この曲を聴け!
NO REST FOR THE WICKED (1988年)
MyPage

NO REST FOR THE WICKED
モバイル向きページ 
解説 - NO REST FOR THE WICKED
→解説を作成・修正
コメント・評価 - NO REST FOR THE WICKED

Selected Comments


2. 定ちゃん ★★ (2000-05-29 12:16:00)

このアルバムは傑作だと思います。
ザックのレスポールから繰り出される図太い音は誰にも真似できないでしょう。
ギターの話になりますが、あの低弦のピッキングハーモニクスは一聴してザックと
分かるものだし、リフにしてもパワフルでカッコいいものばかり。
僕はソロはつまらないとは思いません。ペンタトニックをあそこまでフルピッキング
しての力技は1つの芸術だし、ザックならではだと思います。
何も特徴も個性も無い、模倣ソロよりはずっと素晴らしい。





Recent 50 Comments



5. hiro ★★ (2001-10-11 03:25:00)

ザック君の「ザク、ザク、ザク、」(笑)という攻撃的で硬質なギターリフがやたらと耳に残る。
初めはあまりにもドライな感じで馴染めなかったが、しだいに嵌まった。



6. ぷりプリ命 ★★ (2001-10-27 02:33:00)

「NoMoreTears」以降のザックのギターはどれも同じに聞こえる。
けれども、このアルバムはたまらないっす。
ザックも良いが、曲も良い。さすがはOzzy!!



7. キイチ ★★ (2002-11-13 06:05:00)

OZZY&ZAKKの記念すべきデヴュー作。
ってか、昔のZAKKは超ビジュアル系!
今のむさくるしさからは考えられん・・・(笑)。
でも、激しくかき鳴らすギターは、この頃から別格♪



8. Metropolis ★★ (2003-03-20 20:48:00)

ヘヴィです。前作でのPOPさがウソのように重い。でも聞かせる。ザックのギターは、手数よりもエモーショナルな面に力点を置き、思いっきりかき鳴らすリフとともに「こいつ凄いぞ」との感情を抱かせた。キッズの心情をオジーはよく察している。メタルキッズのためのメタルアルバム。



9. BIG HIDE ★★ (2003-04-13 01:30:00)

私、はっきり言ってここ10年位ザックワイルドの音を知らず、聞いたことが御座いません…。しかし!!このアルバムでのギターサウンド最高!!今聞いてもホント、ゾクゾクするネ。青春時代の思い出、ザックは高校時代アイドルでした…。(下敷きに切りぬきはさんでたなー)



10. ななぱぱ ★★ (2003-07-09 11:57:00)

え~っ!ランディの2枚は別格として、これは最高でしょう。
捨て曲もないし・・・。



11. GEORGE ★★ (2003-07-13 19:03:00)

オジーのアルバムで一番好きなやつです。
やっぱりザックって凄い。何が凄いってオジーのというよりザックのアルバムと思わせるぐらいにギターが目立ってる。
今のBLS路線も好きだけどもう一回こういうメタルリフの洪水みたいなアルバムをつくって欲しい。




12. 0フレット ★★ (2003-07-27 01:10:00)

「Down To Earth」まで、山ほどの名曲とアルバムがある。 そん中で「この曲を聴け」で
も分かるように、10位の「ミラクルマン」以降高い順位の曲はそれほど無い。 なんとなく
それは分かる。 ただ、このアルバムは全アルバムの中で最も飛ばさず全曲聴けてしまう。
のも確かである。 「サバスも好きだ」というザックの加入によってか、極上のメタルの中に
今までには無かった、サバスの香りを微量だが感じられる仕上がりとなっている。




13. yunamina ★★ (2003-09-13 11:46:00)

すみませんがこのアルバムの10曲目のタイトル知っているかたいたら教えてください



14. 0フレット ★★ (2003-09-15 03:28:00)

yunaminaさん、「この曲を聴け」の下から7番目くらいを覗いてみてください。



15. corpesblaster ★★ (2003-09-21 10:04:00)

