この曲を聴け!
BROTHERHOOD (1999年)
MyPage

BROTHERHOOD
モバイル向きページ 
解説 - BROTHERHOOD
→解説を作成・修正
コメント・評価 - BROTHERHOOD

Selected Comments


5. アメンボ ★★ (2002-12-26 11:22:00)

僕がB'zにはまるきっかけになったアルバムです。
ハードロック色が強く、捨て曲なんてありません(前から思ってたけど、たまに曲名が変←ファンの方すいません。個人的にですので)
B'zって好き嫌いがハッキリ分かれるけど、これはハードロックファンなら良いと思うはず。




7. うにぶ ★★ (2003-02-17 00:57:00)

私はB'zからHR/HMに入ったので、抵抗なく聴けるし、全アルバム気に入ってます(1stはあんま良くないですが)。ギターもヴォーカルもそこらの外タレよりずっと上手いし、日本語の詞も好みで、彼らのは照れずに聴けるので(ジャパメタやGLAYやボウイはクサすぎてきつい…)。
でまあ4thアルバム『RISKY』あたりからはもう全部ハード・ロックと言っていいかと思いますが、HR/HMファンに最初に聴かせるならこのアルバムですね。
彼らのアルバムの中で一番ハードでテンション高くて、ビリー・シーンと松本孝弘のスリリングな絡みなんぞも聴けます。
1曲目「F・E・A・R」からしてもうSKID ROWの「SLAVE TO THE GRIND」みたいなサビのぶち切れナンバーで、続くは「ギリギリchop」とくればもうたまりません。
わざわざお薦めしなくても売れまくってるから別にいいかとも思いますが、ちょっと日本のハード・ロックも聴きたくなったなという人はどうぞ。




10. SCARECROW ★★ (2003-08-15 09:26:00)

音作りが明らかに他のアルバムと違う。
ヘヴィなギターが全編に渡って前にでていてサウンド自体が分厚い。
こういうのをもっとやって欲しいってのがここにいる大半の方の願いでしょうね。




16. STORMBRINGER ★★ (2003-12-12 20:50:00)

確かに一番ハードロック。そして俺の一番のお気に入り。
「ギリギリCHOP」にはビリーシーンが参加してます。後に『GREEN』に伴うツアーでも参加してますね。
ホントHRなアルバムに仕上がっているので、HRファンでB'zが聴きたくなったらこのアルバムからどうぞ!




19. Kamiko ★★ (2003-12-24 00:36:00)

腰を据えて聴いた作はコレだけ。他の作はヒトが聴いてるのを傍らで聴いたのでどのCDか判りません。
美味しいトコロを寄せ集めたような定番ハードロックサウンドは非常にカッコいいのである。
彼らが日本のハードロック界随一のエンターテイナーであることを知らしめる作。




20. Usher-to-the-ETHER ★★ (2003-12-24 10:06:00)

私的にはB'zの最高傑作です。ファンになってから一番最初にリリースされた作品で、ライブにも参加したので思いで深い一枚です(なんてどうでもいいか)
このアルバムはほんと非の打ち所の無い完成度を誇る一枚だと思います。とくにベースをMR.BIGのBILLYが弾く物も多く、「SHINE」の間奏部分なんて松本さんとの掛け合いの姿が目に浮かぶようです。
他にも「SKIN」のディストーションギターとストリングスの相性の良さ、「銀の翼で翔べ」のポップさ、「流れゆく日々」の凄まじいギターソロなど正に全曲がクライマックスといった風情のアルバムです。
前半4曲のハードロック2曲から男くさいタイトルトラック、そして3連リズムのへヴィな楽曲へと繋がる曲順も良く考えられていると思います。




24. 3割2分5厘 ★★ (2004-03-27 16:50:00)

