この曲を聴け!
ASSAULT ATTACK (1982年)
MyPage

ASSAULT ATTACK
モバイル向きページ 
解説 - ASSAULT ATTACK
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



6. HIRO ★★ (2001-08-23 20:26:00)

これこそMSGの幻の最高傑作だと思う。
初めて聴いたころはグラハムのあのいかつい声が大嫌いだったが。



7. バンJUN ★★ (2002-01-30 00:20:00)

私も「Dancer」で打ちのめされた一人です。当時、「伊藤政則のRock Today」っちゅうラジオ番組で、シングル発売前に聞いたこの曲にはブッ飛びました!「グラハムとマイケルのコンビは最高じゃ~、売れなくてもいいから(笑)このメンバーで続けてくれ~」と思い速攻でアルバムを買いましたが、直後にやっぱりグラハム脱退しちゃいました(涙)。でも、今でもこの2人の絡みは最高だったと思ってます。



8. R ★★ (2002-11-15 03:21:00)

このCDは最高傑作だと思う!全てが素晴らしい・・音も間も声もリズムもなんというか
一体感がある 凄くヘヴィだ。ジャケもカッコイイ笑



9. まさやん ★★ (2003-02-07 21:19:00)

吟遊詩人氏の仰るように私も「本作のひそかな肝はタイトかつ重いリズム隊にあるとおもいます。」は同感です。こんなに無駄な音の無いアルバムはちょっと無いと思います。二大ヒーロー(MS GB)の実力をまざまざと見せつけられます。ゲイリー、ロビンの声は好きになれませんが、グラハムはピッタリきます。M・S・Gの最高傑作と太鼓判を押させてもらいます。



10. なP ★★ (2003-02-21 02:04:00)

どの曲も聴き込めば、ヘヴィな曲調の中に美しいメロディが息づいていることが分かるが、全体的な難易度は高い。3連のシャッフルナンバーが多いのが特徴。
その中でPOPサイドに振り切ったシングル曲Dancerの素晴らしい出来がとりわけ光っている。Ulcerはメロの繰り返しが多くマイケルのインストの中でもアイデアに乏しい駄曲の部類。
しかしまあ、燃えたぎるギターを槍のように抱えるジャケットはカッコイイですね。
マイケルもグラハムの素養の解釈をヘヴィネスか極端にPOPと捉えたようで、
Rainbowのブレーン達が取った方法論を取っているのが興味深い。
次のアルバムでPOP化が爆発してるので、Rainbow程度にPOPサイドを増やせばもっと名盤になったかも。




11. FUN ★★ (2003-05-14 02:54:00)

MSG全作品の中で、圧倒的ヘヴィな音だ。
グラハムのヴォーカル、ほんとにカッコイイ。
後半、捨て曲臭いものもあるけど、リズム隊もヘヴィ&タイトな
聴き応えたっぷりのアルバム。



12. エビフライ ★★ (2003-08-30 23:36:00)

MSGのアルバムの中ではイチバンです!グラハムのVoも驚異的にうまいと思います。
でもライヴだと歌えないかも、、、タイトルチューンも勿論良いですが、実は「サムライ」が
大好きです。



13. GEORGE ★★ (2003-11-15 23:14:00)

いきなりヘヴィなリフで幕を開けたのでびっくり。
そしてグラハムの暑苦しい歌で二度びっくり。
ヘヴィかと思えばポップになったりでバランスとってる。
いやー、グラハムってギタリスト主導のバンドで歌わせたら天下一やね。
聴いてるこっちまでこめかみに血管浮いてきそう(笑)。
中でも特にDANCERが好き。




14. 空き部屋 ★★ (2004-01-12 22:39:00)

危うく幻のメンバーになるところだったグラハム。ホンマ入れ換えられなくて良かった。
これでコージーが叩いていれば文句ナシだけどね。MSG史上最もメタリックな作品だ。
レインボー脱退時、"オレはヘヴィ・メタルなんて大嫌いだ!"なんて言ってたクセに本作では最高のヴォーカルを披露し、これでもかと言わんばかりの歌いっぷりだ。
最高のオープニング曲"アソート・アタック"、続いてミドル・テンポのヘヴィな"ロック・ユー・トゥ・ザ・グラウンド"、究極のハード・ポップ・ナンバー"ダンサー"、ヘヴィで僕のお気に入りの"サムライ"、じっくり聴かせる名曲"デザート・ソング"等、演奏だけでなく楽曲群も充実しており、マイケルの気合も十分感じられる。
あ~このメンツでライヴ観たかったなあ。たった1曲とちょっとでステージ降りてそのまま脱退なんて....。ホンマ凄い奴だよ、グラハムは。



