この曲を聴け!
AC/DC
MyPage

AC/DC

解説 - AC/DC

1973年11月、オーストラリア、シドニーにて結成されたロックバンドである。
Malcolm YoungとAngus Youngの兄弟を中心として結成されている。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第72位。
バンド名の由来は、電化製品の裏側に書かれていた「AC/DC」により、Young兄弟の姉が大音量で演奏していた彼らを掃除機の喧しさに例えて名付けたものといわれる。地元オーストラリアでは、AC/DCは愛着を込めて「Acca Dacca」と呼ばれている。
Angus Youngのスクールボーイスタイルの衣装も姉の提案によるもので、バンドのトレードマークになっている。
「AC/DC」とは、本来「交直両用」の意であるが、バイセクシャルを表す隠語(日本語の両刀使いに近いニュアンス)でもあったため、バンド初期には勘違いしたゲイバーからの出演依頼がたびたびあった。

60年代末から70年代にかけて隆盛を誇ったハードロック、ことに「ブルースを基調とした骨太でソリッドなロックンロール」の部分をよりプリミティヴに抽出し徹底させた音楽を志向し、デビューから現在に至るまで硬質かつ武骨にしてシンプルなロックンロールを中心に演奏し続けてきた。いわゆるハードロックバンドには珍しく、極めてタイトなミッド~スロー・テンポの楽曲が非常に多く、なおかつそうしたリズムでありながらもその高揚感はいささかも減じられない。長きにわたって変節のない質実剛健な音楽性が特徴で、時にブルース調の曲を演奏するものの、Motorheadと同様に昔も今もほとんど変わっていない。ファンは減るどころかむしろ増え続けていると思われる。
70年代末、パンク・ロックブームに沸くイギリスでは、それ以前に活躍したハードロックバンドがオールドウェイヴと揶揄され消えていく中、AC/DCは生き残ることに成功する。それは、バンドが熱狂的なファンをイギリス全土で獲得していた為だが、ファンや音楽誌などからオリジナル・パンクと同一視されたという側面もあった。特に、ライヴでのパフォーマンスはパンク的な印象が強く、ボン・スコットのパフォーマンスはSex PistolsのJohnny Rottenを強くイメージさせた。一方で、Angus Youngは観客に向かって尻をさらすパフォーマンスで悪名高かった。また、高い演奏技術や凝った楽曲への志向をことさらに露にすることよりも、創世記のロックンロールのワイルドさに忠実であろうとするAC/DCの音楽性は、パンクロックと相性が良かった。同業者のファンが多いことで知られるAC/DCはRamonesのJoey Ramoneをはじめとして、多くのパンクロッカーからも敬愛されている。
1973年にデビューして以来、楽曲やライヴでのパフォーマンスなどによって欧米にも人気を広げていったが、1980年に、ヴォーカルのBon Scottが急死し、危機に立たされる。しかし、新ヴォーカリスト、Brian Johnsonを迎えて発表した『Back in Black』は、世界的に空前の大ヒットを記録し、次作『For Those About to Rock (We Salute You)(邦題:悪魔の招待状)』 では初のビルボード1位を獲得するといった活躍を見せる。だが、今日でも全米チャートの上位常連であるが、日本での人気は欧米ほど高くなく、また、彼らの全盛期であった1980年前後、日本ではQueenの様な、ルックス的にも音楽的にも華やかなバンドが人気で、AC/DCの様な武骨なバンドは人気がないというバンド側の先入観もあり、2001年の来日公演は実に19年ぶりであった。

2013年には結成40年を迎えたが、2014年、リーダーでもあるMalcolm Youngが認知症の療養ために引退、またドラマーのPhil Ruddが居住先のニュージーランドで、男性2人の殺人を依頼したとして訴追され、自宅から覚せい剤が押収された。結果、ギタリストにYoung兄弟の甥(長兄Alex Youngの息子)のStevie Youngが、新ドラマーにChris Sladeが迎えられた。
2016年4月、『Rock or Bust』に伴うワールド・ツアーにおいて、Brian Johnsonにドクターストップが掛かり途中降板した。以前から患っていた聴力障害を抱えており、本人は引退を示唆している。代役は、Axl Rose(Guns N' Roses)が務めている。
2013年までに、アメリカだけで7,150万枚以上のアルバム、世界で2億枚以上のレコードを売り上げている。(うち、5,000万枚は『Back in Black』)

Current members (リーダーはAngus Young)
Angus Young – lead guitar (1973–present)
Stevie Young – rhythm guitar, backing vocals (1988, 2014–present)
Chris Slade – drums (1989–1994, 2015–present)
Axl Rose – lead vocals (2016–present)
→解説を作成・修正 
コメント・評価



1. sbc ★★ (2001-11-18 06:35:00)

彼らは神です!