今や「RUN」に代わるB'zアンセムとなった感のある名曲、「Brotherhood」。
しかし、この「Ultra Treasure」ファン投票1位となったアルバム3曲目を「流れの一部」にしてしまう、1・2・4曲目の凄まじさ。
いずれも印象的なのは、松本のリフと稲葉の歌唱だ。
洋楽ハードロック、オルタナティヴ、パンク…といったジャンルの代表格バンドを見渡してみても、
これほどのインパクトに満ちたロックナンバーを作っているやつらは滅多にいない。
B'z、11年目にして大・方向転換。
もはや「J-POP×ハードロック」などではない、「B'z流ロック」探求の長い年月がこの作品から始まった。
即効性のある楽曲は前半に集中しているため、後半だれる印象は拭えないが、
後半も「イカせておくれ!」以外はいずれも佳作揃いなので是非耳を傾けてもらいたい。
★★★★☆
注目曲→「SHINE」
ビリー・シーンのベースが動き回り、松本のギターが唸る。
曲展開も激しく、歌詞も深い。隠れた名曲。




25. sizuku ★★ (2004-03-31 14:57:00)

最高です。
傑作です。
正真正銘ハードロックです。
シングル曲のギリギリChopよりも完成度の高い曲がズラリと。
すごすぎ。鼻血モノです。




32. 東京限定 ★★ (2004-09-22 15:29:00)

前作までのポップスは影を潜め、ハードな部分が前面に押し出された作品。
B'zのなかで唯一と言って良いほどヘヴィな仕上がりになっていて、
後のTMGへの架け橋にもなっている。
最大の目玉はギリギリchp (ver. 51)。
メンバーもさることながら、演奏事態も一級品。
しかし、急な路線変更にファンはついていけない、もしくは洋楽にハマるなどと言う理由で、
B'z離れをし、結果彼等の人気が下がる原因にもなった。
この後のB'zは路線が定まらず、ソロ活動をする等、迷路に迷い込んで行く。





Recent 50 Comments



33. とあるチューバ吹き ★★ (2004-09-23 13:56:00)

中学の時はB'z中心にJ-POPしか聴いていなくて、高校になって
HR/HMにどっぷりハマり、B'zも聴かなくなって久しかったのですが、
久しぶりに聴いてみました。
「めちゃくちゃカッコいい!!」が正直な感想でしたね。
まだまだHR/HM歴は短いですが、自分の中での最高傑作は未だにこれです!!
「SKIN」「流れゆく日々」「ながい愛」などの曲ははじめは良さが
分からなかったのですが、今では何度聴いても鳥肌立ちます!



34. kirikomi ★★ (2004-11-30 16:37:00)

ロック色の強い「かっこよさ」の詰まったかっこいいアルバム。
強いギター、圧倒的な歌唱力と声、存在感抜群の歌詞、どれをとっても最高。



35. 歩兵 ★★ (2004-12-05 12:51:00)

人間味のある濃い~アルバムです。そして最もメタリックなサウンドなので、メタラーズの好感度も高いようですね。僕の中で最高傑作ではないですが。
「夢のような日々」はいらなかったかと思われますが、稲浩のアドリブ満載の「F・E・A・R」、ビリー・シーン&パット・トーピー参加の「ギリギリ~」、アメリカン・ロックバラード「BROTHERHOOD」、深みのある「SKIN」、哀愁含む疾走曲「SHINE」などといった名曲群が次々と襲いかかってきます。分厚いサインドも飽きを来させません。
決して聴きやすいアルバムではないですがね。




36. ラムンダ ★★ (2005-01-29 22:13:00)

1~4の勢いは皆様の認めるところ。B'zがハードロック(個人的に過去の作品で"ハード"ものは無いと思う)をやっていると気を高ぶらせているところへ5の「夢のような日々」。「あいかわらずなぼくら」や「BIG」を彷彿とさせる、お気楽サウンドでワンクッション。以降、今までのB'zらしい曲、ハードロック路線の曲と、良いバランスで聴かせてくれてると思う。その5からの後半の曲については、HR/HMが基準(?)となっている方々にはきつい原因かもしれない。
ただ「その手で触れてごらん」はいただけない。前作「SURVIVE」に多く見られたごり押し的なノリだ。このテの曲もB'zの魅力の一つかも知れないが…
B'zのアルバムで一番カッコイイアルバムだというのは間違いないと思う。洋楽にハマり、B'z離れを引き起こした人でも聴ける唯一のアルバムかも知れない。



