この曲を聴け!
DIVER DOWN (1982年)
MyPage

DIVER DOWN
モバイル向きページ 
解説 - DIVER DOWN
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. YOH ★★ (2000-08-22 15:26:00)

このアルバムはVHを語る上で外せないアルバムの一つだ。なぜならカバー曲をやらせてVHの右に出るバンドはいないのだから。オリジナル曲ではHung'em highが最高。ノリノリだ。しかもただでさえメロディの薄いデイブが一部で完全に喋っとる(笑)。



2. 定ちゃん ★★ (2000-08-25 15:35:00)

ヴァン・ヘイレン異色のアルバム。「HANG 'EM HIGH」は必聴の名曲。16分のスキッピングの
メインリフが心地よい。「CATHEDRAL」は後にライブのギターソロタイムでは欠かせない曲。
最初はシンセかなんかで演奏してるように聞こえるけど、しっかりギターです。
ブラッド・ギルスも同じような事をナイトレのソロタイムで演ってます(パクリじゃん)。
ディレイタイムの設定と、ボリューム奏法と左手ハンマリングで1つの曲に仕上げるセンスは
まさに天才。「大聖堂」というタイトルも曲にぴったり。
「(OH)PRETTY WOMAN」、「DANCING IN THE STREET」もカバーだけど、上手いアレンジです。
「LITTLE GUITARS」はポップなこれまた名曲。
冒頭で異色と書いたのは、カバー曲が多いことと、ポップな曲が多いことです。
しかし、すべてヴァン・ヘイレンの味が出ており、傑作だと思います。
夏のドライブにもピッタリのアルバム。




3. エディ齋藤 ★★ (2000-08-28 12:19:00)

俺はあの技ができない。でもタッピングは負けない自信がありまくり。



4. miro ★★ (2000-10-10 19:33:00)

このアルバムに目をつけるなんて皆さん通ですねえ
何故! このアルバムはカバーが多く 荒削りなのか?
それはこの当時、ワーナーが傾きかけていてどうにかして、立て直しをはかりたく
休暇中のヴァンヘイレンのメンバーを集め 2週間で使ったのがこのアルバムなのです!!
2週間でこれでッせ!!



5. クレーマー森尾 ★★ (2000-10-11 02:12:00)

俺もこのアルバムは大好き!なんせ自分の親父(10曲目でクラリネット吹いてる人)無理矢理引っぱり出してたりお馬鹿度満点。この頃のエディときたらギターソロ中舌だして弾きまくり!タッピングしまくりです。是非当時のビデオを何とかして探し出してみてちょうだい。



6. monster ★★ (2001-09-03 14:42:00)

"intruder" -> "pretty woman" の流れが最高!!ラストナンバーもいい味出してますな。



7. やんすけ ★★ (2002-07-07 10:42:00)

あぁ~~、とにかく最高です!
このアルバムもまたヴァン・ヘイレンの良さってものが
存分に出ている作品や。
どの曲がって特に甲乙つけられんのやけど、
「HANG 'EM HIGH」のギターソロへの進入の仕方は
当時、あのブライアン・メイ(いわずと知れたQUEENのギタリスト)も
大絶賛してたで。
買えっ!!!聴けっ!!!



8. まゆきん ★★ (2003-01-15 00:47:00)

いや~、このアルバムはかなり聴きこんだ。
ポップな曲が多い中でも自分の音を出しているエディって…偉大。
わりと初心者向けかと。



9. KILLERQUEEN ★★ (2003-09-08 12:53:00)

HANG 'EM HIGHめっちゃかっこいい。ただこの曲はVAN HALENのなかでも難曲。ド頭のリフからしてかなり手こずる。
あとTHE FULL BAG。これ話題に挙がらないけど名曲。いかにもエディーらしいギター。ノリノリです。




10. ROPS ★★ (2003-10-02 04:35:00)

う~ん…。このアルバムは微妙だと思う。
VAN HALENのカヴァーナンバーはオリジナルが霞んじゃうぐらい魅力的です。
が、このアルバムは選曲が良くない。
「PRETTY WOMAN」なんかビデオクリップも最悪だった。
エディがカウボーイ、アレックスが原始人、侍に扮するマイケル、なぜかナポレオンのデイブ...(゜д゜lll)
しかもPRETTY WOMANなはずの女性が全然可愛くない(^^;
このクリップは当時問題になったようで、オカマって事で一件落着したみたいですが...。
デイブ主導だとこうなるという悪い見本です。
(アンチデイブという訳では無いですが趣味が悪い)。
VAN HALENオリジナル曲はホントに良い曲揃いなので残念。
エディーが他の曲の為に暖めていたアイディアがPRETTY WOMANのイントロに
使われてしまったのも本人からすれば腹の立つことだろうと思う。
5150スタジオを建てる動機の一つにもなったアルバムです。
色々書きましたがエディーは相変わらずユニークなプレイを披露してます。
インナーの写真などを見ても当時のVAN HALENの勢いが感じられます。



