この曲を聴け!
RIDE THE LIGHTNING (1984年)
MyPage

RIDE THE LIGHTNING
モバイル向きページ 
解説 - RIDE THE LIGHTNING

1984年7月27日にMegaforce Recordsよりリリースされた2ndアルバム。
前作『Kill 'Em All』の流れを引き継ぐような「Trapped Under Ice」「Fight Fire with Fire」のみならず、「Fade to Black」「The Call of Ktulu」では長編で緩急を持たせ、広がりをみせている。これは、Cliff BurtonとKirk Hammettが積極的に曲作りに関るようになってからだという。なお、「Ride the Lightning」と「The Call of Ktulu」には、元メンバーのDave Mustaineも作曲に関与している。
レコーディングは、Lars Ulrichの故郷であるデンマーク・コペンハーゲンにあるSweet Silence Studiosにて行われた。このスタジオを選んだ理由は、料金が安かったことと、そこでRainbowのアルバム『Difficult to Cure』が制作されたことである。隣には、メンバー達が以前からファンであったMercyful Fateのリハーサル部屋があり、レコーディングが完了するとその彼らの元へ向かい、本作から数曲を披露、その後にギタリストのMichael DennerがKirkに近寄り、「『For Whom the Bell Tolls』を聴いた後はMercyful Fateが一番ヘヴィなバンドだと思っていた。でも今やMetallicaが一番ヘヴィなバンドだ」と称した。以来、両バンドは親しくなったという。
タイトルの『Ride the Lightning』とは、Kirkが読んでいた、Stephen Kingの小説『The Stand』の中で、死刑囚監房にいた男が「稲妻に乗る(ride the lightning)」という一節に由来。
アルバムは曲がラジオで放送されないにも関わらず、Billboard 200において全米100位を記録した。2012年までにアメリカ国内だけで600万枚の売り上げを記録している。

Recorded:February 20 – March 14, 1984, Sweet Silence Studios in Copenhagen, Denmark
Producer:Metallica, Flemming Rasmussen
→解説を作成・修正
コメント・評価 - RIDE THE LIGHTNING

Selected Comments


1. こ~いち ★★ (2000-01-10 00:10:00)

2nd。当時スラッシュメタルと呼ばれてましたけど、今聴くとフツーのメタルに聞こえますね。
まあ、そんなことはどーでもよく、私はコレが一番好き。速い曲もあるし、所々のギターのフレーズに泣きを感じたりするのが好きな理由かな。FADE TO BLACKなんかすごーくいい曲だと思うんだけど。あとFIGHT FIRE WITH FIREとかRIDE THE LIGHTNINGとかも好き。
93点。




2. KUZU ★★ (2000-02-23 00:28:00)

S&Mでも、こんな彼らの古い初期のアルバムから取り上げられていたと思います。
KILL 'EM ALLをさらに「進化」させ、多数のフォロワーを生んだであろう、貴重で「オリジナル」な(当時の)スラッシュメタル・アルバムです。
FIGHT FIRE WITH FIRE、CREEPING DEATH、FOR WHOM THE BELLS TOLL、TRAPPED UNDER
ICE、FADE TO BLACK......中には捨て曲もありますが、名曲ぎっしり。正当派ファン、パワーメタルファン、もちろんMETALLICAファンも、是非とも押さえて置きたい所でしょう。




4. demmy ★★ (2000-09-14 01:08:00)

僕もほとんど同意見です。CREEPING DEATHは最初のイントロでノックアウトされましたね。めちゃめちゃかっこいい。FIGHT FIRE WITH FIREもいいですね。一般的には3rdの評価が一番高いみたいですが、個人的にはこのアルバムの方が好きです。



10. el ★★ (2001-07-12 19:35:00)

メタリカでメタルで一番好きな曲はこのアルバムの4曲目収録の
『Fade To Black』
美しすぎる・・・・・もはやメタルとかそういう次元じゃないです、この曲は。
Fight Fire With Fireは笑っちゃう程激しいし
For Whom The Bell TollsはライブVER死ぬ程カッコいいし
ライヴ映えするダーイダーイ!が最高のCreeping Death
リフだけでここまで恐ろしい芸術作品を作りあげてしまったThe Call Of Ktulu…
名盤ですな、このアルバム。
でも5,6がインパクト薄い為にMaster Of Puppetsには及んでいないと思う。
僕は2nd、3rd、4thが黄金の3作品だと思っています。




11. 29 ★★ (2001-08-04 23:21:00)

METALLICAで一番聴き込んだのは「MASTER~」です。一番好きなのも「MASTER~」です。でもこのアルバムもそれに近いくらい聴き込んだし、好きです。
「MASTER~」がある種の貫禄のようなものを感じさせる作品であるのと対照に、この作品からはまだアンダーグラウンドっぽい荒々しさや、勢いが音に現れてると思います。冒頭の2曲なんて今聴いてもブッ飛びます。
この頃と現在のバンドを比較するのはナンセンスなのでしませんが、METALLICAがまだメジャーでなかったからこそ作れた作品だと思います。今のMETALLICAからはバンドとしても人間としても余裕のようなものが感じられるので、こんなギリギリの緊張感を持った作品はもう作れないでしょう。




12. HIGASHI ★★ (2001-10-06 22:09:00)

1stは買ったものの、没個性で次どーしようと思ってました。
ただ、ケラングのUKチャートの輸入盤コーナーで半年以上3位以内だったので、買ってみた。
A1を聴いた時、コイツラの時代が来る!と確信できた名盤。
理想的なNWOBHMの進化形がアメリカのバンドとは皮肉に思えたが、LAメタル全盛の時に
よくぞ逆にこういったバンドに脚光が浴びたなあー、と関心。
メタルファンの奥の深さを痛感させられた。
僕の中ではこのアルバムがメタリカの中ではNo.1です。




17. ローランDEATH ★★ (2002-09-12 22:23:00)

METALLICAは偉大なバンドでした(過去形)。無数のフォロワーが繁殖した結果、スラッシュ・メタルは衰退していきました。結局、彼ら以外に、METALLICAをやれるバンドはないのである。
METAL+AMERICA=METALLICA 一見安易そうにみえるこのネーミングは伊達ではなかった。
ファーストアルバムは、どうも好きになれません。好きなのは、この2ndと3rd。それ以降は私にとってMETALLICAではないのです。
このセカンドでサウンド・プロダクションが著しく向上し、2ndにして私にとってのMETALLICAが完成したのです。スラッシュ・メタル特有のエッジの効いたザクザク音、殺傷的なギターの音、斬新なリフ、ドラマティックな曲展開、時折流れるMETALLICAならではのどこか悲哀に満ちた美しいメロディーライン・・・そしてアグレッション。しつこいようですが、これが私にとってのMETALLICAです。




20. ライキチ ★★ (2003-01-19 06:35:00)

