この曲を聴け!
ROCKA ROLLA (1974年)
MyPage

ROCKA ROLLA
モバイル向きページ 
解説 - ROCKA ROLLA
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. YOSI ★★ (2002-02-06 21:54:00)

正直初心者に聴かせようとは思わないし、後の彼らの数ある名盤に匹敵するとはいわない。しかし決して駄作なんかではないのがこの1ST。よくブラック・サバスのパクリとか言われる音楽性のアルバムだし、それも間違いじゃないけど、でも僕はクオリティ的にはサバスの1STにも負けていないと思う。サバスは最初にやったオリジナリティの高さが素晴らしいが、比べてPRIESTは二番煎じかもしれないけど、でもそれだけにとどまらない個性も持ってる。K.Kのジミヘン好きも伝わってくる。ルーツが良く分かる。なによりおすすめなのはバラード「RUN OF THE MILL」。これは聴いた事がなければぜひ聴いてみてほしい。たぶん驚くから。最初からこんな名曲を作れるなんて! あとタイトル曲「ROCKA ROLLA」 これなんかも後の彼らに通じる格好良いヘヴィロックだし。それ以外にも全体のクオリティもなかなか高い。ただこれは60~70年代のロックを聴き慣れた耳には充分格好良く聴けるけど、最近のメタルやロックしか聴いてないとちょっとつらいかも。結論としては聴くなら一番後回しにすべきアルバムなのはしょうがないけど、逆にいうとこれ以外のアルバムを全て聴いて、どの時代のPRIESTにもそれぞれの格好良さがあることに気付く人なら、このアルバムを聴いても良さが分かると思う。



2. すわんそんぐ ★★ (2002-04-14 18:10:00)

いいんだけど・・音質が・・・・。



3. m.c.A.K. ★★ (2002-10-16 10:42:00)

タイトルといい、ジャケットのセンスといい・・・御大PRIESTもスタートは、単なるイギリスの田舎っぺバンドだったっちゅう事です。
でも、この時からROBの高低音を行き交う歌唱力は抜きん出てるし、K.K.のジミヘンギターと相まって妙な陶酔感に浸れる(かも)。
しかしGULLレコードさん、いい加減にこの1stと2ndの権利をPRIESTに譲渡してあげたら?
未だに怪しいCD出してるし。




4. うにぶ ★★ (2003-04-20 23:03:00)

メタルの神と呼ばれるジューダス・プリーストの、記念すべき1stアルバムです。音楽性はと言えば'74年発表ということを考えに入れてもいささか古臭いくらいのブリティッシュ・ハード・ロックです。メタル・バンドとしてのプリーストを求めて聴くと違和感が大きいことでしょう。
湿った陰鬱な雰囲気はまさしく英国風味。しかしかなり泥臭く、あまり洗練されていません。一番若い時の作品なのに、一番渋くて若さがないような気が……。ロブ・ハルフォードも深みのある声で人生に疲れたような歌詞を歌ってたり。なんかドアーズでも聴いてる気分になってきちゃいます。
しかし曲自体は全然悪くありません。なかなかドラマティックで、リフやソロも味があり、完成度は高いです。捨て曲も特に思いつかないですね。「RUN OF THE MILL」「DYING TO MEET YOU」といった曲は貫禄すら感じさせる荘厳な曲です。味わい深い。曲順の流れも非常にこだわっているようで、組曲っぽい流れもあります。
ブラック・サバスやジミヘンなんかの影響もチラホラありますが、「○○のフォロワー」って感じではなく、一応独自性は出ていると思います。まあ'70年代の音楽にそんなに詳しいわけじゃないですが、少なくともサバスともクィーンともパープルともツェッペリンとも微妙に違っています。でもブリティッシュHRど真ん中。その手の音が好きな人は楽しめると思います。しかし普通のメタル耳には厳しいと思うので、マニア向けかも。
ジャケのデザインやロゴがアレですが、まあそこは目をつぶってあげましょう(笑)
1st、2ndとも、ビクター盤を買うと音が良いので、そちらをおすすめします。ちょっと曲が抜けても構わないという人は、2枚を編集した『ヒーロー、ヒーロー』なんかを買ってもいいでしょう。
しかしGullレーベルの商売の仕方はひどいですよね…。




