この曲を聴け!
JUGULATOR (1997年)
MyPage

JUGULATOR
モバイル向きページ 
解説 - JUGULATOR

1997年10月16日、Zero Corporationよりリリースされた13thアルバム。
1992年、自身のソロ・プロジェクトを巡ってレーベルと契約問題でもめ、ボーカリストのRob Halfordがバンドを脱退する。Glenn TiptonとK. K. Downingは後任ボーカリスト不在の段階で曲作りに入り、1996年1月には一部楽曲のバッキング・トラックを録音した。
バンドは世界中から送られてきたデモテープを聴いて、実際にオーディションを試みたが、結局誰一人最後まで残らなかった。因みに、このオーディションにはGamma Ray脱退後のRalf Scheepers(英語が母国語ではないと言う理由により落選)やRoyal HuntのD. C. Cooperなど錚々たるメンバーが参加していた。
そんな中、Scott Travisが持参したビデオテープに写っていたのがJudas PriestのトリビュートバンドBritish SteelのTim "Ripper" Owensだった(本人及びBritish Steelには無断)。実際にTimをロンドンに呼んでスタジオでオーディションを行い、「Victim of Changes」の2番まで歌ったところ即採用が決まったという。
本作の収録曲はTim加入前にはほとんど書き上げられた状態であり、重厚さを強調した内容で、大部分の楽曲ではギターにダウン・チューニングが施されている。
セールス的に成功せず、本国イギリスではチャート・インを果たせなかったが、日本のオリコンチャートではトップ10入りを果たした。

Recorded:1996–1997, Silvermere Studios, Surrey, England
Producer:Glenn Tipton, K. K. Downing, Sean Lynch
→解説を作成・修正
コメント・評価 - JUGULATOR

Selected Comments


5. 真・マツソガソ ★★ (2002-07-30 18:51:00)

確かに何回か聞いただけで素晴らしいと思えるものではないですね。ぼくは、30回ぐらい聞いたあたりで全曲いいなと思えるようになってきました。相当な覚悟をもってひたすら聞き込みまくればいいアルバムに変身する・・・と思います。ヘヴィロックとしては凄まじい出来だと思いますよ。ヘヴィロックが好きなら結構いけるかもしれないです。ただ、僕はヘヴィロックがあまり好きではないので苦労しましたが。①⑩はヘヴィロックが好きとか嫌いとか関係なく聞ける名曲だと思います。あと、⑨も評価が高いみたいです。




Recent 50 Comments



6. クーカイ ★★ (2002-10-06 12:18:00)

'97年発表。
そりゃあどうしたってあの名盤『PAINKILLER』と較べれば、見劣りするだろう。
しかし、この怒り(憤怒と言っていい)に満ち満ちたブルータルなサウンドは買いだ。
①がもっとアップテンポの曲だったら、と思わないではないが、④とか⑨など激烈なナンバーの存在はこの作品の価値をぐっと高めている。
アーティストが自らの心情を激白したという意味において、そしてリッパーが実力を表現しきったという意味においても、本作は名盤として位置付けられると思う。
聴くたびに頭に血が上る、ある意味危ない1枚。しかしとても気に入っている。




7. m.c.A.K. ★★ (2002-11-22 11:11:00)

立ち止まる事を由としない彼等だから、サウンドの変化には大した驚きはなかった。音作りというのは、その時代を反映するものである。しかし...
このアルバム全体に渦巻く怒りの空気。ROBの脱退事件に対するスッキリしない気持ちと相まって聴いていると息苦しさを感じてしまった。
「PAINKILLER」アルバムから発散される「HM界(JUDASPRIEST)を取り巻く環境に対する怒り・不屈の闘志」に対し、
「JUGULATOR」アルバムのそれは「ある特定の個人(=ROB)に対する怒り・意地」のように感じられてしまった(実際のところは不明だが)。
最近になってようやく冷静に楽しんで聴ける様になったが、特に私のようなオールドファンには「慣れ」「聴きこみ」そして何より「時間」が必要だったのであろう。
それに加えROBが(紆余曲折を経ながらも)元気に復活し、例の脱退事件が私の中で終結したことも作用しているのかも知れない。
“BULLET TRAIN"は過去の名曲群に劣らない秀逸な曲。シングルカットされたのも頷ける。
特にアルバム後半はドラマティックかつアグレッシヴな曲が目白押しだから、前半だけ聴いて「だめだこりゃ」と諦めてしまった人達は是非再チャレンジして欲しい。




8. hossy ★★ (2003-02-05 03:27:00)

俺は大好きだよ、これ。中古屋で600円って酷い扱い受けてたけど、安すぎる。こっちとしてはありがたいけど。ブリティッシュって感じはあまりしないけど、お偉方みたいに枠にとらわれず曲の本質を聞けば、名曲揃いだ。ライブ映えする曲目白押し。ライブ版を聞けば印象変わるはず。浜崎○ゆみや、日本の腐れラップ聞いてる様な女子共は、この良さは一生わからねーだろうな。