MASTER OF PUPPETSより好きだな。メタリカの最高傑作だ!
バラエティに富んでいてアグレッシブで最高!!1曲目は捨て曲でそれ以降は全部最高!!
個人的に1曲1曲の思い入れが非常に強いので、今聞くと学生時代のメタリカに虜になっていた頃を思い出す。




21. すりっぷのっと ★★ (2003-05-08 00:56:00)

2ndでありMETALLICA最高傑作。8曲全部が名曲というのは全然言いすぎではありません。それにこのアルバムは何回聴いても飽きません、内容がとにかく濃いのです。
あえてオススメ曲を書くなら、う~ん①②③④⑤⑥⑦⑧かな???特に①~④は超名曲だと思います。アルバム前半の流れとしては全HM/HRでもNo1の素晴らしさかもしれませんね。
繰り返し繰り返し聴きまくったのでかなりCDが傷んできてます、イタイ!!!まあ、それだけ好きなアルバムって事ですよ。
一度でイイから生でアルバム全曲プレイするライブが見てみたいな~。あまりのカッコよさに発狂するかもしれないな~。
★★★★★




27. GEORGE ★★ (2003-08-14 13:19:00)

いいですね~、これ。
曲単位でいえば「BATTERY」と「MASTER~」のほうが好きですが、アルバム単位だとこれです。
甲高いジェイムスの声が微笑ましい。




29. てらぴん ★★ (2003-08-24 13:06:00)

メタリカのアルバムではこれがイチバン。ほんとにいい!
この2ndがなければスラッシュメタルはメジャーになりえなかった。
たしか伊藤正則氏が雑誌「FMファン」の特集「20世紀の名盤10枚」の1枚に挙げていた。
(↑こういうのを虎の威を借る狐というのでしょうか???(笑)、虎ではないかな・・・)
すべての曲がオススメですが、特に①④⑦がいい。
カーク・ハメットの摩訶不思議系ギターソロはこのアルバムで確立されたと思います。




30. Kamiko ★★ (2003-09-07 07:00:00)

ボクはベーシストですが、何年経ってもこのアルバムの1曲目のリズムは真似できん。
なんで途中でタテ乗りになってしまうんだろう・・。
こんな曲作れるってスゴイ!




35. 夢・マグナム・ナイト ★★ (2003-10-03 00:09:00)

メタルとかジャンルを飛び越えて僕がバイブルとするアルバムの一つに数えあげられます。
このアルバムは、特殊。ともかく、メタル・ファンでない人間にも初めて聴かせるのは、このアルバムですし…。
2曲目が特に印象深いですね。ライヴで聴いていないというのもあるが…。
METALLICAとしても最高、音楽という芸術の中でも最高峰の金字塔アルバム。




38. 190 ★★ (2003-10-18 16:01:00)

My No.4はこの名盤。
メタリカの「最高傑作は?」「超必聴盤は?」と聞かれたら、「MASTER OF PUPPETS」ではなく、こっちを挙げる人も少なくないだろう・・・
いかんせん「2nd」という事もあってか、若く、熟成度は無いが、・・・この作品にはメタリカの良や本質が詰まってます!!
メタリカが確立、完成させたサウンドがコレ。
このバンドの持つ独特な音楽性が全体に出ているぞ! ・・・「真のメタリカサウンド」とはコレなんだろうね・・・時代を感じさせる「哀愁」も全面に出てる。
俺が思うに、メタリカ独特の「攻撃性」「若さ」「ノリ」「「野性的な荒々しさ」「研ぎ澄ましたナイフの鋭さ」がコレだと感じる。・・・そのナイフに触れただけでも怪我をしそうな危険さがこのサウンドには出ているのだ!
・・・って何を言っているのかよく分からんが、とにかくこのへヴィでパワー万点のサウンド。そして何よりもメタリカの持つ『攻撃性』が全面的に表現されています!
また、今では実感できる事のない“若い頃"の良さ、いわゆる「子供っぽさ」「やんちゃさ」があって本当に生き生きしているんだよねぇ・・・。まだこの頃は「曲作り、アルバム作り」に関して手探り状態的な部分が感じられて実にカワイイ!・・・まだまだやりたい放題やれてる感じ!?
1stでは「やりたい音楽だけ」を余計な事を考えずに本当に「やりたい放題」やってたって感じだったが、その1stと比べるとこの2ndでは、「楽曲の質」や「アルバムのバランス」も重視して作られており、セールス的な面での方向性・目標・意識も出てきていると思う。バラエティー豊かな作品にもなっているし、これは良い意味で「かなりの成長」である!
なかなか良い「ステップ」&「アプローチ」だ。まさに3rdへの布石!
「MASTER OF PUPETTS」へつながる作品としては、コレ以上無い出来!・・・次回作でのさらなる爆発を予感させるには非常に説得力のある作品だ。
・・・そう考えると、ある意味このアルバムが無かったら、次の作品もあれほどのモノにはなってなかったかもしれない!かもしれない。・・・いや、まさしく“コレ"があったから“アレ"も産まれたのだろう。
曲自体も微妙にLAメタルっぽさも兼ね備わっていてカッコイイし、パワーも万点。全体のバランスもなかなか良い。って言うか3rdよりもオーソドックスな並びでバランス良いかも???
この作品は、曲に「キャッチーさ」も「クセ」もあるので、アルバムとしてはなかなか楽しめるぞ!・・・3rdの反響や先入観に惑わされずに冷静に見れる人には分かると思います。3rdアルバムがあまりにもセンセーショナルで、おもて側に出すぎてしまっているが、実は本当の意味での傑作とはこういうのを言うのかも知れない・・・かも知れない?
まぁ~しかし、いかんせんまだまだ若い。その「若さ」ゆえからか、荒削りな面もあり、熟成完成度的にはも~うちょいだ。
でも、いちばん「攻撃的」なメタリカが聴きたかったらこのアルバムか1stだよね!
*一番上でこ~いちさんが言ってる「今聴くと普通のメタルに聞こえる」ってのは同感ですね!(HM/HRファンとしてコレだけ長~い間聴いてりゃ慣れてくるし、そりゃ~耳も肥えてきますな・・・笑)




41. makura ★★ (2003-11-01 01:33:00)

①⑤が好き。
まあ、疾走あるからコレもいーかな。
やっぱメタリカは速くねーと。




42. ヤング・ラジオ ★★ (2003-11-08 00:08:00)

楽曲の充実度から言えば、彼らの作品の中でもトップクラスであることは間違いない。僕はこのアルバムで初めてメタリカに出会ったが、僕は当時ポップなHRが好きであったのでこの頃は大して好きではなかった。彼らの凄さは、後の4thアルバム「...アンド・ジャスティス~」が発売された後、あらためて彼らの歴史を振り返った時に初めて気がついたのである。2ndにして、この完成度は並ではない.....。確かに3rdも大好きではあるが、衝撃度はこちらの方が上だと、個人的には思う。内容は今更触れないが、2ndにしてこの完成度は....何度も言うが並ではない....。



