この曲を聴け!
INSANITY AND GENIUS (1993年)
MyPage

INSANITY AND GENIUS
モバイル向きページ 
解説 - INSANITY AND GENIUS

1993年9月28日、Noise Recordsよりリリースされた3rdアルバム。


Producer:Kai Hansen & Dirk Schlächter
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. demmy ★★ (2001-07-14 02:11:00)

ガンマレイの3rd。
アルバム全体の流れとしては2ndでそれた方向を機動修正して1stと同じような方向性を持っている。最初聞いたときはぱっとしなかったが、1,2,5などの名曲も収録されている。
特に1はライヴのレパートリーのひとつにもなっている。




2. 毛布 ★★ (2002-03-06 23:38:00)

GAMMARAYの中ではもっとも地味なアルバムかもしれない。
でも、demmyさんが言うように、1,2,5は良い。他にもダークさんのVoとかあって
goodです。
後半ちょっとだれる。
84点



3. KOZY ★★ (2002-06-02 18:30:00)

全体的には「ちょっと前衛的になりすぎたかなぁ~」ってな感じのアルバム。「TRIBUTE TO THE PAST」「LAST BEFORE THE STORM」「FUTURE MAD HOUSE」あたりは名曲だね。ただちょっと分からない曲も多くて、その辺はつらいトコかな。とはいっても、粒の細かい音を詰め込んだカイ・ハンセン独特の手法は生きていて、テンションの高さはかなりのモンだと思う。



4. すりっぷのっと ★★ (2002-08-07 23:12:00)

あまり人気の無い3rd。正直言って私もそんなに好きではないです。demmyさん、毛布さんがおっしゃる通り①②⑤はけっこう好き。
全体的にはちょっとダルい曲が多い気がします。特に後半がそんな感じですね。
中古で見かけたら買ってみるのもイイかもしれませんね。




5. 真・マツソガソ ★★ (2002-11-05 17:54:00)

僕は最後まで問題なく聞けました。でも、世間的にはあまり評価はよくないみたいですね。確かに前半に疾走曲が集中して後半のイメージが散漫になってしまうところもありますが、よく聞いてみれば後半にもいい曲が揃ってると思います。特にHEAL MEは何回か聞いただけでは良さがわからないかもしれないけど、聞けば聞くほどよくなってくる深い曲ではないかと。



6. keath ★★ (2002-12-25 19:48:00)

最初聴いた時は、ちょっと印象の薄いアルバムでした。①と②は間違いなく名曲ですよね。
③と⑤もクオリティ高いし、ダークのヴォーカルはかなり貴重なので好き。曲的にもいいし。
確かに後半はちょっとダレますね。HEAL MEはいいんだけども・・・。




7. hierophant ★★ (2003-02-05 02:46:00)

何回も聴こうとは思わないアルバム。正直ダルい。自分としてはガンマの中でワースト1アルバム。ただ、1,2あたりはまあまあいいっす。



8. ホワイト ★★ (2003-05-31 19:29:00)

初めて聴いた時はイマイチでしたが、今は気に入っています。1、2、3、5、7が好きです。



9. たこし ★★ (2003-08-13 01:48:00)

このアルバムを友達に借りて、1を聞いてHMの世界に踏み込みました。
HMはジャカジャカうるさいだけと思っていたのに、この曲にHM奥の深さを教えられました。
今では、デスも聞く有り様です。2,5,6とかもぼちぼち好きです。
あれから、8年・・・このアルバム(MDに録音したもの)は今でも時々聞いてます。



10. カイ・V ★★ (2003-08-28 08:19:00)

GAMMA RAYの3rd。
GAMMA RAYがより高みに羽ばたく為に、試行錯誤していた時のアルバムじゃないのかなと思います。
曲構成にまとまりがないなぁ、という感は否めません。
しかし、GAMMA RAYの名曲といえる曲やバンド名がタイトルの曲もあるので要チェックです。
お薦めは、1.Tribute To The Past 3.Last Before The Storm 5.Future Madhouse
9.Your Torn Is OverはダークがリードVoなので要チェックです。




11. ホワイト ★★ (2004-12-02 23:11:00)

やっぱり人気ないみたいですね・・・
GAMMA RAYらしさが出てる曲や、スラッシュメタルに近い曲やバラードもあったりで僕は相当好きです。(ただ、曲配置は偏ってる感じはします。)
個人的にこの時のメンバーのサウンドが好きなので、これと LAND OF THE FREE ばっかり聴いてます。
特にタイトル曲の「INSANITY & GENIUS」は凄くハマッてます!