実はあまりオジーには詳しくないんですけど、このアルバムだけ姉貴のお下がりで何となく
持っててガキの時から何となく聴いてました。
思えば、俺にとって最も早くに馴染んでたメタルバンドはオジーだったってわけです。
姉貴は高校生の時HR/HM狂いだったそうでお下がりでもらったものはどれもそれ系
なんですね。L.Aガンズとかラットとかモトリークルーとかね。でも、別に俺自身
まだその頃は全然メタラーでも何でも無かったんであまり興味は無かったんですが、
オジーのこのアルバムだけは頻繁に聴いてました。まあ、それでもウルサイ音楽だなあ、
とは感じてたんですが。中一の頃の話です。
やっぱお気に入りは「ミラクルマン」!!まだヘドバンを知らなかった時だと思いますけど、
この曲だけは自らヘドバンしてた記憶があります。ほんとに体が反応するってそういう
ことだと思いますね。ヘドバンという名称を知ったのが後ですから。
あと、「クレイジーベイビー」なんかも好きでした。よくリピートして聴いてました。
俺が真のメタラーとなるのはもっと後の話ですが、それより以前にオジーはメタルの魅力
みたいなものを教えてくれた気がします。もしかしたら、オジーを聴いていたから
メタラーになることが出来たのかも知れません。そういう意味で改めてメタルゴッド、
オジーに感謝したいと思います。
ありがとう、オジー!!へヴィメタル、フォーエヴァー!!!



16. ヤング・ラジオ ★★ (2003-12-14 22:31:00)

かなり重症と聞いたが、大丈夫なのだろうか?今後は、あのライブパフォーマンスが全く見れなくなるのであろうか。もしそうなったら、非常に残念である....。僕はあくまでも楽曲重視なので、極論を言えばギターは誰でも構わない。逆にギタリストばかりが注目されていて、なんかいつも感じることではあるが、オジーがかわいそうである。こんな変人は、今のロック・シーンでは絶対に登場しない。この声質、アルバムに共通する闇の世界が僕は大好きである。しかしオジーの場合、楽曲に多少バラツキがあるのが難点である。このアルバムも分かりやすいナンバーが続く前半が好きで、後半は多少楽曲が弱い気がする。何度引退しても構わない。でも、闇の帝王であり続けて欲しい....。



17. 0フレット ★★ (2003-12-14 23:44:00)

>極論を言えば・・・・・・。
涙が出るご意見です。最近こういうご意見が少なくて(涙)。
ランディは死んでしまったけど、「B・ギルス、ジェイク」の今は?「ザック」のソロは?
しょせん、OZZYワールドという宇宙の中で最も輝いて来た星たちではないのだろうかと!




18. 帝王序曲 ★★ (2003-12-31 18:29:00)

このアルバムが発表された当時、世間や音楽業界はほとんどBON JOVIのニューアルバムNEW JERSEYをもてはやしていたが、B!誌だけがピックアップアルバムとして扱っていて思わずニヤけてしまったのをおぼえています。完成度の高い曲が揃った素晴らしいアルバム。



19. 空き部屋 ★★ (2004-01-04 22:56:00)

ザックのデビュー作。これは凄いね。一作目にして完全に彼の個性が十二分に発揮された名盤だ。
ギターソロもいいが、とにかくギターリフが凄い。次から次へとまあこんなカッコいいリフよく思いつくもんだ。"デビルズ・ドーター"、クレイジー・ベイビーズ"、"ブレイキング・オール・ザ・ルールズ"、ブラッドバス・イン・パラダイス"等々、楽曲も充実しており、各曲においてのザックの貢献度は非常に高い。
しかし、こんなギタリストを発掘したオジーはもっと凄い。さすが"帝王"の名にふさわしい。
オジー&ザックによる究極のメタル・アルバムだ。



20. 工場長 ★★ (2004-01-24 17:32:00)

ザックはすごい。
このアルバムがでたとき僕は1歳?だから、
記憶に無いけど(当たり前だ)、コレをいきなり
聴いた人のショックはわかります。




21. Kamiko ★★ (2004-03-30 00:42:00)

コレ結構カッコいい。皆も言ってるがギターが結構目立ってて良いのだ。
バリバリのメタルなんだが、やはりオジーがいると少しサバステイストなのがイイ。




22. じゃっくばとらぁ ★★ (2004-03-30 21:39:00)

