この曲を聴け!
IN FLAMES
MyPage

IN FLAMES
モバイル向きページ 
解説 - IN FLAMES

1990年にスウェーデン・イェーテボリで結成されたメロディックデスメタルバンド。
At The Gates、Dark Tranqullityなどと共にこのシーンの火付け役的な存在で、メロデス界を越えた影響力を持つ。特にメタルコアを始めとした新世代のヘヴィメタルバンドたちには決定的な影響を与えた。
初期の音楽性は、強烈なデスメタルの中にIron Maidenなどに影響された勇壮で叙情的なツイン・リードギターのフレーズを織り込んだものであり、その出自は英国を含む欧州型のヘヴィメタルにあると言える。
5thアルバムの『Clayman』あたりからアメリカ市場を意識したと思われる曲調が見られるようになり、6thアルバムの『Reroute to Remain』で完全に方向転換した。シンセサイザーを多用する洗練されたサウンド、ミドルテンポでの跳ねるようなリズムやデスヴォイスとクリーンヴォイスの使い分けといった、メロデスを基調としながらもモダンな要素やキャッチーさを併せ持つ音楽性はアメリカを中心に幅広く受け入れられ、ブレイクを果たすこととなった。同時にメタルコア勢を中心とする若手バンドたちに大きな影響を与えた。8thアルバム『Come Clarity』では、6th以降の音楽性を基調としながらも初期のアグレッシヴさを取り戻し、新世紀型メロディックデスメタルのひとつの到達点を示したとの評価を受けた。
2010年2月、バンドの中心人物であるJesper Strömbladが、アルコール依存症治療に専念するために脱退を表明する。メンバーは”always open to Jesper.”であるとのこと。後任として1990年代に一時期加入していたNiclas Engelinがバンドに復帰している。
2008年の時点で、CD総売上は世界で200万枚以上。

Current Members
Anders Friden (1995–present) - vocals
Björn Gelotte (1995–present) - guitar, drums (1995–1998)
Niclas Engelin (1997–1998, 2006, 2009, 2011–present) - guitar
Peter Iwers (1997–present) - bass
Daniel Svensson (1998–present) - drums
→解説を作成・修正
コメント・評価 - IN FLAMES

Selected Comments


1. JENESIS ★★ (2003-01-18 19:53:00)

スウェーデン出身の代表的なメロディック・デス・メタルバンド、イン・フレイムス。ARCH ENEMYと肩を並べる程の存在で、一般のHR/HM界においてもその知名度は高い。今現在大量のスウェーデン出身バンドが流入している中で、その筆頭に立ってリードしているのが、他でもない彼らだ。
サウンドは限りなくメロデスに近い(超重低音のバッキングは紛れもなくデス・メタルのものだ)が、ヴォーカルや曲調が大幅に調性を帯びているために、デス・メタルバンドとは区別されるようだ。
イエスパー・ストロムブラードは私の好きなギタリストの一人である。
「REROUTE TO REMAIN」は昨年度最も話題を呼んだものと思われる。彼らの活躍によって、これからは「NWOSHM(B!誌の奥野氏による)」の時代が到来することを期待している。




5. karuha ★★ (2003-11-15 18:16:00)

>Yamatoさん
多分「COLONY」からだと思いますっと言うより、
それ以前のものを(私は)見かけたことがありません。
間違っていたらすみません<m(__)m>




6. white ★★ (2003-12-07 12:39:00)

IN FLAMES最高!!



