この曲を聴け!
LAND OF THE FREE (1995年)
MyPage

LAND OF THE FREE
モバイル向きページ 
解説 - LAND OF THE FREE
→解説を作成・修正
コメント・評価 - LAND OF THE FREE

Selected Comments


3. 定ちゃん ★★ (2000-07-10 16:28:00)

最初はカイのヴォーカルに違和感を感じました。
何せ、ラルフは上手かったから。
って言っても、初期のハロウィンを聴き込んでたのですぐに慣れたけどね。
このアルバムは1stに次ぐ傑作でしょう。
捨て曲らしい捨て曲もありません。
それに、マイケル・キスクがゲストで唄ってるってのが最高。
この頃、ガンマ・レイに参加すればいいのに、なんて勝手な妄想を抱いてました。




5. demmy ★★ (2001-06-17 01:15:00)

ジャーマンメタルだけではなくパワーメタルの名盤中の名盤。
個人的には今のハロウィンよりも好きです。
車の中で必ずかけてるヘビーローテーションの1枚。
とにかくみんなに聞いてほしい。
世界中の人たちにこのアルバムのすばらしさを知らしめたい。




11. 真・マツソガソ ★★ (2002-06-23 18:23:00)

ガンマの最高傑作といえば、個人的にはこれかパワープラントだと思ってます。ほとんどの曲が疾走系ばかりなので聞きやすいし何と言ってもキスクがゲスト参加というのがポイント高いです。名曲がたくさんあります。ガンマファンにはマストなものです。でも、キスクの曲はいい曲なんだけど、他の曲とくらべると明るすぎてなんだか浮いて聞こえるので僕はボーナストラックとして聞いてます。



17. CLAYMAN ★★ (2003-03-03 23:15:00)

う~ん!とりあえず聴くベシ!!いや絶対聴くベシ!!



19. ライキチ ★★ (2003-05-27 02:01:00)

これこのアルバムがガンマレイの最高頂だと思います。今まではHEADING FOR TOMORROWだと思っていましたが、これを聞いてみて考えが変わりましたね。というか、ジャーマン系を代表するアルバムの1つと言っても過言ではないでしょうね。
はっきり言ってカイハンセンが上手く曲にはまっているじゃーあーりませんか。でもってどの曲も平均して点が高い。ジャーマン系としての最高級並クオリティだと思います。
このアルバム聞くとハロウィンの1stを思い出す。
でもこのアルバムは凄い。もっと早く聞いておけばよかった。守護神伝に匹敵するよな~。
キスクの参加はいいんだけどあの曲はどうもな・・・。自分好みではないので、拍子抜けって感じ。肩透かしくらった。




20. ホワイト ★★ (2003-05-30 22:59:00)

ガンマレイの中で一番好きなアルバムです。メロディアスでドラマティックで、とても感動しました。このアルバムに出会えて良かった!



21. うにぶ ★★ (2003-07-21 20:13:00)

初めて買ったガンマ・レイのアルバムがこれでした。メタル初心者だったこともあり、カイ・ハンセンの歌は別に気にならなかったです。後で聴いても、初期ハロウィンでの歌唱はひどいものでしたが、ここで聴ける歌はそんなに下手じゃないと思います。
ラルフ時代の曲があまり好きじゃないこともあり、私の聴いた中では、ガンマ・レイで最も好きなアルバム。ドラマティックで疾走感もあり、メロディも親しみやすく、気持ち良いメタル・アルバムです。




24. ヤング・ラジオ ★★ (2003-09-18 22:52:00)

ファンの方はやっぱり鋭いね。僕もこの作品が、一番好きである。居場所が無くなって出した1stにもかなりの思い入れがあるけど、内容的にはこの作品が群を抜いて好きである。このサイトの良いところは、ファンの方が素直に自分の意見で発言している所である。だから、世間一般では評価の高くない作品が、結構人気があったりして個人的にはニンマリすることも少なくない。この作品は緩急を巧みに使い、曲間をつなげることで完全にコンセプト・アルバムに仕上げている。作品に聞き所がたくさんあって全く飽きないし、むしろ最初から最後まで聞きたくなるような構成力は凄い。ガンマ・レイ恐るべしと言える傑作である。