2. kazeha ★★ (2002-07-24 01:51:00)

ボン・スコットが亡くなった日、私は生後6ヶ月でした。
でも、今聴いてもなんてカッコいいんでしょう!
AC/DCと同じくらいの世代のバンドの中には今はとても聴いてられないのも多数ありますが、AC/DCは凄いです。
化石になってません。


3. アヤ ★★ (2002-11-30 22:26:00)

すてきなグループですね。 のりのりて感じ。


4. 1988 ★★ (2003-01-02 17:24:00)

このバンドのライブのテンションは半端じゃない。



5. LINDO ★★ (2003-01-06 09:32:00)

アルバム出る度に来日祈願したくなるバンドです、ライブが凄すぎる!



6. アメンボ ★★ (2003-01-14 12:49:00)

大好きです。
たてノリRock n' rollは最高だよねぇ~~~♪
「バックチェリーは現代版AC/DCだ」と聴いたのでこのバンドを聴いたんですが(バックチェリー大好き)・・・そのとおり!!って感じですねぇ。どんどんアルバム聴いていこ~~~っと!!!!




7. オカケン ★★ (2003-05-11 17:30:00)

輸入盤で、またリマスターシリーズが出ましたね。デジパック仕様の。前の来日の時に出た紙ジャケ仕様を、買い漁ったものとしては、しまったーという思いが強い…。
ハッキリ言ってあの紙ジャケシリーズは良くなかった。輸入盤は歌詞ついとらんかったし、素っ気無い事この上ない。で、また買おうかとかアホな事考えております…。




8. ENK ★★ (2003-06-03 10:44:00)

ルーズだけどひたすら楽しいバンドです。
彼らのアルバムを聴くたび、ライブを体感しているような感覚になる、なんてことが最近よくあります。
何を言ってるんだと思われることでしょうが。
AC/DCは曲単位ではなく、アルバム全体の雰囲気を楽しむ方がより感情移入しやすいのかも知れません。
ただ単に、出回っているアルバムが多いために、一曲一曲をレビューするのが面倒なだけだったりする(笑)
アルバム制覇まで日々精進。頑張るっす~!
ついでにその時まで解散(!)しないでね~!お願~い!




9. tamo ★★ (2003-06-18 20:22:00)

AC/DCに出会っただけでも、この世に生まれてきてよかったと思う!
Rock n'Roll万歳~~!!



10. ロージー ★★ (2003-07-30 17:16:00)

◎「highway to hell」 ◎「live」(2枚組)
◎「if you want blood you've got it」
以上が個人的おすすめアルバム。
それから~
◎「highway to hell」 ◎「you shook me all night long」
◎「ride on」 ◎「rock'n roll domination」
以上が個人的おすすめナンバー。その他にもいっぱいありますけど・・・・
最近の事ですが「Highway to hell」のイントロと、渡辺美里の「センチメンタルカンガルー」の出だしが似ていることに気が付きました。




11. U.S.K. ★★ (2003-08-29 15:25:00)

AC/DCって聴き入ってるといつの間にかアルバムが終わっちゃう。



12. ZSE ★★ (2003-09-12 01:52:00)

これまた思ったより書き込みが少ない・・・。



13. ヨシオぱらどま ★★ (2003-12-02 02:44:00)

別な曲に飛ばされたぞ・・。


14. STORMBRINGER ★★ (2004-01-14 09:49:00)

次の来日はいつかなぁ~。でも札幌にはこないだろうなぁ(泣)。



15. エストック ★★ (2004-01-15 12:31:00)

いまいち日本ではパッとしませんねこのバンド。
また19年待たせたりしないよねぇ・・・・。
話は変わりますが「バックインブラック」ってマイケルジャクソンのスリラーに次いで世界でのレコード売上が2位だそうです。いろんな意味で彼らは偉大ですね♪




16. SMAILY ★★ (2004-01-24 22:55:00)

AINT NO FUN を ノリノリで聞いていたら 2回連続で信号無視をやってしまった。事故せずに済みましたが、みなさんも気をつけてください。



17. いおっみ ★★ (2004-02-16 19:28:00)

やっと全部書き終わった。
さすがに疲れた。



18. 更迭の処女 ★★ (2004-03-27 12:13:00)

とにかく「冷静に聴くことが絶対出来ない」バンドの一つでしょう。
彼らの音楽を聴いている時は、必ず体のどこかが動いている。
フルボリュームで聴くと、感電します(笑)
自分はレスポールモデルしか持っていませんが、マジでギブソンSG欲しいです。



19. 波平 ★★ (2004-07-10 22:26:00)

1990年頃に発売されたアルバムで、どうしても思い出せないのがあります
オープニングの曲がシングルカットされてMTVでも流れていたような。
もう一度あの曲が聞きたいです。リフが印象的なノリノリのロックでした。
どのアルバムでしょう?



20. 殺戮の聖典 ★★ (2004-07-29 14:58:00)

波平さん、1990年発表のアルバムは「THE RAZORS EDGE」です。
そのオープニング曲は「THUNDERSTRUCK」でシングルカットもされました。
アアアア~アアア~アアというコーラスが特徴ですが、この曲のことでしょうか?