11. STORMBRINGER ★★ (2004-02-19 11:26:00)

賛否両論あるみたいですが、俺は結構好きです。カヴァーもなかなか良い味だしてますし、「HANG 'EM HIGH」などのハードナンバーもしっかりあります。ハードじゃなきゃちと辛いという人にはあまりお薦めできないかもしれないですが、オールディーズが好きな人には絶対お薦め。というかデイヴ時代のVAN HALENが好きな人はこれももちろんイケると思います。
お気に入りは「HANG 'EM HIGH」「(OH)PRETTY WOMAN」「DANCING IN THE STREET」「LITTLE GUITARS」「BIG BAD BILL」です。




12. 190 ★★ (2004-03-14 19:59:00)

このアルバムは、オイラも大好きな作品。
ズバリ、No.1「VAN HALEN」、No.2「FOR UNLAWFUL CARNAL KNOWLEDGE」の次に、3番目に好きなアルバムです。
ある知り合いの人が「カヴァーばっかり」「ポップ」と酷評してた・・・
俺に言わせりゃ、こんな楽しいアルバムないですぜお客さん!って感じでしたね。
カヴァーっつったって1stの時からトライしてた事だしねぇ?・・・
何よりも、そのカヴァー曲の出来がイイから全然OKでしょう!
「You Really Got Me」といい、今作の「Dancing In The Street」といいすばらしい出来である。「Pretty Woman」もまあまあの出来だと思う。
逆に、その出来の良いカヴァー曲も入ってるから“おいしい"とも思っている。
また、ポップでもあるし、シブくもある。らしさも充分出てて「VAN HALEN節」満載じゃないですか。・・・最高のエンターテイメント作だと思うよ!
「Hang 'Em High」のようなHV印の疾走へヴィシャッフルナンバーだってしっかり入っているしね。・・・捨て曲なし!
確かにカヴァーもあってポップって所を考えると初心者向けかとも思うが・・・「いやいや、これは聴きこんだ人にも“通"にも楽しめる一品ではないだろうか?」と俺は思う。
以外にこのアルバムは「オススメ」ですね!!




13. フライングV ★★ (2004-06-09 18:28:00)

『(oh!)Pretty Woman』が聞けるだけで買ってしまった(笑)
いつか他の名曲をカヴァーしたアルバムを出さないかな~。




14. ら~しょん ★★ (2004-08-20 21:38:00)

デイヴ時代では「VHⅡ」に次いでよく聴いているアルバム。
確かにカヴァー曲が多いし全体的にポップですが、
VHの作品の中で最も楽しく聴けるアルバムだと思います。
②⑥⑨⑩⑪が特に好き。




15. エディ復帰おめでとう^^ ★★ (2005-08-16 02:09:00)

デイヴは派手なパフォーマンスだけのようなヴォーカリストに思われがちだが、彼のバックグランドはVH時代のカヴァーや「クレイジーフロムザヒート」などでも分かる通り、意外にも渋い物が多い。このアルバムでも、シャウトの狭間に時折見せるソウルフルなヴォーカルは、彼ならではの味である。ベストで一時期だけデイヴが復帰した時の二曲を聞いたときも、(このソウルな持ち味がデイヴなんだなあ。)と、改めて思ったりした。さて、彼らの通算五作目のこのアルバムであるが、「1984」の序章と言わんばかりに、既にハードロックの枠を超えてしまっているように思える。エディのギターは更に自由奔放に飛び回って、キャッチーでシングルヒットしそうなポップな曲も多い。しかし、③のような天才的なインストもしっかり入っているのが流石である。



16. ご意見番 ★★ (2005-10-08 05:52:00)

実はVHの中で一番好きなアルバム。いろいろ言われているが、何だかんだ言ってもデイヴがいた頃の
VH、特に本作と、続く「1984」に最も威力と勢いと完成度の高さを感じます。ただし、後者には、やや
「アカぬけした」スマートさが出はじめており、少々物足りない。底抜けの楽しさを味わえるのは本作。
まさにバブルな時代を背景に、華やかでド派手なパフォーマンスを信条としていたあの頃に、最も魅力を
感じているのは拙者だけではないはず(勝手に信じておりやす)。確かに、後を継いだサミーの頃だって、
アメリカンロックの王道を行くとか言われてもいたが、優等生のカラに閉じこもったように聴こえたもんだ。
でもって、本作。大ヒットしたカヴァー曲「Oh)Pretty Woman」が余りにも有名だが、もう一方のカヴァー曲
「Dancing In The Street」の出来栄えのよさとノリのよさに、思わず盛り上がらずにはいられない。
もちろんエディのギターも冴えており、インスト曲「Cathedral」では、テクニカルな演奏(ヴァイオリン奏法
って言うんですか)を聴かせてくれている。「Hang 'Em High」みたいな「お約束の曲」だってありまっせぇ。
「ライトハンド奏法」を世に送り出したデビュー作の歴史的な重みには耐えられないが、VHという言わば
音楽的な「ジャンル」を確立していたと思われるこの時期、このアルバムにこそ、彼らの真髄をみる思いで
ありんすよ(すみません、個人的な思い入れだけかもしれませんが...)。