自分を本格的なHR/HM好きへと変えてくれたのがこの「No Rest For The Wicked」だった。
それまではたいしてHR/HMに関心を持たなかったけど、このアルバムを聴いてHR/HMの虜になった。
そして何よりこのアルバムのギターに惚れた。ザックの素晴らしさに。
それまで自分が聴いてきたギタープレイを一蹴してしまうほどカッコいいギタープレイが、ここにあった。特にリフに関しては特筆すべきアルバムだと思う。
それ以降色んなHR/HMアルバムを聴きまくってきたけど、このアルバムを超えるアルバムには出会っていない。
でもこのアルバムのおかげで良いアルバムに沢山出会えたけどね。
ホント傑作、全編必聴!!正に捨て曲無しとはこのアルバムのことだと思う。



23. やみくろ ★★ (2004-05-28 06:09:00)

全ての曲に存在感があるとてもいいアルバムだと思います。特に好きなのがThe LiarとHERO、曲もギターソロも最高です。



24. フライングV ★★ (2004-06-17 16:05:00)

帝王"オジー"が新たなるギターヒーローを右腕に戻ってきた。
ニューヒーロー"ザック・ワイルド"の誕生です。レスポールと豪腕が武器!!(笑)
各曲に重低音リフを散りばめ、爆音!爆裂!しています。
『Miracle Man』、『Devil's Daughter』、『Crazy Babies』、『Breaking All The Rules』
といった前半の曲を聞くと、ザックの良さが解って貰えるはずですね。
次作『No More Tears』でさらなるザック爆音節が炸裂します。




25. meangirl ★★ (2004-10-19 22:13:00)

このアルバムに参加しているメンバーは凄かったです。
ザック ベルボ ぐるぐる模様のギターがデビューした記念すべきアルバム。




26. zou ★★ (2005-04-13 18:34:00)

楽曲の良さでは次作に譲りますが
テンションはオジー至上最高でしょう。
このアルアムはともかくニューギターヒーロー、ザック・ワイルドの
ザックザクギターを堪能しましょう(笑)
あ~あ~ギターリフに飲み込まれる~っていう感覚です。



27. kanyuuu ★★ (2005-05-14 10:11:00)

OZZYのアルバムの中でもかなり好きです。
80年代的な構築美を見せるリフがどれも印象的。
こういったリフ、OZZYに限らず近年はバックと
一体になってリズムを刻むような感じのばっかりで
めっきり聴けなくなりましたね。
この、リフ一つで芸術的なアイデアを表現するかのような
スタイルが、時代特有のブームみたいなものだとしたら
凄く残念。
邪悪なOZZYってこのアルバム以降見られない気がする・・。




28. セッキージョーダン ★★ (2005-07-23 01:46:00)

これ、ザックのザクザク言ってるギターも、ランディ・カスティロのズッタンバッタン言ってるドラムも、オジーの浮遊声も、パワー感あふれるアルバムで、今聞くと他のわかりやすいメロディーを主軸としたアルバム群と少し色合いが違うことは事実。
わかりやすいメロディーは減ったが、わかり易いカッコ良さがサウンドに追加された。
それはザックの破天荒なザクザクだったり、後ろでバッタンバッタン叩いてる故カスティロ親父のドラムだったりする。そこで浮いたオジーの声が入って、初めてOzzy Osbourne Bandになった、傑作。後にも先にも、オジーでこのカラーは、無い。




29. noiseism ★★ (2005-09-23 16:49:00)

いきなりテクニカルな曲から入る。
グンとヘヴィになって、全編これぞ…というようなメタルナンバー。
名作。




30. せーら ★★ (2005-09-25 01:23:00)

ザック・ワイルド登場。
1曲目「MIRACLE MAN」を聴いただけで、いかに彼の才能がずば抜けているか窺い知れます。
このリフにこのソロ。凄すぎる。
続く「DEVIL'S DAUGHTER」もたまらない。




31. QBC ★★ (2006-02-15 01:40:00)

やはりミラクルマンがカッコよすぎで他の曲が
目立たないけど、他の曲もかっこいいです。
Zakkのリフはいい!レスポールギターの音もいい!



32. フェイト ★★ (2006-06-17 18:16:00)

OZZYのアルバムでは、初期の2枚に次いで好きなアルバムですね。
ザックのギターがカッコいい!!!