26. DESTINIA ★★ (2003-10-29 09:17:00)

1曲目にMan On A MissionではなくRebellionを持ってきた事が俺的にはツボでした!
①②⑨はジャーマン界屈指の名曲だと思う。
有名なコンセプトアルバムっつったらこれだね!!
本当、カイは俺の神!!「




27. makura ★★ (2003-11-21 22:59:00)

疾走してます。よいかも。



28. カイ・V ★★ (2003-11-23 07:49:00)

GAMMA RAYの4th
カイ・ハンセンがリードヴォーカルになった記念的名盤。
ラルフもいいけどやっぱGAMMA RAYはカイがヴォーカルがいいです(個人的に)。
GAMMA RAYの作品の中でも最高峰の出来でしょう。有名どころを除いて聴いて欲しいのは、
6.Gods of the Dammed 8.Salvation's Calling 二曲とも良質ジャーマンナンバー。




30. z-zz ★★ (2003-11-30 01:21:00)

カイ兄貴が帰ってきた!!!



32. エストック ★★ (2003-12-06 13:32:00)

ジャーマンメタルきっての名盤。カイのヴォーカルは結構イイ味出してて好感が持てます。
1stに次ぐ名盤としてバンドの歴史に刻まれつづけるでしょう。




34. カババー ★★ (2004-01-05 03:54:00)

え~…カイ・ハンセンの声ニガテです…
このアルバムはキスク目当てで買いました。
そして当然のことながらカイとキスクが組むんだから素晴らしい曲が生まれたと。
キスクの参加した曲は2曲とも聴きまくりました!
カイ・ハンセンが歌っている曲はメロディいいんで「いい曲だなぁ」とは思うも繰り返し聴く気にはなれず。
でもこのキスクをひっぱり出して、しかも素晴らしい曲をつくってくれたカイ・ハンセンに感謝!




36. ふみひと ★★ (2004-02-15 16:04:00)

山之助さんに激しく同意です!




Recent 50 Comments



38. cory ★★ (2004-02-27 20:00:00)

まとまりがあってなかなか良いと思う!キスク参加のタイトル曲好きです。



39. メタラァ ★★ (2004-03-27 16:56:00)

アルバムの流れはいいし(「TIME TO BREAK FREE」は明るすぎてちょっと浮いてるかも)、「MAN ON A MISSION」はパワー・メタル・ファンは必聴の曲だしタイトル曲も素晴らしい。キスクが丸々1曲歌っている「TIME TO BREAK FREE」もキスク・ファンには堪らない曲だ。他にもメロディック・メタルが好きな人は聴いて損は無い曲が多数収録されている。
しかし、"なかなかの好盤"だとは思うが名盤とは思わない。簡単に言って曲があんま好きじゃないんだな、俺は。さっきは「メロディック・メタル・ファンは聴いて損は無い」とか言っときながら無責任かも知れないけど。いや、実際なかなかの曲なんだろうけどどうも「好き」という感じではない。でも、有名どころの曲は好きなものが多い。MAN ON A MISSIONとかタイトル曲は素晴らしい曲だ。
よく議論(?)されるカイ・ハンセンのヴォーカルだけど、とりあえず初期のHELLOWEENでの歌唱は酷かった。「HELLOWEEEN」収録時は風邪をこじらしていたらしいが。
自分はカイ・ハンセンの声があまり好きではない。上手い下手を別にして、だ。
本作を聴く限り「下手だ」との印象は受けなかった。HELLOWEEN時代より確実に良くはなっている。かと言って上手いかと聴かれるとキッパリと「上手くはない」と言おう。これはあくまで「本作を聴く限りの感想」である。自分はまだこれ以降のアルバムを持っていない。いずれ買おうとは思っている。「上手くはない」とか「声が好きではない」とか言っおきながら…。でも、やはりいい曲はあるから気になる。
とにかくこの作品はいい作品である。




40. ボドムっ子 ★★ (2004-08-15 13:22:00)

このアルバムから「GAMMA RAYらしさ」が強く現れてきたので、会心の作品だと思います。
ラルフよりもカイの声の方が曲によく馴染んでいるな、と感じました。




41. sizuku ★★ (2004-09-08 15:05:00)