15. カババー ★★ (2004-02-16 01:16:00)

買ってしばらくはDANCERばっか聴いてましたが、他の曲もよく聴くといい曲があるんですよね。
しかしこのアルバムには「一撃必殺ギターソロ」がないのは痛い!他の初期M. S. G.やUFOのアルバムなんかは必ず一曲は自分のなかでヒットする曲があるんですがね。
ま、DANCERの出来があまりにもいいんで…うむ。
グラハム歌もよいし…正統派ハードロックの名盤としておきましょう。




16. フライングV ★★ (2004-07-06 11:31:00)

オープニングの『Assault Attack』、らしからぬアメリカンロック的な軽快なロックナンバー『Dancer』、
3連リズムが心地いい『Samurai』、マイケルらしいリズムギターがかっこよく時には哀愁漂わせる
ドラマティックでメロディアスな名曲『Desert Song』!
確かにコージーに引き続き叩いて欲しかったな~。
でもこのジャケットはマイケルのアルバムの中で一番素晴らしいと思う。
当時(中学生)余りにも感動して、このジャケットの"黒のTシャツ"を2枚も買って良く着させてもらいました。




17. QBC ★★ (2004-09-17 00:04:00)

グラハム最高です!
曲もいい!
MSGで一番好きなアルバム!
何度聴いても飽きない!



18. 帆船 ★★ (2004-10-23 04:18:00)

奇跡の名盤!
MSGにグラハム加入のニュースを知った時、Armed And Readyを歌うグラハムがどうしても
想像できませんでしたが、心配御無用でしたね(笑)。
発売前はUlcer(インスト)ばかりがラジオで流れ、やきもきしていたのを思い出します。
そのくらいマイケルのギターとグラハムの組み合わせが想像の域を超えていたのです。
いざその出来上がりは、凄まじい楽曲とみごとに合致したヴォーカル。まさに奇跡!
スタジオではうまいグラハム(笑)が炸裂していて大満足な作品。
とにかくハマる曲が多いです。
Broken Promisesが一番好きです。



19. 常吉 ★★ (2004-12-25 06:10:00)

何か全体的に「惜しい」印象のある作品。とにかくMIXに問題があったのか、せっかくのグラハムのボーカルが聞き取りにくいのが前作ほどの親しみ安さをかんじさせない。
テッド・マッケンナも下手じゃないのに無理矢理ヘビーに叩かされてる感じで、次作が非常にバンドに上手くはまってたので、その点からもグループとしての統一感が全然ない印象をうける。曲はそんなに悪くないんだけどね。



20. EXP214b ★★ (2005-02-08 20:31:00)

これ凄いネ!物凄いキレアジって感じ!
リミックス版借りて聴きかえしたらなんか新たな感覚
こんなに良かったっけって感じもある。
やっぱりアンディパーカーやテッドマッケンナなんか
がマイケルとのマッチングではベストだったんじゃな
いかなって思ってるけど。
グラハムの歌は好き嫌いが分かれる声だとは思うけど
このアルバムって彼のベストのひとつに間違いないん
じゃないのかな。歌メロ書けないってうわさもあるけ
ど、それにしちゃカッコ良すぎない?コレ!
唯一引っかかるのは誰かが書いてたのみたこともある
けどソロが珍しく"アドリブなんじゃナ~イ"ってと
ころだけカナ?やっぱマイケルは構築美の鬼って昔か
ら思ってるんで…"ザンネーン"



21. 翔則 ★★ (2005-02-11 19:06:00)

全曲捨て曲なし、文句なしカッコいい。
グラハムとマイケルシェンカーの復活を期待します。



22. 帝王序曲 ★★ (2005-02-13 00:14:00)

へヴィな曲調に叙情的で美しいメロディが挿入されていたりと、味わいある、完成度の高い曲揃い。
グラハムの持ち込んだポップ性と聴き込み甲斐のあるへヴィネスとのバランスがとれたアルバム。聴いて損なし。
それにジャケットが図抜けてカッコいい。ギタリストとして主役を張るならこうでないと。インギー君には見習って欲しい所だ。




23. セッキージョーダン ★★ (2005-03-12 02:30:00)

