この曲を聴け!
WINGS OF TOMORROW (1984年)
MyPage

WINGS OF TOMORROW
モバイル向きページ 
解説 - WINGS OF TOMORROW
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. トムトムはんばーがー ★★ (2002-10-22 12:27:00)

1stを踏襲した形ですが、SCREEM OF ANGERやOPEN YOUR HEART(元の方ね)が入っていて、私はかなり気に入っております。



2. IMOGAN ★★ (2002-12-24 17:04:00)


1984年発表の2ndアルバム。
確かにバンド最高の曲は1st収録の"SEVEN DOORS HOTEL"である、とは想ってる。
けれども、アルバム単位で見るならば、コチラが最高傑作ではないか。
なかでも絶品のバラード"DREAMER"を聴いてほしい。
んでもって、怒涛の"DANCE THE NIGHT AWAY"に激しく酔ってほしい。
EUROPE="THE FINAL COUNT DOWN"という図式の方には、ぜひとも聴いていただきたい1枚。




3. やまねこ ★★ (2003-01-09 12:05:00)

1stに引き続き、淡い音感が魅力的な良作。私は、本作と4thが好きなので、
本作の思い入れもやや強いです。Stormwind、Screem Of Anger、Open Your Heart、
Aphasia、Wing Of Tomorrow、Dreamerが私は、いいと思う。
1st同様、本作もメロディアスHR系好きな方には、お勧めアルバムです。




4. ライキチ ★★ (2003-01-16 20:48:00)

EUROPEではこのアルバムが一番好きだな~。3ND以降が有名かもしれないが、そんなこと知ったこっちゃねー!このアルバムが一番バランスが取れていると思うし、尚且つジョンノーラムのヤンチャギターが最高だね。ジョンの情熱のギターが無ければ単なる普通の曲になると思う。それだけ彼のギターがさりげなく貢献していると思う。曲も元祖北欧メタルって感じ!これ以降のアルバムはMETAL色が薄れPOP色が強くなっていると思う。



5. Tommy ★★ (2003-01-27 00:39:00)

Eoropeは、2ndがベストだと思う。
1stのSeven Door Hotel, 3rdのThe Final Countdownも有名曲だが、アルバム全体の出来は群を抜いている。ジョンのギターもこのアルバムがベストで弾きまくりがカッコ良い。
3rdが気に入らず脱退した彼の気持ちはこのアルバムを聞けば分かるはずです。
インストのAphasiaには泣かされます。



6. うにぶ ★★ (2003-04-08 23:11:00)

いかにもメタルなジャケに、ついニンマリしてしまいます。曲のタイトルもそれっぽいですがJUDAS PRIESTが好きだったんでしょうか。
この2ndアルバムはコンパクトな佳曲、名曲が満載で、流れも良いし、気持ち良く聴けます。歌メロは哀愁もキャッチーさもあり、ギターはかっこいいし、言うことなしです。
アーク・エネミーがカヴァーした疾走曲「SCREAM OF ANGER」も入ってるし、感動的なバラード「DREAMER」なんかも入ってて、ポップさとヘヴィ・メタルとしての切れ味のバランスが良いですね。
悪いところの見当たらない傑作です。




7. てつきち ★★ (2003-10-24 01:40:00)

このバンドではなんやかんや言うてもこの作品が最高傑作。
音はともかく典型的なHRからバラードまで曲が粒ぞろい。特にB面は完璧。
あとは最後の作品「PRSONERS~」もなかなかいい曲ぞろいやけどね。
全然違う作品やけど。



8. カババー ★★ (2003-12-17 00:42:00)

いい曲多いですね~。ここに誰もが認める名曲でもあれば、と思ってしまいますが贅沢ですね(笑)
それにしてもジョン・ノーラムはいいギタリストですね。かっちょええ!
再結成ヨーロッパはこういった雰囲気の曲を大事にしてもらいたいです。




9. 三途の川 ★★ (2004-06-01 23:53:00)

ヨーロッパの最高傑作。捨て曲無しとはこのアルバムを言います。当時雑誌のアルバム評では、ジャケットも秀逸とあった。私にとってのヨーロッパは1stと、この2ndが最高の時代。(ファイナルカウントダウンは名曲だがアルバムとしては過去のこの2枚が上)このアルバムと1stは、ひとりでも多くの人に聴いてもらいたい名盤。中古ではなく新盤で買っても損はしない。(と個人的には今でも思っている。)