10. まんぞー ★★ (2004-01-26 17:57:00)

次はどんな路線で来るのか、結構楽しみだったりする。また6th路線かな?
まあ、曲が良いから失望する事はないでしょう。




15. ヤング・ラジオ ★★ (2004-03-27 00:42:00)

新作「サウンドトラック・トゥ・ユア・エスケイプ」の出来は、最高ですね。とにかく楽曲がいいし、バランス感覚に対する考え方がこれまたいい。こういう頑固なバンドが存在する限り、HR/HMシーンは安泰だなといつも思ってしまう。自分達らしさが何処にあるのかを冷静に分析しながらも、サウンドはすこぶる熱い!という一種の理想型がここに展開されている。それにしても、いい。もう毎日、何回も聞いている.....。



22. MAI.K ★★ (2004-08-14 18:51:00)

「炎上する」とか「炎に包まれる」とかいう意味だとおもいます。昔はバンドロゴが炎上してましたけどね。



26. こうじ ★★ (2004-09-14 13:27:00)

土曜日に行ってきた。
「グレイテスト・ヒッツ」って感じで楽しめた。
Only For The Weak歌いまくったし、MY SWEET SHADOWがラストってのも良かった。
演奏はやっぱそれ程じゃないよなあ…
アンダースの太りっぷりが揶揄されるが、ピーターもやばいぞ。
あと少しでいんぎーだろ(汗)




28. あちょ~ ★★ (2004-09-16 17:19:00)

同じく11日土曜日渋谷AX行ってきた
IN FLAMESライブ初体験だったけどなかなかヨカッタ
SWIMはどの公演でもやらなかったみたいですよ




30. ★★ (2005-05-14 01:21:00)

6月にライヴDVDが発売されますね!内容は盛りだくさんです!



31. POOYAN ★★ (2005-05-14 09:32:00)

Tracklist
Disc 1:
* Live at Sticky Fingers Sept. 7, 2004 (90 minutes)
01. F(r)iend
02. The Quiet Place
03. Dead Alone
04. Touch Of Red
05. Like You Better Dead
06. My Sweet Shadow
07. Evil In A Closet
08. In Search For I
09. Borders And Shading
10. Superhero Of The computer Rage
11. Dial 595 - Escape
12. Bottled
13. Behind Space
14. Artifacts Of The Black Rain
15. Moonshield
16. Food For The Gods
17. Jotun
18. Colony
19. Pinball Map
20. Only For The Weak
21. Trigger
22. Cloud Connected
* Live at Hammersmith, London Dec. 27, 2004 (40 minutes):
01. Pinball
02. System
03. Cloud Connected
04. In Search For I
05. Fucking Hostile
06. Behind Space
07. Quiet Place
08. Trigger
09. Touch of Red
10. My Sweet Shadow
* Soundtrack Tour 2004 - Live
01. Only For The Weak
02. Clayman
Disc 2:
* Live in Madrid
01. System
* Live in Australia/Japan
01. Dial 595 - Escape
* Soundcheck in London
01. Dial 595 - Escape
* Soundcheck in London
01. Touch of Red
Promotional Videos:
01. F(r)iend video
02. My Sweet Shadow video
03. Touch of Red video (extended DVD version)
04. The Quiet Place video
* Jester TV Universal Access (50 minutes):
- About IN FLAMES
- Interviews with band members
- About the METALLICA show in Madrid
- Behind the "Quiet Place" video shoot
- Behind the "Touch of Red" video shoot
- Other videos: "F(r)iend", "Evil In A Closet"
- About the start of the "Soundtrack" tour 2004
- Summer festival
- "Like You Better Dead" at Metaltown
- About the Japanese Tour
- About the Australian Tour
- L.A. Roxy
- About the Hammersmith concert
- About the JUDAS PRIEST Tour
- 666 at Scandinavium
- Backstage tour
- About the Sticky Fingers concert
この内容は凄い!SOUNDTRACKの曲が全部入ってるじゃん!




32. ボドムっ子 ★★ (2005-05-15 01:25:00)

もの凄いヴォリュームですね。
SOUNDTRACK~丸々入ってるのも嬉しいですが、Jotun、Moonshieldあたりが私としてはポイント高いです!