9. Metropolis ★★ (2003-03-17 19:05:00)

METALLICAへの強烈なアンチテーゼのように思える。重さとグルーヴを主眼に置いている。「BRITISH STEEL」の90年代版とも受け取れるが彼らを取り巻く状況がこの作品に更にヘヴィな印象を与えている。「PAINKILLER」のタイトル曲を更にブルータルにした楽曲に最もふさわしいVOCALは、やはり「彼」であってロブではない。ただし、この作品が本当に名作と思えるようになるには時間と聞き込みを要する。ちなみにスコット・トラヴィスはここで大変な活躍をしている。前作でも手数の多いドラミングを見せてくれたが、ここでも、非常に重要な役割を果たしている。



10. ★★ (2003-04-14 15:39:00)

このアルバムのラストで涙しろ!怒りを込めて涙しろ!



11. なおき ★★ (2003-05-05 21:28:00)

JUDAS PRIESTのアルバムは全て持ってるし、これ以降の作品ももちろん持ってるのだけど、
私は、このアルバム買って泣きました。とうとう終わったかと。一つの時代の終わりを感じました。
曲がいかん。なぜかの原因は考えないことにする。おそらくは「老い」なんだろう。
私はメンバーが変わったということで認めないなどというつもりはさらさら無い。むしろ、
オーウェンのボーカルは「こいつすげー!!」と狂喜乱舞したぐらいである。だけど曲が、、。
もう曲作りの才能は枯渇したんですかね。
プレイに込められた魂はすごい。だけど曲がそれに追いついてない。だからこそ、逆に彼らのすごさが引き立つ。彼らはおそらくドラム缶を叩いてたって人の目を引きつけるだろう。
そういう彼らの魂を感じる意味では資料として買い、ではある。
確かにサウンドは変わった。でも、これはスコット・トラビスが入った前作の延長線上だから、予定調和である。というよりも、前作から、「曲作りの才能の枯渇」は目に見えていた。音こそハードでプレイもすごいから目立ちにくいのだけど、しょぼい音、例えばMidiにすると曲の馬脚がよくわかる(PainKiller,AllGunBlazing除く)。Jugulatorは言うまでもない。
ただ曲が悪くともプレイでいくらでもカバーができる、という意味ではある意味HeavyMetalの原点である。そもそもHMとは音楽を超えた激しい魂であるのだから。
だから、HMの資料としてはこのアルバムは非常に価値が高い。



12. うにぶ ★★ (2003-05-06 23:03:00)

ロブ・ハルフォードに代わり、ヴォーカルにティム“リッパー"オーウェンズを迎えた、『PAINKILLER』から7年ぶりとなる復活の13thアルバムです。
全体的にヘヴィ・リフで押しまくる曲調になっていて、ミドル・テンポの曲が多く、重苦しい雰囲気なので、けっこう評判の悪いアルバムです。しかし個人的にはJUDAS PRIESTの作品では2番目に好きです。不動のナンバー1は『PAINKILLER』なのだけれど、甲乙つけがたくなるくらい良いアルバムです。
まあ、メロディアスな曲や速い曲、80年代の彼らのような曲展開を求める人には厳しいと思うので、無理にすすめたりはしませんが、これは紛れもなくJUDAS PRIESTの個性あふれる傑作です。(モダン・ヘヴィネスの影響を云々してらしくないという人もいますが、影響はしっかり消化され、全体的にとても彼ららしいと思います)
ヘヴィ・メタルとはヘヴィな音楽であるという当然の真理を追求した、バンド史上最重のピュア・メタル・アルバム。
メロディが捕えにくく、テンポが似た曲が多いので、パッと聴くと似たような曲が並んだ単調で退屈な作品に思えるのですが、聴き込むと実際は恐ろしく緻密につくりこまれていて、何度聴いても新たな発見があり、飽きません。慣れると実はキャッチーで良い曲がそろっていることもわかります。
メロディの良さで言えば、確かに『DEFENDERS OF THE FAITH』に入っている名曲群に匹敵するような曲は皆無ですが、アルバムの完成度は決して劣ってはいないし、興奮度は断然上。
(1)「JUGULATOR」が少し長めのイントロから、リッパーの不気味な語りかけを経て一気にテンポアップし、ハイトーンが炸裂した瞬間の、血が滾り渦巻くような感覚ときたら!
(2)「BLOOD STAINED」は、今ライヴで一番熱狂できる名曲で、拳を突き上げてサビを絶叫したくなっちゃいます。
(5)「BURN IN HELL」の最初のリフなんかは、「THE RIPPER」以来の妖しさですね。この曲は次々と雰囲気が変わっていくのも楽しくて、グレンとK.K.の曲づくりの才能の豊かさに脱帽。老練だけど、若々しい勢いも失わないところが凄い。
その他全曲、それぞれ魅力的。ただ(10)「CATHEDRAL SPIRES」はあまり彼ららしくないかな。ライヴで再現するのは無理っぽいし(ヴォーカルのハモりをどうすればいいのやら)。
このアルバムの楽曲は、もちろんリフやソロ、リズムも素晴らしいんだけど、リッパーのヴォーカルの素晴らしさが何よりの魅力ですね。ロブとはまた違った中低音域の男らしい荒々しさ、いきなり超音波ヴォーカルに跳ねあがるのではなく、ザラついた太い声が徐々にハイトーンに変わっていくところにはゾクゾクします。多彩なヴォーカル、曲の色をガラッと変えてしまうくらいに豊かな表現性は、ともすれば退屈になりそうなところで、絶妙のアクセントを与えています。ロブに似すぎて嫌だっていう人もいるようですが、やっぱり別ものです。あんまりこの声が気持ちよくて、毎日聴かないと気がすまないような時もあったな~。
メタル・ゴッドの再臨に相応しい、強烈なメタル・アルバムです。




