この曲を聴け!
FUGITIVE (1984年)
MyPage

FUGITIVE
モバイル向きページ 
解説 - FUGITIVE
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 犬飼庸介 ★★ (2000-11-02 13:56:00)

歌謡曲にも通じるような歌えるメロディー。
それをハードロックに持ち込んだ最初のバンド。
そのセカンドアルバム。キャッチーなだけでなく、ドラマ性ある展開も聴きどころ



2. すみれ ★★ (2001-10-12 16:22:00)

1万回くらい聴いた。
「ジャパメタ」なんて言われてたけど、今思うと
めちゃめちゃ分かり易いしメロウ。
やはり彼らは「More」という素晴らしい曲を残した
このアルバムが最高っす。



3. ネタばらし ★★ (2002-04-22 23:06:00)

一番上の書きこみ、某雑誌に載ってた文章のパクリですね(笑)



4. ジムケリー ★★ (2002-05-08 08:53:00)

高校のときに最初にコピった思い出のアルバム。
Drive me Crazy とか、すごく気持ちよかった記憶がある。
捨て曲マジ無し。



5. ローランDEATH ★★ (2002-11-17 12:24:00)

この作品は泣けます!私の場合、リアルタイムに聞いていたので、若かりし頃の切ない思い出が脳裏によみがえります。是非聞いて下さい。



6. 銘菓ひよこ ★★ (2003-12-18 00:48:00)

自分もリアルタイムで聴いてたクチなんでこのアルバムには思い入れがあるなぁ~。
カラオケでシェイカー歌っても誰も気付いてくれないんだよなぁ。(泣




7. Backy ★★ (2004-04-28 12:37:00)

14歳の時にこのアルバムが発売されて、興味本位で聞いた。一曲目「記憶の中」のMarcyの誰もが見る夢を見ていた、だけど俺はこの夢と賭けをしてきたという歌詞に衝撃を受けた。ちょうどギターを手にした頃で、Earthshakerの曲はたくさんコピーした。歌詞の重要さを教えてくれたのもShakerです。お金を貯めてAriaのPEを買い、18でギブソンを手にするまでずーっとメインで弾きまくった。今35歳で家庭を持ったけど、Earthshakerが一番好きだね。2歳の子供もShakerの曲で踊ってる。Fugitive、Midnight Flightには名曲がたくさん。



8. フライングV ★★ (2004-06-10 09:56:00)

『名盤』!『最高傑作』!
本当にメロディーラインが親しみやすく悲しげでかっこよく癒されます。
よくこんな名リフが浮んでくるな~っと本当にシャラに感謝します(笑)。
絶妙なミュート、ハーモニクス、チョーキング、ビブラート、メロディー、低音高音域を駆け巡るソロ・・
シャラはこのアルバムでシェイカー節を確立させました。
またシェイカーのアルバムの中で一番アルバム全曲をギター"爆"弾きまくった程、叩き潰されました。
勿論『MORE』を一番弾きましたが、一番酔いしれたのは『天国の階段』を彷彿とさせる
『LOVE DESTINY』の間奏の静から動へ変わる哀愁の泣きのソロ!!。
チョーキングとビブラートで泣かせ、スライドでドラマティックに盛上げる。
もう1曲はご存知『FUGITIVE』のエンディングの涙もののソロ。有名な後半の連続速引きリフは
今引いても酔いしれます。そして工藤が壊れます(笑)シャラも発狂します(笑)。
最後のバイオリン奏法を終えた後、最高の充実感でLPを直してた。




9. JOE吉田 ★★ (2004-08-26 00:45:00)

若い人にすれば音がしょぼく感じるかもしれません。
1曲目からエンディングまで捨て曲一切なしの、これぞ「名盤」




10. ひらひら ★★ (2005-03-05 12:29:00)

やっぱコレは外せません。8曲、40分足らずのアルバムですが、死ぬほど聴きました。
ジャケットもカッコよくて、言うことなしです。



11. 破嵐陽区 ★★ (2006-02-03 23:13:00)

日本出身のヘヴィメタルバンドEARTHSHAKERの2NDアルバムが本作の「FUGITIVE」である。本作の発表当時はヘヴィメタルブーム真っ只中時期でもあったため日本でも多くのメタルバンドが存在してたが、その中でも彼らトップクラスにいたバンドでもある。
本作の曲調を一言で言うとヘヴィメタルにしてはやけにポップな印象があるのかヘヴィメタルサウンドといえるのかが疑問に思えてくる。オープニングの①はメタルというよりハードロックといった感じだが素晴らしいナンバーだ。また②は本作の中では最もヘヴィメタル色が強いナンバーであり個人的にかなり気に入っている。また⑤は彼らの名曲のひつでもある哀愁感が漂うポップなメタルナンバーだ。また⑦はメタルというよりロックンロールナンバーといった方が正解かもしれないがそれなりに素晴らしい曲だ。ラストを飾る⑧は哀愁感がいやというほど伝わってくる彼らの傑作曲といえよう。また③も彼らの名曲だ。個人的にヘヴィメタルアルバムのイメージが薄いところが不満だが別の意味で傑作といえるアルバムだ。本作はEARTHSHAKERに興味があるものだったら聴いてみるべきだろう。
個人評価92点



12. デルモンテ古呉 ★★ (2006-09-02 17:15:00)

カップ麺食べてるセーソクの笑顔が、このアルバムの素晴らしさを象徴している!



13. ELTUPA ★★ (2007-02-03 08:38:00)

懐かしくて涙出てきた・・・。



14. 失恋船長 ★★★ (2011-09-27 17:45:29)

初の海外レコーディングを敢行した名曲「MORE」を収録した名盤の呼び声高い2nd
彼らの真骨頂、繊細さとメロディを生かしたダイナミックなアレンジ、けしてハードさを失わない姿は頼もしい限りでしたね。メジャー第二弾と言うこともあり洗練度とポップセンスに磨きが掛かっているのも見逃せません。今聴けば古臭さは否めませんが扇情的なフレージングを紡ぐ石原慎一郎のギターは素晴らしいフィーリングに彩られています。また西田昌史の情感たっぷり艶のある歌声も堪能出来ます。個人的には⑥⑧は今でも聞き返ししっとりとさせられますね。叙情派HM/HRバンドの代表作と言われる今作に日本語ロックの真髄を魅せられて気分です




15. 正直者 ★★★ (2018-08-08 10:39:48)

偉そうなことは言えるが制作現場でのプロデュース力は全くなかった伊藤政則氏。バンドは本当のロックな音を求め海外へと向かう。
名曲「MORE」が収録されているのが名盤へと評価される理由だが、やはり多忙なスケジュールの合間を縫っての書き下ろしが多いため、充実度はデビュー作に劣るのだが、それでもY&Tを手掛けケン・ケーシーが参加したのはバンドにとっても嬉しい出来事だろう。
何故かと言えばバンド名の由来がY&Tだからね。
デビューしたての若手が海外レコーディングできたのも、アースシェイカーの為にマリオネットミュージックを立ち上げたゴットのおかげなのだから、やはり彼の影響はビジネス面では相当な力を有しているんだろう。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示