47. J尾崎 ★★ (2005-12-21 10:38:00)

Take This Life、聴くつもりはなかったのに我慢できずに聴いてしまいました・・・。楽しみにしている方がいると思われるので詳しくは言いませんが実にカッコイイ曲です。新譜楽しみ。嬉



50. しすか ★★ (2005-12-22 19:38:00)

8th
「Come Clarity」
1 Take This Life
2 Leeches
3 Reflect The Storm
4 Dead End
5 Scream
6 Come Clarity
7 Vacuum
8 Pacing Death's Trail
9 Crawl Through Knives
10 Versus Terminus
11 Our Infinite Struggle
12 Vanishing Light
13 Your Bedtime Story Is Scaring Everyone
musica.mustdie.ruでTake This Lifeのサンプルが聴けましたー。




52. 暗黒騎士MARS ★★ (2006-01-08 23:50:00)

新作を予約しちゃいました。早く聴きたい。



56. 湘南メタル ★★ (2006-01-31 13:41:00)



57. 車屋さん ★★ (2006-01-31 14:11:00)

今まで彼らのCDは何故か聴いていませんでした。新譜の『COME CLARITY』
のジャケが思いのほか自分好みのジャケだったので即買いしてしまった。
音楽的に俺の『ツボ』です。超好みのSOUND!!
DVDも凄く楽しめた~!これで2,520円はお得だった。
次に聴くとしたらどのALBUMがお薦めでしょうか???
どれも均等に票が入っているので一寸迷ってしまいます。
お薦めを教えて下さい。お願いします!




58. ラスカル ★★ (2006-01-31 14:27:00)

リフの質感やへヴィさやブルータルさが気に入ったならば、REROUTE TO REMAINかSOUNDTRACK TO YOUR ESCAPEで、ギターソロなどメロディが気に入ったのならば、THE JESTER RACEかWHORACLEがおすすめです!!!!まぁ、あくまでも個人的な意見ですけどね!!!!IN FLAMESのアルバムはどれも最高に素晴らしく、ハズレはないですよ!!!!
俺もこれから新作買いに行って来ますね~☆




61. カズチン ★★ (2006-02-01 01:19:00)

CDって基本的に発売日の1日前に出てるのは知ってますが、その状況でここまで新作が盛り上がってるのって珍しいですね。
俺はちょっと前からIN FLAMESに興味を持ち出したんですが、
持ってるのが「COLONY」と、「REROUTE TO REMAIN」、「SOUNDTRACK TO YOUR ESCAPE」でして、
「COLONY」よりも他の2枚の方が気に入ってる俺は新譜を買った方がよいですかねぇ?




64. お宝発見隊長 ★★ (2006-02-01 13:58:00)

新作のタイトル曲の歌詞は、「その歳」の人には堪らないです。チェックしてみて下さい。



66. 寝坊メタル ★★ (2006-02-02 18:39:00)

ここにはじめて書き込みします。よろしくお願いします。
いきなりなのですが、DVDの出来が微妙だと噂に聞いたのですが、その点どうなのでしょうか。




72. 逆十字 ★★ (2006-02-04 21:17:00)

なんかメンバーのスタイルがだんだんストリート系になってきてる。
アンダースなんてスケーターっぽいし。
もう革ジャンきないんだろうな




77. メタルン ★★ (2006-02-19 21:19:00)

オリコン20位以内に入ったようです(確か17位かな。)



78. C3 ★★ (2006-02-19 23:38:00)

全米ビルボードランキング50位台でしたよ!!よく覚えてないけど(汗)。



79. たまねぎ ★★ (2006-02-20 18:20:00)



89. WILK Ⅱ ★★ (2006-11-11 21:57:00)

イェスパー脱退。
こりゃちょっとヤバいような…。




90. 枯林 (2006-11-19 13:46:00)

マジですか?
そりゃちょっとショックですね…
でもいい結果になる可能性もあるので、楽しみでもあるかも…





Recent 50 Comments



92. 寝坊メタル ★★ (2006-11-19 18:04:00)

オフィシャルサイトには、しばらくの間休養をとると書かれていますが・・・。
どこからの情報でしょうか?