13. 夢想家・I ★★ (2003-07-26 14:35:00)

ロブ・ハルフォードが復帰して、このアルバムも闇に葬られることになるのだろうが、そうなるには少々惜しい作品だ。色々批判されたが大半は「らしくない」「曲が弱い」と言う意見だった。私も当初はそう感じていたのだが、聴き込んでみてその印象は変わった。
まず、曲自体は紛れも無くPriestだ、間違い無い。メロディーが弱いと言われるかもしれないが、少なくとも「BRITISH STEEL」と同程度にはメロディックで、ずっとアグレッシヴだ。なによりも忘れてはならないのは、正真正銘のヘヴィ・メタルだということだ。「らしくない」といえば、ほぼ時を同じくして発表されたロブの「TWO」のほうが「らしくない」作品だった。もし仮にロブがこの時期Priestにいたとしてもこれほどメタル然としたアルバムを作り得たか、正直疑わしい。
個人的にはおおむね満足している「JAGULATOR」だが、一つ残念なのはサウンド・プロダクションが薄っぺらく、曲が本来もっているアグレッションやブルータリティーを殺ぎ落としてしまっていることだ。この欠点が無ければもっと評価は違ったものになっていたと思う。




14. けんしょー ★★ (2003-07-30 23:31:00)

このアルバム、メイデンがこけた時期でしたねえ。
英国の将来はPARADISE LOSTに任せるしかないかと思いました。
何回か聴けば良く聞こえるのかもしれないけど、それはもしやただの慣れではないかなあ。
そこまで温情をかけるのは、周りで懸命に頑張ってるバンドに失礼。
野村監督がカツノリを一軍で使ったくらい失礼だし、
叶姉妹を「セクシー」と勘違いしてるほど失礼。
「TURBO」はいろいろ言われたけど、今聞けばいい感じでしょ。
しかしこのアルバムはなあ。。。。
音楽として楽しめない。わざわざ正座して聴かなくてもいいやろ。
そういや、同時期に出たRIOTの「INISHMORE」は最高だったなあ。
当時はRIOTがHM/HR最後の砦と言われてたのでしたね。




15. 柴が2匹(会社から) ★★ (2003-12-29 17:42:00)

私は多分、皆さんより歳のせいもあるのかヘビィな楽曲は多少、違和感を覚えましたが
車で通勤の際に大音響で聴いたら、このアルバムもなかなか良かったです。
やはり、HR・HMは大音響じゃなきゃ意味ないですね。
この作品、リッパー氏が加入する前に曲は出来ていたと聞きますが・・・。
とにかく、継続は力なりです。




16. ら~しょん ★★ (2004-01-10 14:27:00)

プリースト史上最重のアルバム。
予想以上にへヴィでブルータル過ぎる音だった為に評論家やファンにいろいろ批判されましたが、自分はそれほど拒絶反応はなかったですね。
80年代のJPの音を追い求めている方には苦痛この上ない音でしょうが、ヘヴィロック好きな方には概ね受け入れられんじゃないですか?
①⑩は名曲だし、②③⑦⑨あたりもライブ映えするかっこ良いヘヴィナンバーだと思います。
リッパーのVoも中低音部においてロブよりも男らしくて破壊力があり、このアルバムの雰囲気に凄くマッチしています。
しかし、ロブが歌っていればアルバムの評価はもっと上だったんでしょうね(苦笑)




17. コスモ ★★ (2004-02-13 19:31:00)