21. mine ★★ (2004-09-25 19:03:00)

そろそろ「AC/DC」という音楽ジャンルができてもイイんでは?



22. あんはっぴー ★★ (2004-09-27 00:44:00)

EXODUSとTHRASH DOMINATION行ってきました。両方とも最高でしたが、EXODUSもOVER KILLも最後はAC/DCのDIRTY DEEDS DONE DIRT CHEAPでした。
AC/DCが国内に比べ海外で人気があるのは知っていますが、選曲が地味な気がしました。(個人的には好きな曲ですが)ノリがいいしリフがカッコイイので、ライヴの最後には最適かと思いますが、国内ではAC/DCの中でも地味な曲だと思います。皆さんはどう思いますか?


23. こうじ ★★ (2005-01-04 16:20:00)

史上最も偉大なロックバンドだと思う。
大多数の人はBEATLES、U2、またはAEROSMITH辺りを挙げると思う。
レコードの売上、ロック史に残した影響力、絶頂期の長さ、知名度など、
判断基準は様々にある。
俺は何をもってして彼らを推すかと言うと『最もロックしてる』から。
最もロックしてるから、最も偉大。実にシンプルじゃないの。
考えてみると彼らって
女を呼ぶイケメン、ナシ。
同じく女を呼ぶバラード、ナシ。
度肝を抜くバカテク、ナシ。
シリアスなメッセージ、ナシ。
甘いメロディ、ナシ。
桁外れなスピード、ナシ。
こうも無い無い尽くしって、改めて驚くぞ。
で、彼らにあるものはと言えば
リフ、グルーヴ、タフネス、リフ、エネルギー、スケール、
ロック魂、馬鹿キャラ、リフ、エンターテイメント、リフ。
まさにロックがロックたるべき要素しか持ち合わせてないんである。
彼らこそ、チャック・ベリーやリトル・リチャードが生み出した
『20世紀最高の文化』ロックンロールを、最もカッコ良く、最も正しく継承し
発展させ、世界に広めた偉大なバンドなのではないか。
日本では全部同じなどと戯言を言われライブをする機会を失っているが、情けない事だ。
それこそロック後進国である事を自ら証明する様な愚行であろう。




24. ロージー ★★ (2005-01-05 11:27:00)

去年の暮にはAC/DCのシャツ着て、AC/DC聴きながら、山積みになったCDを整理・整頓していたこともあり、やはり一発目のカキコはやはりAC/DCでいきます!
さてこうじ氏の書き込み、興味深く読ませていただきました。
「無い無い尽くし」・・・・確かにそうだ。
しかしソコが彼らのいいところであり、偉大なところ。ん~なぜにココ日本では知名度が低いのだろう。(まぁ私にとっては知名度云々はどうでもいいんですけどね。)
今年は彼らの新作も出そうだが、やはり来日は無いんでしょうな。残念!
来日しない理由について、某雑誌(かなり昔の号)でこんな記事を読んだ記憶がある。「日本はルックス重視の国だから~」・・・・的を得てます。




25. 泡沫 ★★ (2005-01-05 21:21:00)

日本は結局のところ大正、昭和から歌謡曲の国であり、AC/DCのようなメロディアス要素なし、リフ勝負、といったバンドはやはり厳しいでしょう。それに、日本のHR-HMマニアというのはどうしてもマニアックにテクニックに耳が行く傾向もあるようですし。
日本はイギリスやアメリカではないから、それはそれで仕方ないわけですし、決して悪いことではありませんが、このような「本物」のロックンロールが評価されないのは勿体無い。CDショップの洋楽コーナーにAC/DCコーナーがないなんて・・・。
(といっても僕は「BACK IN BLACK」しか聴いたことのない甘ちゃんですが
)




26. Kamiko ★★ (2005-01-06 01:14:00)

高校時代にコツコツとレンタル屋でCD借りてテープに落としたもののあまり聴かなかった。大御所のワリに「う~ん」と悩んだ。
が、ライヴのビデオ見てカッコ良さがわかった。弾けんばかりのグルーヴとメンバーのキャラクターがとっても楽しい。ライヴパフォーマンスが最大の魅力・・と思う。当時も結構歳くってたと思うが、少年のようなピュアな感触があった。




27. xyst ★★ (2005-01-08 14:31:00)

>ロージーさん
来日すると思いますよ。この前の来日でアンガスがまた来たいと言っていましたし。。来日祈願!!



28. ロージー ★★ (2005-01-13 10:17:00)

xystさん、はじめまして。
来ますかねぇ、彼ら。その前にアルバム出るんでしょうか。そっちの方が心配ですな。
さて個人的にはあまり印象に残ってない現時点での最新作「STIFF UPPER LIP」。昨夜久しぶりに聴いたのですが、①を聴いた後、「何とかNYシティー」までを飛ばし、その後を普通に通して聴くとなんかいい感じでした。




29. xyst ★★ (2005-01-13 19:10:00)

まぁ、今年中に発売するとか聞きましたねぇ。。。
Stiff Upprer Lipは聞き込むといい感じですよ。。
全盛期とはマタ違った味があるし!