12. ヤング・ラジオ ★★ (2004-12-11 22:51:00)

彼らの作品の中で、もっとも好きでないアルバムである。最初1曲目聞いたとき、これはイケル!と感じたものの、④~はなんじゃこれという展開が待ち構えていた。トータルとして、一体何がやりたいのか全くわからない作品である。しかし、その後彼らは見事に復活して、名作をたくさん誕生させたので、それを高く評価したい。好きな①や③の方が逆に浮いて聞こえるの事が、すべてを表わしている。



13. 帆船 ★★ (2005-03-22 02:40:00)

2ndから軌道修正してまさに入魂の1枚と言いたいところだが・・・。
楽曲自体も一曲一曲は優れているのだがアルバムとしてのまとまり感に欠けている。
リズム隊の一新とラルフのモチベーションの低下(judasへVoオーディション参加)といったバンドの状況もその一因となっていたのだろう。



14. ★★ (2005-05-08 22:10:00)

このアルバム、正直そんなに好きじゃないです。
曲順がよくないのが難点。良い曲が前半に集中していて後半がダレ気味。
それでも1,5,7と好きな曲はあるのですが。




15. 松戸帆船 ★★ (2005-07-18 18:35:00)

聴き直してみると、意外と正統な曲が多いと思う。
でもラルフと曲が合っているかは別問題。




16. KHR ★★ (2005-08-13 19:31:00)

このアルバムからは本領発揮!!
カイとディルク(ダーク)がプロデュースしてる。
そしてハンブルグ・ハンゼン・スタジオでのレコーディング。
ラインナップはウヴェとウリカッシュが脱退して後任に
ヤン・ルバックとトーマス・ナックが迎えられる。
確実に最強ラインナップに近づいている。
トーマスナックはルックスが私好みじゃないけど。やっぱロン毛愛だよね。
歌詞カードの裏表紙(?)のディルクの表情がよすぎ!
カイの髪の毛はちょっとドキッとするね。てか最近増えたよね。
ガンマレイのファンイベントで、カイが帽子をとる瞬間ハッとしてしまった。
最近若返ったよね。カイ様すっげーかっこいい。ディルクはずっと若いね。
・・・と、見た目の感想はこのくらいにして(笑)
中身は1stベースに2ndのエッジを足した感じだけど、1、2作目でできなかった事を
やった感じ。1曲1曲のクオリティがすごく上がっている。
2ndがメロスピファンには物足りない感じだったのに対して、
この3rdは嬉しい作品になったと思う。
カバー曲も含め全ていい曲なんだけど、特記すべきはYOUR TφRN IS OVERです!!
ディルクファンを自称する私にとっては待ちに待った1曲!
声までかっこいいですよぉ~vvvディルクのソロが出たら絶対買うよ!
出ないだろうけど。ガンマレイの中ではかなりの重要人物だしね。
それからラルフ以外がVoをとったというのでは、ヒールミー。
素晴らしい出来じゃないですか。長めの曲だけど、初めて聴いたときから
その長さが苦痛でなかったし、むしろあのくらいがイイ!
この名作を経て名盤「LAND OF THE FREE」が生まれたというのは納得!
ここからガンマレイは止まることなく進化してゆくのです!



17. リフマスター ★★ (2005-10-18 13:18:00)

3rd
良い点
・結構良曲もある
悪い点
・ラルフのボーカルと曲が合ってない(前作も思ったが今作はよりヒドイ)
・曲順が悪い
・ファン以外は無理して聞く必要が無い、それ位のレベルのアルバム。



18. ボドムっ子 ★★ (2005-11-03 03:32:00)

頭の3曲はかなり好きなんですが、それ以降はなんとも言えない感じです。
ラルフの声質がGAMMARAYにはイマイチ合わないとも思いました。
これ以降の作品と比べると聴き劣りしてしまいます。
う~む、でも、頭3曲はほんとかっこいい。




19. cri0841 ★★ (2006-08-06 18:33:00)

ラルフ歌ってるのに、全然いいと思わなかった。正直これより聴くべきパワーメタルのアルバムはたくさんある・・・。



20. wkhr ★★ (2006-08-23 14:03:00)

はっきり言ってVOはカイじゃなきゃだめ。



21. ドゴスギア ★★ (2006-11-14 14:57:00)