33. ラスカル ★★ (2006-06-17 19:29:00)

これは過少評価されている作品だと思いますね!!!!
今とは違いばっちり構築されているザックのギタープレイは言うまでも無く最高だし、オジー史上最もHM然とした楽曲も最高です!!!!捨て曲などありません!!!!ギーザーの貢献も大きかったのですかね?
とにかく俺も上の方々と同じく初期2作品とは甲乙つけがたいが、ジェイク時代よりも好きな作品です!!もちろんジェイク時代も好きですけどね!!




34. 堕天使ひで ★★ (2006-09-01 10:54:00)

OZZYの作品は全部好きだが、この作品の低評価は納得できん!
曲は前作のポップ路線(これはこれで好き)から、SABBTH的な猟奇性を塗した骨太HMに。
飲んだくれザックのパワーギター、聴いてくれ!!



35. セッキージョーダン ★★ (2007-01-06 00:43:00)

いやぁ、やっぱりこれがオジーで1stと並んで一番好きだな。
1stとはオジーがVoという部分だけが共通で所謂「別バンド」なので、
比較しようが無い。
ただ、ザックの荒れ狂うギターが加わると、こうも攻撃力を増すのかという感想を当時は持った。
飽きないなぁ。




36. ジーノ ★★ (2007-04-16 15:52:00)

このアルバムの音質の悪さは酷すぎる。聴くに耐えなかった。しかしリマスターCDが98年ごろでたので、それを購入したら、とても気にいった。音質って重要だね。なんでファーストの方が音質が良くて、このアルバム音質悪いんだろう。プロデューサーが悪かったのかな。全体的にくもっていて、なんというか、今のインギーのアルバムみたいだ。買うなら是非リマスター盤をお勧めします!



37. ジーノ ★★ (2007-04-16 15:56:00)

次作はかなり音質が良いので比較してしまったのかもしれない。しかし・・・このアルバムだけ音質悪いってどういうことなんだ。まるでサバス時代のオジーを聞いてるかもようだ。



38. こうかい ★★ (2007-10-16 18:54:00)

私もこれが一番好きです。ワイルドなリフが変形ロボのように形を変えていくギターソロは、いつ聴いてもアドレナリンでまくります。なんか全体的にロック!って感じなんですよね。



39. だれる ★★ (2007-12-22 20:16:00)

ザックの強烈な個性満載の一枚。
オジーもなんか楽しそう。




40. ニャー・アズナブル ★★ (2008-03-08 18:40:00)

1曲目だけで十分!
次作のほうが聴ける曲が多いし完成度は高いと思うな。



41. 失恋船長 ★★ (2008-05-18 04:50:00)

ジェイク・E・リー脱退後、無名の新人21才ザック・ワイルドを迎えてた今作は実にアメリカンな色合いにまとめているのが印象的でした。ド派手なギターソロもさることながら独特の音色のギターリフがカッコよく、テクニック的にも申し分ない人材でルックスも今から想像も出来ないほどの美形でさしずめ金髪王子と呼ばれたでしょう。個人的にはクレジットから外されているかも知れませんがボブ・デイズリーのメロディラインが印象的で惹き付けられました。前作のポップな路線を意識しつつもギターオリエンテッドな作風に統一されているのが今作の聴き所だと思います。強力なグルーブ感も過剰ともいえるオジーのボーカル処理もこもった音質も素晴らしい演出だ。80年代を飾る名盤です



42. Dr.Strangelove ★★ (2008-05-18 21:37:00)

1st、2ndに匹敵する名盤だろう
オジーのソロで一番好きなアルバム




43. セッキージョーダン ★★ (2008-06-15 04:03:00)

こもった音が気になるが、リマスター版で本の少し改善されている。それよりも、ザックワイルドのリフメイカーとしての素晴らしさは、どうだ。哀愁じみた音楽やポップなものは身を潜め、まさにリフ中心の曲に、実はキャッチー(ポップではない)なオジーのサウンドをどのように乗せたかが非常に成功したアルバム。これは、どの曲から聴いても、すばらしい。サウンドの裏に隠された歌詞に潜む「ダークさ」も悪くない。名作認定でしょう。



44. 毎日岡崎祭り ★★ (2008-07-30 22:23:00)

キャッチーなオジーのVoとウルトラヘヴィなザックのGとの絡みが超超秀逸。
曲の方向性がきっちり統一されているので、アルバム単位で聞きやすいのも良い。
始めはクセが強い印象を受けたが、そのクセの強さこそががこの作品最大の魅力だと思う。
文句なしの大名盤として自信を持ってオススメできる。



