この曲を聴け!
THE PRIVILEGE OF POWER (1990年)
MyPage

THE PRIVILEGE OF POWER
モバイル向きページ 
解説 - THE PRIVILEGE OF POWER
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. KOZY ★★ (2002-04-13 11:29:00)

SE長いよね(笑)。でも気になるのはそれだけ。捨て曲のないいいアルバムだよ!ホーン・セクションが取り入れられてるけど、曲になじんでいて気にならないし逆にこれなしで聞くと淋しい気がする。「DANCE OF DEATH」は超名曲だけどそれだけじゃない。一曲一曲を挙げるときりがねえ位だけど、俺が好きなのは「BLACK LEATHER AND GLITTERING STEEL」!ボビーの手数の多いドラムが堪能できる名曲だよ!それに最後のインスト(アル・ディメオラのカバー)も、RIOTの演奏力の凄さを伝えてくれる。これを聞くと「RIOTってバカ・テク集団だよなぁ」ってつくづく思うよ。聞いて損はなし!とにかく聞くべし!



2. 29 ★★ (2002-05-16 21:47:00)

最近なぜかこのHPをにぎわしているRIOTですが、このアルバムもいいですよね。
名盤「THUNDERSTEEL」の次のアルバムということもあり、楽曲の系統は似ていると思います。が、ホーンセクションを入れたり、曲間をSEでつないだり(これがまた長くて不評だと思うけど)と、アレンジ部分で実験的な要素を持ち込んでいます。
そんなアレンジ面での変化が取り沙汰されてましたが、楽曲の質でいうと、前作に引けを取らない出来だと思います。特に“Dance Of Death"のような疾走曲での緊張感・テンションの高さは筆舌に尽くしがたいです。その他の曲も確かにテクニックに裏打ちされた名曲揃いです。
RIOTの歴代Voではトニー・ムーアが一番好きなので、この路線のままいって欲しかったなぁ…。(マイク・ディメオは最初Keyとしてバンドに加入したんじゃなかったっけ?)




3. ハラザン ★★ (2002-07-13 23:17:00)

意欲作。もろ『Thundersteel』路線の「Storming The Gates of Hell」や「Blacklether And Gritteringsteel」などの疾走チューンが魅力。このアルバムと次の『Nightbeaker』をピークに、ライオットは次第に失速してゆく。



4. イヌ ★★ (2002-08-20 02:04:00)

前半はいいが、後半がややダレる。ただ、前半部の破壊力が凄まじい。トラック1はThundersteelと比べても遜色ない出来と思う。トラック2のSEなんかは好きだけど、HMアルバム /何度も聴いたらどうかと考えてみると微妙。



5. うちう ★★ (2002-08-25 13:42:00)

超名曲揃いの「Thundersteel」もいいですけどアルバムの流れを楽しむのならこっちのほうが上だと思います。そういう意味ではライオットの最高傑作だと思います。こちらも捨て曲はありません。
やっぱりSEが長いという意見が多いようですね。私は逆にSEがないとアルバムの流れが変になってしまうと思いますね。最後のアル ディメオラのカヴァーは蛇足だと思いますけど。



6. anchang4649 ★★ (2002-08-27 23:13:00)

彼等の疾走チューン満載の良質のアルバムです。
SEを多用した構成に当時は???でしたが、聞き込むほどに味が出る。
今聴くとなぜか懐かしく思える、そんな今日この頃。



7. なおき ★★ (2003-04-10 00:25:00)

このアルバムが一番好き。とにかく偏見に悩まされたバンドだと思う。「アメリカのバンド」「ボーカルが弱い」などなど。「アメリカのバンドっぽくない泣きの曲だぜぇぇぇ」ってあおってた当時のバーン誌が「ボーカルが弱い、ゲストのジョー・リン・ターナーを引き立ててどうする」と偏見まるだしだもんなぁ。そりゃ、メタルゴッドみたいな人と比べてはいかんだろうが、HMの及第点は十分すぎるほどクリアしてる。個人的には全く問題なし。
色眼鏡無しで聴くと、楽曲が大変によい。ちょっと良くない曲も含まれてるんだけどね、例えば、Storming The Gates of Hellなんかがそうなんだが、リフが疾走感通り越して、機関銃を撃ってるみたいで、その上に泣きのソロがかぶさってくるんで、むしろ代表曲にすらなってる。個人的には捨て曲無しです。SEはドラマティックさを煽ってるんで好きだなぁ。ある曲を聴きたいって時は飛ばしてるけど(^^)



8. けんしょー ★★ (2003-09-08 18:23:00)

考えすぎるのがマーク・リアリのいいところ。(笑)
いいアルバムですよ。
判断基準がSEやホーンに集中した当時のB!に毒された当時の人畜無害HMキッズが可哀想で、もっかい聴いて欲しいです。
気になるならライブを聴けばオッケー!