キスクみたいな声をカイに求める必要はないんだから。
そういう綺麗なVo聴きたければキスクの曲聴けばいいじゃないの。
二人とも別人なんだからさ、違って当たり前。キスクにはないものをカイは持ってるし
カイにはないものをキスクを持っている。それは髪のぉふぃぐええthf・・・
・・・って違う違う。
カイの声には勢いあるでしょ。俺はそこが好き。だから聴く。
好きじゃなければ聴かなければいいし。
・・・・いや、だってみんなカイの声馬鹿にしてんだもん(;´Д`)




42. ハリス ★★ (2004-09-12 00:46:00)

エクセレント!
当時、このアルバムを機にジャーマン方面にどっぷりと・・・
RUNNING WILDからはてはATTACKまで・・・
まあそれぐらいこのアルバムはいいってことです(^。^+



43. 帆船 ★★ (2004-10-23 06:01:00)

間違いなくGAMMARAYの傑作です。
但し、私は楽曲をトータルで評価する。
そうするとやはりカイハンセンのヴォーカルがマイナス点となる(私には)。
ヴォーカルもひとつの楽器としてそこに考えうる最高(自分の妥協点)を求めると
その他の要素は満点な出来だけに、目の前にいたキスクが全曲唄っていたら
どんなに良かっただろうと感じてしまったのは確か。
それ程私にとってkeeperの完成度はトータルで満点だった。



44. Ruru ★★ (2004-10-26 12:40:00)

私の人生を変えてしまったすばらしいアルバム!!!最高でしょ!!みんな大好きでしょ?GAMMARAY史上最高傑作だからマジで!!そりゃあキスク大先生やラルフ兄貴が歌ってくれればカンペキなんでしょうけど、カイもがんばって歌っているさ!名曲ぞろいだしゲストも華やか。死んだら絶対一緒にお墓に持っていく一枚です!



45. Y34グロリア ★★ (2005-01-22 14:30:00)

もう素晴らしすぎ!



46. カイ反省 ★★ (2005-04-20 00:10:00)

GammaでのカイVoの第1作で「ラルフが、キスクが歌った方が…」とよく言われますが、逆に「ラルフ、キスクが歌ったら…」と想像すると…あくまで個人的な意見ですが…このアルバムは「台無し」になると思います。このメンバーだからこその作品でしょう。
確かにヴィクティム~はキスクの方が◎ですけどね(笑)



47. 松戸帆船 ★★ (2005-04-22 11:40:00)

メロディ・スピード・曲展開の全てを兼ね備え、メンバーの演奏力も申し分ない。
(とはいえ現メンバーの方が上だとは思うが)
ガンマレイの最高傑作といっても過言ではない。




48. ★★ (2005-05-08 21:28:00)

1、2、9は文句なしの名曲。特に大作の1はとてもドラマティックで素晴らしい。
ヤン・ルバック作曲の6、8もなかなかの曲。(個人的にこの2曲はお気に入りです。)
カイのVoはHELLOWEENのときよりは上手くなっていると思うが、やっぱ苦手・・・。嫌いじゃないけどね。




49. メタル伝道師 ★★ (2005-06-21 19:21:00)

カイ・ハンセンがボーカルになった記念すべきアルバム。
この作品はラルフ、キスクあたりが歌った方がいいという意見が多いが
どう考えてもカイが歌うべきアルバムでしょう。
そもそもカイが作る曲は自分で歌う事を想像して作ってるから、他のボーカル
には合わない曲が多い(あくまで個人的意見だけど)
常にそう考えてた俺にとってはこのアルバムは最高ですね。
楽曲もすばらしいし大満足の1枚です。




50. ジャーマンメタル ★★ (2005-07-05 03:03:00)

超名盤



51. サンタナの露骨な肋骨 ★★ (2005-07-18 03:36:00)

皆さんカイのボーカルは確かに昔よりも上手くなったと思います。
でも、やはりTime To Break Freeのマイケル・キスクと比べると、、、。
関係ないですが、彼のソロ作品であるINSTANT CLARITYの5曲目New Horizonは最高です。ちなみに、この曲はIRON MAIDENのAdrian Smith、カイとキスクの共作です。
カイはBLIND GURDIAN等にも楽曲を提供しているし、いいコンポーサーだなーと改めて思っています。



52. KHR ★★ (2005-08-13 16:18:00)

言わずと知れた名盤!
誰だ!カイのヴォーカルが弱いという奴は!!(笑)
このアルバムを聞きなさい!
実は私の洋メタヴァージンだったのですが。
メタルがかっこいいと思ったのはこのアルバムのおかげ!
今になって聞いても心が震える作品。
1曲1曲もよいけど、アルバム全体を通してイッキに聞きたい。
ヤン・トーマス・ディルク(ダーク)・カイのラインナップで
この名作はまさに奇跡の結晶!
とにかく捨て曲はない。
これを名盤と言わずして何を名盤というのか。
KAI IS GOD!!!