30. 酒とバラの日々 ★★ (2005-01-30 13:17:00)

あの「再来日公演」からもう4年も経つんですね…
あの日横浜アリーナで見たライヴは、生涯忘れられないだろうというぐらいの素晴らしいライヴでした。
19年という長い間待ちぼうけを食らった(自分は待ってませんが)ファンの気持ちが噴出したかのような大歓迎ムードと、
言葉で言い表せないぐらいの堂々たるバンドのパフォーマンス。
細かいジャンルの違いなんか全て飲み込んでしまうぐらいのあの存在感はまさしく「ロックの王者」でした。
やってる音楽は「シンプルの極み」なのに、それを超特大のスケールに昇華してしまうっていう…スゴいよ。
…是非また日本に来てほしいです。また彼らのライヴが見たい!!




31. ロージー ★★ (2005-01-31 12:23:00)

私は大阪公演に。あれからもうそんなに経つんですね。
あの時の一曲目「you shook me all night long」の感動は忘れられません。
何度も来日するバンドも嫌ですが、今年が無理なら来年には彼らにも来日して欲しいものです。
当時、開演一時間半位前に会場入りしたのですが、あの「光る角」を買わなかった(売り切れだったかも)のは未だに後悔してます。
最近ようやく「stiff upper lip」を聴くようになった。が何度聴いても「何とかNY CITY」は浮いてる。いつも飛ばして聴いてます。




32. ロージー ★★ (2005-02-02 16:39:00)

「そのうち何らかの形で聴けるだろう・・・・」と思っていた、映画「ラストアクションヒーロー」で使われた「BIG GUN」。
やはりあのサントラでしか聴けないようで、ただいま中古屋で探しております。よく見かけた記憶があるのですが、探すとなかなか見つかりません。
あの映画もさることながら、サントラ自体も大して興味はなかったが、「BIG GUN」のためだけにでも買うべきだったかも。
当時、友人が買ったので聴かせてもらったが、サビしか覚えていない。




33. こうじ ★★ (2005-02-03 13:17:00)

そうですか?かなり好きですけどね、SAFE IN NEWYORKCITY。
ところで彼等の音はスピーカー爆音でビールでも呷りながら
踊って聴くのがベストなんだけど、
ヘッドフォンで聴くとリフがかなりキモチイイことになってるな。
兄弟で微妙に高低つけたり、刻みを変えたり。
シンプルながら実は芸が細かいんだな~って感動。




34. ロージー ★★ (2005-02-14 20:09:00)

ようやく見つけました。↑のサントラ。
某大手古本屋にて、日本盤・程度は極上のものを\1,000で入手。しかし約10年前の作品、しかも聴きたいのは一曲だけ。その一曲のために\1,000はいかがなものかと思いましたが・・・・買っちゃいました。
さてそのAC/DCの①、やはりかっこいいっすね~。特徴的な鋭いリフが頭から突き刺さります。こうじさんのおっしゃる通り、彼らの魅力の一つである「リフの気持ちよさ」。これだけはどのバンドにも負けないでしょう。




35. Yすけ ★★ (2005-02-15 18:06:00)

こいつらは本物のロックバンドだ!
そして正真正銘のライブバンドだぜ!!!
1991年イングランド、ドニントンパークでのモンスターズ・オブ・ロックのDVDをゲットしたんで、今見ているんだけど、
やっぱりAC/DC最高!!!



36. 777 ★★ (2005-02-15 22:22:00)

真の正統ロック・バンド。
そういう意味じゃ、エアロやヴァンへイレンよりも
彼らの方が一枚上手。




37. dave rodgers ★★ (2005-03-04 19:57:00)

最高ですね。



38. SCARECROW ★★ (2005-03-16 07:05:00)

AC/DCの曲はあまりにもストレートなハードロックである。
ロックはやはりショウとして体感するのが一番だと思うので
CDで聴くとどうも魅力が半減してしまう。映像や音源で
少しはその感覚が味わえるとは言え、やはり生で体験するの
とでは全く違う。特にこのバンドの場合ショウの魅力は大きい
であろうから、日本で今一人気が上がらないのはショウを体験した
人が少ないからではなかろうか?などと思ってしまう。
かく言う自分もライブを体験した事がないため、このバンドの
本当の魅力を掴みきれずにいる感がある。




39. 帝王序曲 ★★ (2005-03-16 20:00:00)

SCARECROWさん はじめまして。
日本で彼らの人気が定着しないのは、すでに上記の方々が語られている通りで、まあ仕方ないことかもしれません。それで彼らも来日の機会を逃し、彼らのファンも増えないという、悪循環が生じてるのでは。
それでも、このコーナーの書き込みの数に比べて観覧件数が意外に多いところを観ると、皆さん注目はしてますね。




40. ロージー ★★ (2005-03-16 20:43:00)

>かく言う自分もライブを体験した事がないため、このバンドの
>本当の魅力を掴みきれずにいる感がある。
↑来月、ベスト盤的DVDが発売されます。(もちろん日本盤もあり)
SCARECROWさん、この機会にぜひ!