5. りり ★★ (2003-09-11 23:35:00)

ジューダスとしては、非常に軽快で、軽率なアルバムです。でも、それがまた、彼らの若さの象徴として現れています。しかしながら、やはりというべきか、ロヴの歌声は凄まじいです。セカンドで頂点を極めるに至る、ロヴですが、これ、ほんと、他のアーティストにはなかなかないことなのですが、すでにロヴは、凄いです。表題曲のロッカローラ、聞いてください。サビの何ともいえない感情移入が、心を動かします。こんなヴォーカリスト、僕は他に知りません。最初から完璧で、徐々に幅を広げるなんて。
とかくジューダスの出発点のアルバムです。買って損はないでしょう。





6. ばかぼちゃ ★★ (2003-10-26 15:53:00)

何年か前、ヘヴィメタルの神様のファーストアルバムというのだからどんなのだと買ってみた、が確かにヘヴィメタルといえるものでは無かった。
ですがロッカ・ローラ、はまりました。この曲のために買っても損はしないでしょう。
リマスターにも本作のバージョン作ってほしかったんですけどね。
あと個人的にはUSのジャケットの方が好きです。



7. せーら ★★ (2003-10-27 01:04:00)

帯の「衝撃のデビューアルバム」のたたき文句に大笑い。確かに衝撃です。メタルゴットともあろうものがコカコーラのパロでデビューしたというのだから。あと裏ジャケのロブの名前が「ボブハルフォード」と間違っているのも笑撃です。
「クオリティーがサバスのファーストに負けてない」という意見はちょっと擁護しすぎかなと思いますが駄作でないことは確かです。全体的にプログレ色が感じられます。それと上のうにぶさんの指摘通り、全アルバム中1番渋いです。古臭いともいえるかも。74年当時でもこのサウンドは古いです。でも「ロッカローラ」「チーター」といったストレートなハードロックナンバーは普遍的な魅力を持っていますし、何より大作バラード「ランオブザミル」がこのアルバムを捨て置けない存在にしています。
B級ですが、やっぱりプリーストのアルバムなので無視しないで聴いてみて下さい。




8. せーら ★★ (2003-10-27 01:24:00)

ちなみにこの当時のメンツのポスター(by.BURRN!誌)を、わたしはランディーローズのポスターやマノウォーのLPなんかと一緒に壁に飾ってます。長髪のロブが何とも新鮮。



9. ばかぼちゃ ★★ (2003-11-16 15:49:00)

ヘヴィメタルの神の出発点がこれだから笑えるかもしれません。
しかしながらこれは名作かもしれません。
なぜなら・・・みなさんも聴いたら分かるでしょう。



10. せーら ★★ (2003-12-05 17:13:00)

うーむ、これが名作だと他作が全部大名作になってしまうかも...。いや、好きなんですけどね。
THE DARKNESSのロゴが結構コカコーラのロゴに似ているな、とライブ40分前に気が付きました。それだけで~す。




11. 柴が2匹(会社から) ★★ (2003-12-15 19:01:00)

70年代中期のいかにも英国らしい当事としてはオーソドックスなHRです。
アルバムとしてはこれだ!と言う特筆すべきものはあまりないのですが、
ライブでは当事の新人では一歩ぬきん出ていた聞きます。
また、弱小レーベルとはいえ彼らを発掘したガル・レーベルは見る目があったのでしょうね。




12. 夢想家・I ★★ (2004-11-01 19:02:00)

バーミンガムの場末感がすごく伝わってきますね。パブで毎晩酔っ払いを相手に演奏していた彼らはレコード・デビューの話を持ちかけられ大喜びで今までの手持ちのレパートリーを録音したのでしょうが、全体的に曲が起伏に乏しく演奏も特筆すべきところはありません。
ただGリフの幾つかは耳を惹くものがありますしロブのVoは感情移入が激しく見事にオクターブを使い分けアルバム中最大の聴き所となっています。さすがにもうライヴでは演奏されることは無いでしょうが、「RUN OF THE MILL」「DYING TO MEET YOU」はアンプラグド等アレンジ次第ではモノになりそうな感じです。
夜も更けた頃独りでウイスキーの水割りでも傾けながら聴けば英国情緒に浸れるかもしれません。