43. STORMBRINGER ★★ (2003-11-08 17:43:00)

「MASTER OF PUPPETS」と同じくらい好きかも。1曲目から5曲目まではまさに隙がない。ESCAPEはメタリカ自身が好きじゃないと言ってました(俺は嫌いじゃないよ)。CREEPING DEATHも名曲。



46. イヌスケ ★★ (2003-11-17 01:23:00)

紙ジャケが出てたからつい買ってしまった。
同じ物を何度も買うのは気が引けるが、好きなものはしょうがない。
当然リマスタリングされているものかと思ったら全く同じ音源でした。
ちょっとソニーさん、手抜きすぎ。
スラッシャーの多くがこの2ndを推すが、僕も例外ではない。
"creeping death""fight fire with fire""for whom the bell tolls"等傑作が並ぶ。
唯一メンバー自身が「売れ線を狙った失敗昨だった」と認める"escape"みたいなポップな曲もあるが、今となってはこれも悪くない。
クリフがバンドに持ち込んだH.P.ラヴクラフトのクトゥルフ神話に触発された"the call of Ktulu"が出色の出来。
MORBID ANGELよりも数倍恐ろしさを伝える曲だ。
クリフはクトゥルフ神に魅入られてしまったのかな…。




47. ふじ ★★ (2003-11-21 21:07:00)

俺がメタリカのアルバムで一つだけ選ぶとしたら・・・それは文句なしにこれ。確かにMASTER OF PUPPETSは名盤だと思う。しかし、RIDE THE LIGHTNINGはそれをも上回る衝撃だった。なんせ捨て曲が無いし、どれもが凄まじいテンションと完成度を誇っている。Fight Fire~とかCreeping deathでKOされたかと思えば、Fade To Blackの感動。もう言葉がでません。



48. z-zz ★★ (2003-11-24 11:58:00)

初めて聴いたときはあまり好きなアルバムではなかった、1stや3rdの方が激しい曲が多かったので。
でも名曲揃いと思うようになってからはかなりはまった。
みなさんもおっしゃるとおり特に「Fade to black」はたまらない!




50. louder ★★ (2004-01-17 04:01:00)

激速ナンバー『FIGHT FIRE WITH FIRE』、ライブで誰もが絶叫する『CREEPING DEATH』
スラッシュ界初バラードと言われた『FADE TO BLACK』等など名曲揃いのアルバムです。
メンバーも若く、めちゃエネルギッシュでパワー溢れる名作ですな。
ただ一つ難点を挙げるとしたらラーズのやたら弱々しいドラムサウンドかな?
あっ!決して弱々しいドラムプレイじゃないで。




54. ERORIN ★★ (2004-04-22 11:51:00)

「MASTER~」と比べるなら、私もこっちの方が好きですね。
「ST.ANGER」との争いで「MASTER~」の票が伸びてるとははいえ、差が有り過ぎる気が・・・。




55. しゅんぺ~ ★★ (2004-05-06 23:50:00)

確かに差がつき過ぎてますね。
そう言う自分もMASTER OF PUPPETSが一番好きなんですが、これも負けてないと思いますけどね。
実際、ライブではこのアルバムから多くやりますしね。
それにしても、CREEPING DEATHでのライブでの掛け合いはおもしろい、っていうかやばいですね。
何万って人が、一斉にこぶし突き上げて「死ね!死ね!」叫んでるんやもん。




57. ソナタ ★★ (2004-05-24 19:41:00)

曲単位で言えばMASTER OF PUPPETSだけど、アルバム単位で言われたらこのアルバムが好きかも。



58. 頭文字T ★★ (2004-06-09 12:49:00)

3rdや4thを気に入った方は、万難を排して速やかに手に入れましょう。(笑)
ベースが聴こえにくいのが悔しい。首を長くしてリマスターを待ってます…。




64. POOYAN ★★ (2004-07-29 15:41:00)

このアルバムも「MASTER~}と並んで凄い作品ですね。「Fade to Black」とインストの「THE Call of Ktulu」が一番好き。これと「MASTER~」は続けて聴くと実に心地良いです。



66. 東京限定 ★★ (2004-09-04 01:29:00)

メタリカを代表するのは間違いなくこの作品と3rd。
この作品なくして3rdは生まれなかったと思う。
歌も格段に上手くなり、音は程好い歪みで整理され、衝動はそのままになっている。
1曲目のFight Fire With Fireの暴走曲から、
For Whom The Bell Tollsのような不気味な曲、
Fade To BlackやThe Call Of Ktuluのようにもの凄く綺麗な曲。
どの曲も後の3rdに繋がっている。
隠れた名曲も数多く収録。
しかし、Escapeがただ一点の汚点。
本人たちも認めるほど駄曲なのだ。
それ以外は正に完璧。




68. メタラァ ★★ (2004-09-09 17:56:00)

名盤「MASTER OF PUPPETS」よりも先に聴いたということも手伝ってか、俺はこっちの方が好きなアルバムかもしれません。…この際だから断言しちゃおうかな。こっちの方が好きです!
「パイパイがいっぱいや」、じゃなくて「FIGHT FIRE WITH FIRE」を聴いたときのインパクトといったらそりゃあもう自然に頭振っちゃうぞぉ!!つー勢いでしたから。
まぁ、2曲目は完全に「MASTER~」の方が上だけど、「S&M」で劇的に生まれ変わった(←ジェイムズの歌が比べ物にならない程上手くなったこともあって)「FOR WHOM THE BELL TOLLS」のオリジナルもヘヴィでヘヴィで、METALLICA初のバラードという(初めてって言ってもまだ2ndじゃん。まぁ、バラードをやったこと自体が驚きだったんでしょう)「FADE TO BLACK」、いきなり終わるけど曲自体はスゲェ格好良い「TRAPPED UNDER ICE」、ポップとも言えるサビが?な存在の「ESCAPE」、踊れるスラッシュ・メタル「CREEPING DEATH」、これまた「S&M」でさらにパワー・アップした「THE CALL OF KTULU」で幕を閉じる…、とどの曲も強烈なものばかり。特に「ESCAPE」は別の意味で強烈。「なんでこんな曲調?」と思わざるを得ない。(笑)
間違いなく「MASTER~」は名盤だけど、個人差があるとは言え、支持者が半分になってしまう程このアルバムは劣っていますか?