41. こうじ ★★ (2005-03-17 12:39:00)

ビデオを観ただけの分際ですが、
アンガスの動きは相当に魅力的ですね。
ほぼ全曲でダッグウォーク→ジャンプをやるとは。
それから寝っ転がってジタバタしたり走り回ったり、
本当に落ち着きのないガキです(笑)
対照的にクールなマルコムが
バッキングボーカルをする姿も滅茶苦茶いいし、
スキンのドラム(名前は知りません…)も
なかなか見栄えのする叩き方ですね。




42. SCARECROW ★★ (2005-03-17 15:45:00)

みなさんこんにちは。
このバンド、ライブを体験できたなら絶対もっとはまると思うんですよ。
CDで聴くよりもライブ映像を見てるほうが断然楽しいし、これを生で
見られたらどんなに楽しいだろう、と思っています。そして、これは
かなり無茶ですが、小さなVenueで見たいですね。
ロージーさん、DVDチェックしてみたいと思います。ボン時代のライブ、
テレビから録画したのを持っているのですが、かなりかっこいいですね。




43. こうじ ★★ (2005-03-20 18:55:00)

SCARECROWどうも。
そちらは日本より全然チャンスが多いのでは?
会場もデカくて大砲とか凄そう…




44. 重鋼アトム ★★ (2005-05-06 20:56:00)

B!によるともう新譜のレコーディングを開始してるとか!!!!
しかもそれに伴うツアーをするとのこと!!
実に楽しみだ!!



45. ロージー ★★ (2005-05-20 15:59:00)

先日発売になったDVD「family jewels」。
2枚組で収録曲数も多く、確かにおなか一杯の内容ですが、最近の曲もないし選曲にはちょっと不満。
また、ほとんどがスタジオライヴの映像に、アルバム録音の音をそのままかぶせた、という作りにも疑問を感じた。
個人的には、かなり昔に発売されたMAIDENのクリップ集(VHS版:タイトル忘れた)のようなものを期待していただけにちょっと残念。
この内容なら他のライヴDVD(ミュンヘン、マドリッド等)の方が楽しめるのでは?




46. こうじ ★★ (2005-05-25 20:57:00)

彼等の作品は10枚ほど聴いた。
「マンネリ、ワンパターン」という批判は確かに頷ける。
基本的な方向性はずっと変わらない。
しかし、イングウェイやメイデンやハロウィンの様に
「明らかにこれはあれの使い回しだろ」と思った事はただの一度も無い。
そんな事をして四半世紀もロックの帝王を張れる訳がない。
本当に偉大で、本当に畏怖すべきバンドである。




47. こうじ ★★ (2005-06-21 20:15:00)

彼等の音楽は、極限まで鍛錬と研磨を重ねたボクサーのようだ。
無駄な脂肪など一切無く、頑健な骨格と躍動する美しい筋肉を持つ。
ロック魂では、世界チャンピオンを目指す若々しい強打を。
黒盤や招待状では、ふてぶてしい王者の闘いを。
最近の作品では、老獪で奥深いベテランの味を。
それぞれの時代にさまざまな戦術を見せながらも、常に攻撃の基本はシンプルかつアグレッシブ。
余分な力みが無く余計な軌道も描かないから、最短距離で我々の急所に襲いかかってくる。
だからもう、頭振り狂って腰振り狂って最期は大の字に横たわるしか無い訳だ。
ただ、日本で人気を得るには甘いマスクが必要だったらしい。
ド派手な入場パフォーマンスも豪快なノックアウト勝ちもあるのに、そこが足りなかった。
でも世界中でリスペクトされている偉大な王者には、こんなちっぽけな島国どうでも良かったりするのかな。




48. ロージー ★★ (2005-08-08 09:27:00)

最近、雑誌やテレビ等で芸能人らしき人がAC/DCのTシャツを着ているのを見かける。また知人から「巷ではAC/DCの、あのロゴ・書体が人気みたい」な事を聞いた。
真相は分かりませんが、「ブーム」が来ているのでしょうか!
↑(それはないか・・・・)




49. こうじ ★★ (2005-08-09 22:23:00)

いや、じんわり来てるんじゃないですかね。
割と掘り出し物の多い服屋で凝った作りのロンT置いてたりしますし。
最近のミュージシャンがリスペクトしてるからかな…




50. 帰ってきた男 ★★ (2005-09-11 01:38:00)

AC/DC狂いの二十歳のべーシストです。パンクは飽きが来るが、
彼等は何度聴いても良い!痺れるっつーのは正にこの事です。
作品リリースのスパンがけっこーひらき気味ですけど、活きのいいやつ
期待してます!!!!!