53. メタルの細道 ★★ (2005-09-07 20:27:00)

10年たっても聞いてもまったく色あせない名盤。10年前の大学生時にはメタル普及の1枚でした。JUDASPRIESTのペイキラーと並ぶ勝率の良かったことをよく覚えてます。



54. ニューアイランド ★★ (2005-09-09 10:47:00)

ガンマ・レイと言えばこの一枚。カイ・ハンセンと言う男のハングリー精神がこれでもかと言うほど伝わってくる。



55. ジーノ ★★ (2005-09-15 07:56:00)

たしかにカイ・ハンセン・・・歌が下手とか上手いとかってよりも、個性的な歌い方である。ハロウィンの初期にカイが歌っていましたが、はっきりって好きではありませんでした。あれからかなり歌を特訓したと思います。ですが・・・どうも声質が好きになれません。曲が良いので聞いてますが、ぶっちゃけリピートした回数は2回です。それ以上は聴く気にもならなかった。悪い作品ではないですが・・・たしかにラルフが歌っていればもっと良い作品にはなってると個人的には思います。もったいない・・・カイファンの方には悪いですが・・・キスク参加曲だけは素晴しい。



56. ジーノ ★★ (2005-10-03 07:43:00)

あとジャーマンメタルで90年に出たビクター軍団、ピュアメタル軍団とでもいうのかな。ハロウィンの後を追いつつ出現した数多くのバンド達・・・なんかほとんど、ハロウィンのレベルには追いついていない。ただ真似ごとに過ぎないし、楽曲もプロディースも悪いせいか音質悪いし、似たようなバンドが多すぎた。今現在生き残っているのは数少ないが、その中でもハロウィンはもちろん、ハロウィン系列のマスタープラン、このガンマレイぐらいじゃないでしょうか。(ジーノやフェアウォーニングなどのメロハー軍団は除く)他のジャーマンメタルはぶっちゃけ今現在聴けたもんじゃない。それはイタリアやスウェーデンをはじめブラジル、アメリカあたりのメロスピががんばっているからである。
中でもラプソディー、シンフォニーエックス、ソナタアークティカ、アングラ、ラビリンス、ヴィジョンディバン、ドラゴンフォース、ロスト・ホライズン等なんかは今現在もまともに聴けるしがんばっている。90年代のピュアメタルジャーマンメタル軍団は今聴くとぶっちゃけひどいものがある・・・いくらハロウィンが売れたからと言ってB級以下のバンドをやたらかまわずCDデビューさせるとは・・・ビクターよりも今は無きZEROの方がよっぽど良いバンドがあった気がするな。




57. リフマスター ★★ (2005-10-18 13:03:00)

カイボーカル復帰作
良い点
・ボーカルがカイ(哀愁がある歌い方をする)
・楽曲の出来が他のアルバムと比べてもずば抜けてる
・キスクがゲスト参加している
・ハロウィン時代よりカイのボーカルがマシになっている
悪い点
・ボーカルがカイ(カイの声は嫌われる事が多い)



58. 様式オヤジ ★★ (2005-11-16 23:26:00)

中古で300円の安さに「ハズレでもまあいいか、カイハンセンだし」と軽い気持ちで買って帰りましたが、聞いてぶっ飛びました。
カイハンセン節炸裂な楽曲が次々と流れてきてただただ感動...
知らない間にカイの歌が凄くうまくなってるのに感動。
名盤です。



59. キャメル ★★ (2005-12-30 01:59:00)

名盤。
HELLOWEENに「Keeper~」があるように、GAMMARAYにはこの作品がある。




60. ピチョン君 ★★ (2006-01-12 02:29:00)

やっぱ ガンマレイと言えば このアルバムなんですね?
僕的には次のアルバムの方が好きだけど でも もちろん このアルバムも
好きです 特にタイトルトラックは死ぬ程 聴いてます