69. sizuku ★★ (2004-10-10 21:33:00)

めっちゃカッコイイアルバム。
1曲目でブチのめされます。
マスターもいいけど、こっちの方がよく聴いてる。
こっちの方が好きって事。




70. RAW ★★ (2004-10-27 21:08:00)

ジャケットから妖しさ爆発ですね。電気椅子だもん。
アルバムの内容は一番過激なメタリカが味わえる。
アコギから始まる「FIGHT FIRE WITH FIRE」のインパクトは、
「BATTERY」より強烈だと思う。
「FOR WHOM BELL TOLLS」はスローな曲でギターソロはないけど、ガンガン頭振れる曲。
後、「CREEPING DEATH」のリフに尽きる!
最後に去年の来日公演で何故か「FADE TO BLACK」だけ思い出せなかった。




73. Selene ★★ (2004-11-03 17:42:00)

METALLICAの中で1番好きなアルバム。
といっても初期METALLICAは個人的にどれも傑作だったりしますが。
冒頭からの「FIGHT FIRE WITH FIRE」やバラード「FADE TO BLACK」など、とにかく色褪せない名曲が多い。




76. THRAX ★★ (2004-12-18 19:08:00)

わかってるよ。Master of Puppetsの方が完成度が高いなんてことは。
でもこのアルバムの方が好きなんです。みんなそう思ってるはず、そうに違いない。
①~⑤までなんてホント捨て曲なしだし。⑤は1stに入っててもおかしくないけども。
⑥のESCAPEはトイレ休憩みたいなもん。
そしてCREEPING DEATHにアルバムハイライトのTHE CALL OF KTULUだよ!
クトゥルフが今にも海底から目覚めてくるようなゾクゾクした感覚がたまらないよ!
誰がなんと言おうと俺はこのアルバムが一番好きだ!




81. BLACK MURDER ★★ (2005-01-08 10:51:00)

METALLICA史上もっとも過激で、しかし練られている素晴らしいアルバムだと思う。全曲好きだが、個人的には「FIGHT FIRE~」「CREEPING DEATH」「FADE TO BLACK」とか。個人的には「MASTER OF PUPPETS」より断然好き!!



82. TDK ★★ (2005-01-08 22:51:00)

Master~と同じくらい好き。
書き込み量がここまで違うのが不思議なくらい。




83. こうじ ★★ (2005-01-08 23:38:00)

そうそう。今聴くと真っ当なメタルなの。
フワフワしたポップメタルに嫌気がさしてた若者が
自分たちの聴きたい音を出したんだよな。
それって正しいロックの進化じゃん。
そら、カートコバーンも共鳴するわな。
しかし青いな~でもそれがイイな~
1stはちょっと青過ぎるからな。




84. ☆我喜歓狂詩曲☆ ★★ (2005-01-20 18:07:00)

まさに全編スラッシュメタル。



85. N男 ★★★ (2005-02-15 19:57:00)

1984年発表の2nd Album。
どんだけ進化してんねん!!とツッコミを入れたくなるような成長ぶり。
やはり、クリフが曲作りに参加したのはもの凄い大きかったようだ。
曲はドラマチックになり、叙情性、構築美が新人とは思えない次元で完成されている。
音作りは、当時としてはあり得ないくらいにアグレッシヴ!
アコースティックで始まる①のスラッシュチューンからごりごりです。
この開始の仕方は多くのバンドが真似しましたね。
初めて聴いたときは、こんな音が存在するのかとショックを受けました。
1984年当時のどのへヴィメタルバンドよりも贅を尽くしたような重さだと思います。
彼らの中ではある意味一番スラッシュメタルしてるアルバムだと思いますよ。
高校のとき、通学しながら3rdと共にアルバム丸ごと一枚暗記してしまったのが懐かしい。
最近の音楽もいいのはあると思うが、ここまで自分を夢中にさせてくれるものが見当たらない。
オススメは①、②、③、④、⑦。

96点。




86. dave rodgers ★★ (2005-02-28 08:43:00)

2ndにして瞬く間に進化、驚きの変貌。「MASTER~」とは一目瞭然、荒さが目立つのは仕方ないが、でも逆にその荒々しさを武器にとことん突っ走るこの頃のMETALLICAが好きなので、その点思い入れという面ではこの2ndのほうが深い。'エクストリーム'のバイブル的存在の名盤だと思う。



91. noiseism ★★ (2005-04-02 14:05:00)

METALLICAの中でもっとも素晴らしい出来の作品。
リフのほとんどがツボを押さえていて悶絶必須の大名盤。




92. おのりん ★★ (2005-04-12 18:58:00)

昨日ようやく手に入れました(笑)



97. ウドーン ★★ (2005-06-13 23:20:00)

上の人に同意!



98. メタル伝道師 ★★ (2005-06-15 21:55:00)

METALLICAの2nd。
1stでは猪突猛進に疾走する曲が中心でしたが、この作品は1stよりも
音楽性が格段に広がった作品と言えます。
メタルファンの人々からスラッシュの名盤と言われている3rdよりも個人的
にはこのアルバムの方が好きです、というかMETALLICAのアルバムではこの
アルバムが一番好きです。
欠点は無し、捨て曲も無し、METALLICAの良さが全てわかるアルバムです。




99. ボドムっ子 ★★ (2005-06-17 02:43:00)

頭からすごい疾走感。
かといって疾走るだけではなく、引いたところのメロディーも良し。
2ndでこんな作品出されちゃたまりません。
曲はやっぱりCREEPING DEATHが一番好きかな。




100. karuha ★★ (2005-07-02 18:45:00)

84年発表の2nd。
前作での「勢い」や「キレっぷり」を残しながらも
ただ疾走するのではなく、「緊張感を醸し出す」
ツボを押さえたフレーズによって
更に洗練された鋭い音を出しています。
お気に入りは#1#4#5#7です。




101. 鉄の処女 ★★ (2005-07-18 18:50:00)

3rdとともにMETALLICA最高傑作の超名盤2nd。FADE TO BLACKは必聴やね。



105. 鉄鉢 ★★ (2005-07-30 23:46:00)

2ndにして既に王者の風格を醸し出している強力なアルバム。
3rdは紛れも無くHM界の超名盤だけど、「激しさ」「速さ」(そして「解りやすさ」?)はコッチのが上。絵に描いた様なスラッシュ。
1stの「青さ」は影を潜め、曲のバラエティや展開・リフ等に非凡なセンスが溢れまくっています。もう1曲目から名曲です。
METALLICAファンの大多数は、この頃の音楽性がおそらく一番好きだしバンドの本来の姿だと思ってるでしょう。
入門用としても最適な一枚。
METALLICAのアルバム中、ジャケ絵もコレが一番好き。・・・椅子が浮いてるだけなんだけど。




107. ドッペル原画 ★★ (2005-09-04 12:40:00)

ギターが強いアルバム。とげとげしい。
そんなわけでこのアルバムでは①fight fire with fire⑦creeping deathがとても好き。




108. WILK ★★ (2005-09-25 01:17:00)

3rdと同じぐらい好き!超名盤である事は言うまでもありません。
もはや語り尽くされた感はありますが、前半の流れは凄すぎます。
勿論、捨て曲なし。
独創的なリフも去る事ながら、この頃の曲はホントにドラマティック!!
頼むから早くリマスターしてくれ。




109. まんだむ(リニューアル) ★★ (2005-10-01 22:07:00)