51. COD ★★ (2005-09-14 23:28:00)

映画「SCHOOL OF ROCK」見ましょう
あの映画はまんまAC/DCです
曲も使われていますよ 一番いいところで


52. ロージー ★★ (2005-09-29 18:34:00)

映画に使われてたといえば、「デッド・コースター」にも使われてたなぁ、「highway to hell」が。



53. 帰ってきた男 ★★ (2005-10-09 00:44:00)

木村カエラのBEATって曲(奥田民生作)、LET THERE BE ROCKを
上手~~くパクッてますねw




54. gackt ★★ (2005-11-26 19:56:00)

似てないじゃん


55. ロージー ★★ (2006-01-20 10:08:00)

2006年最初の書き込み。やはり本命のac/dcから。
昨夜、久しぶりに(世間的にも個人的にも)駄作とされている「FLY~」を頭から最後まで(飛ばさず)一聴。楽曲は結構粒ぞろいだと思うのですが、印象が悪い原因は、何だか「壁を隔てて聴いている」ような、あのVo.の録音状態。あれさえ何とかなれば・・・って感じ。
しかし個人的には「BLOW UP~」よりは好きだなぁ。




56. ねここねこ ★★ (2006-02-03 17:40:00)

映画といえば「TAXI NY」のCMで「HIGHWAY TO HELL」が使われてたな、そういえば。



57. acdcno1 ★★ (2006-03-09 01:57:00)

AC/DCの魅力とは?
聞き込む度にはまっていく
ことかな?
自分にとってAC/DCとはスルメのごとくで噛めば噛むほど味の出る名曲ぞろいです。
アメリカ等ではトラック野郎のファンが多いそうですが、納得です。
1度や2度聞いた程度ではAC/DCの凄さは理解出来ないのでは?
日本でAC/DCが本当に理解されるためには、何度もラジオ等から自然に耳に入ってくる環境が整わないと駄目なんだろうなぁ。


58. アスホール ★★ (2006-04-07 17:34:00)

新譜情報求むw
どうなんでしょう?今年には新譜も出して、来日の噂があったのに。。。
ブライアンの声の調子が悪いのか??
あぁ早く聞かしておくれ!!



59. mos ★★ (2006-06-24 08:55:00)

ACDC程日本人の耳に合わないバンドってあんのかな?聴いてるのって本当に少数派だよね。俺はカッコいいと思うけど、耳が慣れるまでかなりの段階踏まないと駄目だわ。でも、日本の名バンドよりいいとは思わないな。WANDSの方がずっと聴いていられる。



60. カヴァレラLOVE ★★ (2007-06-07 23:44:00)

最近AC/DCを聞いていいなあ。と思ってレコード店に行ったんですけど。輸入版しかおいてませんでした。どうして日本版が現在でていないんでしょうか?人気がなくてでていないんだったらすごく悲しいです。



61. チンポリオ・フェラッチィーノ ★★ (2007-10-06 09:48:00)

11月、12月に紙ジャケットでの旧譜再発が決定したそうである。
とりあえず、私のもっていない「ロック魂」と「悪魔の招待状」(邦題の
ほうがしっくりくる!)を購入予定である。前回は来日記念だったが、
今回は?




62. 1928 ★★ (2008-01-08 13:16:00)

CD買え!っての嫌だな
言葉が


63. mic ★★ (2008-01-16 22:39:00)

んじゃ、BUY IT!



64. 0083 ★★ (2008-02-15 18:56:00)

再発ですねー
これを機に新規ファンが増えればいいんですけど。
そして来日を!



65. 勇者まるこ ★★ (2008-03-18 22:11:00)

昨年の夏ごろ突然AC/DCに目覚めました。
・・・・・かっこいい!



66. 1950 ★★ (2008-03-29 16:47:00)

今日Back In Blackを買ったら
最初のHells Bellsでノックアウトされました
彼らは本当にすごい



67. ★★ (2008-06-30 11:33:00)

最初はAC/DCの良さって全くわからなかったけど、ギターやるようになってからわかってきました。ギターリフとか単純なんだけどそれがAC/DCの売りでありかっこいいとこなんだよね?ライブでは馬鹿みたいに同じリフを弾きまくるんだけど、何かかっこいいんだよね??



68. 1950 ★★ (2008-08-20 14:00:00)

8年ぶりに新作がでます!
タイトルは「Black Ice」!
トラックリストは
1. Rock 'n Roll Train
2. Skies On Fire
3. Big Jack
4. Anything Goes
5. War Machine
6. Smash N Grab
7. Spoilin' For A Fight
8. Wheels
9. Decibel
10. Stormy May Day
11. She Likes Rock N Roll
12. Money Made
13. Rock N Roll Dream
14. Rocking All The Way
15. Black Ice
ファーストシングルのRock 'n Roll Trainは8月28日からラジオでオンエアされるそうです
アルバムは10月20日にでるそうです
世界ツアーもやるそうですよ来日を祈りましょう
詳しくはこちらでhttp://www.acdcnews.com/



69. けむり ★★ (2008-08-26 22:35:00)

