この曲を聴け!
DIVINE INTERVENTION (1994年)
MyPage

DIVINE INTERVENTION
モバイル向きページ 
解説 - DIVINE INTERVENTION

1994年9月27日、American Recordingsよりリリースされた6thアルバム。
1992年、結成当時からのドラマーであるDave Lombardoが脱退。残されたバンド側は、元ForbiddenのPaul Bostaphを後任として迎える。そして、バンドはIce-Tとコラボレーションした「Disorder」(Exploitedのカヴァーをメドレーにしたもの)を映画『Judgment Night』(1993年公開)のサウンドトラックに提供した後、本作を発表。
発表当時はオルタナティブ・ロックが隆盛して、多くのヘヴィメタル・バンドやハードロック・バンドは苦境に立たされていたが、Slayerは自分達の音楽性を曲げることを拒んだ。音楽評論家のAlex Hendersonは、allmusic.comにおいて「『Seasons in the Abyss』ほど分かりやすくはないが、同様に魅力的な作品」と評している。
バンドは、本作で初めて母国アメリカのBillboard 200で8位を記録し、トップ10入りを果たした。イギリスでは、アルバムは全英アルバムチャートで15位に達し、収録曲「Serenity in Murder」は全英シングルチャートで50位に達した。

Recorded:During 1994 at Oceanway, in Los Angeles, California, and Sound City in Van Nuys, California
Producer:Rick Rubin (exec.), Toby Wright, Slayer
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. SICKLE ARM ★★ (2001-08-21 17:37:00)

かわいた音に熱いボーカル+超速い曲にムーディーな曲(いつもそうだけど)&ジャケットもいかす。ケリー・キング スキンヘッド記念アルバム,こいつは,ヤバイぜ.



2. 後厄の男 ★★ (2002-02-25 04:01:00)

SLAYERの作品としては異色の部類に入るのでは?
今でも違和感が拭えない。
好き嫌いは別の話ね。



3. rapid ★★ (2002-05-01 22:01:00)

何故か全体として軽いミックスが施されているが、それはそれ。曲自体はとてもいいです。全アルバム中、最も殺伐感が出てると思うのですが、どうでしょう?



4. 真・マツソガソ ★★ (2002-05-17 19:37:00)

このアルバムは5thより速い曲が増え、REIGN IN BLOODに次ぐ高速アルバムになった。
自分的にはREIGNに勝るとも劣らないぐらい気に入っている。まず、1曲目の変則的な
リズムとリフのKILLING FIELDSは聞けば聞くほど病み付きになり、後半の疾走部分
も凄まじい。次のSEX,MURDER,ARTはテンポも速いが、時間も1分50秒程度と早い。
そして、4曲目のDITTOHEADはREIGNを彷彿とさせる超速スラッシュで、アラヤの高速
で畳み掛けるようなヴォーカルスタイルや高速のギター、ドラムなどスレイヤーの
中で5本の指に入ってもおかしくない名曲だ。7thのライナーノーツで世界観が
理解しずらかったとかいてあったが、個人的には大好きだ。確かに、SEX,MURDERでの
残虐な歌詞、腕に切り刻まれたSLAYERという文字が一番に目に入ってくるCDレーベル、
死体写真の載った歌詞カードなど、これまでのなかではかなりグロい。(自分自身と
しては7thが一番グロく感じた)しかしそれらを補って余りあるスピードや攻撃性がある。
上の人の言うとうり、音が少し軽めかもしれないが、別にそれほど悪くないと思う。
ミドルテンポの曲がいくつかあるが、それでも結構な速さで後半には疾走が待っている。
最後がスローテンポではなく速い曲で終わるのもまた聞きたくなってくる要素のひとつだ。
これを書いている途中で気付いたが、どうやらREIGNと同じくらいではなくSLAYERの中で
一番好きな作品のようだ。(笑)




5. ロージー ★★ (2002-05-18 11:03:00)