93. POOYAN ★★ (2006-11-19 20:01:00)

どうも脱退ではなく一時的にツアーを休むみたいですよ。代役は昔いた二クラスらしいです。



94. POOYAN ★★ (2006-11-19 20:02:00)

どうも脱退ではなく一時的にツアーを休むみたいですよ。代役は誰なんだろうか?



95. POOYAN ★★ (2006-11-19 20:03:00)

すいません、93の書きこみは間違いです



96. ぬい様 ★★ (2006-12-07 14:18:00)

In Flames、たくさんアルバムを出しているけど、どれも安心してメロデスを堪能できますよね。好きなのはどれというと好みがわかれそう。
来週デトロイトでショーがあるので見に行きますので、休止していないとは思いますが、、。



97. SUFFOCATION ★★ (2007-01-02 17:06:00)

脱退じゃないなら安心



98. 最強診断士 ★★ (2007-11-01 09:18:00)

新譜発売はいつですかねー



99. お宝発見隊長 ★★ (2007-11-15 16:43:00)

ご存じでない方もいらっしゃるかもしれないので…
MYSPACEでスタジオダイアリーが観れます。
週一で新しい映像がアップされてます。




100. breath ★★ (2007-12-01 02:48:00)

新譜まだかな



101. ともろふ ★★ (2008-02-03 02:37:00)

new album [a sense of porpuse]3/26日本先行だそうです!!
新譜キター



102. RED STORM IN FIGHT ★★ (2008-02-16 21:29:00)

MYSPACEで新曲聴けますねー



103. absoluto ★★ (2008-02-21 10:34:00)

新譜楽しみですね?来日も夏前には来て欲しいです、前座にALL ENDSを是非、期待してます。



104. anthem ★★ (2008-03-26 18:01:00)

新作素晴らしいね!前作より好きだな。



105. しゅがー ★★ (2008-03-26 20:24:00)

新作やっときたぁぁぁぁけど微妙(ぁ



106. ドリフター ★★ (2008-03-29 19:46:00)

Iam highwayのリフはやばいね。



107. ANGRA狂者 ★★ (2008-06-11 01:01:00)

先にチルボドの新作を聴いてしまったのが大失敗だった。
コッチの新作軽く感じる・・・・。このままじゃ負けるぞ!!!!




108. ホイラシキレア ★★ (2008-08-27 01:54:00)

もう日本じゃCOBに抜かされてるんじゃないでしょうか・・
ライヴもしにこないし



109. メロデス凶者 ★★ (2008-10-11 21:55:00)

まだまだ頑張って欲しいですね



110. メラニン ★★ (2009-02-04 20:57:00)

Jesperがツアーから離脱??泣



111. 枯林 (2009-02-28 11:57:00)

そうですか…
折角行くならバンドメンバー全員で来てほしいですよね




112. メタルン ★★ (2009-02-28 17:32:00)

なんでもアルコール中毒脱却のためのリハビリとか。。。
行きたかったけど、無理ですなぁ、、、、
あぁーみたい(><)




113. メラニン ★★ (2009-03-13 13:54:00)

今更ですが、6日の大阪公演に参戦してきました!
新旧の名曲を随所に配置した素晴らしいライブだったと思います!!
The Hiveには感動しました(^^)



114. かずきち ★★ (2010-02-13 15:30:00)


Jesperの脱退が正式に決まったようですね…



115. ぽこ丸 ★★ (2010-02-13 17:27:00)

Jesper脱退です・・。今後どうなるんでしょうかね?