17. おいたん ★★ (2006-02-06 04:51:00)

彼らの作品で一番ポップ。で、楽しい。カヴァーも多いし。
エンターテイメントを求めているなら聴いて損はしないはず。




18. Mr.Gero ★★ (2006-05-21 00:22:00)

最初に聴いたアルバム。
とにかく楽しい!!曲が良い!!でもなんか変!!
この人たちって本当に唯一無二。



19. ラスカル ★★ (2006-09-22 02:57:00)

上の方々のおっしゃる通りに、とにかく楽しい超名盤!!!!
代表作として語られることはないアルバムですが、個人的にはVAN HALENの中では一番好きな作品かもしれません!!!!




20. 10倍太陽拳 ★★ (2006-10-09 16:02:00)

5th。今までの作品と比べよりポップになった。
カヴァー曲が多いがさすがはVANHALEN。ちゃんとモノにしてますよね。
彼らのカヴァーは選曲、アレンジ共に素晴らしく
ちゃんとVANHALENの曲になってるところが素晴らしい。
上の方も仰っていたがエンターテイメント性溢れる作品だと思います。
自分もこのアルバム好きですね。




21. クリーミーうんこ ★★ (2007-02-16 21:03:00)



22. Beck0624 ★★ (2009-02-23 08:16:00)

このアルバムは、僕がリアルタイムで1984を聞いた後に次に聴いたアルバム。そしてとてもがっかりした覚えがある。当時MSGとかレインボウが好きだった高校生の僕には難しかった。この愉快で豪快なところがわかるにはやっぱり1-4枚目を順に聞いていないとだめだったと思う。Pretty womanが大ヒットになって、しかもUS フェスの大トリで30万人集めて、ロックカリスマとして最高潮だったころに大急ぎでお金儲けのために作られたアルバム。だから曲が悪いんだなー。でもHang em high と Dancing in the street は好きだけど。



23. MK-OVERDRIVE ★★ (2009-11-09 20:06:00)

デビュー以来毎年1枚ずつアルバムを発表してきた VAN HALEN の5年目=5作目。EDDIEとDAVEの関係がギクシャクしつつあった中ルーティーンで作られた感は否めず、実に半分がカバー曲で、ベスト(vol.1)にも1曲も入らないという始末。だからオリジナリティに乏しいとよく言われるが、(Oh) Pretty Womanあたりは完全にVH流ハードロックに変わってるから、全面的にそうとも言い切れない面もある。ここは一つアルバム全体に流れるアメリカの雰囲気に浸りきってみようではないか。個人的に(Oh) Pretty WomanはASIAのHeat of the Momentと並び1982年の春を告げた曲として思い入れがあることだし…☆2.4個。



24. テカプリオ (2011-02-20 19:03:58)

う~ん このアルバムはHang 'em High以外あまり聴かないかな
急いで作ったアルバムらしいですね カバー曲が多いのが特徴




25. テカプリオ (2011-02-20 19:10:02)

書き忘れたけどエディ、アレックスのパパが参加しています



26. マスター ★★★ (2012-01-28 22:00:19)

カバー率たかいけど結構名盤だと思う。HANG 'EM HIGHは必聴。
プリティーウーマンのカバーもいい、



27. Arsenal / Gunners ★★★ (2012-02-15 19:14:07)

このアルバムでHRバンドのトップに君臨し、83年のUSフェスティバルの大トリを務めた。 ワンステージの出演料は1億円とも3億円とも報じられ話題となりました。
35万人の前でのLIVEは‘LIVE RARITIES‘に収められています。 LITTLE GUITARSは最高です。




28. あよー ★★ (2014-06-14 03:42:43)

ヴァンヘイレンのアルバムってどれも小曲が多く曲数も少ない感じがするよね。

このアルバムは・・・なんともいえない




29. ヤング兄弟 ★★★ (2016-08-27 00:13:15)

賛否両論で有名なこのアルバムですが(笑)「HR/HM以外は音楽じゃねえ!」なんて考えの人じゃなければ聴いててめちゃくちゃ楽しいアルバムだと思います。実際ヴァンヘイレンではファーストの次に好きな作品だったりします。デイヴのソロアルバムなんて言われたりもしますがちゃんとエディのギターも元気だしマイケルのコーラスもアレックスのドラムも合わさっていつものヴァンヘイレンサウンドです。カバー曲もツボ押さえてるので、洋楽の入り口としてもなかなか良いアルバムだと思います。



30. 名無し ★★ (2017-07-14 11:42:46)

恐らく「HANG 'EM HIGH」は1st辺りのレコーディング時の音源じゃないかと思う。歌だけ入れ替えたか、オケだけ上がってたものに新たに歌を被せたか。デモにも入ってた曲ですね。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示