このアルバムを聴いてカイハンセンは沢山のジャーマンメタルの後輩達に
「完全に抜かれたナ」と感じた。
ドラムはタイトな演奏に変わったけど曲の内容が浅すぎる・・・。
楽しめる高速曲などもあるが、基本的には単純で散漫な印象のアルバムだ。
このアルバムに限らないが、特にミディアムテンポの曲が魅力に欠ける。




22. hiromushi ★★ (2007-06-14 23:49:00)

このアルバムは当時大のお気に入りでした。
確かにまとまってはいないのですが、強烈なインパクトと斬新なアイディアに溢れていて個人的には名盤だと思っています。




23. ステラ ★★ (2007-06-30 12:17:00)

どの曲も所々にダークな音があって聴きごたえは十分。
ポップになりすぎず、4、7辺りはある程度緊張感のある仕上がりになっていると思います。
一風変わってるのは、何となくクラブっぽい曲調のGAMMA RAY。
バンド名を冠しているという事もあって、個人的に結構好きだったりするんですけど、明らかに「メタル」ではないので、アルバムの中でも特に浮いた曲ととらえている人は多そう。
そして、唯一カイがメインヴォーカルを担当するHeal Me。
本人には申し訳ないですが、この曲を聴くまではシリアスな曲に向かない声質なんだと思っていました。



24. ジョージべラス ★★ (2009-08-24 03:14:00)

セルフプロデュースの3作目だが、これを最後にラルフ・シーパーズが残念ながら脱退してしまう。前作でみせた正統派ハードロックから、再びジャーマンメタルに近づいた物の正統派の影はまだ残っている。ジャケットはガンマでは一番センスが良い。やっぱりラルフの歌はパンチがあって良い。けして、このバンドに初期ハロウィンを求めてはいけないと思う。私はジューダスプリーストの大ファンなので、こういうアルバムも、まったく違和感がない。前作もだ。カイはジューダスの影響をかなり受けている。その答えは、このアルバムだ。



25. S&A ★★ (2013-12-02 01:47:42)

名曲もあるがアルバムとして人に薦めることはないだろうなぁ
そんな感じのアルバム
2ndと同じくGamma Rayが好きなら後で聴けばいいという感じかな

ボートラはExciterのカバーが絶対的におすすめできる!



26. ハルディン ★★ (2014-04-08 20:05:48)

スラッシュ畑のリズム隊を迎えて軌道修正を図る3rd。前作は意図的にパワーメタル路線から離れたような作風がいまいちだったが今回は従来の路線に回帰したような印象で、サウンドの質感に若干スラッシーなエッジが立っている。序盤は特にアップテンポな曲でテンポよく進んでいくので前作のような不完全燃焼感は感じない。後半は幾分勢いが落ちるのが難点だが、7や9、10は結構好き。



27. RIOT1970 ★★★ (2014-04-09 22:23:48)

洋楽HR/HMを聴き始めたHELLOWEENやBLIND GURDIANと同じ時期に
聴いたアルバム。
 初期に触れたアルバムだからかもしれないが、いいアルバムかと
思いますよ。
 アルバム前半はカイ流パワーメタルで勢いがあって、
 後半はまぁ、良く言えばバラエティに富んでいて私は気にならないのですが、
(特にGAMMMA RAY←曲名ね、これ私好きですよガマガマガマって癖になって
面白いじゃないですか)
 このアルバム後半を散漫ととるかバラエティに富んでるととるかで
評価がわかれると思います。
 少なくともここ2作の新しいアルバムよりかは、はるかによく出来ていると
思いますよ。
 このアルバムを最後にラルフ・シーパーズ脱退になり、カイ自らVoを兼任
する事になるのですが、アルバムのコメントのカウント数が物語っている通り
カイはこんな素晴らしいシンガーを切って歌う様になり、アルバムの質を
落とす事に…って、何度も同じ事を書くようですが、カイは素晴らしいコンポーザー
であるけど、それに見合うだけのVoの表現力が伴って無いわけですよ。

 多分ここのあたりがMEGADETHがデイブ・ムステインじゃないと成立しない
違いが出てきている訳ですよ。

 で、イングウェイが素晴らしい才能をもっているのに、それを自己プロデュース
で、アルバムの出来をひどいサウンドプロダクションで台無しにしたり、
 挙句自らVoも兼任するという暴挙にでる…と、
 
 これと同じ事がここ最近のGAMMA RAYで起こっていると感じているのは
私だけでしょうか?
 まぁ、イングウェイ程「オレ様だよ」ぶりは酷くはないかと思うのですが、
 誰か、カイに言って欲しいです。
 専任のヴォーカリスト入れた方がいいよ、って。
 



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示