13. frantictac ★★ (2005-01-25 03:08:00)

もしも歴史が繰り返されるならば・・・
HM路線に進まなかったジューダスも聴いてみたいと思った
全体的にフックがあるとはいいがたいけれど聞き込んでみたら病み付きになる味わいがあると思う



14. ロック23 ★★ (2005-06-21 21:07:00)

ジューダスの他のアルバムに比べれば、つまらんです。もう聴かんと思う。



15. 野崎 ★★ (2005-09-09 03:55:00)

ヘヴィ・メタルの観点で聴くからパッとしないんであって
70年代ヘヴィ・ロックとして聴けば全く問題ないと思うんですけどねえ。
ベースが必要以上に強調されてる音づくりがたまらない。ロジャー・ベインの所為か?
「DYING TO MEET YOU」のラストの突拍子の無い展開のB級っぷりとかも良いです。




16. ツインターボ ★★ (2006-01-19 17:12:00)

彼等も若かったのだろう、本人達も次作が本当のデビューアルバムだと言ってるし
正直ジューダスにとって今作は黒歴史、初心者は間違っても聞いてはいけない
個人的にはこういうアルバムも好きだけどね。



17. 殺戮の聖典 ★★ (2006-05-02 19:38:00)

BLACK SABBATHを生んだイギリスはバーミンガム出身のバンドによる'74年発表のガル・レコードからのデビュー・アルバム。
メンバーは、ロブ・ハルフォード(Vo)、K.K.ダウニング(G)、グレン・ティプトン(G)、イアン・ヒル(B)、ジョン・ヒンチ(Dr)。
プロデューサーはBLACK SABBATH等を手がけたロジャー・ベイン。
本作は「若気の至りで作られた凡作」とか「現在とは異なる音楽性」といった評価が一般的で、熱心なファンからも無視された存在となっているが、そのような悪い評価しかされないのは何とも理不尽なことである。
メイン・コンポーザーの1人であるグレンが加入して間もないためいくつかの捨て曲も見受けられるし、ロブのハイ・トーンやツイン・リード・ギターといった個性も本領発揮とは言い難いが、次作「SAD WINGS OF DESTINY」に通じる様式美がここにはある。
おそろしくかっこいいキラー・リフを持ったタイトル曲「ROCKA ROLLA」や引き摺るようなヘヴィなリフがかっこいい「NEVER SATISFIED」、ロブの歌唱が見事なドラマティック曲「RUN OF THE MILL」、静と動とが同居したプログレッシブな曲展開の「DYING TO MEET YOU」は特にオススメ。
ブルージーなヘヴィ・ロック「ONE FOR THE ROAD」、グルーヴ感のあるリフが延々と繰り返される「CHEATER」もなななかの出来。
お粗末なジャケットとアルバム・タイトルがつくづく悔やまれる。




18. COZYⅡ ★★ (2007-04-08 19:21:00)

このアルバムは過小評価されていると思う。次作と双璧をなす70年代の名盤だと思う。



19. はーさん ★★ (2007-05-10 00:29:00)

ネバーサティスファイド ギターソロがはじまる所の、リフの切り替え、すごくカッコいい。サバスっぽい。 サバスっぽさを、売りにするの、アリですねエー!
まっ、製作者側も意図してたと思う。



20. 山口 弘 ★★ (2007-05-19 13:27:00)


結構このアルバムは気に入っていたり , まだ普遍的なロックで最近のメタルに比べればおとなしいが , ノスタルジックな音が良いし , 艶のある Rob の歌も良い .
このアルバムを最高傑作という人は少ないだろうがね .