5thの次におすすめですね。
意図的にやったのか、速い曲と遅い曲が交互に収録されており、曲順に?と思うところもあったが、そんなことはどうでもいい!
新加入のDsもすっげーことになってるし、あの独特のこねくりまわすようなリフもたくさん出てどこから聴いてもSLYERです。
蛇足ですが、ジャケはいいんですが、あの腕に切り刻んだSLAYERの文字。
残虐性を表現しているんでしょうけどちょっと子供っぽくて・・・・。
SLAYERにはもっと違うやり方で表現してほしかった。




6. アメンボ ★★ (2002-07-07 16:16:00)

これは速いですね。
REIGNとコレは甲乙つけがたいです。
大好き!




7. こうじろう ★★ (2003-09-12 11:11:00)

最近買ってきいてるんですが・・・デイヴもすごかったけどポールさんのドラミングには圧倒しますなぁ・・・・。曲もスレイヤーらしい速くて暴力的なものがそろってます。



8. makura ★★ (2003-12-09 22:26:00)

6th。ドラムはデイブからポールに。
速い。そして素晴らしい。




9. GEORGE ★★ (2003-12-24 23:17:00)

なんかSLAYERのアルバムの中で一番浮いているような気がするなあ。
音質の関係かもしれないけどドライなSLAYERが聴けるアルバム。
ポールのドラムも凄いんだけどやっぱりデイヴと質感が違う。
正確さではポールのほうが上なんだろうけど速い曲でのドライブ感ではちょっと負けてるかな。
逆に速くない曲ではポールのほうが合っているからどっこいどっこいだね。




10. ジョセフ・メンゲル ★★ (2004-01-02 15:02:00)

あの腕に刻まれた文字はある少年がやりますと申し出てきたそうな。
彼は腕を切っても痛み感じてる様子はなかったそうな。



11. Painkiller ★★ (2004-06-12 18:39:00)

相変わらず過激。いいアルバムなんだけどレインインブラッドに比べると、ちょっとギターソロがワンパターンすぎると思う。ギターソロはどうでもいいと思う人は文句なしのアルバム。



12. N男 ★★ (2004-09-22 18:35:00)

1994年発表の6th Album。
10曲中7曲が疾走曲という久々に速い曲が多いアルバム。
だからこそデイブに叩かせたらどうなるか是非聴いてみたかった。
この作品からポール・ボスタフがドラムとして加わり、テクニカルなプレイを聴かせてくれるが、この作品はイマイチ疾走感に欠けるところがある。
でも、やはりSLAYERはかっこいいね、今までにないような曲もあって楽しめるし。
それまでのアルバムにおいて核となっていた“悪魔的なリフ”から、少し距離を置いて別の角度からスラッシュ攻めをした感じ。
遅い曲と速い曲が入れ替わりながら進行し、最後までだれることもなく聴かせる良作、なぜにここまで評価低いのかが全く持って疑問です。
オススメは①、②、④、⑩です。
当の本人たちも④以外やりたがらない始末、統一感やサイズ的な聴きやすさもあって他の作品に全然引けを取ってない。


88点




13. sizuku ★★ (2005-02-02 16:51:00)

DITTOHEAD最高。



14. K/10 ★★ (2005-05-08 19:43:00)

①の変則リズムで即虜。



15. タヅヌ ★★ (2005-07-14 20:28:00)

アルバム出た頃は、「流石スレイヤー、メンバーチェンジしてもかわらずにそこそこなアルバム作ってくれるな」という印象だったけど、今聴いてみると本当にかっこいい。上で多くの人が指摘しているように、音質がドライ(特にこの後のアルバムに比べると)。でも、それ以前のスレイヤーって、重さよりキレで勝負してたように思うので、このアルバムもその延長にあると思うんです(ちなみに、この次のアルバムで、オレは初めてスレイヤーを“重い"と感じました)。
このアルバムだけは、ドラムがポールじゃなくてデイブだったら作れなかったのではと思う。それくらいポールのドラムが冴えてる。偉大な前任者の後をまかせられた彼を引き立たせるアルバムを作った彼らのすごさにあらためて感じ入ります。