10. ヤング・ラジオ ★★ (2004-06-29 22:20:00)

「アウト・オブ・ジス・ワールド」は僕も結構好きだけど........、この作品の評価は低すぎはしないだろうか?これは名盤である。誰がなんと言おうが、名盤である。例えば最近のありふれた北欧サウンドの新人バンドなんかを聞くぐらいだったら、この作品を繰り返し聴いてた方がよっぽど精神的にも良い。この作品は名盤である。くどいが、この作品を聞かずにヨーロッパは語れない。何故評価が低いのか、不思議である。名曲のオンパレードである。



11. まんだむ ★★ (2004-07-07 01:28:00)

アルバム全体の完成度はこれが一番だと思う。名盤ですよ。
曲は粒揃いで捨て曲は無い。アグレッシブな曲、バラード、インストとバランスが取れている。各曲の順序も良く、一気に聴ける(3rdはちょっと各曲が似かよっていて、自分としては聴いてて飽きが・・・)。
ロックとしての攻撃性と、叙情性、キャッチーさが実に見事なバランスでブレンドされているアルバムだと思う。
ジョン・ノーラムのギタープレイもとにかく素晴らしいの一言。ギターソロがその曲の価値をまた一段と高めているといった感じです。
聴き所満載で文句なしの推薦盤です。




12. 3割2分5厘 ★★ (2004-08-12 21:56:00)

このアルバムにあって、後の2作品に無い物。
それはズバリ、「緊張感」。
売れ線(別にそれが悪いと言っている訳ではない)のサウンドでは、どんなにがんばっても
この緊張感を出す事は出せません。
よってこのアルバムは(1st聴いてないので)2nd~4th中の最高傑作に認定。




13. 酒とバラの日々 ★★ (2004-08-18 21:57:00)

「ファイナル・カウントダウン」では鳴りを潜めてしまうが、初期2作におけるジョン・ノーラムの活躍ぶりは凄まじい。
マイケル・シェンカー、ゲイリー・ムーアの流れを継承する正統派のスタイル、過剰とも取れるマシンガン・ピッキングは
ヨーロッパの初期2作の持つ雰囲気とすごく相性がいい。
「アウト・オブ・ディス・ワールド」では洗練を極めるジョーイ・テンペストだが、このアルバムでのヴォーカルはとても荒削り・ラフで、
「マイナーっぽさ・B級っぽさ」がひとつの特徴でもある北欧メタルの雰囲気と合致し、アルバムの雰囲気ととても良く合っている。
ヨーロッパはアルバム単位で見ると決定的な名盤は無いようだけど、今作は楽曲も粒ぞろい。
「オープン・ユア・ハート」は「アウト・オブ・ディス・ワールド」のヴァージョンよりこちらのほうが秀逸。




14. アノニマス ★★ (2004-10-10 11:11:00)

2nd。
次作の The Final countdown よりも気に入ってる
というか EUROPE の中でも一番良いアルバムかも。
疾走曲、バラード、 ミドルテンポの曲やインストなどが
バランスよく配置されてるので長く聴ける。
ジャケットも良い。




15. 殺戮の聖典 ★★ (2004-11-13 17:41:00)

デビュー・アルバムの路線を踏襲しつつも、演奏技術・サウンド・プロダクションが格段に向上した'84年発表の2nd(邦題は「明日への翼」)。
「SEVEN DOORS HOTEL」のような必殺の超名曲はないものの、ギターのメロディに酔いしれる「STORMWIND」、疾走感に満ちたアグレッシヴな「SCREAM OF ANGER」、美しいアコースティック・ギターの音色からドラマティックに展開する「OPEN YOUR HEART」、ヘヴィで力強い「TREATED BAD AGAIN」、ギターとキーボードの絡みがメロディアスなインスト「APHASIA」、ヘヴィなリフとキャッチーなサビが魅力的な「WINGS OF TOMORROW」、ノーラムの流麗なギター・ソロが絶品の「WASTED TIME」、北欧メタルらしい疾走感とメロディに満ちた「LYIN' EYES」、ジョーイの甘く切ない歌声が感動的なバラード「DREAMER」、DEEP PURPLEのBURNを彷彿させる「DANCE THE NIGHT AWAY」と名曲が目白押しで、捨て曲は見当たらない。
これぞ北欧メタルの名盤!
個人的にも本作こそがEUROPEの最高傑作!