21. アヨハタ野菜ジュース ★★ (2008-04-08 21:37:00)

高校高校親孝行1年弱冠15歳の時に心を奪われ以来25年JP一筋。全アルバム聴くこと数百回?1000回か?サバスのまねとかいわれるが、JPのオリジンの一端が伺える名アルバム。KKダウニングの色合いが強く、グレンティプトンの腕は2作目に持ち越し。しかし、なかなかのKK色。ブルージー&ドラマティックサウンド。心を奪われたファンとしては、言葉を失う。RUNOFTHEMILLは、隠れた名曲。心が洗われる。



22. Dr.Strangelove ★★ (2008-04-24 17:06:00)

JUDAS SABBATHだね。音質が悪いものの中々の出来。
JPのアルバムとして聴くと間違いなく変です。




23. カットタン ★★ (2009-11-17 22:30:00)

Judas priestの作品を集める上で、かなーり後回しになった作品。
しかしながら、これは中々いい作品ですね。タイトル曲なんか、他ではあまり聴けない妙味があります。
これに続く2ndでもそうなのですが、ロブの低~中音域の歌声はかなり魅力的です。
後の高音シャウトも当然魅力的であり、バンドの売りにもなろうもんですが、個人的には、
どんな状況でも、思わず耳を傾けたくなる、この頃の歌い方が好きです。
結果的に、このアルバムの購入は後回しにして正解でした。70年代のハードロックを色々と聴いた後に聴くと、
このアルバムがとても優れたハードロックの作品であると分かります。
ただメタルゴッドの1stアルバムだ!という心構えで聴くと肩透かもしれませんね。
しかし売ったりせずに、大事に持っておいてほしいです。




24. wagewar ★★ (2010-04-07 09:19:00)

一言でいえば「食中毒起こして3日寝込んだBlackSabbath」かなw
こういう音に慣れてないとゴミ扱いされそうですけど、ウン○みたいな70年代のC級バンド聞いた後でこれを聞くと「名盤!」って思えますよ、多分ねw



25. 中曽根栄作 ★★ (2010-07-04 01:26:00)

ハードゲイがかつてはただのロック兄ちゃんだったなんて
あとロブはロバートだからボブでもボビーでも間違いじゃないよ
ええ




26. はっちゃん ★★★ (2012-06-08 15:04:14)

ある意味、「踏み絵」のような性格を持った作品。

上のいくつかの意見に散見できるように、音質面、曲の構造など若いメタラーにとっては、とても
楽しみ難い作品なのでしょう。無理やり褒めるべき部分を見つけ出すより正直な意見だと思います。
僕がこの作品を購入したのは「DEFENDERS OF THE FAITH」リリース前。この時でさえ
入り込むには時間がかかったように記憶してます。なので「PAINKILLER」以降からのファンは
これを聴くのはぶっちゃけツライでしょう。

たとえば、同じく74年発表のUFOの作品「PHENOMENON」やTHIN LIZZYの「NIGHT LIFE」といった
再デビュー組の作品と一緒に聴くと観点が変わり、すごく楽しめます。
楽曲うんぬんよりサウンド・テクスチャーが駄目という人には何も言いませんが。

ただ、本作はバンドが何を見据えて何処に向かおうとしているのか暗中模索、五里霧中の状態。
そういった「迷い」を汲み取るのも味わい深い楽しみ方ではありますね。
個人的にベスト・チューンと言われると中々厳しいものがありますが、あえて挙げるなら
タイトルトラック「ROCKA ROLLA」かな。耳に残るGソロのフレーズとキャッチ-なサビメロが
印象的なので。

一言でこのアルバムを表すのならば「どんより」。

…いや、かなり好きな作品なんですけどね。




27. DioTheWorld (2015-12-15 11:26:30)

Heavy Metalの象徴、Metal Godと名高いJudas Priestの記念すべき1st。
だが、お世辞にも傑作とは言えない。
タイトルジャケの酷さは勿論だが、プログレ色の強いBlack Sabbathという感じの曲調でしかも出来もあまり良くないし後に他の追随を許さない程ビッグになるとは思えない完成度ではある。

だがしかし、マイナーレーベルのアルバムとしてはこれほどのものが他にあるだろうか?
何よりタイトル曲Rocka Rollaのリフが素晴らしい。
他の曲も荒削りではあるがほとんどの曲に光るものがある。
どの曲も完成度は低いしとても名曲とは言えないが捨て曲としてしまうのは惜しいものばかりだ。

繰り返して言うが決して名盤ではないし、いくら1stといえど初心者にはオススメできない。
まだ聴いてない名盤があるというならそれらを差し置いてまで買うほどのものではない。
しかし、もう他のJudas Priestのアルバムは買ったというのなら、Bruce復帰後のMaidenを買うよりも圧倒的にこちらをオススメする。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示