この曲を聴け!
PINK BUBBLES GO APE (1991年)
MyPage

PINK BUBBLES GO APE
モバイル向きページ 
解説 - PINK BUBBLES GO APE

1991年3月11日、EMI Recordsよりリリースされた4thアルバム。
1989年1月1日にKai Hansenが脱退し、後任としてRoland Grapowが加入して制作された。リーダー役は実質的にMichael Weikathが引き継いだ。
また、この間レコード会社をNoise RecordsからEMIに移籍(マネージメント会社もIron Maidenが所属しているSanctuaryに変更)している。リリース直前に前所属レコード会社のNoise Recordsから裁判を起こされ、イギリス以外では発売中止となり、バンド活動も禁止となる。1年後の1992年には無事裁判の決着がつき、イギリス以外でもアルバムがリリースされ、バンド活動も行えるようになった。
しかしKai Hansenが脱退したことでMichael Kiskeのバンド内の発言力が大きくなり、楽曲面ではポップ・メタル路線が強調された内容になっている。それまでのような叙情的な面は減退し、よりソフトで、時にユーモラスなアプローチの目立つ仕上がりになっている。この方向性は次作『Chameleon』でさらに露わになっていく。
因みに、WeikathはHansen脱退時に「もう同じバンドには居ないけど、また友達同士の関係に戻れる」と言われたことや、Weikath本人もGamma Rayの2ndアルバム「Sigh No More」(1991年)のレコーディング時にスタジオにあそびに行ったことを後日談で話している。一方で、この時期のBURRN!誌でのインタビューでは、Kiske、Weikathが誌面に登場することが多かったが、Hansenを「勝手にバンドを去った」「俺たちを置き去りにした」と不仲を強調する発言が見受けられていた。

Recorded:1990 at PUK-Studios, Gjerlev, Denmark
Producer:Chris Tsangarides
→解説を作成・修正
コメント・評価 - PINK BUBBLES GO APE

Selected Comments


2. 29 ★★ (2002-05-28 22:57:00)

確かに人気無いですねぇ。
個人的には「CHAMELEON」は許容範囲外ですが、このアルバムまではOKです。
とは言っても発売当時はかなり期待外れというか、裏切られたイメージ強かったですね。
「KEEPERS Ⅰ・Ⅱ」とは全く別路線のポップ・メタルですが、キスクのよく伸びるメタルVoがまだ十分堪能出来るので、HELLOWEENのポップサイドを強調したものと考えれば中々の作品だと思います。
個人的には大仰な“Mankind"などは十分に魅力的な曲だと思います。
(でも“Mankind"いい曲だよね、と聞いてもあまりいい返事をもらえたことないなぁ…)




5. 真・マツソガソ ★★ (2002-12-19 11:52:00)

ポップ過ぎるという意見もあるかもしれないけど、曲自体ははっきり言って全部いい出来です。ハロウィンらしさのある曲は⑦と⑩くらいですが・・・。キスクの作った曲を聴くと、他のメンバーとは目指す方向が違うものだったということがわかります。脱退もこのころから決まっていたようなものだったのかもしれません。カメレオンを聞いて、さらにキスクのソロアルバムを聞くとそのことがわかると思います。ハロウィンのアルバムというより、キスクのアルバムに豪華メンバーがゲスト参加したといったほうがいいかも。聞けば聞くほど味が出てきて本当にいいアルバムだと思うんですがねぇ・・・。



9. なP ★★ (2003-05-16 02:48:00)

昔、勤めていたお店にパイオニアのレーザージュークが入っていて、そこでデモ演奏で掛かるメタル曲がKids of the CenturyとGamma RayのHeaven Can Waitでした。いい曲だなーとは思っていましたが、誰の曲かも忘れてました。
数年後アルバムを買ってからはこの他にNumber OneとかSomeone's Cryingとかもお気に入りです。




11. カババー ★★ (2003-05-30 00:23:00)

リアルタイムで聴いてたらたぶんケチョンケチョンにけなしていることでしょう。
「こんなのハロウィンじゃない!」みたいな感じで。
さすがにキーパー2の次にこの内容は…
しかし、完全後追い、しかも音楽性が前作とかわっている、評判悪いなどの理由から期待せずに聴いたのがさいわいしたのか、けっこう聴けるアルバムです!
ただほんとうに「けっこう」なんですけどね。