16. KUZU ★★ (2004-12-30 05:30:00)

僕も、本作がもっともお気に入りです。前作の方向性をそのままに、音質面で目覚しい進化を遂げたのに加え、Open Your Heart、DreamerといったスローTuneの扇情力が、前作よりも格段にアップしていると思います。ハードエッジでドライブする曲、Stormwind、Wasted Time、Dance The Night AwayはとってもKool。アルバム全体を見渡しても、緩急が上手くつけられていて、聴き疲れしないのも嬉しいです。
曲単位で前作 'Seven Door's Hotel'を越せる超協力な曲が、ちょっと見当たらないことが残念。でも欠点はそれだけ。1stから2ndの進化を見て、僕はずっとこのバンドを聞き続けていこう、そう思っていたんです。本作の方向性こそ、彼らの持ち味、と、信じて疑わなかった、んですが・・・




17. One Of Metal Fan ★★ (2005-02-12 10:36:00)

前作の北欧様式美の夢が詰まった音を踏襲しつつ、
より技術的にも音質的にも向上した2作目です。曲順、クオリティともにバランスよし。
なんたって、1stでほんっっっとにヘタだったJoey Tempestが、
今の堂々たる歌いっぷりにつながるほどに歌が上手くなっているのが嬉しいですね。



18. せーら ★★ (2005-03-03 01:42:00)

初めて「STORMWIND」を聴いた時の感動を、わたしは今でも忘れない。
ジョンの天才的なギターリフ、透明感、ドラマ性・・・、本作を語り継ぐことはファンとしての大きな使命だ。
前作にあったB級臭さは全て吹き飛び、美しい結晶だけが残った。一点の曇りもない。
キャッチーな内容でファン層を一気に拡大した次作も悪くないが、優美なメロディーの中にも、ROCKスピリットを秘めた本作こそやはり「最高傑作」と呼びたい。




19. JENESIS ★★ (2005-03-31 17:59:00)

捨て曲一切なしの名盤。どの曲もクオリティが高く、よく洗練されている。
だらだらした曲が一切ない。
ジョン・ノーラムはこれでもかという程に弾き倒している。
インスト"APHASIA"は素晴らしい。
あと個人的には後半のノリのいい疾走ナンバーがいいと思う。




20. レイジー ★★ (2005-05-22 12:57:00)

力強い曲が多く、収録時間も短いためあっという間にきける手軽さもよい。
EUROPEで一番好きなアルバム。ジャケもどこか惹かれる。



21. 鉄鉢 ★★ (2005-07-12 15:01:00)

このバンド、この次のアルバムでブレイク & ビッグ・ネームとなりましたが、元々のこの人たちの「原点」「持ち味」である北欧的サウンドが特に顕著なのはこの2ndまで。
1stには名曲「Seven Doors Hotel」が収録されてますが、コッチの2ndは更に全体的に洗練されバランス良く仕上がった出来になってます。
確かに3rdアルバムの売り上げには絶対敵わないでしょう。でもHMとしての魅力のアピール度はこのアルバムも決して負けてません。抜群の透明感、そして美麗メロディの宝庫。北欧メタルのお手本です。
3rd以後無くなった何かがコレにはある。(勿論3rd以後も大好きですが)




22. Ranzzy ★★ (2005-09-18 22:55:00)

1STには、SEVEN DOORS HOTELという超名曲が入っているけど、アルバムとしてはこっちのほうが好き。STORMWINDのイントロを聞いただけで惚れた。この頃のジョーイの歌い方結構好きです。音はずしてるけど。バラード2曲は最高に美しいし、タイトルトラックや、DANCE THE NIGHT AWAYなんか最高。ジョン・ノーラムのギターが本当にかっこいい。



23. m.c.A.K. ★★ (2006-04-06 16:34:00)

『FINAL~』も『OUT OF~』も好きだけど、やっぱりココに戻ってきちゃうんだよなぁ。
美しさと激しさが完璧に融合した、これぞ「北欧」の「メタル」と言いたくなるサウンド。
Scream Of Angerでよくヘドバンしたっけな・・・




24. チャ~・アズナブル ★★ (2006-06-23 23:32:00)

透明感と哀愁が漂う名盤!!