9. GEORGE ★★ (2003-09-23 00:25:00)

RIOTがめっちゃメタルしている時代の名盤ですね。
疾走曲はもちろんのことミドルテンポの②⑧なんかも分かりやすい佳曲だし。
問題視されたSEとラッパですが…
SEについては時間がないときのためにSEも1トラック扱いにしてくれればよかったが時間的に余裕があれば問題なし。
ラッパは問題というよりもええやん、これ!ですね。
④なんかは曲自体がラッパ向きだし、⑥でも「ぽぺー、ぽぺっぽぺー」のつかみが効果的だと思います。
いいですよ、これ。




10. Kamiko ★★ (2003-09-23 00:51:00)

ヒカリモノ入りライオットなのである。
正直ショックであったッスが、強力なメタルサウンドであるッスね。
1曲目のあのパワーはまた凄い。ボクはココでノックアウトっちゅう感じであった。
それほど凄いパワーを秘めているッス。
ボクとしては、ヒカリモノは必要なかったのに・・と思う。




11. たかつん ★★ (2003-10-22 22:29:00)

ホーンは アリなんですが SEは チョット必要ないかな
当時 ANTHEMも いろいろ試してましたし・・・
しかし 曲は かなり 良いです
トニーの 高域に 負けないように・・・



12. QBC ★★ (2004-03-04 03:35:00)

最高なんだけど、やはりSEの長すぎる個所がありますね。
編集して自分用作り直しました。(2:30秒短くなった)w
あと、CDの1曲目と2曲目の継ぎ目もずれてるので編集した。



13. さがき ★★ (2004-04-22 21:20:00)

小学5年生にして初めて買った(本当はKING CRIMSONの2枚組アルバムだったが、当時小学生の僕には聴くに堪えずなんと返品してRIOTにした)記念すべきCD。③、⑦の聴きやすいバラードから徐々にまっていき①、⑤、⑥、⑨といったキラーチューンで完全に人生を狂わされた生涯忘れえぬ思い出の一枚であり、14年たった現在でも聴きまくっている名盤中の名盤。SEの長さ?気になりません。これから始まるであろう感動と幸福感に武者震いする体を静めるのに丁度いい。トニーの強烈ハイトーン、マークの泣きまくるギター、更にはボビーの超人的なドラミングが創り出した傑作であり中期RIOTの絶頂と言っていいだろう。



14. ろば ★★ (2004-07-15 22:37:00)

とにかく曲が素晴らしい。飽きがこない名盤ですね。
僕はRIOTといったらこのアルバムって感じです。
SEについては、①、⑤などではSEが終わって曲が始まるときの盛り上がりが好きなので、ないと物足りないように思います。ですが、たまに長いなーと思ってしまうのも事実。難しいですね。



15. ヤング・ラジオ ★★ (2004-12-15 23:09:00)

確かにSEは無駄だし、ホーンも必要ない。しかも、捨て曲に近いものもある。だけど、このアルバム僕は好きである。計算しつくされた人工的なアルバムも完璧ならいいが、そうじゃないなら人間的なサウンドの方がいい。詰めが甘いライオットらしさが、僕は好きである。全く無意味なSEやホーンも、実はライオットらしいのである。楽曲のバラツキも極端に多いバンドだが、中には歴史に残る程の楽曲も存在する。それがライオットなのである。昔僕の先輩が、ライオットをしきりに推していた。その時は他にもいいバンドがたくさんいるのに........と僕は思っていたが、その意味が最近はよく分かる。



16. 山2 ★★ (2005-03-09 18:46:00)

1曲ごとにSEやホーン導入など色んな点で賛否両論あったアルバム
個人的にはホーンは気にならないというか
前に出すぎず曲の随所に効果的に入ってて寧ろ大賛成
RIOT IN JAPAN-LIVE!! のON YOUR KNEESなどは
ホーンがなくてちょっと味気ない感じがした。
SEに関しては正直キツイ!
しかもCDで曲と切り離してあればイイものの
1曲聴くのに必ずSEと一緒に聴かなければならないのがモドカシイ。
特に⑤、⑥の流れが最高なので⑥のSEは絶対にいらないと思う。
しかし曲単体では前作の流れのままで疾走曲ありバラードありポップな曲ありと
文句なしのデキ。