13. けんしょー ★★ (2003-07-29 23:26:00)

無垢な高校生のとき、金を貯めて、発売延期を乗り越え、
学校をサボり、開店と同時に買い、一聴して唖然とし、
何かの間違いと思ってもう一度聴いて呆然とし、
特典についてたTシャツは夏に着ると汗を全く吸わず、
そんなこんなで僕のHELLOWEENは終わったのでした。
そんな苦い思い出を甦らせる、
さながらドラクエ2の「あくまのしっぽ」のような
地味~な呪われたアイテム。




15. CLAYMAN ★★ (2003-11-03 20:39:00)

自分はリアルタイムで聴いた訳ではないので「まっ、こんなもんか。」と思ったが、『KEEPER~』後で楽しみに待っていて聴いた人はショックだったんでしょ~ね。
これは『KEEPER~』と比べないで切り離して聴けばなかなかいいアルバムだと思います。
②⑩⑪は気に入ってるし、③⑦もいい感じ。
ちなみに、けんしょーさんの「あくまのしっぽ」はツボ(笑)





Recent 50 Comments



17. k-k ★★ (2003-11-20 23:59:00)

このアルバム~マスターオブリングスが好きですね。なんか爽やかで。
ヴァイキー作曲のはやる気なさげですが、キスク、ローランド、マーカスが良い曲書いてると思います。



18. z-zz ★★ (2003-11-26 02:37:00)

はっきり言って大好きですw
特にキスクが良い仕事をしている!
最後のYour Turnで感動しました。
ボーナストラックもマーカスが良い仕事してくれた!




19. ★★ (2003-12-11 05:32:00)

問題作といわれ、人気のない作品。
まぁそういわれるのもわかりますが、個人的にはなかなか好きなアルバム。
THE CHANCEとYOUR TURNが収録されているし、SOMEONE'S CRYINGはなかなかの名曲。
もう一枚の問題作といわれている作品よりはかなりメタルっぽいとおもわれる。
けんしょーさんの「あくまのしっぽ」は爆笑。




20. メタラァ ★★ (2003-12-31 18:21:00)

初めて買ったHELLOWEENのアルバムなんで、「らしさ」とかまだ知らなかったんで普通に聴けました。まぁ、今となっては確かに曲調が違うって分かりますけどね。
でも、これを買ったのはメタルを聴き始めた頃なんで思い入れがあります。それに「らしさ」抜きで考えれば悪い作品じゃないと思いますし。パワーメタル・チューン「SOMEONE'S CRYING」や「THE CHANCE」も入ってます!「KIDS OF THE~」「THE CHANCE」「YOUR TURN」はいい曲です!
まぁ、中にはつまらない曲もなくはないですが…。
これを買う以前にもレンタルで他のバンドを聴いたことはあったけど、このアルバムは初めてのHELLOWEENの、というより初めて自分で購入したメタル・アルバム(一応"メタル"と呼ばせてもらいます)で思い入れもタップリなので結構好きなんですよねぇ、これ。




21. ヤング・ラジオ ★★ (2004-01-13 22:37:00)

オンタイムで聞いた方は覚えていると思うが、この作品には裁判のゴタゴタばかりが印象に残っている。「発売中止」という文字に、当時は一体彼らに何が起こったのか本気で心配したものである。アルバムは完成しているのに、なかなか発売されない.....。必死で輸入盤をゲットし聞いたら、「なんじゃこれ....」である。サウンド・プロダクションがのっぺりしてて、奥行きや臨場感がほとんどなく楽曲うんぬんまで、とても語るレベルに到達しないのである。「なんだこれ.....」当時のショックはとてもじゃないけど語れない......。確かに数曲は好きだけど、どれも中途半端という感は否定できない。当時は本当に、いろいろな意味でショックを受けた作品である......。



22. おーこ☆Type-R ★★ (2004-02-24 23:09:00)

キスクの"Kids of The Century"に始まり,ヒーローアニメのエンディングのような
ポップな名曲"Number One"(だけど、HELLOWEENらしい), メロスピ"Someone's Crying",
キスク+グラポウによる大仰な"Mankind", "The Chance", そしてキスクによるHELLOWEEN
史上最高のバラード"Your Turn"・・・数え上げれば名曲多いですよ、このアルバムは。
キスク寄りのアルバムということで、"SAVAGE"をシングルB-sideじゃなくて、この
アルバムの1曲目に持ってきてくれたら・・・、みんなぶっ飛んでたろうなぁ。
てゆうか、このアルバムの評価も多少は違っていたのではないでしょうか??