パワーと哀愁のあるメロディーが融合した名盤です。
グラハム・ボネットの雄叫びが、見事にマイケルのギターとバトルしています。
その後のビデオクリップの、ゲイリー・バーデンの「DANCER」のビデオクリップも、結構気に入ってたりします。
当時ポップといわれていましたが、楽しい曲は楽しいでいいじゃないですか。




24. QBCj ★★ (2005-03-26 03:02:00)

ちなみに、このアルバム、めちゃめちゃ音がこもってて
最悪だったんだけど、デジタルリマスター盤を買い直してみたら、
さすがに音が格段に良くなってて、最高!
前が悪すぎたからなぁ・・・



25. HIRO-SKYWALKER ★★ (2005-07-28 10:49:00)

確かにこの曲調ならコージーにもグラハムにも合う。ギターの音色はコージーの音とはやっぱり合わないだろうけど。「アルサー」「アソートアタック」はコージーでないと収録する意味が半減する。でも叩いたのはテッドマッケンナ。ドラムの音がスネアもバスドラもなにか好きになれない。本作品で特筆すべきはギターソロ。このアルバムでマイケルは、ある種マイナー弾きの究極に到達した。暗く悲しくヘビー。スピードとスローの自在なコントロール。そしてタイム感はマイケルのキャリア中最も正確。そして印象的なメロディ。曲作りのピークは過ぎたが、ソロは最高点を迎えた。私は作曲者としてのマイケルが好きだけれど。



26. ゼンダ ★★ (2005-11-26 02:43:00)

なかなかの名盤だと思います。
発売当時、評価が低かったのが不思議です。(直後、グラハム脱退の為?)



27. 暗黒騎士MARS ★★ (2005-12-21 13:31:00)

私もこの作品のジャケは最高だと思います。美しいですよね。
グラハムの歌も最高の出来ですね。タイトル曲は永遠の名曲。ポップなDANCERも良い。




28. アウトランダーズ ★★ (2006-02-18 18:11:00)

前2作と比べると全体的に緊張感バリバリな作品になっている。
特にグラハムのヴォーカルは脅威的でマイケルのギターもそれに映響されてか気迫に満ちたプレイが印象的。
特に 1、 2、4、6、などは他の作品には見られない凄みが感じられ、逆に本来のマイケルらしい曲の 3、やインストの 8、が浮いているように感じてしまうほどのド迫力。
これこそコージーが叩かねばならない作品だったのではないか?
MSG史上もっともへヴィな名盤。




29. ふぁうすと ★★ (2006-03-07 14:59:00)

グラハム・ボネットの圧倒的な存在感を味わえる3rd。
ポップ&キャッチーな「Danser」がアルバムの中では異様に目立つ気がしないでもないけれど、「Assault attack」「Desert song」のような緊張感の張り詰めた楽曲もあり、グラハム声が最高。
グラハム参加作品の傑作のひとつ。(他はRainbow『DOWN TO EARTH』、グラハムのバンドAlcatrazz『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』。)




30. アドマイヤディオ ★★ (2006-04-20 18:32:00)

このメンツでもう二・三枚作って欲しかった。新譜でグラハムが歌っているらしいから楽しみ。今からでもいいから一緒にやってくんないかな。おたがい丸くなっているでしょ。あ、丸くなったらだめなのかこの二人は。



31. アトムハート ★★ (2006-05-22 01:04:00)

リマスター盤に収録されているボーナストラック「Girl From Uptown」は決して捨て曲ではありません。当時「Dancer」のB面で、この2曲を聴きながらアルバムの発売を待ち焦がれていた。あぁ懐かしい。



32. まんだむ(リニューアル) ★★ (2006-08-09 20:11:00)

リマスター盤を聴いて改めて本作の充実ぶりを実感。
スリリングな曲、じっくり盛り上げる渋い曲、さらにはポップなものまでバランス良く収録されています。「ROCK YOU TO THE GROUND」「DESERT SONG」といった長めの曲が実に渋くドラマティックです。アルバム後半はややダレる気もしますが。
ポイントはやはりグラハムの存在感抜群の歌で、正直好き嫌いがハッキリ分かれるでしょうが、あらん限りの力を振り絞るスタイルは否応無く聴き手をねじ伏せる迫力に満ちています。裏声を使わずグイグイ伸びる高音も見事。
分離が良くブライトなギターサウンドも本作特有のものだと思います。このサウンドを生かした様々なリフワークが堪能できます。
ギターソロも素晴らしい。緊張感をじわじわ煽るフレージングとハッとする美しいメロディのコントラストが鮮やかで、ソロ前後のちょっとしたアレンジや展開含め、非常に冴えわたっています。
上で何人か触れられていますが、タイトかつ重量感あるリズムセクションの貢献度も大きい。僕は前作のコージー・パウエルよりテッド・マッケンナのドラムの方が好きですね・・・
ボーナストラックの曲もなかなかカッコいいですよ。