37. 山2 ★★ (2005-05-26 18:36:00)

正真正銘ハードロックアルバム
これをハードロックと認めない人間は偏見持ち過ぎですね。
もっと純粋に音楽を楽しみましょう。



38. Deep 3 ★★ (2005-06-30 17:07:00)

明らかに一般受け狙ってないトコが好感の持てるアルバム。
序盤曲は一般人にはハードだろうし、他の曲の詩の濃厚さは理解しがたい人もいるだろう。
さらに、B'zもビリーも他のサポメンもハイテンションで狂気さえ垣間見える。
このときのライブDVDなど名作なんで必見!!(ビリーは残念ながらいないけど)




39. y-man... ★★ (2005-09-18 20:41:00)

日本のロック界に残る名盤じゃないでしょうか?
このアルバムで男性ファンが増えたことは間違いないでしょう。
一番洋楽に近い楽曲を聴かせてくれたアルバム。
「ギリギリchop」に至っては日本一のセールスを誇るバンドの曲とは思えないほどのHRぶり!!
「Brotherfood」「ながい愛」「SKIN」のようなヘヴィなバラードも印象深いです。
「銀の翼で翔べ」「その手で触れてごらん」「イカせておくれ!」は、B'zらしいロックでこれまでのファンも安心して聴けるナンバー。(違うか?笑)
「F・E・A・R」「SHINE」といった、正当なHRナンバーもあり、「夢のような日々」のようなお遊び曲もある。
実に充実したアルバムで、最高傑作と呼ばれるのにも納得のいくアルバムです。



40. くじたん ★★ (2005-10-05 15:11:00)

前半のテンションは凄まじい。
でも後半だれる。変な曲も多いし、ぬるい曲もある。
「今回はロックをやろう」と意識したのなら、最初から最後まで息が出来ないような作品にしてほしかった。
バラードらしいバラードもなくて一色丹。ながい愛は名曲。



41. 蛇めたる ★★ (2005-10-10 01:56:00)

他の作品を聞いていないようなハードロックファンの絶賛が自分に多少の偏見をもたらしたようで、
正直メタルとか洋ロック聴いてからあんまり聞いてませんでした。
前作「Survive」や前々作「Loose」のようにポップなロックではなく、ハードなロックやってますから
その手の人から絶賛される理由が分からなくも無い。
やっぱり最高傑作とは全然思わないけど、名作だと思う。
それまでのようなAerosmithとかMotley Crueとかの80年代のハードロックじゃなくて、
Led ZeppelinとかBlack SabbathとかヘヴィなハードロックをB'zなりに表現できてるし、
「Brotherhood」、「ながい愛」あたりは鳥肌もの!
なんだかんだ言って、実はかなり好きです(笑)




42. 帰ってきた男 ★★ (2005-11-06 23:15:00)

徹頭徹尾ハードロックと主張するかのような1枚。
これまでも充分ハードロックではあったが、よりダーティで渋さも感じさせる
ブルーズ派生系ロックのB'zバージョンといった趣き。
「F・E・A・R」は稲葉の捲し立てるボーカルが凄まじく、二曲目のバージョンアップし
たシングルはメンバーも豪華でカッコイイ。「ながい愛」は実にドラマティックで
いいし、「銀の翼で翔べ」はホーンの使い方も上手く詞がいい。
後半も「SKIN」の怪しい激情、「SHINE」の和ロックなカッコよさなどダレ無い。




43. S-rei ★★ (2005-12-11 20:09:00)

確かに前半が凄い分後半は少し物足りないような気もしますが、しかしB'zのアルバムの中で、ここまでハードロックを前面に出したものは少ない。
みなさんと同じく1~4はB'z最強の流れですね。



44. ひめ ★★ (2006-01-16 16:32:00)

Bzはもっといろんなのに挑戦するべきだ。今はまだ「ポップロック」にすぎない
一度でいいからツインペダルドコドコのメタルアルバムを聴かせてくれ!!