23. まおり ★★ (2004-04-14 18:54:00)

個人的に好きなアルバム。
実は歌詞カード最後のページのメンバー
写真でヴァイキーが「三瓶~です。」
をなにげにやっている・・・・w



24. ヴァイ ★★ (2004-04-17 23:58:00)

個人的にローランドはあまり好きではないがローランドがもちこんだ物がよくあらわれている作品。かなりいいと思う。



25. クイックパンチ ★★ (2004-05-19 12:13:00)

当時リアルタイムで聴いていましたが、そんなに違和感なく入り込めましたね~。
確かに前作までの路線とは違いますが、それまでのHELLOWEENのポップな面がよく表れていると思います。個人的にもサウンドプロダクションはこちらの方が好みだし♪
正統派HMを聴かなくなった今でも、このアルバムはたまに引っ張り出してちょくちょく
聴いてます。(オッサンになったのかな?(笑) でもいいアルバムですよ~



26. すりっぷのっと ★★ (2004-07-20 20:47:00)

「CHAMELEON」と比べるとまだHELLOWEENらしいサウンドは少々残ってるが、やはりちょっと???な作品だと思います。
全然人気が無いのも分かる気がします。私も大好きという訳ではありません。(嫌いでも無いですよ)
1つか2つぐらい「オォッ!」と言える名曲が欲しかったところですね。キスクの歌唱力は相変わらず素晴らしいですけどね。
たま~に聴くにはもってこいのアルバムかも知れません。新たな発見があるかも・・・




27. minato ★★ (2004-09-11 12:18:00)

CHAMELEONと違い、駄曲は無し。佳曲揃いです。
ただ、First Timeや、Windmillのような名曲はなかった。
ローランドが活躍してますね。
ジャケは良くない。
Best Tune "Your Turn"
買い度…50%




28. metallicats ★★ (2004-10-03 04:29:00)

いや。かなりいいアルバムだ。俺は好きだ。
特にボーナストラック。ボーナスの癖して異常なまでの名曲!



29. いぐさタタミ之助 ★★ (2004-10-03 08:50:00)

Keepers2、1からウォールズと聴いて、次回作を楽しみにしていた、当時高校生の僕には少しショックだった様なしがします。ハロゥインっぽい、Kids of~とSomeone's~しか聞いてなかった覚えがあります。けど今思えば、キクスの曲とおもえれば、GOIN'HOME,HEAVY METAL HAMSTERなど、キスクが自由に歌っていると思えれは、いい曲ありますね。てなわけで、GOIN'HOMEに一票!



30. sizuku ★★ (2004-11-13 16:54:00)

キスクはきっとこういうのが好きなんだろうね。
好きですよ、このアルバム。ジャーマンとして見るとSomeone's~が良いです。
キスクがのびのびと綺麗に歌い上げてる曲ばかりです。
ポップさがいい感じに出てると思うんですが、どうでしょう?
The Chanceは最高です。
というか普通に、ギターソロはピロピロいってるんですけどね。
メロディアスだし。




31. k.s.m.2 ★★ (2004-12-10 11:47:00)

おーこ☆Type-Rさんの
"SAVAGE"をシングルB-sideじゃなくて、この
アルバムの1曲目に持ってきてくれたら・・・、みんなぶっ飛んでたろうなぁ。
てゆうか、このアルバムの評価も多少は違っていたのではないでしょうか??
に目から鱗でした。確かにその通りですね。ただ、中途半端に(それ以前の)HELLOWEEN、という感覚があるため、あまり好きになれない(『Chameleon』の方がよく聴きます)のが正直なところ。メンバーチェンジ後の作品三枚はどれも同じ理由で苦手です(苦笑)。ジャケットも痛いですし。
ただ、人に薦める時には最適かも知れませんね。