17. ドゴスギア ★★ (2005-06-20 11:41:00)

小学5年生でこの素晴らしさがわかったのはスゴイですね!
私は当時高校生でした。
私にとってのRIOTはトニー、ボビー、マークがいてこそのものです。
このアルバムまでが私にとっての聖典。
ナイトブレイカー以降はちょっと・・・やっぱ聴いててテンション落ちちゃう。
HMではなくHRに戻ったような雰囲気が私には少し残念なのです。
だからこそ、私にとってこのアルバムのRIOTは貴重なのです!
個人的にこのアルバムからリアルタイムでRIOTを体験したためか
このサイトでの「サンダースティール」との評価の開きにはチト疑問があります。
曲の粒も「THE PRIVILEGE~」のほうが揃っているし
全曲ボビーがドラムを叩いていますからね。




18. バセロンコンスタンタン ★★ (2005-09-09 01:22:00)

私もここまでがRIOTだと思っています。
スゴかったんだよ?!RIOTは!!



19. DEATH NOTE ★★ (2005-09-11 23:52:00)

そうですよね、RIOTは凄かったです。
THE PRIVILEGE OF POWERのころはメタルファンはみんな知ってたけどなぁ。
名曲ぞろいのこのアルバムはお買い得。



20. 内P2時間スペシャル ★★ (2005-09-30 21:26:00)

確かにSEは長い。
へんなラッパも入ってる。
しかしそれがなんだ?!
そんなことより本編の曲のクオリティーが重要だ。
すばらしいゼ。RIOT。



21. 白薔薇譲二 ★★ (2005-12-28 00:03:00)

ドラムの違いで聴く気がしない曲が多くあるが
タイトルチューンだけで買う価値あり!!



22. 白薔薇譲二 ★★ (2005-12-28 00:07:00)

↑まちがいました。
このアルバムは数曲すんごい曲があります!!



23. 恩田納 ★★ (2006-03-26 01:15:00)

良くBGMとして聞き流しているよw
前作よりもこっちの方が個人的には好きかもしれん。



24. エストレヤ ★★ (2006-06-03 02:22:00)

高校時分に初めて聴いて、「ON YOUR KNEES」で度肝を抜かれました。
めちゃめちゃかっこいい!



25. アレクシオス ★★ (2006-06-26 20:45:00)

このアルバムが出た当時,文句なしの愛聴盤だった。
ところが,今聴いてみると確かに曲はいいのだが違和感が強い。
SEは長いし,その割に曲の歌詞の関連性はなくコンセプトアルバムになっていない。
(メタルソルジャーズとかブラックレザーとか単なるアンセムだろとか思ってしまう)
こういう余計なことを考えて,曲に集中できないのだ(ホーンはOKなのだが)。
そこで思い出した。このアルバムが出た当時,テープに落としてウォークマンや車で
聴いていたのだが,その際にSEをカットして録音していたのだった!
それぐらい,コンセプトアルバムとしての失敗が痛い。
(クイーンズライチのマネをしたんでしょうけど)
くり返すが,曲はいい。だから今聴くときには,MP3に落としてなにかツール使って
(何を使えばいいのかわからないが)SEをカットして聴くといいのかもしれない。



26. メタル伝道師 ★★ (2007-01-07 00:01:00)

長いSEとホーンセクションを受け入れる事ができるかどうかでこのアルバムの評価は変わると思う。
個人的には名曲満載の名盤だと思う、超人的なドラムのボビー、突き刺さるようなハイトーンのトニー
トコトン引き倒すマークのギターとリズム隊もテクニシャン揃いだし実はRIOTってすごいバンドだったんだなー(微妙にB級っぽさがあるけど)




27. だるまや ★★ (2007-07-16 21:58:00)



28. 失恋船長 ★★ (2007-12-12 04:36:00)

正直に言うと長いMCにイライラさせられますが一曲の出来は悪くない、前作の路線が異色なだけにホーンセクションの導入もまったく気になりませんでした。ジョーリンターナーとのデュエットもありますがトニーの魅力のない声が浮き彫りになっただけで意味がないような…いっそジョーに唄って欲しかったなぁ ライジングフォースに加入前だもの



29. 583 ★★ (2007-12-12 19:20:00)

「DANCE OF DEATH」が入ってる時点で、文句なし100点です!
よくもまあこんなにすごい曲が色々入ってるもんだ
このアルバムを聴いたことない人は、不幸な人ですよ(笑)



