この曲を聴け!
THE LAST IN LINE (1984年)
MyPage

THE LAST IN LINE
モバイル向きページ 
解説 - THE LAST IN LINE
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. youngsoo ★★ (2000-06-06 04:43:00)

一曲目から、もう、ノラズにはいられません!所々RAINBOW的な手法(?)が用いられているが、そこはご愛嬌ということで、賛否両論あると思いますが、個人的にはこれから聴いてほしい!
(気に入ったからといってヴィヴィアンを追いかけるのは止めましょう)
イ~~~ヴゥオ!



2. ピッペン ★★ (2001-03-13 14:45:00)

個人的には、このアルバムこそがDIOの最高傑作。曲調もヴァラエティに富んでいるし、メロディも最高。勿論ヴィヴィアンのギターはいいし、御大の歌唱は言わずもがな。最後の“Egypt(The Chains Are On)"のミステリアスな曲調も、“Gates Of Babylon"を(やや)思い出させます。“We Rock"“The Last In Line"などの有名曲など、秀曲揃いです。



3. shura ★★ (2001-11-10 21:59:00)

RAINBOW的な手法は元RAINBOWが2人いるから当然だし、嬉しい!
Evil Eyesって今聞くと曲調も展開もDioとしては異色なんだけど、この曲が最高!



4. HIGASHI ★★ (2002-01-18 00:34:00)

僕もDIOのアルバムの中ではこれを一番に押したい!
特にタイトルトラックはまさにロニー世界の極み。この一曲だけでも買って得するアルバムと思えるが、もちろんその他の曲も素晴らしい出来で文句のつけようがない。唯一7がポップな出来だが、許容範囲ではないでしょうか。




5. かわち ★★ (2002-09-17 22:28:00)

レインボー、サバスで「いい仕事」をしてきたロニーが自分のバンドDIOを率いての2ND。
1STはまだ手さぐり状態の中で作られたように思えるが、この2NDでは自信に満ち溢れたアルバムとなったのではないか。
それと最近は知らないが、この頃のヴィヴィアンはGムーアの影響が強く感じられる。当時の雑誌のインタビューでも「オリジナリティーを持て!」と良くロニーに言われたそうな。
ま~とにかくこのアルバムは1STよりも聴きどころは満載。
ロニー3部作は「RISING」と「HEAVEN~」とこれで決まりです!!




6. うにぶ ★★ (2003-03-25 23:46:00)

(1)「WE ROCK」と(2)「THE LAST IN LINE」は名曲。スピードナンバー(4)「I SPEED NIGHT」、妙にさわやかな(6)「EVIL EYES」、ポップな(7)「MYSTERY」、妖しい雰囲気が漂う(9)「EGYPT」と、曲のヴァリエーションも豊富な傑作です。
ロニーの歌声の魔力は素晴らしいなぁ。




7. kanyuuu ★★ (2003-07-03 17:41:00)

DIOのアルバムって、何か曲の質にばらつきがありませんか?
このアルバムには、2や9といった名曲があるが、いわゆる「捨て曲」と感じられるものもあり、(私だけ?)
アルバムトータルで楽しみたい私としてはDIOのアルバムは総じてそこが不満。
しかし曲単位で聞く人には、DIOのいい曲ってハンパなくいい曲だから満足出来るんじゃないでしょうか。




8. バクネ ★★ (2003-08-21 16:20:00)

超名曲"We Rock"で幕を開けるDIOの2ndアルバム。
続く"The Last In Line"でもロニーのゴッドヴォイスが炸裂!!(ラァムゥゥゥゥ!!じゃないよ)
この他にも、"I Speed At Night" "Evil Eyes" "Mystery" "Egypt"等
ロニーのVoとヴィヴィのGが堪能できる高品質のHMを、全9曲収録した本作は間違いなくお薦めできる名盤です。



9. Rainbow2002 ★★ (2003-08-25 02:36:00)

Holy Diverももちろん素晴らしいですが、名曲とそうでない曲とのギャップが
激しいかな。こちらは、悶絶の名曲"We Rock""The Last In Line"の2曲が飛びぬけて
ますけど、他の曲もなかなか。
Evil Eyes,One Night In The City,Mysteryも相当名曲だと思います。
I Speed At Nightも良いけど、Stand Up And Shoutの二番煎じって感じがします。
もちろん、良い曲ではありますけどね。
ベスト盤も出てますけど、それよりもまずはこのアルバムから聴きましょう!