HR/HMというよりはRock'n Rollですよね。
うちの相方はHMはうるさくて好きではないが、これなら聴けると言ってました。
すべてがいいとは思わないが、私が外タレですべてのCD揃えているのはAC/DCだけです。



70. lonewolf ★★ (2008-09-15 05:53:00)

8年ぶりか~
新作楽しみだ。



71. 松尾芭しょんぼり ★★ (2008-10-12 18:48:00)

国内盤ってもともと、ボーナストラック入っていないって設定だっけ?
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2780434
あと8年じゃなくて9年ぶりの新作ですよ。
さらにさらに、邦題のトラックリスト
1 暴走/列車
2 空が燃えている
3 爆弾ジャック
4 恋の発電所
5 戦闘マシーン
6 ぶち壊せ!!
7 ロック大戦争
8 地獄の回転花火
9 愛のデジベル
10 イナズマの五月
11 殺し文句はロックン・ロール
12 金にはあきたぜ
13 ロックン・ロール・ドリーム
14 ロックで決めろ!!
15 悪魔の氷
「ロック」って単語が多いなぁ。



72. ちんご ★★ (2008-11-04 23:33:00)

29カ国で1位、もう全世界で200万枚売っています。
最後の?大花火を打ち上げましたね。


73. メラニン ★★ (2008-12-28 23:33:00)

来年10月下旬に来日??



74. おにぎり坊主 ★★ (2009-05-31 16:27:00)

炎のロックンロールはもっと評価されてもいい。
チャックベリー思い出したよ…



75. おにぎり坊主 ★★ (2009-05-31 16:28:00)

あとRIFF RAFFね



76. 1950 ★★ (2010-03-05 10:25:00)

来日まで1週間前になりましたがこのサイトの人はどれくらい参加するんでしょうか?
ちなみに僕は12日のさいたまスーパーアリーナに行きます!



77. メラニン ★★ (2010-03-06 12:01:00)

16日の京セラドームに行きます!
前回は逃したので今回の来日には狂喜乱舞!!
セットリストにサプライズが欲しいですが、彼らの生のパワーを体感できるだけで十分ですね。



78. Hideo ★★ (2010-03-13 02:12:00)

さいたまスーパーアリーナ、楽しかった!



79. 1039 ★★ (2010-03-16 17:12:00)

ライブ最高でした!かっこいい!!
年齢を全く感じさせないパフォーマンス、魅せる演出はさすが。
今後の活躍にも期待したいですね。



80. 1950 ★★ (2010-03-18 18:12:00)

ライブやばかった!
ブライアンが意外と声出てたし、アンガスは54歳なのに動きすぎw
リズム隊の3人もかっこ良かった!
人生で一番短い2時間でした!たぶんこれを超えるライブは今後見れないと思います…。
なんか最後の来日とか言われてるけどまだまだいけると思います!



81. かめはめ ★★★ (2010-10-08 20:15:57)

ライブが圧巻。
ライブバンドといってもいいくらい。
やはり彼らは伝説クラスである



82. 貴公子 ★★★ (2010-11-07 23:03:28)

日本で過小評価なのが信じられん!
ロックンロールの神といえばAC/DCなのだ



83. Zepp神奈川 ★★★ (2010-11-11 13:31:36)

ゼップが好きな人にお勧めです。
音楽性はゼップを単純化し更にデフォルメした感じです。




84. つぇぺり ★★★ (2010-11-25 17:38:33)

BON SCOTT時代のAC/DCが好きだ!
BRIAN JOHNSON時代のアルバムも持ってるけど
聴きこんだ回数はボン時代のアルバム、特に地獄のハイウェイは一生の名盤!
LET THERE BE BON SCOTT!!



85. しょじゆう ★★★ (2011-01-15 12:25:49)

日本でちょっと過小評価なのが許せない。
5年までまでは日本盤が廃盤だったんだぜ?
海外じゃ伝説のバンドさ




86. 名無し (2011-02-11 03:41:03)

>>85「日本でちょっと過小評価なのが許せない。」

世界的に有名なバンドから少々マニアックなバンドまでどれも好んで聴くけどAC/DCだけはいくら聴いても何も感じられない。
例えばQueenやIron Maiden、Led Zeppelin、Racer Xとかを聴いて得られる感動やノリみたいなものが無いんだ。
AC/DCの人気曲とかも上から20番目くらいまで聴いてみたけど、結局「何か表現力が足りないバンド」っていう印象。日本で売れてないってのが事実なら至極納得できる。


87. りっちゃん隊員 (2011-02-12 17:05:20)

>>86

AC/DCの良さが分からない人なんてはじめてですよ
Back in Blackを聴いてなんとも思わないなら
もう手の施しようがないですね



88. りっちゃん隊員 (2011-02-12 17:08:35)

連続で発言させてもらいます
AC/DCはライブに行ってみたいバンドベスト5に入ります。
あとAC/DCを聴いたことが無くて、AC/DCのTシャツ着てるやつ
本当に嫌い!
まあ、ストーンズもキッスもメタリカも同じだけど。



