この曲を聴け!
KINGS OF METAL (1988年)
MyPage

KINGS OF METAL
モバイル向きページ 
解説 - KINGS OF METAL
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. アダムス家族 ★★ (2000-06-27 12:35:00)

マノウォーはとても凄いバンド
アルバムタイトル通り、まさに彼らはKINGS OF METALだ!!
全編に通じてMETALの心が込められている
凄まじいほど鋼鉄、鋼鉄、鋼鉄、鋼鉄ーーーー
STEEL、STEEL、STEEL
3番目のHART OF STEELには涙が出てくる



2. たらちゃん ★★ (2000-07-11 19:20:00)

「HAIL AND KILL」最高!!高揚感がものすごいです。たまーに聞きたくなる一曲です。
毎日はちょっと聞けないな(笑)。



3. HIGASHI ★★ (2002-01-08 23:40:00)

MANOWARも日本盤が出たり出なかったりで、輸入盤で早く手にするか日本盤を待つかヤキモキさせられる事が多かった。結局これは我慢できずに輸入盤で買った。
ダサダサなジャケットを観て、-んー、大丈夫かなーとちょっと躊躇ったが、中身は最高。
今のMANOWARのステレオタイプが確立されたと言っていい名盤で、スピーディーな1、メタルアンセムの2、最高のクサクサバラードの3、4にメイデン調の8、そして長々と語られる9、大爆発の10と全く文句のつけようのないメタル絵巻が展開される。
これは関西の吉本新喜劇のように先が見えてる展開なのだが、ファンもわかって大ウケする、と言う優しいファンと卓越した芸人が双方で作り上げる「お約束」の世界に似ている。
僕はその「お約束」が大好きな人種です(笑)




4. 浜島悠輝 ★★ (2002-03-07 13:15:00)

これは、自分の中の最高のアルバムの中にランクされています。はっきりいってすて曲なしですし自分の中でも一番好きなバンドなんでぜひ聴いてください。お勧め度120%です。



5. KOZY ★★ (2002-05-09 13:26:00)

凄い・・・実はこのアルバム、買ってから1~2度聴いて、その後10年近くお蔵入りしてた。あまりの臭さに拒否反応が出てしまったからだ。「やり過ぎだろ~これは!」と。HIGASHIさんのおっしゃる「お約束」が分かってなかったんだろう(笑)。改めて聴いてみると、当時は分からなかった佳曲の多さに驚いた。HMのHMたる部分を徹底的にデフォルメし、全編に押し込めたこのアルバムには、一切の妥協が無い。正直やりすぎてる部分も無きにしも非ずだが(⑦の「女よ!私の奴隷におなり」には正直笑っちまった)、それ以上に、ドラマティックな展開にグイグイ引き込まれる。この感覚は病み付きになるかも。正統派HMが好きな人には大きな感動を得られるアルバムだ!クセになりそうっす(笑)!



6. けんしょー ★★ (2003-07-22 23:36:00)

捨て曲がボーナスだけという。
ここが頂点で、これ意向はなんかパッとしないと思います。




7. makura ★★ (2003-11-23 06:16:00)

①はもう何回聴いたことか...。
Eg~スキール音から始まり、終始爆走チューン!!!そして最後もスキール音を撒き散らしていく!!!もう最高!
速い曲は①のみだが、他も悪くない。ただ⑦はチョット......




8. せーら ★★ (2003-11-24 07:19:00)

1曲目の「WHEELS OF FIRE」の桁外れの衝撃性から、本作「KINGS OF METAL」を最高傑作と称する方々は結構いますが、う~ん、3番目か4番目くらいかなぁ?いや、本作は勿論充分すぎるくらい凄いのです。しかしMANOWARは他のアルバムでもっと超凄いことしているのです。それだけ彼等のパワーは並外れているのです。
最高傑作ではないですが、「HEART OF STEEL」「THE CROWN AND THE RING」「HAIL AND KILL」といった名曲から大仰さの極み「THE WARRIORS PRAYER」~「BLOOD OF THE KINGS」が収録されていることから、入門者は本作から手を出しても良いかも。
「KINGS OF METAL」の歌詞にきっと呆れるはず。「他のバンドは演るがMANOWARは殺る」ですもんね。最初は理解出来ず「馬鹿かこいつら」何て思うことでしょう。まあそれは無知故の過ちというやつで、どっぷり浸かれば3日後には「こいつら最高!」に変わることでしょう。
真のメタル者なれば、本作の素晴らしさを絶対理解出来るハズ。理解出来ない人は偏見者か、縁がなかった可哀そうな負け犬ちゃんだけだと言い切ってしまおう!
「PLEASURE SLAVE」以外はどれも最高。とにかく最大ボリュームで「THE CROWN AND THE RING」聴いて下さい、ブラザー。
HAIL AND KILL!!




