがカバーした「 ブラックマジックウーマン」の原曲は彼らなのだ。
ブレイクしたのはスティーヴニックスのVoがはいってからで、クリントン元大統領などは「 ドントストップ」を選挙戦のテーマ曲にしていたほどで
申し分のないグループなのだが日本人の耳には馴染みにくさがある。
興味のある方はオリジナルで聴くよりまず、リュニオンライブ聴いてから
アルバムをさかのぼっていったほうがイイよ。



6. Zepp神奈川 (2010-12-19 20:39:08)

まだ、「噂」ヒット以前のブルースロックバンドだった彼らが好きです。



7. 名無し (2013-05-01 11:13:08)

私はBob WelchファンなのでMac自体は未聴なのですが、そのうちボブ在籍時だけでも買ってみたいなあと思っています。



8. 名無し (2016-03-26 07:27:04)

「Future games」「Penguin」「Bare trees(クリスタルの謎って邦題がついてる)の3枚買いました。
Paris時代、ソロ時代と違い、あくまでMacというバンドの中途参加メンバーという立場なので、彼の個性は抑えめですが、それでも彼が作った曲には、ああWelchだなって刻印が押されてますな。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示