METALLICAのアルバムの中ではこれが一番好きですね。文句無しの傑作スラッシュアルバムであり、しかもかなり取っ付きやすいのでは?入門盤にはこれをお勧めします。
全8曲、トータル48分弱。今の時代の感覚で言うとえらい曲数少ないやんけ!と言う感じのアルバム構成なんですが、この曲数だからこそ見事に焦点が定まり、緩むことなく最後まで一気に聴け、しかも何度聴いても飽きないアルバムに成り得たのだと思います。
とにかく無駄が無く、研ぎ澄まされた曲・演奏です。
攻撃性、叙情性、ドラマ性を兼ね備えたスラッシュの真髄、という曲のオンパレードです。
曲に不気味な緊張感を持ち込む故クリフ・バートンのベースはめちゃくちゃカッコいいですよ。カークのソロはこの頃が一番冴え渡っていたなぁ・・・




110. しすか ★★ (2005-10-13 01:14:00)

もしこのアルバムと出会えなかったら、僕はメタルの世界を知らずに一生を終えたことでしょう。
自分にとっては、文句なしのHM/HR界の最強盤。




111. ポエ ★★ (2005-10-13 21:22:00)

MASTER OF PUPPETSよりも好きだなぁ。
私はアルバム一枚としての完成度はメタリカで一番高いと思う。




118. ex_shimon ★★ (2006-02-10 02:27:00)

全曲良い!
特に①②
個人的に2番目に好きなアルバム
1番はもちろんKILL EM ALL




120. アウトランダーズ ★★ (2006-03-18 14:37:00)

デビュー作「KILL 'EM ALL」で、これまで誰もやったことがないような強烈なサウンドでスラッシュメタルなる新たなジャンルを確立したメタルモンスターMETALLICAの2nd。
ラーズのツーバスドラムが炸裂する当時世界一速いバンドと言われた彼らを象徴するような 1、
クリフバートンのベースが印象的なメロディーで始まるずっしりとしたミディアムテンポの 3、
哀しげなメロディーとドラマチックな展開が圧巻のパワーバラードの 4、
ライブで「ダイ!ダイ!ダイ!」の大合唱が巻き起こる超名曲(個人的にはメタル系の曲の中ではベスト5に入るほどのお気に入りナンバー)の 7、
壮大なインストナンバー 8、など、
速さばかりが目立つ1stアルバムに比べてドラマチックで重厚なサウンドに仕上がっている。
ジェイムズのボーカルはまだ細いけど、個人的には「MASTER OF PUPPETS」よりも好き。
やっぱ、これが最高傑作でしょう!!!
しかし、これだけ人気のあるバンドの作品なのに、なぜリマスター盤が出ないの?




121. 薬缶 ★★ (2006-04-11 22:54:00)

いや、これは完璧。3rdよりも好き。



122. 透明人間 ★★ (2006-04-17 22:01:00)

名曲多し。
これと「MASTER~」は甲乙つけがたい。





Recent 50 Comments



123. egonomic ★★ (2006-06-17 00:20:00)

めちゃくちゃかっこいい!!!
3rdは初めて聞いたときにピンとこなかった、でもこれを聞いたときはlightningが走った。勢いのある攻撃的な曲が多い。曲がタイト。
年齢的に、音質の問題もあってか昔のアルバムに大きな衝撃を受けたことはあんまり無かったけど、これにはすごく大きな衝撃を受けた。昔の(黄金時代の!?)すごさに本気で目を向けるきっかけになったアルバムでもある。
ちなみにこれは俺が生まれた年に出たアルバムだ!



124. 10倍太陽拳 ★★ (2006-07-12 18:51:00)

2nd。メジャーデビュー進出を果たすきっかけとなったアルバムでもある。
このアルバムで完全に(初期の頃の)メタリカのスタイルが完成した。
1stから約1年でここまで進化するとは誰も思わなかっただろな・・・
全体的にまだアンダーグラウンド色が強く、1曲目から勢いが凄まじい。
しかし前作と比べサウンドが格段にヘヴィになった。リフも更に破壊力を増し、構成力もレベルアップしたと思う。
またバラードを取り入れるなど新たな試みもありますね(4曲目)。
楽曲の完成度は前作に比べて大分高くなった気がする。
はっきり言って全曲おススメできる。あ、いやESCAPEだけ個人的には微妙です。
個人的に2ndと3rdはほんとに神がかってる。
ちなみにこのサウンドや曲構成の面において大きく貢献したのはクリフらしいです。
やはり彼はメタリカの柱みたいなもんだったんだなあ。メタリカは非常に勿体無い人材を失ったな。




125. 松戸帆船 ★★ (2006-07-20 21:10:00)

荒々しい1stより洗練された楽曲、きちんとしたサウンドプロダクションと、確実に進歩したことが判る2nd。
このアルバムまではムスティンの作曲クレジットがあるのもポイントですね。




126. ニューアイランド ★★ (2006-08-13 20:42:00)

「僕等がメタリカを始めた時、アメリカでこんな過激な音を出すバンドは居なかったんすよね。だから、コレだって思ったんです。こういう音ってやっててマジ気持ちいいんすよね」byJ
「理屈や理由なんか要らないんすよね。ただ僕等はこういう音が好きだからこういう音作りをしてる、それだけっすよ」byL
仰る通り!
だからここまで素晴らしい作品が出来たのさ。
こってこてスラッシュメタルナンバーの①、最高のメタルバラードの④、疾走感抜群のキラーチューンである⑦、どれを取っても最高!
誰が何と言おうと俺の中ではこれが最高傑作!
全てにおいてカッコ良すぎる!




127. エディ ★★ (2006-09-03 20:20:00)

ユニバーサル紙ジャケット盤発売に伴い、旧輸入盤のKill 'em all~metallicaまで買い替えました。この紙ジャケット盤シリーズはリマスターされていませんが、とかく輸入盤1st and 2ndに関して言えば音質向上してます。要は日本盤自体がもともとよかったってことなんかなぁ?HM専門誌は「Metallica聴くならMasterOfPuppetsを・・・」というのが常套句ですが、あおれは嘘。間違いなくRide the lightningが一番最初に聞くべきMetallica初級盤でしょう。初級盤とはいっても内容はHM史に残るべき名盤。MasterOfPuppetsと双璧を為す盤です。Fight・・・、Ride・・・、Fade・・・、Creeping・・・は過去20数年の彼らの楽曲の中でも外せない名曲です。…and Justice以降のMetallicaにはそれより前に出た盤のような精神性や芸術性に明らかに劣りますからねぇ・・・アルバム単位では(曲単位ではなんとか名曲つくってますがね・・・)。MasterOfPuppetsとの比較で言えばこちらは普遍的なHM(IronMaidenぽくもある)であるのに対し、Masterはプログレ的アプローチ。Metallica命でないHM好きが聴くとすれば・・・というより品質面で言えばこちらが上のような気がします。スラッシュメタルがダメな人でも、これはHM史上の名盤であることが分かるでしょう。



128. J.K.O. ★★ (2006-09-23 12:40:00)

メタリカの2ndアルバム。
3rdも素晴らしいですが、この作品もメタリカを聴く上ではずせない名盤です。
実は3rdよりもこの2ndの方を良く聴き込んでいます。




129. verga de ngro ★★ (2006-10-17 12:29:00)


★ オレ的世界遺産(ロック部門)認定No.094 ★



130. ラスカル ★★ (2006-11-09 00:14:00)

叙情、ドラマティック、ヘヴィと三拍子揃った(?)METALLICA流スラッシュが完全に確立されたと思われる2NDアルバム。
個人的にはたぶんMETALLICAで一番好きな作品だと思います!!!!
とにかく捨て曲など一曲もない楽曲の充実ぶりは驚異的!!!!
ギターサウンドも全アルバム中最も攻撃的!!!!(MASTER~以降の洗練されたギターサウンドも大好きですが)
MASTER~と双璧をなす超名盤!!!!
次は是非とも本作品の全曲演奏をやっていただきたいですね!!!!