買ってから当分の間封印していたのだが、LIVE MELTDOWNを聴きその感動から再び聴き直してみた。
でも、やはり全編通して聴くのはちと辛かった。
ライブの時の様に、疾走ナンバーの中に交えながら聴くとすっきりするのだが。



18. スマッシュマウス ★★ (2004-02-29 21:24:00)

このアルバム、ペインキラーと同じくらい好きだ。迫力あっていい感じ。



19. 地獄葬戦士 ★★ (2004-03-29 01:48:00)

「PAINKILLER」から約7年ぶり(!!)に発表された鋼鉄神の復活作。
率直に言って曲の出来は往年の作品に比べれば劣ると思う。
殆どの曲に付属しているイントロのCE等も余計に感じるし、このバンドの売りの一つでもあったギター・ソロのメロディも心に響かない。
しかし、リッパー・オーウェンズがロブの穴を埋めるにふさわしい実力者であったため、素直にJUDAS PRIESTが戻ってきたことに喜びを覚えたのも事実。
リッパー版「PAINKILLER」のような「JAGULATOR」、思わずリフに乗って頭を振りたくなる「BLOOD STAINED」、ヘヴィでブルータルな「DEAD MEAT」、ザクザクと刻まれるリフが心地よい「DEATH ROW」、引き摺るような重さの「DECAPITATE」、リッパーのハイ・トーンが素晴らしい「BURN IN HELL」、途中のツー・バス連打が印象的な「BRAIN DEAD」、リッパーの低音と高音を使い分けた歌唱が堪能できる「ABDUCTORS」、バック・コーラスとの掛け合いがかっこいい「BULLET TRAIN」、往年のPRIESTに近いサウンドを持った「CATHEDRAL SPIRES」と、全10曲ともヘヴィな仕上がり。
リッパーが不必要に高音スクリームを多用しているのが個人的には気になるが、このときの来日公演は素晴らしかった。




20. 工場長 ★★ (2004-05-11 20:08:00)

DEATH ROW でのリッパーの表現力がすごい!!訳を見て聴けばよくわかる。
メロディアスですよ。全曲かっこいい。だってプリーストだもん。




21. 康介 ★★ (2004-05-31 17:50:00)

JP史上最もブルータスで怒りに満ちたアルバム。
鬱憤した気分を晴らしてくれるのが1曲目のJUGULATERである。
リッパーの重低音、高音を使い分けたボーカルは癖になる。とにかく上手い!
アルバム全体としては少々ダレルがアッと度肝を抜いてくれる名曲も入ってます。




22. Z400FX ★★ (2004-09-18 10:47:00)

アルバム全体を通して非常にブルータルであるため、全体の印象が思わしくないのだろうか。
一曲単位で聴いていくと、名曲に成りえたかもしれない曲がちらほら見えてくる。
確かに、自身でもアルバム全体で評価するならそんなに絶賛は出来ない。
だがしかし、個別には隠れた名曲が潜んでいる。そんな気がしてたまらない。
①や⑨は攻撃性でいえば「Painkiller」に次ぐ勢いとモチベーションを持っている。
⑧は短いながらも複雑な展開を見せ「SAD WINGS OF DESTINY」の各曲を思わせる。
⑩は「聴かせる」タイプの曲で従来の「泣き」の曲と比べても見劣りもしない。
ロブの復帰でこの作品の影が薄くなってしまうかと思うと、非常に残念である。
いや、リッパー時代の曲をライブでも演奏するといっていたらしいので、
もしかしたら、再度その存在を多くのファンに思い出させてくれるかもしれない。




23. Mich ★★ (2005-01-31 01:26:00)

前半は好き。後半少しだれるかも。bullet trainはライブ盤のがかっこいいと思う。



24. ほにゃほにゃ将軍 ★★ (2005-05-10 23:25:00)

駄作は聴きこめば聴きこむほど飽きてくるが、
ジャギュレイターは傑作なので、聴きこめば聴きこむほど
良さがわかってきますよ~。



25. K/10 ★★ (2005-08-20 02:06:00)

良い曲もあるけど、個人的にあまり聴かないアルバム…



26. 車屋さん ★★ (2005-08-29 14:18:00)

聴けば聴く程、好きになっていく。→判る気がする。
リッパー・オーウェンズは頑張ったよ、凄ぇプレッシャー感じたと思うよ!?
そんな訳で、俺的には凄く好きなアルバムだ。楽曲も凄く良いと思う。
年取ってもこの凶暴性を保てる事自体が奇跡だろ!?
でもやっぱりロブバージョンのジャギュレイター&デス・ロウが是非聴きたいねぇ。




27. メタルマン02 ★★ (2005-09-04 22:37:00)

レンタルして聴いてみました。かなりへヴィでドスのきいたサウンドが特徴的です。
全編通して聴くのはかなりきつかったです。
でもこのとてつもないへヴィさ、ある意味ではこれこそ「へヴィメタル」っていえる気がします。