25. 10倍太陽拳 ★★ (2006-10-12 21:01:00)

個人的捨て曲なしの超名盤。
彼ら特有の透き通ったメロディと哀愁感をベースに
アグレシヴさがいい感じで加わり非常に完成度が高い。
自分はまだこの頃は生まれてすらいなかったので良く知らないが
EUROPEは当時のBURRN!誌の酒井氏にかなり酷評を喰らっていたらしいですね・・・
何でこんな素晴らしいバンドを酷評したのだろうか。




26. 黒邪気 ★★ (2006-11-28 21:40:00)

EUROPE出始めて聴いたアルバムなんですけどカッコいいですね。
全部のアルバムを聴いたわけではないですが正直これ以外はあまりピンと
きませんでした。



27. ラスカル ★★ (2007-01-22 00:32:00)

これぞ北欧メタルの傑作!!
なぜここまでランクが低いのだ!?




28. WINGS OF STEEL ★★ (2007-07-22 21:53:00)

メタル耳にはこの作品が一番反応すると思う。
ダイヤ製ナイフ(?)の様な鋭さ美しさを持っててカッコイイ!




29. rungon ★★ (2007-12-31 02:33:00)

「The Final Count Down」からEUROPEを聴き始めたが,今やEUROPE
といえばこのアルバム!
超のつく名曲はないかもしれないが,全て名曲(なんのこっちゃ)



30. 瑞穂区民 ★★ (2008-05-25 16:17:00)

ヨーロッパはアルバム単位でサウンドがガラリと変わるので甲乙つけにくいが
個人的にはこれが最高傑作ですな。
特に「Wasted time」の泣きのソロは最高。



31. ぴーと ★★ (2009-03-25 00:21:00)

え?これが最高傑作でしょ?
「Stormwind」聴いて燃えない人はいないでしょう。
FMで初めて聴いたとき、背筋がふるえましたよ。
次のアルバムを期待していたのですが、「Final Countdown」を初めて聴いたときはイントロでずっこけました。



32. はっちゃん ★★ (2009-04-30 17:21:00)

疾走チューン、へヴィチューン、スローナンバー全てのバランスが良いですね。
もちろん各曲すばらしい!!
ジョン・ノーラム脱退後のアルバムが上位にランクインしてたのにビックリしたけど
個人的にはこの盤がナンバーワン!
ギタープレイは、某アイルランドの男や某ドイツ人の弟にそっくりだけど
それを臆面もなく晒すのがジョン・ノーラムの良い所です。




33. 西八男 ★★ (2009-06-02 01:04:00)

超名盤。
普通に高ぶる。




34. ムッチー ★★★ (2009-06-10 12:17:00)

次作以降と違って、このアルバムはHRしてますね。
デビューアルバムと比べて、曲作りも格段に上達していると思います。
"Stormwind"・"Scream Of Anger"・"Wings Of Tomorrow"・""Dance The Night Away"は最高にカッコいい!
それに、"Open Your Heart"・"Dreamer"など、バラードも素晴らしいです。
北欧HRの名盤ですね。素晴らしいアルバムだと思います。




35. メタルKEISHOU ★★ (2009-09-29 22:18:00)

まあまあかな。
1stは政則が言うとおり、演奏力・ヴォーカルの未熟さを覆い隠す、「見つけたぜ」と思わせる珠玉のメロディ満載の名盤でしたが、このアルバムは曲の魅力が1stの7割って感じで2番煎じ色が濃く感じてしまいます。
そんな中で「Dreamer」のメロディ・「怒りの叫び」の唐突なへヴィサウンドがこのアルバムを手放せないものにしています。




36. 特命課長 ★★ (2010-04-16 01:36:00)

昔から最高傑作と誉れ高い2nd。
確かに3rd以降は歌唱、音質が格段の向上を見せるのだが、楽曲を含めた全体のバランスを見ればやはりこの作品が一番聞き応えがある。
楽曲の多彩さ、J・ノーラムのプレイ等、非常に聞き所満載であるが、この作品のポイントは曲がコンパクトに纏まっており、流れもよく一気に聞けるという点。
時間が短ければいいってもんじゃないが、この手の音楽は40分前後で10曲ぐらいがベストではないかと改めて感じさせる1枚。