61. ICO ★★ (2006-02-02 23:48:00)

カイがヴォーカル復帰を果たした作品。
カイのヴォーカルがすごい好きな俺的には衝撃的なアルバム。
むしろGAMMA RAYはカイのバンドなんだから初めからカイでもよかったとも思ってしまうし。
(ラルフのヴォーカルも好きだけど)
捨て曲無しで名曲ばかりの傑作。
他の作品もみんな傑作だけど、個人的にはやはりこのアルバムが最高傑作。



62. 鉄鉢 ★★ (2006-04-04 23:25:00)

GAMMA RAYの代表作にして、(メロスピ系)ジャーマン・メタルの傑作。
カイ・ハンセンは、この4thで自分自身の確固たるスタイル(GAMMA RAY節)を「完全」に確立したと言えるでしょう。(2ndなんか如何にも迷ってたし)
このバンドのメロディが素晴らしいのは言うまでも無いコトですが、特に本作の出来はズバ抜けて秀逸です。
コンセプト・アルバム仕立てのドラマティックな大作志向が、更に完成度を高めている印象。
長短いろいろなタイプの楽曲がありながらも、全編を通して散漫な雰囲気に陥るコトはなく、テーマの焦点とツボを得た抜群の整合性を発揮していると思います。
(マイケル・キスクのゲスト参加も、絶妙なスパイスとして一味プラスに働いて作品に貢献をしています)
これで更に「もしも」カイじゃなくて、別のヴォーカリストが歌っていたとしたら ~
『 ・・・ウフフッ。 それは言わない約束でしょっ。 』 (声 : 増山江威子)




63. オタル ★★ (2006-05-08 12:44:00)

カイのボーカル復帰作ですね。個人的にはこれもGAMMA RAYの中で1.2を争う作品です。



64. 帰ってきた男 ★★ (2006-07-03 00:35:00)

カイのボーカルが上手いか下手か、というよりヴォーカル含めたGAMMA RAYサウンド
トータルで好きか嫌いか、という方重要な気が。
他と比較してどうかは怪しいが、マイナス要素には到底思えない。
アルバム自体メタル史に残る超名作であるわけだしね。




65. JON ★★ (2006-07-16 20:32:00)

ジャーマンメタル史上、キーパーに続く超名盤。こっちの方が「ハロウィン」を継承している。



66. wkhr ★★ (2006-08-07 20:53:00)

ジャーマンメタルの名盤の一つって事で評価の高いこのアルバムだが、これはカイとキスクの声によるものといって過言じゃないと思う。っていうか、やっぱVOこの二人じゃなきゃだめだ。
上のほうにカイ批判がいろいろ書いてあるが、それを批判してはこのアルバムは成り立たないはずだ。だって、名盤にしたのはこのVOでこのメンバーなんだから。マン・オンアにしてもランドにしても、そんなこといったら価値が下がっちゃう。だからカイはいじめないで(泣)



67. 3割2分5厘 ★★ (2006-08-31 11:02:00)

カイのボーカルがなんだって言うんじゃい。スケールのデカさ、隙の無さ、「超名盤!」と言われるにふさわしい超名盤。
カイのセンスというものに改めて感服。こういう幅広い曲ができることが彼等の魅力なんだね。
ガンマレイはどの作品も上質だなと思った。




68. verga de ngro ★★ (2006-10-16 23:03:00)


★ オレ的世界遺産(ロック部門)認定No.037 ★



69. WINGS OF STEEL ★★ (2007-01-14 00:18:00)

1stの音ならラルフの声がマッチするけど、このアルバムはカイが歌って正解だったと思います(そうでないと生まれなかった?)
このアルバムにおいてはキスクのボーカルさえ邪魔だと思う・・・と言うと怒られそうですが(笑
ともあれ、これこそジャーマンメタルの鑑。
カイの歌はハロウィンの1stやブラガ3rdの⑥で聴けるものよりかなり上手くなっていますが、
やっぱり、ボーカル担当してない時もかなり特訓してたんでしょうかね?