32. TDK ★★ (2005-01-05 13:07:00)

他の作品と雰囲気が違いますが、それはそれで楽しめるアルバムだと思います。
少なくとも嫌いではないです。




33. 帆船 ★★ (2005-01-29 00:24:00)

確かに2の後の本作は大ショックでした。
カイの脱退。プロデューサの変更。いい材料が見つかりませんでした。
(当時フリスビーにして飛ばしてしまおうと思ったくらい)。
ただ、今聴くとまんざらでもない。結局、当時の期待が相当なレベルだったか或いは以降の作品が本作からさほど進歩していなくて耳が慣れてしまったか・・。



34. ウィルパデュー ★★ (2005-03-30 13:19:00)

な・なんでダークライドより下位なの・・・。わけわからん。いい曲多いじゃないですか。サウンドプロダクションも素晴らしいと思いますよ。



35. いりあ ★★ (2005-05-23 16:38:00)

やっぱりKEEPER1,2の後のカイが抜けたこのアルバムが評価が低いのはしょうがないと思います…。
でもこのアルバム、すっごく良いアルバムです。
昔から聞いてきて、最近もほぼ毎日といって良いほど聞いています。
KIDS OF THE CENTURY、NUMBER ONE、SOMEONE'S CRYINGなど世間にはあまり知られていない名曲揃いです。特にSOMEONE'S CRYINGなんてめちゃめちゃかっこいいし、泣けますよ。
そして、THE CHANCE、YOUR TURN。この2曲が私はアルバム内で一番好きです。
YOUR TURNなんて泣かずには居られません!!
とにかく、PINK~のアルバムを聞かず嫌いしている人は聞いてみてください。捨て曲ありません。



36. リフマスター ★★ (2005-10-18 13:44:00)

個人的にハロウィン最大の問題作
良い点
・ボーカルがキスク
悪い点
・楽曲がつまらない
・アルバムの方向性が見えない
・各メンバーの楽曲を申し訳程度に使っているせいでアルバムのまとまりがない
(バラエティ豊かとはまた違う)
ハロウィン好きなだけにこのアルバム聞いた時は正直ショックでした
今聞きなおすとそれほど悪くは無いと思えるようにはなったけどやっぱり好きには
なれないアルバムです。



37. hiromushi ★★ (2005-10-19 19:52:00)

新作のタイトルを聴いただけで嫌な予感がしていて、やっと手に入れてジャケットを眺めて不安になりつつ、聴いてみてガックリ・・・しました。
まず耳に飛び込んでくる音の小ささに唖然・呆然でした。
楽曲はいいけれど余り面白くはない。
率直な印象は「アメリカに憧れるドイツ人」って感じです。で、祖国でも日本でも相手にされないんだろうな、と思えてくるところが・・・もう号泣ものですよ!
プロデューサー選びは、作風からしたら間違ってないんでしょうが・・・。あんまり好きじゃないです。
聴いているうちに結構いいアルバムだな、と思ってしまうのも、また複雑。




38. 呂布 ★★ (2005-11-05 00:05:00)

ハロウィンの中でキーパーの次に好きな1枚。いい曲そろってるのにみんなあんまり好きじゃないんだね~。Kidsもいいし、Your Turnもいいし。特にMankindでのキスケ歌がたまらない。こんなに高い声で歌えたら楽しいだろうね~。



39. シェパード ★★ (2005-12-08 07:52:00)

これ、好きだなあ。
パワーメタルはおろかHMからも離れてしまった今でも、なぜかHELLOWEENのこれだけは時々聴きたくなる。
これってすごいことだよ。
その理由はおそらく、センスがいいんですよ。
おまけに捨て曲無し。
曲順も良いと思います。




40. METAL LICAちゃん ★★ (2006-02-10 03:10:00)

自分的には好きなアルバム。
ハロウィンで3番目くらいかな。
曲長がバラエティに富んでいて質も悪くないと思う。
キスクも伸び伸び歌っているのがよく伝わってくるように感じる。
インゴのドラムもグルーブ感が感じられ。
聞いていて楽しさを感じる1枚。