131. ジョン・スミス ★★ (2006-12-24 13:25:00)

僕の中ではこれが最高傑作です。



132. BLAZING BLAST ★★ (2007-02-01 00:21:00)

1stは疾走感は文句無しだが、まだまだ演奏・楽曲面に未熟な部分があった。
3rdは完成度は間違いなく高いのだが、個人的にはいまいちスピード感に欠ける。
この2ndは上の2枚の丁度中間あたりに位置するサウンド。
荒々しくもへヴィでメロディアス。まさにMETALLICAしかできないへヴィメタルが詰まった1枚。
ジョン・スミスさんと同じく、個人的にはこれが最高傑作。
将来僕に子供が出来たら、ぜひとも聴かせてあげたいと思う。



133. 火薬バカ一代 ★★★ (2007-03-09 23:07:00)

METALLICAの代表作と言えば、3rd『MASTER OF PUPPETS』で決まりだろうが、あのアルバムに若干の冗長さを感じてしまう自分にとっては、METALLICAの最高傑作と言えば間違いなく、この'84年発表の2ndアルバム。
名手フレミング・ラムッセンが手掛けた重厚なサウンド・プロダクション、歌唱力向上著しいジェイムズ・ヘッドフィールドのVo、劇的なドラマ性を一層高めたツインG、要所でハッと耳奪われるフレーズを閃かせるクリフ・バートンのB、そして何よりパンキッシュなラフさが姿を消し、起承転結がバッチリと決まる、欧州へヴィ・メタル然とした構築美が前面に押し出された楽曲の数々が、素晴しいったらありゃしない。
スラッシュ・メタルの旨みエキスを凝縮したかのような完全無欠の名曲①に始まり、劇的なイントロ・リフに瞬殺される②、寒々とした空気を纏った③、スラッシュ・メタル・バンド初(?)のバラード④、再びアクセル全開となる⑤、メロディアスなサビが印象的な⑥、後半のハイライト・チューンと呼ぶべきドラマティックな⑦、ラストを重々しく締めるインスト曲⑧・・・と、全8曲、捨て曲なし。
荒々しく前のめりな勢いには満ち溢れていた反面、「青さ」も目立ったデビュー作から、まさに「飛躍的」と表現するに相応しい成長を遂げた、真の名盤。




134. 北播磨ガイド ★★ (2007-06-30 21:25:00)

①のインパクトが凄いですね。とても綺麗で、彼からは想像できないような美しいメロディに最初面食らってしまいましたが、地獄の底に叩きつけるかのように、歌詞から引用してたとえるならアルマゲドンの幕開けを告げるかのような怒涛のリフに最初「ええ~っ!」と腰抜かしてしまいました。そしてたたみかけるように続く②曲目にはもう失神寸前って感じです。
でも僕が一番好きなのは③と⑧で聞けるクリフのベースです。KILL'EM ALLでも度肝を抜かれますが本作のクリフのベースプレイには聞くたびに感動を与えてくれます。③なんて「オイ!オイ!オイ!オイ!」って叫ばずにはいられないっすよ。



135. ウカア ★★ (2007-07-04 08:36:00)

個人的には2,3番目に好きなアルバム。
とにかくかっこいい!



136. ICECLAD RAGE ★★ (2007-07-04 16:06:00)

METALLICAはこれと1stがあれば十分。



137. メンチカツ ★★ (2007-08-04 02:46:00)

前作から大幅に進化を遂げ、初期のメタリカのスタイルを完全に確立させた。
前作のような乾いたサウンドから欧州的な叙情性溢れる湿ったサウンドになり、
そして楽曲そのものもどこか冷めており全体的に哀愁感を放っている。
ここらへんの変化はおそらくクリフによるものだと思う。
大げさだがメタリカはクリフというコンポーザーがいてからこそこの躍進を遂げたと言ってもいいかもしれない。
自分は次作が最高傑作と思っているがこのアルバムも引けを取らない素晴らしいアルバムである。



138. 鋼鉄ジーグ ★★ (2007-08-07 14:33:00)

1stは、これから何か悪戯、悪さしてえなぁ~って試行錯誤してる時の
ワクワク感を感じさせてくれるアルバム。
この2ndは、風船に空気を入れる前、入れる時のドキドキ感に似たアルバム。
3rdは、膨らんで爆発する、した時の興奮を感じるアルバム。
4thは、もう小手先の悪戯に飽きて、冒険ごっこ、秘密基地を作ってる時の興奮に似たアルバム。
我がメタリカへの想い☆



139. メロ好きデス ★★ (2007-11-28 17:11:00)

METALLICAでいえば、この2ndが一番、好きですね。
3rdまではスラッシュアルバムとしてもHMアルバムとしても名盤だと思うし、私的にも気に入ってますけど、それ以降は・・・・。
1stのMETALLICAを知る者として、こんなにメジャーになるとはねぇ。。。



140. ワイルドライダー ★★ (2008-04-01 15:44:00)

メタリカのアルバムでは4thで衝撃を受け、5thでもり下がり、3番目に聴いたアルバムでした。
“どうやったら、こんなにカッコイイ音楽作品が作れるんだ?"という感じのアルバムでした。まず、アルバム全編を通して聴かれる重い金属的なリフのサウンド、これが一番好きでしたね。
①はリフだけでなく、中間部のソロパートもメチャクチャカッコイイ。
②、③、④、⑦、はもちろんカッコイイんですが、意外に思ったのは⑤がそれほど人気が無いこと。少なくとも高校時代は⑦のcreeping deathと同等かそれ以上にカッコイイと思っていました。
80年代のメタリカにハズレ無し!