9. エリカ・フォンティーヌ ★★ (2003-12-03 17:53:00)

ついこの前までアルバイト行く前とかよく聴いてましたよ!!めちゃくちゃ気合入りますね!!!
そのバイトはもうやめちまいました!だってメタル魂が足りないから!!!!!(笑)




10. ポコさん ★★ (2003-12-04 15:37:00)

なんかやばい世界にはまってしまった(>_<)
この人たちの暴走ぷりはすばらしい☆
ここまでやってくれるバンドはそうはいないです。
暴走しすぎで誰かとめてあげてー(>_<)って思うところもあるけど、
とめようとしたら殺されちゃうなこりゃ。
そこが最高☆



11. カトリ ★★ (2004-04-07 00:28:00)

MANOWARのテンションの高さと情熱が伝わる傑作!
「THE CROWN AND THE RING」を聴かずして死ねない



12. 夢想家・I ★★ (2004-04-24 13:50:00)

とにかく終始ハイテンション!バラードですらアドレナリンが噴出しまくりです!
マッチョ過ぎて脳ミソまで筋肉だとか、チョコ食べ過ぎて鼻血が止まらないとか、「浦安鉄筋家族」の小鉄状態だとか、そんな例えしか思い浮かびません(笑)。
個人的に「WHEELS OF FIRE」「THE CROWN AND THE RING」」「HAIL AND KILL」で臨界点を突破。




13. にょろっと ★★ (2004-06-28 19:57:00)

①ですっかり心を掴まれ,
②で一緒に「MANOWAR KILL!!」
③で涙。
④で圧倒。
⑤でまた涙が・・・(俺は③よりこっちのほうが好き。)
⑥も大仰なチューン。
⑦うーん,うーん,うーん・・
⑧も一緒に「HAIL! HAIL! HAIL AND KILL!!」
⑨の「METAL KINGS!!!」から⑩への流れは感無量。
素晴らしいアルバムだと思う。



14. 鬼眉毛 ★★ (2004-07-02 22:02:00)

「アーん…あーン…ァーンあぁー…ぬはははははは!!!」というのに笑いました。⑦です。大音量で聴いていたのであせりましたが。



15. レスポールの飛行士 ★★ (2004-10-04 10:42:00)

マッチョ!!マッチョ!!とお祭り騒ぎになること間違いなし!!すいません。真面目に。
MANOWARというバンドは大仰な部分とキャッチーな部分両方を上手いバランスで持っています。その両方が上手く出ているアルバムだと思います。
「Hail and Kill」一曲のために買っても損はないと思います。超名曲です。
最近のメロスピにないHM本来の姿があります。



16. THRAX ★★ (2004-12-19 12:38:00)

「これだからメタルはバカにされんだよ。」と言われて然るべきなアルバム。
Hail,Hail.Hail and kill!!
この間抜けなコーラスには一般リスナーなら必ず失笑するであろう。
日本で言うところのSEX MACHINEGUNSとか聖飢魔Ⅱにあたると言っては失礼か?
でも、大まじめにこういうことするバンドって嫌いじゃないよ。
良くも悪くもこれがヘヴィメタルか?