10. STORMBRINGER ★★ (2003-12-22 13:48:00)

初めてDIOというバンドに触れた記念すべき思い入れのあるアルバム。
まだこのころはヘヴィじゃないので大衆ウケすると思います。DIOの最高傑作かな。
「WE ROCK」を最初聴いたとき唖然としました。あまりに強力な曲なので。
音質がリマスター盤なのにコモリぎみで残念。




11. けんしょー ★★ (2004-03-23 12:24:00)

個人的に、DIOのNo.1アルバムと思ってます。
なんといっても、"We Rock"がすんばらすぃー!!!
他にも、"I Speed At Night" "Evil Eyes" "Mystery"なんか、バラエティに富んだ名曲がズラッと。




12. 80's ★★ (2004-08-08 04:36:00)

疾走感、この一言に尽きる。
Judasもいいけど、このアルバムは最高!!



13. 帝王序曲 ★★ (2004-12-09 20:13:00)

DIOといえば、つい疾走ナンバーばかりに耳が傾きがちでしたが、よくよく聴き込んでみるとミドル、スローテンポの曲にも魅力満載であることに気付きました。
完成度では、前作よりもはるかに本作の方が勝ってます。
捨て曲一切なし、DIOを代表するアルバムと言ってもいいでしょう。




14. せーら ★★ (2005-01-06 00:20:00)

1曲目に疾走曲、2曲目にじっくり聴かせる曲を持ってくる辺りが1stによく似ている。が、前作よりもずっと派手な作りになっている。
最初の2曲でハマること間違いなしだが、ラストの「EGYPT」のドラマ性も凄いので、「WE ROCK」とタイトル曲だけ聴いて満足せぬように(笑)




15. 蛇めたる ★★ (2005-03-28 15:28:00)

圧倒的な歌唱力の持ち主であるロニー・ジェイムス・ディオのバンドの傑作。
疾走ナンバーはやっぱりカッコイイし、ミドルテンポのナンバーもそれなりにいい。
ヴィヴィアンのギターもうまいけど、主役はディオ。
メロスピのお子様的歌唱じゃ、いつまで経っても追いつけない「獅子の肺を持つ男」のヴォーカル。
素晴らしいね。




16. 鉄鉢 ★★ (2005-10-24 20:36:00)

1stの音楽性・様式美メタルを引き続き追求した2nd。
前作との違いは・・・初っ端から「We Rock」~「The Last In Line」と、彼らの代表曲と言えるキラー・チューンが存在するコトでしょう。
楽曲の充実度、全体の完成度はコッチのが少し上・・・かな?
21世紀の今、このアルバムを「初めて」聴く人が・・・どんな印象を受けるのか・どれ程のインパクトを感じるのかは解りませんが(正直古臭いという感想もあるでしょうね)、間違いなくコレは名盤の一枚でしょう。
今時のHM/HRバンドで、(この頃の)ロニーくらいの力量を持つヴォーカリストが・・・はたして何人いるでしょうか。




17. noiseism ★★ (2005-11-23 17:06:00)

KeyにClaude Schnellを迎え、どこを切ってもDIOの音って感じになってきた。
捨て曲がないとは言えないが、良い出来だと思う。
私は"様式美"というのはこのあたりのサウンドを指すと勝手に思っている(^^;




18. はちべえ ★★ (2006-02-14 19:59:00)

「WE ROCK」、「EVIL EYES」等、これまたロニー節全快の最高のメタルがそこにある!しっかし、ヴィニーのドラムは物凄いな~。



19. アトムの子 ★★ (2006-05-19 13:35:00)

このアルバム評価低いですねえ。最高に良いのに。



20. (_)db カンチョー♪ ★★ (2006-09-17 04:38:00)

Voがめちゃくちゃいいのは当然として
全パートいいよ。



21. 10倍太陽拳 ★★ (2006-11-29 17:20:00)

個人的に前作より好きです。
というかロニーの全キャリア中でも屈指の完成度を誇っていると思う。
前作とほぼどう路線だが楽曲が前作より洗礼されているし
前作では1曲しかなかった疾走曲が増えているところも個人的にプラス評価に繋がった。
捨て曲なしの様式美HR/HMの名盤。
特にwe rockは超名曲。これ聴くだけでも買う価値あるぞ!!