141. ダッフル ★★ (2008-05-02 21:53:00)

叙情性を大胆に盛り込み人気が出始めた頃の作品。
悲壮感をまきちらしつつ攻撃的に疾走する様はまさに芸術。



142. ムッチー ★★ (2008-06-29 05:48:00)

1984年にリリースされた2ndアルバム。全8曲で47分の作品。
デビューアルバムから比べると、曲の構成や幅の広さにおいて、大きな成長が窺えますね。
さすがに、次作『MASTER OF PUPPETS』ほどの完成度は感じられませんが、
これも非常に良いアルバムだと思います。




143. 動く指 ★★ (2008-07-13 16:09:00)

すごい衝撃を受けました。



144. 雪歩の婿 ★★ (2009-01-11 19:01:00)

攻撃的でかっこよす。
荒々しさがクールで、普通にかっこいいですな。



145. Dr.Strangelove ★★ (2009-02-17 15:29:00)

良作。



146. クソアゴ ★★ (2009-03-15 12:45:00)



147. ぴーと ★★ (2009-03-25 00:52:00)

ミュージック・ライフ誌では星三つ。
葛城ユキさん(ボヘミアンの)がパーソナリティをしていたNHK-FMの番組で、なんとこのアルバムから何曲かかかったのです。
「Fight Fire With Fire」の美しいイントロにうっとりしながら耳をすましていたら、突然地獄がやってきました。
今聴けば、それほど激しく感じませんが、当時は衝撃的でしたよ。やっぱり。



148. お染さん ★★ (2009-04-25 10:39:00)

METALLICAがシーンの最前に立つことになった重要な名盤
1stのパンキッシュを混合させつつクリフ・バートンのインテリジェンス溢れるな曲作りがスラッシュメタルの新たな可能性を引き出している。
METALLICAを死ぬ前に一度でも生で見たい人は⑦の歌詞は覚えるべし



149. よしよし ★★ (2009-04-29 05:31:00)

私にとっては、METALLICAの中どころかHM/HRの中で一番のアルバムです。
時期的にもクリフ・バートン、デイブ・ムステインと他のメンバーが同時交差している時で、2人の志向も反映されているという奇跡的なタイミングの作品。
KILL 'EM ALLと比較して、露骨なNWOBHMフォロワーからの劇的な脱却・変化・独自の音楽を確立した作品。
またMaster Of Puppetsと比較して、収録曲全ての質が高くその差がなく、演奏も適度な荒っぽさというロック本来の魅力を残しています。
そしてなんといっても8曲全てが名曲ということ。
Trapped Under IceやEscapeが、なぜ一般的に軽視され気味なのか理由がわかりません。OrionよりThe Call of Ktuluのはずだと信じています。
個々の曲・作品全体の緩慢・構成・曲順もパーフェクトで文句のつけようが無い。
非の打ち所が無いというのは正しくこの作品のこと
どんなに粗探ししようとしても悪い点、不満な点が何一つありません。
間違えなく私はこのアルバムの信者です。



150. はっちゃん ★★ (2009-06-12 13:12:00)

ギターサウンドは気持ちいいのですが、ラーズのドラムの音に納得できません。
曲もクォリティが高いのに、ドラムだけが引っ込んだ音像は完全にプロデューサーの
失態でしょう。
このミックスにダメ出しできなかったということは、彼らの発言権がまだまだ弱かった
のでしょう。
…と思っていたら、なんとセルフ・プロデュースだった。
何故こんなドラムサウンドにしちゃったんだろう。
ギターソロの時なんか、はるか遠くの方でパタパタしてるのが気に入らないです。
楽曲が良いだけに残念至極。




151. エクスプローラー ★★ (2009-06-27 03:01:00)

★★★★★



152. 北限のメタル野郎 ★★ (2009-08-18 15:41:00)

サウンドプロダクションはイマイチだけど、これは「MASTER OF PUPPETS」にも引けをとらない名盤だと思います。
スラッシュ的側面が結構あり、凶暴な面も見せつつも、"Fade To Black"のような美しい面もある。素晴らしい。




153. 異様に今日は幼女親切DEATH ★★ (2010-01-10 11:37:00)

前作のパンキッシュでゴキゲンな感じは消え失せ、歌詞も含めて非常にシリアスでダークになりました。
ジェイムズの歌唱も前作での青臭さが信じられないほどドスが利いてます。
勢い良く突っ走るスピードチューンは減り、重厚さドラマチックさを増してより「聴かせる」作風になったと思います。
1~4の流れは完璧ですし、Liveでは「Die!!Die!!」の大合唱を巻き起こす7や、8分以上に及ぶインストナンバー8、と名曲が目白押し。
2作目にして早くもスラッシュバンドの域に留まる事を良しとしないメタリカの凄みを感じさせる作品です。
3rdよりも今作を最高傑作に挙げるファンの人が結構多いですが、もしかしたらこれを最高傑作に挙げる人は
後追いファンよりもリアルタイムでメタリカを聴いてきた人が多いんじゃないかな?
アコギの綺麗なイントロから怒涛のメタルサウンドへなだれ込む展開や4のあまりのドラマチックさには誰もが衝撃を受けたのではないでしょうか。
それからアルバムのトータルタイムが47分とメタリカ史上最も短く簡潔な内容になっているのも大きいかもですね。
なんにせよ「3rdよりコレ!!」という人の意見にも納得できる名盤だと思います。




154. しょじゆう ★★ (2010-02-04 13:56:00)

2nd。クリフのおかげか前作とはえらく変わり様式美でクラシカルになる。でも激しい。
クリフの死は惜しすぎる。美しいイントロからのFight Fire With Fire、Ride The Rightning、Cleeping Deathなどの激しい曲もあれば、Fade To Blackなどの静もある。




155. Hell Sky ★★ (2010-02-06 18:10:00)

なぜメタリカが有名なバンドなのかは1st~3rdまでを聴けば分かるだろう。
その中でもずば抜けてるのはこのアルバムでは無いだろうか?
Fight Fire with FireからRide The Rightningに流れ歪みまくったクリフのベースが
印象的なFor Whom The Bell Tollsかと思えばアコギから始まるFade to Black、かと思ったらTrapped Under Iceで飛ばす。あまり話題にならないが個人的に好きなEscape,
そしてなんといっても締めの2曲。Creeping Deathは胃が破裂するんじゃないかくらいな
かっこよさとDie!Die!Die!と一緒に合唱したくなるようなライブ栄え抜群の楽曲。
そして締めくくりであるThe Call of Ktuluのラストといったらもう。
メタラーでなくても聴いてみて欲しいアルバムですね。



156. メタル親父 ★★ (2010-02-19 20:49:00)

当時、この2stアルバムを買って衝撃を受けて、1stを新宿の輸入レコード屋さんに買いにダッシュ。ベルボトムのジーンズを履き、ひたすら頭を振るクリフバートンがかっこよくて好きになりました。
3stはある意味2stアルバムが進化したようなできばえでしたね。
クリフは来日前に残念ながら亡くなってしまいましたが(涙)
でも、中野サンプラザの初来日コンサートのあの異様な雰囲気....。今でも覚えてます。
今までのロックやメタルのライブと違う緊張感、オーディエンスは皆Gジャン(鎖だらけの)、革ジャン...。
今でも自分の一番のライブでした。



157. シュラルフ ★★ (2010-03-07 05:27:00)

こんな凄いもん一度聴いたら、他に何も聴けなくなります



158. ★★ (2010-06-25 06:29:00)