17. RANDY V ★★ (2005-04-05 01:32:00)

ある意味JUDAS PRIESTよりヘヴィメタルしているバンドMANOWARの傑作アルバム!俺はMANOWAR歴は短いがこのアルバムを聴いた時めっちゃカッコイイと思った!全ての曲に純度120%の熱きメタル魂が込められている!メタルアンセムの⑧なんか神の領域である!この曲の為に買っても損はしない!もち他の曲も最強!①は初っ端から爆走!ヘッドバンカーズは必聴!!②はロックンロールなノリのメタルチューン!③と⑤なんか威厳に満ちていて感動!!あとジョーイ閣下の熱いベースが聴ける④はベーシスト必聴!!本当に熱いアルバム!彼らの本気度が伝わってくる!



18. 迎恩衆 ★★ (2005-06-08 09:46:00)

他のバンドは演るが、MANOWARは殺るんだ!!



19. ドゴスギア ★★ (2005-07-10 12:04:00)

普通のメタルファンは最初と最後の曲だけ聴いてください。
この2曲だけでもお金を払う価値がありますよ!
しかしほんとはほとんど全ての曲が掛け値なしに楽しめるアルバム。
曲調だけ聴いていると大げさでやりすぎでシアトリカルに過ぎるかもしれない。
でもそこを楽しめる人にはこのアルバムは唯一無二の存在となるでしょう。
個人的にMANOWARの最強アルバム!
「BLOOD OF THE KING」に尽きるゼッ!!




20. 車屋さん ★★ (2005-08-08 17:23:00)

①を聞きながら車に乗ってるとアクセル踏みすぎてしまう…!
き…危険だ……閣下は危険すぎますよ?脳に直接【アクセル全開】の指令が…!!!
⑧の『HAIL AND KILL』はまさにMANOWAR節全開のHM界の名曲!⑩の『BLOOD OF THE
KING』はMANOWARの存在感丸出しの直球勝負の曲だ。⑨からの流れが堪らない。まぁ、
⑨が曲なのかと言われると正直言って曲ではない。お爺ちゃんの昔話です(笑)。
全体的に聴いて⑦以外は、どれもパンチ力のあるMANOWARらしいHMであり、初心者で
も十分対応できる名曲揃いである事は間違いない。バラードもどれも厳粛なメタル
バラードで、こういったバラードはMANOWARの『専売特許』である。この男臭さが
MANOWARの魅力である。




21. メタル伝道師 ★★ (2005-11-04 18:57:00)

徹底的な漢メタル、他のバンドとはあきらかに異質な魅力がこのバンドにはある。
そんなバンドの魅力を知るには十分すぎる程のアルバムがこれ。
METALバンドが本来あるべき姿を示してくれる1枚。




22. 湘南メタル ★★ (2006-03-25 19:16:00)

爆走する①で掴みはOK!
とにかく個々の曲の完成度が高いし、アルバムを通してすんなり聴ける。
漢メタルチュ-ン満載。
このアルバムからMANOWARを聴いてみては?
HAIL!!!




23. Blazing Blast ★★ (2006-08-13 19:22:00)

MANOWARの最高傑作は「SIGN OF THE HAMMER」だと言われているが、
それに次ぐ作品というのは、間違いなく本作である。
初っ端からスラッシュ並みに飛ばしまくる"Wheels Of Fire"、
「他のバンドは演るが、MANOWARは殺るのだ」という信念を訴えかける"Kings Of Metal"、
エリックの熱唱が聴けるバラード"Heart Of Steel""The Crown And The Ring(Lament Of The Kings)"、
ライブではさぞ凄まじい合唱となるであろう名曲"Hail And Kill"と、幅広い楽曲が目白押し!
MANOWARの凄さ・強さ・素晴らしさ、が詰まった名作!




24. WINGS OF STEEL ★★ (2007-01-25 22:54:00)

爆走曲からバラード、大曲まで、MANOWARにしか殺れない漢のメタル!
彼らが「KINGS OF METAL」たりえる所以はこのアルバムを聴けば分かります。




25. 火薬バカ一代 ★★★ (2007-06-08 23:41:00)