28. ブラストビートン ★★ (2005-10-02 03:25:00)

ティムリッパーの活躍だけで評価してもよいと思わせるアルバム 彼は本当によくやってくれました ライブが不安で不安でしかたがなかったのですが歌いだしの5秒で「彼は本物だ」と思いました これで楽曲が良ければな~(泣)



29. メタル伝道師 ★★ (2005-10-26 23:56:00)

世間での評判は良くないが個人的には十分楽しめたアルバム。
確かに名盤とまではいかないがティム・リッパー・オーウェンズの高い歌唱力と
ブルータルで怒りに満ちたサウンドなど、駄作扱いされる程ヒドイとは思わない。




30. mamo ★★ (2005-11-22 00:48:00)

正直、JPの中でダントツで好きなアルバムです。中だるみもしますが、この激しさとテンションの高さはハンパじゃないです。当時、高校生だった自分の周りでダントツに人気あったアルバムですし、今のへヴィロックに慣れた人たちにとって、JPの入りとしては一番とっつきやすい作品なのではないか,と思います。



31. ツインターボ ★★ (2006-01-19 16:51:00)

正直中だるみはするがなかなかいいアルバム。
ティムの怒りに満ちたテンションの高い歌唱もポイント。
こういったヘヴィなサウンド作りもできるジューダスはさすがだ。



32. JA ★★ (2006-06-09 15:53:00)

このアルバムで最もカッコいいのはスコット・トラヴィスの強烈なドラミング。



33. セトシン ★★ (2006-06-11 07:07:00)

リッパーさんやばいですね。はじめて聴いたけど、この人ロブよりかなり上手いんじゃ?恐ろしいまでの歌唱力…。ラルフが選考で落ちたのは納得できなかったけど、ぶっちゃけこの人相手なら仕方ないと納得も出来るかも…(僕はラルフのが上手いと思いますが)。このボーカリストを堪能するためだけにでも、聴く価値はあるんじゃないでしょうか?楽曲もそこまでダメとは思わないですし。



34. 松戸帆船 ★★ (2006-06-24 13:48:00)

リッパーは何が悪いんじゃいと言いたくなる程歌唱力のあるヴォーカリストである。
しかしながらこのアルバムはブルータル過ぎる。ペインキラー位のブルータルさが丁度良いと思う。
ジューダスとは変化するバンドだから致し方なかったのだろうが。




35. J.K.O. ★★ (2006-10-10 15:19:00)

昔のプリーストが好きな人には拒否反応が出るでしょうね。
自分も余りこの音には慣れなかったですね。
ギターソロもオーヴァードライブのチリチリな音で自分好みではないし、イントロも同じ様なイントロばかりでつまらないですね。
ただ、ティム・リッパーのヴァーカルはロブの後任に相応しい歌唱力だし、曲も要所要所でカッコ良いメタルナンバーが聴くことが出来るので聴く価値はあると思います。
①⑨⑩は特に好きな曲ですね。




36. Deuce ★★ (2006-12-24 00:30:00)

シングルのBullet Train のB面であるRapid Fireのリッパーヴァージョンをアルバムに
加えていればもっと引き締まった・・・、と思う。
ロブの復帰作のAngel~よりいい!



37. Deuce ★★ (2007-02-12 23:17:00)

ジャギュレーターはサウンドプロダクションが薄っぺらいため迫力不足と言われるが、
現在リマスター版もないのでリアルプレイヤーでCD-Rに焼き直したらビックリするくらい音が変貌しますヨ!



38. ICECLAD RAGE ★★ (2007-02-18 21:51:00)

ロブの後任に、ティム"リッパー"オーウェンスを迎えた1997年の復活作。
「RAM IT DOWN」から見られたサウンドのへヴィ化は、このアルバムで頂点を迎えた。
タイトル曲や"Decapitate"に代表される、
7年の空白を埋めるかの如く凶暴性が牙を剥くサウンドに驚いたファンも多いでしょう(僕もそうでした)。
このサウンドのへヴィ化を「時代に無理に合わせた」か「先鋭化した」と受け取るかは聴く人の自由ですが、
いずれにせよ、強烈なアルバムには違いないと思います。




39. マスタング ★★ (2007-10-06 00:14:00)

ジャケ絵が微妙^^;
音は とにかくヘヴィ
ヘヴィだけどロブ在籍時の名盤にあるような旋律美(とは違うがなんといったらよいのやら
は失われた気もする まぁ精神状態もあれだったろうし ライナーノーツとかにあったと思うけど「怒り」とかそういうのがかなり影響している のかも
聞いてたらブラックアルバムとかのメタリカがなんか 浮かんできた
HMの歴史としては 聞く必要があるのかも



40. ぷにょぷにょぽっこん ★★ (2007-11-11 09:15:00)