89. 朱雲 ★★ (2011-02-12 18:29:01)

横やりで申し訳ないんですが、俺は結構AC/DCが好きだけど、
良さがわからない、というのは結構納得ですけどね。

・歌メロ中心の日本人には、リフ主体の音楽性はとっつきにくい。
・リフは良いのだが、インパクト不足なので、印象に残りにくい。
・疾走感はあるが、速くないので、スピードを求める若い人には厳しいかも。
・グルーヴはあるが、バンドからかっこいいオーラが出ていない
・日本的な哀愁や風格の類いがないので、馴染みにくい。
・ロックンロールが文化として根付いていない日本では、ブレなさがウケない。
等々。




90. ぎらぎら ★★★ (2011-03-14 01:02:41)

若い時にはわからなかったが、自分が30も半ば過ぎてこのバンドの凄さがやっとわかった。
昨年の来日公演は今までで一番興奮したライブでした。

とにかくライブが最高です!
メンバーみんな高齢ですが絶対にまた日本に来て欲しい!!

個人的にはバカ売れしたFOR THOSE ABOUT TO ROCK、BACK IN BLACKよりも
FLICK OF THE SWITCHやFLY ON THE WALLのほうが断然好きです。
この時期のアルバムはなぜに不評なんでしょうかね〜。



91. 1573 ★★★ (2011-03-21 21:57:24)

自分も最初にBACK IN BLACK聴いた時は、正直、全然良さが分からなかった。
流し始めて、気が付いたら聞き終えてるって感じで、特に耳に残らなかったんだよね。
(タイトルナンバーくらいだったかな、あえて良いなと思えていたのは。)
その点、HIGHWAY TO HELLは、まだメロディアスだから分かり易かった。

ところが今じゃ、一日でBACK IN BLACKを聴かない日が無いくらいAC/DCが好きになった。
それはもう、リフ・ジャンキーって言葉が相応しいくらい。

まだ、上記の二枚しか聴いてないから、これから他のもガンガン聴いていきたい!




92. マスター ★★★ (2011-05-25 12:19:32)

Back in blackは売上世界第2位。
リフ主体の縦ノリはあまり日本でうけないのかな?
でも日本でも旧作が再販されたあたりから人気UPだよ



93. oisan ★★★ (2011-07-19 20:19:35)

AC/DC見てるとSG欲しくなるww



94. 名無し (2011-07-27 13:38:09)

AC/DCと言えば、自分の中じゃ狂った夜


95. ヤング兄弟 ★★★ (2012-05-26 13:49:41)

漢ならAC/DCを聴くべし!
ロックが持つ漢気、かっこよさ、哀愁をとても高純度に且つ分かりやすく体現してくれる最後のロックンロールヒーローだと思います。
日本でも聴いてくれる人が増えて嬉しい限りですがもっともっと増えてほしいです。




96. takurou (2013-01-02 10:20:45)

このバンドの人気が日本でいまいちってことについては、
リフ主体の楽曲がどうとか、曲のテンポがどうとかってのはあんま関係ないと思う。
そんなこと言ったら他のアーティストだって当てはまるのはいっぱいいる。
要するに、ボーカルの声質と歌い方が日本人一般の好みでない。それに尽きると思う。
あのボーカルを良いと思う、あるいは容認できる人は無条件で好きになる。
耐えられない人はいくら曲が良くても敬遠してしまう。そんなバンド。



97. 名無し (2013-02-11 21:21:15)

40代♀です。このバンドの人気が若い人にまだまだ受け継がれていることに感銘受けた!


98. フレディ・ヴィーナス ★★★ (2013-02-15 22:05:20)

30年以上前から彼らを聞き続け、アルバム10枚以上持っているオヤジです。
でも、ライブには行ったことがありません。
ライブバンドと言われてますが、充分LPでもCDでも楽しめました。
もちろん、リフ・ロックで、その素晴らしさが売りです。
でも、個人的には、充分メロディアスだと思うのです。
初期の大傑作『Let There Be Rock』や、バカ売れ『Back in Black』しかり・・・
そして、最近の『Black Ice』も・・・
要は、日本人にはピンと来ないメロディラインということでしょう。
日本人には到底マネのできない、天下無双のロックンロール・バンドです!



99. 名無し ★★★ (2015-03-25 21:23:09)

>>86
AC/DC聞いてメロディアスじゃないとか感動がないとか金太郎飴ならいい
でもノリがないってどういうこと?
これほどノリとリフで構成されてるバンドも早々無いでしょ。
ノリの最たるバンドだと思うんですけど・・・

>>89の意見が大体すべてだと思うなあ。


100. うぴきょまま ★★★ (2015-11-16 13:55:48)

日本にまた来てほしい。
私はFor those~が大大大好きで、ライブでジャンプしながら叫ぶのが夢です。
私にとっては苦手なアルバムが1枚もない稀有なバンドです。



→発言を修正/削除移動
→問題発言を削除