タイトルといい、アートワークといい、暑苦し・・・もとい、劇的な楽曲の数々といい、ファンは忠誠を誓い、興味の無い人間は失笑を漏らすMANOWARというバンドの一番「濃い」部分をグツグツと煮詰めたかのような、アクの強くてマッチョな作風を誇る'89年発表の6thアルバム。
個人的に初めて買ったMANOWARのアルバムであり、HELLOWEENの『守護神伝 第2章』やRIOTの『THUNDERSTEEL』と並んでメタルに本格的にハマる切っ掛けとなった1枚だけに思い入れも一入なんだけど、その辺の贔屓目を抜きにしても本作のクオリティは『HAIL TO ENGLAND』『SIGN OF THE HAMMER』等の傑作群に匹敵する高さ。(・・・じゃないかな、と)
CD用ボーナス・トラック⑦がちと弱いが(ネタ曲としては満点)、それ以外は、スラッシーな疾走感とダイナミックなサビメロが圧倒的興奮を生む①に始まり、ラストを締める、余りに大袈裟で芝居がかった展開が笑いと感動を呼ぶ組曲⑨~⑩まで、全編これ捨て曲なし。中でもエリック・アダムスの熱唱が胸焦がす大ヒット・バラード③、100人からの男性コーラス隊が参加した荘厳且つ厳粛極まる⑤、そして劇的にしてキャッチーな(来日公演でも物騒な「HAIL&KILL」コールを巻き起こした)本編のハイライト・チューン⑧といった楽曲のカッコ良さは鳥肌モノ。
また今回特に注目すべきは、これを最後にバンドから脱退するロス・ザ・ボスのGプレイ。一般的に、ジョーイ・ディマイオの作る楽曲と、エリック・アダムスの超絶歌唱があれば、それでMANOWARサウンドは成立するというのがファンの共通認識なれど、このアルバム以前と以後とで、その作風が微妙に変質していく事を鑑みるに「やはりオリジナル・メンバーのロスの存在って重要だったんだな~」と、その豪快さと繊細さを併せ持つGプレイを聴きながらしみじみと実感させられます。
ロス・ザ・ボス在籍時代の集大成とも言える、気合の入った傑作。




26. ルリヲ・フルチ ★★ (2007-08-08 10:54:00)

最上級のへヴィメタル。
こればっかりは生粋のメタルファンにしか受けないんだろうなぁ~。
NWOBHMが好きな方、スラッシュが好きな方、メロスピが好きな方、デスが好きな方、どなたでも構いません。
「メタル」が好きといえるなら、聴いて頭を振って、涙してください。
ヘイル!!




27. Spleen ★★ (2010-01-23 19:48:00)

タイトルそのまま。鋼鉄の精神と肉体、メタルへの忠誠心、ついでに暑っっ苦しさをも掲げるメタルの王者。「真のヘヴィ・メタル」自称は伊達じゃない。
M7はネタ扱い感が拭えませんが、他のナンバーは疾走からバラードまで、大仰にしてキャッチーでしかもパワフル。あまりにも密度の濃いManowarワールドです。
真のメタルにして、メタル賛歌の集大成になってます。




28. かめはめ ★★ (2010-08-30 13:26:00)

King of metal!!
正統派のゴリゴリサウンド、徹底的な漢サウンド。
スピーディーなギターソロ、高音シャウト。
judasが空からのサウンドならmanowarは地からのサウンド。HAIL AND KILLで燃えよ。
偽メタルに死を!



29. しょじゆう ★★★ (2011-01-22 11:18:02)

個人的に最高傑作



30. マスター ★★★ (2011-03-28 00:48:31)

マノウォーを知るならこれだ!



31. RIOT1970 ★★★ (2013-04-02 21:11:57)

2013年現在、一応全てのアルバムをコンプリートしているが、
MANOWARの代表作は?と問われたら、このアルバムになる。
①、⑧、⑩など特にお勧め。
特に⑧は彼等の代名詞に価する楽曲。
静かなイントロから有名な「HAIL&KILL」のコーラスの勇猛さは
芝居がかったVoに拍車がかかる。
勿論他の曲も良い。
もし貴方が本物のヘヴィ・メタルを聴きたいのなら、このアルバムを
聴いて欲しい。




32. ヤング兄弟 ★★★ (2013-08-12 20:16:06)