70年代のプリーストに近いものを感じる。
第一印象からしてそうだった。
たぶんほとんどの人の共感は得られない感想だと思うが
プリーストらしいダークな灰汁の強さが練りこまれてるかんじ。



41. Jyun77Bikers ★★ (2008-06-17 23:13:00)

ノストラが届くまで、priestの過去アルバムを復習中。
で、ひっさしぶりにコレ聞いた。
リフはいいんだけどなあ。ドラムも文句ないし。
声質もロブにそっくりで、確かにロブ以上に声ででてるんだけど。
何が悪いんだろ。やっぱ、歌い回しかなあ。。。



42. Middle finger is the flag that... ★★ (2009-04-07 18:01:00)

待望の復活作だっただけに発売当時、毎日気が済むまで数え切れない数聴いた。ひたすら重く憤怒に満ちていて超攻撃的。今でも時々聴くし、プリーストでは一番お気に入り。本家へヴィネスの連中にある意味敵わん部分があるのは仕方ないが、ティムのヴォーカルは素晴らしいし、元々、米の一流バンドと繋がりがあるスコットと、この二人がサウンドの若返りに貢献してくれている。ゾクゾクする①、狂乱状態になる②(K.K.が吠えている)、主義主張爆発が熱い③、緊迫感最高の⑤が好きだが、④⑦のリフや⑥のムードもイイ。とにかくプリーストにしか書けないリフや曲作りがあるし、本質とクオリティを保ちながら進化していれば、過去より新作の方に魅力を感じるのが当然のはずだが。
因みに曲のバラエティでは次作「DEMOLITION」の方が充実してる。
ただその後の再結成からは長年の超マニアながら?だけに?個人的に同窓会としか感じず白けてしまって(メイデンも)、Mudvayne>Slipknot方面にシフトした。



43. モブルールズ ★★ (2009-05-03 22:38:00)

良い曲もいくつかあるしリッパーはロブよりうまい。しかし何かが足りない、いや足りないのではなくやり過ぎだ。へヴィーメタルは決して過激にすれば良いという音楽ではないのだ。デスメタルならこれで良いのかもしれないが、へヴィーメタルにはキャッチーさも必要だ。



44. はっちゃん ★★ (2009-07-04 22:40:00)

これがリリースされた時、TVのCDランキング紹介番組で1位になってるのを見て
笑ってしまった。
それほどに、当時HMが露出することなど珍しかったし、同時に多くのメタルファンが
彼らの作品を渇望していたかが如実にわかる出来事だった。
さっそく購入したはいいが、ちょっと困ってしまったのは事実。
前作はあの「PAINKILLER」だからタイム・ラグはあるものの上昇するばかりの期待値が
これを聴いた途端、どんどん左へ傾いてしまった。それ以来ラックの肥やしと化した。
しかし、最近になって思い直し久々にトレイに乗せてみた。
面白い。確かに往年の彼らのサウンドとは趣を異にするが、まさにプリーストの音だ。
K.Kとグレンの音だ。ブリティッシュ臭は激減したもののこれもまた純然とした
彼らの作品なのだ。過去彼らは失敗作、駄作と酷評される作品を発表してきたが、
それらは必ず次の作品への布石となってきた。
変化することがバンドのコーナー・ストーンとするならば、このような作品が
カタログ上に並んでいてもなんら不思議ではない。




45. ジョージべラス ★★ (2009-09-01 02:59:00)

これはきつい・・・ いくらパンテラが売れてた時期とは言えジューダスがやってはいかん。曲の良い悪いは別として、メタルゴットべきプリーストが、パンテラのクローンになるとは・・・プライドをもて! メロディーを捨てるな。ブリティッシュ精神を捨てるな。と個人的に言いたくなるアルバムでした。これならファイトの方がぜんぜん良い。