45. 透明人間 ★★ (2006-03-02 17:30:00)

かなりカッコいいアルバム。名曲も多い。
「ギリギリchop」なんて今までのB'zを見てもこれほどハードな曲はない(と思う)。




46. 10倍太陽拳 ★★ (2006-03-07 16:43:00)

ハードロック好きはこれがB'zの一番の名盤だと思うようです。
実際俺もかなり好きです。
しかしこれが最高傑作かと問われたらそうではないと思います。
前半の流れは最高ですが後半失速気味になります。
松本さん曰く「このアルバムはRUNで本来やりたかった音楽をやっている」そうです。




47. トランジスタ・ボーイズ ★★ (2006-06-28 12:52:00)

1999年発売の10th。最もハードで洋楽的なアルバム。
前年リリースの二枚のベストアルバムが大ヒットを記録しそれぞれのソロ活動を経てリリースされました。
最初から最後までハードな曲が並ぶ構成は明らかに今までのスタイルではありません。
B'zが新しい次元に突入した作品といえると思います。
一曲目から四曲目までの流れは完璧なんですが、後半ちょっとだれ気味。
生音中心でB'zの特徴であるハードとポップの融合というテーマが薄れたのはちょっと残念。
悪いアルバムだとは思わないですが、最高傑作といわれると疑問符が付きます。
85点




48. Rosy Moon ★★ (2006-07-12 20:08:00)

HRファンや洋楽ファンを驚愕させた10枚目のアルバム。
99年の始めに松本さんが稲葉さんに初めに言った言葉が「今年はROCKをしよう」。
その言葉を現実にしました。シングル『ギリギリchop』のカラーを反映したまさにHRなB'zのアルバム。
1曲目の超高速テンポの『F.E.A.R』、MR.BIGのビリー・シーンとパット・トーピーが参加した『ギリギリchop Version51』、B'zの信念を表すであろう名曲『Brotherhood』、ストリングスと重いギターが調和した4曲目『ながい愛』までの流れは完璧。
しかしその流れをぶった切るPOPな『夢のような日々』等の曲がしばらく続きながらも『ながい愛』のようなストリングスと重いギターの『SKIN』、『天国への階段』風のギターソロが圧巻の『流れゆく日々』、ラストを飾る間奏の松本さんとビリー・シーンの掛け合いが聴ける『SHINE』と最後までHRファンを虜にする内容です。
洋楽ファンの方々、日本にもこんなアルバムがあるんで国内にももう少し目を向けて下さいね(爆



49. 奇妙な冒険 ★★ (2006-07-18 01:34:00)

1曲から4曲まで怒涛の攻撃で突き進みます。
後半はつまらない曲もありますが、なかなかよいと思います。
やっぱりB'z史上一番メタリックなアルバムですね!
音質がLED ZEPPELINのプレゼンスっぽく感じました。



50. 0083 ★★ (2006-09-01 21:22:00)

ひたすら力強さを感じるアルバム。
B'z馬鹿にしてる洋楽オタクもこれを聴けば見直すはず。



51. WHITE STRIPES ★★ (2006-09-28 03:01:00)

このアルバムを何回聴いたことやら。。。最高!



52. ニューアイランド ★★ (2006-10-08 21:41:00)

我が国日本が誇る90年代最後にして最強の爆音伝説!