個人的には最高傑作ではないものの、間違いなく傑作の部類。
ただのスラッシュに非ず!そこが同系バンドと決定的に違う所。
ぶっちゃけ、メタリカさえいれば音楽生活には困らない。
スラッシュ、ハードロック、バラード、オーケストラとライブなど幅が広い。
そういえば、大学の授業でアメリカ人女教師に「メタリカ好きです」って言ったらメチャクチャ興奮してたな~(笑)あー懐かし。




159. ジョージべラス ★★★ (2010-10-02 00:46:46)

恐らくメタリカの最高傑作だと思います。当時スラッシュメタルとか言われてましたが
前作と本作は、普通の正統派パワーメタルで、疾走曲もそれほどない。メロディーが、
良く、メタリカのアルバムの中では一番メロディアスだと思います。ジェイムズの
歌がまだ高い声の時期で、この声がデフォルトなんだろうと思います。次作でスラッシュ
っぽくなりますが、メタリカはスラッシュバンドではないと思います。




160. Y151 ★★★ (2011-02-02 17:07:43)

METALLICAの中で一番好きなアルバム。
何も言わずに皆様に聴いていただきたい。



161. なっぱー ★★★ (2011-04-02 02:05:46)

最初の2曲のインパクトがすごすぎ!!



162. 寿司の殿堂 ★★★ (2011-04-10 23:20:38)

このアルバムのせいで(おかげでw)メタリカファンになっちまった。
捨て曲が一曲もない超名作!!
Master Of Puppets派の人も沢山いるが、とあるHR/HMのCDガイドにメタリカの一番の必聴盤として載ってたのがうれしかった。
バッテリーの入ってるMaster Of Puppetsも好きだがアルバム全体で聴くとこちらの方が圧倒的な迫力があると思う。
すべての音楽ファンに是非聴いてほしい!!!!



163. divine-faith ★★★ (2012-04-29 00:27:00)

収録曲の半分が6分超え(THE CALL OF KTULUとか9分近くある)で、
今思うとこのアルバムから彼等の大作志向が出て来ていたのかなと思うけど、
ダラダラとした冗長さは全く感じさせず逆にグイグイと聴き手を引きずり込んでいくのだから恐ろしい。
30年近く前のアルバムですが、昔のアルバムのウィークポイントになりがちな音質面も良好で、
8曲と今で言うミニアルバム扱いな曲数なのに、練られたアレンジと豊富なリフでお腹一杯になります
(これ聴くと、最近のバンドが曲のつまらなさを曲数で誤魔化しているのが丸分かりですね)。
BON JOVI同様、HM/HRの垣根を超えて支持される「一ロックバンド」になった感のあるMETALLICAですが、
1stの荒々しさと3rdの構築美性を併せ持つ本作はメタルバンドとしてのMETALLICAの一つの完成系だと思います。



164. netal ★★★ (2012-11-17 16:56:46)

「Metallicaの最高傑作は?」との問いは結構ばらけると思うが、私の場合はこれと答える。
1stは疾走感と攻撃性こそ心地良いがそれ止まりだし、3rdは冗長に感じる所もある。
確かにこの前後の2作も好きだが、両者のバランスと冷徹なリフ&旋律、よく練られた曲展開いずれの面でも極めて優れているこの2ndには敵わないと思う。

⑤⑥は個人的にいらない曲だが、それ以外は間違いなく素晴らしい曲ばかり。
音像を除いて、30年近くも前の作品でありながら古臭さなど微塵も感じない名盤。
やはりバンドラインアップ4人(+Mustaine大佐の作曲)を含め、黄金期と呼ばれるに相応しい。

2013年6月4日追記:聴き直してみると、実は⑤も疾走感溢れる良曲だと思いました。

気に入り度…92/100

おすすめ…Fight Fire With Fire




165. ヤング兄弟 ★★★ (2013-03-30 21:19:55)

前作の荒々しさや若々しさをメジャーに昇華させつつ垢抜けた2nd。
次作でバンドの音楽性は一つの極みに達した感があるが、僕はこっちの方が聴きやすい。
緻密な構成美の中の荒々しさに好感が持てるし、どことなく軽快さがある。
メタリカの作品の中でもとても強靭なメタルが聴ける傑作です。




166. 名無し ★★★ (2013-12-06 01:16:00)

何度聞いても飽きないわー

全曲すき



167. knkngkgk ★★★ (2014-01-30 00:53:58)

デビュー作のパンキッシュさはすっかり消え失せて、シリアスで重厚な雰囲気。vocalも別人か!?ってくらいドスが聞いてて説得力が出てきました。
しかもアコギのイントロから激烈スラッシュに雪崩れ込むという静から動のスラッシュメタルの一種の様式を作り上げながら、2作目にして早くもスピード重視のスタイルから脱却しており、Fade to Blackのようなバラード調、Call of Ktuluのような大作インスト曲まで作ってしまうのがメタリカの凄いところ!!もちろんCreeping Deathというアンセムも見逃せない!Die!!Die!!



168. 名無し ★★★ (2014-05-06 14:31:58)

このアルバムの雰囲気がたまらなく好きだ、



169. てかぷりお ★★★ (2014-05-11 23:05:44)

飛躍の2ndアルバム
前作Kill 'Em Allも素晴らしいけれど、この作品でMETALLICAは一回りも二回りもアップデートしてこの先シーンに君臨することを予感させるくらいのバンドになったとかよく言われてますよね
音質は正直そこまでよくないけれど、このアルバム全体から発せられる異様な緊張感が凄いです
しょっぱなのFight Fire With Fireの地響きのような圧力にやられました
どの曲もよく構成が練られていて一癖も二癖もあり、シンプルな曲な好きなリスナーには少し気に入るまで聴きこむ必要があるかも知れないけれど、この作品を聴かず嫌いするのはもったいないと思いました
聴かず嫌いしていた人がいうのだから間違いない




171. ITG ★★★ (2016-04-20 04:16:44)

初期の名盤はこれ!!
1曲目の爽やかな印象を与えるアコースティックの音から激しい演奏に変わった瞬間、もう夢中になりました。
Master~という名作もこの作品を通過したからこその完成度だと思います。
Metallica初心者、メタル初心者は最初にこれ!!



172. kuroiyuki ★★★ (2016-06-06 22:19:43)

METALLICAの音楽性を確立させた2ndアルバム。

①を聴けば、前作に比べ、キレ、速さ、速さ、展開どれを取っても劇的に進化していることは一目瞭然である。
冷たく無機質な音と叙情的でメロディアスなギターワークの対比を表した長編作品の④⑧、後のMETALLICAを思わせる⑥、速さを落としよりヘヴィに仕上げた③なんかは前作には見られなかった楽曲である。
やはり、カークとクリフの両名が作曲に関与したのは大きい。(特にクリフのコンポーザーとしての才能は評価すべきものである)

一般的には次作の方が人気ではあるが、個人的には本作を推す。

個人的オススメ
①③④⑧
特に④はメタルシーン屈指の名バラードだと思う。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示