33. メタル伝道師 ★★ (2006-09-25 00:35:00)

グラハムが加入した3rd。
もしコージーが脱退していなければ凄い事になっていただろうが、そんな事は関係なく本作の出来はかなりのものだと思う。
本作から加入したテッドのドラミングをはじめ演奏陣の充実ぶりはかなりのもの、曲調は前作に比べると渋めで全体的に暗い曲が多いが
グラハムの力強い歌唱で「渋いが地味ではない」というところまで楽曲のレベルが引き上げられており、あらためてグラハムの存在感と彼のボーカルの力量の高さを示した1枚となった。




34. ライキチ ★★ (2006-10-16 19:42:00)

このアルバムは昔間違えて2枚買ってしまった思い出がある。
リマスターを買って改めて聴いてみると、捨て曲なんてないな~と思った。
グラハムボネットってどっちかというと暑苦しくてイカッチくて苦手タイプと自分では思っていたがやっぱりかっこいいな~と改めて思った。
いや~全曲いいよ。うん。




35. lonewolf ★★ (2006-11-30 16:00:00)

M. S. G. では、これが一番好き。
グラハムがヴォーカルだからです。捨て曲なし。
リマスター盤で、その凄さをあらためて実感



36. 松戸帆船 ★★ (2006-12-10 16:51:00)

グラハムが加入し、その凄まじい実力を見せ付けた3rd。
元々シェンカーはポップな曲調なので、ポップが好きなグラハムが歌ってもそれほど違和感はなかったし、
本作ではグラハム史上最高レベルのストロングなシャウトを聴かせてくれている。
コージーは脱退してしまったが、テッドも上手いドラマーである。




37. 3割2分5厘 ★★ (2006-12-15 11:34:00)

ジャケットのかっこよさも格別だ。グラハムのボーカルは抜群だし、
コンパクトな曲に織り交ぜるギターソロの素晴らしさ。この頃のMSGは本当に凄いな。




38. HIGASHI ★★ (2007-08-26 22:25:00)

82年発表の3rd。
改めて聴き直してみたが、どうしても好きな曲とダメな曲がハッキリ分かれてしまって、個人的には名盤とは呼べないような気がする。グラハムが関わった作品には得てしてこういった傾向が出てしまうのはヴォーカリストとしては超一流だけど、メロディメイカーとしてはどうなんだろう?って印象だ。またご存知の通り、この頃はバンド内もごたついており、どうしても一体感とか勢いを僕は感じられない。
なので、いつも聴くのは一部の曲で僕場合は“ASSAULT ATTACK"、“DANCER"、“DESERT SONG"の3曲です。




39. はちべえ ★★ (2007-12-21 22:21:00)

物凄く久しぶりに書き込みをしますが、このアルバムはとてつもないパワーを持ったアルバムだと思います!元々、コージーパウエルが叩く予定だった楽曲にグラハムボネットですからね~。しかし、マイケル・シェンカーはパワフルな楽曲でも泣いているのが良いですね。サムライ・デザートソング・ダンサーが特に良いと思います。絶対に買わなければ損します。



40. 失恋船長 ★★ (2008-11-09 00:12:00)

RAINBOWにグラハムが参加した時のように彼の色を加味した大衆性のある良質なHM/HRアルバム。ポップになったと揶揄され当初は余り高い評価を得られなかったことを記憶しているが個人的にはグラハムとマイケルの両者の特性を生かした傑作だと思う
リッチーもですがボーカルを生かすということを心得た曲作りが映えている
前任のゲイリー・バーテンは表現力の豊かなシンガーではないしパワーもないだけに
この路線は無理。確かに③のサビにはやっちゃたなぁ~と最初は感じたが今でもシャワーを浴びながら口ずさむくらい耳に残る印象的な美しいメロディは分かり易いしグラハムのメロディを大切にしたストレートな唄も悪くないし売れ線志向でアカンとは切り捨てたくない名曲だと思います。どの曲もサビメロが印象的でその後にマイケルのギターが絡んでくるのだからたまりません。テッド・マッケンナのドラミングも冴えているしMSGの中でも名盤だと思う。この路線が続くとは思わなかったがクオリティの高い楽曲が目白押しですね、特に①は出色の出来ではないでしょうか?絶妙なパワーバランスが聴き手を魅了します