41. しすか ★★ (2006-03-20 03:06:00)

Master~や、The Time~以降のヘヴィ路線もいいけど、こういう淡白なアルバムも好きです。
キスケが、のびのびと歌ってるのが頭に浮かびます。




42. Imperial Topaz ★★ (2006-03-30 01:02:00)

確かにハロウィンらしくは無いかもしれないけど、キスクらしくはある!そこが良いんだ!
Your Turnでは泣きました。。あれより良いバラードが有ろうか、いやない。
てかキスクが歌ってればそれだけでどんなアルバムも名盤になると思うんだけどね。



43. ex_shimon ★★ (2006-05-24 00:56:00)

91年,4th
キーパーからやたら路線変更
つまらん曲が増えて駄作と言って良いでしょう
盛り上がりに欠け、つまらん曲が多すぎ
以降BETTER THAN ROW聴くまではハロウィンから離れてしまった




44. ヂャーマン ★★ (2006-06-17 01:02:00)

今久々に聞いてやっぱ良いなと思いました。守護神伝2部作も好きですが、メロディについては個人的な好みを考えて言うと、このアルバムが個人的にNo.1です。
キスクの歌を最大限に生かしたシンプルな音作りもさることながらアイディア豊富なギターソロは聞いてて涙モンです。例えばkids of the centuryやGoin' homeやNO.1は何といってもHeavy Metal Hamstersでしょう。ツインギターの良さを十分に発揮したなめらかで優しいギターソロはとても癒されます。
別の日にまた追加修正します。



45. デミー ★★ (2006-08-27 06:33:00)

「PINK BUBBLES GO APE」ではメロディーメーカーのカイ・ハンセンが抜けてしまたが、新たに加入したローランド・グラポウ(現在はマスタープラン)がいい曲書いています。特にKids of The Century、The Chance、そして、Your Turnではマイケル・キスクが伸びやかに歌っています。



46. IR ★★ (2007-02-14 12:55:00)

実はキーパーより断然好きなアルバム。ハードロック風で良いじゃないですか。
しかしキーパーとは確かに路線が違いすぎます。故にハロウィンを期待したら死にます。
若すぎて、または年をとりすぎて固定観念にとらわれた人には受け入れ不可能でしょう。
思えば俺って、そのバンドらしくないと言われるアルバムに好きなのが多いようです。
模索途中の通過点だからでしょうか、メンバー全員が悩んでるだけあって曲の質が高い。
前作より無駄が削ぎ落とされてますし。まぁ、無駄が多い物もそれはそれで美しいのですが。
あ、キスケのヴォーカルだけは相変わらずの超絶ハイトーンで気持ち良いです。
総評:単純すぎる良盤。メロディックメタルに飽きてきたときに聴いてみて下さい。



47. 名刀シイタケ ★★ (2007-05-01 21:39:00)

カメレオン並に敬遠されていそうな本作。私は買うまでカメレオンと全く同質のものなのではと思っていました。ところがですよ、確かにジャーマン臭い疾走曲って感じではないですが、明るめでポップさがある疾走曲が結構あって、これがキスクのボーカルにマッチしていてなかなかいいんです!つまり、カメレオンに比べれば断然ハードロック色は強く、疾走曲もあります。ヴァィキー作のミドル曲もメロディアスで最高です!
ただ、コレは確かにリアルタイムで聴いていたなら自分も敬遠していたかもな~って思います。後追いだからこそ良いと感じられるのかもしれません。とにかく、カメレオンと同じだと思って敬遠されている方は、ぜひ御一聴を!




48. ツキカゼ ★★ (2007-05-30 23:12:00)

カメレオンなどと違い、佳曲ぞろいの傑作HMアルバム。他のアルバムではロクな曲を作らないキスクとグラポウがいい曲を書いている。特に「The Chance」「Number One」は名曲である。
正直「Keeper~」よりも良く聴くアルバム。
今出ていたらもっと評価されてただろうに・・・



49. Deuce ★★ (2007-08-16 21:18:00)

一度、売り飛ばしたCDだが懐かしくて中古で買ってみた。
クリス・タンガリーデスがプロデュースのわりには録音レベルが低いですね~。
キスク、グラポウ色が色濃く出ている作品でキーパー色は殆どナイ。
Gソロなんか、グラポウばかり。(ヴァイキーには弾けない?!)
ヘヴィローテにはなり得ないが、たまにキスクを味わうにはいいか?!