46. YOSI(実家) ★★ (2009-09-13 22:22:00)

長らくPRIEST自体、HM自体から遠ざかっていたが、久々聴き直しつつあるこの頃、聴きあきるほど聴いてきたPRIESTの諸作品の中で、今でも最も新鮮かつ新たな発見があるのがこれ。これが出た当時、一年間は毎日聴き狂ったにも関わらず。いまだに、凄まじい違和感に圧倒される、もちろんいい意味に置いてだ。よく正統派HMを語るのに良く使われるほめ言葉、「故郷に帰ったような思い」、「母の懐にいるような」云々。ロブの戻ったPRIESTにも良く使われる表現だ。しかしだ、そういう居心地の良さに定住するだけで、HMという先鋭音楽が生き続けられるのか。確かに故郷に戻るのもよい、ルーツに帰るのも素晴らしい。しかしそれは、冒険や挑戦があってこそ、たまの回帰がより嬉しいのでは。かたくなにルーツを守り続けるバンドも作品も尊敬する。しかし挑戦し、変化し続けることも圧倒的にすごい事だ。PRIESTはその両方をやってくれる。本当に偉大なバンドだと思う。これだけはいいたい。この作品は、決して安易なモダン・ヘヴィネスのパクリでも、売れ筋を狙った作品でもない。大体、これが出た97年当時というのは、モダン・ヘヴィネスというのはすでに終わった音楽で、パンテラやマシーンヘッドですら、デビュー当時の音から変化し拡散していた。HM界を覆った「総ダーク・モダン化」は、95年頃までに終わりを告げていた。売れるためにモダン化したバンド、作品の失敗例は嫌というほど見てきたPRIESTが、売れるためにあえてこんな事をする理由がないし、普通に小物バンドならいざしらず、PRIESTほどの大物なら、普通に従来通りのスピーディでストレートな音のほうが売れていたはずだ。じゃあなぜこういう音になったか?理由はいくつか考えられるが、ロブがバンドを捨て、後任者がなかなか見つからず、作品が発表できず創作意欲の行き場の無さ、フラストレーション、それを表現するための唯一の音楽性が、これしか無かったという、シンプルな理由が第一。そもそも多くのモダンヘヴィネス系バンドが、順調に活動して売れているのに、怒れる音を出している事が不自然で、PRIESTが長年活動したくでもできない怒りを、素直にぶつけたのが、ごく自然だ。さらにもう一つの理由は、多くのバンドが挑戦して失敗した、「正統派HMとモダンヘヴィネスの融合、その先にある新世紀のHMの姿」を追い求めたかったからだ。モダン化したバンドの多くも、ただ単に売れたくて変化したわけではないのだ。新たな時代の、新しい怒れる若者達、それらを新しいファンに取り込み、なおかつ昔からのファンも納得させる音を作り出し、HMの間口・人口を増やしたいという、前向きな思いも多々あったはずだ。実際それらがなければ、HMはジリ貧だった。2009年現在、HMというのは、十分に復活して、アメリカでもイギリスでも勢いを取り戻しつつある。今や、ハードコアやミクスチャーロックやニューメタル系のバンドが、かつてのHMに接近しつつあり、従来のHMも、より自然な形でモダン要素を取り込み、「現代的なセンスの伝統的HM」が生まれつつある。その伝統とモダンの融合を、最も困難な時代に、批判を恐れずにチャレンジした本作を、今こそ温故知新として聴いてほしい。



47. koguma ★★ (2010-03-09 05:58:00)

発売当時は、曲の出来というより、①のようなじらしてじらして爆発!みたいなアレンジがかっこいい王道、理想のオープニングであるものの、リッパーがハイトーンの狼煙を上げる前の疾走するドラムが軽めで引っ込み気味のミックスだったり、エッジは剃刀のように鋭いが、厚みに欠けるディストーションバリバリのギターの音が早くも俺の期待を裏切り、いい録音機材が揃っているであろう1997年にこのビッグネームのアルバムの音がこれかよ・・・とショックを受け、全体的につかみが悪い曲が揃っていたことも手伝い長らく聴かずにいたが、年月を経て、許容量が広くなった耳で改めて聴いてみると、やっぱり凡百のバンドにはない凄みが曲から伝わってきて、あれ?意外といいじゃないか、という評価を持つに至った。
当時のモダンヘヴィネス的なリフに旧来のファンは賛否もあろうが、創り手がいいと思った要素なら柔軟に取り入れればよい。時代とともにマイナーチェンジはあれど根底にあるサウンドがかもし出す威厳はやはりJPにしか出せないもがある思う。



48. N男 ★★ (2010-06-30 21:25:00)

1997年発表の13th Album。
実に7年ぶりの作品となった、Tim“Ripper"Owens加入第一弾アルバム。
まず、サウンドの変貌に戸惑う方がいるかもしれない。
何しろ、あの“レーザー光線よりも速く"“核爆弾より大きな轟音"で“千の太陽より眩しい"PAINKILLERの次の作品である。
太陽一つない暗黒サウンドに、地を這うようなもたついたスピード感、戸惑う人の気持ちは理解できる。
SLAYERの「REIGN IN BLOOD」を聴いた音に「DIABOLUS IN MUSICA」はおろか、後期PANTERAを聴くような感じだろうか?
しかし、このメタリックなリフワークはPAINKILLERの次に来るべき作品だと思うわけです。
リフがしっかりしているのでメタルとして結構受け入れやすいです。
ただ、上級者向けな作品だと思うので注意。
ちなみにリッパーさんのヴォーカルは普通に良いです、ブレイズ時代のメイデンとは比べるのも失礼です。(ブレイズごめんな)
オススメはまず名曲①、⑨、⑩でしょう!続いて②、④、⑥あたりもリフがかっこいいです。
84点。