30. かぼこ ★★ (2008-08-03 19:20:00)

当時、ホーンのことでだいぶ叩かれましたが、
でもあの程度のホーンで騒ぐ評論家なんてアテになりません
大体ホーンセクションを「ラッパ」と言ってしまうあたりがもう・・・
THUNDERSTEELと並ぶ名盤!
この頃までは凄かった!・・・今も好きだけど



31. モブルールズ ★★ (2009-06-02 22:44:00)

VOの声が高いだけで魅力がない。でも名曲目白押し。SEやホーンに関してはぼくも否定派です。



32. はっちゃん ★★ (2009-07-10 03:05:00)

SEに関しては無い方がいいですね。ホーンセクションは以外にハマっている曲も
あって一概にダメとは言い切れないです。
ケレン味たっぷりのこの作風、確かに賛否あるのは理解できますが、ライオットという
バンドはマーク・リアリの勘違いの意欲が魅力でもあるのです。
なぜかファンの求めるものとは逆ベクトルの作品を作ってしまう。
SEは置いといて、各々の曲は前作同様に疾走チューン、へヴィ・チューンと
かなりのクォリティだと思います。とりわけジョー・リン・ターナー参加の「KILLER」
は、トニー・ムーアの平坦な歌い回しなんか軽く凌駕する凄まじさ。
パワー・バラードの「RUNAWAY」は歌詞の内容に涙。泣けます。
ライオット・ヴァージンには、このアルバムより前作から入る方がいいんでしょうね。




33. 火薬バカ一代 ★★ (2009-09-12 19:26:00)

曲間に挟み込まれた長~いSEや、ホーン・セクションを大胆に導入したチャレンジブルな姿勢が、
ファンの間で賛否両論を巻き起こした、RIOT初のコンセプト作でもある'89年発表の7thアルバム。
かつては「SE長過ぎるよね」と指摘される度に「いや!そんな事はない!お前はRIOTのセンスを理解していない!」
と憤り立って反論していたが、オッサンになった今改めて本作を聴き直すと・・・やっぱりSE長過ぎるよね(笑)
(①~②の流れなんて、ライブ盤『RIOT IN JAPAN-LIVE!!』の間髪入れない展開の方が数倍劇的でカッコイイ)
とは言え、アルバム自体は前作『THUNDERSTEEL』の路線を継承した、疾走感&哀愁兼備のパワー・メタル路線という
方向性にブレはなく、それはポルポト派のジェノサイドについて歌った名曲中の名曲⑤を聴けば明らか。
また、楽曲をエネルギッシュに彩るホーン・セクションの導入もそれなりに効果は上げており、威勢良くハジける
OPナンバー①や、まるで突撃ラッパの如くトランペットが吹き鳴らされる⑥は、従来の「らしさ」と実験精神が巧く
組み合わされた、このアルバムならではの魅力を伝える名曲に仕上がっているのではないかと。
全編通して、ホーン・セクションという言葉から連想されるような能天気さや陽性のノリは殆ど感じられず、
実にRIOTらしいスピーディで劇的なサウンドが堪能できる1枚。でも個人的には、疾走チューンよりも③や⑦といった
メロウな楽曲の方を愛聴していたり。こうした曲を雰囲気たっぷりに歌い上げるトニー・ムーアの歌唱は非常に魅力的だ。




34. ジョージベラス ★★ (2010-03-27 09:15:00)

長ったるいSEやホーンが無ければ前作と同じぐらいの作品になっていただろう。
本当にもったいないアルバム。何を試みようとしたのか、実験的にやったのだと
したら失敗だろう。疾走曲が好きなメタルファンは、SEやホーンは好きではない
ような気がするし、そういうのはクイーンズライクのようなプログレメタルに、
やらせておけば良い。ライオットがやる事なかったと思う。酒井氏もホーンに
対して否定的であったらしいが、当方も同じ意見である。それより邪魔なSEは
ほんとに要らない。SEというより語りだし。まあ、前作と次作が良かったので
こういった個人的な悲観が出てしまいました。




35. 名無し ★★★ (2018-06-25 18:18:57)

ホーンも何もかも完璧に仕上げられたアルバム。サンダースティールでウォーミングアップ完了して、
今作で完全に突き抜けましたね!
RIOTで捨て曲ないのはこのアルバムくらいです。
ドンがいてこそマークはさらに輝くと思う楽曲の数々で完璧です!!


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示