37. HIGASHI ★★ (2013-02-17 19:25:03)

84年発表の2nd。
デビュー作をいたく気に入り、期待を込めてこの作品を当時手に入れた。デビュー作から比べると随分垢抜けて内容は格段に良くなったが、僕が好きになった理由の北欧らしい疾走感とメロディが減退していてオヤッ?と思ったのも事実。特に“Open Your Heart”のようなアメリカのバンドがやりそうな楽曲には違和感を覚えたものだ。だから当時何度も聴き込んだがのめりこめなかった。
次作が世界的なヒットとなり、メジャーなバンドになったけど、もう少しイモっぽい北欧のバンドでいて欲しかったかな。
まあ時代がそれを許さなかったのでしょうね。




38. 失恋船長 ★★★ (2013-08-18 18:02:59)

1984年リリースの2nd.個人的には純度100%の北欧メタルを堪能出来る名盤として愛しております。必殺の名曲を配した1st(録音状態に問題ありますよね)洗練された極上の3rdよりも光沢のある艶やかさといわゆる水晶の如きと表現されるあの透明な世界観、北欧メタルの先駆者としての彼らを知らしめた一枚かと思います。まだまだ青臭い歌唱も稀有な才を発揮する稀代のメロディメイカー、ジョーイ・テンペスト。アグレッシブなギターワークも健在ジョン・ノーラムと二大看板が並び立ちメタルファンにも、新規開拓者の耳に届く極上のサウンドを披露しています。甘美なメロディに陶酔させられる①アグレッシブながらも駆け上がるメロディに涙腺を刺激されまくるバランスと取れた②ドラマ性を極めた③THE北欧メタルなインスト⑤個性的な北欧スタイルをビッカビカに光らせるタイトルトラック⑥など前半の構成力の素晴らしさとメロディの美しさに溺れます。SEVEN DOORS~のような殺人級の北欧メロディに往復ビンタをさせる楽曲と比べるとインパクトは欠けるでしょうし、アリーナロックアンセムFinal Countdownもないでしょうが⑦のような垢抜けすぎない硬さのある甘美なメロディを配した⑦を聴かされると小粒感はあるのかもしれませんが、スリルと特有の雰囲気を堪能出来る今作の持つ輝きはパないと心を捕まれます。バンドの持っているポテンシャルの高さと北欧メタルの魅力を余すことなく伝える今作は1stとあわせて必聴の一枚でしょう。マニアならずともメロディ派なら聴いて欲しい名盤ですね。ちなみに②はあのアーク・エネミーがカヴァーしていますからね。どのようなアレンジが施されても良い曲は良いでしたよ。



39. 火薬バカ一代 ★★★ (2013-08-19 22:08:14)

「水晶の如き美旋律を満載にした北欧メタル」という基本路線はそのままに、音質の改善、NWOBHM的な荒々しさを後退させ、一層メロディアスに磨き上げられた収録楽曲の数々・・・と、確かな成長の跡が刻まれている'84年発表の2ndアルバム。
北欧メタル作品として統一感はあったものの、一部楽曲を除き収録曲に似たり寄ったりなイメージもあったデビュー作に比べ(そこが良くもあったのですが)、今回はKeyを増量してサウンドのメロディアス化が一層推進されたことで、個々の楽曲のキャラ立ちが明確になりました。“SEVEN DOORS HOTEL”級の超名曲は見当たらない代わりに、青臭さが薄れて後の「実力派シンガー」の片鱗を伺わせ始めたジョーイ・テンペストの歌唱と、ぶいぶい言わせるジョン・ノーラムのエネルギッシュなGプレイを両翼として華麗に羽ばたく楽曲は、劇的なイントロのみで虜となる壮麗なOPナンバー①から、後にARCH ENEMYもカヴァーした疾走曲②、美しく煌くバラード③⑨やインストの名曲⑤・・・といった具合に捨て曲は皆無。
また、それらを適切な曲順で組み合わせることで、本編の流れに整合性とドラマティックな起伏を演出するなど、アルバム作りの手腕も随分と洗練されてきました(前作比)。
EUROPE入門編としてもお薦めする名盤。




40. 正直者 ★★★ (2018-04-01 13:28:49)

売れたのは次のアルバムだが、もし北欧メタルという括りで語るなら今作の方が断然に上だ。哀愁漂うヴォーカルメロディ、英米のバンドにはない透明感、この個性を武器にシーンを駆け抜けたバンドだった。そのヴァイヴは感触こそ変われど、本筋は今現在、何も変わっていない。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示