50. SIN-METAL ★★ (2007-08-29 02:15:00)

新しい恋愛が始まった時、
すでに恋愛が落ち着いている時、
どの時代でも男は過去の想い出を引きずっている...
過去の想い出と比較しながら、現在の恋愛を計ろうとする。
それが無意識かどうかは別として...
一方、女は過去の恋愛は、過去に置いてくる...
ここが男女の恋愛観の根本に違うところだ。
このアルバムを初めて聴いた時の印象はまさに
この男女間の恋愛観のズレを思い起こすものがあった...
カイ脱退、発売延期のWショックが酷かった...
とにかく、このポップさを理解出来なかった...
これが他の名義なら受け入れることも出来ただろうが...
しかし、今ならば高品質なハードロックアルバムであることを素直に語れる。
そうだ、過去の恋愛を心から笑い飛ばせる時。
それが、カイの時代から解き放たれた新しい時代を受け入れた証拠なのだ



51. switch625a ★★ (2007-10-13 22:28:00)

守護神伝に次ぐ名作。



52. GxXxA ★★ (2008-09-19 02:15:00)

後追いファンで「KEEPER~」にあまり思い入れがない身からすると
このアルバムがなぜこんなに評価が低いのかさっぱり理解出来ません。
マーカス作曲のボーナストラック「Shit And Lobster」に至るまで、
良曲・佳曲が目一杯詰まった名盤だと思います。



53. 珍獣メガネコアラ ★★ (2009-03-04 16:32:00)

リマスター盤を中古で見つけたので、改めて買ってみました。
音はだいぶ良くなっていました!
「MANKIND」「THE CHANCE」「SOMEONE'S CRYING」は最高に素晴らしい出来ですが、
それ以外にも飛ばして聞くような曲が無い、隠れた名盤だと思います。
リリースされた時期が悪かったよね。GAMMA RAYの「HEADING FOR TOMORROW」が
期待どおりの作風だっただけに、余計に比較されちゃったかな。
初めて聴く人にはおススメできますよ。



54. 静岡のきゅうちゃん ★★ (2009-05-04 20:23:00)

リマスターは聴いたことないんで、わからないんですが、当時は音の悪さにビックリ。あんまり良いレコーディング環境じゃなかったのかなと想像してしまいます。いや、予算の問題か・・・。良い曲入ってますよ。らしくない、と言ってしまえばそれまでなんですけど、単純にカッコいいと思います。



55. N男 (2010-04-25 14:27:00)

1991年発表の4th Album。
Roland Grapow加入第一弾のアルバム。
前作が超名盤だっただけに、Kaiが抜けて環境が激変したのはサウンドを聴けば分かる。
スピーディーでメロディックなんだけど、どこか煮え切らないです。
サウンドに重さがすっかり無くなっているし、ポップ過ぎますね。
でも、メロディの良さは捨てがたいモノがあります。
グラポウ、キスクの作曲の貢献が素晴らしい。
ヴァイキーはやる気あったのだろうか?って思うくらい、今回目立たない。
オススメは②、⑩、⑪です、⑦、⑧もかなり良い曲だと思います。
HELLOWEENは名盤が多いので隠れがちなアルバムですが、一聴の価値あり。
いろんな引き出しのあるバンドだというのがこの時期を聴けば分かりますね。
[★★★]




56. アレキサンダー・エテ吉 ★★ (2010-06-12 02:41:00)

このアルバムに対して「否」の評価が多いんで、敬遠し続けてたけど失敗したね。
いいじゃん!! これ!!!!
「KEEPER~」よりも気に入ったよ。
往年のファンからしたら邪道なのかもしれんけど、リアルタイムで「KEEPER」を知らない自分はこっちの方がいいね。
メロディアスだし、疾走してるし、明るいし、楽しいし・・・




57. かめはめ ★★ (2010-06-15 01:47:00)

カメレオンよりいいと思います・・。



58. マスター ★★★ (2011-05-25 11:22:58)