45. Beck0624 ★★ (2009-02-23 11:53:00)

エコーとコーラスキラキラのLAメタルへのアンチテーゼのようなドライでラフな音質。最初はでも録音のまま出し間違ったのかと思った。でも前作の失敗と反省に成り立っていると考えればわからないでも無い。ザックワイルドは後でどんどん良くなったがこの頃は若干20歳、今の容姿からは想像できないランディローズ系の天使のようなルックス。フレーズの単調さはごり押しのリフとピッキングハーモニクス+強力ビブラートで全て許される。正直好きな曲の少ないアルバムだが、Miraclemanのインパクトは大きい。ザックのこの当時の本領発揮はやはりNo more tearsまで待ちたい。



46. モブルールズ ★★ (2009-04-26 14:09:00)

ザックはアイオミタイプのリフマスターですね。



47. 静岡のきゅうちゃん ★★ (2009-05-04 21:02:00)

ドラム、軽いぞ!それ以外は大好きですね。うおりゃ、好きなだけ弾きたおせ、ザック!やってまえー。



48. はっちゃん ★★★ (2009-06-07 00:33:00)

ザックと俺は同い年。干支はヒツジなのだ。
前作の派手で華麗なLA路線から一転してへヴィな世界へ先祖帰りした快作。
それまでフラッシーなギタリストを起用してきたオジーが、今度はどんなすごい
ギタリストを発掘したのか?期待は膨らむ一方。
聴いて驚いた。へヴィなリフとそのサウンドは、それまでのジェイクやランディが
持ち得ないものだった。後の暴挙王としての片鱗が垣間見える。
ソロよりもバッキングが光るアルバム。
オジーの、凄腕ギタリスト・デヴェロッパーとしての嗅覚に脱帽。




49. ムッチー ★★★ (2009-06-25 02:37:00)

個人的には、この5thアルバムは1stに次いで好きな作品です。
ザックがリフをザクザクと切れ味鋭く刻み、ソロもメロディアスかつエモーショナル。
そして、楽曲は分かりやすく、質の良い曲ばかりが並んでいます。




50. Spleen ★★ (2009-11-03 20:22:00)

図抜けて挑発的な歌詞+ザックの鋭いリフで、オジー作品屈指の攻撃的なアルバムとなりました。
自身を非難したテレビ伝道師への当てつけ、シャロン・テート事件、自身のアルコール問題まで自虐的に槍玉に上げたオジーの疾走にとって、若き暴挙王は最高のパートナーであったと思います。




51. モブルールズ ★★ (2010-02-04 19:06:00)

サウンドがへヴィーになったがヴォーカルメロディーはとてもキャッチーで聴きやすい。オジーって基本的にキャッチーな曲が好きなんですね。リフのキャッチーさも全作品中最高。



52. めるた ★★★ (2011-09-02 12:18:51)

オジー初体験がこのアルバムでした。メタル初心者だった僕にミラクルマンは強烈に脳裏に焼き付きました。以前のアルバムそしてこれ以降のアルバムでも一番サバシーな感じでおどろおどろしいテイストが素敵です。捨て曲もありません。オジーの名前を聞くとまずこのアルバムが出てきますね!



53. 名無し ★★ (2014-01-06 08:53:28)

ザック初参加のアルバム。
早くもリフ大王の片鱗どころか必殺リフ満載ですな。
音が良くないとは思ったこと無かったなあ。
キースオルセンの趣味なのか、ロイ トーマス ベイカーがそのままプロデュースしてたらどんな仕上がりになっていたのでせう。⑤⑧がお気に入りです。



54. スラッシャー大佐 ★★★ (2014-03-21 07:23:46)

これが初めて聴いたアルバムなのでとても思い出があります。それまではMEGADETH系のスラッシュメタルが多かったのですが、ある機会にこの"No Rest for the Wicked"を聴きました。とにかく"Miracle Man"というのが衝撃的でした。とくにあのピッキングハーモニクスは実はそこで初めて聴いたのでもうそれがでるとしびれてました。またソロの音の作り方も印象的で、これまたはまってました。オジーのアルバムのなかでは"Blizzard of Ozz"並に曲のクオリティが全体において高いと思います。"No More Tears"もいいですが、純粋なるヘヴィメタルとしては断然こっちだと思います。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示