116. N男 ★★ (2010-03-06 12:14:00)

Jesperの健康状態が早く良くなってくれることを、切に願います。
まだJesperの席は空けておくような感じで話が進んだことがせめてもの救いか。。。




117. マーちゃん大豆 ★★ (2010-07-29 13:43:00)

「Jesper のいない IN FLAMES」 なんか「梅干しのない日の丸弁当」と一緒じゃないか(涙)



118. 枯林 (2010-11-27 10:45:23)

Burrnのどっかに新作がどうこう書いてありました。
Jesperがいなくなり、オリジナルメンバーが居なくなってしまったのは残念です。

ただこれを機に新たなIn Flamesが見れるのでは!?と期待もあります。
Jesperの穴を埋めるべくPeterやDanielも作曲に加わったりして。
その点がちょっと楽しみです。
もう潔く新しいギタリスト入れて変化を図ればいいのにとも思ってます。

結果はどうであれ、素晴らしいものができることを祈っています!!




119. なげぇ ★★ (2010-11-28 19:00:59)

そういえばPendulumというバンドの「Self vs Self」という曲にIn Flamesが参加してますね。
In Flames好きなら聴いてソンは無いはず。曲の出来も素晴らしいです。



120. しょじゆう ★★★ (2011-01-15 12:23:40)

チルボト、アチエネに並ぶ人気のメロデスバンド。
最近はちょっとメロデスから外れてる?




121. マーちゃん大豆 ★★ (2011-03-01 15:38:00)

イェスパーの後任にVOLCANOの屍忌蛇氏なんてどうでしょう?
凄いのができそうだけどな。




122. 枯林 (2011-03-23 22:44:18)

Niklas Engelin氏なる方が入ったそうです
彼がin flamesにどんな変化をもたらしてくれるか楽しみ

あまり無難なものではなく意外な進化を期待




123. 極太うどん野郎 (2011-03-24 00:12:22)

ニクラスって確か、WHORACLEの頃に在籍してて、今は亡きGARDENIANのGですよね。
正直言って彼なら、

安心だと思います。

GARDENIANのSoul Burnerは地味ながらかなりセンスのある作品でした。




124. 枯林 (2011-06-24 12:46:33)

ブックレットみたら今回の作品には二クラス氏は参加してないそうです

なんじゃそりゃ




125. 枯林 (2013-10-29 02:54:10)

最近私自身が彼等の情報を全く仕入れていませんが、そろそろなんかしてほしいな。11th アルバムとか…。



126. 名無し ★★ (2014-03-03 11:01:25)

ニクラスさん、速くENGELに帰ってきて下さい。



127. 枯林 (2014-05-13 09:02:13)

何か新譜出るらしいですね。
ニクラスさんが創作に参加するなら面白いことが起こるかもしれません。




128. ヤングラジオ (2014-07-10 19:57:11)

今年に入ってもう半分以上が過ぎたけど、2014年断トツに聞いているのが、このIN FLAMESである。
新譜も予約しているし、11月16日にも参戦予定である。
個人的には、イェスパーの脱退が未だに尾を引いている部分はあるんだけど、「SOUNDS OF~」の出来には実は感動していて、メインソングライターを失いながら、ここまでの完成度を誇れるバンドの底力やモチベーションの高さに、バンドの事をますます好きになっている次第である。

新作の内容が凄く気になっているんだけど、公開されている新曲はまだ聞いていないし、聞くつもりもない。
路線が前作の延長線上である事はなんとなく予想できるけど、戻すのかそれとも進むのか、はたまた現状維持なのか......その加減具合に僕は注目している。
待ちに待った新作リリースで、来日公演、まだまだマイブームは終わりそうにない。




129. 枯林 (2014-09-11 09:59:38)

ニクラス氏、クレジットだけで判断するなら、作詞作曲に関わってませんでしたね。残念ですわ。

なぜ全員で曲作りしない?