70. 10倍太陽拳 ★★ (2007-01-27 13:17:00)

ボーカルのラルフが脱退してしまったのがかなり痛い。
だがアルバムの完成度、コンセプトアルバムとしての統一感、楽曲の出来は
カイハンセンのキャリアの中でもトップクラスだね。
ラルフが脱退しただけに惜しいアルバムだ・・・




71. ジーノ ★★ (2007-05-11 07:59:00)

一言いわせてもらえばカイのボーカルってイモっぽい。B級臭さがある。ギターもぶっちゃけ上手いとは言えない。だが曲が良い。そこが重要だと思う。ソングラインティングのレベルが高い。イモっぽい声でギターソロもフラフラなのに、いい曲に聴こえるのは、曲が良いからである。



72. ジーノ ★★ (2007-05-11 08:02:00)

批判ばかりしているので、反感を買ってると思うが、この曲たちをジューダスプリーストに演奏させたら、凄いアルバムになるだろうと思った。カイはジューダスを尊敬してるし、ロブ・ハルフォードが好きみたいだからね。一生懸命ロブのように歌おうとしてる努力は認めるよ。でもやっぱりイモ臭い声なんだよなw みんな怒らないでねw ぶははw



73. Mike Mikeにしてあげる ★★ (2008-06-14 02:04:00)

私をメタルの世界に引きずり込んだ、罪深いアルバム。
始めて聴いたメタルがこのアルバムで、運が良かったと思ってるよ。
とにかく全体的に曲の水準がものすごい高い。Rebellion in Dreamland, Men on a Mission, Land of the Freeなどハイライト的な曲はもとより、Gods of DeliveranceやAbyss of the Voidなど、地味めな曲でも高いレベルに仕上げてある。
捨て曲なし。買って損なし、文句なしのアルバム。
声が魔女?だから何。



74. ムッチー ★★ (2009-06-23 07:31:00)

カイのヴォーカル、絶対昔よりも成長してますよね。
個人的にはとてもいい声だと思いますよ。
ゲスト参加のマイケル・キスクやハンズィ・キアシュがヴォーカルのパートも、アルバムの中でいいアクセントになってますね。
もちろん、楽曲も粒ぞろい。
1stに負けないくらい完成度が高いアルバムだと思います。




75. ジョージべラス ★★ (2009-08-27 01:46:00)

最初はカイの歌いまわしと声質に違和感がありましたが、何回か聴いていくうちに慣れてきました。曲の構成やアレンジが良くなったと思います。ファーストも良いが、このアルバムもカイボーカル作の中では一番充実してると思います。カイ自身もレビューで歌の上手さより個性と情熱と言ってましたからね。Ⅱも最近出ましたが、別物と考えた方が良さそうである。ハロウィンの守護神伝と一緒ですねw



76. ジョージべラス ★★ (2009-08-27 03:12:00)

追記ですが、④曲目のギターソロで、ついにイーグルスの名曲ホテル・カリフォルニアのギターソロをぱくってしまう。これには驚いた。さすがはパクリのカイw ストラトのトルキもパクリ王だけどねw



77. NOT ★★ (2010-02-20 11:20:00)

2010年時点で。Gamma Rayの最高傑作だと思う。
曲構成、メロディのクオリティ、攻撃性と共存した独特のアトモスフェリックな
雰囲気、Kaiのソングライターとしての能力は疑う余地がないでしょう。
ただ、Time to Break Freeは浮いているかな。
Kiskeに歌わせるために、彼好みの曲を意図的に書いた感じ。
Kaiの歌は上手いとは言えないけど、音楽とは合ってるし、全く問題無いです。
HMという音楽は技術的な歌唱力で判断されるものではないと思うし、
生理的にKaiの声が合わない、という人以外には、このアルバムを聴くことを
躊躇する原因にはならないでしょう。



78. ジョージベラス ★★ (2010-02-21 22:48:00)

このアルバムはある意味、古代ヨーロッパの雰囲気を醸し出している。ナチス的でもある。カイの歌は、メタル向きというより、線が細いので、パンク向きかもしれない。
それはさておき、楽曲は、今の時点では最高傑作だと思う。疾走曲が多いというのも
あるが、メロディーが良い。キスクが全部歌ってたら、キーパー2を超えていたかも。




79. モブルールズ ★★ (2010-04-20 14:16:00)