たしかにキーパーより劣るが、まあ聴ける。
この次のアルバムが問題だろう。



59. 名無し ★★★ (2012-03-20 12:53:52)

カメレオンの後に聞くとなんてイイアルバムなんだって思う。



60. ハルディン ★★ (2013-05-11 23:47:04)

PINK FLOYD関連の作品で知られるヒプノシスによる変テコなアートワークが印象的な4th。前作で見られたポップでコミカルな側面を多めに抽出したような作風で、その弊害なのかメタリックな感触は大幅に後退したためその点は賛否両論。といっても充分ハードさは保たれているし耳に残る良い曲も多いので、変にこだわりさえ持たなければ良質なメロディアスHRとして楽しめる。一部いまひとつ面白みのない曲もあるので全編最高とまでは行かないのがやや惜しいところだが、この次のCHAMELEONよりはマシかと。



61. IWSK ★★ (2013-08-19 14:05:57)

前作より劣るという声があるが、そんなことはない。むしろ、音楽性の発展がプラスに働いた。ローランドの楽曲はこれまでのHelloweenにないものを持ち込んだ。お気に入りは⑧かな。



62. RIOT1970 (2014-05-08 22:23:17)

このアルバムの路線で、マイケル・キスクのUNISONICの2ndアルバムだったら、
過去を含め、多くのHELOWEENファンは納得してしまうと思いますが。

Keeper程疾走してないし、典型的なジャーマン・メタルの楽曲も少ない。

でも、今のキスクは、ここいら辺りまでのメタル濃度だったら納得して
歌うのではないでしょうか?

キスク曰く「高音でスクリームするような歌い方はしたくない」
らしいので…




63. 極太うどん野郎 ★★ (2014-07-27 20:50:13)

作曲の中心がキスクとグラポウ。よってHELLOWEEN史上最もヴァイキーが引っ込んでいるアルバム。
しかし、まだカメレオンよりメタル度が高い。

疾走メタルチューンが少なく、ポップ寄りになったのが結果としてファンを裏切る形に。
ただ、ファンの求めるものではなかったが、収録曲はいずれもひとクセある良曲揃いだと思う。
中でも⑤HM Hamstersと⑥Goin HomeはRise and FallやDr.Steinのような明るさとコミカルさがあり、個人的にはかなり気に入っている。
そして新参者のグラポウが一番メタルな曲を書くという、妙な展開を見せた。
それが⑦⑧⑩で、このサイトでも人気が高い。
また、エクスパンデッド・エディションに収録のShit And Lobster、You Run With The Packはマーカス作曲で、めちゃ良い曲である。

このアルバムを聴いて思ったのは、メタラーは基本的にマイナー調の曲をヘヴィメタルに求めてるんだなということ。自分も含めてですが。
⑩The Chanceの人気が突出しているし、もちろんこのイントロとサビは私も大好きです。
まあ、メタルでなくても音楽には哀愁を求めてしまいますけれどもね。




64. 名無し(2016-01-02 21:03:07)

全体的に歌メロの弱さが
ジェケの魚は秋刀魚??ドイツでも秋刀魚食べるんだ。
Best Tune "ヘビメタハムちゃん"



65. 名無し(2017-04-16 23:49:17)

中古でこのアルバム買ったけどそこそこの出来だと思う。
守護神伝の後で期待されたというのもあるだろうけどポップ路線に転向してしまった感が否めない。
僕的には全然アリですけどね、佳曲もあるし。



66. cri0841 (2018-03-25 10:05:26)

昨晩の公演で『Kids of the Century』聴いて、27年越しにようやく許されたのか?と
勝手に思い、今更ながら書き込みをば・・・。

リアルタイマーからすると、これほどの問題作はなかなか無いだろう、が正直な感想。
ヤングラジオさんの意見に完全同意ですよ。その当時のメタラーが全員動揺したはず。
曲の良し悪しの問題じゃなくて『俺たちの聴きたいのはコレじゃねー!』でした。
そこから彼らの後継者?代替品探しに必死になったものでした。
時代ってやっぱりあるよね・・・と遠い目をしながら当時を懐かしむオッサンでした。

あ、これもクリス・タンガリーディスの作品なんだね。R.I.P.



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示