41. ムッチー ★★ (2008-11-29 23:27:00)

1982年にリリースされた3rdアルバム。全8曲で40分の作品。
マイケル・シェンカーとグラハム・ボネットがタッグを組んで作られたアルバムですし、
それに対する期待はどうしても大きくなってしまいまいますからね~。
内容は期待以上ではないにせよ、決して悪い作品ではないと思います。

マイケルとグラハムのプレイは、どうもお互いに持ち味を殺しているように感じるし、
相性が良くなさそうに思えますが、そこが聴きどころですしね。
それに、なんといっても、⑤"Desert Song"は最高の1曲です。
これ1作で夢のタッグは解消してしまいましたし、
結果的に、貴重な作品であることは間違いないでしょう。




42. はっちゃん ★★ (2009-01-27 15:36:00)

プロデュースはディープパープルやアイアンメイデンでおなじみの
マーティン・バーチ。少しグラハムのVoが奥に引っ込んだ感じだけど、シェンカーの
ギターは前作とは違い思いっきり前面に出てきてますね。残念なのはドラムサウンド。
ヴェテラン故に古くさい音になってる。これじゃテッドがかわいそうだよ。
特筆すべきはシェンカーのギターソロ。かなり神経を張り詰めたスリリングな
フレーズ。しかもあきれるぐらいにメロディアス!
前作とはうって変わって異常なまでのテンションでマイナーペンタを巧みに操り
印象的なフレーズが満載。1stと並んでギター度が濃いアルバムだけど
名盤って感じではないんだよなあ。




43. fortune ★★ (2009-02-28 20:24:00)

これは幻の一枚w、グラハムのオジキとシェンカーのコンビネーション!
コージーが加わっていれば、結構このアルバムも持ち上げられていたと思います
私はマイケルシェンカーグループで一番このアルバムが好きですが。。



44. o ★★ (2009-04-06 21:49:00)

個々の存在感が圧倒的。
1stよりこっちの方がスキ。



45. 芦屋 ★★ (2009-04-25 00:07:00)

「SEARCHING FOR A REASON」がこのアルバムでは一番好きかな。
ソロはないけどギター部分のメロディがモノ悲しくて格好いい。
最後に1オクターブ上げて繰り返すところなんか最高。
マイナーキーのアップテンポな曲で、ハマると何回も続けて聞いてしまいます。



46. モブルールズ ★★ (2009-04-28 17:49:00)

僕にとってはこの作品の主役はグラハムです。最高の歌を聞かせてくれる。



47. o ★★ (2009-05-17 12:05:00)

スゲーー———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



48. エビフライ ★★ (2009-06-16 22:24:00)

よくこのアルバムをコージーが叩いていたら、、、と言う意見が有りますが、
私的にはテッドマッケンナで大正解だったと思います。
コージーはシェンカーと相性が悪いです。



49. メタルKEISHOU ★★ (2009-10-31 09:40:00)

グラハムとマイケルのぶつかりあいがこの1枚に濃縮されている!!
このアルバムに於けるグラハムのヴォーカルも「神懸かっている」と言えるのではないでしょうか。
ということは、神2人!!
それにクリスとテッドのリズムセクションもGood!!
コージーとマイケルの相性も悪くないけど、マイケルのギターの盛り上げ役に徹しつつ、魅力あるフィルインを随所に挟むテッドも只者ではないですな。さすがアレックスハーヴェィバンドやロリーギャラガーのバックで鍛えただけのことはある。




50. ヤング兄弟 ★★ (2012-10-24 17:15:06)

グラハム・ボネットのボーカルのおかげか効いたときのパンチが物凄かったです。
そのパンチも一過性のものではなく持続性がある。
圧倒的なパワーを持つタイトル曲と、ポップな名曲「Dancer」が同居しているのも
本作の魅力です。M.S.G.の代表作です。




51. 帰ってきたクーカイ ★★★ (2013-07-18 19:00:38)

 正直、グラハムのVo.は苦手であった。RAINBOWの諸作品の中でも、グラハムがVo.を担当した『Down To Earth』は、良いとは思うのだけれど、他の作品より聴くことが少なかったし。
 何が苦手かというと、やはりガナるような声か。パワーシャウターってのは良い表現だが、私はどうにも好きになれなかった。
 だが、グラハムのVo.について、私にも再評価する機会があって、今では、まぁ普通に聴ける。
 本作は、5曲目の「Desert Song」が白眉だ。名曲である。3曲目の「Dancer」も、キャッチーな佳曲である。
 素直に名作だと思う。  