53. 天地輝男(あまちてるお) ★★ (2006-12-20 19:37:00)

このサイトで評判がイイので買いました。
かなり「ロック」してますな。昔っぽいポップな曲もないし。
1,2,3,4,6,9,10,がオススメです。とゆうか全部聴いてみてください。
HM/HRファンにも受けるはず。



54. walking man ★★ (2007-02-08 13:43:00)

B'zから初めて音楽の世界に目覚めた自分にとって、この盤は初め「なんじゃこりゃ汗」っというほど馴染めなかった。だけど1年寝かして改めて聴いた時、これはB'zでは指折りの名盤だと思うようになった。
全曲通して聴くには、やや重いかな・・・っという感じで、アルバム全体としてはまずまずの完成度かも、ただ各曲は弾丸のようにズッシリときます。



55. ミョッミピ ★★ (2007-02-22 00:09:00)

1. F・E・A・R
2. ギリギリchop (Version 51)
3. Brotherhood
4. ながい愛
5. 夢のような日々
6. 銀の翼で翔べ
7. その手で触れてごらん
8. 流れゆく日々
9. SKIN
10. イカせておくれ!
11. SHINE
1999年、10th。ロックをテーマに作られ、激しいサウンドに。
このサイトで一番人気なのも頷ける。
いささかキャッチーさが薄いけども。
1、2、3、4、6、8、11がお薦め。




56. チューバ ★★ (2007-06-10 22:00:00)

「SKIN」「ながい愛」といった曲がとても好きです。
何度も聴きこんだなあ。



57. メタルン ★★ (2007-08-04 09:56:00)

記念の10thアルバム。
更にハードな路線へと入っていってます。
①~④、⑥と⑪がいいね。
これは浪人時代のお供に聞いてました。




58. black kitty ★★ (2007-11-22 22:08:00)

このアルバムはかっこいいね~!B'zはこのアルバムと次のELEVENの時だけ好きだった。



59. ロクスケ ★★ (2008-02-19 22:34:00)

生粋のハードロックアルバムです。
特に1~4曲目の流れは素晴らしい。
4曲目のながい愛はまぎれもなく名曲。
TAKがシングルでだしたいと訴えた気持ちがよくわかる。(結局は、話し合いでギリチョをシングル化)
これをロックと思えない人は頭が固すぎ。
素直にかっこいい1枚。



60. Dr.Strangelove ★★ (2008-03-26 22:59:00)

B'Zに対するくだらん偏見など捨て去ろう
どう考えても傑作である




61. 1573 ★★★ (2008-07-12 14:00:00)

2014/12/24現在
全レビュー修正

完璧です。
少なくとも僕にとって、最もB'zに求めているものの全てがこの一枚に詰まっています。
では求めているとは一体なんぞや?…と言うと、それはたった一言「ハードロックであること」のみ。
それまでB'zが築き上げてきた「キャッチーな歌謡ロック」をかなぐり捨てて、純粋なハードロックに挑み、しかもそれが成功したのである。
それはアルバムを通して聴けばすぐに分かる、非常に簡単なものなのだ。

もし最初にB'zとしてこのアルバムを聴くならHR好き以外は止めておきましょう。
大人しくプレ・トレあたりを聴いて、「B'zとはなんぞや」を自分なりに理解した上で、敢えてこのアルバムに"挑戦"して欲しい。
きっと、このアルバムがどれほど「無骨」で「挑戦的」で「攻撃的」で、そして何より「純粋」であるかが、きっと分かると思う。

そう、このアルバムは間違い無くB'zサウンドの一つの到達点なのだ!




62. イル ★★ (2009-10-10 19:29:00)

「SURVIVE」の「DEEP KISS」でも結構ハードだなーと思ってたのに
「F・E・A・R」はそれをはるかに越える。
そりゃ、確かに後半はだれ気味ですけどね。
でもシングル1曲しか入ってないっていうのが個人的に◎。
(で、なおかつアルバムヴァージョンだし。)
だけどいきなりこれを聞いてほしくはないなあ。



63. RG7 ★★ (2009-10-22 22:13:00)

ジャケからして既にこれはポップではない…。とアピールしてる。
一曲目にアクセント強めの特異的な歌唱法を取り入れたヘビーな曲。それから壮大なバラードのタイトルトラックと、前作と似た流れなのかも?と思っていたら全然違いました。
当時は海外ではヘビーロックが流行してて、TAKのギターの音もどんどん図太くなってきていたので、いつかは影響が現れるだろうと思っていたんですが、まさに期待通りでした。ただ、個人的にはこういうのはB'zにはあんまり合わないのかな?とも思いましたね。別にこういうことやんなくてもいいのかな~。と。やっぱりポップでキャッチーな感じがいいです。ベストチューンはSHINE。