130. ヤングラジオ (2014-10-12 04:09:53)

予想通りというか、新作である「Siren Charms」の一般的な評価は、決して高くはない。
だけど、自分的には現メンバーでのやれる事を考えた場合、結構頑張った結果であると思う。
イェスパーが担っていた部分...というのは、やっぱり他の人では真似さえ難しいのではないだろうか。
ファストでキャッチーなリフや楽曲は、努力をしたからといってそうそう簡単に生まれるものではない。
メンバーでさえ天才的と語っていた、イェスパーのリフメイカーとしての力やソングライティング力を失ったから、こういう路線になった訳であり、それでも何とか一つの形にしてくるバンドとしての力を僕は大いに評価したい。

もう、かつての楽曲は期待できないのかも知れない。
だけど、今の彼らも十分魅力的である。




131. ヤングラジオ (2014-11-04 21:05:20)

正直に言えば、イェスパーが創めたThe Resistanceの1stとイェスパーが居なくなってから発売したIn Flamesの作品を改めて聞いてみて感じるのは、両者共残念ながらIn Flamesの全盛期の作品を越えるような作品を期待できそうもないという寂しい現実である。

バンドというのは、実に難しいものである。
なんとかならないものだろうか.......。
化学反応があったからこそ、中期以降の彼らには魅力的なオリジナリティがあったのに......。
そうは言っても、これだけは何ともならないだろうね。

圧倒的に、彼らの作品を聞きまくった2014年。
そして感じたのは、何とも言えない寂しさと悔しさである......。




132. ヤングラジオ (2014-11-21 21:56:44)

KNOTFESTに関する感想を書こうと思っても、なかなかそういう気分になれなかった。
個人的には最も注目していたバンドだったけど、いろいろ考えた結果やっぱりこのままでは駄目なんじゃないかという結論に至った。
セットリストに関しては、限られた時間での演奏と考えれば、新生をアピールするのは当然の事であり、問題は感じなかった。
彼らとしては、今現在の自分達をアピールしたいわけであり、クラシックツアー的な内容を避けたのは至極当然であった気がする。

だけど、ライブで聞いた時に感じたイェスパー脱退後の楽曲に感じるマイナス部分は大きく、これをどうにか改善しない限り彼らの今後はかなり心配な気がした。
無意識としてでも、過去を残そうとした「SOUNDS OF~」までが限界であり、それを意図して越えてしまった新作の方向性をもう一度検討してもいいのではないかと、個人的には思った。
キャリアが長くなれば、どのバンドにも分岐点はあるんだけど、このまま尻すぼみになっては正直困るのである。

新作の出来自体は悪くないけれど、このまま自然に進んではいけないと僕は強く思った。
イェスパーの復帰が、全てを解決してくれるんだけどなあ~。
難しいのはわかるし、それはそれで新たな問題が生まれそうな気もするけど...。




133. Parallels ★★★ (2015-01-29 02:39:49)

もう一度メロデスをやってくれ…
ただそれだけ…



134. アクセルブルー ★★ (2016-04-08 07:16:47)

メロディックデスメタルというジャンルのスタイルを確立させたバンドの1つ。6thでモダン化し、9thからは完全に脱メロデス化してしまった。ただ、今のような路線も嫌いではないです。確かにもう一度初期の作風に戻ってほしいのもわかるが、ここまで変化してしまった以上戻ることはないと思う…。
話が変わりますが、去年の11月に、ドラムス担当のダニエルが家族との時間を大切にしたいとのことで脱退しました。後任はまだ決まっていない模様。



135. 枯林 (2016-08-17 19:15:29)

Live Blu-rayが9月23日にリリースされるようです!タイトルは「SOUNDS FROM THE HEART OF GOTHENBURG」で、ダニエルスヴェンソン在籍時のライブだそうです。セトリは新しい音源のものばかりで嫌な方もいるかもしれませんが、私は近年のIn flamesもた大好きなのでとても楽しみです。



136. ヤングラジオ (2016-08-20 19:31:36)