22. リュコス ★★ (2006-12-07 18:20:00)

ああ・・・初めて自分で選んで買ったCDがこれです。
CDラジカセ(古)にかけた途端の衝撃!



23. 3割2分5厘 ★★ (2006-12-09 19:05:00)

「最強」。この言葉しか思い浮かばない。
1stで唯一物足りない点があるとすればスピードナンバーが1曲しかなかったことだろうが、この作品は凄い。
スピードナンバー、ミドルナンバー、スローナンバーのバランスが完璧だ。
メロディは相変わらず見事。1st聴いてからこちらを聴いてほしいな。




24. ウカア ★★ (2007-07-04 09:25:00)

上に同じく「最強」



25. Dr.Strangelove ★★ (2008-03-02 22:06:00)

1stとこんなに票の差が開いてるのが解せない。
傑作。




26. モブルールズ ★★ (2008-05-04 10:06:00)

正統派ヘヴィメタルというジャンルの中で十本の指に入る名盤。



27. ブレイクマン ★★ (2008-07-21 22:24:00)

さすがに「DREAM EVIL」より順位が下というのは有り得ないので、票を投じます。80年代メタルアルバムのベスト10には入る作品だと思うな。



28. 失恋船長 ★★ (2008-12-06 19:16:00)

いかにもDIOらしい様式美然としたメロディアスなフレーズと重量感が見事に調和した名盤です。僕のような若輩者がコメントするのも憚れるくらい説得力に満ち溢れています。細分化した今の時代だからこそ80年代のメタルシーンを牽引していた彼らのサウンドにまずは触れてもらいたいですね



29. ムッチー ★★ (2009-02-22 00:46:00)

1stよりもこっちのほうが好きですね。
名曲「WE ROCK」の他にも、なかなかいい曲をそろえてます。




30. Beck0624 ★★ (2009-02-23 10:18:00)

個人的にはホーリーダイバーよりこちらのアルバムが好きです。ホーリーダイバーを一枚そのままライブでやる企画が成り立つくらいであれば、こっちもやって欲しいくらい。ロニーはいつも完璧.どのアルバムでも言うことは無い。先のホーリーダイバーでまだヴィヴィアンは若かったと書いたけれど、このアルバムに彼の完成形がある。構築された様式美ソロのThe last in line、ワイルドに迫る We rock、彼の十八番フレーズが満載の Evil eyes、そして彼の最高速ソロが聴けるSpeed at nightと大きく成長している。ただ残念なことにそこから彼はジョージリンチの真似に方向転換しようとするのだな.次のアルバムはその結果、非常にソロの質が低いアルバムになっている。



31. はっちゃん ★★ (2009-06-22 02:20:00)

本作リリースに伴うプロモーションでスーパー・ロック85に出演してましたね。
恐ろしいことに、日本テレビの24時間テレビでライヴ中継!!
今じゃ考えられません。
「HOLY DIVER」と「THE LAST IN LINE」をうまくメドレーで繋いだりしての
ライヴアレンジは見事でした。
ヴィヴィアンのギターも「ライヴだから相当荒いんだろうな」と思っていたら、
結構ミスも少なくタイトなプレイをしていたのが印象的でした。
で、放送を見て、かっこよかったので本作を購入。
1stより確実にクオリティが良くなってます。楽曲、プレイ、サウンドプロダクション、
バンドとしての「DIO」がこのアルバムで確立されたんじゃないでしょうか。
ヴィヴィアンの成長も聴き所のひとつ。前作では、まとまりに欠けるプレイが
なんとも歯がゆかったのですが、ここでは頑張ってます。




32. ジミーベイン ★★ (2009-09-05 06:58:00)