64. 名無し ★★★ (2013-03-16 18:08:21)

一番ハードロックしてるのになぜかB'zの中でも異質なアルバム。
メタリックな曲も存在するのでこれ一枚でかなり楽しめます。

ほかのアルバムに比べると無機質で骨太な曲が多い。(後のELEVENやTHE CIRCLEもだけどね。)

ギリギリchopはこっちのバージョン聴くとシングルバージョンが聴けなくなるくらいすごいw
SKINみたいなメロウなロックバラードもあるが、全体的にまとまりが良い。


今のB'zのサウンドで是非再録してほしい一枚。



65. 名無し ★★★ (2014-01-25 17:36:35)

全部いい!



66. でんぶん ★★★ (2014-02-12 00:37:42)

めちゃくちゃいい!ELEVENの次の
でも前半の4曲に比べ後半の失速ぶりが否めない



67. 稲葉浩志 ★★★ (2014-04-24 16:33:55)

最高傑作のアルバム
①~④⑥⑩⑪は僕のオススメ。
この7曲以外もいい曲です。
捨て曲がありません。



71. 神野大地 ★★★ (2015-01-05 21:03:26)

これがロック‼︎



73. ロジャー ★★★ (2015-02-12 22:41:45)

かっこいい



74. 赤い鳥 ★★★ (2015-02-15 10:56:44)

やっぱり1~4曲目の流れが圧倒的すぎる。



75. レオン ★★★ (2015-03-13 13:45:45)

ギリギリchopヤバい‼︎‼︎



77. 名無し ★★★ (2016-06-03 00:42:10)

前半の勢いに圧巻、その分中盤からダレる印象があるがいわゆる「スルメ」で今のB'zにない雰囲気の曲が多いので聴きどころ盛りだくさん。
前半4曲は文句なしにかっこいいが、自分は流れゆく日々とSKINが非常に気に入っている。あのドロドロした感じはシンセに頼らない生音の生み出すグルーヴがなければ作れない。



78. 名無し ★★★ (2017-06-17 13:47:35)

アルバムタイトルが、Doobie brothersのBrotherhoodと同じですな。
しかも、B'zのロゴがザック・ワイルドのBlack label societyと似ているし、ジャケット裏がBon JobiのKeep the Faithの表ジャケっぽいと思います。



79. 名無し (2017-11-09 11:31:30)

↑珍しいものを見つけたかのように言うけど、それが何か?
中身のないコメントはいらないよ



80. 名無し (2017-11-09 18:36:27)

ボンジョヴィをBon Jobiなんて書く奴いちいち相手にするな



81. CdG ★★★ (2017-12-23 19:52:05)

99年に発売された個人的にB'zの中でも屈指のロックアルバム。
残念ながらアンチが湧き、中にはあそこがパクリだと指摘する方々も多く、10年前はそういった人々も発言力があったが、今では永遠に続くB'zの一人勝ち。

日本の現在の特殊な音楽シーンにおいて、これだけのセールスをするハードロックバンドはない。



82. Joe Satrianiki ★★★ (2017-12-25 14:22:56)

B'zの歴代のアルバムの中では特にハード面が強調されたアルバム。

特に稲葉の独特のしゃくり上げるような唱法と強力なハイトーンとの組み合わせはこの時期に完成を見た気がする。
特にこの頃の稲葉の声が好きという方もいる一方、安定感が増した近年に比べれるとクセの塊とも言える時期でもあるので賛否両論といったところか…。

個人的に推す一曲は「銀の翼で翔べ」。
「The Chicken」を彷彿とさせるグルーヴィなノリとそれを彩るブラスセクションが非常に気持ちいい。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示