49. takurou ★★ (2010-07-11 12:09:00)

名盤じゃん。
したり顔してメロディーがないとかブルータルすぎるなんて言ってる奴は偏見にとらわれすぎ。
だいたい発売が'97年なんだからサウンドも過激になって当然だし
名曲とされてるペインキラーだって歌メロは曲の流れについていってるだけなんだから
このアルバムの曲だけとやかく言われる筋合いは全くない。
難点を挙げるとすると、ミドルテンポの曲がおおすぎって事と、
どの曲もイントロが似たようなアルペジオで始まるってとこがマイナスではある。
どうせならBullet Train並に疾走感のあるビートにして欲しかった。
Jagulatorももっとスラッシュっぽくしちゃって良かったと思う。



50. 失恋船長 ★★ (2012-05-24 04:58:46)

1997年リリースのアルバム、長らく続くグランジ・オルタナミュージックに対する彼ら流の答え。今の感性で聞けば分厚い音で迫るメタルらしい作風と聞くことが出来るでしょうね。いわゆるキッチリとしたメロディを歌うのではない姿に90年代の色の濃さを滲ませるところと一曲の長さが好悪を分けるポイントでしょう。一曲一曲の完成度の高さは素晴らしく、ロブ・ハルフォード同様な中音域から突き抜けるハイトーンを駆使したリッパーの歌声は素晴らしく新しい旋風を巻き込んでいますね。図太い音がパワフルにかき鳴らされるギターリフも聴き応えはありますね。単純明快な疾走ナンバー等があれば印象も変わりますがこれも時代の流れです、ロブが辞めて後任が決まるまでの掛かった時間を鑑みても世の中は変わりませんでしたからね。鋼鉄神と崇められた彼らがこの作風に舵を切った事に当時は否定的だったしプリースト信者ではない僕でも当時は複雑な心境でしたが、時代を見据えた彼らの意欲作時代と共に楽しむことが出来るのだから慣れは必要ですね。



51. 神鳥 ★★★ (2013-03-06 21:50:09)

バンド史上最もドラスティックな作品。ボーカルがロブ・ハルフォードからティム"リッパー"オーウェンズへ。
ジャケットの画が実に昔のゲーム臭がする。
肝心のサウンドは...うん。悪くないねぇ。冷徹にギターリフが地面を押し付けているかのようだ。
ネット上に散見されるネガティブなコメントを見る限り、「この作品はイカンのかな...」と思っていたが、
予想をいい意味で裏切られた。
恐らく当時のファンからしてみれば、相当な戸惑いがあっただろう。
あれだけ長い年月をかけてロブの後任のオーディションが行われたのだ。
どれだけティムが仕事をしてくれるのか、Judas Priestという看板を背負うのにふさわしいのか、ロブ・ハルフォードと比肩する、あるいはそれを凌駕するボーカリストなのか...。
その期待値の高さは、僕の想像をはるかに超えたレベルにあると思う。
サウンド自体も、ロブの幻想を取り払うかのようなものだ。
しかし、チマタのレビューのサイトを見る限り、ポジティブなコメントは多くはない。
先入観という壁に立ちふさがれた時ほどむなしいものはない。
今だからこそ、その壁を蹴破ってみるのはどうだろうか。
ロブの復帰によってJudas Priestの歴史上「なかったこと」にされるにはもったいない作品だ。



52. 名無し ★★ (2014-03-13 11:21:02)

冷静に評価すると星は1つなのですが、Priestの歴史を繋げてくれたリッパーに敬意を表して星1つ増やしました。曲としては「Jugulator」「Bullet train」が良いね。



53. 洋楽大好きじーさん ★★★ (2016-10-12 23:45:26)

一曲目から圧倒されっぱなしの一枚!自分のように後追いの人間からしてみれば、やれペインキラーより劣ってるだとか、駄作だとかそういう意見に耳を貸す必要がなく聴くことができるのではないでしょうか?



54. 左衛門 ★★ (2017-09-11 11:36:34)

余り普通の精神状態では聴かないアルバム、日頃溜まった鬱憤や不満があると大音量でかけたくなります
プリーストだからとかそういう事は忘れます



55. きらめきごはん ★★ (2017-09-11 23:46:49)

初見ではなかなか格好いいと思ったけど…既に皆さんおっしゃってる通り、アルバムトータルだと評価しづらい作品ですよね。
そもそもプリーストとして異色すぎとか、アルペジオ多すぎとか、歌メロが印象に残らないとか、ソロが荒すぎるとか、色々不満はあるけど、いい曲多いと思います。だから公式で黒歴史扱いなのがちょっと勿体無い気も…

かなりモダンですがあくまでリフ主体でしっかりメタルしてます。スットコのドラムがよく合いますね。そして何よりイアンが……!!!!低音ブーストして大音量で聴きましょう!!


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示