この曲を聴け!
GENESIS
MyPage

GENESIS
モバイル向きページ 
解説 - GENESIS

1967年、イングランド、サリー州ゴドルミングにて結成されたロックバンドである。
1970年代は叙情的・構築的なプログレッシブ・ロックバンドとして活動し、1980年代にはボーカルのPhil Collinsの牽引によって世界的なポップバンドとして高い人気を誇った。
1967年、イングランド南東部にあるサリー州のパブリックスクール「Charterhouse School」の同級生であったPeter Gabriel(ヴォーカル)、Anthony Phillips(ギター)、Tony Banks(キーボード)、Mike Rutherford(ベース)、Chris Stewart(ドラムス)が在学中にバンドを結成する。
ミュージシャン兼プロデューサー、Jonathan Kingのプロデュースで1969年に1stアルバム『From Genesis to Revelation』でデビュー(録音時に、ドラマーはチャーターハウスの級友だったJohn Silverに交代)。当時はアメリカに同名のバンドが存在したため、バンド名をアルバム・ジャケットにクレジットせずに発売したことや、Jonathan Kingに気に入られようとBee Geesを意識したサウンドだったため、評価は芳しくなかった。プロ意識の欠如を反省したメンバーは、アート・ロックの方向性を強く意識し、練りに練った作品をリリースするようになる。
Steve HackettとPhil Collinsの加入により、バンドサウンドは大きく変化し、3rdアルバム『Nursery Cryme』(1971年)でプログレッシブ・ロック・バンドとしての評価を確立。Peter Gabrielの演劇性を持った独特のステージ・パフォーマンスもあって、イタリアで大人気となる。1975年、Peter Gabrielが6thアルバム『The Lamb Lies Down on Broadway』ツアーの後に、プライベートな問題を理由に脱退。以降はソロとして活動している。
その後は、3作目以降のドラマーであったPhil Collinsがリード・ボーカルも担当し、よりリズムを強調した新しいプログレ・サウンドに変化する。さらに、ギタリストのSteve Hackett脱退後は、ベーシストのMike Rutherfordがギターも担当するというトリオ編成となった。9thアルバム『...And Then There Were Three...』では、それまでよりポップス色を深め、アメリカでの人気を不動のものとする。1978年11月、初来日コンサート。1986年の13thアルバム『Invisible Touch』は世界的な大ヒットとなり、アルバムのタイトル曲『Invisible Touch』は1986年7月19日付のビルボード・シングルチャートで全米NO.1となった。1980年代中盤からは、各メンバーのソロ活動が活発になる。1996年、Phil Collinsが脱退を表明。後任のボーカリストとして全くの無名だったRay Wilsonを正式メンバーに、サポートメンバーにNick D'VirgilioとNir Zidkyahuを迎えて15thアルバム『...Calling All Stations...』を発表する。アルバムツアーはイギリス本国やヨーロッパでは好評だったが、アメリカでのセールスに恵まれず、1998年にバンドは活動を停止した。
2006年11月7日、Phil Collins、Tony Banks、Mike Rutherfordの黄金期のメンバー3人による活動再開と欧州ツアーが発表された。しかし2007年を最後にライブ活動は行わなくなり、2008年にPhil Collinsのレコーディング、ライブからの引退を表明。その後、脊髄手術の後遺症で手の動きに支障が出ていることから、黄金期メンバーでの活動の可能性は完全になくなった。
これまでにアメリカだけで2,150万枚、世界では1億枚以上を売り上げている。

Current members
Tony Banks - keyboards, backing vocals, guitar (1967–1998, 1999, 2000, 2006–present)
Mike Rutherford - bass, guitars, backing vocals, bass pedals, twelve-string guitar, cello, electric sitar (1967–1998, 1999, 2000, 2006–present)
Phil Collins - drums, percussion, lead vocals, backing vocals, vibraphone, drum machine, Simmons drums (1970–1996, 1999, 2000, 2006–present)
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. (*´ω`*) ★★ (2006-09-05 07:38:00)



2. パックスロマーナ ★★ (2008-11-16 19:11:00)

再結成ツアーって日本も来るのか?ポリスも来日したし是非ライブを
やってほしい。フィル・マイク・トニー待っているぞ!



3. 研究員 ★★★ (2011-11-08 18:41:08)

08年のリマスターシリーズは音が良くてびっくりしました。
新しく録音し直したのか!?位の差です。
最近のリマスター技術は凄いですね。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示