この曲を聴け!
VITAL SIGNS (1984年)
MyPage

VITAL SIGNS
モバイル向きページ 
解説 - VITAL SIGNS
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 福原 ★★ (2000-09-11 22:48:00)

80年代のポップ・ロックの傑作中の傑作。JOURNEYのESCAPE、TOTOのIV、REO SPEEDWAGONの禁じられた夜、DEF LEPPARDのHYSTERIAと並び賞されるべきべき作品。いまや入手困難な希少版となってしまったのは残念。
おすすめはIT'S A SINGER NOT THE SONG。
レーティング 98/100



2. dai-sukebe ★★ (2001-05-25 14:33:00)

Jimi Jamisonのハイトーンヴォィスを生かした「Serch Is Over」「High on You」「I Can't Hold Back」を収録した新生Survivor第1弾アルバム。イメージ的にもMTVを上手く利用しアルバムもシングルも大ヒット。日本盤には当時公開されていた「Karate Kid :ベストキッド」のテーマ「The Moment Of Truth」も収録。この曲もまた素晴らしい出来。
Ron NevisonのProduceしたアルバムはそれこそ沢山あるが、その中でも代表作品のひとつとしてあげられる程、バンドとのマッチングはばっちりです。「When Seconds Count」と共に並んで名盤の1つ。



3. やまねこ ★★ (2002-05-14 16:11:00)

84年暮の作品。プロデューサーにRon Nevisonを起用。
また、vo.交代直後初の作品でもある。
SURVIVORの代表作で、商業的にも本作から4枚のシングルが生まれた。
新vo.のJimi Jamisonのハイトーンヴォーイスと曲のセンスの良さとが
うまくはまっています。
爽快なメロディアスHRナンバーがずらりと並び、
どの曲もシングルカット可能なほどの出来映え。
国内盤併録の唯一外部のソングライターを起用の
The Moment Of Truthも秀作。




4. たつ ★★ (2003-04-26 21:24:00)

最近企画もので80年代の有名曲が収録されたCDが数多く発売されているようだが、シングルヒットを数多く輩出したにもかかわらずVital Signsの曲をほとんど見たことがない。
本当にもったいないと言うか、知らない人は可哀想だと思ってしまうほど、歴史的名盤の一つであるのだ。
本作は、収録されたシングルが次々にヒットするのと平行してLPチャートを上昇していき、最高位16位をマークしたところでゆっくり下降していってしまったが、注目してほしいのは年間総合チャートだ。
発売レコード会社は弱小レーベル(失礼)Scotti Brosであり大手と比べるとたいしたプロモーション活動も出来なかったと思料されるが、Vital Signsと同時期に発売され2位を記録したホイットニー・ヒューストン、1位を記録したダイア・ストレーツらのLPを軽く引き離し、第15位という高位置に君臨したのである。
私はまず本作より次々に飛び出すシングルに完全に聴惚れてしまった。そして、アルバム全体を通して聴くとどの曲もヒットするポテンシャルを持っていることに気づいた。それでいて、アルバムは曲全体を包み込むムードで統一感を保っている。
これも収録曲の順番まで決めたというロン・ネヴィソンの尽力によるところが大であろうが、聴いているとメンバーのこれ以上の商業的失敗は許されなという切実な雰囲気もさることながら、今はいい音楽を聴かせたい、いい音楽がやりたくて仕方ないんだという真摯な気持ちが伝わってくるような気がするのである。カヴァージャケットもなかなかかっこよい。
とにかくチャートの動向を基礎としてロックを主観客観的に分析するのが好きだった私は当時、もしVital Signsを超すアルバムが現れるとすれば、それはSurvivorの次作品であろうと思った。折からサントラ「ロッキー4」からバーニング・ハートが大ヒットし、次LPの商業的成功の路線は完璧に敷かれていた。そして86年11月、待望の最新作When Seconds Countが発表された・・・・。



5. しゅう ★★ (2003-12-22 02:02:00)

捨て曲一切無しの名盤ですね。どの曲もシングルとしてリリースしてもおかしくない素晴らしい曲が揃ってます。個人的には、前作と比べると、ハードさがかなり押さえられたところが、少し物足りないところですが、作品としての出来は非のうちどころがありませんね。



6. MK-OVERDRIVE ★★★ (2004-10-26 02:31:00)

ジミ・ジェイミソン、名前の通り地味(違うだろ!殴)でワイルドな風貌に似合わず声がいい。ロン・ネヴィソンの手になるクリアな音がいかにも1984年そのもの。曲単体ではEye of the Tigerが断トツなれどアルバムはコレが一番人気なのも納得の、正に100点満点が付けられる最高傑作。ただ、時期が超有名な~the TigerとBurning Heartの丁度狭間だし、今や収録曲のオンエアもまずないので、御存知ない方も多いだろう。私事…愚かにも当時のアナログ盤を手放してしまい、日本盤CDで再度巡り会ったのは99年のことであった。以来どうも再発はないみたいだ。若い皆さん、中古盤を頑張って探しませう。