昔よりうまくなったとは言え、やはりカイの歌は好きではない。曲が良いだけにもったいない。



80. USHI ★★★ (2010-10-10 02:57:56)

傑作。カイハンセンの腐ったような歌、俺は好きです。



81. マスター ★★★ (2010-11-18 11:59:16)

楽曲の出来は素晴らしい。
カイのボーカルもパワーアップしてるが、
やはりメンバーの言ったとおり全曲キスクが歌えばよかったのではw



82. ヤング兄弟 ★★★ (2012-05-26 13:07:45)

コンセプトアルバムですが大作にありがちな聞きにくさはなく、疾走パワーメタルあり、ポップナンバーあり、カイの凄まじい作曲力が堪能できる大傑作です。



83. ハルディン ★★★ (2012-10-04 22:02:34)

4th。この頃からカイがVoを執るようになるが、贔屓目に見ても酷かったHELLOWEEN時代よりは大分向上しているので問題なしでしょう。コンセプト作ということで途中で短い繋ぎのインスト曲を交えながら、陰・陽のメロディ満載のカイ流のジャーマンメタル・サウンドをドラマティカルに描く。締めの13が若干地味なのを除けば完成度が高い。マイケル・キスクやハンズィ・キアシュがゲスト参加しているのもポイント。



84. RIOT1970 ★★★ (2013-02-05 00:53:26)

GAMMA RAYのアルバムは全部所有している。
その中で一番好きなアルバム。
最近僕がHM/HRを聴き始めた90年代のアルバムを良く聴くのだが、
最近、発売当時に聴きまくったこのアルバムを良く聴いている。
はっきり言えばカイにVoの資質があるかは疑問符が付くが、
このアルバムだけは、カイの声だからこそ名盤になったのでは?と
思う。無理なハイトーンを使っていないし、近作のアルバムのように
ラフではなく健気に正確なメロディラインを歌っているからだろうか。
とにかく、このアルバムの楽曲はカイでなければダメ!と思ってしまう。
 この時期のカイのVoが一番まともって…
TO THE METALではなんだか演奏もVoもラフだし。

 B!のUNISONICのカイのインタヴューで
「GAMMA RAYは俺のVoでうまくいっているから、マイケル・キスクが
加入は無い」みたいな事を言っていたが、
 「うまくいってないじゃん!」と思わず突っ込みを入れてしまいたくなったが…

 キスクでもラルフでもいいから、今のGAMMA RAYには、専任Voを迎える事が
大切なのに…。楽曲自体は素晴らしいのに、もったいない…
 
 でも、専任Voを入れるなんてもうあり得ないんだろうなぁ。
 「GAMMA RAYは俺のVoでうまくいっている」
 とカイが思っている限りは。




85. 枯林 ★★★ (2014-03-12 16:51:36)

Gamma RayのアルバムはMajesticで完全に見切りを付けました。Land of the free 2が中古で500円で売ってましたが、考えた末に止めました。「あの声とクオリティじゃな」という理由です。

最近未だに使っているiPodを初期化して何を入れるかを考え、3~4年ぶりに入れて聴いているわけですが、やはり本作はカイの声がきちんとバンドの魅力として成り立っているような気がします!ラルフに比べると弱々しい声ですが、このアルバムの曲はラルフよりカイが合うかと。流石名盤と言われているだけあります。

ちなみに私はカイのボーカルを今でこそもう辞めてくれと批判していますが、Wall of jerichoからPower Plantまでは肯定しています。それ以後は作品の出来が微妙なので駄目ですね。私にとってカイの声は強力な楽曲がある上で成り立っていたのだなーと再確認(汗)マイケルキスク、早いところ仕事と割りきって加入してくれ…。




86. netal ★★ (2016-05-04 22:25:15)

自分をパワーメタルに導いた作品。
ヴォーカルの上手さはHelloween等、ど定番すら数曲試聴した程度の身にはよく分からないが、
キャッチーで良いリフやメロディが満載の優れたアルバムである事だけは疑い様が無いと思う。
賛否あるヴォーカルも、個人的には、曲にマッチしているため、何の違和感も無かった。

気に入り度…89/100

おすすめ…Rebellion In Dreamland




87. しょちゅ飲んごろ ★★★ (2019-06-01 07:14:33)

超素晴らしい(・-・*)(ノ*゜▽゜*)(* ̄∇ ̄*)🐶🐶🐶🍚🍚🍜🍜


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示