16. KHR ★★ (2005-09-02 10:02:00)

お気に入りです。
買った当時は怖くて聞けなかった。
でもスラッシュメタルに慣れてきたら、たまらなくいいアルバムだと思った。
曲が速いし、「スラッシュ」って言葉がすごく当てはまるかんじ。
ジャケもいい。あの血は最初ひいた。でも今は輝いて見える。



17. ex_shimon ★★ (2006-02-10 14:59:00)

91年にMETALLICAが脱メタルを出して以来
腐ったアルバムが頻繁にリリースされた92年~93年
SLAYERはどうなるかと思ってたが奴らはそんなクズの流れに巻き込まれなかった
過去5作品同様ひたすらスラッシュしまくり
文句なしのデキ
今や死語となったスラッシュ四天王に未だにあてはめられるのはSLAYERだけ




18. 鋼鉄人 ★★ (2006-03-10 02:14:00)

スレイヤーの転換期に当たるアルバム。
世間一般では割と過小評価されているような気がしないでも無い。
私的にこのアルバムは、とにかく速いReign~、テンポを落としてメロディーを重視したSouth~
の両方のアルバムの良い所を凝縮したSeasons~にハードコア的要素を付加したもの、と解釈しております。
ハードコア的な要素がより強まってきたので、
オールドスラッシャーの方には少々辛いものがあるかも知れませんね。
ちなみに、私はReign~よりこっちの方が好きです。



19. カズチン ★★ (2006-04-09 14:14:00)

5thより音が悪い、なんでじゃ?
ドラマーチェンジによってかどうか知らんが、それまでの作品と印象がやや違う。
でもSLAYERだからカッコイイ、問題無しです。




20. メタル伝道師 ★★ (2006-05-06 17:11:00)

6thアルバム。
本作からドラムが元FORBIDDENのポール・ボスタフに変わり、その影響があってかこのアルバムはこれまでのSLAYERの作品とは印象が違う。
とはいえ根元は全く変わる事なく、相変わらず殺傷能力の高いスラッシュサウンドとなっていてSLAYERは他のスラッシュバンドが路線変更で衰退していく中で
トコトン自分達のサウンドを貫いている(若干ハードコア寄りになった感もあるが、アルバムトータルではスラッシュ色の方が強い)
そして本作では最も焦点となるドラマー交代劇だが、ポールは十分すぎる程よく叩けていると思うので不満は無し、というよりスラッシュ界屈指のドラマーである
デイヴと比べられるとどんなドラマーでも色褪せてしまうし常にデイヴと比較されるポールが気の毒でならない、アルバム自体の出来はさすがSLAYERだなと納得できる
レベルでこれまでの5作品と比べても全く劣る事は無い。




21. 湘南メタル ★★ (2006-06-07 23:23:00)

ドラマ-がポ-ルに変わってのアルバム。
速い曲が多いです。殺傷力高いです。
METALLICA、MEGADETHなんかが腐っていく中こいつらだけはブチかましてくれました!!




22. 野獣 ★★ (2006-09-27 16:39:00)

ドラムがデイブからポールに変わったせいか、これまでのアルバムとは違った感触を覚える。
が、テクニカルで正確なポールのドラムは聴き応え十分です。
肝心の曲はどうかって?
SLAYERにその質問は愚問ですよ。
もちろん全編極上のスラッシュチューン満載です。
当然買いです。



23. コールドデモン ★★ (2006-11-26 16:24:00)

俺が初めて聞いたスレイヤーのアルバム
最初聞いたときは「なんで、こんなにスレイヤーをみんな
好きなんだろう?」と思ったが他のスレイヤーのアルバムを聞いたあと
もう一度聞いてみたら
「この盤もなかなかいい」
と思いました。
ただスレイヤーにしては多少、普通レベルな感じが否めないという気がするかな
個人的には




24. パピルスくん ★★ (2007-03-28 14:28:00)

これ、いいかねぇ。
当時、雑誌があおりまくるから期待して買ったけど、たいしてぐっとこなかったなぁ。
絶対あれ情報操作だったと思う。スラッシュメタルが衰退していった当時だったから、
メディアが無理矢理テコ入れしようとした感じがどうもしたんだよねぇ...