7. タコスケ ★★ (2004-11-03 11:36:00)

リリース当時のB!誌上のレビューは何と28点。個人的には×100です。



8. BLACK MURDER ★★ (2005-01-10 10:31:00)

「SEARCH IS OVER」「HIGH ON YOU」「I CANT HOLD BACK」など彼らの代表曲が堪能できるメロディックロックの傑作!!キーボード満載で、爽やかな声質のジミ・ジェイミソンの魅力が際立ち、楽曲はどれもフック満載。シングル以外にも、「FIRST NIGHT」「ITS THE SINGER NOT THE SONG」などたまらない曲がいっぱい。それにしても、この作品が28点って・・・レビューした奴はする資格ないね。完璧自分の好みでレビューしたってことだし。



9. konkon ★★ (2005-02-14 22:51:00)

この透明感あふれるサウンドは何度聞いても気持ちいい。捨て曲ゼロは当たり前!初め輸入版で持っていたけど、中古屋さんで国内盤を見つけて、買い換えましたもん(^_^)v
歌詞が知りたくて・・・。どのアルバムも素敵だけど、爽快感を味わいたいときにはお勧めだと思います。文句無し名盤!!



10. TAKA ★★ (2005-04-14 18:21:00)

超名盤!!歴史的名盤!!完璧!!ボーカルは最強にうまい!この世にいたのか!こんなにうまいボ-カルが!! すげ~~~



11. CT ★★ (2005-04-15 10:45:00)

まさにミラクル名盤!!!!!歌のうまさは超絶!!曲もスキなし!!!



12. 鉄鉢 ★★ (2005-12-17 22:52:00)

高い歌声とキーボードを前面に出したハード・ポップ・サウンド。“古き良き"80年代の名バンド。(スタローンの映画「ロッキー」シリーズの主題歌は特に有名)
コレは、彼らの最高傑作とよく評されるアルバムです。(ヴォーカルは交代してます)
爽やかで心地の良いメロディが彼らの持ち味。まぁ如何にも「産業ロック」というか、 正直コレを聴いて「軽い」と思ってしまう人もいるのでしょうが・・・
とにかくホントにキャッチーで素晴らしい音楽。イイ曲づくし。
僕もコレを聴くと、しんみり心に沁みて癒されます。三十路のオッサンにはホント堪らんです、この時代の音楽は・・・




13. 戦慄の王女 ★★ (2005-12-31 00:58:00)

傑出したスター性のあるメンバーが居る訳でもないこのバンドの何が凄いかと考えると、結局、楽曲の良さ以外の何物でもないという事になる。そんなSURVIVORの、間違いなく最高傑作。良い意味での「産業ロック」の最高峰として、胸を張って万人に薦める事のできるアルバム。目立たないような職人技(殆どはJim Peterikの仕事だと思われる)がこれでもかと炸裂するフック、メロディー、アレンジの洪水。本作から参加したボーカリストJimi Jamisonに至っては、個人的嗜好で言えば、同系列のSteve Perryなんかよりも一段も二段も上かと。



14. 5150 ★★ (2006-03-01 21:03:00)

超名盤。
極上のメロディアスロック。古さも感じさせない。
聴き始めると、次から次から全曲が名曲!
これ以上ないというメロディの応酬。
何もいうことない程完璧なアルバム。
これを聴いたら誰もがSURVIVORを好きになるよ。
全ロックファン必聴!




15. cozy_ima ★★ (2006-10-21 19:01:00)

メロディアスハードの登竜門というべき、あまりに優れた作品。
このアルバムを聴いて、つまらない、という人はメロディアスハードに縁がない
と思っていい。
1)メロディにクセがない。独特の臭みがない。洗練し尽されている。アメリカの
バンドとしては、珍しい。JOURNEY,BON JOVI,NIGHT RANGERを超えている。
2)AOR特有の退屈さがない。全てのメロディにフックがある。TOTOよりポイントは
高いと思う。
3)8ビート中心のため、分かりやすく、すーっと耳に入る曲が多い。凝ったリズム
がない。
4)ギターもほどよくハードで、サウインドメイキングは完璧。
5)キーボードも鍵盤系の音が多いので、勢いを感じさせてくれる。
近年の粗悪メロディアスハードを聴く暇があったら、この作品のような本物を聴いて
欲しい。




16. レジェス ★★ (2007-08-05 23:31:00)

皆さんが散々書かれているので、今更おこがましいですが、メロディックロックの
最高傑作はずばりコレです。
胸の疼くようなポップフィーリング、それを余すところ無く表現するジミの
情感溢れるボーカル。完璧なバックの演奏とサウンドプロダクション。
書いているだけで胸がジーンとなってしまいます。
大量に買い占めて、ご近所さんに配って回りたいぐらいの超超超名盤!