僕は、ダニエルのドラムが好きだった。
上手い下手とか、手数が多い少ないとか、そういった理由ではなく、単純に相性というか自分の好みであった。

僕にとって、ドラムというのは凄く重要な要素であり、例えどんなに上手い人が後任として入ろうが、結果として質感が変わってしまっては、楽曲の魅力が大きく減ってしまう事となる。
別に後任の人にダニエルの物まねは望まないけど、このバンドにとっては想像以上に重要なポイントなので、慎重にやって欲しい。

新作は今年か来年かわからないけど、楽曲的には前々作あたりの作風を期待したい。
それなら、実現可能だろうし...。




137. ヤングラジオ (2016-08-27 20:55:19)

年内に発売予定の新作から、2曲が公開されている。
「これくらい思い切った方がいい......。」
「まあ、やっぱりこうなるよね。」

振り返れば前作は、生みの苦しみを味わう新機軸に特化した作風だった。
逆に前々作は、極端に言えば似たような楽曲が多かったので、それらを解消すべく前作は、バラエティーに富んだ楽曲で構成されていた。

従来型の前々作、新型の前作、どっちを選択するのかに興味があったけど、どうやら彼らは従来の路線に戻した感じである。
とは言っても、表面の質感は今までと違っていて、それは新しいかも知れない。

前作は、作りこんだ力作でもあり一枚のアルバムとしての完成度も高かった。
だけど、窮屈な感じは従来の良さが殺されているように、僕には感じた。
別に目新しい事を、無理してやる必要はない。
音楽的な幅が広ければ広いほどいい、という事は無いのである。

また、重さや激しさが足りなく感じる人も多いだろうけど、今のアメリカのロックシーンから考えれば、時流には合っている気がする。

まだ2曲しか聞いていないけど、前作よりは僕は好きな感じがする。
2年という、最近では比較的短いインターバルで発売される理由が、キーポイントかも知れない...。




138. ヤングラジオ (2016-12-01 07:45:30)

今度は、ベースのピーター・イワースの脱退である。
自分にとっての黄金期を支えてきたメンバーの、相次ぐ脱退劇に正直心がついていけない。
キャリアが長くなれば、避けれは通れない問題ではあるけど、勿論個人には事情があるし...。
まあ、結局は残った2人のバンドになってしまったんだなと、裏読みもできる訳だけど、そんな事は抜きにして、個人的には「これでいいんだと」と割り切れた矢先の悲しい出来事である。

音楽性が維持できれば、別に問題ないんじゃね.......と簡単に割り切れるのは、そのバンド自体に思い入れが少ない事を表しており、そのバンドの音楽性にしか関心がない事を証明している。

でも、だからといって、これらに正解となる答えはない。
だからこそ、心境は複雑である。




139. 枯林 (2016-12-01 19:37:07)

> ヤングラジオさん
え?と思いましたが、本当に脱退のようですね。長年のメンバーがまた一人居なくなるのは寂しい。Sounds~から3人も替わったことになるのか。もう別のバンドになりかかってます。




140. ヤングラジオ (2016-12-02 17:58:51)

>枯林さん

確かに、こういった事は全てのバンドに起こりうることであって、どんなにファンが強く望もうが、それを防ぐのは不可能な気がする。
仕事だと割り切ってくれたら......なんて考えられるのは、結局は第三者だからである。

事の発端は、バンド的にも音楽性的にも一番変化があった、イェスパーの脱退にあるとは思うけど、音楽性の変化やバンド内のパワーバランスの変化等には、結局はこういった結果が待っているのだと思う。
民主主義は理想だけど、バンド活動には弊害もあるから、タチが悪い。

原因は、複数あるだろうしね。
どうにも寂しいね、やっぱり......。




141. 名無し ★★★ (2017-02-11 06:42:48)

ボーカルがふなっしーみたいな歌い方で笑ってしまった。歌唱力も大体ふなっしーと同じくらいだろう。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示