52. 豚千代 (2014-03-29 15:06:22)

MSGにグラハム加入?
コージーが抜けてしまったとはいえ、当時はかなり期待したものだった。
しかし、期待は見事に裏切られた。
1曲目だけ、さすがMSG。



53. LAメタルこそ我が起源 ★★★ (2014-09-30 01:19:09)

ヘビーメタルで形容される〈ドラマチック〉。これも、大きく二つあると思う。

〈クラシカルな展開で物語を紡ぎ出す〉かのような(少々大仰な?)世界観と、
〈現実世界で起きる人生のドラマやロマンチシズムを醸す作風〉(こちらはリアリティを感じさせるもっと身近な世界観)。

後者の方が好みの私にとって、まるで〈現実世界で押し迫る、鬼気迫るシーンや感情〉〈人生のロマンチシズム〉を描くかのような本作もまた、非常に好きなタイプの音楽であり、当時感銘を受けた作品のひとつだ。

聴き所は当然、まずマイケルのギターなのだが、このアルバムを聴いて、不思議な感覚を覚えた事がある。それはある箇所で感じたマイケルのギター。それは 《Dessert
Song》で展開されるエンディングのギターソロ。
「メラメラと静かに燃える炎」。
凄い . . ギターでそんなものまで表現出来るとは . . . (まぁ、私が勝手にそう感じただけかも知れませんが  .笑)
この不思議な感覚は、一体どういう事だったのか。
つまり。
マイケルの中の熱い(まるで“炎”のような)ロック魂がギターの音に見事に封じ込められていた、そんなふうに私は解釈している。
マイケルの場合、
“魂がギターの音に完全に乗り移っている”
そんな心霊現象のような???w事が往々にして起きるのである。
【神】と言われる所以であろう。

そしてもう1人の主役、グラハムボネット。マイケルのギター同様、この方の声も大変に“熱い”ものが迸っている。
直線的に押し出し、力で強烈に聴き手をねじ伏せるかのような、メタル界屈指のパワーボーカリスト。凄まじいと思う。
歌唱法で言うと、メタル界では案外めずらしいタイプと言うか、少数派ではないだろうか。ヘビーメタルには打ってつけ、と言うかメタルを歌うために授かったかのような声質ですね。
人の好みは様々でしょうか、私的には凄くカッコいいと思いますし、ある意味カタルシスを感じる程の痛快な声です。
(彼が長髪だったらもっと良かった.笑)

おっと、もう一つどうしても述べたい事があった。
なんて素敵なアルバムジャケットだろう。
“名は体を表す”と言よく言うが、ドラマチックな音楽性同様、このアルバムアートも、まるでドラマのワンシーンを想起させるような、芸術性に富んだとても優秀な絵だと思う。
こんな所も含めて、「メタルってなんて素敵な音楽なんだろう」とつくづく思わせてくれますね . . .(シミジミ)

因みにM.S.Gのアルバムの中では、この作品が最も好きです。
(邦題:《黙示録》。このタイトルにもやられました。全く何もかもが素敵です。)



54. N.A.ROCKS ★★★ (2015-05-07 01:29:32)

HMの名盤といえば、以前はSCREAMING FOR VENGEANCE(JUDAS PRIEST)だったのに、最近はそれを差し替えるかのごとくDEFENDERS OF THE FAITH(同バンド)を押す方が多いですね。ある時MSGのASSAULT ATTACKのジャケットを見て「HRにおいてのDEFENDERS OF THE FAITHは何だろう?これかも?」と思いました。しかし少し考えて、まずはRAINBOWの名盤を差し置いてそれはおかしいし、他にも色々候補はあることに気付きました。更にこのアルバム問題作扱いされていたんでしたね・・・。だけどそう思う位強力な作品ですよ!大好きなアルバムですし、カタログ中一番均整のとれた作品だと思います。
まだの方は聴いといた方がいいですよ。前半いい曲が並んでいますが、⑤で絶頂を迎えると思います。



55. 特撮X (2016-06-06 20:38:37)

長年マイケル・シェンカー・グループを
聴いてきましたが、
CDで聴いているのでジャケットの
「ある事」に気づきませんでした。

それは、裏ジャケットで
グラハム・ボネットが
「革ジャン」を着ている事です!
(グラハムはベジタリアンで
本革とかは身に着けない!)

おそらく本革ではないと、
思いますが
ちょっとビックリしました。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示