こんな素晴らしい作品も、発表当時はB誌で28点という評価に甘んじたのは有名な話。
この得点は採点者にとっては本心から付けた点数なのでしょうが、
これほど客観性を無視していては、媒体としてまるっきり信用できませんね。
他人の意見にいちゃもんをつけるのは大嫌いなのですが、こればっかりは
「恥を知れ!」と言いたいです。




17. 王子おズボン ★★ (2009-03-29 13:44:00)

「EYE OF THE TIGER」があまりにも有名だが、SURVIVERの本質はこのアルバムを
聴かないとわからない。
抜群のメロディラインを力強いハイトーン・ヴォーカルで歌うジミ・ジェイミソン
が素晴らしい。演奏も堅実で、敏腕プロデューサーのロン・ネヴィソンがSURVIVERの
魅力を最大限に引き出した。
80年代「産業ロック」の名盤として良く登場するアルバムだが、そういった背景は
度外視して単純に「メロディアスHR」の傑作として必聴盤であることは間違いない。
次々繰り出される珠玉のメロディを堪能できる。特にバラードは絶品。
2000年代に入りジミ・ジェイミソンも新作をリリースしているが、残念ながら
本作には及ばない。それ程「VITAL SIGNS」は完成度が高いと言うことだ。



18. パズー ★★ (2010-02-13 20:13:00)

最高のアルバム。これ以外に言葉が要るか?



19. 火薬バカ一代 ★★ (2010-02-26 23:54:00)

巨費を投じて作り上げた4th『CAUGHT IN THE GAME』がまさかの大コケ、しかもデイヴ・ビックラー(Vo)まで健康上の
問題を理由に脱退・・・と、天国から地獄へ一気に転げ落ちたSURVIVORが、新Voとしてジミ・ジェイミソンを、
プロデューサーとして売れっ子ロン・ネヴィソンを迎え入れ、再浮上を賭けて作り上げた'85年発表の5thアルバム。
結果的に本作は4曲ものヒット・シングルを生み出し、アルバム自体もビルボード最高14位にランクイン、バンドに
プラチナ・ディスクをもたらす成功を収めたわけだが、正直、これ程の名盤ならもっと売れたって罰は当たらんぞ、と。
これまで以上にKeyサウンドを前面に押し出し、メロディのフックから、劇的な曲展開、サビのキャッチーさ、
華やかなコーラス・ワークの組み立てに至るまで、その構成要素一つ一つを丁寧に磨き上げ、徹底的な洗練を施した上で、
ジミ・ジェイミソンの伸びやか且つエモーショナルな歌声が乗っけられた収録曲の数々は、産業ロックの
一つの理想形とでも言うべき美しいシルエットを描き出し、JOURNEY、STYX、FOREIGNERといった同ジャンルの
先輩バンドが残した数多の名曲群と比べても、何ら遜色のない眩い輝きを放つ逸品ばかり。
鮮烈なポップセンスに彩られたOPナンバー①から、映画『ベストキッド』の主題歌として知られるラスト・ナンバー
⑩(日本盤のみ収録)まで全10曲、捨て曲がないのは勿論の事、全ての楽曲がシングル・カット可能なクオリティを
備えている本作だが、中でもSURVIVORのロック・サイドを代表する爽快感漲る③と、メロウ・サイドを代表する
感動的な名バラード④の連続攻撃には、メロディ愛好家ならグゥの音も出ない程に打ちのめされること請け合い。
SURVIVORの商業的代表作が『EYE OF THE TIGER』なら、質的な代表作は間違いなくコレ。君、聴かずに死にたもう事なかれ。




20. 失恋船長 ★★ (2010-03-05 04:58:00)

商業誌の低評価もなんのその
新Voのジミ・ジェイミソンの表現力豊かな歌声が実に素晴らしく
ロン・ネヴィソンの嫌味にならないサウンド作りも功を奏し極上のロックサウンドを聞かせてくれます。
若い頃「こんなポップなもん聴けるかい」と悪態をつき
個人的にはNWOBHM丸出しのB級メタルバンドを好んだりするのですが
産業ロックと揶揄されるほどの洗練されたアメリカンハードロックサウンドに魅了されたいものです。軟弱といわれようとコマーシャル性に富んだサウンドは良いですねぁ




21. 地味JAM尊 ★★★ (2016-05-31 03:16:53)

虎は死して皮を残す

Jimiは死してこのアルバムを残す

本人は後年「もっとHARDなのがいい」「『The Serch Is Over』の何がいいのか分からない」などと
言っていたが、少なくとも私にとっては「これ以上いいアルバムがあるなんてありえない」!


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示