25. けむ ★★ (2007-09-19 03:07:00)

通して聞くと確かに異色かもしれないが、SLAYER最初の一枚としても全然おかしくない。むしろ、真のSLAYERにたどり着くための道しるべとして最適。
REIGNの暴力的な狂気もいいが、この静かな重い狂気もなかなか・・・・・



26. ワイルドライダー ★★ (2008-04-20 23:05:00)

それ以前にSLAYERは聴いていたんですが、本格的に好きになったキッカケはこの盤を聴いてからでした。
まさにケリ—キングが言った『スラッシュメタルを世界で一番カッコよくやれるのは自分たちだ』と言う言葉を証明するかのようにほとんどスピードナンバーで占められています。特に④などSLAYER史上最も速い曲の1つではないかと思える曲です。
発表当時、METALLICAはブラックアルバムでスローダウンし、PANTERAは脳殺アルバムでヘヴィなんだけど息苦しくなるほどブルータルで、どちらも好きになれなかったんですが、その空白にうまく入りこんできたのがこの盤であり、SLAYERというバンドでした。SLAYERのキャリア中でもなかなかの作品だと思います。



27. simomura koujin ★★ (2008-07-25 12:51:00)

このアルバムはNO1.SLAYERアルバムだと思う。
「Killing field」…この変拍子っぷりと、ノリは黒人のラップだ。15/16拍子。ライブで演奏できたら神業だろう。とにかく初めて聞いたとき、ドラミングパターンに度肝を抜かれた。
「serenity in murder」…この曲は(ひそかに)よく練られた作りになっている。PVもカッコいい。最高だ。
SLAYERの曲はスピードばかりが注目される。
しかし、歌詞は難解で難しい単語を使うし、曲の構成は複雑だし、とにかく練習に次ぐ練習を重ねないとライブで再現できないオリンピック金メダル級の凄曲ばかりだ。
簡単に「これがいい、これがダメ」などと評価するレベルを超越した「真面目な」作品ばかりだと思う。その辺が他の似たようなバンドとの大きな違いだ。
ちょっと大げさかもしれないが、畏敬の念すら覚えてしまう。
そんなスレイヤーの多くのアルバム群で、この「DIVINE~」は初心者向けの分かり易さがある。そこがオススメの理由。



28. ムッチー ★★ (2009-05-21 08:50:00)

印象としては、正統HMに少し接近した4th・5thよりも疾走パートが増えて、正統スラッシュ(?)っぽくなっており、
一気に走り抜けていく短い曲もあったりと、3rdに近い感じを受けた。
ドラマーはデイヴ・ロンバードからポール・ボスタフに交代したが、彼のプレイには全く不満なし。というか、すごくイイ。
1曲目の頭のバスドラですでにKOだぜ!

楽曲も素晴らしい曲ばかり。
スピードもアグレッションもへヴィネスも十分だし、聴いてて実に快感だ。
これもSLAYERらしい見事なスラッシュアルバム。他の作品と比べても遜色はない。

余談になるが、3rd・4th・5th・『DECADE~』と、右チャンネル:ケリー、左チャンネル:ジェフで通してきたのに、
また逆にしたのはなんでだろ?ややこしいから統一してほしい。




29. netal (2011-12-12 18:25:52)

3rd程ではないが、速い曲も多く、切れ味鋭い攻撃性はピカイチ。
上でも発言されている方がいるが、かなり殺伐とした印象で、デスやブラックなどとは一味違った怖さをも感じる。
当時の新加入ドラマーのポール・ボスタフもデイヴに負けず劣らず凄まじいドラミングをしている。

おすすめ…Dittohead




30. ミッサーワさん ★★★ (2017-03-12 11:43:55)

かっこよすぎですね


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示