「Kings of Metal」って自分達で言っちゃってますからねw
ただそれに値する内容を誇る名作です。
一曲一曲のメロディ、質が良いので飽きませんし聴きやすいです。あまりにも大仰な仕掛けには初めて聴いた人は流石に引いてしまうかもしれませんが、それを楽しめるようになればメタルというジャンルそのものをもっと深く楽しめるようになると思いますよ。




33. ハルディン ★★ (2014-02-19 23:54:10)

筋肉まみれの汗臭い漢のメタル美学を貫く彼らの代表作である6th。とはいえそのガチムチなイメージとは裏腹に(?)やや音圧が薄めではあるが、聴き手によっては失笑を買いかねないほどに大げさなエピック風味を塗し(だがそれがいいのだ)、とにかくバラードやアンセミックなミドル、爆走チューンなど全てが相当濃ゆい純度100%のヘヴィ・メタルをぶちかます。必殺曲の1や8を聴けばアドレナリン全開、気合が入りますw。



34. てかぷりお ★★★ (2014-09-09 18:51:12)

MANOWARの代表作と名高きこの作品 1988年発表の6thアルバム
実はMANOWARのアルバムに触れるのは初めて 聴く前のイメージとしては、まあいわゆるパワーメタルなんだろうなと 普通にカッコいい!みたいな
聴いてびっくり パワーメタルだけど、なんか普通のパワーメタルとは一味も二味も違う 思わず笑ってしまうくらい こいつらふざけてんじゃないかと バカなんじゃないかと 
大仰すぎるし もはやイロモノ一歩手前 9なんか意味不明 スピードラーニングの教材かと思ったわ ここまでする必要ないでしょ…


ヘイル!! 洗脳されました そんなアルバム




35. まの男 ★★★ (2015-08-20 22:15:24)

なんと昨晩8/19のTBS NEWS23のBABYMETAL特集でManowarが(Kings of Metalの
ジャケットだけど)地上波に出演した~
80年代のCDだけど未だにKings of Metalは売れ続けていると紹介されていました

で、未だにこのManowarの代表アルバムにコメントを入れていなかったので久々書き込みを
このアルバムは皆さんが語っている通りManowarの代表作である事は間違いないです

素晴らしい曲ばかりで
疾走からの①、あまりに有名なフレーズOther Bands Play Manowar Killが入った②、
しっとりと来るが実に勇壮なバラード③(これのドイツ語Verを披露した事でドイツでの人気が決定づけられたのでしょう)、④で閣下のプレイに酔いしれ、荘厳さを感じる⑤へと続き、哀愁漂う⑥、MMXⅣでは無かった事にされた⑦…を挟み、このアルバムのハイライト静から動へが素晴らしい⑧、で⑨~⑩とManowarの歴史を知る事となる締めくくりはお見事
80年代から売れ続けているのも理解できるケチの付け所が無い激濃いTrue Metalアルバム必聴です…

昨年に続く来日は実現しないものか!



36. 失恋船長 ★★★ (2015-08-21 03:24:47)

「偽メタルなど死んでしまえと」今にも言い出しそうな怒気を孕んで劇走する①や派手な事はしてないがメリハリを効かせたメタルアンセム②とオープニングの破壊力は絶大だ。特に②なんて何度聴いても拳を振り上げずにはいられないしコーラス部分は大合唱せずにはいられない。そんなニューヨークが生んだメタルウォーリヤーが1988年にリリースした6th。熱く涙腺を刺激する泣きのバラード③、閣下の激烈ベースが炸裂する④、ヒロイズム溢れる⑤、エリック・アダムス殿下のクドさも最高な⑥、劇的な展開と迫力溢れる熱演が聴く者を一大叙情詩へと誘う⑧、マノウォーならではの密度の高いメタリックなドラマ性と濃厚な世界を堪能できる⑩と名曲が目白押しと前作のイメージを払拭した歴史に名を刻む「メタルの中のメタル」と呼ばれる由縁のとなるメタル愛溢れる入魂の一枚、是非とも多くの人に聴いて欲しい。個人的には今作を聴くと、いつも「お前の為なら死ねる」そんな世界観が目に浮かび、なんとなく恥かしくなります。ワタクシは閣下の手によって斬首される偽メタルなのかもしれません。⑩を聴くといつも恥ずかしくなる


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示