この曲を聴け!
WHO DO WE THINK WE ARE (1973年)
MyPage

WHO DO WE THINK WE ARE
モバイル向きページ 
解説 - WHO DO WE THINK WE ARE

1973年作
Vo. イアン・ギラン
Gt. リッチー・ブラックモア
Ba. ロジャー・グローヴァー
Key.ジョン・ロード
Dr. イアン・ペイス
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 柴が2匹(会社から) ★★ (2003-10-29 17:11:00)

2期最後の作品。雑誌等ではリッチーとギラン・ロジャーの確執で出来の悪い
位置づけがされていますが、ジョン・ロードの鍵盤が光る好盤といえます。
前作と比較すると「ハイウェイ・スター」等のスピードナンバーがないため、地味な印象を受けます。
しかし、それ以外の曲調についてはクラシック・ジャズの手法を持ちえた彼ららしい楽曲が
堪能できる1枚だと思います。また、ラストの曲は現在のギランの歌唱法の走りでしょう。佳作以上の出来なのでは??




2. オレ ★★ (2003-11-08 04:09:00)

リッチー以外の四人が主導権を握ったのかな?リッチーがおとなしすぎる・・・。



3. STORMBRINGER ★★ (2003-12-16 16:58:00)

なぜこれがこんなに書き込み少ないのか!?
そりゃ第二期では一番地味かもしれませんが、名盤とまでいかずとも佳作ってところです。
「WOMAN FROM TOKYO」は定番ですが、「MARY LONG」「SUPER TROUPER」「SMOOTH DANCER」「RAT BAT BLUE」は名曲っすよ!
「RAT BAT BLUE」は「MAYBE I'M A LEO」のような曲ですが、途中に炸裂するジョンロードのキーボードソロには圧巻です。




4. ら~しょん ★★ (2004-01-08 01:02:00)

ありゃ?ほんとに書き込み少ない!このアルバムって人気無いの?意外だな。
多分リッチーのプレイが地味過ぎるのが不人気の原因なんだろうけど、イアン・ギランとジョン・ロードの個性が際立っている良いアルバムだと思う。
代表曲Woman From Tokyoはそんなに好きではないが、Mary LongからOur Ladyまで佳曲が多い。Mary Long、Super Trouper、Place In Line、Our Ladyなどでのギランの歌唱、Smooth Dancer、Rat But Blueでのロードのプレイが特に印象に残った。




5. はちべえ ★★ (2004-09-23 21:28:00)

このアルバムのどこが地味?冒頭の曲が失敗だったね。「SMOOTH DANCER」を一曲目に持って来れば、イアン・ギランとリッチー・ブラックモアの仲のことも含めてかっこよさもパープルらしくて第2期有終の美を飾れたのに。で、お終いに「RAT BUT BLUE」。完璧っしょ?



6. 東京限定 ★★ (2005-02-26 18:54:00)

第二期最後の作品。
評価は高くない作品で、正直に名盤とは言いがたい。
リッチーのギターは全くヤル気が感じられないし、バンドとしてのグルーヴ感はゼロ。
その代わりと言ったら失礼だが、ジョンのキーボードは爆発しっぱなし。
この作品の唯一の聴き所と言いたくなるほど、火を吹く勢いで弾いている。
しかし、第一期のプログレ要素と第二期のHRの要素を上手く取り入れた一枚に仕上がっていて、曲も粒揃いなのは事実。
名曲Woman From Tokyo収録。




7. チョッパー ★★ (2005-06-06 00:25:00)

謎に満ちたアルバム。確かにピーク後のトーンダウンはいた仕方ない。特にあの「マシン・ヘッド」や
「ライヴ・イン・ジャパン」のあとではなおさらかもしれない。・・がそれにしてもメンバーも同じなのに・・
作品の評価以前によりまずは驚く。背景に政治的な何かがあったとしか思えない。そう言う面でとても興味深い
アルバムだ。ホント、何があったのか・・・・?




8. ×○ ★★ (2005-10-01 13:22:00)

ギランのボーカルの良さを引き出していると思う。
MARY LONGが特に良い。



9. ムッチー ★★ (2009-02-04 20:59:00)

ところどころ聴きどころはあるんですが、黄金期といわれる第2期の中では完全に劣りますね。
なぜか前作から一気に落ちちゃってます。
この後メンバーチェンジして正解ですね。
"Woman From Tokyo"など、なかなかいい曲もあるんですがねぇ。
あまり期待しないで聴いてみるのが吉。




10. モブルールズ ★★ (2009-06-02 17:36:00)

RAINBOWのファーストに直結する音ですね。悪くはないが先入観からかリッチーが心ここにあらず、という気がする。



11. 特撮X (2016-06-27 20:48:35)

ディープ・パープルは
たまに、時間のない中で
アルバムを制作していた印象がありますね。

あまり良く聴かないアルバムだから、
逆に新鮮味を感じます。


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示