まさしくヘヴィ・メタルを代表する「最強アルバム」です。
バンドとして最高潮に結束力を固持できた時期だったからこそ、このような「魂」のこもったアルバムが作れたのだと思います。事実、この時期のライヴ映像を観ても本当にすばらしいパフォーマンスを繰り広げています。
昔私の知り合いが「The Last in Lineアルバムのジミーベインのベースがすごくロックというか、ガッツを感じさせるのよ」と言ってましたが、まさしくその通りだと思います。
名前と同じでかなり「地味」なベースかもしれませんが、ジミーベインとヴィニーアピスのリズム隊はこれまでのバンド史においてもかなり最強の部類に入る、と思っているのは私だけでしょうか?。
このアルバムでも黒のヤマハのBB2000ベースを使ってると思うのですが、ベース側でどのようなボリュームセッティングをしていたのかがすごく知りたいですね。
私の予想ではリア、フロントピックアップともボリューム全開で、トーンボリュームはしぼってるのかなと思うのですが。
どなたか詳しくご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。



33. モブルールズ ★★ (2009-12-12 23:04:00)

この頃のDIOは無敵だった。PRIESTよりもMAIDENよりもすごかった。とくにライヴにおけるロニーの圧倒的な歌唱力・存在感、そしてエンターテイメント性の高さは群を抜いていた。中世の物語を歌った歌詞をきらいな人もいるみたいだが(ヴィヴィアンも含む)、この音楽性にはマッチしていると思う。曲もすべてのパートも最高。HMのひとつの理想形だろう。



34. slayerすげえやー ★★★ (2011-08-22 22:23:51)

1曲目のような疾走曲もDIOの特徴の一つであるが、タイトルトラックのようなミディアムテンポで聴かせる曲にこそ、DIOの魅力がたっぷり詰まってると思う。1stといい、この2ndといい素晴らしいアルバムである。
ヴィヴィアンのギターが1stより進歩し、冴えわたっている。
こちらも名盤!!



35. 火薬バカ一代 ★★★ (2013-10-29 22:30:27)

'83年にリリースされるや、全米アルバム・チャート最高23位にランクインしてプラチナムを獲得。自他/名実共に認めるDIOの代表作たる2ndアルバム。
スピーディな“WE ROCK”で幕が上がり、続くのは重厚なアルバム表題曲“THE LAST IN LINE、後半にはポップ風味を効かせたメロディアスな“MYSTERY”を配して、最後はドラマティックなへヴィ・ナンバー“EGYPT”で締め括る・・・という構成は、まるでデビュー作の曲順と鏡写しのよう。
強力無比なロニーのVo、ヴィヴィアンのフラッシーなGワーク、ヴィニーのソリッドで疾走感溢れるドラミングから生み出されるハードネスやドラマ性を損なうことなく、正式メンバーに昇格したクロード・シュネルが奏でるKeyのフィーチュア度も高められた楽曲は、それと共に一層キャッチネスが強化。雄々しくノリ良く勇ましく、全世界津々浦々のHR/HMファンの合唱を誘発しながら駆け抜ける“WE ROCK”は、DIOの追求する音楽の一つの完成型を提示した永遠のロック・アンセムと言えましょう。
その他にも、邦題“闇夜の暴走”に相応しい飛ばしっぷりが痛快な“I SPEED AT NIGHT”、ロニー独特の絡み付くような歌唱がエキサイティングな“ONE NIGHT IN THE CITY”、キャッチーな“EVIL EYES”等、DIO入門編にこれ以上ないぐらい相応しい、名曲揃いの名盤。
個人的にDIOのアルバムで一番好きなのはデビュー作なんですが、最高傑作ってんなら間違いなくコレかな、と。




36. 枯林 ★★ (2014-02-10 02:48:59)

1stに続きこちらも名盤。
やはり時代や正統派メタルということもあってザビがタイトル連呼系なのは仕方ないとして、それ以外の部分がメロディアス!代表曲の①意外なイントロがオイシイ②サビ意外が素晴らしいスピードメタル④個人的に好きな⑤ソロが好きな⑥自分は異色の歌モノである⑦など良曲が目白押し!

1stより好きです!




37. MIT ★★★ (2016-03-28 13:02:31)

他の人とかぶるけどとにかくギターがかっこいい!!
デフレパードに加入前の若か利し頃のヴィヴィアンのメタルメタルしたリフとテクニカルなソロ デフレパードしか知らない人はこれ聴いたら衝撃を受けるんじゃないかな(^w^)
自分もデフレパードから彼を知ったからこれ聴いたとき小便ちびりそうになった(笑)


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示